So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

映画「T2 トレインスポッティング」を観る [映画③]

久しぶりの続編、映画館で観そびれてレンタルしました。

T2 トレインスポッティング ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

T2 トレインスポッティング ブルーレイ&DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

かつてレントン(ユアン・マクレガー)は、
麻薬の売買でつかんだ大金を仲間たちと山分けせずに逃亡した。
彼が20年ぶりに故郷スコットランドのエディンバラの実家に戻ってみると
すでに母親は亡くなっており、父親だけが暮らしていた。
そして悪友たちのその後が気になったレントンが、
ジャンキーのスパッド(ユエン・ブレムナー)のアパートを訪ねると……。






時の流れを感じます。。。 20年後だもんねぇ。。


確かに彼らが20年後に、、となると、こんな感じで良くも悪くも変わっていない、
そういうもんなんだろうなあ、としみじみ。。。


それなりに中年になっている分、まともなところもあるんだろうけれど、
やっぱりダメ(というかクズ)な部分は変わらない、そんな彼らを見て、
ホッとしつつ、現実にこういう人が近くにいたら面倒見きれなさそう、
そんな思いも持ちながら見ておりました。


続篇となると最初に見たドキドキ感が薄れていまいち、なんてこともありますが、
20年も経っているとなると、そういういまいち感も意外とないもので、
レントンが逃げた後、まともにオランダで生活していたかと思いきや、
やっぱり根っからまともな人間になっているってこともなく、
地元に戻ってきたらすっかり元通り的なダメダメぶりにどこかほっとする自分。(笑)


実は前作を見直してからみるつもりがそれをせずに今作を見たので、
あまり前作のことを細かく思い出せないまま見たわけですが、
それでもレントンが地元に戻ってきてきてから、
恨まれているのに仲間たちと再会してから逆に生き生きとしてくる様子が、
見ていて思わず笑ってしまいました。


時間の経過とともに変わるもの(見た目とか)と変わらないもの(仲間との友情?)、
前作をちゃんと見ていたらもっと楽しめたと思うと残念なのですが、
ダニー・ボイル監督が20年後を描いてみたかった様子が描かれていて、
観客も想像していたようなダメダメぶりのレントンと仲間たちにどこかホッとして

しまったのではないかな(特に最後のバカっぽいところなど)、と思った
「T2トレインスポッティング」でありました。



nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 2

lovin

続編があったんだ!!
知りませんでした。
でも、元々があまり好きじゃなかった記憶。
詳細は記憶薄れてますが。。
by lovin (2018-01-06 12:55) 

うつぼ

lovin姐さん、こんばんは。
イギリスのじめっとした空気の中に描かれるダメな人たち、なので、
共感できないと全然面白くない映画だと思います。。。
なのであんまりおススメできないかなあ。

by うつぼ (2018-01-08 21:46) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。