So-net無料ブログ作成

富士宮で蔵開き2019~富士急ホテル編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

滝のマイナスイオンをすこーしだけ浴びた(気分)後は、

IMG_6092.JPG須走タクシーそばのバス停からバスに乗り
30分で富士宮駅前に着くのですが、
途中で乗ってきた地元中学生と思しき男子6人の光景がちょっと面白くて。

若い男子(女子も)がグループになると大声でうるさくなりがちですが、
案の定、学校のクラスの先生や同級生の話で盛り上がりうるさくて。
イラつき始めたところで、ぱらぱらと途中のバス停で降りていったのですが。
降車ボタンを押して運転手さんのところまで行ったはいいが、なにかもぞもぞ。
お財布から小銭を探して探して探してなかなかお金を料金箱に入れないので
バス、めちゃくちゃ長く停車。それが立て続けで3人も。

さっさと料金箱に小銭入れろや。(V)o¥o(V)

おばさんは心中イラついておりましたよ。
でも、小銭を入れると、ありがとうございましたー!と運転手さんに挨拶し、

まだバスに乗っている同級生たちに向かって、

じゃあ、あとでなー!
 イオンに6時半集合だぞー!

手を振って降りていきました。


イオン(私はいまだにジャスコって呼んでる)に集合か、なんかのどかだなあ、
ICカードが使えるバスなのに小銭出す地元の子供たちがなんだかほのぼの。
都心部の子供にはない雰囲気を感じたらうつぼおばさんのイラつきも引っ込みました。

って、イオンのどこで集合するんだろう。(気になる)


てな感じで富士宮駅に到着し(30分でバス代620円と高くてびっくり)、 
IMG_6094.JPG富士宮富士急ホテルにチェックイン 

富士宮 富士急ホテル

富士宮 富士急ホテル

  • 場所: 静岡県富士宮市中央町15-18
  • 特色: 好評リニューアル1周年記念プラン!JR富士宮駅北口徒歩約2分!嬉しい無料朝食バイキング♪
昨年は駅前にできたばかりのくれたけインに泊まりましたが、
激混みエレベータやオペレーションがちょっと残念だったので、
それまで泊まっていた富士急ホテルに戻りました。

バスとのセットで10500円。 ちょっと値上がりしましたがお値打ち感はあるかな。

で、昨年リニューアルしたというので期待していったら、
確かにフロントは明るくきれいに改装されていましたが、
スタッフの方のチェックイン時のもたつきにちょっとイラついてしまいました。
IMG_6096(1).JPG 今回はシングル 
IMG_6097(1).JPGベッド横にソファ風椅子 
IMG_6102(1).JPGテーブル下にドライヤーやら 
IMG_6103(1).JPGベッド頭上に電源
凹ませないで平面に電源作ってもいいような気がするのですが、
プラグをさしこみにくくてちょっと不便な感じ。 
 
IMG_6099(1).JPGで、この位置で 
IMG_6100(1).JPG真横で富士山見えないし 
IMG_6101(1).JPG駅は見えるけれど  
IMG_6098(1).JPGしかもこれ。
リニューアルして未だにオートロックじゃないって。(゚д゚)!

部屋全体は綺麗になっていましたが、洗面台の混合栓は以前と同じ、
壁などを改装しただけみたいで期待し過ぎた、、、と思いました。

小一時間お昼寝した後は、夜の部の時間が近づいてまいりましたので支度して、
富士宮駅に向かいます。
  
IMG_6104(1).JPGぐんぐん伸びてます IMG_6106(1).JPG 白糸の滝
観てきたばかりですよ、な感じで手作りの紹介を眺めた後、

IMG_6107(1).JPGお 
IMG_6109(1).JPG2月にも蔵開き、あるんですねぇ

いつもは、富士宮の志ほ川さんで、メガネヒヨコさんと前夜祭ですが、
今回は他のメンバーも一緒に大勢で前夜祭、電車で富士駅まで移動します。


(つづく)



   

