So-net無料ブログ作成

映画「フロントランナー」を観る [映画⑤]

ヒュー・ジャックマン主演というだけで観に行った作品です。

front runner.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

1988年のアメリカは、大統領選挙に沸き立っていた。
コロラド州から選出されたゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)は、
最有力候補(フロントランナー)として人々の視線と期待を集める。
そんな中、マイアミ・ヘラルド紙が彼に対する一つの疑惑を報じる。
ジョン・F・ケネディの再来と親しまれ、当選は確実視されていたゲイリーだったが、
その報道を機に一気に人気を失ってしまう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


眠かった。(-。-)y-゜゜゜


映画って題材がよくても、素晴らしい俳優が演じていても、
監督の演出や構成、描き方なのかな、そう思った作品です。


起承転結がぼやけていたのと、冒頭で惹きつけるような映像がなく、
最初からぼやけて始まり、何をメインに描きたかったのか、
題材がアメリカ大統領選、とあまり自分に身近でないにしても
大統領選最有力候補(フロントランナー)が失脚する、という方向が
見えつつも、あまりにぼやけた展開ぶりに前半うとうとしておりました。。
(周りにも寝ていた人がかなりいたみたいです。(笑))

ヒュー・ジャックマン演じるゲイリー・ハートも良い意味でも悪い意味でも
魅力的に見えなかったし、浮気相手の女性もなんでこの人なんだろう、と。(-_-;)

描かれている時代、政治家は国の為の政策、どう導いていくか、
リーダーシップが大事であってプライベートや人間性は問われない、
そんな時代で、妻と別居、他の女性と不倫、そんなことはどうでもいい、
政治家の価値はプライベートで決められるはずはない、
そう思っているので、不倫が報じられても対応せず、そのまま失脚。。

って話がメインだったのかな。

大統領選で戦うチームがあまりに大勢で、人の多さにどこか描き方も散漫、
メディアが登場しても、メディア同士の競い合い、メディア対政治家の戦いも
どこか中途半端に描かれていて消化不良。。。
新聞記者が裏がきちんととれる前に新聞に掲載してしまうリスクも
見ていてどうなんだろうって思いながら、報道の正義をかざして迷惑おかまいなしの
取材方法は今と変わらないえげつなさだな、なんて嫌悪感を感じていたら
眠気が飛んでいきました。(笑)

大統領候補から降りて終わりかと思ったら、主人公のゲイリー・ハートが
その後は妻と元気に過ごしている、とかエンドロールに差し込んでいて、
それ、要らんだろう、なんて突っ込み入れたくなりました。

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: Blu-ray


上の作品のように、新聞記者目線で描くとか、
政治家が主役で一人の人間として描くならそれもよし、
どこかに焦点を当てて描けば、メリハリがあって惹きつけられたかも、
そんな残念感たっぷりの「フロントランナー」でありました。





nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

浅草「三角」でふぐ [呑んだり食べたり(和食)]

旅行記をだらだら書いているとその間の呑み記事などがどんどん後手になるのですが
これは昨年末の話。
毎年、J師匠を囲んで浅草で忘年会を開催してるのですが昨年末もお声かけいただいて、

IMG_3875.JPG浅草の三角さんへ
この忘年会でも数回使っているお店で、美味しいふぐをお手頃に食べられます。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13016827/
 
IMG_3880.JPG2階席に着席すると 
IMG_3877.JPGお鍋に 
IMG_3878.JPG大量のネギがスタンバイ 
IMG_3879.JPG器もふぐ(^-^) IMG_3882.JPG先付け
煮凝りや川海老の佃煮などは下町だなあって思いますが、
芽キャベツの上にいくらがのっているのは面白く、芽キャベツの苦味にいくらのぷちぷち、
美味しくいただきました。

