So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「ワンダー 君は太陽」を観る [映画⑤]

予告編で気になっていた作品、日比谷で鑑賞しました。


ワンダー君は太陽.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

生まれつき顔立ちが人と違う少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、
幼いころから自宅で母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)と勉強してきた。
10歳になり学校に通い始めた彼は同級生と仲良くしたいと願うが、
じろじろ眺められたり避けられたりする。
しかし彼の行動が、周囲の態度を少しずつ変えていき……。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


よくできている映画、なのですが、
今作の主演がジュリア・ロバーツというのが物凄い違和感。

原作を読んで映画化の際はぜひ、って申し出て主演、らしいのですが、
あの独特の大笑いが苦手で、彼女がいる分、作品からマイナス的な感じでした。

話自体は、難病で手術を何度も繰り返したオギー、自宅の勉強だけでなく、
同世代と接することも大事だろうと初めて学校に行くとこからスタートし、
見た目の雰囲気でバイ菌扱いされ、でも、オギーに人間として接してくれる子もいて、
そこからいろんなものを巻き込んでいく(オギー、頭いいからね)という展開。

本当によくできていて、起承転結もしっかりしっているのですが、
オギーの立場の子が、理系に強い頭の子でなかった場合、
自分の力で見返す場面がなかったら厳しいのかな、と思うような、
ネガティブな見方もしてしまいました。。

映画自体は、オギーを取り巻く人たちについても彼らの立場で描いていて
(姉のヴィア、その友達のミランダ、オギーとなかよくなるジャック)
特にヴィアについては親に甘えたいけれど弟の病気を考えると甘えられず、
そんな中、葛藤で自分の気持ちを押し殺しているのを観て切なくなりました。

ジュリア・ロバーツのキャスティングが個人的には微妙ですが、
オギーと仲良くなるジャック役のノア・ジューブが
Suburbicon [DVD]

Suburbicon [DVD]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
この時、唯一まともな子だったのを思い出し、
今作でもオギーと仲良くなる素直な子を演じていて好感持ちました。

どこかお涙頂戴な作りが微妙ですが、
オギーのような難病を抱える人が、見た目で判断する人をはねのけて、
自分の世界を切り開いていく姿を見ると中年の私でも勇気をもらえた
「ワンダー 君は太陽」でありました。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

堀越ヨッシー

暑中お見舞い申し上げます♪
 
これって絵本とかにもなってる、いわゆる実話モノですよね。
実話モノの映画化作品って、ちょっと苦手です。どうしても、映画に都合のいい演出が入るじゃないですか?。だから、素直な気持ちで作品自体にのめり込めない自分がいます。まあ、単にオイラがひねくれてるってだけですけど(苦笑)。
 
現実にあった話の映画化より、フィクションで現実問題を語る映画の方がやっぱり好きですね♪(^皿^)
by 堀越ヨッシー (2018-07-16 17:33) 

うつぼ

ヨッシーさん、久しぶり!&暑中お見舞い申し上げます♪
これ、実話ものですが、お涙頂戴的な感じはなくて、多感な子供たちを
描いた作品かと思いました。
もちろん演出によっては引いてしまうこともありますが。
とはいえ、たぶん、この作品はヨッシーさんの好みではなさそうかな。^_^;
by うつぼ (2018-07-31 20:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。