タグ:富士宮
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

富士宮で蔵開き2019~白糸の滝編②~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

白糸の滝を観た後は、音止めの滝、を観に行くと、


IMG_6052.JPG ちょっとした台みたいなものに乗って 
IMG_6053.JPG 豪快な音を聞きました

曾我兄弟(五郎、十郎)が父を工藤祐経に殺された敵を討つ相談をしていたら
滝の音が大きくて密談できず、神様にお願いしたら滝の音が止んで
無事敵討ちできた、というのが名前の由来らしいです。
滝の音がすごいところで密談しなくてもいいんじゃないのって個人的には思いますが(笑)
それでついた名前ならまあアリなんでしょうね。

 
IMG_6056.JPG至る所で富士宮焼きそば
写真に写っている平石屋さんの焼きそばは美味しいという記事を
見かけたのですが、他でもいいかな、なんて気持ちで(天邪鬼)で
違うお店を探します。
 
IMG_6057.JPG 富士山ぼんやり IMG_6058.JPGわさびとはさすが静岡 
IMG_6059.JPGバスの時間を再度確認して 
IMG_6060.JPGつかさ というお店へGO
入ると広めのスナックぽい感じで、カウンターにはたばこぷかぷかのおじさん4人。
うーん、失敗したかな、と思ったのですが(-_-;)、彼らから離れたテーブル席に着席。
 
IMG_6061.JPG英語メニューあり 
IMG_6062.JPGカシ(笑) 
IMG_6063.JPGほうとうもありますが IMG_6064.JPGここはやきそばで 
IMG_6065.JPGはい、乾杯♪ 
IMG_6066.JPG5分くらいで運ばれて
メニューに豚肉、桜えびって書いてありましたが、
肉かすが入っていたのかどうか、、確認できず。
おまけに麺が少なくて野菜たっぷりである意味ヘルシーなのですが、
麺が半分くらいじゃないのかって感じで残念でした。。。

この後入ってきたおじさん1人客もやきそばを注文していましたが、
タバコぷかぷかでもぅ。(V)o¥o(V) 
IMG_6069(1).JPG窓の近くにおもちゃの魚 
IMG_6070.JPGソース入れは全国区のダイソー製品
カウンターのおじさんたちは楽しそうに呑んでいましたが、
タバコの臭いが気になって私は食べ終わったところでお会計。

お店選び、もうちょっと考えようよ、私。(反省)
 
IMG_6072.JPGなんかすごくグレード高い感漂うポスター IMG_6074.JPG見えてきた♪  IMG_6075.JPGIMG_6076.JPG三つ又 
IMG_6077.JPGIMG_6078.JPGIMG_6082.JPG
本当に限定200個なのかな(笑)と思いながら注文したら、
 
IMG_6080.JPGコクがあって美味
わさびソフトとか変わり種も興味あったのですが
ここは潔くプレーンなタイプがいいですね。 
IMG_6083.JPG うっかり買いそうになりました(笑)
小学校の修学旅行が箱根だったのですが、富士山の五合目に立ち寄って
富士山の空気缶詰とまりもを買ったことを思い出しました。
そのまりも、半年くらい経ったところで腐ってしまった哀しい思い出です。
 
IMG_6085.JPG音止めの滝の上流 
IMG_6088.JPGIMG_6089.JPGもう食べちゃったし 
IMG_6090.JPG翌日行く富士錦さんの菰樽 萌え IMG_6091.JPG
先ほど通ったときに帽子が落ちていたマネキンヘッドがちゃんと帽子を被っていました。
しかし、侍とか富士山とか、、、忍者なんてのもありそうですね。(笑)

この後は、富士宮駅まで戻って夜の部に備えます!