IMG_3885.JPG刺し
IMG_3887.JPG美しい。。 
IMG_3888.JPGIMG_3889.JPGで、ひれ酒 
IMG_3890.JPG三角さんのマッチ 浅草寺のイラストです 
IMG_3893.JPGふぐからあげ ほっくほく IMG_3894.JPG鍋の具材が登場し IMG_3896.JPG注ぎ酒して
鍋をたっぷり味わった後(なぜかこのあたりの写真なし) 
IMG_3898.JPG ぐつぐつ雑炊 
IMG_3900.JPG幸せ~ 
IMG_3901.JPGフルーツをいただいた後は
毎年恒例の二次会in神谷バー。
 
IMG_3906.JPG電気ブランを飲みながら
師匠を囲んでわいわいと楽しめました。。

お寺の裏手などには高級なふぐ店もありますが、三角さんは比較的手ごろです。
お店のお姉さんたちもキビキビとしていて混んでいてもお酒などはすぐ運んでくれたりと
そういうところは呑兵衛には有り難く(笑)今回も楽しめた三角さんでありました。



タグ:浅草
nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「トラさん」を観る [映画⑤]

ジャニーズが特に好きでもないのですが、原作の漫画が好きなので、
映画版も観にいきました。

torasan.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

酒とギャンブルが好きな漫画家の高畑寿々男(北山宏光)は、
競輪で勝った帰りに交通事故に遭い、妻の奈津子(多部未華子)と娘の実優(平澤宏々路)を
残して、この世を去ってしまう。
そして寿々男は、死んだ人間の面接が行われる“関所”で、
1か月の執行猶予期間に猫として家族のもとへ戻り、
家族と自身の本当の心を見つめ直すように、という判決を下される。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

素直に笑って泣けました。(^-^)


トラさん 1 (マーガレットコミックス)

トラさん 1 (マーガレットコミックス)

  • 作者: 板羽 皆
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2014/12/25
  • メディア: コミック
この漫画がどう実写化されるか気になっていたのですが、
着ぐるみのアナログ感が逆にいいというか、デジタルで中途半端になるよりは
この映画のような演出がちょうどよい感じでした。

主役の北山さんはバラエティなどで見ても特に好きでも嫌いでも、
ちょっと生意気に見える部分もありつつ、そんなにイケメンって感じでもなく(すみません)、
なので特に期待もしていませんでしたが、ギャンブルに明け暮れるダメなスズオを
うまーく演じていました。

それ以上によかったのが娘の実優役のこころちゃん、と奥さん役の多部さん。

あとは、裁判長のバカリズム。(笑)
原作ではくそ真面目なサラリーマン風のおじさんなのですが、
映画ではバカリズムの論理的で淡々とした風情に笑えました。

90分と短い尺なので、原作のサイドストーリー的な部分はかなりカットされていて
奥さんの勤めるスーパーの店長が出てこなかったなあ、とか本筋とは違うところが
気になったりしましたが、本筋をしっかり描くことで惹きつけられたので、
取捨選択はうまかったと思います。

最後の場面は原作にないところですが(実優が大きくなってからのところ)
ダメなお父さんが猫になって家に戻りながら挽回する(最後の数時間だけでですが)
原作であらすじが分かっていながらおばさん(私)も思わずうるうる。。。

公開7日目、新宿のシネコンにいったのですが、2番目に小さいシアター、
入りも6-7割、おまけに公開2週で新宿では終了と、予算なのかなんなのか、
あまりジャニーズ事務所も力を入れていないような印象を受けたのですが、
ジャニーズファンでなくても十分楽しめる(じわる)「トラさん」でありました。




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

銀座「ヴィラ・モウラ」でカタプラーナ [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

東銀座のカラヴェーラが閉店してからというもの、ポルトガル料理が食べたくなると
どこにいけばいいのやら、だったのですが、泰明小学校近くのこのお店を見つけてからは
このお店がポルトガル料理のお店では気に入っています。
IMG_4164.JPGスパークリングで乾杯 
IMG_4165.JPGテーブルにオリーブオイル
スペインやイタリアのようにオリーブオイルをよく使う食文化ですね。

