So-net無料ブログ作成

映画「判決、ふたつの希望」を観る [映画⑤]

予告編を何度もみていたのですが、重たい作品のイメージで避けていながら、
飯田橋ギンレイホールで上映されていたのを知りやっぱり観ようと足を運びました。

判決.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

レバノンの首都ベイルート。
パレスチナ人のヤーセル・サラーメ(カメル・エル・バシャ)と
キリスト教徒のレバノン人トニー・ハンナ(アデル・カラム)が、
アパートの水漏れをめぐって口論を始める。
さらに、ある侮辱的な言動が裁判に発展。
これをメディアが大々的に報じたことから政治問題となり、
さらには国中を揺るがす騒乱が巻き起こる。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


レバノンという国を殆ど知らない私には、
(知っているのはC・ゴーンさんの出身ってことくらい)
国に住む人にも、難民でやってきた人にも辛い歴史があることを知りました。

途中までは、クズ野郎と言われただけで謝罪を求めるレバノン人、
パレスチナ難民のヤーセルの立場を考えるとなぜこの程度で怒るのか、と思うのですが、
単なる謝罪を求めただけなのに、世論がパレスチナ難民対レバノン人、という図式で
事態が本人の思っていないほど大きくなっていくのを見ると、
国が抱える事情の一端を観たような気持ちになりました。

原題は”The Insult”。 
侮蔑という意味ですが、プライドを持つ人間への侮蔑、そこから広がる騒動、
裁判ではレバノン人を弁護する男と、パレスチナ難民を弁護するその娘。

自分の思う正義とはなにか、弱い立場に思えるパレスチナ難民が勝つ、というのではなく、
謝罪に向かったパレスチナ難民に向かってレバノン人のトニーが吐いた暴言が
裁判の判決の決め手となっているのは見ていてホッとしました。
(裁判官のお裁きも見ていて公正でしたし。)

難民だから、イスラム教だから、という人の味方ではなく、
個々の姿で判断しないといけないというのは分かっているのですが、
何かのつまづきで個ではなく、個が分類されるグループで判断され、
負にエネルギーが増幅していく様子を見ながら、最後の判決で、
2人の表情が穏やかに見えたのは救われる気持ちになりました。

どうしても平和ぼけな自分がこういう作品を観ると知識の浅さを反省しますが、
見てよかったと思えた「判決、ふたつの希望」でありました。







nice!(5)  コメント(0) 

映画「ファーザー・フィギュア」を観る [映画⑤]

グレン・クロース出演作ということで借りてみました。

ファーザー・フィギュアの画像・ジャケット写真

TSUTAYA先行なのか、Yahoo!では見つからず。

Father Figures [Region 2]

Father Figures [Region 2]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
Amazonでは見つかったのですが海外版のみ。

で、あらすじはimdbさんから。

Upon learning that their mother has been lying to them for years
about their allegedly deceased father, two fraternal twin brothers
hit the road in order to find him.

亡くなったと聞いていた父親について、母親が何年もの間、嘘をついてきたことを
知った双子の兄弟が父親を探す旅に出る。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



こんなところにもクリストファー・ウォーケン翁


もう怪演すぎる。(笑)


話は二卵性双生児のおじさんたちが、お父さんを探すロードムービーです。
こういう話なので当然ハッピーエンドになるだろう、と想像しながら安心してみられます。
最初に出てくるお父さん、あ、でもやっぱり実は違う、じゃあ次、と進んでいきます。

後半いつごろ分かるかな、と思っているところで、ウォーケン先生が登場しますが、
まさかこの人がお父さんのわけないだろうって思わせるくらいの奇人。

ディア・ハンター 4Kデジタル修復版 スペシャル・エディション【2枚組】 [Blu-ray]

ディア・ハンター 4Kデジタル修復版 スペシャル・エディション【2枚組】 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray
あのころのウォーケン先生は別人かと思わせるほどの怪演ですが、
ご本人は楽しそうに演じていらっしゃるのでアリなんだと思います。