(つづく)

 

タグ:富士宮
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

富士宮で蔵開き2019~白糸の滝編①~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

昨日まで半年前の旅行記事をアップしておりましたが、
今回は今月(2週間くらい前で私にしてはあまり後手ではない)の旅記事。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今年もメガネヒヨコさんと一緒に富士宮で富士錦の蔵開きに参加しました。(^-^)

(過去記事は「富士宮」タグで)→ https://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/tag/articles/%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%AE%AE

今回で6回目(2013年に初参加、途中1回不参加)ですが、
いつもと異なる展開もあったりして楽しい富士宮となりました。
そんなに長くなりませんがどうぞお付き合いくださいませ。

IMG_6017.JPG出発は東京駅 
前泊するようになってから(3回目の参加以降)リーズナブルに富士急バスを
利用して富士宮に向かっているのですが、いつもはお昼過ぎの出発を今回は10時出発に
早くしてみました。理由は世界遺産の白糸の滝に行ってみようと思ったからです。

IMG_6018.JPG休暇村富士が終点
早く予約すると1列目からアサインされてしまい、
足元が狭くて居心地がよくなかったことを思い出し、
予約確認メールが送られてきたところで2列目より後ろの席で
アサインしてもらえませんか、と依頼したところちゃんと2列目にしてもらえました。
と、今回のバスはいつも乗っているのより広めなので1列目でも意外とよさそうでしたが、
2列目だと足を前に出せるからお願いしてよかったとホッとして。
 
IMG_6019.JPGそば茶(割ったりしていません(笑))
バスってお酒呑んじゃいけないような気がしていたのですが、
今回斜め後ろのおじさん2人組がハイボールとビールを飲んでいました。
静かに節度ある呑み方で特に嫌な感じはありませんでしたが、
私自身は電車と違ってあまり飲みたいという気持ちにならないのが不思議。
  
IMG_6023.JPG天気いまいち 
IMG_6024.JPG足柄SA
ここでトイレ休憩10分、ですが、ここまでで既に予定より40分ビハインド。
13時ごろに白糸の滝についているはずですが、14時ごろかな、と
バス旅だから仕方ないなって素直に納得。
 
IMG_6025.JPG足柄金太郎肉まん? IMG_6026.JPG今回乗ったバス IMG_6027.JPG金太郎の焼き印があるだけで360円
お腹空いていたから金太郎じゃなくても買っていたと思いますが、
ちょっとボッタ栗価格だな、と食べてみると。 
IMG_6028.JPG 普通。
皮が結構甘くて好みでなくちょっと残してしまいました。すみません。
 
IMG_6030.PNG 旅のお供BGMは王子♪   
IMG_6031.JPG富士宮駅近くの履物やさん
地元の学校と提携しているって強みなんだろうなあ。

と、富士宮駅に着いたのが1時間ビハインド、これ以上遅れることはないだろうと
思いながら乗り続け、大石寺などの大きなお寺に停まりながら白糸の滝に着いたのが14時。

富士宮に戻るバスが14時30分、次が15時40分と微妙な時間なのですが、
さすがに30分で急いで回って、、という気になれず、のんびり散策することにしました。


IMG_6033.JPG 滝を観に行きましょう

矢印にしたがって歩いていたら、意外とあっさり滝がみえてきて、
IMG_6036.JPGうわぁ

(幅200メートルは日本最大なんだって)→ http://siraito.mizusasi.net/

IMG_6038.JPG 三脚&望遠レンズが良い場所を占拠(V)o¥o(V)

きれいな景色やお花などが見られるスポットに行くとこういう人たちって必ずいるのですが、
長居されるので、ちゃちゃっとスマホで写真を撮りたい人にとっては邪魔に思えます。
まあ、スマホで適当に写真とる人と違うんだ、くらいのプライドがあるのかもしれませんが、
もうちょっと譲り合い的な感じがあってもいいような気がしますねぇ。

IMG_6039.JPG
って、無理矢理間から撮りました。(笑)

IMG_6041.JPGパノラマでも
と、若いアンちゃん2人組(ラッパー風の装い)に写真撮ってもらえませんかー、と
声をかけられこの2人はどういう関係で何故ここに来たんだろうと思いながら、
スマホでツーショットを撮って差し上げました。(^-^)
IMG_6045.JPG静岡ぽいお土産 
IMG_6046.JPG(゚д゚)! 
IMG_6047.JPGIMG_6048.JPG
観光地ぽいなあと思っていたら、
IMG_6049.JPG重そうなおみやげ IMG_6050.JPG IMG_6051.JPGサムラーイ(笑)

