So-net無料ブログ作成

外苑前「ラザーニャラザーニャ」でラザーニャ [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

以前、私の生活圏外の外苑前へワインを飲みに行った話を書きましたが、
今回も同じメンバーで同じお店にまいりました。



IMG_7664.JPG 外苑駅から歩いて5分くらい。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13179927/

今回もワイン持ち込み、グラスシャンパン1杯付きのコースでいただきました。

IMG_7666.JPG シャンパンと白ワイン
IMG_7667.JPG サンセールの白
これは私が持参したワインですが、すっきり綺麗な味の白ワインです。

IMG_7668.JPGチーズたっぷりサラダ
ロメインレタスにチーズたっぷりのサラダ。白ワインが進みます。
IMG_7669.JPG白身のカルパッチョ
IMG_7670.JPG ハムの盛り合わせに
IMG_7671.JPGIMG_7673.JPG イタリアンの赤IMG_7674.JPG ゴルゴンゾーラペンネに
IMG_7675.JPGIMG_7678.JPGアメリカの赤IMG_7679.JPGラザーニャ♪
IMG_7681.JPGバローロと一緒に
IMG_7682.JPGいただきます♪
IMG_7684.JPG チーズ
これも今回参加メンバーのお姉さんが持ち込みましたが、
手前のトリュフが香るチーズと、奥のスティルトン(イギリスの青かびチーズ)が
軽やかな赤ワインにぴったり。 うまい♪

IMG_7687.JPG タリアータ
IMG_7689.JPGIMG_7691.JPGIMG_7693.JPG

スロベニアワインとポートワインに、、、あとなんだっけ。

コースメニューは前回と殆ど同じですが、
店名にもついているとおりラザーニャは本当に美味しいです。

メンバー8人で持ち寄ったので色々な国の色々なワインを、
お店のソムリエさんにお料理と合わせて出してもらえる贅沢を
堪能し、回を重ねるごとに参加メンバーとも目からウロコ的な話で
盛り上がれるようになって、楽しめたラザーニャラザーニャさんでありました。



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「LION/ライオン ~25年目のただいま~」を観る [映画④]

予告編を見て気になっていた作品です。

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]

LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

インドのスラム街。
5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、
そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。
やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。
ポッカリと人生に穴があいているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも
本当の自分の家を捜そうと決意。
わずかな記憶を手掛かりに、Google Earth を駆使して捜索すると……。







Google凄っ!


当然ながら、主人公のサル―がおぼろげな記憶を辿りながら
自分が乗った列車の速度なども計算しながら自分の家がどこだったか、
Google Earthを使って探っていくわけですが、
現代の便利なツールを使いこなす主人公に感心することしきりでした。

今だからこそ、見つけられた話(実話です)なのだと思いますし、
自分のルーツ探しをしたい気持ちも分かるのですが、
実の親なのか、育ての親なのか、、実の親も大事だけれど、育ててくれた親も大事、
でも自分はオーストラリア人なのか、インド人なのか、、葛藤する主人公の気持ちを
理解したいと思いながら見続けました。


ただ、前半が長すぎて。(+o+)


インドで兄とはぐれて長距離列車でどこにきたか分からない、
(話しかけられたものの言語が違っていて理解できない)
路上生活の子供たちと一緒に生活するようになったのも束の間、
仲間たちは人さらい(スラムドッグミリオネアでもこういうの、ありましたが)に
遭って連れていかれ、独りぼっちになって孤児院へ、、そして里親に引き取られて
オーストラリアへ。。

このあたりの件がかなり長くて、丁寧に描くのは理解できるものの、
もう少し短くてもよかったような、、気がします。
インドから同じ家族に引き取られた弟が落ちこぼれていって
里親やサル―との関係が悪化しているあたりをその分もう少し描いてくれると、
サル―が抱える複雑な感情をもう少し深く理解できるような気もしました。

って、見終わった後気になって調べたら、
主人公サル―を演じていたデヴ・パテルって、

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]

  • 出版社/メーカー: メディアファクトリー
  • メディア: DVD
マリーゴールド・ホテルで会いましょう [DVD]

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
ここに出ていた人だと知り。。
スラムドッグミリオネアはクイズ番組で優勝する主役だし、
マリーゴールドホテルもホテルを立て直そうとする青年だし、
どうりでどこかで見た顔だと思った。(笑)


実話だと分かっていて見たので、最後は実の親に会える、
そう思いながら見ていても安心感はありつつ、
ただ、一体どうやって探していくのか、そういうドキドキな展開もあって、
ずっと待ち続けていた実の母と、サル―を受け入れて大事に育てた里親と、
自分のアイデンティティを探していくサル―本人と、
里親が実の母に会う実際の場面もエンドロールで流れるので、
ほっとしながらじわっと温かい気持ちになれた
「LION/ライオン~25年目のただいま」でありました。


(最後の最後に、タイトルにもなっているLIONの意味がわかります(^-^))







nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

白山「満津美寿司」で高菜巻き [呑んだり食べたり(満津美寿司)]

以前、山谷ではしご酒した記事を書いたのですが、その時のメンバーで
(一名都合が悪くて違う人だったけれど)白山の満津美さんへ。

はしご酒していたときに、満津美さんに行きたい、と言われてご案内したのですが、
4人だったので今回は小上がり席。赤い毛氈が敷いてあってちょっとした特別席。(笑)


IMG_7696.JPG K-るさん入口撮影中
IMG_7697.JPG 軽くビールで乾杯♪
IMG_7699.JPGお通し
野菜の旨煮とむかご。むかごにK-る感激。

