So-net無料ブログ作成
舞台・ミュージカル・アート ブログトップ
前の10件 | -

ミュージカル「ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリー・インチ」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

後手記事が毎度のことなのですが、この記事は昨日の話。(笑)
最近はあんまりミュージカル記事もないのですが、今回は超特別!

mainvisual.jpg 

大好きなヘドウィグの脚本主演(オリジナル)のジョン・キャメロン・ミッチェルが来日、
というので、何が何でも!と渋谷のシアターオーブへ。


(公式サイト)→ http://www.hedwig2017.jp/






しかし、気づいたときはチケット完売、ダフ屋みたいな人が高値で販売している、
某チケットキャンプというサイトで定価に割り増しつけて即落札。
急遽いけなくなったというのであればまだわかりますが、行くつもりもないのに
販売上限枚数買って転売している人もいるんだろうな。
って、足元見られた感じでチケットを買った私も私。。(^_^;)




元々オフブロードウェイで上演され、その後映画化、そして、日本でも公演されたり、
最近でもブロードウェイで再演されている作品。


私も過去に山本耕史ヘドウィグを見たことがあるのですが、
どうしてもどうしてもオリジナルのジョン・キャメロン・ミッチェルが見たくて、
今回参戦した次第です。


(山本ヘドウィグ)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2007-02-26


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

で、公演日当日。


IMG_7294.JPG 幕間なし
座席は前方の右ブロック、の一番端。
とはいえ、そこそこ見やすい位置でした。

ホールのスタッフはとにかくビデオや写真撮影厳禁を何度も注意、
肖像権の侵害、という説明を繰り返していたのですが、
よほど厳しいのかな、、、なんて思いました。


で、19時10分ごろ開演。



圧倒的な存在感!



もうこの一言に尽きました。



公演タイトルに「スペシャル・ショー」って言葉がちっちゃくくっついていて、
特に気にしていなかったのですが、通常の公演とは異なっていて、
確かに、


ヘドウィグ
 ・ロックショー♪



って感じがしなくもなかったのは事実です。


ジョン・キャメロン・ミッチェル(JCM)が日本での公演を配慮したのか、
従来ヘドウィグが自分の人生を語りながら歌う、という展開を、
イツハク演じる中村中(あたる)をヘドウィグマペットと称して、
代わりにヘドウィグの人生を語らせる演出。


日本語で展開していくので(歌は英語でセットの背景に字幕投影)、
日本に住む外国人の観客はガッカリしていた、、、だろうな。


中村中が悪いということはないのですが、元々のイツハクのイメージではなく、
一人何役も演じるのはすごいと思いながらどこか違和感がありました。


と、違和感があるのですが、いざ、JCMが歌いだすと、
場内一体がヘドウィグワールドに包まれて、うつぼ、感涙しっぱなし。


50を過ぎてあの美しさ、前方、特に左通路近くに座る皆さんは、
ヘドウィグが何度も目の前で歌ってくれて私以上に感激していたはず。


幕間なし、90分一気に駆け抜けるライブ感、演出の違和感を差し引いても、
JCM演じるヘドウィグを見られたことは何よりも幸せです。(^O^)/


観客の中に、ヘドウィグやイツハクのコスプレで参戦している人もちらほら、
大きなライブハウスでライブを見ている感覚で、最後は総立ち、
私も久しぶりにこぶしを振り上げ楽しめた、
「ヘドウィグ・アンド・ザ・アングリー・インチ」でありました。




(おまけ)
IMG_7298.JPG 勢いで買ったパンフレット 
というかJCMの写真集。 萌えます!


