So-net無料ブログ作成
検索選択

徳島旅行記2017~ひょうたん島PR船編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

バス移動で珍事がありましたが、無事徳島市内について、
ホテルに向かっていて見かけた看板が、
IMG_8856.JPG ひょうたん島PR船

徳島でひょうたん島ってなんだろうと看板を観たら気になりすぎて、
ふねふねふーねー、ひょうたーんふねー、と心中歌いながら向かいます。

IMG_8858.JPG 途中でみかけた青果店ならぬ果実店
おみやげどうですかーってお店のおじちゃんに声をかけられたのですが、
明日帰るときに寄りますねー、と言って更に前進。

IMG_8860.JPG この人、ここが選挙区なんだ。。(知らなかった) 
IMG_8862.JPGIMG_8863.JPG
IMG_3896.JPG豆の香りがしてうんまかった IMG_8867.JPGで、到着 IMG_3903.JPG 無料です 
IMG_8873.JPG 斜め前に見えるホテル
ホテルの場所が分かったので安心して船に乗れます。

(船の説明)→ http://www.city.tokushima.tokushima.jp/kankou/taiken/hyoutanjima.html


新町川を守る会というNPO団体?が運営しています。
名前と住所を書いて保険料200円を払って乗るシステム。

無料なので仕方ありませんが、着てください、と言われたライフジャケット、
ちょっとくたびれていて、なるべくキレイなものを選びました。(^-^;


IMG_8874.JPGこのおじちゃんが運転してくれました
船の写真がないのですが、楕円形な感じで椅子が置いてあって屋根なし。
遊園地の乗り物が水の上に浮いているような、そんな感じ。
雨の日はカッパがないと厳しい船です。

で、どうしてひょうたん島というのか、ですが、
船着き場のある新町川と助任川に徳島市内が囲まれていて、
それがひょうたんみたいな形だからそう呼ばれるんですって。

IMG_8879.JPG出発
出発したものの、船頭さん(というのか)は一切話さず、説明なく、
何がどうなんだか全く分からず。(笑)
ひょうたん島というのも他に乗っていたお客さんに聞いたくらいで。(^-^;
IMG_8887.JPGとはいえ、風が気持ちよく IMG_8896.JPG 何本も橋をくぐりIMG_8899.JPG 爽快です
歩くと暑い5月下旬の昼下がりでしたが、船のスピードがなかなかで
風に当たると気持ちよい船旅30分。 
IMG_8901.JPG そろそろ到着 
IMG_8902.JPG 魚が釣りしとる(笑) 
ボランティア的な船なので仕方ないのかな、
船頭さんがあまりにも無口で、少し説明してくれてもいいのにな、と思ったのですが、
こうやってひょうたん型の徳島市をぐるっと船旅できるのも乙なものです。

と、船を降りたら、船着き場近くの両国橋を渡って、
IMG_3907.JPG ここにも阿波踊り 
IMG_3909.JPGこのホテル
ハイパーイン 徳島両国橋

ハイパーイン 徳島両国橋

  • 場所: 徳島県徳島市富田浜1丁目9
  • 特色: 徳島市の中心両国橋に面した快適空間。アクセスの良さはビジネスやレジャーに幅広くご利用いただけます。
JALのパッケージツアーで安いホテルを選んだのでここ。
何軒か系列店がありますが、経営難のビジネスホテルを買い上げて
再生している企業が経営しているそうで、コスト削減の一環なのか、
12時~15時、23時~6時はスタッフ不在。
昼の不在時は連泊客も部屋を出ないといけないルール。
従業員も少な目だったので、人件費をおさえてコストを安くしているみたい、
そんな印象でした。

チェックインは覇気のないアンちゃんで、もうちょっと元気だそうよ、と
心の中でつぶやきながらかぎを受け取り部屋へ。

IMG_3911.JPG 狭いのは仕方ない
IMG_8904.JPG お風呂にこんなもんがありました。
ビジネスマンが連泊して洗濯するのかも。


部屋が狭いのは仕方ないのですが、お風呂の栓をしていないと排水臭がするので、

栓をして窓を全開。真夏じゃなくてよかった。。


排水臭が気にならなくなったので、少し昼寝したら。(-。-)y-゜゜゜


夜の部へGO!


