So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

北海道旅行記2018~登別温泉編①~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

千春の歌が大音響で響くばかりえ何も見えないチキウ岬から、登別温泉に向かいます。

sapporo-2-71.jpg 母恋駅の前を通過

母恋めし? 3人とも知らなかったのですぐググりました。

(なかなか手に入らないんだって)→ https://www.bokoimeshi.com/what

昆布出汁で炊いたホッキ貝のご販に、燻製した味付き玉子とチーズ、
これで絶対2合は呑めるな。(笑)

なんて感じでと盛り上がった後は、一路登別温泉に向かいます。

IMG_4381.JPG今、国会議員なんですねぇ 
IMG_4387.JPG てな感じで到着。

登別温泉 第一滝本館

登別温泉 第一滝本館

  • 場所: 北海道登別市登別温泉町55
  • 特色: ★2018年7月14日東館リニューアルオープン★【創業160周年・温泉は圧巻の1500坪〜】
ここです。お風呂の充実度でsnorita姐が手配してくれました。

で、チェックイン客があふれる時間帯だったからなのか、
若いスタッフがたくさんいるのになんだか手際がイマイチ。

snorita姐がソファにパーカーを置いてチェックイン手続きにいっている間、
IMG_4392.JPGお花を観ながら待ちます
IMG_4388.JPG新聞を見ると 
IMG_4393.JPG一番前に室蘭民報  
IMG_4390.JPGIMG_4391.JPG
地方にいくとこういう地元の新聞を観るのが結構楽しみ。

と新聞を観ていたら、ホテルのスタッフがお客さんを連れてきて、
ソファに置いてあったsnorita姐のパーカーを隣のソファに投げて
お客さんに「おかけになってお待ちください」と言っていたので、
「あ、そのパーカー、私の友人のものですが」と(V)o¥o(V)言うと、
スタッフ(若い女性)が、あ、そうですかと素っ気ない態度で。
逆にお客さんが「あ、他に座りますからいいですよ」と恐縮されていました。
パーカーが置いてあったら、近くに座っている私たちに「お客様のですか?」って
聞けないのかよ、とイラットしちまいました。

ほどなくしてsnorita姐が戻ってきたので、別館みたいな建物へ。

sapporo-2-72.jpg和室です 
IMG_4396.JPG食事などの注意書きには 
IMG_4397.JPG原始林という部屋で食事です 
IMG_4398.JPGコップが2つ 
IMG_4399.JPGお菓子は3つ

snorita姐が、コップが2つしかないんですけどー、とフロントに電話したら、
和装のおばちゃんがコップをもってきてくれましたが、
申し訳ございませんを繰り返し、そんなに謝らなくても、、て感じでした。

IMG_4400.JPG
こんなお願いも置いてありました。 はい、気を付けます。

と、落ち着いて部屋でビールを飲んだ後(^-^)は、建物移動しながら大浴場へ。


IMG_4402.JPG巨大金棒
登別温泉のキャラクターが鬼なので金棒なんでしょうが、でかすぎる。(笑)
(エリア内の地獄谷から鬼のイメージを観光用に作ったんだって)

違う建物に行って、エレベータで大浴場にいくと、
物凄く広くて、露天風呂もいくつかあって広々。
 
IMG_4401.JPGで、これを発見
IMG_4422.JPG呑みますがな
露天風呂の隅の方に、注文用のブースみたいなところがあって、
部屋番号を伝えると、おばちゃんがお酒を注いでお盆にのせて渡してくれます。

IMG_4404.JPGお酒は千歳鶴
枡酒をちびちび呑みながら露天風呂でまったり。。。 素敵露天酒♪

  
IMG_4403.JPGで、部屋でビールを飲んでごろごろしたら

夕食の時間です!


