So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「バーニー・トムソンの殺人日記」を観る [映画④]

お久しぶりのロバート・カーライル作品を観に新宿のシネマカリテに行きました。
シネマカリテが選んだ作品を期間限定で公開する、カリシネという企画のときに
特にそんなことも知らずにいってみたら、場内満席。



The Legend of Barney Thomson [DVD] by Robert Carlyle

The Legend of Barney Thomson [DVD] by Robert Carlyle

  • 出版社/メーカー:
  • 発売日: 2015/11/16
  • メディア: DVD
バーニートムソン.jpg 日本公開時のポスター

あらすじはYahoo!映画さんより。

グラスゴーの床屋に勤務する中年の理髪師
バーニー・トムソン(ロバート・カーライル)は、

店のオーナーを誤って殺してしまう。
動転した彼は母親(エマ・トンプソン)に相談すると
「冷凍庫に入れておけ」と言われる。

指示通りに死体を冷凍庫に運ぶと、すでに別の死体が入っていた。
バーニーは、その後偶発的な殺人を繰り返し……。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



黒すぎて笑える。


人生スイッチ [DVD]

人生スイッチ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD
以前、このアルゼンチン映画がブラック過ぎて笑えなかったのですが、

今作は違う意味でブラックというか黒過ぎて最初から最後まで笑えました。


主役のロバート・カーライル監督作品で、
ここまで偶発的な事件が続いて泥沼化していく展開が
個人的には完全にツボ。(^-^)


突っ込みどころは結構あるんですが、それでも笑えます。


偶発的に殺してしまう場面、え、そのくらいでんじゃうの?と驚きつつ、
打ちどころとか、刺されどころが悪かったのね、と思わないと、話が先に進まない。



とにかく、

エマ・トンプソン!


主人公のバーニーの母親を演じるエマ・トンプソン、
バーニーを演じるロバート・カーライルとさほど歳が変わらないはずなのに、
すっかり老婆に見えてしまい、最初誰だかわかりませんでした。(笑)
主人公を食ってしまうほどの彼女のジャンキーすぎる演技に、
ただただ笑いが止まらず、殺した人をどうしたらきれいに処分できるのかな、
という素朴な疑問にも答えてもらわなくていいと思ったくらい。(笑)


映画の舞台のグラスゴー訛りが分かりづらいのに、
満席の前列のお兄さんが前のめりに見ていたので(これ通常out)
映像下部の字幕が見えづらくて集中をちょっと削がれたのもありますが、
粗い展開(演出)でも、笑い続けながらみられた
「バーニー・トムソンの殺人日記」でありました。


(相変わらず邦題はひどい!原題はThe Legend of Barney Thomson)




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ラブ・パンチ」を観る [映画④]

好きなティモシー・スポールで検索して出てきた作品。

LOVE PUNCH

LOVE PUNCH

  • 出版社/メーカー: Ketchup Entertainment
  • 発売日: 2014
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。


会社を経営するリチャード(ピアース・ブロスナン)は、
ある企業の誘いで会社をバイアウトしていたが、
定年を迎える日にそれが詐欺だったことが判明。
会社は倒産に見舞われ、退職金や年金も手にできないことに。
一文無しになったリチャードは元妻ケイト(エマ・トンプソン)と共に、
悪徳企業の存在を突き止め、お金を取り戻そうとするが……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


古典映画。(^-^;


M&A詐欺で会社の株が紙屑って一体どういう設定なのかと思ったのですが
(そういう詐欺があるのかよく分かりませんが)
まあ、自分たちの株や年金を守るために元奥さんと立ち上がる男、
それが元007のピアース・ブロスナンなので、それなりにスパイ映画ぽい雰囲気も。

私自身は、ティモシー・スポールが見たくて借りた作品ですが、
彼はエマ・ワトソン、ピアース・ブロスナン演じる元夫婦の友人を演じていて、
彼の役柄が元秘密工作員ぽい設定で、それがユルユルに効く面白さ。(笑)

設定からみれば、最後はよりを戻すんだろう、とわかるので、
それに向かってみるのですが、イギリス人がテキサス人に変身、とか、
アレルギーでくしゃみして、隠れていたのがばれるなどの古典的で、
まあ、それもレンタル十分な作品だと思いました。(笑)

邦題ひどいと思ったら、原題をそのままカタカナ表記したのも分かったし(笑)
まあ、まとめ借りしたときに集中しないでも軽くみられる作品としては、
観たければ止めないです、という作品「ラブ・パンチ」でありました。




nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ヘイトフル・エイト」を観る [映画④]

タランティーノ監督作品なのに見ていなかったことに気づき借りました。

Hateful Eight [Blu-ray] [Import]

Hateful Eight [Blu-ray] [Import]

  • 出版社/メーカー: Twc
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

雪が降りしきる中で馬を失った賞金稼ぎマーキス(サミュエル・L・ジャクソン)は、
同じ稼業であるジョン(カート・ラッセル)と
彼が捕らえたデイジー(ジェニファー・ジェイソン・リー)を乗せた駅馬車に同乗する。
途中で保安官を名乗るクリス(ウォルトン・ゴギンズ)を拾った馬車は、
猛吹雪から避難するためにミニーの紳士洋品店へ。
メキシコ人の店番ボブ(デミアン・ビチル)や
怪しげな絞首刑執行人オズワルド(ティム・ロス)などの存在にジョンが
強い警戒心を抱く中で、事件が起こる。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


長い。( 一一)



3時間弱あるんですが、前半1時間半くらい、まじで寝てしまいそうでした。(笑)



タランティーノ作品というと長尺であってもテンポの良さ、
下品に笑わせて後半まで勢いよく展開していくイメージなのですが、
とにかく前半がだらだらした感じが否めず、見るの止めちゃおうかと思うくらい。

ただ、登場人物がそれぞれどんな人たちか描くのが丁寧というか、
猛吹雪の中、室内で展開する人間ドラマ的なものが長くて、
後半から、時間軸が行ったり来たり、、そのうち、やっと事情が分かってきて、
ああ、タランティーノらしい作品になってきたと思ってからはあっという間。


とはいえ、唯一がっかりしたのは、


サミュエル・L・ジャクソンが
意外に最後まで生きてたこと。



あんな大変な事態になって、なぜ大量出血で死なないのか、
なぜ、途中から呻きもしないで敵を撃ちまくれるのはなぜだという疑問。
ま、一応主役だからね。(笑)


グロテスクな場面が多く、人種差別のセリフだらけで
(まんべんなく差別しているので不公平感はないんだけど(笑))
そういうのが苦手な人には全くおススメしませんが、
タランティーノ作品だから、という気持ちで見られる人には、
前半を我慢しながら見てほしい、「ヘイトフル・エイト」でありました。








nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「しあわせな人生の選択」を観る [映画④]

予告編を見て気になっていた作品。

ヒューマントラストシネマ有楽町で鑑賞しました。


truman.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。


カナダ在住のトマス(ハビエル・カマラ)は、
付き合いの長い友人フリアン(リカルド・ダリン)のいとこパウラ(ドロレス・フォンシ)から、
フリアンが肺がんで余命いくばくもないと知らされる。
トマスはスペインで暮らすフリアンを訪ねるが、
彼はすでにがん治療をやめて静かに死を迎えようとしていた。
フリアンは、トマスの説教を警戒して何とか追い返そうとするが……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


邦題が酷すぎる(V)o¥o(V)


配給会社がどうしてこうもあちこちで酷い邦題を付けるのか謎ですが、
これも原題は“Truman”。主人公フリアンが飼っている老犬の名前です。


このTrumanがフリアンとトマス、2人の男の友情にかかわって展開していく映画です。
ドラマチックな激しい展開もないままに2人の再会から別れへと静かに進んでいく中で、
この老犬Trumanが2人にとって大事な役割を果たしていく、それがタイトルなのに。


自分も余命短いと言われたときに化学療法などの治療を続けるか、
それとも短い時間を治療でないことに使って世を去るか、
フリアンはちょっと身勝手にも見えたのですが(トマスの厚意に甘えすぎ)
互いを大事に思う長年の友情から自然に漂う空気感がなんともいえず、
もう二度と会うことがないと分かっていながら静かに分かれていく2人に
ジンとした気持ちで見終わりました。


フリアンを演じているリカルド・ダリン、どこかで見たことがあると思ったら、

人生スイッチ [DVD]

人生スイッチ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD
ブラック過ぎて笑うに笑えなかったアルゼンチン映画に出ていた人だと気づき。
(唯一理解できた、ビル爆破職人の役柄を演じていた)


と、映画自体は派手な展開もなく、静かに進んで非常に心に響く映画だったのですが、
100人くらいは入れるかどうかのミニシアターで、2つ席を空けて右隣のおっさんは、
冒頭から大きな寝息をたてて爆睡、しかもワイシャツの胸ポケットに入れたスマホが
蛍のようにちかちかとくらい場内で光り続けて迷惑だったのに加え、
2つ席を空けて左隣の中年カップルはフルボトルワインを持ち込み、
映画が始まって静かなときにスクリューキャップをクルクルと音を立てて開けて、
映画が終わるころまで何度もクルクルと栓を開けてはどぼどぼワインを注いで飲み続け、
もう酒臭くて酒臭くて。。。おまけに2人で映画の内容について話すのでウルサイし。

持ち込み禁止でない映画館なのでワインがダメとはいいませんが、
フルボトルで持ち込む感覚が私にはアンビリバボーでした。

と、他の観客に(V)o¥o(V)でしたが、映画自体は邦題の酷さを除けば☆4つ。


自分の命をどう終えるか、そのとき一番親しい友人にどう接するか、
そんなことを色々と考えながら見終わった「しあわせな人生の選択」でありました。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「シンプル・シモン」を観る [映画④]

田端のミニシアターで見た北欧映画です。 


【Amazon.co.jp限定】シンプル・シモン(ポストカード付) [DVD]

【Amazon.co.jp限定】シンプル・シモン(ポストカード付) [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD

あらすじはYahoo!映画さんより。


気に触ることがあると、ロケットに見立てたドラム缶にこもって、
宇宙へと飛び立つ想像にふけるアスペルガー症候群のシモン(ビル・スカルスガルド)。
そんなシモンを理解する兄のサム(マルティン・ヴァルストロム)は、
恋人フリーダ(ソフィ・ハミルトン)と暮らす新居に彼を迎え入れて共同生活を送ることに。
しかし、遠慮せずに自分の生活ペースを事細かく守ろうとするシモンに
嫌気が差したフリーダが出ていってしまう。落ち込むサムの姿に心を痛めたシモンは、
彼にぴったりでパーフェクトな恋人を探し出そうとする。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アスペルガー症候群というと、身近で経験はないのですが、

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: DVD
以前みたこの映画で、アスペルガー症候群についてぼんやり認識していましたが、
人とのコミュニケ―ションが難しい主人公が彼なりに大好きな人のために
がんばろうとする姿には微笑ましい気持ちになりました。


両親がシモンに対して何の影響力ももたない、という設定、と、
兄のサムの恋人フリーダが長らく付き合っていたにも関わらず、
シモンとの同居でアッという間に去っていく、、そのあたりはちょっと理解が
難しいと思ったのですが、そこは映画なので演出上は仕方ないのかな。


おそらく、日常、身内でこの病気の家族と暮らす人には
こういう楽しいことばかりではなく、ご苦労も多いことと思います。
本人は全然そういう気はないものの、周囲はその行動に驚かされ、
振り回されてしまうという、、そんな雰囲気が映画ではマイルドなのかな、
と思いました。

シモンがサムの彼女をつくろうと彼なりに頑張る姿は好感もてますし、
候補で選んだイェニファー(英語読みはジェニファー)が人間臭くて
私自身は一番好きだったのですが、結局はサムではなく、彼女はシモンに興味をもって
ほんわかした雰囲気で映画は終わります。


思ったように終わらない感じも逆によかったりして、
病気についての認識を持ちつつ、ちょっと笑いながらも病気のことを考えながら、
フィクションの世界ながら主人公を応援したくなる「シンプル・シモン」でありました。


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ヒッチコック」を観る [映画④]

おそらく、ヘレン・ミレンが出ているからという理由で借りたと
思われる作品です。

ヒッチコック [Blu-ray]

ヒッチコック [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



あらすじはYahoo!映画さんより。

1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かった
アルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、
後にサスペンス映画の金字塔と称される『サイコ』の製作に着手。
しかし独創的かつ奇抜であるがゆえに資金繰りは難航し、
数々の困難に見舞われてしまう。
さらに、常に彼を支え続けてきた最大の理解者である妻アルマ(ヘレン・ミレン)
との関係までほころびが生じてきて……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


奥さん強い。(笑)



ヒッチコック作品って怖いのが多いと思って、

鳥 [Blu-ray]

鳥 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

裏窓 (Rear Window)[Blu-ray]

裏窓 (Rear Window)[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray


この作品しか見たことないんですが、実は。


怖いのがダメで、あまり見たことがないんです、ヒッチコック。

最初に見たのが裏窓で、これはドキドキするもののグレースケリーの美しさもあって
ああこういう展開なんだって思ったのが高校生の頃。

その後、鳥を観たら、夢に見そうでそれっきり。。

ミステリーの名監督ってわかっていながら心臓バクバクなシーンが多いと想像し、
その後他の作品を観ることなく、なぜかこの映画を見てしまったという。(笑)


ヒッチコックというとモナコのレーニエ公と結婚したグレースケリーを訪ねる場面で、

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [DVD]

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD

そっくりさんが出てきて、おぉ似てるわぁ、って思ったのですが、
だからといってドキドキしたくなくてヒッチコック作品をその後借りることもなく。

今作は、自分のやりたいことを収益考えずやろうとするヒッチコックに対して、
製作する限りは収益を上げる、予算がなければ工夫する、そういう姿勢で、
ダンナを支える奥さんを主軸に描いている作品かと思いました。

奥さん、ヘレンミレンが演じてたし。ある意味主役かと。(笑)

創作活動に没頭するからこそ上質のミステリーを作ったヒッチコック、
その陰に奥さんあり、と思うと、怖いけれど、サイコ、、見て観ようかな、と
思った「ヒッチコック」でありました。

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「サニー 永遠の仲間たち」を観る [映画④]

久しぶりに韓国映画を借りてみました。



サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray

サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




あらすじはYahoo!映画さんより。


ナミ(ユ・ホジョン)は夫と高校生の娘に恵まれ、
主婦として平凡だが幸福な毎日を送っていた。
そんなある日、彼女は母の入院先の病院で高校時代の親友チュナ(チン・ヒギョン)と
思わぬ再会を果たす。
25年ぶりに再会した友人はガンに侵され、余命2か月と宣告されていた。
チュナの最後の願いはかつての仲間たちと会うことだった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


良かったけれど。(-_-;)


突っ込みどころもあるかな、と思った映画でした。


女の友情はわかる。

いろんな性格のメンバーでグループが構成されて、
いろんな出来事を一緒に経験して友情の絆が強まって、
何があってもお互いを助け合おう誓う。。

その後、それぞれが違う人生を歩んでいく中で、
リーダー格のチュナが余命あとわずかというところで、
メンバーが再会する。

というあらすじは良いと思うし、全員が揃うまで色々と大変だったものの、
最後に全員揃って、、このあたりの件は観ていてジーンとしましたが、
なんとなくね、お金で解決じゃないんですが、ちょっと公私混同的な
そんな感じもしたりして、もちろん困ったときは助け合う、という
グループの約束をチュナが守る展開が分かるんだけれど、お金があるからだよね、
なんとなくわかるんだけどもやっとした感じも残りました。


