So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の5件 | -

千駄ヶ谷「CHACOあめみや」でリブロース [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

以前かたまりのお肉でテンション上げ上げの記事をかきましたが、
(びっくりしたよもー)→ https://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2018-06-05-2
お店に行ったあと、そうだ、ここに絶対連れていかないと!と思って
お久しぶりのミセス大食い選手権Sチャンに声をかけたら
「行きたいです!」と即答の返事。

昨年第二子誕生時、お祝いしそびれていたので、仲良しKサンと一緒に
ここでSちゃんのお祝いをすることに。

とはいえ、人気店は土日はランチタイムがないようで、
ここも夕方17時からの開店。早めにいって開くのを待ち。



IMG_3680.JPG開店後地下へ 
IMG_3681.JPG かんぱい♪ 
泡があれば泡でお祝い乾杯したいところですが、代わりにハートランドで乾杯です。
で、今回は3人なのでにお肉の他に前菜を少し注文。

IMG_3683.JPGチーズ盛合わせ
けんかしないように、なのか3種が1つずつ楽しめます。
真中のピクルスがまたマッシュルームやカリフラワーが入っていて美味。

IMG_3685.JPGセットのガーリックブレッド 
カリッカリサクサクで美味。

IMG_3686.JPG帆立を注文したら IMG_3687.JPGかちっちゃくて可愛い(笑) 
IMG_3688.JPG 甲州の赤ワインへスイッチ 
IMG_3689.JPGIMG_3690.JPGフレッシュなにんにくも今回食べちゃう IMG_3691.JPGIMG_3692.JPGサラダをたべたら IMG_3693.JPGスタンバイ♪
入口近くの石窯で表面を焼かれたお肉がテーブルに運ばれてきて 
IMG_3695.JPG じゅーじゅー  IMG_3696.JPG ド迫力にSちゃんびっくり IMG_3697.JPG 大ぶりにカット IMG_3698.JPG 熱々プレートも運ばれて IMG_3699.JPG 出来上がり♪

IMG_3700.JPG ほどよく焼きます 
IMG_3702.JPGSちゃん大食いぶりをあますところなく発揮 
私とKサンで半分弱、残りをSちゃんが食べきりました。
今回は付け合せのジャガイモもすべて食べましたが、ほくほくで美味。
お肉も前回同様レアからウェルダンまで目の前の鉄板で食べながら
もりもり楽しめました。
IMG_3704.JPG シャーベットとコーヒーで〆。

Sちゃんも2人目のお子さんをううんだときは早めに職場復帰、
長時間通勤に育児に仕事に大変な様子ですが、
こうやって美味しいものをときどき一緒に食べてリラックスしてもらえれば、
Kサンと親戚おばさんの気分というか、そんな気持ちになりました。

スタッフ全般、かなり素っ気ないのですが(すごくきびきびしていますが)
今回、オーナーなのかコック姿のおじいちゃんが、テーブルに案内してくれたり、
注文を取ったり時折話しかけてくれたり、、時折ほんわかしたり、で、
コスパよく美味しく食べられて今回も満足のCHACOあめみやさんでありました。

 

タグ:千駄ヶ谷
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ガザの美容室」を観る [映画⑤]

タイトルが気になって新宿のシネマカリテで鑑賞しました。


degrade.jpg


あらすじはYahoo!映画さんより。

パレスチナ自治区、ガザの美容室は、離婚調停中の主婦やヒジャブをかぶった女性、
結婚を控えた若い娘や出産間近の妊婦らでにぎわっていた。
ところが通りの向こうで発砲騒ぎがあり、美容院は孤立してしまう。
極限状態で女性たちは平静を装っていたが、いつしかトラブルになり……。




--------------------------------------


面白いか面白くないか、と聞かれたら、正直いって面白いとは思えない映画でした。

自分が客だからと傲慢な態度の中年女性、
ドラッグが手放せず下ネタばかり話す中年女性、
結婚式を控えた娘の髪型を勝手に決めようとする母と義母、
オーナーに雇われている立場でありながら男との別れ話で仕事をしない女、
お客さんがたくさん待っているのに仕事が遅いオーナーの女性、
そのオーナーの言うことを聞きたがらない娘。