(つづく)


 

nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~チキウ岬編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

ランチのお蕎麦屋さんで、宿に行く前に折角だから室蘭のチキウ岬(地球岬)に行って、
広い海をみよう、と意見がまとまり、ちょっぴり寄り道することに。


IMG_4356.JPG海沿いを走り
IMG_4359.JPG到着
お土産や飲食店がならぶ駐車場についたら、曇天。(-_-;)

って、天気悪くてテンション下がる一方、駐車場一体に大音響で流れるのが、
大音響&ループで延々続く千春。(笑)
 

IMG_4362.JPG地球岬だからね 
IMG_4363.JPGなにこのガムテ 
IMG_4364.JPG補修? 
IMG_4365.JPG先手間から出てきた兄 
sapporo-2-64.jpg兄が撮った姐とわたし
こんな曇天じゃ景色もみえないだろうけれど 、折角きたからと、
IMG_4366.JPG展望台へ 
IMG_4367.JPGいや、なんも見えないって IMG_4368.JPGここ
アイヌ語で断崖を意味する「チケプ」が変化してチキウ、、地球となったんだって。

IMG_4369.JPG展望台へ IMG_4372.JPG


視界ゼロ。(笑)


やっぱり何にもみえないし、強風で寒い。。。 

(天気がいいと海が見えるんだって)→ http://muro-kanko.com/see/chikyuumisaki.html

IMG_4373.JPGIMG_4374.JPG
幸せの鐘、私も鳴らしました。

あまりの寒さにこれ以上はいられない、、と駐車場に戻り、

IMG_4375.JPG毒まんじゅう(笑)
ロシアンルーレットみたいに1個だけ激辛まんじゅうが入ってるらしい。

IMG_4376.JPGここにきてブルーハワイはないな IMG_4378.JPG串つぶって見てたら
あげいもがあった。(笑)  中山峠だけじゃないじゃん。

と、折角の絶景ポイントでなにも見えず、代わりに大音響で千春の歌を聞いて、
登別温泉に向かいます。


(つづく)


 

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~お蕎麦でランチ編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

お昼時になってきたので、もうちょっと進んだところでランチでも、と、
洞爺湖展望台を出発。


IMG_4334.JPGトラクターを見かけるのも土地柄かな
洞爺湖沿いのお蕎麦屋さん「そば蔵」に到着。

IMG_4337.JPG 

(食べログ)→ https://tabelog.com/hokkaido/A0108/A010801/1023686/

名前を書いてお待ちください、と入口に書いてあったので、
中が満席ではないけれど待つのかな、、、と思いながら名前を書くと、
ほどなくしてお店のおじちゃんが席に案内してくれました。

13時過ぎだったので、テーブル席は先客1人、奥のロの字テーブルにはアジア系観光客。
10人弱いましたが、かなり大声で話しながらフォークでお蕎麦を食べていました。
周辺には他にも飲食店があるのですが、どうして蕎麦屋に入ったんだろう、、
(英語メニューもないし)
食べるというより喋るって感じで、お店のおばちゃんがイラッとしながら
対応しているのを見て私たちもちょっとテンション下がりました。(-_-;)

IMG_4338.JPG で、
IMG_4339.JPGIMG_4341.JPG
メニュー、思ったよりすくなくて、 
IMG_4342.JPGお酒も高め
お酒を置いている割に一品料理が納豆と玉子のみ、
居酒屋使いはしづらいかな。。
 

IMG_4343.JPG 洞爺湖の夕焼け
写真が柱に貼ってありましたが、こういう景色を直にみたら感激しそう。

IMG_4344.JPGで、かんぱい♪
宿までは姐さんが運転するというので、けーすけ兄、楽しそうに呑んでました。

IMG_4345.JPG
注文した冷したぬきがほどなくして運ばれてきました。
お蕎麦には古代米のおむすびがついているのですが、特に要らないかな。。。

IMG_4346.JPG普通に美味しいです。 
海苔と揚げ玉以外に具がないというのがなんだか寂しいなあ。。。
胡瓜は要りませんが、かまぼことかなるとみたいな練り物系があると、
嬉しかったかもかも。

IMG_4350.JPG蕎麦湯はティーポットで(笑) 
IMG_4351.JPG先手間に貼ってあった

お年を召したご夫婦2人なので慌ただしそうでしたが、
もうちょっと愛想が良いともっちょっと心地よかったかな。
どこか残念感漂うお店でしたが、ま、そんなこともありますね。

この後は、宿に向かう前にもう一か所立ち寄ります!