(つづく)




タグ:徳島
nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

徳島旅行記2017~バス移動で珍事編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

うずしお最前線を満喫した後は、鳴門から空港経由で徳島市内までバスで移動します。

IMG_8835.JPG 鳴門公園のバス停まで坂道を更に歩いていると、
「渦の道はどこですか?」と、私と同年代のおばちゃんに尋ねられたのですが、
私もろくに地図を観ずこっちの方向かな、という適当な動き方をしているので、
渦の道がどこだか分る筈もないわけで。(^-^;

とりあえず、途中でもらった地図をみて方向は合ってますからこのまま上りますかね、と
一緒に歩いていると、前日徳島市内に泊まり、この日は渦の道まで観たら空港に移動して、
帰るという都内在住の女性。
一人旅、、私だけじゃないんだ、、と思ったら親近感が湧いたのですが、
渦の道の入口まできたところでせっかくだからご一緒に、、といわれたものの、
時間を考えるとなあ、と申し訳ないのですが、バスにこのまま乗りますね、と
バス停でお別れ。

ちなみに、IMG_8837.JPG渦の道、、
渦を上からみられる橋のようです。


で、バス停に着いたらちょうどあと5分くらいでバスが来るみたいだったので、
ラッキー!と待っていたらバスが全然こなくて。
まさか早くきて行ったってことはないだろうと、他のバス待ちの人とバス停に
並んでいたら、やってきたのが出発予定の15分くらいあと。

何が理由でそんなに遅れて到着したのか分かりませんが、
運転手さんが、御手洗に行ってから出発しますのでお待ちください、といって、
急いで用を済ませて戻ってきて、その10分後に出発。

遅れて到着をお詫びしていましたが、他に乗っていた人がイラついていたので、
運転手さん、なんだか大変そう。

バスは、私が乗らなかった観潮船の乗り場までいって、
そこから美術館前まで戻ってきて、鳴門駅に到着。
時間通りだったらJRに乗り継げたのですが、遅れて到着で電車に乗っても、、で、
そのまま乗っていたら途中の小鳴門橋バス停から珍事発生。


このバス停、競艇場があるのでそこのお客さんなのかもしれませんが、
おじいちゃんが乗ってきて、ガラガラの車内なのになぜか私の隣に着席。


は? 
じいちゃん、どうしてわざわざ私の隣に座る?(?_?)



動きがヨぼついていて若干ぼけている感じにも見えるし、
触ってきたりしたら、他に移動してくださいって言えばいいか、と
そのままじっとして乗ること10分。


と、バスが急に止まりました。


運転席から運転手さんが帽子を脱いでバスの中を移動してきて、
私の隣に座るおじいちゃんに、


「他に空いている席があるから移動しましょうか。
 隣のお客さんもその方がゆったり座れていいでしょう。
 ね、移動しましょう。」


そういいながら、手を引きガラガラの空いている席に座らせて、
再び運転席に戻って、お待たせして申し訳ありません、とマイク越しに言って出発。


その後1時間くらいバスに乗って徳島駅に到着、というところで、
まだバスが停車していないのに、立ち上がって運賃箱の前に行くおばあちゃんに、
危ないから座ってくださいとマイク越しに言う運転手さん。
おばあちゃん(というかババア)が、電車に乗らんといかんから急いどる、
と言い返すと、まだバスが動いているのに立たれると危ないんですよ、と
転ぶかもしれませんから座ってください、と再度注意したものの、
ババアは転ばんから危なくない、とか言い出して。

結局そのまま停車してドアが開いたのですが、
ババアが降りた後、お騒がせして申し訳ありませんが、
走行中は危ないですので座ってください、と再度アナウンス。

で、わたしが降りるときに、さきほどはどうも有難うございました、と
お礼を伝えると、いえいえ、あのお客さん、以前もそういうことがあって、
ミラー越しに見て気になったのでお声かけしましたけれど、
不快なお気持ちにさせて申し訳ありませんでした。と謝られ。

いえいえ、こちらこそ初めて徳島に来てこういう対応をいただけて、
有難いです。と再度お礼を伝えて下車。
(帰宅後バス会社ホームぺージからお礼のメッセージを送りました)


徳島、いいところじゃないの!


と、運転手さんのお心遣いで心地よい気持ちでホテルに向かいます。



IMG_8842.JPG 証券会社も阿波 IMG_8845.JPG どんなレストランなんだろう IMG_8847.JPG エキナカでもししゃもねこ  IMG_8850.JPGエキナカレストランに 
IMG_8851.JPG 大王製紙関連?
IMG_8853.JPG駅前はかなり賑やか
で、 川に向かって歩いていると、
IMG_8855.JPG地図 
IMG_8856.JPG ひょうたん島?