IMG_4166.JPGお通し
席の予約だけだとお通しが出てきますが(500円くらいだったかな)
今回は貝柱のマリネ。お酒が確実に進むウマさです。
IMG_4167.JPGパクチー別盛で(笑) 
IMG_4168.JPGバカリヤウ(鱈)とひよこ豆のサラダ
干し鱈の旨みがなんともいえない一品です。

IMG_4169.JPG今回はカメレオンというワインを 
IMG_4171.JPGうまいぞ IMG_4173.JPG
本日の鮮魚のセヴィーチェがあったので注文したらサーモンでした。
チリやペルーのセヴィーチェのようなワイルドで繊細な感じと異なって
非常に上品でおしとやかな感じのセヴィーチェでした。

IMG_4174.JPGいわし IMG_4175.JPGでかっ
お肉もお魚も美味しいポルトガル料理ですが、
こういう素材の美味しさを生かしている料理も大好き。
 
IMG_4179.JPGカメレオンの色が変化
ワインクーラーで冷やすと色が変わりますよと言われて
ずっと見ていたのですが、冷えてきたらかなり青。
こういう仕掛けのあるワインも楽しいですね。

IMG_4182.JPG
カタプラーナ(小)です。あさりたっぷり♪
東銀座のカラヴェーラより洗練されている感じもありますが
(どちらが好きと言われればやっぱりカラヴェーラなんですが)
魚介の出汁にトマト、、モリモリ食べられます。
IMG_4184.JPG店名って地名だったのね(今頃気づく) 
IMG_4186.JPG赤ワインをグラスで追加 IMG_4187.JPG鍋の〆 これでなきゃ♪ 
IMG_4188.JPGでも追加で豚肉の串焼き 
IMG_4189.JPG香ばしくて旨みたっぷり~

毎回思うのですがそこそこ広くて店員も多い中、
どなたに質問してもかなり適格に即答してくださるのを見ると
外食産業の人材不足の問題がある中で、こういう人がが多いのは
美味しい料理とワインだけでなく大事な要素だな、と思いながら
美味しいポルトガル料理でアクセスのよいお店といえばヴィラモウラさん、
でありました。

タグ:銀座
nice!(7)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「メリー・ポピンズ リターンズ」を観る [映画⑤]

ジュリー・アンドリュースのメリー・ポピンズが大好きなので、
続篇、迷わず見に行きました。

メリーポピンズ.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

前作から20年後、バンクス一家の長男マイケルは家庭を持ち、
父や祖父が勤めたロンドンの銀行で働いていたが、
大恐慌で経済的に苦しく、妻が他界して家の中は荒れていた。
さらに融資の返済期限が迫り、家を失う危機に追い込まれた家族の前に、
「ほぼ完璧な魔法使い」のメリー・ポピンズ(エミリー・ブラント)が
以前と変わらぬ姿で現れる。




-------------------------------------------------------------------------------------


大健闘。(^-^)


メリーポピンズ [DVD]

メリーポピンズ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD
大好きなこの作品(私が生まれる前の作品という(^-^;))、
どうしてリメイクしちゃったのかな、と予告編を見て思っていたのですが、
オリジナルの世界を今の技術でうまく作り上げていたように思えました。

おそらく、どうやってもオリジナルを超えることはできないと思います。
そんな中でメリーポピンズを演じたエミリー・ブラントの女優魂には敬服。

もちろん、甘く見て、というのはありますが、
反発して面白くなかったとガッカリするより、元々の世界を見つけ出して
楽しむほうが得だと思った作品です。

バンクス家の姉弟の20年後、現実に疲れている中でどう困難を切り抜けるか、
最後の場面は、そうなら最初からメリーポピンズ出てこいや、的な突っ込みも
まあ入れたくなりますが、最初に凧を手に空から舞い降りる姿や、
バスタブから飛び込んでいく海の世界、ツボの中に入って体験するファンタジー、
どれもがやはりディズニー。(笑) 

幼い頃からディズニーに慣らされている私は素直に楽しみたい気持ちもあり、
素直に楽しめました。

オリジナルの歌がすこーしだけ出てきても、さわりだけ、あとはオリジナルスコア、
そこは思い切ったというか無理にオリジナル曲を焼き直して比較される必要もないので、
ここは残念と思いながらオリジナルを出さない判断は理解できました。