(つづく)     

nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~洞爺湖編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

細川たかしをおそらく一生分くらい満喫した後は、
登別温泉の宿に向かって移動するのですが、
途中、洞爺湖を通っていくので展望台から眺めることに。

IMG_4295.JPG途中で見かけたのが 
IMG_4297.JPGパラグライダー!  
今から20年くらい前、なんどかやったことがありますが
(運動嫌いの私ですが(笑))
ちょっと浮くくらい(数分)しかできなったので、
こうやって空高く飛んでいるのをみると羨ましい。。。。

IMG_4299.JPGで、道の駅に到着 
IMG_4300.JPG展望台までちょっと歩きます IMG_4301.JPG何の畑? IMG_4302.JPG虫よけなのかな 
IMG_4303.JPG日差しが強い中あるきます IMG_4305.JPG IMG_4307.JPG広い! IMG_4308.JPGあんまりみえなくて(^-^; 
歩いた割に洞爺湖がかなり遠くにしかみえず、
IMG_4309.JPG売店をぶらぶら 
IMG_4311.JPG黒ピーマン

IMG_4313.JPG1個200円、安い! 

と残念だったので、ここから更に車で移動し、
IMG_4332.JPG洞爺湖展望台へ  IMG_4320.JPG 
IMG_4322.JPG ここはよく見えました IMG_4315.JPG IMG_4316.JPG  IMG_4318.JPG噴火が続いて IMG_4317.JPG形が変わるんだね IMG_4319.JPG 今は下段の形
若いかぽーに写真撮影を頼まれた兄さんの撮影風景を眺めたり、

IMG_4323.JPG集合写真用の台の老朽化が気になったり IMG_4327.JPGじゃがポックルの種類が増えて驚いたり 

IMG_4328.JPGIMG_4329.JPGブラックサンダー北海道上陸!

ちょっと曇っていたものの洞爺湖を眺めた後は、ランチタイム~。



(つづく)

 

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~真狩村編③~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

細川たかしが盛りだくさんな真狩村に飽きてきたので(笑)、
たかし以外を求めて道の駅を探索。


IMG_4270.JPG日本一のゆり根の産地  IMG_4271.JPGコールラビ
存在は知っているのですが食べたことはなく。。。
他にもリーキなどのどどこかオサレな野菜も沢山ありました。


IMG_4274.JPGキャベツの苗? 
キャベツって種を蒔いて、って思っていたんだけれど、
近所に苗売っていたら絶対買って自宅で育ててみたい。

ひととおり施設内を見学したら、外に出て、ワゴンが出ていたので、

IMG_4276.JPG お団子ではなく
IMG_4277.JPGアイスほうじ茶を

この日、関東は酷暑、北海道も意外と暑くて日差しが強くて
汗じとじとだったので、アイスほうじ茶が涼を運んでくれました。(^-^)
 
IMG_4278.JPGあと芋も 
男爵、インカの目覚め、きたあかりの3種類あったので、
IMG_4279.JPG きたあかり 
IMG_4283.JPGほくほくねっとり 
味が濃くて甘みもあって感激の味。
注文してからしてから揚げてくれるので熱々ほくほくで超美味。

IMG_4282.JPG 兄さんも撮影 
sapporo-2-15.jpgさすがです 

おやつタイムも終了し、洗手間にいくと、

IMG_4284.JPG 注意書きのところに 
IMG_4285.JPGゆり姉さん♪ IMG_4286.JPG
昔の車ってデザインがクールで今みても素敵。
細川たかし(の記念像)を観たくてやってきた真狩村で
偶然クラシックカーが見られたのは、
IMG_4287.JPGラッキーでした 
sapporo-2-30.jpg カオダシを楽しんだ後、
IMG_4290.JPG兄さんが撮影していたのは

sapporo-2-21.jpgクラシックトラクター!