その他、敬虔なイスラム教徒の女性、臨月の女性などなど、
女性ばかりが狭い店内に13人、という舞台のような群像劇が繰り広げられます。

自分の主張ばかりする登場人物に途中イラッとしたのですが、
途中から、銃撃戦がお店のドア一枚隔てたところで繰り広げられるという、
私にとっては完全に非日常の世界を感じさせられて、
ニュースで見るものの、詳しく知っているかといわれれば、
歌声にのった少年 [DVD]

歌声にのった少年 [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD
パレスチナからエジプトに偽造パスポートで移動して、、、
という映画をみたので、多少なりとはわかっていたつもりでしたが、
いつ何時何が起きるかわからない、イスラエルの監視で行動も制限される彼らが
そんな環境の中でも、美容室の中では普通におしゃべりしてお化粧して、という
ごく普通の空間が生まれるんだな、と思いました。

外ではヒジャブをかぶらなければいけない彼女たちが、お店の中という空間では、
(脱毛するからなんですが)下着姿だったり、カジュアルな服装だったり、と
そんな光景が少し意外にも思えました。

イスラム政府のほかに、ハマスなどのグループでさらに抑圧された世界に住む彼女たち、
ストレスのたまる中、せめてヒジャブを脱いだときにおしゃれしたいと思う気持ちもわかります。

と、女性たちの身勝手さなどにはちょっとイラつきましたが、
戦争が日常の中で繰り広げられる世界を垣間見られるような作品としては
ほかにない面白さを感じた「ガザの美容室」でありました。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

菊川「みたかや酒場」でホヤ刺し [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

活版印刷機を見ながら飲んだリズム&ベタープレスさんを出た後は、
山利喜さんに入りたかったのですが、外からみた感じでは超満員。
うーん、人気店は混んでるねぇ、、とやはり入れず、じゃあ、みたかやさんに行こう、と
前回行ったから大丈夫大丈夫~と先導していたのですが、

(女将さんのインパクトがすごいお店)→ https://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2018-06-17-1

いつまで経っても着かなくて。完全に方向を間違って歩いておりました。(笑)
友人が仕方ないね、とグーグルマップで調べて案内してくれて何とか到着。

今回も入口に女将さん。

ちゃんとお酒と料理を注文してくれるなら奥のテーブルに座っていいよ、と
かなりの上から目線でお許しくださったので、大丈夫です、たくさん飲んで食べます!と
軽快に返事をしながら奥のテーブルに着席。(今回は2人です)



IMG_3657.JPG 渋い店内です 
ここまで来てしまえば、女将さんは視界に入らないので
怒られることもなさそうです。(^_^.)

IMG_3659.JPG はい、かんぱい♪ 
IMG_3658.JPGぷるぷるの煮込み
噛まないでも飲み込めそうです。
IMG_3660.JPG まぐろ刺し
これで600円だったかな、とにかくお値段が破壊的。
脂ののったまぐろで熱燗をのみきったので、

IMG_3662.JPG黒ホッピー 
外1つに対して中3つ。 うんまい。

IMG_3664.JPG 山盛りポテトサラダ
芋のつぶし方が好み。ごろっとした食感も残っていて美味。

IMG_3665.JPGホヤ 
IMG_3666.JPGうんまっ 
新鮮なホヤ、くさみもなくクリーミーでなんともいえない食感。
注文してよかった。(^・^)
IMG_3669.JPGIMG_3673.JPG飲んで飲んで 
IMG_3674.JPG友人は梅酒だったかな 
常連さんが皆さん気さくでカウンター越しの料理を手渡してくれたり、
相変わらずアットホームな雰囲気に感激。

女将さんも遠くからもしかしたら目配り(監視じゃなくて)してくれているかもしれないし、
ここはたまにはお邪魔したいおみたかやさんでありました。(友人も感激していました)

IMG_3675.JPG ごちそうさまでした~

 