IMG_7700.JPG いかげそ
ツメに山葵という味付けが皆さんには新鮮だったようです。。
私も毎度これを食べないと落ち着きません。。。
IMG_7701.JPG レモンくらげ
お店のおばちゃんが食べる?と聞いてくれたので、出してもらいました。
K-るが説明してくれるまで全然気づいていなかったのですが、
くらげ、削ぎ切りされていて食感がいいんですよね。
今更ながら気づかされて感謝です。

IMG_7702.JPGIMG_7703.JPGで、元酒にスイッチしてIMG_7704.JPGお刺身
相変わらずきれいな盛り付けに美味しいお魚たち。

IMG_7705.JPG 鯵 葱と生姜がよく合います
IMG_7706.JPG こんな感じで呑み続けIMG_7708.JPG穴子
本当にここの穴子はほわほわで大好き。

で、今回人数が多いので、
IMG_7709.JPG 高菜巻き
高菜のシャキシャキと少し酸味のある味に、とろけるような中落ちがよく合います。

IMG_7710.JPG お寿司いろいろ

今回の参加メンバーの最年少、Mちゃんがエンガワが食べたいというので、
ああこのお店でエンガワって食べたことないし(私自身は注文しない)
大将の弟さんに聞いたらあるというのでお願いしたら、ちゃんと平目のエンガワ。
香ばしく炙ってあってMちゃんも喜んで食べていました。。

この後、しじみのお椀で〆ましたが、私以外のメンバーは初満津美さん。
あれだけ呑んでこれだけ食べてお会計がお財布にやさしくて、、喜んでいただけました。

年内あと1回は行きたい、、、満津美さんでありました。(^-^)


タグ:白山 元酒
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」を観る [映画④]

借りた理由を思い出せない作品です。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う [Blu-ray]

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

ウォール街のエリート銀行員ディヴィス(ジェイク・ギレンホール)は順調に出世し、
リッチで何不自由のない生活をしていた。
ある日、交通事故で美貌の妻が他界するが、涙を流せず、感覚を失っていることに気付く。
彼は義父の言葉をきっかけに、身近なものを壊し始め……。





邦題を見ても一体どういう映画なのか分かりませんが、
終盤やっと意味が分かります。

原題が“Demolition”、破壊という意味で、これは主人公が妻を亡くして
物を分解して戻すと心が落ち着くと言われてその通りにしようと、
家やオフィスの中の色々なものを分解というより元に戻せず破壊する、
そんな状態が長々と続くので、そんな原題なのかと思いますが、
今回は邦題の方が見ていてシックリする感じ。(^-^)

日ごろ特に気にしていないものを失うと、その大切さが失ってからわかる、
そういうことは私自身もあったりしますが、
家のこと、妻のこともよく理解しようとせず、妻が亡くなってから
その大切さを破壊しまくってやっと気づいて、立ち直っていく男の話。

終盤に行くまで、主人公には全く共感できず、見るのを止めようかと思いつつ、
いやいや、最後まで、、と思って見続けたのですが、妻を亡くしても、
妻の死を悼んで周りが悲しんでいても、主人公にはそういう気持ちが湧かず、
おまけに破壊しまくって、途中で出会う女性の優しさにも感謝する姿勢がなく、
そんな状況が続くので見ていてイラッとします。(V)o¥o(V)

ただ、自分の知らない妻の様子を知るにつれ、
邦題と同じ言葉をふと見つけて、やっと妻のことを愛していたんだと気づく、
もう遅いんですが、そこから立ち直っていこうとする主人公。。。
そこに至るまでが長い(笑)ものの、最後まで見ていたお陰で、
ちょっとした拾い物をした気分になれました。

起承転結、という展開というより、ずるずるイライラした気持ちで見続けるので、
妙に気力を使う作品ですが、何気なく思っているものが実は自分にとって大切なもの、
そういうことは自分にもあるかもしれないし、日々出会う人たちとの時間は大事に
過ごしていきたい(嫌な人はそうではないけれど)と思った、
「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」でありました。





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

門前仲町「海の幸」でばくだん [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

団体での飲み会で門前仲町に行きました。
門前仲町といえば、お散歩してから呑む「ぐるうつぼ」第一回のスタート
門前仲町だったのですが、それ以来の下車なのでもう6年ぶり。


IMG_7414.JPGIMG_7415.JPG 

店名からしてお魚が美味いんだろうと期待しちゃう。(^-^)

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13032184/

私が着いたときに既に8人揃っていて先にスタートしていたので、
料理もそこそこ並べられていて。

IMG_7417.JPG ポテサラ 大盛です
IMG_7418.JPG お通し
海の幸ではなく小松菜の煮浸し。 優しいお味。 

IMG_7419.JPG ばくだん
お店一押しメニューとのことですが、うにといくらがのっていて豪華です。
ぱりぱりの焼きのりに巻いて。
IMG_7421.JPG うまい!
IMG_7422.JPG 牡蠣フライ
大ぶりで、衣カリッカリ、中とろ~ん。

IMG_7423.JPG お刺身盛合わせ IMG_7416.JPG

IMG_7424.JPG となるとお酒
伯楽星をいただきました。。。うまー。



IMG_7428.JPG次は南方をば。
IMG_7430.JPG いわしのつくね
向こうにあるのはなんだっけ。(2か月前の話で既に失念(^_^;))

IMG_7434.JPG お寿司!
お寿司は白山の満津美さんが一番好きですが、ここもネタが大きくて美味。
注文し過ぎて満腹太郎です。(^-^)

IMG_7436.JPG 御椀で〆。


大勢で行くと色々な料理が食べられるのが楽しいのですが、
店名通り、美味しいお魚と手ごろな値段設定の日本酒で、
楽しく美味しく話しながら盛り上がれた「海の幸」さんでありました。


nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る