二卵性というだけあって性格も異なる2人が途中でもめたりしながら
(ヒッチハイクのおじさんを車にのせる場面で顕著にでて笑えます)
本当の父親について知る最後の場面、最後はほろりとしながら
みんなハッピーになれてよかった!と思えるのは定番というか
ドキドキ感がないのが物足りない人もいるかもしれませんが、
子どもへの愛情あふれる母を演じるグレン・クローズも素敵で、
出演している俳優陣もみな温かい演技で見終わった後に穏やかな気持ちになれた
「ファーザー・フィギュア」でありました。




nice!(4)  コメント(0) 

映画「アイ・フィール・プリティ」を観る [映画⑤]

予告編を見て気になっていた作品です。

i feel pretty.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

自分のルックスに引け目を感じていて、何事にも消極的なレネー(エイミー・シューマー)は、
自分を変えるためにジムに通い始める。だが、ジムで頭を打って意識を失ってしまう。
目覚めたとき、なぜか彼女は自分が超美人に変身したと思い込み、性格も前向きに変わっていた。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

超ポジティブ!


肥満体国のアメリカでは主人公のレネーのぽっちゃりって物凄いでぶ、って
ことではないと思いますが、そこは大都会NYが舞台、おまけに働いている会社が
高級化粧品ブランド、となれば、太っていることがネガティブに働くので、
頭を打って、スリムで綺麗になったと勘違いして超ポジティブになるという展開は
自分もそうなったらなあ(現在絶賛増量中)なんて気持ちになりました。


超ポジティブに変身した後は、クリーニング店で居合わせた草食系ぽいおじさんが
(このおじさんの趣味がズンバっていう設定が個人的にはツボ)
自分に気があると勘違い、むりやり電話番号交換させて電話する、
デート初日に偶然みかけたビキニコンテストに飛び入り参加、
どんびきする観客前に、ポジティブなトークにセクシーダンスで場内大盛り上がり。


高級ブランドのセカンドライン(ディスカウントショップのTARGETで販売)で
庶民レベルの女性の意見を臆することなく提案する、そんなレネーを観て
画面越しに応援したくなる自分がいました。自分と重ね合わせながら。


当然想像している展開(勘違いがなおり、自分が太っていることに愕然とする)、
そこからどうするか、そこからの展開がまた応援したくなるようなレネーですが、
冒頭と最後、レネーの表情は変わっていき、温かい気持ちで見終わりました。

どうしても外見で人を見てしまう世の中ですが、

愛しのローズマリー (特別編) [DVD]

愛しのローズマリー (特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
人は見かけではない、という話はこういう映画でも見たことがありますが、
今作のレネーは本当に可愛らしい女性です。

とはいえ、己のデブを観ながら反省し、運動しないという気持ちにはなりました。(笑)

エイヴリー役のミシェル・ウィリアムズのとんでもない声の演じ方にはびっくりしつつ、
外見がきれいで知性もあるのにこういう声、というキャラクターの描き方には、
誰しもがコンプレックスをもっているのだな、と思わされましたが、
意外と男性のお客様が多く(ただ上映中爆睡していびきかいている人がいて(V)o¥o(V))
男性女性にかかわらず楽しめる映画だと思った「アイ・フィール・プリティ」でありました。



作中で流れるこの曲。
自分が自分でいることを誇らしく思えるようになりたいものです。(^-^)


nice!(5)  コメント(0) 

映画「サイドマン」を観る [映画⑤]

ユニークな上映作品が多いと聞いた新宿ケーズシネマで見た作品。

sidemen.jpg


あらすじはYahoo!映画さんより。

アメリカで生まれた音楽であるブルースで有名なマディ・ウォーターズと
ハウリン・ウルフのレコーディングやライブをサポートしていたのが、
ピアニストのパイントップ・パーキース、ドラマーのウィリー“ビッグ・アイズ”スミス、
ギタリストのヒューバート・サムリンだった。
彼らの功績を、貴重な映像やインタビューからひもとく。