タグ:大関 菊川
nice!(7)  コメント(1) 
共通テーマ:グルメ・料理

森下「リズム&ベタープレス」でかちわりワイン [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

函館旅行記をアップする前に訪問した記事を書いたのですが、
その話を前職の友人に伝えたら(印刷関連企業勤務)行きたいというので
再訪しました。


IMG_3644.JPG この角を曲がったら入口 
IMG_3645.JPGお邪魔します[黒ハート]
今回も窓側のカウンター席があったのでそこに座らせていただき、
IMG_3646.JPG 乾杯♪

IMG_3648.JPG 日が長いので外も明るい 
IMG_3649.JPG前回同様にこれ 

見た目は浅漬けなのですが、ピリッとした味付けでビールが進みます。
IMG_3650.JPG 茹でたて枝豆をつまみながら IMG_3651.JPG げそ
前回と同じメニューを注文したのですが、これ、本当に美味いのです。
ほどよい旨みで味付けられている衣でサクッとしていて中はぷりぷり。
これ、このお店にきたら絶対注文すべし、です。(^-^)

IMG_3653.JPG 前回同様かちわりワインをいただき。
前回よりお客さんが多かったので活版印刷機を動かしていただくこともなく、
機械を眺め、インクの匂いを感じながら呑んで食べて、、楽しんで。
1時間くらいでお開き。

お店のお兄さんは相変わらず丁寧な対応で好感度大。
ここ、近所にあれば週3はかたいお店なんだけどな。。。


この後、二軒目に行こうと歩き始めて、
IMG_3654.JPG やっぱり満席 

じゃあ、前回行ったお店に行こうと適当に歩いていたら
まったく方向違いで(笑)、友人に違うんじゃないの、と指摘され、
Googleマップ先生に従って(方向違いだったよ)方向転換して、

IMG_3655.JPG またここにきちゃった。

呑みます!


(軽いはしご酒、つづく)

 

タグ:森下
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ワンダー 君は太陽」を観る [映画⑤]

予告編で気になっていた作品、日比谷で鑑賞しました。


ワンダー君は太陽.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

生まれつき顔立ちが人と違う少年オギー(ジェイコブ・トレンブレイ)は、
幼いころから自宅で母のイザベル(ジュリア・ロバーツ)と勉強してきた。
10歳になり学校に通い始めた彼は同級生と仲良くしたいと願うが、
じろじろ眺められたり避けられたりする。
しかし彼の行動が、周囲の態度を少しずつ変えていき……。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


よくできている映画、なのですが、
今作の主演がジュリア・ロバーツというのが物凄い違和感。

原作を読んで映画化の際はぜひ、って申し出て主演、らしいのですが、
あの独特の大笑いが苦手で、彼女がいる分、作品からマイナス的な感じでした。

話自体は、難病で手術を何度も繰り返したオギー、自宅の勉強だけでなく、
同世代と接することも大事だろうと初めて学校に行くとこからスタートし、
見た目の雰囲気でバイ菌扱いされ、でも、オギーに人間として接してくれる子もいて、
そこからいろんなものを巻き込んでいく(オギー、頭いいからね)という展開。

本当によくできていて、起承転結もしっかりしっているのですが、
オギーの立場の子が、理系に強い頭の子でなかった場合、
自分の力で見返す場面がなかったら厳しいのかな、と思うような、
ネガティブな見方もしてしまいました。。

映画自体は、オギーを取り巻く人たちについても彼らの立場で描いていて
(姉のヴィア、その友達のミランダ、オギーとなかよくなるジャック)
特にヴィアについては親に甘えたいけれど弟の病気を考えると甘えられず、
そんな中、葛藤で自分の気持ちを押し殺しているのを観て切なくなりました。

ジュリア・ロバーツのキャスティングが個人的には微妙ですが、
オギーと仲良くなるジャック役のノア・ジューブが
Suburbicon [DVD]

Suburbicon [DVD]

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD
この時、唯一まともな子だったのを思い出し、
今作でもオギーと仲良くなる素直な子を演じていて好感持ちました。

どこかお涙頂戴な作りが微妙ですが、
オギーのような難病を抱える人が、見た目で判断する人をはねのけて、
自分の世界を切り開いていく姿を見ると中年の私でも勇気をもらえた
「ワンダー 君は太陽」でありました。



nice!(5)  コメント(1) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -