So-net無料ブログ作成
検索選択

日本橋「まえ田」で万願寺唐辛子の豚肉巻 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

日本橋に行くとつい寄ってしまうまえ田さん。
今回は5月中旬に行ったときの記事です。(^-^)


IMG_3698.JPG エビスで乾杯♪

IMG_3699.JPG お通しは蛤
苦手なミョウガがたっくさんのっていたので、
そっと除けました。。。。板さん、ごめんなさい。。

気づけばあっという間にビールを飲み終わっていたので、

IMG_3700.JPG 上喜元にスイッチ

IMG_3702.JPGちゅるん生牡蠣
日本酒には生牡蠣がよく合います。


IMG_3703.JPG 天豆
注文を受けてから茹でてくれるので茹でたてほっくほく~。


IMG_3705.JPG こはだ
わかめと酢の物仕立てになっていますが、
お寿司屋さんで食べるのと違う意味で美味。


IMG_3706.JPG万願寺唐辛子
豚肉で巻いて焼いてあるのですが、これが日本酒にぴったり。
豚バラかな、カリッと焼いてあるので香ばしさもいい感じ。


IMG_3708.JPG いか
最近高くて自宅では食べていないイカ。。。。
肝と一緒に炒めたこの一品、、こくがあって大好き。


IMG_3709.JPG お代わり♪


IMG_3711.JPG 丸干しをかじりながら

IMG_3710.JPG お代わりして

IMG_3712.JPG 川海老 サクサク

日本酒のラインアップが固定した感ありで、以前のような限定メニューなく
そこがちょっと寂しいのですが、お酒に合う料理がたくさんあって
今回も美味しく食べて飲めたまえ田さんでありました。






nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

横浜「原鉄道模型博物館」で鉄分補給したら寄り道編 [旅行・出張の巻(日本⑤)]

原さんの鉄道愛を感じながら最後の展示コーナーに進むと、


IMG_3474.JPG ジオラマ IMG_3475.JPG精巧IMG_3478.JPG 人もいて IMG_3490.JPG トーマス通過 
IMG_3491.JPGIMG_3492.JPG IMG_3495.JPG なぜかリス(笑)

朝から日が暮れて夜まで、よくあるジオラマコーナーと同じく
一日の中での移り変わりを観られますが、
色々な人が配置されていて、どこか温かみのある作りに見入ってしまいました。。
IMG_3497.JPG お世話様~ 

結局1時間半くらい一人で(周りはファミリーかカップル(笑))楽しみ、
IMG_3502.JPG その後は横浜ぶらぶら

IMG_3503.JPG 崎陽軒本店 IMG_3504.JPGやっぱりシウマイ

このときまだお腹が空いていなかったので残念ながらパス。
そのまま、伊勢佐木町に移動します。。

IMG_3508.JPGアウェーだからなあ
IMG_3511.JPG 到着 

やってきたのは浜じまんさん。

(ホームページ)→ http://www.isezakicho.or.jp/miseinfo/zaki5/shop5n2/hamajima/hamaji.html

今はもう亡きうつぼ父が仕事で横浜にくると、
お土産でたまに買ってきてくれた浜じまんのボストンクリームパイが食べたくなり、
思わず伊勢佐木町のお店までやってきました。
父は当時あった馬車道店で買っていたのですが、現在は伊勢佐木町店だけなので、
初めてこちらにきて、30年以上ぶりに食べます、とお店の方とお話しして、
思わずホールでお買い上げ。小さいのだとなんだか雰囲気物足りなくて。

IMG_3512.JPG で、そのまま帰宅  
IMG_3518.JPG崎陽軒のチャーハン弁当 
あれ、なんか違うと思ったら私がたまに買うのはチャーハン。
シウマイが1つ多いのがチャーハン弁当ですが、料理の内容とかお値段を考えると
安いチャーハンの方が好みかな。。。

IMG_3513.JPGで、お待ちかね
IMG_3515.JPG ♪ IMG_3516.JPG この模様が好き[黒ハート]

一人でホールは食べきれず、切り分けてタッパに入れて冷凍保存。
実家にも持って帰って婆1号と懐かしんで食べました。

ふわふわのスポンジにバニラの香り高いカスタードクリームのシンプルなケーキ。
見た目と異なり甘さ控えめなので、普段あまりケーキを食べない私もバクバク。



原信太郎さんの鉄道愛を感じながら私もやっぱり鉄が好き、と再認識し、

懐かしいボストンクリームパイと再会して楽しめた横浜ぶらりで
鉄道模型博物館で鉄分補給でありました。


(これにて鉄分補給 おわり)



