So-net無料ブログ作成

バーミンガム出張記~展示会場編~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

到着翌日から仕事です。

ホテルから車で30分の「NEC」という国際展示場に向かいます。

 ここがNEC

 上から見るとかなり広いのが分かります

「NEC」は、日本電気、のことではなく、National Exhibition Centreの略。                                                 イギリスで一番、ヨーロッパでも7番目の大きさを誇る国際展示場。                                                                                          21のホールがあり、展示総面積は20万㎡超、                                                                          大規模な商業見本市が年間180ほど開催され、年間来場者は400万人。

と、NECのホームページに書いてありました。

ここに毎日通って仕事をしたわけですが、

  毎日こんな感じで、

 がやがやごちゃごちゃと人がいっぱいでした。

イギリスで開催されているせいか、インド人来場者が非常に多く、                                                                                                 更に、西欧諸国だけでなく、ロシアや東欧からの来場者も                                                                                                                                                              非常に多かったのが印象的でした。                    

 

(仕事とは全く関係のない話)                                                                                                

展示会場内のトイレまで行く途中のスタンドに立つ女性が、

「ER」のコーディ先生にそっくりで、                                                                                                                                                                         「コーディ先生もイギリス人だからか、似てるよなあ」と                                                                                                                   通る度に思いながら見ていたら、彼女もおかしな東洋人(私)に気付き、                               その後、顔を見ると互いにニコニコと笑うようになりました。

更に、トイレでは、                                                                                               個室内で用を足しながら携帯電話で話し続ける器用なイギリス人女性を                                                                                  毎日必ず一人はお見かけし、「これもお国柄?」などと思うのでした。  (続く)


nice!(0)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 6

eilon

NECという展示会場内には米国では頻繁に見受けられる「SUBWAY」というハンバーガーショップがあるのですが、同じ味を期待して食べてみたら あれ?という感じでした。(味が薄い?無い?パンが・・・。)悲しい思い出です。
by eilon (2006-04-14 23:58) 

tomi-t

バーミンガム出張記、写真付きなのでより楽しく拝見。体調不良の息子の親と乗務員の会話「降機」にはオドロキ。そこに登場する人物の様々な人柄に考えさせられる事多し。写真で見る展示会場内は大盛況の様子で目出度し。
長期出張と記事、ご苦労様。  佐助
by tomi-t (2006-04-15 09:21) 

バーミンガムといえば僕の持つ知識はピストルズの歌詞ぐらいです(笑)。
by (2006-04-15 10:59) 

うつぼ

eilonさん、会場内にSUBWAYがあったんですか。全然気付きませんでした。
ファーストフードもファミレスも世界中にあるものですが、
日本人にとっては日本で食べるのが一番口に合うんでしょうね。
by うつぼ (2006-04-15 12:43) 

うつぼ

佐助さん、楽しんでいただけて何よりです。
単調な行程よりも、何かハプニングが起きた方が後で思い返せば楽しいもので
今回もそういう意味では色々ありましたよ。
by うつぼ (2006-04-15 12:46) 

うつぼ

カオルさんにとってバーミンガムといえばピストルズの歌詞ですか。
ピストルズは、シド・ビシャスなどのメンバーの見た目のイメージが強烈過ぎて
実はあまり聴いたことがないので分からないのですが、
私にとってバーミンガムといえばduran duranの誕生の地ということでしょうか。
我ながらミーハーだと思うのですが、今からウン十年以上前の若かりし頃の
思い出です。(笑)
by うつぼ (2006-04-15 12:58) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0