PR船ってなんだろう。 ちょっと寄り道して乗ってみます。(^-^)


(つづく)

 

タグ:徳島 珍事
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

徳島旅行記2017~うずしお最前線~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

高い入場料で期待していったのですが、残念ながら企業努力だけ感じて終了だった、
大塚国際美術館を出た後は、鳴門まできたのでウズシオを目指します。


IMG_8724.JPG 美術館を出て右手へ IMG_8725.JPGどっち
左手のうずしお観潮船はうずの中に入ってみる小さい船もあって、
申し込もうと思ったら旅行前日に気づいたので当然満席。
普通の船はかなり大きいみたいなので、小ぶりな船、となると右手。

なので、そのまま右手の緩い坂道を登って10分弱。

IMG_8730.JPG到着 
IMG_8731.JPG最前線に行けるんだぜ。 

(ホームページ)→ http://www.uzushio-kisen.com/index.html


チケット(大人1550円)を支払い、船が出る時間まで10分くらいあったので、
売店を観ていたら。

IMG_8733.JPG なにこれ 
IMG_8734.JPG 徳島でなぜししゃも
猫は好きですが、それがなぜ北でとれるししゃもとコラボする、ここ徳島。
 
IMG_8735.JPG なぞ過ぎる。
IMG_8736.JPGチケット 
IMG_8737.JPG 超合成(笑)
IMG_8738.JPG 自己責任です 
IMG_8741.JPG乗り場 
IMG_8742.JPG乗船券の裏ははがき 
IMG_8747.JPGクラゲがぷかぷかしてました IMG_8751.JPG 誰でも買える鳴門糸わかめ、を観ながら IMG_8757.JPG 出発
船はかなりのスピードで進むので確かにつかまっていないと大変。( 一一)

大潮のタイミングで船に乗ったので、うずしおポイントに向かったところで、
すぐうずしおが見られました。

IMG_8762.JPG ド迫力 IMG_8763.JPG すんげー

うずしお、というと、どうも昔の洗濯機(メーカーどこだっけ)を思い出す私。
今回初めて行きましたが、うずしおってそんなにたくさん見られると思っていなかったら、
船が潮がぶつかるポイントにこまめに移動してくれたので、
ド迫力のうずしおが何度も見られました。(^-^)

IMG_8770.JPG青い空に青い海 IMG_8774.JPG 他社の船IMG_8804.JPG  IMG_8806.JPG IMG_8809.JPG 
15分くらいかな、うずしおの世界を楽しんだところで、
船、もどりまーす。
IMG_8822.JPG 遠くに風力発電 
IMG_8832.JPG 楽しかった!

海中からうずしおを観る船も乗ってみたかったのですが、
こぶりな船で大迫力のうずしおを観られたので大満足。

美術館よりこっちの方が楽しかったな。(笑)


この後は、徳島市内の宿まで移動します。



(つづく)


タグ:徳島
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

徳島旅行記2017~大塚国際美術館編⑤~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

あまりに展示作品が多いので、途中からまだまだあるんだ、、という気持ちで
少々疲れてきたのですが、そろそろゴールかなと館内マップで分かってきたので、
昼酒に向かって(笑)作品を鑑賞します。


IMG_8682.JPG 現代作品 IMG_8683.JPGシャガールに
IMG_8687.JPG大好きなクレー IMG_8688.JPG 
IMG_8689.JPG
IMG_8690.JPG 
IMG_8691.JPGこれも好きなデュフィ IMG_8692.JPG  IMG_8697.JPGポップアートIMG_8698.JPGロスコー IMG_8699.JPGポロック IMG_8700.JPG 絵の具の厚みも表現されていました  IMG_8701.JPGゲルニカ

このあたりでやっと展示作品完了。 このあたりで2時間弱。

お腹が空いたので館内のレストランでランチをいただくことにして、
展示エリアから一旦外に出ると。
IMG_8704.JPG いろいろ出るらしい。 IMG_8705.JPG ここがレストラン IMG_8706.JPG瀬戸内海

で、館内はカフェやレストラン、いろいろありますが、
最上階のレストランに入ると、
先客2組(入ってすぐのところに隣り合わせで座っていた)、の隣に案内され。
よくあるパターンですが、かなり広いのにどんどん詰めて座らせるのって
お店のオペレーションの都合だからというのはわかりますが、
せめて、一つ空けて案内してくれればいいのに、、なんて思いました。

おまけに、座った途端にご注文は?と聞くアルバイトのオネエサン。
あ、ごめんなさいね、まだ何を注文しようか決めてないから、
メニューみていいですか、とメニューを見たのですが、
これだけ高い入場料とってるんだから、委託しているレストランでも、
もうちょっとまともな対応してほしいもんだな、と思いながら、
IMG_8711.JPG最後の晩餐 IMG_8712.JPG 徳島らしいメニューも
悩んだのですが、ネタ的には最後の晩餐かな、と思って注文したら、
水差し(自分でお代わりが注げるように大きなポットを置いてくれる)を
置きながら、ごゆっくりどーぞー、って言いながらオネエサン、去っていきました。(笑)