 


nice!(4)  コメント(4) 
共通テーマ:演劇

ミュージカル「プリシラ(日本版)」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

今年の秋、シアターオーヴに“Kinky Boots”を見に行った時
チラシをもらって、、日本人版でやるのか、、、と思いながら、
チケットを買って日生劇場に行きました。

mainpage2.jpg 明日までやってます
子役の労働時間の関係なのか夜の部でもスタートが18時と早いので、
半休をとって日比谷の日生劇場へ。  
IMG_1423.JPG 初の日生劇場 
IMG_1422.JPG 記念撮影できます
IMG_1428.JPGWキャストらしいです
って、そういうのを気にするほど役者さんのことを知らないので
加藤憲史郎君って子供店長の弟?という反応程度です。

IMG_1425.JPG これ
公演中、3回だけプリシラナイト、というのが開催されたそうで、
その初回にいったのですが(まったくそんなことも知らず)
終演後のプリシラナイトまで折らないように、という注意書きにも関わらず
カバンに入れる時にポキッと折れてしまい、あっという間に発光。(笑)
3時間半くらい光るらしいのでイベントにも使えましたが、焦りました。。

今回は一番安いB席(4000円)、2階席の後ろ2列か3列くらいの席なのですが、
ここだけなぜかすごく安いです。
当然オペラグラスがないと俳優さんが豆粒にしか見えません。(笑)

(ミュージカルのサイト)→ http://www.tohostage.com/priscilla/

で、後ろから2列目の席に座ると、観客は9割くらいが女性。
おそらく、主役の俳優さんのファンとかじゃないのかな。
NYで見たときは、中年多め、ゲイカップルもかなり多いという観客ですが、
所変われば、なんでしょうね。

(NYではじめて見た時)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2011-05-12-6
(リピートした時)   →   http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2012-05-14-6


日本人キャストの場合、俳優の熱狂的ファンみたいな人がいるせいか、
どこかアイドルのコンサートみたいな雰囲気もあるというかなんというか、
そんなところも違和感があったのですが、見ていて微妙だな、と思うところもあり。
メガネヒヨコさんも鑑賞されて、演出について記事にされているので、

(細かい鑑賞力が羨ましい)→  http://blog.goo.ne.jp/megahiyo1414/e/1ac25c42cb1fb831571cf0b89c3efddf

それを読んで、そうそうそうなの、と納得することしきりでした。

期間限定で予算も限られている中での演出はある程度仕方ありませんが、
振り付けを変えたり、くすっと笑えたりする場面を端折ったり、
そういうのは残念だったりします。

一番の残念ポイントは、もともとの設定が、老年、中年、青年の三世代の珍道中、
それが、日本人キャスト版は、中年役がどうみても青年で、
演じている山崎育三郎さんがいい役者さんだとしても、
ここは最大のがっかりポイントでした。

老年のドラッグクイーン役の陣内孝則さん、
ブロードウェイ版とあまりにかけ離れてい過ぎて逆に見ていて面白かったのですが、
ダンスの場面などではギコチナサ過ぎてちょっと苦笑してしまいました。。


終演後のプリシラナイトでは抽選会の後、みんなで一緒の振り付けで踊る、
という企画でしたが、初回で段取りが悪く(仕方ないか)
おまけに中2階、2階席は立って踊ろうとすると座ってくださいと注意され、
振り付け通りに踊るには席幅が狭いので隣にぶつかりまくるので踊れない、
という事情で、ここも残念。。。


おそらく、NYブロードウェイ版の印象が強すぎて
(演じていた3人が本当に素晴らしかったし、全体のチームワークもよかった)
比べてしまうのもいけないのですが、日本語と英語が混在する歌なども、
訳されている歌詞に???となることも多く、B席くらいなら仕方ないけれど
S席だったらガッカリだったろうな、と思った「プリシラ」でありました。 

(ブロードウェイ版)


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

ミュージカル「Kinky Boots」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

久しぶりのミュージカル鑑賞で渋谷のシアターオーブに行きました。

mainvisual.jpg

以前、NYで見て楽しかったので久しぶりに日本でも、、とチケットを購入して

(2013年に見ました)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2014-03-23-31

初めてのシアターオーブ、駅直結だから大丈夫と思って地下鉄駅からヒカリエに入り、
エスカレータをひたすら上がり続けていたら(途中のスカイデックに行く人も多く)
とにかく人だらけでなかなか着かずやっとシアターに着いたのが10分以上経ってから。

帰りはエレベータを見つけてそれほど時間がかかりませんでしたが、
渋谷って本当に人だらけ。((+_+))



前から9列目の右ブロックに座ったのですが、
意外と近くに見える良席でした。(^-^)

Kinky Boots

Kinky Boots

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: DVD


原作はイギリス映画、田舎町の靴屋を父が亡くなって継ぐことになったチャーリー、
倒産寸前の会社をドラッグクイーンのローラとともに立て直すという話。雑だけど。

ブロードウェイで3年前に見たときに原作から逸脱せずかなり忠実につくられていて
楽しくみたのですが、こういう来日公演となるとキャストのレベルが落ちがち、
(ブロードウェイで脇役クラスの人が主役とか)
今回どうかな、と思ったのですがイメージと違うな人もありつつ
(チャーリーがちょっとおっさんで太ってるとか、ローレンが小柄すぎとか)
レベルは結構高い感じでした。
USツアーのメンバーで、公演スケジュールを観ると、
アメリカ国内をツアーで回って日本にきて、またアメリカに戻るスケジュール。
東京、大阪と回る予定で、なんとなく紅葉の季節に合わせて来日、
そんな風にも思えたりして。(笑)
折角日本にきてくれたのでキャストの皆さんには楽しんでほしいですね。


で、今回驚いたのは観客のリアクション。
日本で見ると、私もふくめ観客がおとなしいというか行儀よいというか、
ちゃんと拍手はするけれどそれ以外はおとなしくみているイメージが、
今回全然違っていて(@_@)。

おそらく、今回の来日公演の前に、日本人キャスト版の公演があって
(三浦春馬と小池徹平の組み合わせ)

意外と三浦春馬演じるローラがいい感じに見えますが、
日本版になると他でもそうなんですが、歌の和訳が微妙になったりすることもあり、
好んでみない私がおります。。とはいえ食わず嫌いもいけないかな。

で、今回の観客全体が作品参加型というか、ショーの場面などで拍手だけでなく
ヒューヒュー的な声援も会場全体からあがってきたり、
そんなこんなで私も盛り上がりました。

特に、ローラの周りで踊りまくるドラッグクイーンのアンサンブル、
エンジェルスのお姉さん(お兄さん?)たちがもう完全にツボ。
基本的に、お釜ちゃん(女装)ダンサーが出てくるとテンション上がるのですが
(La Cage Aux FollesとかPricillaとか)
今回のエンジェルスの皆さん、とにかく足が長くてきれい。
ダンスもキレッキレで本当に楽しく見られました。

(特にこの動画のイギリス国旗デザインを纏ったオネエサンに釘付け)


今回は一日2回公演の土曜日、マチネを観たからなのか、
主役のローラが代打のJoseph Anthony Byrdさんで、

(ツアーのキャスト一覧)→ http://kinkybootsthemusical.com/cast.php

普段はエンジェルスとして踊っているようですが、
ものすごいマッチョで(特に腕の筋肉がモリモリ)代役なのに素晴らしく、
ツアーでもこれだけの人が代役というので層の厚さを感じました。

逆に、普段彼が演じているエンジェルスのダンサーの代役を
これまたスタンバイでキャスティングされている人(名前失念)が
演じていたのですが、普段は舞台に上がっていない代打の代打、だからなのか、
振り付けがちょっと怪しい感じで、時折周囲を観ながら踊っていたのが気になりました。
(主役以外もちゃんと見てるからちゃんとやってね、と思った)

転職してからNYには行っていないのですが
(ホテル代もミュージカルチケット代も高騰していて行けない(:_;))

本場で見たくなってしまった、来日版「Kinky Boots」でありました。


(おまけ)
IMG_0255.JPGアンケートの性別で
IMG_0256.JPGこれ
作品の中でこうやってローラが観客に話しかけるので
アンケートにも書いてあった模様。

IMG_0253.JPG
IMG_0254.JPG 意外と細身なんですねぇ。。


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

シンガポール旅行記2015~Jewels in theTails鑑賞編~ [舞台・ミュージカル・アート]

晩酌後、爆睡した翌日は意外とすっきり目が覚めました。(^O^)/

で、シンガポール3日目は、SISTC(シンガポールのぴあ、みたいなサイト)で
日程が合うからという理由だけでよく分からずポチッとクリックし、
ミュージカルを午前中(10時開演)見に行くことに。