意外とコンパクトでさくさく回れる場所だと思ったのですが、
やはり14時30分のバスはさすがに、、、なので、
もうちょっと散策します。


(つづく)

 

タグ:富士宮
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

台北旅行記2018~帰国編②~ [旅行・出張の巻(アジア③)]

早めにラウンジについたのでゆったり過ごさせていただきますが、
フライトが定刻通り出発できるのか(台風理由)分かりませんので
そこは不安に思いながらの朝酒っていうか昼酒タイム。


IMG_1244.JPG
カレーにサンドイッチにちょっぴり中華、味噌汁、と白ワイン。

IMG_1245.JPGシュウマイはプリっとして美味 
IMG_1247.JPGうまいわぁ 
IMG_1248.JPG外の景色はこんな感じ 
IMG_1251.JPG二次会♪ 
IMG_1252.JPGトランスアジア(笑)
元々トランスアジア航空のラウンジだったところをJALのサクララウンジにしたので
こういうスプーンなどは以前のものをそのまま使っているみたいですね。

なんて感じでまったり過ごしていたら搭乗開始時刻(定刻通り)が
近づいてきましたのでゲートに向かいましょう。 
IMG_1256.JPGこれはアニメのキャラクターかな 
IMG_1258.JPG脱力系の熊さんや 
IMG_1260.JPGウリ坊 
IMG_1261.JPGイスラム教用の部屋かな 
IMG_1262.JPG積極的に海外展開している獺祭 
IMG_1263.JPGIMG_1264.JPGゆるめ 猫? 
IMG_1265.JPGと思ったら虎でした IMG_1268.JPGガウディ風
シンガポールもそうですが空港内のこの賑やかな感じ、個人的には好き。(^-^)

IMG_1271.JPG乗りまーす IMG_1273.JPG機材小さめ 
IMG_1279.JPGIMG_1280.JPG通路一本のB737
満席ってほどは乗っていなかったような感じです。

台風の影響を心配した割に定刻通りに出発。
帰りも非常口の席に座りましたがお隣さんは普通のおじさんで珍事なし。(笑)

 
IMG_1282.JPG引退しちゃったんだよね 
IMG_1283.JPG[黒ハート] 
IMG_1284.JPG寒空はだかを聞きながら IMG_1288.JPG昼食
往路のようなこだわりメニューではありませんが、
こういう普通のメニューの方が個人的には好き。
 
IMG_1292.JPGワインの後は 
IMG_1295.JPGジントニックをいただいて 
IMG_1296.JPGこの映画、、面白くなかった。(-_-;) 
IMG_1299.JPG4時間弱で 
IMG_1300.JPGあっという間に成田着。

ゲートがちょっと遠かったのが難ですが、入国も荷物もサクサクっと済んで、
ごとごと電車で帰宅の途につくのでありました。

今回、京都の後、羽田から台北に行きましたが、
近場だからと思った割に移動で疲れてしまい、
やっぱり別々に行った方が楽しめるかな、なんて思ったのが反省点ながら、
猫村を楽しめたのは大きな収穫、四半世紀ぶりの台北の変化を感じられた
台北旅行でありました。

今年も再訪したい♪


(これにて台北旅行記2018 おわり)

 

タグ:JL
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

台北旅行記2018~帰国編①~ [旅行・出張の巻(アジア③)]

というわけで、京都の後に来てみたものの、だらっとした滞在になってしまい、
あっという間に帰国日となりました。

もうちょっと計画性をもってアクティブに出かければよかったな。(-_-;)


台風が台北に上陸すると天気予報で言っていたので、
飛行機が飛ぶかどうか、、、不安に思いながらホテルを出て、
IMG_1202.JPG曇天&強風 
IMG_1203.JPGゴールデンブラザー
映画でしょうか、よく分からないまま駅で見かけて撮影。

で、台北駅に着いて、桃園空港行の電車に乗ろうと思ったら、 
IMG_1207.JPG乗り場、めっちゃくちゃ遠い
隊長から時間に余裕をもって台北駅に行けと言われていたのですが、
思っていたより遠くてびっくり。
感覚的には東京駅の中をうろうろ歩いているよりも遠いイメージです。(*_*)

