So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

品川「響」で大力納豆 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

年明け(すっかり後手)に訪問した響さんの記事です。


IMG_9711.JPG マスターズドリームで乾杯♪ 

サントリーのビールがあまり得意ではないのですが、
このお店はプレモルとマスターズドリームの2種類あって、

比較的こちらの方が味に馴染めます。
(一番好きなのはサッポロ黒ラベルの私)

IMG_9715.JPGお通し  
さつま揚げ、ほうれんそうのおひたし、と、蛤のお吸い物

IMG_9718.JPGダイナック会員特典
これは毎回鴨ロースで同じです。 
IMG_9710.JPGあご出汁おでん、気になったのですが、
この日、ここが2軒目なので、さっぱりしたものを、、と思い、 IMG_9716.JPGサラダ
有機栽培の人参としらすのサラダに、人参ドレッシングがかかっていて、
酸味があってもどこか優しい味わいのサラダでした。

IMG_9717.JPG 揚げづけ
揚げづけって栃尾の油揚げみたいな感じ、厚揚げよりは柔らかいのですが、
IMG_9720.JPG大力納豆をサンド 
響さんにくると大力納豆メニューは必ず食べたくなるのですが、
豆の風味が強い納豆がとても美味。(^-^)

IMG_9713.JPG 伯楽星も進みます
IMG_9719.JPG 鴨
九条葱を鴨で巻いて天ぷらにした一品ですが、
天ぷらにするよりも焼いたほうが鴨の風味が楽しめるかな。
   
IMG_9721.JPG もっきりの徳利に萌えながら〆。

今回はさほど混んでいなかったせいか、注文からお料理がテーブルに運ばれるまで
あまり時間がかからなかったのもあって、サクサクっと食べて飲めました。

以前よく注文していた豆鯵のから揚げがグランドメニューに復活せず、
ちょっと残念なのですが、大力納豆が毎回楽しめるので満足の響さんでありました。



タグ:品川 伯楽星
nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ディセンダント2」を観る [映画④]

以前見たディズニー映画(ドラマのDVD化?)の続編があったので
借りて観ました。

ディセンダント2 [DVD]

ディセンダント2 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD
あらすじはAmazonさんより。

選ばれしヴィランズの子供4人は、善人が住むオラドン合衆国の暮らしに馴染もうと奮闘。
そんな中、「美女と野獣」ビーストの息子ベンと恋人になったマレフィセントの娘マルは、
王室の一員になるプレッシャーから逃れるために、悪のルーツである生まれ故郷ロスト島へ。
そこでは、アースラの娘ウーマが仲間を率いていた。
自分たちをオラドン高校に招かなかったと妬むウーマは、フック船長の息子ハリーと、
ガストンの息子ギルを引き込み、悪巧みをするのだった…




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



続篇はちょっと勢いが落ちちゃった感ありです。(^_^;)


(1作目はかなり面白いと思ったんだけどな)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2016-07-31-8


1作目で感じた新鮮味に慣れた状態で2作目を観るので、
続篇を面白くするのってかなり工夫しないと難しいと思うのですが、
悪すぎるお母さんたちが今回全く登場しないのも残念ポイント。
子供が成長して自立心が増えているということで登場しないという理解ですが、
やっぱり誰か(希望としてはマレフィセントのクリスティン・チェノウィス)に
出てもらいたかったなあ。。。。


主役のマルがちょっときつい表情になってしまったのに対して、
王子が相変わらず頭の中がお花畑ぽいのが安心しましたが(笑)
今回新たに登場したウーマが滅茶苦茶歌が上手くて、
主人公をはじめ、オラドンに移っていい子になろうとしているヴィランズが
どこか負けちゃっている感があったのが残念でした。


やっぱり主役クラスは突出して歌が上手くあってほしいと願うのが
ミュージカル映画を見るとき思うことですが、
今回はウーマの歌がうますぎてその点が逆にちょっと残念でした。

話自体は勧善懲悪めでたしめでたしで安定感がありますが、
キャラクターそれぞれの活かし方がいまいちでどこか勿体ない感もあった
「ディセィンダント2」でありました。

って書いてますが、続編があったらまた見ちゃいそう。(笑)




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

神田「藪蕎麦」で昼酒 [呑んだり食べたり(和食)]

岩波ホールでグルジア映画を見た後は、
今回映画に行こうと誘ってくれた仲良しKサンと
「蕎麦屋で昼酒」を目指して淡路町方面まで歩きました。


IMG_9769.JPG 候補店のまつやさん 
かなりの行列で、藪蕎麦の方が広くて待ち時間少ないかも、と
藪蕎麦へむかいます。 


IMG_9772.JPG 途中に神田連雀亭 
初めて存在を知りましたが二つ目さん専用の寄席です。
こういうところで、これから大きく伸びていきそうな噺家さんを見つける、
そういう楽しみ方ができる寄席ですね。(^-^)

IMG_9773.JPG 到着 

IMG_9774.JPGIMG_9775.JPG創業者の堀田さん 

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13000334/

藪蕎麦って殆どいったことがないのですが、ここも火事で燃えてしまったのを
ニュースで見ていながら一度も行ったことがなく、今回初めて。

15分くらい待ったところで小上がり席に案内されました。

IMG_9782.JPG 店内の様子 

再建されたので新しいのですが、どこか古くて渋い雰囲気も感じられる店内。
常連さんが建て替えて違和感を感じないように色々と工夫されたのかな。

IMG_9783.JPG はい、かんぱい♪ 
お通し(580円だった)は甘めの蕎麦味噌。
これをちびちびやりながら熱燗なんぼでも飲めそうです。


IMG_9779.JPG 老舗らしいお値段  
IMG_9788.JPG最初に運ばれてきたのが IMG_9789.JPG わさび芋 
Kサンも私もよく読まずに注文したのですがねばねばのとろろに山葵でした。
てっきり、拍子切りの長芋に山葵だと思っていたのでちょっとびっくり。
IMG_9791.JPG お酢とお醤油は好みで
かなり粘りがもっちもちで美味でございました。。
IMG_9790.JPG鴨ロース
2人で3枚だと揉めます。(笑)  ほどよい脂と白髪ねぎがよく合います。

IMG_9777.JPGで、日本酒にしようと思ったら IMG_9778.JPG 菊正宗オンリー  
老舗って意外と銘柄一本ってところが多いような気がしますが、
日本酒1種類なのに焼酎はいっぱいあるって。( 一一)

IMG_9795.JPGせっかくなので2本まとめて注文
菊正宗の熱燗で昼酒なんて渋くて素敵。(^^♪


IMG_9797.JPG天たね

芝海老がごろごろ入っていて、ごま油でもしつこくなく表面サックサクの仕上がりは
さすが老舗のお蕎麦屋さん。うますぎる。

IMG_9800.JPGあいやき 
鴨の油で焼かれた葱がめっちゃくちゃうまくてお酒が進んで、
IMG_9802.JPGIMG_9803.JPGお代わり(そしてお水もいただき) IMG_9804.JPG 焼きのりは赤富士の箱入りで 
IMG_9805.JPG炭で温められていて 
最後の一枚までパリッパリの状態で食べられて感激。

で、〆はやっぱり蕎麦です。
IMG_9780.JPG定番と 
IMG_9776.JPG季節のそば  
お蕎麦屋さんに行くと基本的には冷たいお蕎麦を注文しますが、
今回もぶれずにせいろうそば。を2枚。(^.^)
IMG_9808.JPG Kサンは1枚 IMG_9807.JPG
こういうところはうっすらきれいに盛られているので2枚注文しましたが、
やっぱり茹でた蕎麦の〆方もいいんですよね、とにかく美味い。


食べ終わってみたら、
IMG_9811.JPG中央が盛り上がっていて IMG_9810.JPG 裏から木で上げていて(笑) 
美味しく見せようという心配り、だと思いたい。
(徳利だと上げ底と(V)o¥o(V)になりますが蕎麦は粋なんだろうと)

IMG_9809.JPG たっぷり蕎麦湯をいただいてごちそうさま。。。


なかなか蕎麦屋で呑むという機会が最近なくなったのですが、
こうやって休みの日のお昼に蕎麦前、酒、そして〆に蕎麦、、と楽しめるのは
日本だからだななんて思いながら、今度一人でも昼酒やっちゃおう、と
やる気満々になった神田藪蕎麦さんでありました。 




タグ:神田 菊正宗
nice!(6)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「花咲くころ」を観る [映画④]

人生初の岩波ホールで初めてのグルジア(ジョージア)映画を見ました。
岩波ホール50周年記念の上映作品です。


花咲くころ.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

ジョージアがソ連から独立して間もない1992年の春、
エカ(リカ・バブルアニ)は、首都トビリシで母親と姉と暮らしていた。
彼女の親友のナティア(マリアム・ボケリア)は、
父親がアルコール中毒のために家庭が荒れていた。
ある日ナティアは、好意を寄せてくれる少年から弾丸入りの拳銃をプレゼントされ……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


14歳の少女たちの思春期と、独立したばかりで政情不安定の国を描いているのですが、
グルジアって旧ソ連というくらいの知識しかなく、最近では栃ノ心の出身国という知識程度。

(グルジアについて)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%A2_(%E5%9B%BD)

日本も平和と言い切れるかどうか、という昨今ですが、
映画が描かれている1992年の頃の日本ってバブルがはじけたころ、
そんな時のまだ紛争が続いて政情不安定だったグルジアの様子を
(ノンフィクションではないものの)知る良い機会となりました。

国が不安定だと生活も不安定、映画に出てくる大人たちが大人げなくて、
アル中で暴れたり、食糧不足のせいかパンを買う行列でも揉める、、
そんな場面が時折出てきます。
そんな中、エカとナティアの少女2人が、ちょっと背伸びをしながら成長していく、
そういう話、、だと思いながら見ていると、彼女たちの年齢が分からず
後半で14歳と知って驚いた以上に驚いたのが、14歳でナティアが嫁いでしまうこと。
しかも大嫌いな近所のバカアンちゃんに。

えー、そういう展開なのー、と思って見ていたのですが、
2人の少女、というより、エカ(嫁がない方の少女)がナティアの結婚をきっかけに
精神的に急成長していく、そういう物語なんだと思いながら見終わりました。

ナティアの結婚披露宴で友人の結婚が納得できない(ような表情)で
厳しい表情で踊り続ける場面が非常に印象的でしたが、
どんな辛い環境あっても人は生きていく、生きていかなければいけないんだな、
と思った「花咲くころ」でありました。






nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

京橋「ドブロ」でパスティツァーダ [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

昔の勤め先の後輩と久しぶりにランチでドブロさんに行きました。
子どもを産んで授乳が終わってワインが飲みたいというので、
普通にフレンチやイタリアン、というよりはクロアチア料理の方が
珍しいと思ってくれるかも、と連れていった次第です。


IMG_9372.jpg 店先のクロアチアの国旗、、、
風でくるくるに丸まっていました。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13004098/

夜の部だとコース料理客が通されるのが中2階席、
アラカルトを希望すると半地下みたいな席に通されるのですが、
今回のランチ予約時、土日のランチはコースのみ、但し中2階が既にいっぱいなので
半地下の席でいいですかと言われて了承していったら、なぜか案内されたのが中2階。
キャンセル出たのか謎ですが、初めての中2階席にはマダムグループがいっぱい。。


IMG_9373.jpgランチメニュー IMG_9374.jpgスペシャルもあります
後輩はもりもり食べたいというのでシュトゥルクリセットを、
私はクロアチアセットを注文。

IMG_9375.jpg飲み物メニュー 
IMG_9376.jpgワインもあり 
IMG_9378.jpgクロアチアビールでかんぱい♪ IMG_9380.jpg 後輩の前菜 IMG_9381.jpg 私の前菜k
シュトゥルクリついているかどうかの違いだけでなく、
前菜からちょっとした差がついています。(笑)
私の前菜はお肉のパテに甘めのソース、ちょっと不思議な味わいですが、
ビールにはよく合います。(^-^)
IMG_9382.jpg後輩のシュトゥルクリ 
チーズをパスタで包んでパプリカソースがかかっているクロアチア料理ですが、
後輩、非常に気に入っていたようです。

IMG_9383.jpgIMG_9385.jpgグラスワインにスイッチして
(お昼だし、後輩あんまり飲めないんでボトル注文は断念)

IMG_9388.jpgパスティツァーダ
牛ほほ肉の赤ワイン煮込みですが、独特な味わい(そんなにきつい感じではない)の
スパイスが効いていて、赤ワインが進むのでお代わりしました。