一応、子供向けミュージカルということはわかっているのですが、
子供向けなら英語でも理解できるだろうって。(笑)

R0018204.JPG 向かったのはNewton駅
ここの駅近くのホーカーズにはよく行っていたのと、
2013年に訪れたときの宿もここからバスで行けるBalestierエリアだったので
かなり馴染みのある駅です。

R0018206.JPG 駅前 緑がいっぱい
R0018207.JPG近くのセブンイレブンにて

パンの並べ方が日本と違うっていうか、あまり種類がなくてちょっとびっくり。

R0018209.JPG こんなところを歩いて5分くらいで  R0018214.JPG 劇場に到着
Alliance Francaise Theatre。外観がカラフルな建物です。
R0018217.JPGチケットを受け取り

R0018219.JPGプログラム

(作品の紹介ページ)→ http://thenewageparents.com/jewels-in-the-tale/




平日の昼前という時間帯もあって、劇場内は幼稚園児の団体。
なので、おばちゃん一人の鑑賞は目立ちます。(笑)

内容は、アジアの色々な国の民話をミュージカル仕立てにしたもの。
マレーシア(ココナツでわらしべ長者的になる人の話)、
フィリピン(毛虫が人間に変身してしまう話)、日本(つるの恩返し)、
インドネシア、韓国、シンガポール、インド、中国(四頭の龍の話)などなど。

つるの恩返し、、やたらと登場人物がぺこぺこお辞儀して違和感あり、
やはり外国の人が描くとこうなってしまうかな、って印象ですが、
他の国の民話は、ちょっと滑稽だったり道徳的な意味合いもあったり、
最後の中国の話で水鉄砲が登場し、観客もかなり濡れてしまうサプライズ。

お値段なりに出演者が4人、セットもちょっと手作り感のある素朴さでしたが、
こういう民話って大人になっても結構楽しめるもんだな、と思いながら
劇場をあとにしました。。
 

R0018220.JPG まだ11時
(ミュージカル、50分くらいで終わっちゃったからね)


さ、この後はランチビール!


(つづく)


 


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

NYで「Forbidden Broadway Comes Out Singing」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

オフ劇場作品2本目(帰国前日)で鑑賞したのは、
「Forbidden Broadway Comes Out Singing」です。

劇場街の外れにあるDavenport Theatreに向かったのですが
R0012645.JPG丁目を間違い
R0012647.JPGKinky Bootsの劇場
焦って焦って、、、住所を確認して、
R0012648.JPG あった!
R0012650.JPG間に合った。。。
R0012651.JPG
1403809963-Davenport-Theatre-Seating-Chart-012714.gif こんなにちっちゃな劇場



以前も違うバージョンを観たのですが、
ブロードウェイの有名作品を次々とパロディで演じる作品。

男女2名ずつがどんどん変身して登場するのですが、
本当に芸達者というか、有名人の物まねもすごく似ていて笑えます。


毎回、新作ミュージカルを中心にパロディでいじりまくるのですが、

Pippin  (2013 Broadway Cast)

Pippin  (2013 Broadway Cast)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ghostlight
  • 発売日: 2013/07/09
  • メディア: CD



主役を演じるパティナ・ミラーが筋肉のすごさを筋トレ風景でパロディにしたり、

ビリー・エリオット ミュージカルライブ ~リトル・ダンサー [Blu-ray]

ビリー・エリオット ミュージカルライブ ~リトル・ダンサー [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray



子役の悲哀を(笑)にしたり、

Rocky

Rocky

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ume
  • 発売日: 2014/05/27
  • メディア: CD



シルベスタースタローンが主役の俳優に自分に似るためには
どうしたらいいか指導するんですが、滑舌を悪くすればするほど
本人に似てくるというパロディ。

 

Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014

Frozen(Blu-ray+DVD)北米版 2014

  • 出版社/メーカー: Walt Disney Studios Home Entertainment
  • メディア: Blu-ray



舞台ではないのですが、主人公の声を担当していたイディーナ・メンゼルの
迫力ある顔と声をデフォルメしてみたり。

他にも「マディソン郡の橋」「アラジン」「レ・ミゼラブル」
「ジャージー・ボーイズ」「Once」「キャバレー」などなどに加えて、

The Book of Mormon (Original Broadway Cast Recording)

The Book of Mormon (Original Broadway Cast Recording)

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Ghostlight
  • 発売日: 2011/06/07
  • メディア: CD



私の大好きなこの作品もパロディで茶化しまくっていました。


おそらく全部で20近くの作品を次から次へとパロディでつないで、
休憩入れて1時間半くらいだったかな。


作品を知っていればもっと笑えるとは思いますが、見ていなくても十分笑えます。


これだけ茶化されるのは、作品も俳優も名誉、と言われるパロディ作品、
今回偶然滞在時期に公演があったので迷わず見に行きましたが、
NY滞在最終日に思い切り笑って大満足の
「Forbidden Broadway Comes Out Singing」でありました。



これにてNY旅行記、ミュージカル鑑賞記、終了でございます。



後手後手記事がまだまだありますので、明日からアップしていきます。(^-^)


タグ:NY
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

NYで「ILLUMINATE」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

今回というかチケット代高騰でまともに定価で買えなくなったので
(20年前くらいに50-60ドルだった定価が今高いと300ドルくらい)
PLAYBILLというサイトの割引チケットを事前に買ってから
NYに向かうのですが、選ぶ基準としては今みないと終わってしまいそうな
そんな作品を選ぶか、人気作品でも公演期間が長くなって落ち着いてきて
割引チケットが出てきて、、なんて作品が多いです。

で、今回は今見ないと、と思って、オフの小劇場も2つ鑑賞。

その1つ目は「Illuminate」です。
R0012472.JPG 劇場
オフの劇場はマンハッタンの劇場街ではない全然違うところが多いのですが、
このNew World Stageという小劇場(小さい劇場が5つ入っている)は
劇場街の中にあって、ホテルからも歩いていけて便利。

R0012473.JPG 色々やっています 
R0012475.JPGモダンです
R0012484.JPG 作品名が書いてあって
迷うことなくお目当ての劇場に行けます。
R0012483.JPGR0012485.JPG
R0012486.JPG
以前ここでシャボン玉のショーも見ましたが、
ステージと客席が近いのでライブ感が楽しめます。

(童心にかえれました)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2012-05-14-1

newworld4.gif比較的前の方に着席。

あらすじは一応あるというか、
Jacobという青年が作り上げたT1、T2というキャラクターと
敵対する悪のキャラクターが闘い、最後はめでたしめでたし、って感じで。
まあ、話はあってもなくてもイルミネーションがキラキラときれいだなって
思いました。

電飾も結構重そうなんですが、ヒップホップでよく動いて踊って。
休憩なし、1時間くらいで終了しましたが、目に楽しい作品。

(写真イメージはこちら)→ http://www.broadway.com/shows/iluminate/photos/




終了後は出演者が舞台に出てきてご挨拶。(ここから撮影可)R0012478.JPG
R0012481.JPG 重そう

並べばダンサーと写真が撮れましたがブルーマンほどの萌えがなく
そのまま劇場を後にしましたが、音楽とカラフルな電飾のパフォーマンスで
楽しめた「Illuminate」でありました。



 


タグ:NY
nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

NYで「Violet」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

ミュージカル記事としては2つ目ですが、
見たのはNYについて1本目、の作品です。

「Violet」です。

42丁目の一番賑やかなところにあるはずの劇場が、
あんまり他がギラギラしていて見つからず、2往復目に歩いていて、
R0012164.JPG やっと発見
R0012165.JPG 地味で。。。

ここの劇場って以前からあったかわからないのですが、
とにかく大通りなのに目立たない感じで。(-_-;)

58F42291C22C4253A54EE10D8F7997B9.gif 割引チケットなので端っこ
小さめの劇場です。端っこですがかなり舞台が近くてラッキー。

で、1997年初演のリバイバル作品は1時間45分、
インターミッションなしの通し公演でした。

あらすじは、地味っていえば地味で、

幼いころ、父の持っていた斧の刃が飛んで顔に当たってしまい、
大きな傷を負ったまま大きくなったViolet。
(主人公を演じるサットン・フォスターのメイクは普通で、
 観客が各々そういう顔を想像しながら鑑賞します)