タグ:横浜 鉄子
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

横浜「原鉄道模型博物館」で鉄分補給② [旅行・出張の巻(日本⑤)]

新幹線の、東京、新大阪起点の一番切符を買うという、
財力だけでなく体力気力もないと難しいのでは、と思いますが、


IMG_3417.JPG 奥さんまで 
原さんが海外出張中のときに、奥さんが北陸トンネル開通時の一番切符をゲット。
IMG_3418.JPG 奥さんもすごい 
IMG_3420.JPGIMG_3422.JPG 
会社を休んでって、原さん、コクヨの元専務、当時役員だったのか不明ですが、
IMG_3423.JPG すごい気力
ここまでくると、インターネットがない時代でも
鉄道ファンの中では有名人だったんだろうなぁ。

IMG_3424.JPG運転までしちゃう
今の時代なら無理そうな話ですが、昔は隣で見てもらって運転できたんですね。
とはいえ、自分が乗客ならやっぱり嫌だけどな。( 一一)

IMG_3427.JPG 満州一人旅 IMG_3429.JPG  IMG_3431.JPGIMG_3430.JPG

大学入学前に今の北朝鮮にいって電車に乗って、兵役目に満州に行くって、
行動力と財力だなあ、、、と思います。。

IMG_3432.JPG記録魔 IMG_3435.JPG カメラの数々 IMG_3437.JPG 膨大な数です
動画や写真を記録する、本人の尽きない鉄道愛と財力、、ですね。 

IMG_3438.JPG 最後のオリエント急行
IMG_3440.JPG 世界鉄道旅行  IMG_3441.JPG
おぉ、すごいなあ自分の乗った電車をこうやって模型に、、と思ったら、
IMG_3442.JPGIMG_3443.JPG
まあ、それなりに大変な思いもされているのですが、
昔はやっぱりお金で解決的な感じだったのかなあ。
 
IMG_3444.JPG時刻表いろいろ IMG_3446.JPG トーマスクック  
子どもをこれで鍛えたというのが個人的にはツボにはまりました。
私も大学生のころにヨーロッパを旅行するときはこれ、使ってましたし。
旅行用品のお店(JTBとか)に行くと販売されていて、私が買ったころは2000円くらい。
これで電車の乗り継ぎとか、調べるのが私も楽しかったのを思い出しました。(^-^)

IMG_3447.JPG オリエント急行のランプ

IMG_3448.JPG ドイツの電車 IMG_3449.JPG IMG_3450.JPG ケルン・ボン鉄道ですが、
IMG_3451.JPG稀少な模型 IMG_3452.JPGこれも 
IMG_3453.JPGメルクリン社製 IMG_3454.JPG 面白い♪
懸垂電車、、実際走っているところが見たくなりました。
IMG_3458.JPG企画展(トーマス)は軽くスルーして、
IMG_3463.JPG原さんの工房再現 
IMG_3464.JPGIMG_3465.JPG IMG_3467.JPGIMG_3468.JPG IMG_3469.JPG 惰力走行する仕組みなんだって

見た目だけでなく、実際走らせたときの動きも再現しようとして、
考えながら工夫して、うまく走れば大満足、だからこそ大人になっても
鐡道模型を作り続けていたんでしょうね。

財力財力、、と思っていましたが、それだけではない本人の好奇心探求心を
感じながら、もうちょっと展示は続きます。


(つづく)



タグ:横浜 鉄子
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

横浜「原鉄道模型博物館」で鉄分補給① [旅行・出張の巻(日本⑤)]

中途半端ながら鉄萌鉄子の私うつぼ、
以前から気になっていた原鉄道模型博物館に行ってきました。

場所は横浜駅から7-8分くらいかな。



IMG_3337.JPG こんなオブジェを観ながら中へ。 
IMG_3338.JPGIMG_3339.JPGIMG_3340.JPG

(ホームページ)→ http://hara-mrm.com/

原信太郎さんという方がご自身で製作された鐡道模型や、
鉄道関連の品々(所蔵のごく一部なんだって)を展示している博物館。

模型というと、うつぼ兄が大事に大事にしていたNゲージとか、
小さいときに遊んだプラレール、というイメージしかなかったのですが、
この博物館、原信太郎さんが自分で作った模型が展示されているという、
どんな感じかなあ、と思っていったのですが、驚きの展示がいっぱい。