行きは松山空港だったので街中まで近かったのですが、
帰りは桃園空港と遠い空港なので、エキスプレス的な電車もあるわけで、
 
IMG_1209.JPG充電できる 
IMG_1210.JPGガラガラでした 
IMG_1212.JPG郊外の風景を観ていたら
30分くらいで到着。 
IMG_1214.JPG出発フロアは3階 
IMG_1217.JPG台湾といえばチャイナエアライン
四半世紀前はこの航空会社で来たのを思い出しました。
羽田の国際線ターミナルも今と場所が違ってちっちゃい建物、
あっさり出国して乗ったチャイナエアラインはCAさんがスリットの入った
ちょっとセクスィな制服で感じよかったですね。
今はJGCを持っているからともっぱらJALやOne World利用ですが、
機会があればまた乗ってみたいな、なんてお兄さんとお姉さんのパネルを観て
ふとそんな気持ちになりました。
 
IMG_1220.JPGラウンジはエバエアーが目立ってますね 
IMG_1219.JPGIMG_1221.JPG
モスバーガーも気になるのですが、今回は入らず。
IMG_1222.JPGチャイナエアラインのラウンジ IMG_1223.JPGSQ 中はきっと素敵なラウンジなんだろうな IMG_1224.JPG やっぱり入ればよかったかな(今頃後悔)IMG_1225.JPG 黒板、日本と同じですね IMG_1229.JPGめでたい 
IMG_1233.JPGお邪魔いたします
早めについたのでラウンジ内は人も殆どいない状態で、 
IMG_1234.JPGIMG_1235.JPG IMG_1236.JPGIMG_1237.JPG
折角なので外が見られる窓側の席に荷物を置いて、

IMG_1239.JPGちょっとご飯をいただきます IMG_1241.JPGIMG_1242.JPG
サンドイッチやおむすびの他にホットミールはやはり中華。

出発まで2時間くらいあるのでゆったり過ごしま~す。


(つづく)


  

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

台北旅行記2018~部屋呑み編~ [旅行・出張の巻(アジア③)]

藝術の多様性(要は理解の難しい作品が多かったってことです(-_-;))を観た後は、


IMG_1134.JPGIMG_1136.JPG村上某風
歩いても近い新光三越にお土産を買いに行きました。
 
IMG_1137.JPG行ったのが秋でしたからね(半年前) IMG_1138.JPGちょっぴりお得な感じ IMG_1142.JPG 杉の木って(笑) 
見た目プリッツぽいお菓子。 
IMG_1143.JPG定番ですね
他に、お惣菜コーナーが美味しそうだったので部屋呑み用に買おうと
英語で話しかけたら「日本語でいいですよ」ってお店のおばちゃん。
新光三越、日本人が多く買い物に来るんでしょうね、普通に日本語が通じました。

IMG_1144.JPGお土産いろいろ
勤め先のお土産は黄色い箱のパイナップルケーキ、
ちょっといいところにお土産で渡すのは右の茶系の箱に入ったパイナップルケーキ。
お値段は3倍くらいとそれなり。でも、勤め先のように配ればいいやって場合と
そうでないときがあるから分けないとね~。
IMG_1147.JPG部屋呑み用のおつまみ
で、まだ時間があるので前日もいった近くの楽楽養生館へ。 
IMG_1150.JPGIMG_1152.JPG 
IMG_1153.JPG足つぼマッサージ
おばちゃんが担当だったのですが、テレビが気になるみたいで注意散漫な感じ。
同じお店でも当たりハズレがあるので多少は仕方ありませんが、ちょっと残念。

IMG_1161.JPGで、近くの夜市へ IMG_1166.JPG麺線

一度食べてみたかったので注文しましたが、もつがぷるぷるで美味。
ただ、かなりニンニクモリモリでとろみのついたスープを飲むとニンニクもついてきて
食後はかなりのニンニク臭。(゜o゜)

