So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ブルーに生まれついて」を観る [映画④]

イーサン・ホーク主演作品という理由だけで借りました。

ブルーに生まれついて [DVD]

ブルーに生まれついて [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

1950年代、黒人のアーティストたちが中心だったモダンジャズ界へと飛び込んだ、
白人のトランペッターでボーカリストのチェット・ベイカー(イーサン・ホーク)。
優しい歌声と甘いマスクで人気を博した彼は、
「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」などの名曲を放つ。
しかし、ドラッグに溺れて破滅的な生活を送るようになる。
そんな中、自身の人生を追い掛けた映画への出演を機にある女性と遭遇。
彼女を支えにして、再起を図ろうとする彼だったが……。





------------------------------------------------------------------------------------------


実在の人物を描いているので良し悪しをいうのもなんですが、
アーティストは繊細で、それ故にドラッグに溺れてしまうことがあるにしても、
あまりにも破綻した人生を送った人なんだなあ、と思ったのが正直な感想です。

チェット・ベイカーは名前は知っていたものの、
どんな顔をしてどういう演奏をしていたのか、全然知らずに見ましたが、
wikiを読むとまあ大変だったんだろうな、って思いました。

(ねんのためwiki)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%99%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%83%BC


実在のミュージシャンなどを描いた映画で、酒、ドラッグい溺れていくのは
チェット・ベイカーだけではないんだなというのは知っていますが、
実際にこうもなると、周りにいる人は大変だろうなと同情します。

今作でも、恋人が主人公をどん底から立ち上がらせようとするのですが、
うまくいきそうなところでやっぱりドラッグを断ち切れない、
そんなところで映画は終わり、彼がその後ヨーロッパに移り住み、、
みたいなその後について字幕で説明があるのですが、
他人の人生ながらなんだか切ない気持ちで見終わりました。

実在の人物を描く映画だと似ている似ていない、みたいな批評もよく聞きますが、
今作は本人の写真と比べると似ていないものの、
彼の人生を描く作品を演じたのがイーサン・ホークだったからこそ、
映画として厚みが出たような印象でした。

白人だからと、マイルス・デイビスなどから嫌われて、というのも、
そういう時代だったのかもしれませんが、ドラッグが原因で、
顎を砕かれるほどの大けがを負いながら再起をかけながら、
挫折していく姿は観ていて残念でしたが、
久しぶりにイーサン・ホークの好演を観られて満足の
「ブルーに生まれついて」でありました。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

外苑前「ラザーニャ・ラザーニャ」でタリアータ [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

普段ほとんど行かない外苑前にワインを飲みに行きました。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130603/13179927/

ワイン好きのおじさんに面白い会があるからと誘われていったのですが、
参加者が好きなワインも持ち込んでお店の料理と合わせて楽しむという、
そんなにワインに詳しくない私にはハードル高めの会なのですが、
まあ、吞んじゃえば関係ないか、という気持ちで参加。(^-^)


IMG_4482.JPG私はアルゼンチンワイン(右)を持参
IMG_4487.JPG このフランスワインがもの凄く高いらしい 
参加者のおじさんがフランス旅行中、ワイナリーに行って買ってきたとのこと。
そんな話を聞くとますますハードルが高くなります。
IMG_4486.JPG このワインはデキャンタしました  
IMG_4489.JPGで、最初はシャンパンで乾杯(コースに1杯ついてます)
ちなみに今回はシャンパンが1杯ついて、ワイン持ち込みして、
5000円のコース。 持ち込み料(4本持ち込み)込ならお手頃です。
IMG_4490.JPG 最初はチーズたっぷりのサラダ 
IMG_4492.JPG コンフィチュール 
梨、さくらんぼなどで作ったお店自家製のコンフィチュールで、
一人一瓶ずついただきました。うんまっ。

IMG_4493.JPG タコのカルパッチョに IMG_4494.JPG ハム盛合わせ IMG_4495.JPG チーズペンネ
ゴルゴンゾーラの味が出ていてこれまた美味。

IMG_4496.JPGラザーニャ 
店名にもついているだけあって赤ワインにぴったり。

IMG_4497.JPG そしてタリアータ 
写真ボケボケなのですが、噛むと旨みに出る赤身の牛肉が美味でした。

IMG_4498.JPG エスプレッソで〆

初対面の方だらけ(しかも年長ばかり)で最初は緊張したのですが、
呑んでいたらそういう気持ちも飛んでいき(笑)、
楽しく美味しく食べて飲めたラザーニャ・ラザーニャでありました。


 

タグ:外苑前
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」を観る [映画④]

映画館で観そびれた作品です。



ヴィンセントが教えてくれたこと [DVD]

ヴィンセントが教えてくれたこと [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




あらすじはYahoo!映画さんより。

アルコールとギャンブルが大好きで、
ちょっとクセのあるヴィンセント(ビル・マーレイ)は、
隣家に引っ越してきたシングルマザーの12歳の息子、
オリバー(ジェイデン・リーベラー)の世話をすることになる。
酒場や競馬場へと連れ回し、ろくでもないことを教え込むヴィンセントに
反発するオリバーだったが、嫌われオヤジに隠された真の優しさや心の傷に
気付いてから、徐々に二人は心を通わせていき……。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お約束の展開が分かっていながらジンとくる映画でした。
ハッピーエンドになるだろうと分かっているので、
途中はらはらしながらも安心して(笑)見られました。

