So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

「LIVE AID」を観る [旅行・出張の巻(日本⑥)]

いい加減にしなさい、という声が聞こえてきそうですが、
映画「ボヘミアン・ラプソディ」関連記事は今回でとりあえず終了します。

ボヘミアンラプソディ.jpg映画館の大画面で観てね♪

この映画のハイライトはライヴエイド。

ライヴ・エイド★初回生産限定スペシャル・プライス★ [DVD]

ライヴ・エイド★初回生産限定スペシャル・プライス★ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD

ブームタウンラッツのボブ・ゲルドフとウルトラボックスのミッジ・ユーロが
イギリスのミュージシャンを集めてエチオピアの飢餓を救おうと立ち上げたチャリティ、
バンドエイドの活動に賛同して私も12インチシングル(レコード)を購入しました。
(高校生の頃の話です)


これに影響を受けたアメリカのミュージシャンが「ウィー・アー・ザ・ワールド」を
発表したのですが、バンドエイドの手作り感あふれる雰囲気に対して、
US版はマイコ―の衣装からしてド派手でリッチな感じがしたのを覚えています。
(バンドエイド、今は懐かしいマリリンとかも映ってるし(^-^))

このバンドエイドとUSA For Africaが一緒にチャリティライブを
行ったのがライヴエイド。

(ライヴエイドについてwiki)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B4%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%89

2004年にDVDが発売されたときは私も即購入いたしましたが、
当時、フジテレビで中継されていたのを頑張ってみましたが、
wikiに書いてあるようにチャリティライブへの日本の理解度の低さ、
洋楽に不慣れなアナウンサー、ビートルズ再結成ばかり期待していた南こうせつ、
などなど、なんだか残念だった記憶です。

もちろん、壮大なスケールとはいえ、インターネットもない時代、
大容量のデータ通信も簡単ではなく、生中継での事故も多かった上に、
空気を読めないアーティストや大物気取り、制限のあるステージでのライブ、
いろいろと問題はあったかと思います。

今回、映画公開に合わせて、ライヴエイドでのクイーン登場場面を改めて見返し、
通勤時にはYoutubeでおさらい、映画を見た後は更にDVDで確認、
そんな感じでDVDを久しぶりにひっぱりだして一通り鑑賞してみました。

30年以上前の映像なのでざらざら感があるのは仕方ないのですが、
見ていて感激したのが意外と少ないことに気づきました。

美しいスティング様。


エルトン卿とキキディーの大好きな曲。

このくらいでした。

当時好きだったスパンダ―バレーなど、どこか歌謡ショーみたいなノリで(^-^;
あれ?って感じだったし、観客と一体になってという感じのアーティストが
いないというか、ボウイ様もなんだかピンときませんでした。
ワムも当時は人気があったのにエルトン様とのデュエット一曲。
どういう人選なのかわかりませんが、歌のレコーディングに参加していた
ボーイ・ジョージやバナナラマが参加していなかったのは残念です。。。

で、クイーン。やっぱり素晴らしいのです。

このフレディと映画のフレディがうまく重なるんです。
(もちろん映画のフレディは本人でないと分かってるのに)

ジョンのピンクのシャツとか、ピアノの上に置いてあったペプシの紙カップとか、
うまく再現していて、観客のうねりも実際の映像と同じように描かれていて、
映画2回目の鑑賞後、帰宅して再度ライブ映像を見て更に号泣。。。

ただ、映画では2曲カットされていて、
(Crazy Little Thing Called Love とWe Will Rock You)
そこが残念ポイントではあるのですが、映画ではカットされていることで違和感が
あるわけでもなく、4曲でうまく盛り上げているものと理解しました。

実際のライヴの方がずっとずっと好きですが。ヽ(^。^)ノ

ライヴエイド、クイーンの演奏後、フレディとブライアン2人で
“Is This a World We Created?”を演奏する場面も上の動画の最後に入っています。

伝説のライブと言われるのも納得、それに改めて気づかされてくれた映画には
本当に感謝しています。(^-^)

 



nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観る③ [映画⑤]

しつこいんですが、今回の映画で感じたその他、についての記事です。


ボヘミアンラプソディ.jpg


映画公開の前に、Facebook  でこんな動画を見つけました。




British Airwaysがフレディがクイーン結成前にヒースロー空港のハンドラーだったのを
こうやって映画公開に合わせて盛り上げてくれたみたいです。

フレディ・マーキュリーは改名してそうなる前はファルーク・バルサラという名前、

(一応wikiで)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%BC

インド系の両親、生まれはイギリス保護領のザンジバル、インドで育ち、
ザンジバルに戻ったところでザンジバル革命が起きてイギリスに逃げ延びた、
という出自、父親からは良い思い、良い言葉、良い行動をと言われながら反発し、
ヒースロー空港のハンドラーとして働きながら夜はパブに繰り出して、
その後音楽の道に進む、、、わけですが、ハンドラー時代の様子も映画の冒頭で
少しだけ描かれていて、「パキ野郎」と職場の同僚からさげすまれます。