この後は、洞爺湖にむかいます。


(つづく)



 

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~真狩村編②~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

無事、細川たかしに会えましたが、銅像と一緒に見えるはずだった羊蹄山は見えず、
ソース画像を表示ほんとはこんなはず
(写真は北海道マップさんより拝借)

でもきれいな川は見えたからまいっか、ということで、
今度は真狩村の道の駅に向かいます。

IMG_4249.JPG 閉まっていたここ
もうやっていないみたいですが、お土産とか売っているのかな。

IMG_4252.JPG で、車まで10分くらいで道の駅へ

IMG_4253.JPGなぜかクラシックカー IMG_4255.JPGロータス IMG_4254.JPG 
道内をクラシックカーで走るイベントをちょうど開催していました。

IMG_4256.JPG道の駅の中にカフェマッカリズム
どこまでもマッカリ。(^-^)
アイヌ語の「マク(奥・後ろ)」+「カリ(曲がる)」+「ペツ(川)」に由来、
「とり巻く川」、羊蹄山をとり巻いて流れる川の意味なんだって。


IMG_4257.JPG で、道の駅でも細川たかし 
IMG_4258.JPGおやつは後でね 
IMG_4259.JPG観光に力を入れている真狩 
IMG_4260.JPGRG(笑) 
IMG_4261.JPG野菜たっぷりのドレッシング IMG_4262.JPG名産ゆり根製品 
IMG_4263.JPG 地元ワイン   
IMG_4264.JPGたかしコーナー IMG_4265.JPG 
IMG_4267.JPGむかし
IMG_4266.JPG今 
IMG_4268.JPGうまくコラボ
IMG_4269.JPG ここにも記念像
真狩村のたかしワールドを楽しんだ後は、道の駅でおやつタイム~。


(つづく)


nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~真狩村編①~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

今回、旅の2日目は登別温泉でsnorita姐が宿を手配してくれたので、
札幌から洞爺湖方面に向かってどこか観光でも、、という話になったので、
せっかくだから真狩村に行ってみたいとsnorita姐、けーすけ兄に言ってみたら、
特段の反対もなく、そのままレンタカーでGO! 
札幌から車で2時間くらいだったか、遠くもなく近くもない感じの場所。
で、どうしてここに来たかったかというと、

真狩村といえば細川たかし!

だからです。(笑)
IMG_4219.JPG 唄う細川たかし記念像!  IMG_4220.JPG至近距離に細川たかし! 
IMG_4224.JPG親切な案内版 
IMG_4228.JPGいた! 
IMG_4229.JPG!! IMG_4230.JPG 
やっぱり最初に聞きたいのは北酒場♪
IMG_4248.JPG けーすけ兄、銅像と同じポーズで記念撮影 

この記念像、なんとなくゆるーい感じで人がぽつぽつと訪れるのですが、
みんな、北酒場をまず聞いているのが笑えました。
やっぱり、心のこり、より、北酒場、なのかな。(^-^)

というわたしも、小学生のときに聞いた北酒場を聞きながら一緒に歌いました。(笑)

細川たかしがブレイクしたとき、テレビで「まっかりむら」と言っているのがすごく気になり、
日本にそういう不思議な耳ざわりの地名があるなんて、と思って、それ以来、

まっかりむら

気になっていた私、今回、札幌から洞爺湖までドライブ、観光スポット、で検索したら、
細川たかしの記念像が出てきたので兄と姐に提案してこられて感激。(^.^)


と、なにか成し遂げた感を感じた後は、近くの景色を楽しみます。
IMG_4235.JPG記念像の近くを流れる真狩川 IMG_4236.JPG いわなも生息しているんだってIMG_4221.JPGのどかです
sapporo-2-9.jpgけーすけ兄撮影 sapporo-2-10.jpg兄と姐   
IMG_4237.JPG姐 IMG_4239.JPG兄 
IMG_4240.JPGIMG_4243.JPG IMG_4244.JPG 3人で来られてよかった!