ここから歩いて、京劇が見られる劇場に行ったのですが、
IMG_1173.JPGIMG_1174.JPG聞いてみたら
この日はお芝居の公演があるので京劇無し。(:_;)
お芝居も有名な俳優がでているからおすすめですよ、と言われましたが、
セリフが全編中国語(そりゃそうだ)なので、諦めてホテルに戻りました。
 
IMG_1185.JPG途中のコンビニで茶卵を買って IMG_1191.JPGはい、かんぱい♪ IMG_1192.JPGレバー炒めと炒飯
夜市で買ったのですが、炒飯は炊き込みなのか炊飯ジャーから盛ったものでいまいち。
レバー(左)は炒飯を注文したら勧められて買ってみましたが、薄長く切った生姜たっぷりで
レバーが少なくてお値段(800円くらいしたかな)の割にこれまたいまいち。
買わなくてもよかったかなあ、、、と反省。(-_-;)

でも、新光三越で買った総菜が大当たり。 
IMG_1193.JPG 冰醤糖鴨 800円くらい 
甘辛く煮こんだ鴨、これがもうビールにぴったり。

IMG_1194.JPG雲南三絲 300円くらい
干した湯葉みたいなものと葱などを炒め煮した感じ。これも好きな味。


IMG_1195.JPG 麻辣耳絲 200円くらい
ミミガーをピリッと味付けしたものですが、これも美味しゅうございました。

満足。(^^♪

 
IMG_1201.JPG テレビではバレエの西島さんがジャンプしていました


翌日はもう帰国。。。あっという間です。


(つづく)

 

タグ:台北
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

台北旅行記2018~魯肉飯編~ [旅行・出張の巻(アジア③)]

強風吹く悪天候の中、猫分を補給できたので戻ります。


IMG_1097.JPG十分瀑布は一度でいいかな(^-^; 
IMG_1098.JPGうとうとしていたら 
IMG_1100.JPG到着
お腹が空いたのでここでお昼といたしましょう。

ここ、四半世紀前に同じくオナカが空いて麺を食べた場所ですが、
当時の長閑な田舎ぽい雰囲気からかなり変化していて(当たり前だけれど) 
IMG_1101.JPGこんなオサレなお店もあり 
IMG_1102.JPGビクター犬 みたいな(笑)
って、今ぽい雰囲気もありつつ、
 
IMG_1104.JPG懐かしい雰囲気も残っています 
IMG_1106.JPGで、駅前のここのお店で IMG_1107.JPG IMG_1108.JPG魯肉飯
100円くらいかな。小ぶりなお茶碗です。

食べていると、お持ち帰りで料理を買っていく人が多いお店でした。
(店内で食べていたのは私一人。13時過ぎてたのもあるけれど。) 
IMG_1109.JPG うんまっ
甘じょっぱい味付け、八角も少し入っているのかな、
ごはんがモリモリ進む味でビールも呑みたかった。。(呑んでません!)

と空腹がちょっと満たされたので、デザート的に
IMG_1110.JPGドリンクのお店へ IMG_1111.JPG甘さとか氷の量とか選べます
とはいえ、こういうお店でほとんど買ったことがないので、
加減がよく分からず、氷も甘さも普通にしてもらいました。
  
IMG_1118.JPGタピオカミルクティー
太いストローでずるずる吸い込むタピオカでお腹いっぱいになりました。
IMG_1114.JPG 
IMG_1117.JPG駅弁 これは次回の宿題とします  IMG_1120.JPG台北行きに乗り 
IMG_1121.JPGしおどめ? 
IMG_1122.JPGあっという間に到着 
IMG_1123.JPGなにこれ(ちょっと怖い) 
IMG_1124.JPGヤマザキ発見 
IMG_1127.JPG日本人の陶器展開催中の 
IMG_1128.JPG台北當代藝術館へ
最寄り駅は中山駅。結構賑やかなところにあります。
 
IMG_1133.JPGチケットです

陶器展は観ず、アジアの現代アート展みたいな特別展を見学しましたが、
どう感じるかは個々の感覚によるかな、という摩訶不思議なアート展でした。
さすがに全部は理解できないというか、一部面白いと思うものがありましたが、
世の中には色々な藝術があるのだなと実感。

この後は、近くのデパートへまいります。


(つづく)


  

タグ:台北
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

台北旅行記2018~猴硐猫村編④~ [旅行・出張の巻(アジア③)]

猫村の話もそろそろ飽きられていると思いますので(笑)

本日で終わらせます。(^_^.)