IMG_9391.jpg デザート

後輩にはこれにもうちょっとプラスされた盛りのいいデザートでした。

このチョコレートケーキ、面白いのが中にショートパスタが混ぜられていて、
食感が面白い(ずっしりした感じ)ケーキでした。

この後コーヒーを飲んでランチ終了。。。


後輩とは6年近くぶりの再会でしたが、時間の流れを感じないというか、
懐かしい話で盛り上がりました。


今回初のランチ訪問でしたが、スタッフの丁寧な対応と美味しいお料理と
後輩との会話で盛り上がったドブロさんでありました。




タグ:京橋
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「スリー・ビルボード」を観る [映画④]

2月初旬、年明けから映画館に行っていないことに気づいて

特に作品を調べず足を運んで鑑賞した作品です。

スリービルボード.jpg


あらすじはYahoo!映画さんより。

ミズーリ州の田舎町。
7か月ほど前に娘を殺されたミルドレッド(フランシス・マクドーマンド)は、
犯人を逮捕できない警察に苛立ち、警察を批判する3枚の広告看板を設置する。
彼女は、警察署長(ウディ・ハレルソン)を尊敬する彼の部下や町の人々に脅されても、
決して屈しなかった。やがて事態は思わぬ方へ動き始め……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんともまあ不思議な映画でした。。。
いままで見たことのないタイプというかなんというか。

登場する人物がどの人も、一癖も二癖もあって
見ていて若干混乱したりほっとしたり。

娘を殺されて警察に抗議する広告看板を出すミルドレッドに
最初は同情の気持ちを持って見ていると、町の住民への態度が悪く、
娘が殺された日、出かける娘に暴言を吐いていたこと、

ミルドレッドの娘の殺人犯を見つけられず職務怠慢だと思っていた警察署長も、
ちゃんと調査は行っていたこと、自分の短い余命を考えて行動に出ること、

有色人種を差別する警察官のディクソンも序盤から中盤はアホかと思うほど、
こんな人を警察官にすべきじゃないのにと思っているとある出来事をきっかけに
警察官として真面目に取り組もうとする態度、

怒りに怒りをぶつけても憎しみしか生み出さない、そういう意味の言葉が
最後の方に出てくるのですが、自分に大けがを負わせた相手(ディクソン)に
偶然会っても復讐しようとせず怒りをおさえて優しく接した広告会社のレッド、
彼の行動を見て、自分もそういう心持ちにならないと、なんて考えながら見終わりました。

人間は良い面と悪い面を両方持ち合わせていると思いながら、
映画を見ていると、善人、悪人とわけてしまいがち、ですが、
今作はそう分けることができないというか、どの登場人物も人間くさく、
そこが見ていて共感できたりできなかったり、という点でどこか不思議な
映画「スリー・ビルボード」でありました。





nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:映画

四谷三丁目「タぺリア」でパエリア [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

このブログにたまに登場する友人Kサンと新年会で新規開拓したお店。


IMG_9332.JPG 四谷三丁目から歩いて5分弱。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13028662/

地下1階のお店はテーブル席で20名ちょい入れそうな感じでこじんまり。
予約していったのですが2人掛けテーブルで店内満席。

日本人男性がメニューを持ってきて飲み物の注文をとってくれたのですが、
料理の注文はスペイン人オーナーのカルロスさんが対応しますとのこと。
そんなわけで、カルロスさんがやってくるまでメニューを眺めます。


IMG_9337.JPG悪魔の隕石!(肉団子) IMG_9338.JPG鱈のピルピルという料理   
IMG_9340.JPG スパークリングで乾杯♪  
IMG_9341.JPGお通し的な 
グリンピースのスープ、豆豆していて美味。

ここで、カルロスさんが登場し、本日のおすすめの説明。
とにかく明るいおじさんで、すすめられるままに色々注文してしまいました。(笑)


IMG_9342.JPG 最初にこの2品

IMG_9344.JPGイベリコ盛合わせ
イベリコのハモン、サルシッチャ、チョリソの3種。
注文してから切ってくれるのでしっとりした食感、脂も美味。

IMG_9345.JPG ポテトのアリオソース
かなりニンニクがきいていて、これはビールが合うかも。
 


IMG_9346.JPG 熱々パンも美味しい 
IMG_9334.JPGおススメワインを注文 
IMG_9339.JPG変わったワインもあって 
かなり気になったのですが、ちょっと高いのもあってパス。
IMG_9348.JPG呑みやすいワインでした 
IMG_9347.PNGでも、市販の3倍以上の値付け(*_*)