舞台であれだけ映えるリン・マニュエル・ミランダが若干インパクト弱めで
そこは残念でしたが、007のQを演じるベン・ウィショーの弟役好演、
最後の最後に爺さんになったディック・バン・ダイクの登場と、
悪役が妙に似合うコリン・ファースのダメダメぶり(でもこの人、最近出過ぎ(笑))、
お手伝いさん役がウィーズリー家のお母さん(ジュリー・ウォルターズ、
ディズニーの世界に俳優陣がうまく絡んでみていて世界に入り込めました。

今回なぜリメイクなんだろうという疑問が最後まで頭の隅っこにありましたが、
大好きなエミリー・ブランとのメリーポピンズ、私は結構好きだな、と思った
「メリー・ポピンズ リターンズ」でありました。


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

上野「金鳳苑」でセンマイ [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

無事京都旅行記をアップできたところで、ちょっとだけ通常モードに戻ります。
(ちょっとというのはまだ旅行記未アップが多いためです)


IMG_4298.JPG 今回は上野の 
IMG_4303.JPG金鳳苑さんへ



時折登場するチーム大統領、の女子部を結成し、
その中でもグルメなKちゃんが行ってみたいというこのお店に4人で参りました。


IMG_4300.JPG普通の焼肉屋さんぽい 
IMG_4301.JPGはい、かんぱい♪ 
IMG_4305.JPGセンマイ
最初に運ばれてきたのがこれでしたが、グレーでなくピンク色でびっくり。
きれいに処理されていて、程よく加熱されているというか、
しっとりコリコリな感じが美味。

IMG_4306.JPGハチノス
蒸したて熱々で運ばれてきましたが、
IMG_4307.JPG超美味
新鮮なホルモンを丁寧に処理しているお店の姿勢を感じる品。
この2つですっかり期待も高まります。
 
IMG_4308.JPGナムルに 
IMG_4310.JPG厚切りタン IMG_4312.JPGハラミに IMG_4313.JPGカルビ 
IMG_4314.JPGぷりっぷりレバー 
IMG_4316.JPGレモンサワーにスイッチし 
IMG_4317.JPGキムチの盛り合わせ
どれも美味しくてレモンサワーが進みます。(今回は日本酒無しです)

IMG_4318.JPGホルモンとヤン

ヤン、聞いたことがなかったので私が食べたいと注文したのですが、

IMG_4319.JPG見た目ちょっと不気味
IMG_4320.JPGなまこみたいな見た目ですが 

第二の胃(ハチノス)と第三の胃(センマイ)をつなぐ部位がヤンと呼ばれるそうで、

黒いコブのような形で希少部位らしいのですが、これが面白い食感でした。
かなり弾力がある(多分外側)一方で、噛むと脂がとろんと出てくるという不思議。
おそらくこういう部位は下処理がかなり大変ではないのかと思いますが、
とても美味しくてこれはまた食べたくなる味でした。
IMG_4322.JPGKちゃんのドリンク
ビールの後、梅干しサワーを注文し、その後、そのグラスにレモンサワーを
入れてくださいとお願いしたのがこれ。
お店のおばちゃんは、へぇ、といいながら作ってくれました。
 
IMG_4323.JPGごま油の香りが美味しいですね 
IMG_4324.JPGKちゃん お代わりしていました IMG_4325.JPG牡蠣のサラダ
辛さの中牡蠣の旨み、これまたレモンサワーの進む味。
 
IMG_4326.JPGといいながらウーロンハイにスイッチして IMG_4328.JPGテグタンスープ 辛うま

お店はこじんまりしていて、アットホームな感じ。
お店のおばちゃんたちが丁寧な対応で、心地よく過ごせました。
何よりも、ホルモンの新鮮さと処理の丁寧さに感激。

隣のお客さんが鍋をつついていたのを見て次回はこれにもチャレンジしたい、
金鳳苑さんでありました。紹介してくれたKちゃんに感謝。(^-^)


