So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

両国「ほそ川」の蕎麦 [蕎麦の会]

昨年末の柏の「竹やぶ」から始まった「蕎麦の会(会員3名)」で両国「ほそ川」へ。
dancyuだけが頼りの会員達、今回もdancyuよりお店を選定。

大江戸線両国駅A3出口から徒歩1分。

 細い裏道にひっそり佇む渋い店構え。

「小学生以下はお断り」とは、大人の店ですね。

ほそ川:墨田区亀沢1-6-5 (03-3626-1125)

「ほそ川」は、前回行った銀座「成冨」のご主人 成冨雅明さんが修行したお店で、
ご主人の細川貴志さんは葛飾出身、3年前に埼玉県吉川市から両国に移転したとか。

 表紙が木の手作り感溢れるメニュー
残念ながらメニューには板わさがなく、
注文しようと思った焼そらまめ、水茄子、山葵の醤油漬けは品切れでした。

 乾杯は「大七」をぬる燗で飲みながら 

 そば豆腐
あっさりした味で、程よい歯ごたえと山葵がぴったり

 焼味噌
意外に薄味で柚子の香りが効いてます。周りの岩塩も酒のつまみにピッタリ。

 大七に続き、磯自慢を冷で

玉子焼き
甘さ超控えめながら、出汁の味たっぷりで舌触りもよく美味美味。

品揃えが少ないかな、と思っていたつまみはどれも美味。
続く天ぷらは(メニュー以外で松茸天ぷらもありましたが値段分からずパス)、

 穴子天ぷら
いんげん、生姜、ペコロス、ミニトマト付。 穴子ホコホコ、衣サクサク。

ごぼう天ぷら
成冨より幅広でほっこり。 1人前3個なので4人で来ると揉めそうです。

 帆立天ぷら
付け合せは、いんげん、生姜、ペコロス、ミニトマト、貝ひも。
どれも美味しいのですが、

 大粒帆立がふっくら、中はレア!
一人前の量が少なめですが、内容は非常に充実しています。

つまみに満足した後は、お目当てのお蕎麦。

 友人①はかけそば
非常にさっぱりした味だと言ってました。

私と友人②は、

せいろ 
細くてもしっかりした歯応え。 産地を聞きませんでしたが、香り高い蕎麦です。

お代わりには、
 田舎せいろ

 太打ちです

薄削りの鰹節、干し椎茸、昆布でとった出汁は、
しっかりした味乍らすっきりして、でも深い味。

 蕎麦湯はどろっとポタージュ系

お店は大きいテーブルでゆったりできる雰囲気は非常に良いのですが、
メニューに品切れが多いこと、
店員さんの要領が悪く、飲み物を頼んでもなかなか出ないこと、
七味の容器が空で指摘して新たに持ってきてもらったこと、などなど、
改善してほしい点もありました。 

が、

とにかく、蕎麦は香り高く、こしが強くて美味。 (ちょっとお値段高めですが)

「ああ、今日はお蕎麦を食べたなあ」と実感できるほそ川でありました。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0