IMG_9352.JPG おススメのムール貝
勧められたものの、これは失敗。( 一一)
身がちっちゃくてぼそぼそ、おまけに上の写真の矢印つけた貝が開いてなくて。
おススメメは値段の説明もないので、それなりに払っても美味しく出してくれると
期待していたのでこれはかなり残念。。。
そのまま残すもなあ、と思って日本人男性スタッフにこの貝開いてないです、と伝えると、
お皿ごと持って行って、

 
IMG_9355.JPG 開けてもってきてくれたのですが、
加熱して開かない貝は出してほしくないなあ。。。
これでちょっとテンション下がりました。

IMG_9357.JPG これもおススメ IMG_9358.JPG スミイカのグリル 
これはニンニク強めですが、味付け食感とも美味。

IMG_9359.JPGで、お代わりして IMG_9362.JPGパエリア
おススメのパエリアはやはり美味しいです。。。

調理担当のオーナーが時折出てきて他のお客さんに話しかけたり、会計したり、見送ったり、
そんな感じなので、料理が30分以上出てこないとか、そんなこともちょいちょい。

ムール貝以外は美味しかったので全体的には満足できましたが、
お店の雰囲気にのまれてしまう良し悪しも感じてしまったタぺリアさんでありました。



 

タグ:四谷三丁目
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ボブという名の猫~幸せのハイタッチ」を観る [映画④]

映画館で観そびれたのですが、飯田橋のギンレイホールで上映されているのを知り、
観に行きました。

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ Blu-ray

ボブという名の猫 幸せのハイタッチ Blu-ray

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

ジェームズ(ルーク・トレッダウェイ)はギターを手に、
ストリートミュージシャンとして日銭を稼いでいた。
ドラッグ更生プログラムの最中のある日、彼はヘロインを摂取して病院に搬送される。
退院後、彼が更生担当者ヴァル(ジョアンヌ・フロガット)が用意してくれた部屋に
入居すると、どこからか茶トラの猫(ボブ)が迷い込む。
ジェームズは、猫の飼い主を捜そうとしたが、見付けることができなかった。





最近安易に猫や犬を題材にした映画を製作するケースがありますが
(そういうのに引っ掛かる自分を反省しております( 一一))
今作は猫によってドラッグ依存から立ち直っていく人間の話。

ホームレスもそうしたくてそうなるわけではなく、
何かの躓きからそうなってしまう、でもそこから抜け出すのは大変、
ましてドラッグ依存もあればなおさら抜け出せない、そんな主人公が、
ボブという猫と出会い、ドラッグ依存の支援グループからのサポートで
苦しい思いをしながらドラッグを断ち切り、ボブと新たな人生を始めていきます。

ドラッグ依存について、ただ、ドラッグを体からすべて出し切るだけではなく、
合成麻薬のメタドンを毎日摂取してから断ち切るタイミングをはかっていく、
そういう治療もあることに驚いたのですが、中毒性のある物質が体に入って、
それを出し切ることの難しさを少しだけでもこの映画で知ることがでできました。

ボブとの出会いでジェームズが立ち直っていこうとするとき、
必ずよからぬ反応を見せる人もいるわけで、そういう人たちの存在に負けず
依存症を脱した姿を見て画面越しに安堵しました。

ジェームズ本人は、ボブとの出会いを描いた著書のサイン会の場面で登場し、
(サインをもらうファンの役)
この本は私の人生そのもの、というセリフをいうのですが、
え、これって誰?と思ってみてたら本人だと分かり納得。





映画ではボブ本人(本猫?)が出演し、アップの場面や、ジェームズの肩にのる場面などは
本人が演じているというのもびっくり。
エンドロールを見ると、ボブ本人以外に7匹の猫も演じていますが、似たような柄で
見分けがつきませんでした。(^-^;

ジェームズがもしボブと出会うことがなかったら、、
そんなことも考えてみてしまったのですが、ボブの存在感とジェームズの努力を見て
私も日々穏やかに過ごせることに感謝しなければと思った
「ボブという名の猫」でありました。






nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

日本橋「まえ田」でつぶ貝 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

昨日の映画記事と異なり、これはお正月の頃の後手記事です。(^-^;