そのことで心にも傷を持ったまま引きこもっていたViolet、
顔の傷をヒーリングの方法でなおしてくれると聞いて
そのなおしてくれるという神父に会うためにバスで移動します。

そこで、様々な人と出会い、特に2人の兵士とは恋模様もあったりして、
Violetの心が癒されていく、、、って感じのお話しです。 



ミュージカルといっても、サットン・フォスターのこれまでの歌って踊ってとは
全く趣が異なり、地味なメイクに歌と演技だけで綴っていく様子を見て、
彼女も今までのイメージからの脱皮を図ろうと挑戦しているように思えました。


元々期間限定での公演で私がみた2か月あとくらいにはクローズでしたが、
目立たぬ劇場に派手さがなくて目立たぬ作品のようにも見えつつ、
偶然これを見つけて鑑賞できたのは大きな収穫でした。

自分が中年だからこういう話がジンと染みるのかもしれませんが、
ブロードウェイも本当に色々な作品があるんだな、としみじみ思った
「Violet」でありました。


nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

NYで「Bullets Over Broadway」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

NY旅行記を無事アップし終えたのですが、
せっかくなので、現地で見たミュージカル記事。(引き悪いんだけど)
4本みたので、今日から4日間はミュージカル記事です!

下書きした順番にアップしていくので時系列ではなく、
今回は3本目に見た「Bullets Over Broadway」。
邦題だと「ブロードウェイと銃弾」。



(帰国してから見て記事アップ済みです)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2014-07-04-1


ウディ・アレンの映画の舞台版です。

R0012514.JPGR0012515.JPG 劇場街 R0012516.JPGSt.James 劇場
この劇場、以前、

プロデューサーズ コレクターズ・エディション [DVD]

プロデューサーズ コレクターズ・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD

この舞台版がロングランされていた劇場ですが、
洗手間がいまいちなのと座席が超狭いのと冷房効きすぎってのが難点。

で、今回は定価高騰でとてもオーケストラ席には手が出ず、
割引チケットで2階後方席を手配していたのですが、
StJamesTheater.gifここ。
席に案内してくれる女性が、座席番号気にせず前に詰めて座ってください、
と前方前方に行くように誘導。

おそらく2階の前方席が高くて売れなかったからだと思うのですが、
結局2階席の前から6列目の右端に着席。

隣はインド系の若いカップル。。。
これがねえ、、ひどかったんですよ。
足組んでぶつけてくるは、チョコぼりぼり食うは。

で、20時の定刻5分過ぎくらいに開幕。

一幕が1時間15分、二幕が55分、最近の作品にしては長めです。

で、あらすじは、
(ウィキ読んでください)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%81%A8%E9%8A%83%E5%BC%BE

映画の良さをうまく生かしてライブの舞台に仕立てた感じで、
歌に踊りにこれぞミュージカルの醍醐味、、なのですが、
わき役に好きな女優さん(Karen Ziemba)が出ていて
個人的にかなり盛り上がりましたが、他の俳優さんは存じませんで、
ただ、知らないから逆に普通に楽しめた感じもありました。

って、隣のインド人が鬱陶しくて集中できなかったんだけど。(V)o¥o(V)

曲がオリジナルでなかったのと、振り付けがスーザン・ストローマンなので
あれ、どこかで見たような、、、デジャブ感はありますが、
トニー賞が取れず意外に短く公演終了になってしまったものの、
ミュージカル観たぞ!的な満足感たっぷりの
「Bullets Over Broadway」でありました。


タグ:NY
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NYでブルーマン♪ [舞台・ミュージカル・アート]

ミュージカル観賞記、これが最後です。

って、お馴染みブルーマンです。(^_^)

RIMG7598.JPG 外の看板がきれいになっていました。

RIMG7599.JPG 劇場入り口もきれいなっていたのですが、
驚いたのは洗手間も以前に比べて格段にきれいになっていたこと。

sch_F03_1044032557.gif 今回はかなり後ろ。(-_-)

Limite View Seatということで舞台が一部見えない席。。。


内容は、行く度少しずつ新しくなっているのですが、
今回は大きなポスターを観客に読ませる場面が、巨大アイフォンに変わっていて、
画面上のURLをクリックすると、ルンバに乗ったネコの動画に移動したり、、とか
こんなイメージです。(笑)

スマホの液晶画面を多用した内容に変わっていて楽しめました。


雰囲気自体は、下の動画を小劇場にギュッと詰め込んだ感じです。

残念だったのは、終演後に出口でブルーマンと写真撮影できなかったこと。

バンドメンバーはいたのですが、ブルーマンはいなくて。(;_:)

ブルーマン、、NY滞在最終日の夜に観たのですが、
写真撮影して翌日帰国、、、と思っていたので、本当に残念で、
安全上の措置なのかなんなのか、謎ですが、それが心残り。。。

とはいえ、いつもながら観客参加で大盛り上がりしたブルーマンでありました。

(おまけ)

これにてミュージカル観賞記は終了です。おつきあいいただき多謝多謝。(^_^)


タグ:NY
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

NYで「KINKY BOOTS」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

NY滞在2日目に観たのは、「KINKY BOOTS」です。

Kinky Boots

Kinky Boots

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Masterworks
  • 発売日: 2013/05/28
  • メディア: CD



RIMG7298.JPG AL HIRSCHFELD THEATREです。
この劇場で上演される作品はロングランにならない、とよく言われる劇場なのですが、
とりあえず今(2014.8)の時点ではまだ上演されている人気作品です。

RIMG7299.JPG 売り切れ
昨年のTONY賞で作品賞をとっていたので、その数か月後、しかも夏休みシーズン、
となれば、私のようなミーハーが観に来る訳ですね。

ED06C613F4224AD98830D84D8F154761.gif 大枚はたいて定価でこの席。(-.-)

まあ、買えただけでもラッキーだと思いたい。。。
RIMG7301.JPG 売店の様子
RIMG7302.JPG 舞台。

RIMG7303.JPG 靴工場が舞台

案内係が珍しく超雑で、普通だとこの列の何番目の席、とか案内してくれるのに、
チケット見せたら「あ、あっちの席」って感じでしか案内してくれなかったという。(V)o¥o(V)
やる気だせよ、って心中イラついきました。。 

場内は白人多め、ゲイカップルちょこちょこって感じです。

 




 

キンキー・ブーツ [DVD]

キンキー・ブーツ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD




この作品、映画のミュージカル化ですが、フルモンティのミュージカル版とは異なり、
舞台はイギリスのままで描かれていたので出てくる人も無理矢理イギリス英語って感じでした。
(フルモンティはアメリカのバッファローという土地にアレンジされていた)

私はもともと映画が好きだったので、ミュージカル版にも興味がありましたが、
映画版と違う!みたいな違和感もあまりなく、とても楽しく観終わりました。

(映画鑑賞記事)→  http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2006-09-11


老舗靴メーカーの息子チャーリーが、会社倒産の危機を救うために
ドラッグクイーン用のブーツを作る、のですが、反対する社員達との軋轢、
ドラッグクイーンのローラとの心の触れ合い、、、みたいな中、
ブーツが完成し、最後はめでたしめでたし、、、という話なので安心して観られます。
(というかミュージカルはハッピーに終わるのが定番ですからね)

あらすじは分かっていて安心なので、
心置きなく沢山出てくるドラッグクイーン(お釜ちゃん)たちに萌え萌えしました。(^_^)

音楽もシンディ・ローパーが担当しているので非常にポップでキャッチー、
覚えやすいっていうのもありますし(動画観てね)ロングランしそうな作品です。

最後は皆立ち上がって拍手して一緒に歌って、、みたいな感じでしたが、
隣のおばちゃんは感激しすぎたのか泣きながら歌っていました。(^_^)

というわけで、映画を観てから行くと更に面白い作品です。
私も映画を思い出しながら観ていましたが、とにかく楽しくてジンときて、
踊りも音楽も楽しめる、これぞミュージカル、的な作品「KINKY BOOTS」でありました。


タグ:NY
nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇
前の10件 | - 舞台・ミュージカル・アート ブログトップ
メッセージを送る