(つづく)

 


タグ:上野
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

京都旅行記2018Ⅱ~あとは帰る編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

4泊はあっという間。もう帰る日になりました。

IMG_0630.JPGなっとぅを食べて
お昼過ぎのフライトなのでのんびりおきてのんびり支度。
バスで伊丹へ移動して。

IMG_0632.JPG到着 
IMG_0635.JPG551蓬莱は今回諸事情でパス
代わりに向かったのが
IMG_0636.JPGここ 

(大阪エアポートワイナリー)→ https://www.airportwinery.osaka/

IMG_0637.JPGsnorita姐おすすめ IMG_0638.JPGもちろん呑みます IMG_0642.JPG少なっ  IMG_0643.JPGいまとなっては 
IMG_0644.JPGいまいち記憶がないのですあが 
IMG_0645.JPG深川ワイナリーも出てきてびっくり
さすがに空港内の醸造分では対応しきれないからなのでしょうか。。

IMG_0646.JPG店内のタンク IMG_0647.JPG醸造中 
IMG_0648.JPG深川ワイナリーを追加注文
お値段は空港って感じですが、まあこういうお店を楽しめるのも
飛行機旅ならではですね。。

IMG_0649.JPGその後は 
IMG_0650.JPG展望デッキへ IMG_0651.JPG
羽田とは違う雰囲気は規模感だけでなく飛行機の種類などもあるような。
IMG_0656.JPGプロペラ機 萌え  IMG_0658.JPGJ-AIRIMG_0662.JPG IMG_0664.JPG IMG_0667.JPG暫し楽しんだ後は 
IMG_0670.JPG保安検査を通って 
IMG_0673.JPGあ、タコ焼き。。。。 
IMG_0675.JPGここは大阪(not京都) IMG_0676.JPG
お値段は空港ぽい感じですが、
IMG_0677.JPGふわかり 美味 
IMG_0679.JPG京急やモノレールの切符が買えるなんて 
IMG_0680.JPGlovin姐さんゑ IMG_0681.JPGラウンジ
さくらラウンジ改装中とのことで、仮設のラウンジでしたが、
あまり寛げるようにも思えず今回はスルー。

そのまま飛行機に乗って、 
IMG_0684.JPG離陸して 
IMG_0685.JPGコーヒーをいただき 
IMG_0687.JPG到着~ 
IMG_0688.JPGただいま♪

毎年冬の終わりか春の初めに訪れていた京都、
今回は9月初旬、夏の終わりというか秋の初めに訪れましたが、
坐禅に初めての奈良に、角打ちに餃子の王将などなど、
歴史に触れながら美味しく食べて飲んで楽しい夏休みとなりました。

次回は来月♪ (だから急いで記事アップ(笑)



(これにて京都旅行記2018Ⅱ おわり)

  

タグ:JL
nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

京都旅行記2018Ⅱ~祇園 中山で〆酒編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

今回の京都滞在最終日の夜は、いつもお世話になっている中山さんでぐびぐびです。

IMG_0589.JPGIMG_0590.JPG

(お店ホームページ)→ http://www.giongion.com/index.html

ご無沙汰してます、と大将と女将さんにご挨拶してカウンターに着席。

IMG_0592.JPG IMG_0593.JPG IMG_0594.JPGふな寿司もあります。。。
今回もアラカルトというか向付とお刺身以外は好きなものをいただきました。
IMG_0596.JPG向付 IMG_0597.JPGきくらげの和え物と黄身
黄身は味噌漬けみたいでねっとりした食感が美味。
IMG_0598.JPGばい貝と穴子寿司
最初はビールで乾杯しましたが、やっぱりここは日本酒。

女将さんが「うつぼさんは英勲よね」と
IMG_0600.JPG出してくれました 
IMG_0601.JPG覚えてていただいた幸せ(^-^)
IMG_0602.JPGお刺身
海老に鯛に鮪。もう王道のラインナップ。うまいわぁ。
 