-------------------------------------------------------------------------------------------



長い道のり。(:_;)


遅咲きという点では、ブエナビスタソシアルクラブ
バックで演奏するという点では、バックコーラスの歌姫たち
音楽に関する映画、気になってみてしまうのですが、
エリック・クラプトンがブルースの影響を多大に受けているように
マディ・ウォーターズや、ハウリン・ウルフの影響を受けている
ミュージシャンの多いことを改めて感じた映画でした。

そんな影響力と共に音楽を作り上げているバックミュージシャン、
スポットライトが当たるのも、ギャラの大半を持っていくのもフロントマン、
それでも全身で音楽を奏でていた彼らが、マディ・ウォーターズなどが
80年代にこの世を去ると世の中の音楽が変わっていき、
(そのころの音楽、結構好きなのですが、つまらない音楽と映画の中では
 言われていて(-_-;))
バックミュージシャンも仕事が減り、生活が荒れていく。。

でも90年代以降に若いミュージシャンがブルースの影響を受けていき、
彼らの存在も脚光を浴びるようになってグラミー賞受賞、、
そしてその年に次々と他界。。。

アメリカ南部、黒人差別が激しいエリアからシカゴに逃れて
出会ったブルース、全身で音楽を楽しむ姿は素晴らしいです。

Joined at the Hip

Joined at the Hip

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Telarc
  • 発売日: 2010/06/08
  • メディア: CD
ブルースってどっぷり聞くことがありませんでしたが、
中年になって楽しめるかも、この映画のお陰で興味を持ちました。

時代で辛い思いをされた彼ら、でも、みんな素敵なおじいちゃんたち。(^-^)
かっこいいぞ、おじいちゃん!そんな気持ちで見終わった「サイドマン」でありました。










nice!(4)  コメント(0) 

映画「ベスト・バディ」を観る [映画⑤]

モーガン・フリーマン出演というだけで借りたぽい作品。

ベスト・バディ [DVD]

ベスト・バディ [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

デューク(モーガン・フリーマン)は、
富裕層が余生を楽しもうと集まる高級リゾート施設ヴィラ・カプリの総支配人。
ある日、本社から上司のスージー(レネ・ルッソ)が送り込まれ、
カウボーイのレオ(トミー・リー・ジョーンズ)が新たに入居したのを機にボスの座が危うくなる。
ポーカー、ゴルフ、女性をめぐって自分と競おうとするレオにやきもきする中、
デュークはかつて裏切ったギャングに現在の居場所を知られてしまう





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


くだらないけど面白い。


年をとってからのモーガン・フリーマンの演じぶりを見ていると、
くだらない役、しょーもない役も楽しそうに演じているように見えます。

それは、トミー・リー・ジョーンズも同じ。(笑)

デニーロ様も作品選んでない感が時折ありますが、
爺になってからこういう演じ方を楽しむのもアリなのかと、
最近思うようになりました。
(以前は作品選んだ方がいいんじゃないのとつっこっみ入れたくなりましたが)

隠れていたはずなのにうっかり見つかり追われる身になる一方、
気になる女性を狙って出来る男にライバル心を燃やしたり、
年をとっても元気、そんな描き方は観ていて楽しめます。

といっても、これを1800円払って映画館で観るかと言われたら、
絶対見ませんねぇ。(笑)
DVDレンタルで見ればちょうどいい感じ。

絶対最後はハッピーになるはずだったし、と安心できるので、
最後の最後に追手から逃げていく様子を見ると、
原題の”Just Getting Started”のとおり、始まったばかりだな、
そんな気持ちになれました。

自分自身は財産もないので、こんな富裕層向けの施設は
入って体験することもありませんが、特に深いことを考えずに
笑えて軽い気持ちで楽しむにはちょうどよい「ベスト・バディ」でありました。






nice!(4)  コメント(0) 

映画「ブリグズビー・ベア」を観る [映画⑤]