タイマンはったり、シンナーでらりったり、、ああ時代だなって思うのと、


怪しい彼女 [DVD]

怪しい彼女 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


 ナミの若い頃を演じていたシム・ウンギョンが怪しい彼女で気に入った人で
若い頃の回顧シーンで彼女を見ているのが結構面白かったかな。

田舎からソウルに引っ越してきて学校で訛りを気にするシーンなどは
彼女をキャスティングしたのは正解と思いました。


女子高出身の中年女性だとわかるわかる的な部分が多いかもしれないのですが、
私自身はわかる部分といまいち理解できない部分が混在していて、
ウルっとしながら違和感も残ってしまった「サニー 永遠の仲間たち」でありました。





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「戦場のメリークリスマス」を観る [映画④]

デヴィッド・ボウイ大回顧展に行って久しぶりに見たくなり、
DVDを借りました。



戦場のメリークリスマス [DVD]

戦場のメリークリスマス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



第二次世界大戦下のジャワ山中の日本軍捕虜収容所を舞台に、
極限状態におかれた男たちの心の交流を描いた人間ドラマ。
「愛のコリーダ」の大島渚監督が、
デヴィッド・ボウイ、ビートたけし、坂本龍一といった異色のキャストで撮り上げた話題作。
1942年。ジャワ山中の日本軍捕虜収容所。
そこには単純で粗暴な軍曹ハラと日本語が流暢な英国軍中佐ロレンス、
そして収容所長のヨイノ大尉がいた。
そこへある日、英国軍少佐セリアズが連れてこられた……。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



うむ。



戦時の敵対する2国の兵士たち、収容する側と収容される側、
平時であれば友好な関係が築けたかもしれないものの、
そうはいかない、互いに素直に心を開けない中で、
それでも理解しようとしているような、、印象を受けました。

映画の公開時、私は高校生。

自宅から1時間以上かけて映画館に何度も見に行った作品ですが、
それから30年以上経ってみると、教授のメイクがYMOだわ、とか、
ロケンロール内田裕也が妙に目立っているわ、などなど、
本筋と関係ないところが気になってしまったのもありますが、
精神的に異常な状態が続く中での様子を描いていくのを観ていて、
単純にボウイ様の悲しい最期に涙していた高校生の私から、
戦後に(とりあえず)平和な日本と、戦争が行われている世界のどこか、
そんな対比をしながら、平和であることの有難さを感じながら
今回は観られました。


といっても、ボウイ様の最期のシーンはやっぱり泣いてしまいましたが。。


教授のメイク、どこか同性愛の香り漂う演出には今の中年の私には
ちょっと引っ掛かってしまう感じもありましたが、
他の戦争映画とはどこか一線を画しているのは大島作品だからなのかな、
と思いつつ、何年かに一度は見続けていきたいと思った
「戦争のメリークリスマス」でありました。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ラビリンス」を観る [映画④]

デヴィッド・ボウイ出演というだけで借りました。



ラビリンス 魔王の迷宮 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

ラビリンス 魔王の迷宮 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




内容はYahoo!映画さんより。


幼い弟の子守をしていた少女サラ。泣き続ける弟に腹をたてたサラは、
こんな弟なんかいらない、と叫んでしまう。
その声を聞いたゴブリンの王ジャレスは、サラの希望通り、赤ん坊を連れ去った。
サラはあわてて、ジャレスの居る妖精界の城へ、弟を取り戻す冒険に旅立つ……。
D・ボウイの歌に乗せておくる、ミュージカル風メルヘン。
妖精界の生物はジム・ヘンソンによるマペット。