ナン十年も気になっていたマッカリムラに来て細川たかしに会った後は、
土地ごとに楽しい道の駅に向かいます!
(つづく)

nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~広い大地をドライブ編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

~~~ヾ(^∇^)オハヨウゴザイマス♪

IMG_4185.JPGそこそこ晴れてる 
前日(というか旅行2日目深夜)まで楽しんでいた中年3人、
翌日朝早くから行動するのもね、、、って感じで、
snorita姐とけーすけ兄がレンタカーをピックアップして
9時ごろに私の泊まったホテルまで来てくれるというのでのんびり。
朝ごはんがついていなかったので朝も営業している(というか朝まで営業している)
ラーメン屋さんもいいかな、と思いつつ、面倒なので近場のコンビニで買った
おむすびをつまんで軽く朝ごはん。

sapporo-2-3.jpgけーすけ兄から送られてきた写真 
早起き得意の兄、ホテルの温泉につかったあと、することないから、と
snorita姐のホテルまで歩いて移動、ホテル内のエレベータが近未来的で
思わず写真を撮ってLINEで送ってきました。
私にはバブルなエレベータ、に見えるるる。(笑)

で、私もチェックアウトして外へ。
IMG_4187.JPG 前日行列続きだった信玄 
ここは次回札幌に来たら行ってみたいです。。

IMG_4189.JPGで、合流して後部座席へ 
IMG_4190.JPGはいはい、ちゃんと締めます IMG_4192.JPG危険なのはわかったから締めます
呑み過ぎて少々辛そうな姐に代わってけーすけ兄が運転し、

IMG_4196.JPGこんな空を観ていたら 
IMG_4202.JPG中山峠のサービスエリアで休憩 
IMG_4199.JPG豚丼とあげいも 
IMG_4201.JPGここでしか食べられないの? IMG_4203.JPG兄が並んで 
IMG_4205.JPG買ってきてくれました
sapporo-2-6-2.jpgこれがあげいも 
IMG_4210.JPG1個もらってかじったら 
IMG_4211.JPG蒸かしたじゃがいもにアメリカンドッグの衣
びっくりする味ではなくどこか知っている味。(^-^;

IMG_4213.JPGカオダシもあるけど味普通  

ちなみに、snorita姐は、夕張メロンゼリー(アルミパック入り)を

チューチュー吸って生き返っていました。(おそらくMAXの半分くらい)  


IMG_4206.JPGGLAYがでるかもしれないガチャガチャ 
IMG_4207.JPG私はこちらを 300円もします(*_*) 
IMG_4208.JPGシャケを釣る熊さんが出てきました 
こういうちょっとしたことで北海道旅行の思い出が積み上げられていきます。

IMG_4216.JPGニセコを通過して
(今ここってオージーだらけなんだよね、特に冬)


IMG_4218.JPGじゃがいも畑かな
と、雄大な北海道を感じながら車は無事、私が行きたいといった場所に到着。


北海道が生んだスターの故郷、楽しみます!


(つづく)



  

タグ:北海道 珍旅
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~ゲイバー sign oh!で二次会編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

美味しいんだけれどお店の対応がなんだか残念なお店を後にして、
向かったのは、snorita姐の知人の紹介のお店に向かいます。

歩いていると、


IMG_4170.JPG 芳蘭だ 
日比谷にある芳蘭、以前の勤務先の人たちと有楽町ガード下で呑んで、
〆に芳蘭でラーメン、、ということがむかーしよくありました。
20年くらい前に一杯1000円超えのびっくりプライスでしたが、
深みのあるスープが美味しかったのを思い出しました。

なーんて懐かしい気持ちになっていると、
IMG_4169.JPG 病院という名の泡風呂 
ビルの横に救急車みたいな赤ランプがクルクル回りながら光っていました。
