So-net無料ブログ作成

映画「フロントランナー」を観る [映画⑤]

ヒュー・ジャックマン主演というだけで観に行った作品です。

front runner.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

1988年のアメリカは、大統領選挙に沸き立っていた。
コロラド州から選出されたゲイリー・ハート(ヒュー・ジャックマン)は、
最有力候補(フロントランナー)として人々の視線と期待を集める。
そんな中、マイアミ・ヘラルド紙が彼に対する一つの疑惑を報じる。
ジョン・F・ケネディの再来と親しまれ、当選は確実視されていたゲイリーだったが、
その報道を機に一気に人気を失ってしまう。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


眠かった。(-。-)y-゜゜゜


映画って題材がよくても、素晴らしい俳優が演じていても、
監督の演出や構成、描き方なのかな、そう思った作品です。


起承転結がぼやけていたのと、冒頭で惹きつけるような映像がなく、
最初からぼやけて始まり、何をメインに描きたかったのか、
題材がアメリカ大統領選、とあまり自分に身近でないにしても
大統領選最有力候補(フロントランナー)が失脚する、という方向が
見えつつも、あまりにぼやけた展開ぶりに前半うとうとしておりました。。
(周りにも寝ていた人がかなりいたみたいです。(笑))

ヒュー・ジャックマン演じるゲイリー・ハートも良い意味でも悪い意味でも
魅力的に見えなかったし、浮気相手の女性もなんでこの人なんだろう、と。(-_-;)

描かれている時代、政治家は国の為の政策、どう導いていくか、
リーダーシップが大事であってプライベートや人間性は問われない、
そんな時代で、妻と別居、他の女性と不倫、そんなことはどうでもいい、
政治家の価値はプライベートで決められるはずはない、
そう思っているので、不倫が報じられても対応せず、そのまま失脚。。

って話がメインだったのかな。

大統領選で戦うチームがあまりに大勢で、人の多さにどこか描き方も散漫、
メディアが登場しても、メディア同士の競い合い、メディア対政治家の戦いも
どこか中途半端に描かれていて消化不良。。。
新聞記者が裏がきちんととれる前に新聞に掲載してしまうリスクも
見ていてどうなんだろうって思いながら、報道の正義をかざして迷惑おかまいなしの
取材方法は今と変わらないえげつなさだな、なんて嫌悪感を感じていたら
眠気が飛んでいきました。(笑)

大統領候補から降りて終わりかと思ったら、主人公のゲイリー・ハートが
その後は妻と元気に過ごしている、とかエンドロールに差し込んでいて、
それ、要らんだろう、なんて突っ込み入れたくなりました。

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

スポットライト 世紀のスクープ[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: VAP,INC(VAP)(D)
  • メディア: Blu-ray


上の作品のように、新聞記者目線で描くとか、
政治家が主役で一人の人間として描くならそれもよし、
どこかに焦点を当てて描けば、メリハリがあって惹きつけられたかも、
そんな残念感たっぷりの「フロントランナー」でありました。





nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 6

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。