So-net無料ブログ作成

NYで「ANYTHING GOES」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

NY滞在2日目、3本目に観たのが“ANYTHING GOES”。

さすがに疲れております。 (-_-;)
集中力が無いくせに、一日に3本もミュージカルを見ようとしたことを反省反省しながら
RIMG1766.JPG STEPHEN SONDHEIM 劇場 へ
RIMG1767.JPG リバイバル作品なので ちょとレトロ

この劇場に入ったのは初めてなのですが、改装されていて非常にきれい。
面白かったのは、入口から舞台まで階段を下りていくこと。
普通は、入口からちょっと歩くとすぐ客席なのですが、ここは降りていかないといけません。
一つ降りるとメザニン席と洗手間。

舞台が始まる前に入っておこうと洗手間に入ろうとしたら、
大きな白人おばさんが2人並んで出てきてぶつかり
オーマイガッ!」みたいに言われたのですが
2人並んで出てくること自体が非常識なんじゃ、バ○ア。(一部伏字)


とイラつきながら用事を済ませ、更に階下に下りて自分の座席へ。

AnythingGoes.jpgちょと後ろの右ブロック




この作品は客船が舞台なので、劇場内のスタッフが水兵さんの格好をしていたり、
録画録音禁止などの注意事項アナウンスもキャプテンからのお願い、、、的な感じで、
「船長です、この作品は1944年の設定ですが、携帯電話の電源は切ってくださいね!」
と、結構面白く聞けました。

 


で、 あらすじは、


ニューヨークからロンドンに向かう豪華客船を舞台に
   歌姫リノを中心に様々な人が繰り広げるコメディ。


以上です。


初演はエセル・マーマン主演で1934年。 1962年、1987年にリバイバル公演。

1936年に映画化され、

Anything Goes [DVD] [Import]

Anything Goes [DVD] [Import]

  • 出版社/メーカー: Ent. One Music
  • メディア: DVD


1954年フランクシナトラ出演でテレビドラマ化、1956年再び映画化された作品。


日本でも宮本亜門演出、大地真央主演で1989年(~何度か)公演されたみたいですね。


ま、何度もリバイバルされている古典ミュージカルなので、複雑なお話でもなく、
さほど気にしなくてもいいかな、って感じのあらすじです。(^_^.)





あらすじはそんな感じで、ダレとダレがくっついて、とかそんな人間模様を絡めながら
歌って踊って最後は大団円だったのですが、

 

劇場寒過ぎ!!


(;_;)ブルブルブルブル

 


昨年、「アダムスファミリー」で雪山遭難かと思うくらい寒かったのを思い出しました。
そのくらい寒い劇場内、白人の方々などは皮膚が厚いのか寒さにも強そうなのですが、
途中から隣に座るかなり大きな白人オジサンさえもが手足をさするほど。(ーー;)


劇場内は概ね寒いもの、と思っていますが、この劇場、尋常でないくらい寒かった。


で、途中、寝てしまいました。 寒いし、話があまり面白くなかったりして。(^_^.)

このミュージカル、コール・ポーターの音楽が非常に素敵なのですが、
タイトルの“Anything Goes”というと、

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [DVD]

インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説 [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD

インディ・ジョーンズ第二作目の冒頭で、
ケイト・キャプショーがチャイナドレスに身を包んでこの歌を歌っていたのが記憶にあります。
そのくらい印象的な曲ではあるのですが話がちょっと。。。。


恋模様がいくつか出てくるんですがそれが特に面白くもないっていうかなんというか
やはり時代設定が古すぎるのでしょうか、わくわくするような雰囲気もなくてねぇ。。

ただ、これぞミュージカル!と思えたのがタップダンスの群舞。


タップダンスの群舞はド迫力、これだけでも見に来る価値はあります。

 

歌姫のリノを演じていたのは、
サットン・フォスターという現在ブロードウェイで非常に人気のある女優さんで、

彼女のサイトはこちらね→ http://www.suttonfoster.com/home.html

初めて見たのは彼女がトニー賞主演女優賞を受賞した“Thoroughly Modern Millie”。

この作品で大好きになった方で、その次に“Drowsy Chaperone”を見て、
(画像もイマイチ、音声もざらざらですがご容赦を)


ますます好きになったのですが、その後、

Young Frankenstein

Young Frankenstein

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Decca France
  • 発売日: 2008/01/31
  • メディア: CD

メル・ブルックスの作品に出ていた彼女を見て、今作を見て思いました。


ああ、この人は何を演じてもサットン・フォスターなんだなあ、、って。


以前、「アダムスファミリー」を見たメガネヒヨコさんが
「どの役を演じてもいつも同じネイサン・レイン」という名言を残されているのですが、

「どの役を演じてもいつも同じサットン・フォスター」

としみじみ思いました。

もちろん、これって褒め言葉なんですけど、
この人を生で見て拝めるだけでありがたいって意味ですね。

Wish (Snys)

Wish (Snys)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ghostlight
  • 発売日: 2009/02/17
  • メディア: CD

ちなみに、このフォスターさん、
ソロCDも出しているくらいの実力です。このアルバムはオススメ♪

てなわけで、作品自体はちょっと古いかな、と思いつつ、
タップダンスの群舞に心躍り、生で見るサットン・フォスターに感激した
“Anything Goes”でありました。


(つづく)


タグ:NY
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 6

コメント 6

rtfk

>ケイト・キャプショーがチャイナドレスに身を包んでこの歌を歌っていた

それは記憶にあります^^)
by rtfk (2011-06-07 10:58) 

lovin

寒い、暑いはつらいですな~~。
暑いのはけっこう大丈夫だけど、空気悪かったりするとしんどいっす。
寒くて寝てしまったですか??冬眠?(笑)
by lovin (2011-06-07 22:01) 

へろーめ

一日三本はさすがにきついね。
集中力が続かないでしょ。

by へろーめ (2011-06-07 23:20) 

うつぼ

rtfkさん、こんにちは。
インディ・ジョーンズもずいぶん昔なんですよね。。
2作目はこの冒頭の歌がとても印象的だったので書きましたが
rtfkさんも覚えてくれていてよかった。。
by うつぼ (2011-06-11 14:05) 

うつぼ

lovin姐さん、こんにちは。
寒いのと話が退屈なのとで寝てしまいました。
海外の劇場はとにかく寒いのである程度は装備していくのですが
それでも時折激しく寒いところがあったりして今回もそれで。
参りました。(-_-;)
by うつぼ (2011-06-11 14:06) 

うつぼ

へろーめ兄さん、こんにちは。
2本目が楽しくて盛り上がった反動なのか、3本目は面白くなくて
集中力も切れ寝てしまった感ありです。。。
by うつぼ (2011-06-11 14:07) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0