映画館で観そびれた作品です。

ブリグズビー・ベア ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

ブリグズビー・ベア ブルーレイ & DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

25歳のジェームスは、物心ついたときから外の世界を知らず、
小さなシェルターで両親と一緒に生活してきた。
毎週ポストに投函される教育ビデオ“ブリグズビー・ベア”を見て成長してきた彼は、
映し出される世界の研究に没頭する。
ある日、突然ジェームスは警察に保護され、衝撃的な事実を知ることになる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


摩訶不思議なファンタジー。


ってPG12だけど。(笑)


オタクな夫婦が誘拐して育てたジェームズ、
外の世界を知らず、知っているのはブリグズビー・ベアのみ。

誘拐犯夫婦が逮捕されて本当の両親のところに戻って
意外と外の世界に(同年代の人たち)と馴染んで見えたのが
最初もやっとしましたが、映画の時間を考えると仕方ないのかな、と
なんとなく妥協できました。(笑) そこが描きたいところではないし。

誘拐犯がつくったブリグズビー・ベアで育ったジェームズが
周りの人を巻き込みながら、ブリグズビー・ベアにみんなが惹かれていく様子、
最初は気味の悪いアンちゃんに見えたジェームズが仲間と一緒に楽しく過ごす姿は、
気味悪さがなくなっていきました。

まあ、ジェームズを理解できない実の両親が途中で彼を精神病院に入れたりと
そんなところはびっくりしちゃいましたが。(@_@)

両親もジェームズのブリグズビー・ベア愛を最後には理解して、
一緒に映画を作ってめでたし、となりますが、
誘拐犯夫婦も(マーク・ハミルがいい味出してます!)、
グレッグ・キニア演じる演劇好きの警部も、
ジェームズを囲む人たちがみんないい人で見ていてホッとします。

ブリグズビー・ベアの映画があったら見てみたいと思えるほど、
最後に温かい気持ちになれた「ブリグズビー・ベア」でありました。




nice!(4)  コメント(0) 

映画「カジノ・ハウス」を観る [映画⑤]

下らなさそうな映画なので借りてみました。

カジノ・ハウスの画像・ジャケット写真 こんなパッケージですが、
Amazonでも出てこない作品。(笑)

しかも、あらすじも出てこないので、imdbという映画データベースサイトから引用。

After the town takes away their daughter's college scholarship,
a couple start an illegal casino in their friend's house to make back the money.

娘の奨学金が打ち切られた夫婦が友人の家で違法カジノを始めて
お金を取り戻そうとする話。


 



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


おバカ過ぎる。


おバカ過ぎて面白い場合もありますが(私にとってはロジャーコ―マン先生)、
この映画はおバカ過ぎて面白いとは思えませんでした。


ウィル・フェレルがもともと得意でないのもありますが、
(彼の演技があまり面白いと思えない自分という意識があるんだと)
演じている姿に笑えず、途中ちゅるちゅる早送りしながら終了。。。。


勝つのは必ず胴元、それでカジノハウスを始めて、、という展開は
面白いと思うんですけどね、町中の人がギャンブル依存症で、
カジノハウスに押し寄せる、ま、あり得ないだろ、それって突っ込み入れながら
なんとか見続けていましたが、うっかり手を切っちゃうとか、
ハイになって家の庭先でずぼん下げてピーしちゃったり、
さすがに人の親としてどうなんだろう、とドン引き。


唯一笑えたのが、後半に登場したヤクザの親玉。
演じていたのがジェレミー・レナー。
アカデミー賞ノミネート俳優が、まさかのショボい殺され方。
火だるまになって絨毯で巻かれるというその展開に、
彼はよくこの役を引き受けたな、そんな気持ちになって笑えました。


アメリカの笑いを時に理解できない私ですが、
今作、特にそんな感じ。
まあ、世の中にはそんな映画もあるんだな、と思った「カジノ・ハウス」でありました。






nice!(4)  コメント(0) 

映画「タップ」を観る [映画⑤]

むかーし映画館で観た映画、懐かしくなって借りました。

タップ [DVD]

タップ [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
映画の内容はYahoo!映画さんより。

刑務所帰りの落ちぶれたタップ・ダンサーが、
かつての友人・恋人・師匠らの助力を得て再びダンサーとしてカムバックするまでの物語。
G・ハインズが様々なバリエーションのタップ・シーンを披露する。




------------------------------------------------------------------------------------------



素晴らしいタップ映画!