最近、お料理おいてごゆっくりどうぞーっていうのはありますが、
注文とっただけでごゆっくりって。(笑)
大体、ごゆっくりと言いながら、食べ終わるとすぐお皿提げるお店多いけどね。( 一一)

IMG_8713.JPG店内
反対側に視線を移すと、他のお客さんが詰め込まれています。(笑)
IMG_8709.JPGで、メニューはこんな感じですが、
注文から5分も経たずに運ばれてきた最後の晩餐は、

IMG_8715.JPG まじか。
ある程度仕込みで焼いてあるのだと思いますが、パンはトレーに直置きだし。(V)o¥o(V)
IMG_8716.JPG うわー IMG_8717.JPG せめて小皿に置いてほしいな
IMG_8718.JPG鳴門わかめのマヨネーズ和えみたいな料理 
IMG_8719.JPG鳴門金時と蓮根 
IMG_8720.JPG鳴門鯛 
IMG_8721.JPG 和牛
味はそんなに悪くはなかったのですが見た目がひどすぎ。
肉と鯛が重ねて盛り付けられていて、ソースと肉汁が混じっていて、
アルバイトが作っているとしてもちゃんと盛り付けようと思わないのかな。

IMG_8709.JPGメニューと違いすぎる。
まあ、ハウスワインだろうけど多めに注がれたグラスワインがついて1800円だから、
こんなもんかな、と思いつつ、ガッカリ感満載のまま食べ終わると、
案の定、食べ終わってすぐ、お済みのお皿おさげします、ってさげられました。
ごゆっくりどーぞー(笑)って言っていたのに。

と、イラットしながら、出口に向かうとお約束のショップがあるので一周。

IMG_8722.JPG
睡蓮まんじゅうって。(笑)

IMG_8723.JPG大塚製薬だからね 

入場料の高さに驚きながら、一度は行ってみても、、と入ってみましたが、
バスツアーの団体を多くとるみたいでとにかく混んでいました。
(途中からばらけて観られましたが)
世界の美術館に展示されている名作を陶器で再現し展示する、というのは
企業努力、技術力、だと思いますが、実際の絵画を近づいてみたときの
絵具の盛りとか筆遣いみたいなものを感じることはなかなかできず、
複製であると理解した上ではそれなりに楽しめますが、一度で十分かな、
最後の食事もガッカリだったし、、なんて感じの大塚国際美術館でした。


さ、このあとは気を取り直して、うずしおへ!



(つづく)



タグ:徳島
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

徳島旅行記2017~大塚国際美術館編④~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

かなり速足で見学しているのですが、広すぎてまだ三分の二くらいかな。
ちょっと飽きてきたので(笑)急ぎます。


IMG_8623.JPG 今度はフランス IMG_8624.JPG ルーヴル美術館で見た記憶 IMG_8626.JPG コロ― IMG_8627.JPG これもルーヴル IMG_8628.JPG IMG_8629.JPG クールベ 
エトルタ、というとモネの描いた象岩の作品が印象的ですが、
クールベ、は初めてみました。

IMG_8631.JPGIMG_8632.JPG
これもパリ。オルセー所蔵作品。


IMG_8633.JPG IMG_8634.JPG  
IMG_8635.JPG もう作品多すぎて。(笑) IMG_8642.JPG点描画 IMG_8643.JPG 細かい点の再現はいまいちだったかな。。 
IMG_8644.JPGIMG_8645.JPG  IMG_8646.JPGIMG_8647.JPG

カサット、昨年だったかな、横浜の美術館に展示会があったときに行って、
結構好きになった画家。

IMG_8649.JPG
IMG_8648.JPG この作品も好きな作品 
IMG_8650.JPGIMG_8651.JPG
ミレーの落穂ひろいと晩鐘もあるんだ、、と思いながら、
IMG_8653.JPGIMG_8654.JPG
今度はボストン美術館所蔵作品。

IMG_8657.JPGゴーギャンを観たら 
IMG_8659.JPGえ、コナンくん? 
IMG_8660.JPGIMG_8661.JPG
IMG_8663.JPG IMG_8664.JPG ゴッホ先生作品だらけに IMG_8667.JPGIMG_8668.JPG IMG_8669.JPGルソーいろいろ IMG_8670.JPGクリムトに IMG_8671.JPG IMG_8672.JPG ホドラー 
IMG_8676.JPGIMG_8677.JPG IMG_8679.JPGIMG_8678.JPG
ピカソ作品がいっぱいの中に 
IMG_8680.JPG IMG_8681.JPG これ、面白いなと思った作品


と、あともうちょっとでゴール。 広すぎる。(笑)


(つづく)

 

タグ:徳島
nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る