IMG_4171.JPG各階ともネーミングが(笑) 
IMG_4172.JPGIMG_4175.JPG興味のある方は行ってみてください!
他にも11PMみたいな懐かしい店名のお店(キャバクラかな)などを
キョロキョロ見ながら笑っていると、
 
IMG_4176.JPGレインボーに煌めくビルに入って 
IMG_4177.JPG BAR sign oh! さんへ GO! 

(お店のホームページ)→ http://www.sign-oh.com/

カテゴリーはゲイバーなんだと思いますが、女性の入店も可能なお店です。
なので、性格はオッサンの私も入れるという。(^-^)

最初は豪華にシャンパンを開けて、続いて各自好きな飲み物を注文。

IMG_4179.JPG兄はカクテル 
IMG_4181.JPG姐はウィスキー
私はジントニックをを飲んだ後、ウィスキーハイボールをいただきました。

で、他にいらしていたお客様(おひとりさま×1組、カップル×1組)、みなさん、

カラオケが超絶上手い!

どうしてそんなに上手いのよどうしてどうしてどうして(?_?)
とにかく何を歌っても皆さんうまい。

北島三郎や山本譲二の曲も、聞いたことがない(若干マイナー)曲ばかり、
それが、めっちゃくちゃこぶしが聞いていたりドラマチックでウマすぎて。

おひとりさま客のお兄さんは、声がとてもきれいで、明菜ちゃんの北ウィングや
山口百恵の曲を熱唱し、〆で「さよならの向う側」を歌っているのを
隣でうっとり聞いていたsnorita姐。

sapporo-1-64-3.jpg さよならコンサートのように白いマイクをカウンターに置いて
百恵ちゃんが乗り移ったようでし楽しみ。

気づけば日付も変わっていたのでそろそろ私たちも〆、となって、
こんなにみんな歌が上手いと恥ずかしいといいながら、
けーすけ兄と私は、、高知の夜のAちゃんを思い出し、

(高知でお世話になったAちゃん)→ https://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2015-06-21-9 

2人で下手くそながら勢いだけで歌いきりました、「宇宙戦艦ヤマト」を。(笑)

下手くそでも優しく盛り上げてくれたマスターのしんごさん、スタッフのおにいさん、
sapporo-1-64-1.jpgありがとう♪  
お店から私の泊まっているホテルが歩いて5分くらいと聞き、
姐と兄(同じ方面)とお店のビルで別れててくてく歩いてホテルへ。。

IMG_4184.JPG ホテル向かいの信玄というラーメン屋さん

かなり食べログでも評価が高く、1時閉店まであと30分くらいという時間に
まだ行列していました。。
今回は入ってみたかったけれど眠気に負けてまっすぐホテルへ。 


(-。-)y-゜゜゜(-。-)y-゜゜゜(-。-)y-゜゜゜ おやすみなさい。。。


(つづく)



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

北海道旅行記2018~すすきのでぐびぐび編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

IMG_4112.JPGニッカウヰスキーを出た後は、
余市駅から電車で小樽経由、またはバスで札幌直行、と思ったのですが、
タクシーで小樽にいけば早い電車で札幌に行けるかな、ってことで、
タクシーに乗って小樽へ。
IMG_4115.JPGタクシーの窓にもマッサン 
ただ、この運転手さんが往路と違って運転いまいちで(-_-;)
乗りながら不安になりつつ、無事小樽についてダッシュで快速エアポートに乗車、
40分くらいで札幌に無事到着。

ここから3人とも別々の宿にしているのでタクシーに乗って駅に近いほうから
各自のホテルで降りて行こう、と、けーすけ兄→snorita姐→うつうつぼ、
の順でホテルに行ってもらったのですが、タクシーの運ちゃん(30代くらい)が
ちょっと不気味で変な自信過剰な話しぶりに途中から引いていた私、
snorita姐が降りた後、運ちゃんと2人きりの車内、ちょっとした緊張。(笑)

