So-net無料ブログ作成

映画「ブラック・クランズマン」を見る [映画⑤]

久しぶりのスパイク・リー作品鑑賞です。


ブラッククランズマン.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

アメリカ・コロラド州コロラドスプリングスの警察署に、
初の黒人刑事として採用されたロン・ストールワース(ジョン・デヴィッド・ワシントン)は、
捜査のために電話で白人至上主義団体KKK(クー・クラックス・クラン)のメンバー募集に
応募する。

黒人であることを隠して差別発言をまくし立てた彼は、入会のための面接に進み、
彼の代わりに白人の同僚刑事フリップ・ジマーマン(アダム・ドライヴァー)が面接に向かう。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


いびつなアメリカの姿を炙り出すような映画でした。(-_-;)

今作と同様に実話に基づいて制作された「グリーン・ブック」と
よく比較されますが、「グリーン・ブック」は白人目線から描いていて、
見終わった後はほんわかした気持ちになったのが、今作は真逆というか、
今作は黒人目線で描いていて、見終わった後はモヤモヤする感じ。

とはいえ、どちらが好きかと言われれば(比較は難しいですけどね)今作かな。

今作、黒人がKKKに潜入捜査、というのを全面に宣伝していますが、
黒人のロンより、実際潜入捜査させられるフリップの方が危険に直接晒されているので
フリップ(ユダヤ人で彼もKKKからは排除の対象にされるし)見ていて気の毒でした。

スパイク・リーといえば、
ジャングル・フィーバー [DVD]

ジャングル・フィーバー [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD
この作品から(全部ではありませんが)見るようになった監督。

有色人種目線で描くというのはずっと変わらないのですが、
今作は、エンディングの暴動シーンを入れてまで言いたかったこと、
(数年前の黒人、ネオナチなどの暴動の場面ですが衝撃的でした)
おそらくこのシーンを入れることで映画を観終わった後の気持ちが
一気にモヤっとすること、それでも敢て入れたというのは、
トランプへの批判のメッセージだったのかと思いました。

KKKというと、

背信の日々(字幕版) [VHS]

背信の日々(字幕版) [VHS]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: VHS
FBIの白人女性がKKK組織のリーダーのところへ潜入捜査する、
デブラ・ウィンガー熱演していた30年くらい前の作品が記憶にありますが、
今作での描き方は怖いというよりちょっとお間抜けな、でも思想自体は
非常に危険な組織、という描き方でした。

単なるコメディ、娯楽作品的な仕上がりにせず、
スパイク・リーがどんどん観客に向けて問題を投げてくる、
今も変わらぬ問題を抱えるアメリカの姿を投げつけてくる、
これを受け止められなければ全く面白くない映画ですが、
少しでも受け止める気持ちなれればこの監督の描きたいことを
理解できて見たことの価値を感じることができるのではないかな、
と思った「ブラック・クランズマン」でありました。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

御徒町「大興」でよだれ鶏 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

一昨日、有楽町のはないちさんで呑んだ話を書きましたが、
実はその後、呑み友達Fちゃんと一緒に御徒町へ移動しました。
本当はlovin姐さんが上野に行くと飲んでいるえんぱちさんに行こうと思ったら
私の感覚ではお店にたどり着けず、結局大興さんへ。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13036933/

あまり店内広くないので入れるかな、と思ったら、たまたまテーブルが一つ空いていて
すぐ座れました。(^-^)



IMG_4508.JPG
相変わらず食べきれないほどのメニューが壁に貼ってあります。

IMG_4509.JPG飲み物もたくさん 
IMG_4510.JPG お通しは柿ピー  
IMG_4513.JPG最初にピータン豆腐
あれ、甕出し紹興酒がこないなあ、と思っていたら、
お店の方が外までいって甕から注いできてくれました。
 
IMG_4514.JPG ワインのカラフェに入っとる。(笑)
甕出しの方が味がまろやかで深い感じ。うんまー。
IMG_4515.JPGサクサク春巻
中は餡でとろみがついていて美味しいです。

IMG_4517.JPGよだれ鶏
白ごはんがどんぶりで行けそうなうまさですが、
呑んでいるので我慢我慢。
 
IMG_4518.JPGその代わりにお米は液体で。
福島の奈良萬、美味しいです。(^-^)
 
