So-net無料ブログ作成
検索選択

築地「青空三代目」で海鮮しゃぶしゃぶ [呑んだり食べたり(和食)]

久しぶりに築地での食事会です。?

IMG_2656.JPG 夜は静かな場外にあります
IMG_2658.JPG面白い名前のお店です
同じ通りに本店と支店がありますが、今回は本店。
入口に赤い太鼓橋があるのが面白いです。
IMG_2625.JPG 生ビールで乾杯♪ 
IMG_2628.JPGお通し
海鮮中心のお店ですが、お通しは里芋。上品に美味。

IMG_2629.JPGお刺身 IMG_2630.JPGのどぐろ♪ 
真ん中に置いてある岩塩と山葵で食べるのが美味しいお刺身です

IMG_2626.JPGお酒もいろいろ IMG_2627.JPG 悩む。。
IMG_2633.JPGIMG_2634.JPG 最初は黒澤から 美味いIMG_2636.JPG具材登場
海鮮しゃぶしゃぶです。
IMG_2637.JPGぷりんぷりの牡蠣
IMG_2638.JPG大トロ[黒ハート] 
IMG_2640.JPGキンメなどなど
IMG_2642.JPG 不動にスイッチして
IMG_2645.JPG 大トロ~ とろけます 

IMG_2646.JPGIMG_2647.JPG杉勇、末廣ときて IMG_2648.JPG平貝 
帆立より強めの食感でこりっとした平貝、海苔で巻くと日本酒に合います。

IMG_2649.JPG船中八策で〆ます
IMG_2650.JPGお寿司
しゃぶしゃぶの出汁が美味しいのでごはんとかうどんで〆たいのですが、
うちはお寿司の店なので、という理由で鍋で〆られないのが残念。
無理を承知でお願いしてスープだけ器に入れていただきましたが、
あのスープ、、捨てちゃうとしたら勿体なさすぎる。( 一一)

IMG_2651.JPGでも、お寿司も美味いし
IMG_2654.JPG生海苔のお味噌汁と
IMG_2655.JPG鉄火巻で終了。。。


外人客(声がでかい)が多いのがちょっと気になりますが、
築地のお店なので、お魚は美味。


お値段はそれなりなのでたまーにしか行けませんが、
上品に美味しくお魚を食べたいときには訪れたい築地三代目さんでありました。


 


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

コントロールZ [いろいろ②]

変なタイトルですが、久しぶりに独り言です。



職場で自社製品の体験会みたいなものがあったんですが、
パソコン関連なので、アナログな私も自社製品くらい知っておかないと、
参加いたしまして。(^^;


私の娘、といってもいいくらいの若い女性社員がインストラクターで、
私とどっこいどっこいくらいの同年代中年男女社員が右往左往する中、
丁寧に製品の使い方を教えてくれたのですが。

「いいですかー?間違って操作した場合は、コントロールZですよ!
 コントロールZを押してもとに戻してください!」


コントロールZ。


一緒のグループで操作していた仲良しの先輩に、
コントロールゼットってなんですかねぇ、、って聞いてみたら、
先輩もさあなんだろうって。


先輩が分からないんだから私も分からなくて当然。(笑)


同じグループが見事な中年ぶりだったので、
ほかのメンバーも、コントロールゼットってなにー、って感じで
わいわい騒いでいたら。


コントロールゼットでひとつ前の状態に戻ります!



若い女性社員が半ば怒り半ば呆れながら私たちのグループに説明。




はーい、わかりましたぁ。。(''◇'')ゞ



コントロールゼットで戻せるんだねぇ、、、っていっていたら、
なぜか中年グループは人生をやりおなせたら、、という話題に。(笑)


コントロールゼットで戻せるならどこまで人生を戻したいか。


そんな話題で盛り上がる年頃です。


小学生に戻りたい!


いやいや私は中学生!


そんな中、私が、戻ってまた色々やるのが面倒なんで、
戻らなくてもいいかな、と私が答えたら。


場が冷え込んでいました。(笑)


慌てて、飲んで失敗した時は、その前に戻りたいけれど、、
なんて反省しても学習しない私らしい発言でみんな笑ってくれましたが。

以前何かの記事で書いたと思うのですが、

(この映画で書いていたことを思い出した)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2016-12-10-1

ここまで生きてきて、戻ってもなあ、ってのが正直なところで、
もう一度小学生になってもな、って思います。
今の小学生、大変そうだし。( 一一)


というわけで、自分のことを照らし合わせながら、
操作を戻したいときは、コントロールZなんだな、と学習した私でございました。。。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

映画「沈黙」を観る [映画④]

