So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「犬ヶ島」を観る [映画⑤]

予告編が気になって気になって気になりまくっていたので、
公開1週目にシャンテシネに観に行きました。

犬ヶ島.jpg


あらすじはYahoo!映画さんより。

近未来の日本で、伝染病の犬インフルエンザが大流行し、
犬たちは「犬ヶ島」に隔離される。
12歳の少年アタリは、捕らわれた愛犬スポッツを捜すため、
メガ崎市からたった一人で小型飛行機を操縦し犬ヶ島へと降り立つ。
島で出会った5匹の犬とアタリは、心の距離を少しずつ縮めていき……。



==================================================




新感覚!

ストップモーション映画、というだけあって手間暇かかっているのも感じつつ、
どこかブラックな笑いでみ終わりました。

予告編を観たとき、キャラクターは可愛くないし、
どこかシュールで味気ない雰囲気も感じたのですが、
好き嫌いが分かれそうな今作、私はすっかり笑って観てしまいました。

多分、作りがどこか桃太郎ぽくて、

そんな感じがが私のツボにはまったのかもしれません。


主人公のアタリ(見た目が可愛くない(笑))が捨てられた犬たちをつれて
自分が大事にしていた犬のスポッツを探すというのが、
絶対ハッピーエンドになると思いながら観るいつものパターンながら、
どこか応援しながらみている自分がおりました。。

勘違い日本ぽい描き方をしている映画はよくあることですが、

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray

これはなんだかなあ、って思いましたが、
今作は、なんだか不思議な日本の描き方も、
007は二度死ぬ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

007は二度死ぬ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
ショーン・コネリー様が日本で日本人に化けようとして
ぜんぜん日本人に見えなかった、そのときの笑いに近いものがありました。


ストップモーションという手間のかかる撮影で、独特の動きを観ながら、
どこか皮肉にわらったりしながら、ハッピーエンドになるだろうな、と思って
安心しながら見られる心地よさ、興行的なことも考えてはいないだろうけれど、
ウェスアンダーソン監督自身のやりたいことが詰められている作品、という印象。

同時通訳の声を担当するフランシスマクドーマント、
下宿やのおばあちゃん(一瞬の出演)の夏木マリ、いろいろなところに楽しみがあって、
飽きずに見られた「犬ヶ島」でありました。



nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。