IMG_0605.JPG松茸土瓶蒸し

私がお店に入って30分くらいで入ってきた若い女性2人組。

かつて、中山さんで学生時代アルバイトで働いていた方々だそうで、
今は大阪に住んでいるのを久しぶりにお店で食べたくなったと来店されたそう。

今回は鱧しゃぶを食べにきたんです!、と仰ってましたが、
娘のようにかわいがっていたのが分かる女将さんの優しい表情が素敵です。
大将も料理をつくりながら女性たちに話しかけ、いつもと違う盛り上がりの店内。

と、この女性たちが松茸の土瓶蒸しを注文したので私もお願いしますと
作ってもらいましたが、


IMG_0608.JPG 超うま IMG_0609.JPG松茸たっぷり IMG_0611.JPG 鱧もたっぷり

感激感激。ヽ(^。^)ノ
IMG_0613.JPG鱧のおとしで 
IMG_0615.JPGお代わりして 
IMG_0616.JPG石澤鍋
前回、チーム大統領Mちゃんと中山さんにきたときに食べたメニューが
また食べたくなって注文したのですが、他で聞いたことがないんですが、
と大将に聞いたら、常連さんの名前をつけたお鍋なんだって。(笑)
牛肉の柳川風の小鍋、、山椒もぴりっと利いていて、
IMG_0617.JPGうまいぞ
一人だと沢山種類が食べられないのが残念ですが、
大将と女将さんに会えただけでなく、かつて働いていた女性たちから
大将や女将さんのエピソードを聞いてなんだかほっこりできて、
おまけに美味しいお料理とお酒でもうなんだか感激の私。

またきます!と大将と女将さんにご挨拶して、ホテルまで歩きます。

酔っ払っていると距離感とかあまり気にならないというか、
楽しい気分だったので、ホテルまで30分ちょっと歩きました。
 
IMG_0624.JPG人もまばらな錦市場 
IMG_0626.JPG賑わっていた松川酒店
ここは夕方にちょこっと寄ってポン酒をのめれば満足。

あっという間の4日間。明日は帰るだけとなりました。。。

(-。-)y-゜゜゜(-。-)y-゜゜゜(-。-)y-゜゜゜


(つづく)

 

タグ:京都 英勲
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

京都旅行記2018Ⅱ~お蕎麦屋さんで昼酒編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

ボウイ様と時を超えて同じ空間を楽しんだ後は、



IMG_0541.JPGもうすぐ稲刈り
千葉ではこの2週間くらい前には稲刈りが終わっていましたので
京都はまだ稲刈りしていないんだなあんて思いながら黄金の稲穂を暫し眺め。
 
IMG_0543.JPG到着 
IMG_0544.JPG十割蕎麦のお店です
以前この前を通って気になっていたので(&目当てにしていた松庵がお休みだし)
このお店に入りました。

(みとしろさん)→ https://tabelog.com/kyoto/A2601/A260503/26004354/

12時半ごろに入ったのですが平日だったからなのか先客ゼロ。
(帰るころに2人組が入ってきましたが)
IMG_0545.JPG京都なのに他県のお酒だったり IMG_0546.JPG鴨は京都産 IMG_0547.JPG鳥取の鷹勇を 
IMG_0549.JPGなめ茸卸と一緒に

IMG_0552.JPG片口の向きを変えてみました。(笑)
IMG_0550.JPGこれがねぇ  
IMG_0554.JPGめちゃくちゃ辛い(*_*) 
辛い大根おろしってあまり得意じゃないことを思い出しました。(笑)

IMG_0551.JPGうまい
京都なのに京都以外のお酒(山形だったり鳥取だったり福井だったり)を
おいているのがちょっと残念ですが、こういうお店、意外と多いのかな。
 
IMG_0553.JPG箸置き 
IMG_0555.JPG海老天せいろ IMG_0556.JPGここにも辛味大根 
IMG_0557.JPG喉越しよくつるるん
十割蕎麦ってお店によってはぼそっとした感じもして
あまり好きではなかったのですが、ここのお蕎麦はかなり美味しいです。