IMG_3341.JPG IMG_3342.JPG 
入ってすぐにこの電車がお出迎え。

IMG_3343.JPG IMG_3344.JPG 古い時代の電車ですね。

3年前に95歳でなくなった原さんなので、
こういう古い時代の電車の模型も作られたんですね。


IMG_3346.JPGこれなんて IMG_3347.JPG アガサクリスティーの世界 IMG_3348.JPG 天井の照明 
IMG_3352.JPG 室内(食堂車)もよく出来てます IMG_3356.JPG
IMG_3357.JPG 海外の電車も色々と IMG_3359.JPG
IMG_3360.JPG阪神電車、ブルーだったんだ。。。
IMG_3361.JPG この長い電車は IMG_3362.JPG IMG_3366.JPG幻列車。 IMG_3367.JPGIMG_3368.JPG 

と、冒頭で既に鉄分補給できてテンション上げ上げで、中に進むと、


IMG_3369.JPG 原少年の鉄道体験 
IMG_3370.JPGよくできてます 
IMG_3371.JPGIMG_3372.JPG
ライオネル社、増田屋、存じませんが、小さい頃にこういう電車を買ってもらえる、
いいところのお坊ちゃんなんだろうな、、と思います。

IMG_3373.JPG物資不足でもこの仕上がり IMG_3374.JPG 若い頃
確かにお金持ちのおぼっちゃんだから通学用のダットサンとか驚きですが、
自分の乗ったり見たりした電車を作るということに喜びを感じるこそ、
これだけ夢中になって模型を作ったんでしょうね。

IMG_3375.JPG新幹線も一番乗り
東京発、新大阪発どちらも一番切符を獲得するって、どれだけ好きなんだろう。

 
この後、原さんの鉄道愛の展示が続きます。


(つづく)


  

タグ:横浜 鉄子
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ドラマ「タイガー&ドラゴン」を観る [本・ゲーム・テレビ]

あまり真面目にドラマを見続けられない性格なのですが
落語というだけで見続けたドラマをまた借りて見直しました。


タイガー&ドラゴン 全5巻セット [レンタル落ち] [DVD]

タイガー&ドラゴン 全5巻セット [レンタル落ち] [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

内容はAmazonさんより。

落語家の借金を取り立てているうちに“落語”の魅力にはまってしまったヤクザの虎児と、
「天才」と呼ばれながら落語を捨て裏原でデザイナーショップを経営する竜二との
出会いが生み出す、落語の演目が実際のストーリーとリンクするコミカルタッチのドラマ。
脚本に宮藤官九郎を迎え、長瀬智也、岡田准一、西田敏行など個性豊なキャストが
ストーリーを盛り上げる。






予告編のような動画が見つからなかったので主題歌動画を貼ってみました。(^-^)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



まったく目立たない星野源。


前座役で出ていたのですが、wikiで見て再度DVDで確認して発見。
まったく目立ちません。(笑)


私が通い始めたころの浅草演芸ホールの夜席なんて酔客だらけで
結構荒れていたのすが(20年くらい前の話)、
このドラマは若い人にも落語面白いね的なイメージがひろがって
現在は若い人も沢山で盛況、、になった大きなきっかけかと思います。


最近、NHKで落語入門的な番組を作っているようですが
(噺家の口ぶりに役者さんたちが合わせてドラマ仕立てにする感じ)
このドラマが先駆けてきな感じがしました。


落語は自分が触れて思ったのは、過去の名人がすべてにおいて秀でているわけではなく、

観る人の好みとか感じ方次第であること。
同じネタでも演者によって感じ方は変わりますし(マクラで面白いと思うかも違うし)
新作、改作、古典ばりばり、いろんな噺家さんが出る中で自分の好みの人を見つける、
それが寄席の楽しみだと思います。


ご年配の方々が、自分の尺度で、落語こうあるべし、みたいなことをSNSなどでも書いて

いらっしゃるのを観ると、自分の入りが寿輔師匠だったりすると、そりゃ無理、と
思うわけで、落語は演者のやりたい落語と観客の好みがマッチすることが大事なんだな、
そう改めて思いました。


長瀬君も岡田君も器用で落語うまいなーって思いますが、
どっちを聞きたいかと思えば、長瀬君の粗削りながら伝えたいという気持ちが
ぐんぐんくるような噺家がいいかな、そういう印象で見終わりました。

時に過剰かと思える阿部サダヲもこの作品ではいい存在感を出していますし、
ある意味一話完結をつなげていく構成で見飽きることなく、一気に見たのですが、
また一気に鑑賞したいな、と思った「タイガー&ドラゴン」でありました。






nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ
メッセージを送る