高校生の頃に読んだ作品の映画化、、どうやって実写化するのか、
作品が重いのであまり期待しないで見に行きました。

沈黙.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

江戸幕府によるキリシタン弾圧が激しさを増していた17世紀。
長崎で宣教師のフェレイラ(リーアム・ニーソン)が捕まって棄教したとの
知らせを受けた彼の弟子ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)と
ガルペ(アダム・ドライヴァー)は、キチジロー(窪塚洋介)の協力で日本に潜入する。
その後彼らは、隠れキリシタンと呼ばれる人々と出会い……。



沈黙 (新潮文庫)

沈黙 (新潮文庫)

  • 作者: 遠藤 周作
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1981/10/19
  • メディア: 文庫

高校生の頃、読んでここまで酷く扱われていても信心を続ける隠れキリシタン、
なぜだろうと思っていたのですが、今回読み直すこともなく鑑賞。
鑑賞後、読みなおそうと思いながら、昔の文庫って字がちいさくて
既に遠視が進んできている私、、電車で読み進まず、、まだ読み終わってません。(^^;




スコセッシ監督ときいて大丈夫か、ちゃんと作っているのか、と思いましたが、

ディパーテッド [DVD]

ディパーテッド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD


この作品でもうあまりにもガッカリし過ぎちゃったし。( 一一)



ただ、今作は長年にわたって温めていたというので
非常に原作を大事に作っていた印象です。最後はちょっと・・・だったけれど。


高校生のときに読んだ拷問シーン、映像化されると少しマイルドな感じもしましたが
(それは視覚的に耐えられるレベルにするという配慮かと)
隠れキリシタンの話とはいえ、宗教論を語るのではなく、人としてどう生きるか、
そんな話なのかと中年になった私、今作でそんな気持ちになりました。


偶像崇拝で伝播されていたため、踏み絵などで隠れキリシタンをあぶりだす、
そんな様子が描かれていますが、そうではないと言っているロドリゴが
亡くなったときにちいさな木彫りのキリストをもっていたのは棄教していなかったのか、
最初に訪れた村の長老からもらったキリストを思い出として持ち続けていたのか、
キリスト教は救いの為にあるのか、それとも人としてよりよい生活を送るためなのか、
正解がないようにも思いながら、色々考えながら見終わりました。

私自身、実家は仏教ながら実質的には無宗教みたいなもの。
苦しいとき何かにすがりたいとはいえ、死んで天国にいったら苦労から解放される、
そんな気持ちで命を落としていく隠れキリシタンの姿を見て複雑な気持ちになりました。

キリシタンでありながら、自分が生きるために踏み絵も踏むキチジロウ、という男が
出てきますが、彼は一番人間らしいのかもしれない、なんて思いました。

今のように反社会的でなければ信仰は自由な時代であれば、
こういうことはないのでしょうが、隠れキリシタンの弾圧だけでなく、
宗教戦争みたいなものは歴史としてあるわけで、
他の信仰を尊ぶような時代は平和な時代なのかもしれないな、なんて思いました。


配役もなんちゃって日本人ではなく、ちゃんと日本人が演じているのが
ホッとしたポイントですが(あまりにも変な日本人役がハリウッド映画に多いし)
塚本晋也の凄まじい演技に冒頭で驚き、浅野忠信の通訳もよかったのが好ポイント。
なぜか、プロレスラーの高山も出てきて驚いたのですが。(笑)

ただ、芸能事務所の力関係なのか、EXILEのメンバーが出ていて
なんだか軽い感じに違和感。。無理に歌手とか出さないでほしいな、なんて。

文字で読むのと映像とはどうしても同じものは作れないと思うのですが
外国人の監督が原作を尊重しながら作ってくれた作品だと思います。

こういう作品に出演することでキャリアがマイナスになる可能性もあるでしょうに、
アンドリュー・ガーフィールド(最近のスパイダーマン)もよく出てくれたと実感。

まだ公開中なので、早く原作を読んでもう一度見なければ、と思った
「沈黙」でありました。



(アメリカの予告編はちょっと雰囲気違うんだよね)

ちなみに、過剰な音楽は全編流れません。
波の音など、自然な音と最低限の音楽というのはハリウッド映画なのに
よくできました、と高得点。
エンドロールで流れる虫の音がいつまでも作品の余韻を感じされてくれます。


nice!(6)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

銀座「KAN」でじゃこ葱奴 [呑んだり食べたり(和食)]

銀座KANさんに久しぶりにいきました。

今回は19時に予約したのですが、行ってみたら、
カウンター端っこで他のお客さんと向かい合わせで呑むか
(端っこは四人客が2-2で向かい合わせで食べられるような造りになっている)
個室で20時半の次の予約までに会計するか、と言われ、
知らない人とカウンターの端っこで向かい合わせもな、と思い、
個室に行ってIMG_2559.JPGかんぱい♪