IMG_0558.JPG揚げ立て天ぷら 
IMG_0559.JPGどろっとした蕎麦湯
松庵に比べるとお値段はかなり高め、味も松庵の方が好みですが、
たまには十割蕎麦もいいかな(旅先なのでちょっと贅沢してもいいかという気分)
と思ったみとしろさんを出て、京都駅方面にバスで戻りながら乗り換えて、
京都国立近代美術館に向かいます。

 
IMG_0563.JPGしば漬けうどん、、汁の色がすごそう。
IMG_0564.JPGお参りせず IMG_0565.JPGこちらへ IMG_0566.JPG楽しみました。 IMG_0570.JPG以前春画をみた細見美術館
ここに入っている時間はなさそう、、、ということでホテルに戻り。
 
IMG_0573.JPGドリンク、無料です。 
IMG_0574.JPGIMG_0575.JPGエコサービス 戻ってきていました 
IMG_0576.JPG入浴剤もいただいて
暫し部屋でまったりした後は夜の部で祇園エリアに向かいます。
30分ちょっと歩けば着くからと、行きは歩いていくことにしました。
 
IMG_0577.JPGIMG_0578.JPG店名井の由来がききたい 
IMG_0579.JPG錦市場
関空が再開していたので外国人観光客だらけ、複数人で広がってのんびり歩くので
エクスキューズミーといいながら合間を縫って前進。 
IMG_0580.JPG錦天満宮を通り 
IMG_0581.JPG巨大オムライスを観ながら 
IMG_0582.JPGどこか渋い字体を観ながら 
IMG_0584.JPG鴨川を渡り 
IMG_0585.JPG一力茶屋

IMG_0586.JPG八坂神社
ここを観たら左に曲がって 
IMG_0587.JPG 牛をみたあたりで更に左折

お目当てのお店はすぐそこ!


(つづく)

  



タグ:京都
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

京都旅行記2018Ⅱ~正伝寺編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

相国寺で浮世絵を楽しんだ後は、バスで更に北上し、何度でも訪れたい正伝寺へ。

今の時代、グーグルマップでルート検索するとバス停まで誘導してくれて
ちゃんと目的地までつける便利。
京都駅からバスに乗るとかなり距離がありますが、相国寺からだと30分もかからず、
(バスのルートも色々出てきます)神光院前に到着。

IMG_0515.JPG以前ランチしたカフェを通り 
IMG_0516.JPGここでお蕎麦を食べようと思ったら定休日。。。残念。 
IMG_0517.JPG野菜の自販機を観ながら 
IMG_0518.JPG井関のトラクター
小林旭が歌っていたのは赤いトラクターですが、今回は青。 
IMG_0519.JPGこの案内を観たら細い道に入り 
IMG_0521.JPGIMG_0522.JPG到着 IMG_0525.JPG静かな空間を 
IMG_0526.JPG無言で上り 
IMG_0527.JPG上って上って 
IMG_0528.JPG本堂が見えてきました。 
IMG_0530.JPG拝仏二打
お留守番なのか作務衣を着た女性が出てきたので拝観料400円をお支払い。
 
IMG_0532.JPG 裏の林 IMG_0534.JPG IMG_0535.JPG  IMG_0536.JPG
だーれもいない中、比叡山を遠くに見ながら暫しのんびり。
ボウイ様の記事(日経)をみなければこのお寺に来ることはなかったかもしれないと思うと、
何だかご縁を勝手ながら感じてしまいますねぇ。

IMG_0537.JPG
方丈の中で襖絵なども見せていただいて。
IMG_0539.JPGまたね
帰り際に御朱印をいただいたのですが、黒スタンプでした。。。
日付は女性が綺麗な毛筆で書いてくださったのですが、スタンプはちょっと寂しい。。。

IMG_0540.JPG苔の盛り具合が素敵です


この後は、バス停に戻る途中で昼酒します♪


(つづく)


 

タグ:京都旅行記
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行