台風が近づいてきているのが曇天がどんどん曇りぽつぽつと雨が降ってきたので
早足で見学します。


IMG_1027.JPG裏側
賑やかな表と異なり人気もなくさびしい感じ。

で、記事を書くのにあたって猫村について調べてみたら、
今回降りた側と駅を挟んで反対側にも猫ちゃんがたくさんいるようです。
これは次回訪問時(行く気満々)の宿題とします。

IMG_1032.JPG こうやって
IMG_1033.JPG穏やかな猫を見ると
観光客目当ての部分もあるでしょうが、平和だなって思います。

IMG_1035.JPGごはん、売ってます 
IMG_1036.JPGIMG_1039.JPG
純粋な比較は難しいと思いますが、猫で有名な谷中などは
谷中ぎんざのお店の人で猫嫌いなんてたくさんいるし(新規のお店が特に)
テレビに出る度、猫を捨てにくる人、猫を虐待する心ない人もやってきて、
結局、ボランティアの方々が猫の保護活動などを行っている実情で、
テレビも気軽にタレント送り込んで猫の街とか煽らないでほしいな、なんて
思っている私がみても、ここは若干不便だしエリア全体で猫を保護するシステムが
うまくできているように見えて羨ましかったなあ。 
IMG_1043.JPGまたね 
IMG_1045.JPG台鉄のオネエサンに挨拶し、 
IMG_1047.JPG猫のイラスト付き 幸福ポスト 
IMG_1051.JPG帰りにもお会いしました 
IMG_1052.JPGカオダシ
愛は離さず捨てないことって書いてありますが、
上にも書いた谷中で嫌なことする人たちに聞いてほしいフレーズですね。
 
IMG_1053.JPGで、電車に乗って 
IMG_1060.JPG自然を観ながら IMG_1063.JPG十分到着
四半世紀前、ここで歩いて十分瀑布まで行きましたが、
一度でいいかなって感じで、ここでは下車せず。

IMG_1068.JPG台風接近中 IMG_1071.JPG日本車輌製でした 
IMG_1075.JPG竹風の柵を見ながら 
IMG_1076.JPGがらがらの車内 
IMG_1077.JPGここでほぼ全員下車
ハイキングコースがあるからのようですが、この時点で大雨。
みなさん、よく歩く気になるなあ、と感心してたら、
 
IMG_1081.JPG終点です  
IMG_1082.JPGIMG_1083.JPG 
IMG_1086.JPG雨がすごくて 
IMG_1087.JPG短冊みたいな感じかな IMG_1089.JPGこの練り物を3つお願いしたら 
IMG_1092.JPG温泉商店って名前。。。。。 IMG_1093.JPGこの油で揚げ直し。
どのくらいこの油で揚げているんだろう、、、ちょっと不安。 
IMG_1096.JPGIMG_1094.JPGでもあ熱々美味
おばちゃんが食べやすいようにとちゃんと切れ目を入れてくれるあたりが親切。
 
IMG_1095.JPGここにもいた台鉄兄さん

さすがに土砂降りの中、散策する気持ちになれず、
素直に瑞芳まで戻ることにいたします。


(つづく)






タグ:台北
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

台北旅行記2018~猴硐猫村編③~ [旅行・出張の巻(アジア③)]

むかーし(四半世紀前)にも、
この平渓線に以前の勤務先でお世話になった先輩と乗ったのですが行ったのは十份瀑布。
十份駅から30分くらい歩いてやっとたどり着いた台湾のナイアガラはしょぼかった(笑)、
のを未だに覚えています。で、帰りに瑞芳だったかな、バスに乗って九份へ移動して、
今の大混雑(歩けないくらい満員電車状態)と比較すれば空いていましたが、

それでも、
悲情城市 [DVD]