IMG_4519.JPG〆はあずき茶割で
健康的にみえるので、呑んでもきっと大丈夫的な。(笑) 

こうやって記事を書いていて気付いたのですが、
大根もちの注文を忘れておりました。(-_-;)

昨年のお正月にいったときは1時間くらいお店の外で待ったのですが、
今回は夕飯にはちょっと早いかなって感じの時間帯だったせいか
運よくすぐ入れました。

店内はかなりざわざわしていますが、
色々なメニューを食べてみたいので御徒町方面に行くときは
立ち寄って色々食べて飲んでみたい大興さんでありました。


タグ:御徒町
nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」を観る [映画⑤]

マーゴット・ロビーとシアーシャ・ローナンが見たくて映画館で鑑賞しました。



ふたりの女王.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

18歳で夫のフランス王を亡くしたメアリー・スチュアート(シアーシャ・ローナン)は、
スコットランドに帰国して王位に就くが、
故郷はイングランド女王エリザベスI世(マーゴット・ロビー)の支配下にあった。
やがて、メアリーが自身のイングランド王位継承権を主張したことで両者の間に緊張が走る。
さらにそれぞれの宮廷で生じた内部抗争などにより、ふたりの女王の地位が揺らぐ。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


切ない。。。(:_;)

エリザベス1世スコットランド女王のメアリーについては
かなり薄らボンヤリの知識で、思い出すのは初めての海外旅行で訪れたロンドン。
大学生時代に一人でバックパック背負って訪れたわけですが
そこでなぜかロンドン・ダンジョンというテーマパークみたいなところに行って、
中世の拷問シーンや拷問器具などを展示しているのを身震いしながら見学し、
エリザベス1世に監禁され処刑されるメアリー、の場面があったような記憶ですが、
今思い返すとあれってエリザベス1世の母、アン・ブーリンだったかもしれない。
(今もロンドン・ダンジョンってあるみたいですが、30年前の訪問時とは
まったく内容が変わっているようなので調べたのですが当時のことはモヤモヤなまま)

王であり続けるために結婚も出産も諦めて男として生きるエリザベス1世を観ると、
これって今の時代でもそんな感じだなあって親近感を感じる一方、
メアリーは、夫の死後スコットランドに戻ってスコットランドの女王につくものの、
ダメな男と結婚して大変な思いをするのですが、
出世のことしか頭にない男たちが山盛りででてくるのでイライラしてしまいました。

自分の方が王にふさわしい血筋と思うメアリー(確かにそうなんだろうけれど)、
最初は敵対しているものの、イングランドとスコットランド両国の統治を願い
自分の息子をエリザベス1世に託そうとする姿にはグッときました。

とはいえ、2人が実際に会ったり、家来に有色人種(アジア系、アフリカ系)がいたり、
史実と異なる演出がそれなりにあるのも若干の違和感がありましたが、
まあ映画だからね。(^-^;


アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル[Blu-ray]

アイ、トーニャ 史上最大のスキャンダル[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray
この作品で好きになったマーゴット・ロビーの女王としての孤独な姿、

つぐない [DVD]

つぐない [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD
どこか寂し気な表情を好演していたシアーシャ・ローナン、ど
どちらも今作では芯の強い女王を演じていて好感が持てました。

面白いかと言われれば娯楽大作ではないので歴史ものが得意でない私には
ついて行きづらい場面もありましたが、2人の女性を描く作品としては
どこか共感できる部分もあった「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」でありました。



nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

有楽町「酒や はないち」で油揚げ [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

これも1月の呑み記事です。(^-^;

よみうりホールでの落語会を楽しんだ後、16時くらいで開いているお店、
なんて感じでぶらぶらしていたら有楽町駅のガード下に居酒屋を発見し、
迷わず入店しました。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13083398/

中に入るとかなり通路が狭くてそこを通って奥のテーブル席へ。


IMG_4497.JPG メニュー色々 
IMG_4498.JPGはい、かんぱい♪ 
IMG_4499.JPGお通し
こういうところだと業務用の要らない感じのお通しかと
思っていたのですが、肉団子も入った煮物でびっくり美味。 
IMG_4501.JPG 油揚げ
油揚げカラ味噌チーズ焼き。和洋折衷ですが、味噌とチーズ、合いますね。

IMG_4502.JPGきのこ天ぷら

これで600円くらいだったかな。
えのきは広げて衣をつけて揚げてあるのでかなりの嵩マシ、食べ応え十分。

で、次に何を飲もうかと思って飲み物メニューを見たら、
IMG_4504.JPGホッピー高!