年明け早々に訪問した日本橋まえ田さん。

ビールを飲んだ後は、

IMG_9312.JPG 六十餘州にスイッチ 
IMG_9313.JPG お通し
今回は粕汁。 
日本酒は好きですが、酒粕はあまり好きでないのですが(なぜか)、
ああ粕汁かあ、と思っていたら、これはかなりさらっとしていて、
出汁の方が強い感じで美味しく食べられました。

IMG_9314.JPGたこぶつ炙り 
炙ると少し香ばしくなるのでお酒がさらに進むという。

IMG_9315.JPGつぶ貝 
IMG_9317.JPG肝がうんまっ!
あん肝よりはさっぱりしていますが、
つぶ貝の肝がこれほど美味しいとは、、、今回初めて知りました。

IMG_9318.JPG鱈白子 
IMG_9319.JPG ぷるっぷる 
IMG_9322.JPGお代わりして 
IMG_9320.JPG天豆
1月初旬で食べられるなんて贅沢。
春も近づいてきているんだなあって思います。

IMG_9323.JPG焼きはまに 
IMG_9325.JPG もう一杯いただいて〆。

新年会シーズンで混んでいると思ったのですが、
週末でなかったのもあってか店内がゆったりしていて時折遭遇する煙もくもくもなく、
季節を感じながら美味しく食べて飲めたまえ田さんでありました。
 

nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「グレイテスト・ショーマン」を観る [映画④]

見たくて見たくて公開2日目に鑑賞しました。


グレーテストショーマン.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

P・T・バーナム(ヒュー・ジャックマン)は妻(ミシェル・ウィリアムズ)と
娘たちを幸せにすることを願い、これまでにないゴージャスなショーを作ろうと考える。
イギリスから奇跡の声を持つオペラ歌手ジェニー・リンド(レベッカ・ファーガソン)を
連れてアメリカに戻った彼は、各地でショーを開催し、大成功を収めるが……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



すっばらしぃっ!


ヒュー・ジャックマンが見たくていったのですが、
彼だけが突出して目立っていたわけではなく、作品全体としてのまとまりというか
冒頭の歌から始まるゾクゾク感が最後まで続いていきました。

P.T.バーナムという実在の興行師をヒュー・ジャックマンが演じていますが、
調べてみると、映画で描かれているよりもっと身勝手な人に見えます。

(一応wiki)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/P%E3%83%BBT%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%A0

バーナム自身、貧しい身の上からいつか成功して自分を見下していた人たちを見返す、
そんな強い気持ちがあってそのためにリスクを冒してまで賭けに出る、
成功しても上流社会からは見下されていることにイライラが募って更に賭けに出る、
そして失敗して、、、私自身は共感できないキャラクターでしたが、

バーナムを小さいころから見守って寄り添おうとするチャリティ(ミシェル・ウィリアムズ)の
優しさは観ていてホッとしました。

バーナムが奇人と言われる人たちを集めて興行する、というと、

フリークス [DVD]

フリークス [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD
ちょっと悲しくなってしまったこの映画をふと思い出しますのですが、
今作はフリークスと言われた人たちが、家族からも見放されたのに
ショーに出る仲間たちの間で家族(の気持ち)になっていく、、
終盤のこの歌で、わたくし思わず泣いてしまいました。。。。

この歌をメインで歌うKeala Settle、以前NYでミュージカル「Priscilla」で見たとき
脇役を何役もこなして器用な人だと非常に印象深い人で、ただ、そのあとどうされているかと
気になっていたら、まさかこの映画で再会できるとは思わず感激。



(また見たい作品です)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2011-05-12-6
             http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2012-05-14-6

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray
この映画の製作チームがつくったという宣伝に、この映画あんまりしっくりこなくて、
でも、ヒュー・ジャックマンが出ているから見たいし、、と、思いながら鑑賞したら、
一部の演出(ダンスシーンの変な早回しみたいな不自然な感じとか、オペラ歌手の歌が
特に心震えるほど上手でもないとか)以外は違和感もなく、
最後の明るい未来がみえるかなという終わり方でほっと見終わりました。


ヒュー・ジャックマンは当然、
気づいたら、歌の上手いイケメンおじさんに成長している(笑)ザック・エフロン、
期せずしてスクリーン越しに再会できたKeala Settle、素晴らしい歌、
ミュージカル映画、しかもオリジナル作品として素晴らしい出来で大満足の
「グレイテスト・ショーマン」でありました。



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感