予約の時に席を確認しなかったのは私もよくなかったのですが、
行ってみてそんな選択肢を言われると微妙な気分になりますね。

向うも謝っていたんですが、私もこちらも予約時に聞きませんで、と
一応言ってみたものの、予約時点でこういう可能性もあります、とか
言われていたらまだよかったかも。しれません。

次回からは確認します!('ω')ノ
 

IMG_2560.JPG お通しのもずく 
もう一品は4種から選べます。

IMG_2562.JPG友人ははまぐり IMG_2563.JPG 私はフルーツトマト
ちょっと甘味がいまいちだったのですが、ま、うまい。
高いのはわかってますが、一個食べたかった。。
IMG_2556.JPG日替わりメニュー IMG_2558.JPG グランドメニュー IMG_2565.JPGおつくり
軽めに、、とお願いしたのですが、以前食べて美味しかった金目はなく残念。
炙った〆鯖が気に入りました。(^-^)
IMG_2569.JPGぷるるん生牡蠣 
IMG_2571.JPGIMG_2572.JPG仙禽にスイッチ IMG_2567.JPG 本日の日本酒で
IMG_2578.JPG黒龍
二左衛門?とか石田屋は高いですねぇ。。相変わらず。( 一一)
5勺で2000円、銀座だからそんなもんですが、
以前日本橋で呑んだときも1合で3000円くらいだったのでこんなもんか。

って、こんな高いお酒は注文できませんが。

IMG_2575.JPGじゃこ葱奴
これは毎回注文するのですが、じゃこと葱(加熱しているみたい)のたれが
とにかく美味しくて、これを白ごはんにのせてたべても絶対美味しいと思う。
IMG_2577.JPG大きな鰯  
IMG_2579.JPGIMG_2582.JPG山本
メニューになかったのですが、おススメはと聞いたら出してくれました。
6号酵母って最近は新政さんが使っているお酒が印象的ですが、
人気あるのかな、この酵母。
IMG_2583.JPG春菊おひたしに
IMG_2586.JPG睡龍  
大好きな無濾過生原酒[黒ハート]
IMG_2589.JPGぷるぷる白子に
IMG_2592.JPGもち豚ロース IMG_2594.JPGジューシー♪
IMG_2595.JPG風の森を飲みながら 
IMG_2598.JPG安納芋と生ハムの白和え
甘いお芋と生ハムの塩気がいい感じで合っています。。

ここで時間切れ。。

座席の件ではちょっと(V)o¥o(V)になりかけましたが、
お店側も常連さんの予約が入ればカウンターのいい位置に案内するでしょうし、
まだ数回行ったくらいじゃこんな感じでも仕方ないかな、と思いつつ、
席以外の対応は非常によかったので、また機会があれば訪問したいな、と思った
KANさんでありました。


 


nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「たかが世界の終わり」を観る [映画④]

何の予習もせずに鑑賞した作品です。(ヒューマントラストシネマ有楽町にて)


たかが世界の終わり.jpg 

あらすじはYahoo!映画さんより。

劇作家として成功したルイ(ギャスパー・ウリエル)は、
家族に自分の死が近いことを伝えるために12年ぶりに里帰りする。
母マルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好物をテーブルに並べ、
幼少期に会ったきりの兄の顔が浮かばない妹シュザンヌ(レア・セドゥ)も
ソワソワして待っていた。さらに兄アントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)と
その妻カトリーヌ(マリオン・コティヤール)も同席していて……。




 



激しく不器用な家族愛。



予告編も観ずに作品鑑賞し、予告編はこの記事を書くので見たのですが、
予告編はあまりあてにしない方がいいかもしれません。


作品は1時間40分くらいですが、ほとんどが音楽ないまま
家族が代わる代わるアップで映し出され、激しいセリフ回しが続くので、
観るにもかなりの体力とか集中力が必要だと思います。(^^;


予習せずいきなり見た私、見る体力が足りずに途中軽く寝てしまい。(笑)


話はシンプルです。


12年ぶりに実家に次男が帰ってくるが、
結局家族に伝えたいことが伝えられぬまま帰っていく。



それだけなんですが、家族が全員濃い。(笑)


次男演じるギャスパー・ウリエルが美しく、母を演じるナタリー・バイ、
妹のレア・セドゥ、長男(暴言はきまくり)がヴァン・サン・カッセル、
家族でもよそ者感漂う長男の嫁がマリヤン・コティヤール、と豪華です。


話自体は面白くないし、長男の暴言を聴いていると嫌な気分しかしないのですが、
家族を思いやる各々が素直に気持ちを伝えられず不器用に会話しているうちに
次男が12年ぶりに戻ってきた目的を果たせないまま帰っていって、
後味はよくないのですが、映画ってこういう作品もあるんだな、としみじみ思った
「たかが世界の終わり」でありました。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る