So-net無料ブログ作成

二婆の旅2017~日光東照宮編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

日光は中学校の修学旅行で行った場所。

近隣の中学校は京都に行っていたというのに、
なぜか私が通っていた中学校の修学旅行先は日光&会津。

(そのあたりはここでも書いてます)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-28


日光は中学校の修学旅行以降、大学生のバイト仲間(ネズミランド)と10数名で
わざわざ紅葉の時に出かけ、大渋滞のいろは坂(上り)をマニュアル車だったので、
半クラッチで足がつりそうになりながらずるずる運転し(友人数人と交代で運転)、
やっとのことで華厳の滝についたのが日暮れた後、、の記憶。

そんな日光の思い出ですが、おそらく来たのはそれ以来なので30年ぶり。
 
今回は東照宮に行ければいいかって感じで、バスに乗り、洋食ランチの後、
歩いて東照宮に向かいます。


IMG_9773.JPG 橋を見ながら IMG_9777.JPGIMG_9778.JPG 表参道を進みます IMG_9779.JPGIMG_9785.JPG 更に進み IMG_9789.JPG 駅で買っておいた拝観券で 
IMG_9790.JPG 並びます 

で、オフシーズンだし東照宮も空いていると思っていたら全然で。( 一一)
確かに観光案内所でもバスに乗っても渋滞してますよと言われていたので
ここも混んでいて当然ですが、いつからこんなに人気出たのか、日光東照宮。

ま、当時と違うのはトリップアドバイザーとか
Lonely Planet Japan 14

Lonely Planet Japan 14

  • 作者: Chris Rowthorn
  • 出版社/メーカー: Lonely Planet
  • 発売日: 2015/08/15
  • メディア: ペーパーバック
こういうガイドブックで来る海外観光客も多いんだろうな。

よく考えると今春、陽明門がきれいにリニューアルされたのも
観光客がオフシーズンなのにたくさんいた理由なのかも。


(ねんのためホームページ)→ http://www.toshogu.jp/


自分の記憶に残っているのは猿と猫、あとは徳川家の家紋くらいで、

IMG_9792.JPG お約束のようにお猿さんを見学 IMG_9793.JPG きれいになっとる IMG_9794.JPG IMG_9796.JPG このあたりは記憶あり IMG_9800.JPG IMG_9801.JPG 豪華な門をくぐって IMG_9802.JPG 華美ですな 
IMG_9803.JPG お参りしたら 
IMG_9809.JPG 一応見ておきましょう 
IMG_9810.JPG 国宝です 
IMG_4254.JPG あれ(・・? 
IMG_9812.JPG 左甚五郎、、、だよね 

IMG_4254.JPG かつらがのっかっているみたいな

修復するときって修復師の裁量が大きいみたいなのですが、
猿よりもなんだか微妙な気持ちになってしまった、、、、です。


日本史も不得意だった私にしてみると、徳川家がとりわけ好きなわけでなく、
修学旅行の思い出を辿って、、、にしても、自分が中年になると
感慨深いものもなく、、、婆1号も「こんなもんだったかねぇ」という感想で、
二婆、テンションが上がらぬまま、駅方面に戻りまーす。


(つづく)



  

タグ:日光 二婆
nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

二婆の旅2017~日光へGO!&ランチ編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

相変わらずの後手記事ですが、今回は婆1号(うつぼ母)との旅記事です。


うつぼ父が亡くなってもう3年経つのですが、介護から解放された婆1号と
近場に出かけたり年に一度くらいは旅行に行っております。
婆1号もそれなりの年齢なのでこうやっていつまで出かけられるか分かりませんが、
本人が出かけたいという限りは連れていきたいと思い、
今年は誕生月の6月に大人の修学旅行in日光で出かけました。


IMG_9730.JPG 船車券(笑) 
事前に指定券を購入しに錦糸町の東武トラベルに行って、
相談したら、最新車両に乗ってください!と勧められ、
帰りに最新車両の指定券をとって行きは普通の車両で指定券購入。

で、旅行当日の浅草で婆1号と合流し、改札を通ってホームへ。
IMG_9729.JPG これは最新車両 
IMG_9732.JPG乗る車両はこっち  
見慣れている車両です。(^-^)
IMG_9737.JPG ま、お約束ですな。(^-^) 
IMG_9736.JPG 座席にはるるぶも置いてあり  
IMG_9739.JPG ビール一缶で我慢ね 
IMG_9741.JPG 平らな風景から IMG_9742.JPG山が見えてきてあっという間に日光 IMG_9745.JPG 会津に下り次できます
IMG_9746.JPG お世話になりました 

ここで、駅隣接の観光案内所に行って、東照宮行のバス、、と聞いてみたら
渋滞なので歩いて20分くらいですよ、と言われたのですが、
婆1号をそんなに序盤から歩かせるのもなあ、、と思って渋滞覚悟でバスへ。

特に観光でピークシーズンでもないと思いますが、結構渋滞のバスに乗って15分。

IMG_9752.JPG とりあえず下車。
ちょうどお昼時だったので、なんとなく建物の古めかしさに惹かれて2階へ。
IMG_9761.JPG 店内こんな感じ。


金谷ベーカリーが目立っていて系列かと思って入ったら全然違うお店らしいです。(笑)

(匠という名前のお店)→ https://tabelog.com/tochigi/A0903/A090301/9000335/

 
IMG_9763.JPG るるぶも置いてありました IMG_9755.JPG IMG_9758.JPG 洋食ですが IMG_9759.JPG いい値段 IMG_9760.JPG 湯葉もあり
婆1号はハンバーグ、私はチキンカツを注文しました。。

IMG_9764.JPG サラダとスープ 
IMG_9765.JPG スープには湯葉入り 
IMG_9766.JPG チキンカツ
普通に美味しいかなって感じ。 
揚げ立てサクサク、肉もジューシーで美味しいカツにデミグラスソース、
ライスなどのセットで1300円くらいなら高めだけれどまあ普通。

IMG_9769.JPG 婆1号はハンバーグ  
IMG_9768.JPG パンと一緒に
ロールパンかカリカリに焼いたバゲットが好きな婆1号、
しっとりしたパンがほっと残念そうでした。。

お店は、スタッフの人数が少ないので席数が多い分対応は遅め(しかも雑)、
美味しいけれどまあ普通(よくある洋食のお店の中でも並み)、
金谷ベーカリーの看板で金谷ホテル系列と思って入った私たちのような勘違いが多く、
結構ぼろもうけ的に見えました。(笑)


ま、観光地だからね。(^_^;)


この後は、東照宮に向かいます!



(つづく)



  

タグ:日光 二婆
nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

寿輔ひとり会で「死神」 [落語&お笑い]

年に一度のお楽しみ、師匠の独演会に行った記事です。

 今年もよろしくお願いします


初めて師匠の独演会に行くようになったのが2006年
その後、打ち上げに参加させていただくようになり、
更に、師匠が参加しているちょっとした勉強会にも参加させていただき、
なんとなく師匠が勉強会に参加している人の一人で、
身近にいる面白いおじさん、っていうポジションになりました。

師匠と握手してドキドキしていたのはもう昔。(笑)

で、今回は師匠から受付手伝ってくれる?と聞かれて、
会社を早めに出て急いで上野広小路亭で受付対応。

IMG_6720.JPG 

勉強会のメンバーも多く来ましたが、師匠のファンの方も多くいらっしゃって、
気分はなんだか後援会の事務方おばさん。(笑)


受付対応だったので前座の林家喜之輔(右左喜さんの息子らしい)の紙切り芸が
見られなかったのが残念ですが、なんとか次の二つ目さんからは見られました。







春風亭 昇也 春風亭昇也さん 
(芸協さんのサイトから写真拝借)


名前からも分かる通り、昇太さんのお弟子さんです。


今回、最前列のど真ん中に小学生の男の子が来ていたのですが、
そんなことも気にせずネタに選んでいたのが「お見立て」。

(吉原の噺(笑))→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%8A%E8%A6%8B%E7%AB%8B%E3%81%A6

師匠も時折このネタは話されますが、二つ目さんにしてはしっかりした話しぶり、
小学生男子もなんだか受けて爆笑していました。


この後、

 アマガエル色のお召し物で師匠登場

小学生男子に驚きつつ、かけたネタがしりとり都都逸。

(枯れた枝のところが毎度笑えます)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2009-01-05-1

これも小学生を目の前にやる噺じゃないと思うのですが、
師匠まったくそんなことも気にせずキワドイ内容も都都逸で。


知っているネタながら大爆笑して仲入りし、その後は師匠がもう一席。
ネタは時々聞くことのある「死神」。

今年の4月、新宿の小さい会場でも聞きましたが、このネタ、大好き。

(テケレッツのパ)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2006-07-11

独演会らしく、終盤洞窟にいく場面で、場内の照明が落とされるという演出もあり、
小学生男子の反応も見ながら笑って終了。


そして、打ち上げに参加し、

IMG_6722.JPGIMG_6723.JPGIMG_6731.JPG
師匠の熱狂ファンのM川さん差し入れの日本酒もたっぷりいただき、
二つ目の昇也さんに師匠の昇太さんのことを色々聞いたり、
ぐびぐび飲んでお開き。


受付対応していた関係で、いつものように前から2列目などの至近距離で座れず、
満席の会場の入口付近で遠くからみていたので観客の反応が結構見えて面白く、
こういう参加の仕方もアリなのかと思った、寿輔ひとり会、でありました。



nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:お笑い

映画「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」を観る [映画④]