インド人でもイギリスでは差別される時代だったと思いますが、
パキというのはそれより更に差別する言葉だったのかと思われ、
クイーン結成後のライブで観客からもパキ野郎と罵られる場面に、
イギリス人の差別的な感覚を私自身も思い出しました。
(大学生の頃のバックパック旅行で私もアジア系で嫌な思いをした経験あり)

フレディは自分の出自をメンバーや恋人メアリーにも話さず、
自宅に連れていったときに両親から暴露されてしまうのですが、
インド人でゾロアスター教の両親、インドで育った後止む無くイギリスに
逃げ延びたというのは今なら公表することもあるかもしれませんが、
70年代後半から80年代半ばあたりで公表しようとしなかったのは
理解できるような気がします。

アルバム発表の記者会見で、フレディの同性愛疑惑、ゾロアスター教について
執拗に質問するメディアの腐れぶりは日本並みだな、と映画を見ながら
思ったのですが、階級社会で人種差別も当たり前のような状況のイギリスで
フレディが名前を変えて生きていこうとする姿、孤独を癒すようにパーティで
騒ぎまくっていた姿を見て、生き急いでしまったのかなと思いました。

で、ハンドラーの映像。

面白い企画だという気持ちになる一方、自分がヒースロー空港経由でBAを利用して
ロストバゲージ経験のある私には微妙な気分にもさせられる映像でした。(^-^;
(ちゃんと行先に荷物送ってくれよと今でも思ってる(V)o¥o(V))

今回この動画を記事にしたのは、映画でどこか結び付けられる場面があったから。

映画でソロアルバムの契約を他のメンバーに内緒で結んでしまったことを告白し、
フレディが責められる場面で、ロジャーが、ヒースローのハンドラーから脱出させて
あげた恩はないのか、といった内容の怒りをフレディにぶつけるのですが、
インド人、ハンドラー(ブルーカラーの職業)というのをロジャーも心のどこかで
差別していたのかもしれない(無意識に)なと思うとロジャーが悪いわけではないものの、
フレディのどこか屈折した気持ちを感じることができました。

とこの記事を書きながら次はいつみようかな、という気持ちになっております。(^-^)



nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観る② [映画⑤]

というわけで先行上映の翌日、公開当日に再度観に行きました。


ボヘミアンラプソディ.jpg




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

消化しきれない気持ちで最後号泣した1回目の鑑賞から2回目の鑑賞。
1回目は日比谷のTOHOシネマズ、2回目は亀有のMOVIXでレイトショー。

場所柄なのか公開初日で7割くらいの入りでした。

なのに、私の隣に30代くらいのカップル。
その隣はガラガラなのに、なぜ私の隣に座るのでしょう。
始まったら反対方向にずれてくれると思ったのですが、結局そのままで、
ちょっと気になりました。(^-^;

と邪念が入りましたが、2回目の鑑賞、
1回目でもやっとした部分も殆ど気にならず、
素直に楽しめました。


1回目で、フレディ(レミ・マレック)とロジャー(ベン・ハーディ)が
あんまり似ていないというか、動きなどは実際の映像を研究して演じているのは
わかっているものの(ライヴエイドでのフレディはほぼ完コピぽい)
顔の造りとかうーん、似ていないなあ、というのが気になっていたのが
2回目は慣れというのかあまり気になりませんでした。


一方、ブライアン(グウィリム・リー)とジョン(ジョセフ・マッゼロ)は
更に似ている似ている感が増し、見た目と動き、もう感服。(^-^)

4人とも、顔が似ていても動きが似ていない、とか何かしら言われるのを覚悟の上で
オファーを受けながらプレッシャーを感じて演じていたことは凄いですし、
お陰でこういう作品に会えたことには感謝です。

また、若い頃に出会って最後までフレディにとって大事な存在だったメアリーについても
かなり丁寧に描いていたのは好感持てました。


今作ではフレディだけがパーティ開いて乱れた生活を送っていたように描いて

いるのですが、実際はそうでもなかったのかな、なんて思いつつ
(グルーピーって言葉を覚えたのはこのバンドのことを知ってから)
途中で監督が交代して出来上がった作品というと
(クレジットは降板したブライアン・シンガーなのも面白いですね)
そのあたりは監督交代でマイルドになっているような気もしました。