中も外も高いので、ここでホッピーを飲む気にはなれず、
IMG_4507.JPG 清龍の原酒だったかな 冷で
この後もう1徳利をお代わりし〆ました。。。


外国人客も多いのか、一人一品注文を、という注意書き(最近多いですね)が
貼ってあって、外国人でない隣の中年カップルも2人で一品注文で、
店員さんにおひとり一品はご注文ください、と言われていました。

ベテランぽいおばちゃんスタッフがとても感じよく、
てきぱきと対応してくれたのは好感が持てましたが、
近くにいたおっさんグループがぞんざいな態度で(上から目線)
何偉そうにしてんだよ、おっさんら(V)o¥o(V)と
ちょっとイラッとしてしまいました。

あまり長居する感じではありませんが、
ちょっとした時間調整などで使うにはコスパもよいので
また有楽町で中途半端な時間に呑みたいなというときは使えそうな、

酒や はないちさんでありました。



  

タグ:有楽町 清龍
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ソローキンの見た桜」を観る [映画⑤]

久しぶりに角川シネマに行って観た作品です。

ソローキン.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

日露戦争時代、
ゆい(阿部純子)は負傷した捕虜のロシア人将校ソローキン(ロデオン・ガリュチェンコ)の
看護をすることになる。愛媛県松山市に建てられた捕虜収容所では条約に従って、
ロシア兵捕虜たちには比較的自由が与えられていた。
ゆいの弟は戦争で命を落としたため彼女はソローキンを憎んでいたが、
やがて心惹(ひ)かれるようになる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


(:_;)(:_;)(:_;)


おばさん(うつぼ、50代)、涙腺決壊。


映画サイトのレビューを見ると演出がダメとか、音楽が大仰とか、
俳優さんの演技がダメとか、低評価のものと高評価が混在しているのですが、
観る年代で受け止め方が違うのかもしれませんね。

おそらく、低予算の中で作られたのかなと思ったのは画質の荒さ。
でも、映画が進んでいくにつれ気にならなくなりました。

日露戦争の時代、ロシア人の捕虜が松山に収容されていたこと、
一流の大国として世界に認められたい日本がハーグ条約を守って
ロシア人捕虜の人権を守っていたことなど、初めて知った次第です。

ロシア軍に弟を殺されたゆいが複雑な気持ちを持ちながら
看護師に志願してロシア兵の看病をする姿、
商売が立ち行かなくなってゆいを銀行家と結婚させて
引き換えに資金援助してもらおうとする父(六平さん好演)に
反抗できず、結婚を断れないままソローキンが好きになるゆい。。

冒頭の現代から、ゆいの時代(100年位前)に戻って、
ゆいとソローキンが知り合って一緒にロシアに戻る、、、
でも、一緒に戻ったら孫が松山にいるわけないし、
いったいなぜ、と思ったらまさかの展開に涙腺決壊いたしました。

スクリーンに映し出される桜[桜]が本当に美しいです。

これでもかと空撮される松山城と桜、若干多すぎかな(笑)と思いましたが、
桜を見て日本人で、日本に住んでいて桜を美しいと思える自分でよかった、、
最後は話以上に桜満開の風景に感激しておりました。

ゆいを演じていた阿部純子さんが現代の場面だとあまりピンとこなかったのですが、
時をさかのぼってからの姿はぴったりはまっていて映画に引きこまれました。

ま、斎藤工はなぜここにいるんだろうって感じだったけれど。(-_-;)

特に事前予習せず見た映画ですが、敵兵の捕虜に複雑な思いながらも
丁寧に接するゆいや松山の人たち、そして一面の桜を見て
久しぶりに愛媛に行きたくなった「ソローキンの見た桜」でありました。









nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:映画