---------------------------------------------------------------------------------------


あれ?面白い。



大学生の頃、映画館まで観に行ったときは面白くなくて、
あーあ、ボウイ様もこんな役やっちゃってもー、と思っていたのですが、
30年経って見直したら面白かったという。(笑)



ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]

ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



ロード・オブ・ザ・リング 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

ロード・オブ・ザ・リング 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


こういうファンタジー系を今作以降に見てハマったのと、
自分が年食ったから面白いと思えるのかな、、、って思いました。


ボウイ様も美しいのですが、ジェニファー・コネリー(懐)がかわいらしくて、
ああ頑張ってラビリンスを抜けて弟を助け出して!ずっとそんな気持ちで
応援しながら見ておりました。(親戚のおばちゃん気分だったのはナイショ)


物語としてはシンプルで
(弟を探しに迷路に入り、頑張って脱出、無事救出、めでたしめでたし)
ハッピーエンドになるから、と安心して見ていられるので、
ファンタジーな世界をボウイ様の音楽とともに楽しめます。


臭い沼、だけは勘弁してね、って思いましたが。( 一一)


ボウイ様が昨年亡くなって、、出演作を探して借りた一本ですが、
昔の思い出が良い意味で裏切られて上書きされたので、
たまにはボウイ様を拝みながら鑑賞したいと思った「ラビリンス」でありました。



nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「おとなの恋の測り方」を観る [映画④]

何度も予告編を見ていて刷り込まれた感じで見に行った作品です。


おとなの恋の測り方.jpg 


あらすじはYahoo!映画さんより。


浮気性な夫と離婚して3年が経過したものの、いまだ仕事上のパートナーである彼と
衝突を繰り返す弁護士のディアーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)。
ある日、アレクサンドル(ジャン・デュジャルダン)から
彼女がレストランに置き忘れた携帯電話を拾ったという連絡が入る。
優しげな声と知的でユーモラスな話し方にディアーヌは、
新たな恋を見つけられるかもしれないと期待を抱いて携帯電話を受け取りにいく。
だが、アレクサンドルはハンサムだったが自分より身長が低く……。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まあ酷い邦題。。。(笑)


人間、中身で勝負。


と分かっているけれど、やっぱり見た目で判断しがちなのが人間。
(外見きれいだけど性格悪い奴より、外見いまいちでも性格いい人)


136㌢だと、私もかかとのある靴を履いたらちょっと見下ろしちゃう。


映画の中のアレクサンドルは明るく振舞いながら、
自分の背が低いことを心の中ではやはり悩んでいる、やっぱり人間だもの。


アレクサンドルを演じるジャン・デュジャルダンって、
アーティスト [DVD]

アーティスト [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD
この人だったのね、、見終わった後知って(@_@)。

この人がCGなのか特殊撮影なのか、で、小さく見える、
アップのときと、全身映っているときと、体のバランスみたいなものが、
あれ???って思えたりしたのですが、きっとそれは目の錯覚。(笑)


フランスというと、新しい大統領の奥さんが熟女だったり、
恋愛は自由な国なんだなって思っていましたが、
ついつい他人の目を気にしてしまう、、
主人公のディアーヌの白馬の王子を信じる気持ちも
わかるわかるわかるー、と見ていて思ったりしたのですが、
白馬の王子、いないからね。(笑)


ハリウッド映画ではないものの、この手の映画はハッピーエンドだろう、
と思いながらみているので安心なのですが、どういう展開になるのかと思ったら、
なかなかやるねぇ、、という展開で一安心。


以前、ブラジルに出張で行ったとき、現地でお世話になった日系三世の女性が、
チビ、デブなどはブラジルでは個性、と言い切っていたのを思い出しながら、
作品を観ておりましたが、自分も太ったおばさんになった現実を振り返り、
これも個性なんだし、人の外見だけで判断するのはよろしくないな、と
しみじみ思った「おとなの恋の測り方」でありました。





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る