クイーン結成からスタジオ録音、そこで意見をぶつけあってよい作品を作り上げる、
そんな姿に、自分が初めて買ったレコード(CDじゃない(笑))が、
クイーンの「愛にすべてを」、そこから作品をさかのぼって聞くようになって、
独特の世界にどっぷりはまっていった自分を思い出しました。
その後、Duran Duranに一瞬走ってしまったのはナイショ。(^-^;


クイーンといえば、初来日のとき、フジテレビの「スター千一夜」に登場し、
ニューオータだったか、日本庭園の野点の席で日本大好き、みたいなコメントを
ニコニコ笑いながらしていたのを思い出します。(長髪、フリフリ衣装の頃)

その後、武道館ライブも小学生で行けず、高校生の頃西武球場でライブ、
それも千葉の奥地から行くこともできなかった、、のを考えると、
彼らのライブを直接見られなかったのは未だに残念で仕方ないのですが、
今作で彼らを好きだった気持ちを改めて感じることができたことに感謝、
あと数回は映画館で観たいと思った「ボヘミアン・ラプソディ」でありました。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ボヘミアン・ラプソディ」を観る① [映画⑤]

予告編を見てずっとずっと見たかった作品です!


ボヘミアンラプソディ.jpg



あらすじはYahoo!映画さんより。

1970年のロンドン。
ルックスや複雑な出自に劣等感を抱くフレディ・マーキュリー(ラミ・マレック)は、
ボーカルが脱退したというブライアン・メイ(グウィリム・リー)と
ロジャー・テイラー(ベン・ハーディ)のバンドに自分を売り込む。
類いまれな歌声に心を奪われた二人は彼をバンドに迎え、
さらにジョン・ディーコン(ジョセフ・マッゼロ)も加わってクイーンとして活動する。
やがて「キラー・クイーン」のヒットによってスターダムにのし上がるが、
フレディはスキャンダル報道やメンバーとの衝突に苦しむ。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


消化しきれないものの号泣。(;O;)


クイーンの伝記映画というよりフレディ・マーキュリーという一人の人間を
中心とした物語的な映画で、そこはよいとして。


映画なので細かいことは気にしない方がいいと思いつつ、
気になった点がいくつかありました。


フレディがブライアンやロジャーと出会ってバンドに参加する件、
元々いたリードシンガーが喧嘩別れした後にフレディが参加、
実際は、元々のリードシンガーとフレディは友達でバンドも喧嘩別れではないと
思っていたのでここはちょっとした違和感。
出会いを手短に盛り込むとこういう演出の方がいいのかな。

あと、フレディがソロアルバムを出すことを他のメンバーに黙って決めて
(しかも契約金が莫大)
フレディが他のメンバーと仲たがいしてしまう件。

Fun in Space -Reissue-

Fun in Space -Reissue-

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Omnivore Recordings
  • 発売日: 2015/03/23
  • メディア: CD
ロジャーのソロの方が先だし。(私、LPもCDも持ってる)


“We Will Rock You”のあのリズム(ドンドンチャッ)をブライアンがつくり、
他メンバーに紹介して(大人数のライブでもみんなが一体感をもてる)
名曲が生まれるという件。

その時、フレディが既にヒゲをはやしているのですが、
世界に捧ぐ

世界に捧ぐ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: USMジャパン
  • 発売日: 2011/06/22
  • メディア: CD
まだヒゲはやしてないころのアルバムの曲だし。


一番違和感があったのは、フレディがエイズに罹り、自分の命がもう長くないと思って、
ライヴエイドの出演を希望し、他のメンバーと和解する、そしてライブ、という流れ。

フレディがエイズに罹ったと判明したのは、ライヴエイドの2年後と言われていて、
ライヴのときにわかっていたのかどうか。

ライヴを最後にもっていって盛り上げる演出だとこうせざるを得ないのかな。

ライヴエイドまでフレディはソロアルバムづくりに専念して4人でツアーも行わず、
ライヴエイドに焦点を合わせて練習する光景を見ると、いやいや、その前にツアーやって
いたからこの演出どうなの、的な気持ちになったのですが。


ま、映画だし、演出上の話なんだろうと。  


そう思うことにしました。


結果的には、最後のライヴエイドの場面では自分で分かっていたとおり、
終始泣いていた私です。(;O;)