悲情城市 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD
この映画の影響でものすごく混んでいたのは覚えています。
ここで食べたかき氷がものすごく美味しかったのも。(^-^)

って、今回は九份も十份もいきませんでした。(ここまで書いておきながら)

と前回の思い出を書いたあとは猫村散策です。

IMG_0996.JPG IMG_0998.JPGいた IMG_0999.JPG全然動じず 
IMG_1002.JPGリラックス IMG_1003.JPG警戒心ゼロ 
IMG_1004.JPGこのお店にも 
IMG_1005.JPG猫 IMG_1006.JPGこの廃墟は IMG_1008.JPG整炭工場跡 IMG_1009.JPG
こういう跡を敢えて残しているんでしょうね。
元々炭鉱の町でねずみ除けのために猫を飼っていたのが、
廃坑後に人が他の街に引っ越してしまったのに猫は残り、
2009年ごろからSNSで紹介されるようになって、猫が暮らしやすい環境が整備され、
猫村として訪れる人が増えたそうです。
(このあたりは、猫を捨てたり虐待したり、猫が嫌いでも商売熱心で店を出すような
 谷中などとは違うかもしれませんね)

IMG_1011.JPGいたるところに猫がいて IMG_1012.JPGキャットハウス IMG_1013.JPG
炭鉱からこの橋に敷設されている線路で炭を運んで、
廃墟になってしまった工場で選別して出荷していたんですね。

IMG_1015.JPG穏やかな川 IMG_1016.JPGさらに曇天
このあたりでさらに風が強くなり、ぽつぽつ雨。
IMG_1017.JPG次の電車に乗ろうかな
と、思いながら資料が展示されている建物に入ると、

IMG_1020.JPGカフェもあり 
IMG_1021.JPG当時の写真や IMG_1022.JPG模型を観て IMG_1025.JPG IMG_1026.JPG
猫が住んでいるところにここまでオブジェ的なものを作るのもどうなんだろう、
って気はしますが、地元台湾の人たちはとても楽しそうに観光していました。

まあ、猫ちゃんをみるとみんな毛艶がよく人への警戒感もなく、
無理に触ったり抱っこしようとしなければ穏やかに時間を共有してくれる、
そんな感じの猫村です。

と、猫分を補給したので駅に戻ります。


(つづく)



 



タグ:台北
nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

台北旅行記2018~猴硐猫村編②~ [旅行・出張の巻(アジア③)]

まだ目的地に着いていないのに昨日の記事のタイトルを猫村にしておりますが、
今日はちゃんと着きます。


IMG_0966.JPG 平渓線に乗り換えます IMG_0967.JPGお得と言われて購入
ただ、あちこちいかないので割高だった気がする一日券。。。

IMG_0972.JPG入線 
IMG_0973.JPGタブレット交換します

車内は人だらけ、かなり混んでいましたがラッキーなことに座れましたが、
猴硐は10分くらいで着いてしまうので、 
IMG_0976.JPGあっという間 
IMG_0978.JPG猫がお出迎え 
IMG_0980.JPGえ、これって。(笑) 
IMG_0981.JPGIMG_0982.JPG
きっとどの猫もオリジナルなだろう。と思うことにします。

 
IMG_0984.JPG毛づくろい中 
IMG_0985.JPG全然動じません 
IMG_0986.JPGIMG_0987.JPGまたね
改札に向かって階段を降りていると、
IMG_0988.JPGまだいる IMG_0989.JPG鈴なり状態 
IMG_0990.JPG売店の入口の高いところにも IMG_0991.JPG
リアル猫たちはみんなのんびりしています。
そういう環境を人間が作っているからなんだろうなと思います。

IMG_0992.JPG猫郵便局 
IMG_0993.JPGファンシー猫 IMG_0994.JPG台鉄猫 IMG_0995.JPGこっちの方が気になり過ぎました。

この日、台湾に台風上陸か、という時だったので到着した時点で曇天。
風もビュービュー吹いているのであまり長居できませんが、
猫たちにたくさん会えますようにと思いながら外に出ました。


(つづく)


 

タグ:台北
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行