ストーリーはもうどうでもよくて(笑)
出演者のタップシーンにもう陶酔[黒ハート]


2003年に亡くなったグレゴリー・ハインズのタップは当然ながら、
なんといっても、

サミー・デイビス・Jr.

杖をついたよぼよぼのおじいちゃんが、
ひとたび音楽を聞いたら足が動き始めて、
とても素晴らしいタップの場面に心震えました。
(この映画が遺作になっちゃったんですよね。。。。)



また、グレゴリー・ハインズの恋人の息子役がおそらくセヴィアン・グローバー。
まだ可愛らしい雰囲気を残していますが、その後のタップ界での活躍を見ると、
こんな小さいころから映画に出ていたんだとびっくり。
(今回出ていることにやっと気づいた私)











(こんなLGのCM?イメージビデオに出ているんですねぇ)


刑務所がえりといってもそんなに悪い人には見えない主人公、
最後はハッピーエンドになってよかったね、、なのですが、
まあそんな話は二の次で、グレゴリー・ハインズをはじめとした
タップを心から楽しめた「タップ」でありました。





懐かしい!



nice!(4)  コメント(0) 

映画「ロンドン、人生はじめます」を観る [映画⑤]

映画館で観そびれた作品です。
ロンドン、人生はじめます ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

ロンドン、人生はじめます ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。
エミリー(ダイアン・キートン)は、夫がこの世を去ってからわかった浮気と借金、
本音で付き合えない近所の人間関係、目減りする貯蓄にうんざりしている。
ある日、屋根裏部屋から双眼鏡で外を観察していると、自然に囲まれた小さな家で
暮らしているドナルド(ブレンダン・グリーソン)の姿を発見する。
彼は余計なものを所有せず、気ままに本を読み、森でピクニックをして、
庭でディナーを楽しむ自由で優雅な生活をしていた。
やがて彼女は、頑固ながらも温かいドナルドの人柄に惹(ひ)かれていくが……。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


邦題が相変わらず酷い。(V)o¥o(V) 


原題は”HAMPSTED"。 ハムステッド、ロンドンの高級住宅街の地名です。

主人公のエミリーが住むエリア、そこの公園に小屋を建てて住むドナルド、
アメリカからやってきた未亡人とアイルランドから流れ着いた男、
ロンドンという土地では所謂よそ者的な2人を軸に、
スノッブなイギリス人住民たちの上から目線的な態度(本当に感じ悪いんだ、これが)、
学生運動、市民運動をする真面目な学生たちを絡めて、
大騒ぎになるのですが、見ていても結構ゆるやかな感じで展開していく映画でした。

ダンナが亡くなって財政ひっ迫状態になるエミリー、そこで出会うドナルド、
人間は金持ちだから幸せなのか、貧しくても幸せに思えるのか、
毎度blogで書いておりますが、

幸福を知る才能 (集英社文庫)

幸福を知る才能 (集英社文庫)

  • 作者: 宇野 千代
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 1989/05/19
  • メディア: 文庫
宇野千代さんが、自分が幸せなら他人がどう思おうと幸せ、と仰っているのを
思い出すわけですが、持っていると失うことが怖くて前向きに進めない、
躊躇してしまう、でも、一歩踏み出せばいいんだ、と進んだのがエミリー。
そのきっかけをつくってくれたのがドナルド。

シルバー世代の恋愛もどこかゆるゆるな感じで描かれていますが、
演じているのがダイアン・キートンだからこその映画なのかと思いました。

ドナルドを演じているブレンダン・グリーソン、どこかで見たことがあると
想ったら、

マッドアイムーディを演じていた人でした。どうりで見たことあると思った。(笑)