そんな感じで鑑賞終了したところで、エンドロールも素晴らしく、
立ち上がる人もいなくて、最後に拍手が場内から起こりました。。。


1回目の鑑賞の感想はこんな感じ。


自分のひっかりが気になって、翌日2回目の鑑賞と相成りました。


(つづく)


nice!(4)  コメント(1) 
共通テーマ:映画

箱根の旅2018~あとは帰る編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

箱根湯本に到着後、一人放浪に出たGさんとお別れし、
私はロマンスカーの時間まで駅付近をぶらぶら。


IMG_1905.JPG駅前に足湯200円 
IMG_1906.JPGかっぱ天国、、昭和の香り 

大通りを歩いていたら喫茶店が多いことに気づき、
IMG_1909.JPG営業中の札が出ていたここへ
こんにちは~、と中に入ると、おばあちゃんが出てきて、

「え?なに?え?お客さん?コーヒーでいいの?」

いきなり質問攻め。(笑)

あ、はい、ホット1つお願いできますか、
営業中って札が出てきて入ってきちゃったんですけど
お忙しいところすみません。

なぜか謝る私。

営業中って、今ちょうど札出したばっかりなのよ、
不機嫌そうにおばあちゃんは豆を挽きはじめ、そこにおばちゃん登場。
バトンタッチしてコーヒーを入れているみたいです。
 
IMG_1910.JPGこんな店内で 
IMG_1911.JPGカラオケあり 
温泉のある観光地なのでカラオケも置かないとお客さん入らないのかな、
それともジモティー用なのかな。

IMG_1912.JPG 冷たい甘酒がかなりおススメらしいです

IMG_1913.JPG サイフォンで淹れた珈琲

カップ2杯半くらいとれるのですが、ちょっと薄かった。。。(:_;) 

とりあえず座って落ち着けたので結果オーライ、と思いながらお店を出て、 

IMG_1915.JPG 名物なんでしょか 
IMG_1916.JPGパンでも買おうかと思ったら 
狭い店内に入ってもいらっしゃいませでもなく店員さん同士がお喋り。(V)o¥o(V)
老舗とはいえちょっと感じわるいわね、ぷんぷん。(結局何も買わず)

IMG_1917.JPG ホテルが近くにありました 
泊まったことないんだけど、いいホテルなんですよね。
IMG_1918.JPGIMG_1919.JPGお土産買って
箱根湯本駅に戻ります。

IMG_1920.JPGサロンカー 乗ったことないなあ 
で、これではなくて、千代田線内を走行するメトロなんとか号に乗るので、
IMG_1922.JPG 他の車両と乗車位置が違う 
IMG_1925.JPG入線

IMG_1928.JPG 

入線までお掃除おばさんたちが固まって文句たらたら言ってるのを聞いて
なんか感じ悪いなあって思っていたのですが、お掃除もなんだかなあレベル。
おそらく、東海道新幹線で見るあの凄まじい掃除ぶりを見て感心していたので、
特に小田急がひどいってことではないと思うんだけど、
入線から出発まで10分もなくて、座席の向き変えてごみを拾う程度。
背当ての頭が当たる部分の布は交換しないのがちょっとショックでした。。。

IMG_1929.JPG車内販売カートはそのまま 
IMG_1930.JPGで、これは何だろう

駅員さんがカギでホーム上の蓋を開けてホースみたいなものを線路におろして
水だかなんだか流している光景がなんともまあ不思議でした。

てな感じで出発2分くらい前にやっとドアが開いて乗車。

IMG_1931.JPG ついつい見ちゃうメニュー IMG_1932.JPG
前日湯飲みで日本酒呑んでますからね、とても飲もうという気持ちにはなれませんで。

IMG_1934.JPG可愛らしい駅名 
IMG_1935.JPGドア越しに見えるカート
頻繁にカートが車両を通るのですが、乗車口が一時保管場所みたいで、
ずっと視界がこんな感じ。
商品や氷などのストックがこの近くの倉庫みたいなところからできるみたいで、
ちょっとカリカリしている雰囲気のオネエサンスタッフがいろいろと補充していました。
 
IMG_1936.JPG空が青いな 
IMG_1940.JPG霞が関だ!(通勤で通る駅) 
往路ほどの感激もなく、疲れているせいか、うとうとしていたら、
IMG_1941.JPG2時間後に到着 
IMG_1942.JPGIMG_1943.JPG

いつも千代田線乗っているホームにロマンスカーから下車する不思議。

このあと、ごとごと乗り換えて帰途に着きました。。。


今回、Mちゃんの代打的に宴会参加させていただきましたが、
久しぶりの箱根にほぼ無計画で行った割に、初めてのポーラ美術館、
スイッチバック、ケーブルカーに温泉と荒ぶる宴会まで、
楽しく過ごせました。


次回は箱根フリーパスで乗り物乗り倒すくらいの勢いで楽しんでみるのも
よいかな、と思った箱根の旅2018でありました。



酒友のみなさん、ありがとう♪ (^^♪



 

タグ:箱根
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行