まとめ借りした中に入っていたものの借りた理由を思い出せない作品。

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [DVD]

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ [DVD]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

平凡な女子大生アナ(ダコタ・ジョンソン)は学生新聞の取材のため、
巨大企業の若手CEOのグレイ(ジェイミー・ドーナン)を訪ねる。
誰もが心惹(ひ)かれてしまいそうな容姿でばく大な富を持つグレイは、
「君のことを知りたい」と引っ込み思案で恋愛未経験のアナに興味を示す。
次第に二人が親密になっていったある日、
グレイの自宅に呼び出されたアナは衝撃的な契約を持ち掛けられ……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


どっちつかずな。(-_-;)


フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (RiViERA)

フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ (上) (RiViERA)

  • 作者: E L ジェイムズ
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2012/11/01
  • メディア: ペーパーバック

原作のAmazonレビューはまあまあいい感じで、
エロめのハーレクインロマンス的な印象なんですが、
原作と映画って違っちゃうこと、よくあるもんね。


予告編はよくできていて、エロサスペンス的なイメージだったので、
おそらくまとめ借りの中に入れたんだと思いますが、
エロさは冒頭くらいであとは全く。(゜o゜)


この映画で見ていて思ったのは、主役の男女2人にセクシーさを感じられず
(それは彼らが20代半ばくらいで中年の私には若すぎたからなのかも)
社会的に地位が高い(社長さん)男がハタチで男未経験のオネエチャンに
契約した上での関係を求める場面から説得力がイマイチ。( 一一)


心に闇を抱える男がなぜそういう契約しての関係を求めるのか、
彼女がなぜそれに答えたのか、、、まったくわからないくらい、
心理的な駆け引きみたいな描写が浅すぎて入り込めませんでした。


契約してSMの関係を持つ2人が、オネエチャンがその関係を理解しきれず、
関係が終了、、て感じで映画も終わっちゃうんですが、
そもそも2人の関係が始まった件で理解できていないので、
別れていくのも理解しきれぬまま鑑賞終了。。。。


原作は3部作で映画も3部作にするらしいんですが、
1作目がこれで続篇作るってどうなんだろう。。。
気になるものの、2作目でよくなるとも思えず、、
こりゃ1作目で終了かなと思った、
「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」でありました。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

丸の内「BUZZ」で貝のワイン蒸し [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

超久しぶりに丸ビルに行きました。


IMG_6656.JPG ワインの気分でBUZZさんに。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13105203/

イギリスのパブっぽい木目調の内装で奥の方のテーブルに着席。

IMG_6662.JPG スパークリングワインで乾杯♪ 

場所柄、平日はサラリーマンが多そうなイメージですが、
日曜日の夕方に入ったので、この日はご年配のグループと中年グループが1組ずつ。
私の周りは年齢高めでしたが、入口の方はちょっと若めの人が多く、
案内するときに客の年齢とか見てないよね(笑)なんて思ってしまいました。

IMG_6659.JPG季節メニュー
色々考えるなあと思いながらこれは注文せず。

IMG_6661.JPG 小皿メニュー IMG_6663.JPG3種注文
IMG_6664.JPG フリッタータ 
洋風な玉子焼きですが、ずっしりとして食べ応えあり。 
IMG_6665.JPG かじきまぐろ
おおぶりにカットされた高級ツナ缶って感じ。
添えられたドライトマトのオイル漬けと一緒に食べるとお酒が進みます。

IMG_6666.JPG ピクルス
カブやカリフラワーが歯応えがあって結構好み。

IMG_6667.JPGサラダ
飲むときに注文すると少し言い訳できたような気がする。

IMG_6668.JPG貝いろいろ
ワイン蒸しですが、はまぐり、緋扇貝、ムール貝などなどがモリモリ。
こういうのがくると白ワインが飲みたくなって。

IMG_6673.JPG アルザスのリースリングを。
リースリングでも甘さ少な目でキリットしたアルザスのリースリング、美味。
 
IMG_6675.JPG 貝のスープを浸しながら食べてIMG_6671.JPG もつ煮込み 
トリッパだけでなく、レバーや腸なども入っていてこれは赤ワイン~、と

IMG_6676.JPG グラスで注文。

隣の高齢グループがかなり声が大きく、スタッフをつかまえて長話しているので、
こちらでなにかお願いしたくてもなかなか頼めずちょっとイラッとしたのですが、
私たちのテーブルエリア担当のお兄さんが、目配りがいまいちというか、
高齢グループにつかまっているとき、手を挙げてアピールしても全く気付かず、
おまけにお水をいただけますか、とお願いしても忘れてもってこないなど、
丸ビル内のお店の割に残念な対応もありました。

とはいえ、ぶらっと立ち寄って軽く飲んで食べて、というには
ロケーションも含めて使えるお店と思ったBUZZさんでありました。




タグ:丸の内
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る