長年住んだ土地の所有権を(勝手に住み着いたとしも)証明する裁判シーンも含めて
ドナルドとエミリーが穏やかに心を通わせていく様子には、
歳をとってもこうやって自分の人生を前向きに進めていけるんだと(映画だけどね)
温かい気持ちで見られた「ロンドン、人生始めます」でありました。






nice!(5)  コメント(0) 

映画「グッバイ、クリストファー・ロビン」を観る [映画⑤]

今年、くまのプーさんの実写版を観たので、なんだか気になって借りてみた作品。

グッバイ・クリストファー・ロビン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

グッバイ・クリストファー・ロビン 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
あらすじはAmazonさんより。

作家のアランは、第1次世界大戦から帰還後にPTSDになり、
彼を励まそうと妻のダフネは子供を産む。
赤ん坊の男の子はクリストファー・ロビンと名づけられ、ナニーとしてオリーヴが雇われる。
アランは静養のためにロンドンから田舎に引っ越すが、何も書かないアランに愛想を尽かした
ダフネは家を出ていってしまう。
オリーヴも母親の看病で実家に帰り、アランとクリストファー・ロビンは2人で過ごすことに。
最初はギクシャクしていたが、アランとクリストファー・ロビンは一緒に散歩に行くようになり、
ぬいぐるみを使って徐々にキャラクターを創り出していく。
息子との日々から構想を練り上げたアランは、新作「クマのプーさん」を生み出す。
発表された「クマのプーさん」の勢いは止まらなくなり、物語に登場するクリストファー・ロビンの
ファンが増え、次第に一家は普通の暮らしができなくなる……。






-----------------------------------------------------------------------------------------



切ない。。。


ベストセラーの影で一人の人生の歯車が狂っていったことを
映画なので演出はあると思いつつ、なんだか切ない気持ちになってしまいました。


プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

プーと大人になった僕 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray
昨年この映画を観たときに、大人になったクリストファーロビンが
幼い頃の思い出を思い出し、仕事が忙しいことを理由に娘と遊ばなかったことを
反省し、娘や妻、家族との時間を大切にする、、、素晴らしいって思ったのですが。

戦争の辛い思い出がフラッシュバックする父アランが、
情緒不安定の妻(トーニャの主役を演じたマーゴット・ロビーが演じていてびっくり)や
息子に背を向けていたものの、妻とナニーが出ていって息子と2人きりになったところで
プーとその仲間たちの世界を創り出していくわけで、それはそれでいいのですが、
アランの職業が作家、当然作品にして世に出すと、息子クリストファーの望まぬ生活に
変わっていってしまうのが見ていて哀しい気持ちになりました。

幼いクリストファーが心に負った傷は癒えることなく成人し、
反対する親から離れるように軍人になって出征する。。。
そして、父アランに対して、自分は父と遊んだだけで、印税を受け取ったら
本の中のクリスファーは自分になるからと巨額の印税を終生受け取らなかった、
というエンドロールの文章に世界の人たちが喜び楽しんだ作品はクリストファー本人の
人生が狂ってしまったことと背中合わせなんだということを知りました。

当時はナニー(養育係)が子供を育てるものだったと思いますが、
母は苦しい思いで産んだことだけを理由に子育てせず遊んでばかり、
ナニーのヌーがクリストファーにいつも寄り添っていただけに、
クリストファーは母よりヌーが大好きで慕っていたと思います。
そのヌーに恋人ができて自分から離れていくのを感じるクリストファー、
唯一信頼できる人がそうなってしまうことに加えて父の書いた作品で
辛い生活を送る、そこから脱出したいと軍人になっても逃れ切れない、、
幼い頃のごっこ遊びが遠い昔の思い出になっても、現実はそうはいかない、
そんなクリストファーを観て最後まで切ない気持ちだった
「グッバイ、クリストファー・ロビン」でありました。







nice!(4)  コメント(0)