So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「シンプル・シモン」を観る [映画④]

田端のミニシアターで見た北欧映画です。 


【Amazon.co.jp限定】シンプル・シモン(ポストカード付) [DVD]

【Amazon.co.jp限定】シンプル・シモン(ポストカード付) [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD

あらすじはYahoo!映画さんより。


気に触ることがあると、ロケットに見立てたドラム缶にこもって、
宇宙へと飛び立つ想像にふけるアスペルガー症候群のシモン(ビル・スカルスガルド)。
そんなシモンを理解する兄のサム(マルティン・ヴァルストロム)は、
恋人フリーダ(ソフィ・ハミルトン)と暮らす新居に彼を迎え入れて共同生活を送ることに。
しかし、遠慮せずに自分の生活ペースを事細かく守ろうとするシモンに
嫌気が差したフリーダが出ていってしまう。落ち込むサムの姿に心を痛めたシモンは、
彼にぴったりでパーフェクトな恋人を探し出そうとする。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


アスペルガー症候群というと、身近で経験はないのですが、

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: DVD
以前みたこの映画で、アスペルガー症候群についてぼんやり認識していましたが、
人とのコミュニケ―ションが難しい主人公が彼なりに大好きな人のために
がんばろうとする姿には微笑ましい気持ちになりました。


両親がシモンに対して何の影響力ももたない、という設定、と、
兄のサムの恋人フリーダが長らく付き合っていたにも関わらず、
シモンとの同居でアッという間に去っていく、、そのあたりはちょっと理解が
難しいと思ったのですが、そこは映画なので演出上は仕方ないのかな。


おそらく、日常、身内でこの病気の家族と暮らす人には
こういう楽しいことばかりではなく、ご苦労も多いことと思います。
本人は全然そういう気はないものの、周囲はその行動に驚かされ、
振り回されてしまうという、、そんな雰囲気が映画ではマイルドなのかな、
と思いました。

シモンがサムの彼女をつくろうと彼なりに頑張る姿は好感もてますし、
候補で選んだイェニファー(英語読みはジェニファー)が人間臭くて
私自身は一番好きだったのですが、結局はサムではなく、彼女はシモンに興味をもって
ほんわかした雰囲気で映画は終わります。


思ったように終わらない感じも逆によかったりして、
病気についての認識を持ちつつ、ちょっと笑いながらも病気のことを考えながら、
フィクションの世界ながら主人公を応援したくなる「シンプル・シモン」でありました。


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ヒッチコック」を観る [映画④]

おそらく、ヘレン・ミレンが出ているからという理由で借りたと
思われる作品です。

ヒッチコック [Blu-ray]

ヒッチコック [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



あらすじはYahoo!映画さんより。

1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かった
アルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、
後にサスペンス映画の金字塔と称される『サイコ』の製作に着手。
しかし独創的かつ奇抜であるがゆえに資金繰りは難航し、
数々の困難に見舞われてしまう。
さらに、常に彼を支え続けてきた最大の理解者である妻アルマ(ヘレン・ミレン)
との関係までほころびが生じてきて……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


奥さん強い。(笑)



ヒッチコック作品って怖いのが多いと思って、

鳥 [Blu-ray]

鳥 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: Blu-ray

裏窓 (Rear Window)[Blu-ray]

裏窓 (Rear Window)[Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray


この作品しか見たことないんですが、実は。


怖いのがダメで、あまり見たことがないんです、ヒッチコック。

最初に見たのが裏窓で、これはドキドキするもののグレースケリーの美しさもあって
ああこういう展開なんだって思ったのが高校生の頃。

その後、鳥を観たら、夢に見そうでそれっきり。。

ミステリーの名監督ってわかっていながら心臓バクバクなシーンが多いと想像し、
その後他の作品を観ることなく、なぜかこの映画を見てしまったという。(笑)


