So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「ラビング」を観る [映画④]

映画館で観そびれた作品です。

ラビング 愛という名前のふたり [DVD]

ラビング 愛という名前のふたり [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

1958年、大工のリチャード・ラビング(ジョエル・エドガートン)は、
恋人の黒人女性ミルドレッド(ルース・ネッガ)の妊娠をきっかけに結婚を申し込むが、
当時バージニア州では異人種間の結婚は違法とされていた。
二人は法律で許されるワシントンD.C.で結婚し、地元で新婚生活をスタートさせるが、
突然夜中に保安官が現れ逮捕されてしまう。
彼らは離婚するか生まれ故郷を捨てるかという耐え難い選択を迫られ……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



実話を基に製作された映画です。


以前、

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

ドリーム 2枚組ブルーレイ&DVD [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray
この映画を見たときも、肌の色で差別する理不尽さを感じたのですが、
肌の色が違う同士の結婚を禁じる法律が存在する州があること、
肌の色が違う相手と結婚したというだけで逮捕されてしまう理不尽。


土地を買ってここに家を建てようというリチャードと結婚したミルドレッド、
その後、逮捕され、司法取引で罪を犯したと認めますが、
公民権運動が活発になっていく中、人権団体のサポートを受けながら
司法長官に手紙を出し、メディアに取り上げられながら、
2人が苦しめられた法律が最高裁で違憲である判決が出るという、
見ていてホッとしましたが、そこに至るまで2人が経験した辛い出来事の数々、
映画で描かれていないこともたくさんあったんだろうなと思いました。

違憲の判決が出た後、2人で買った土地にやっと家を建てますが、
リチャードは判決が出て7年後に交通事故で亡くなり、
残されたミルドレッドはその後ひっそりと暮らした、とエンドロールで
知らされて、結婚してから10年間辛い思いをした後、
やっと2人で堂々と生きていけると思った矢先にリチャードが亡くなる、
なんて理不尽なんだろうと思いながら見終わりました。

リチャードは背が高くてがっしりとした一見強面の男性、
実際は優しくて思いやりがあって口数が少ないリチャードが
裁判官に何0か言いたいことがあるか聞かれて、妻を愛していること、と静かに
語る姿に、真面目に働いている彼らを理不尽な法律だけで不当に扱う、そんな時代は
もうあってはいけないと改めて思った「ラビング」でありました。


nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 2

lovin

1958年なんて、ついこの前、みたいなのに、
そんな法律が!今はLGBTとかも認められていく時代、
変わるものですよね。
by lovin (2018-03-04 11:23) 

うつぼ

lovin姐さん、こんにちは。
ちょっと前、、、でも、これだけ差別の酷い時代だったんですよね。
自分と違うからと差別する狭量な人がこの世からいなくなって
ほしいと願います。。
by うつぼ (2018-03-21 11:09) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。