IMG_4129.JPGやっとついた 
ホテル ローヤルステイ・サッポロ

ホテル ローヤルステイ・サッポロ

  • 場所: 北海道札幌市中央区南6条西8丁目2-1
  • 特色: 【すすきの徒歩圏】【Wifi完備】広い空間とこだわりのサービス。ワンランク上の空間でゆっくりと。
比較的お手頃で、部屋が広そうだったのでここにしました。

デラックスツインですが、部屋に入ってすぐベッドではなく、
かなり歩いてから、
IMG_4133.JPG 大き目ベッド 
IMG_4134.JPG隣にソファ 
IMG_4135.JPG外は目の前が壁でなくて一安心 IMG_4136.JPGアメニティも資生堂だし 
IMG_4137.JPGこんなルームサービスも 
提携している近くの温泉にお安く入れるみたいですが、
歩いて移動も面倒なので、軽くシャワーを浴びてさっぱりして、
ひと眠りしたら出発です。

IMG_4138.JPG定期入れみたいな部屋の鍵  
IMG_4139.JPGこういう心遣いはいいですね 

で、夜の部会場(snorita姐が札幌に着いた後探して予約してくれました)まで
ホテルから歩いて20分弱なので、歩いていくことにしました。
IMG_4140.JPG 古民家のお店を観ながら右折して 
IMG_4141.JPGジンギスカンもいいな  
IMG_4142.JPGすすきの♪ 
IMG_4143.JPGIMG_4144.JPG

(きすむ、と読むお店です)→ https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010103/1004823/

半個室のような席に通してもらって、   
IMG_4150.JPGはい、乾杯♪
IMG_4151.JPGお通し  
おくら、まぐろ、メカブを混ぜたような一品。 いい組み合わせです。

ただ、若いオネエさんスタッフに飲み物を注文したらなかなか来ず。(-_-;)
姐がシャンパンの小さいボトルを注文したらビール(これも遅かった)の後、
なかなか運ばれてこなくて。。
慣れないスタッフなのか謎ですが、最初のいっぱいは特に大事。

個室内に呼び出しボタンもないので、戸を開けてスタッフの人にまだですか、
と聞いたら、和服を着た中年のおばさんスタッフが対応してくれましたが、
その後、うるさい客だと思われたのか、
このおばさん、個室の小窓から中が見えるポジションに時々立って私たちの動きを
覗いてみていたそうです。(けーすけ兄談)

で、ここ、おでんと焼き鳥が楽しめるお店、ということで、
IMG_4145.JPG面白いネタもあります(くずきりとか) IMG_4153.JPG私の注文分
大根、はんぺん(かため)、ロール白菜、どれも出汁のきいたおつゆとよく合って美味。

他に串焼きも注文したのですが、3人分一緒盛り、と聞いていたのに、
運ばれてきたら、全部ばらばら(しかも時間差あり)で運ばれてきました。

IMG_4155.JPG納豆きつね巻?
油揚げで納豆と葱を巻いて串に刺したもの。間違いない組み合わせ。

IMG_4156.JPG兄さんの和牛 
IMG_4158.JPG私の鳥皮 
IMG_4159.JPG姐のぼんじり 
IMG_4160.JPGIMG_4148.JPG
金滴をいただきました。さっぱりしていて呑みやすいお酒でした。

IMG_4162.JPGししとうに 
IMG_4163.JPGしいたけ
しいたけ肉詰め 
IMG_4164.JPGお代わりして 
IMG_4165.JPG炙りたらこと 
IMG_4166.JPG銀杏を食べて〆。

ちょっと上品な店構えで美味しいお料理なのですが、
如何せん最初に対応してくれたお姉さんスタッフが物足りなくて、
途中から対応してくれた和服おばさんスタッフがよかったものの、
隣の個室(天井は壁がなく声筒抜け)の女性2人の声(中年だけどきゃぴきゃぴ)が
うるさくてうるさくてちょっと残念でしたが、兄と姐と一緒にすすきのに来られて
こうやって食べて飲めるのは幸せなことです。

というわけで、次は二次会へ移動します!

(つづく)
 

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行