内容はお約束な感じです。


偏屈爺さんが隣に引っ越してきた少年と心を通わせる話。


この偏屈爺さんがビル・マーレイだからこそ活きる映画だと思いました。

ずっと見て行っても、この偏屈爺さんに共感したくないんです。(笑)

でも、人間くさいまでの人間ぽい感じがビル・マーレイならでは、で、
引っ越していた上にいじめられているオリバーが心を開き、
互いを大切な存在として認めていくのは理解しやすい展開です。

まあ、認知症の奥さんが施設に入っていて、その奥さんに会いにいっては
コミュニケーションしようとする真面目なところもありつつ、
娼婦のオネエサンとやりたがる(このあたりは本能の問題なのかも)のは
さすが、ビル・マーレイ演じるキャラクターなのですが。(笑)

こんなにひどいヴィンセントを、オリバーが自分の身近にいる聖人に選んで
学校で発表するのも、ひどいけれど人を思う気持ちもあり、
過去には戦争で大変な経験もしているのをわかった上でのことで、
そのあたりは、ああ、ハリウッド映画の思うツボにはまったわ、、と思いながら、
ジーンとした(^-^;、ヴィンセントが教えてくれたこと、でありました。











nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

北千住「やすらぎ」で刺し盛り [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

以前、友人と行って日本酒の値段が高くて再訪なしかな、、と思っていたお店に、
昔の勤務先の飲み会で再び行きました。(幹事がその友人だったので)


IMG_5493.JPG 日本酒、もうちょっと安いといいのにな 

今回は4人だったのですが、小上がり席がいっぱいで、
カウンター席に4人横並びという不思議な飲み会。

IMG_5503.JPG 目の前にはライターがいっぱい   
IMG_5501.JPG 刺し盛は全員そろってから注文ね 
IMG_5495.JPG はい、かんぱい♪
お通しはめかぶ。ざく切りで食感がいい感じ。

IMG_5497.JPG にら玉
にらの存在感がものすごいのですが、個人的にはもうちょっと玉子がほしいかな。

IMG_5498.JPG 刺し盛
前回に比べると若干ボリュームダウンな気もするのですが、それでも凄い。
後方の刺し身が立体的になっているのは、その後ろに大量の大根が盛られているから。
個人的には生タコが気に入りました。(^-^)

IMG_5499.JPG 間違いのないポテサラ 
IMG_5500.JPG ビールをお代わり  
普段ならビール一杯、その次にワインとか日本酒にスイッチするのですが、
日本酒が高いので、ビールをもう一杯いただきました。(笑)

IMG_5502.JPG ゴーヤチャンプルー 
味付けが濃くてしょっぱくてしょっぱくて、、これは残念でした。( 一一)

IMG_5504.JPG 遂に日本酒に手を出してしまった
本醸造で600円くらいかな。もっきりでもなく、これで1合なのかな。。。

IMG_5505.JPG焼きうどん 
他の料理に比べると盛りがごくごく普通。

IMG_5506.JPG ついついもう1杯 
IMG_5507.JPG 〆にフライドポテト
ほくほく熱々で美味でした。


食が細く飲まないメンバーが1名いたので、お会計は一人あたり英世3人くらい。
(呑まない人には割り勘負けする均等割り)


お店のオネエサンが、グラスが空きそうになると次どうします?とすぐ聞いてくるのが
ちょっと面倒な感じでしたが、注文したいのに、なかなかきてくれないのよりいいのかも。


というわけで、再訪してしまったのですが、刺し盛は相変わらずすごいな、と思った
やすらぎさんでありました。




 

nice!(7)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「天使といた夏」を観る [映画④]

デヴィッド・ボウイ関連で検索して見つけた作品です。



天使といた夏 [DVD]

天使といた夏 [DVD]

  • 出版社/メーカー: Blowout Japan
  • メディア: DVD



あらすじはAmazonさんより。


病に冒され死が迫りつつある少年オーウェンは、
年上の友人・ライスの他界にショックを受ける。
ある日、ライスの屋敷で不可解な暗号が記されたオーウェン宛の手紙を発見し…。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんですか、この邦題。(V)o¥o(V)


ここのところ邦題について先に書いてしまうのですが、
これもなんだかなあ、です。
原題は、“Mr. Rice's Secret”、ボウイ様演じるライスさんの秘密、ってことで、
なんで天使とかつけちゃうのか、配給会社の感覚が理解できません。


で、作品自体ですが、

ボウイ様の出番が少ない!


です。


出演作品ではありますが主役ではないので出番が少ないのは仕方ありませんが、
冒頭で亡くなっているので、出てくる場面は主人公の回想シーン。


オーウェンが罹っている難病(ホジキン病)について、
そういう病気があることを知って鑑賞後に調べたのですが、
生存率が低く、同級生にいじめられ、自分の命が短いと生きることを諦めかけている
オーウェンに対して、ボウイ様演じるライス氏が亡くなった後に残したもので、
オーウェンが強くなっていくのは観ていて心地いい作品でした。


とはいえ、少々さっぱりしているというか、地味というか、
カナダ映画だからハリウッド映画のような濃さがないのか、よくわからないのですが、
道徳的な内容だからという理由でボウイ様が出演を決められたというのが
理解できるものの、鑑賞後の余韻があまり残らないのが残念だった
「天使といた夏」でありました。


 


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る