ヒッチコックというとモナコのレーニエ公と結婚したグレースケリーを訪ねる場面で、

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [DVD]

グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD

そっくりさんが出てきて、おぉ似てるわぁ、って思ったのですが、
だからといってドキドキしたくなくてヒッチコック作品をその後借りることもなく。

今作は、自分のやりたいことを収益考えずやろうとするヒッチコックに対して、
製作する限りは収益を上げる、予算がなければ工夫する、そういう姿勢で、
ダンナを支える奥さんを主軸に描いている作品かと思いました。

奥さん、ヘレンミレンが演じてたし。ある意味主役かと。(笑)

創作活動に没頭するからこそ上質のミステリーを作ったヒッチコック、
その陰に奥さんあり、と思うと、怖いけれど、サイコ、、見て観ようかな、と
思った「ヒッチコック」でありました。

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「サニー 永遠の仲間たち」を観る [映画④]

久しぶりに韓国映画を借りてみました。



サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray

サニー 永遠の仲間たち デラックス・エディション Blu-ray

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




あらすじはYahoo!映画さんより。


ナミ(ユ・ホジョン)は夫と高校生の娘に恵まれ、
主婦として平凡だが幸福な毎日を送っていた。
そんなある日、彼女は母の入院先の病院で高校時代の親友チュナ(チン・ヒギョン)と
思わぬ再会を果たす。
25年ぶりに再会した友人はガンに侵され、余命2か月と宣告されていた。
チュナの最後の願いはかつての仲間たちと会うことだった。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


良かったけれど。(-_-;)


突っ込みどころもあるかな、と思った映画でした。


女の友情はわかる。

いろんな性格のメンバーでグループが構成されて、
いろんな出来事を一緒に経験して友情の絆が強まって、
何があってもお互いを助け合おう誓う。。

その後、それぞれが違う人生を歩んでいく中で、
リーダー格のチュナが余命あとわずかというところで、
メンバーが再会する。

というあらすじは良いと思うし、全員が揃うまで色々と大変だったものの、
最後に全員揃って、、このあたりの件は観ていてジーンとしましたが、
なんとなくね、お金で解決じゃないんですが、ちょっと公私混同的な
そんな感じもしたりして、もちろん困ったときは助け合う、という
グループの約束をチュナが守る展開が分かるんだけれど、お金があるからだよね、
なんとなくわかるんだけどもやっとした感じも残りました。


タイマンはったり、シンナーでらりったり、、ああ時代だなって思うのと、


怪しい彼女 [DVD]

怪しい彼女 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


 ナミの若い頃を演じていたシム・ウンギョンが怪しい彼女で気に入った人で
若い頃の回顧シーンで彼女を見ているのが結構面白かったかな。

田舎からソウルに引っ越してきて学校で訛りを気にするシーンなどは
彼女をキャスティングしたのは正解と思いました。


女子高出身の中年女性だとわかるわかる的な部分が多いかもしれないのですが、
私自身はわかる部分といまいち理解できない部分が混在していて、
ウルっとしながら違和感も残ってしまった「サニー 永遠の仲間たち」でありました。





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「戦場のメリークリスマス」を観る [映画④]

デヴィッド・ボウイ大回顧展に行って久しぶりに見たくなり、
DVDを借りました。



戦場のメリークリスマス [DVD]

戦場のメリークリスマス [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD



第二次世界大戦下のジャワ山中の日本軍捕虜収容所を舞台に、
極限状態におかれた男たちの心の交流を描いた人間ドラマ。
「愛のコリーダ」の大島渚監督が、
デヴィッド・ボウイ、ビートたけし、坂本龍一といった異色のキャストで撮り上げた話題作。
1942年。ジャワ山中の日本軍捕虜収容所。
そこには単純で粗暴な軍曹ハラと日本語が流暢な英国軍中佐ロレンス、
そして収容所長のヨイノ大尉がいた。
そこへある日、英国軍少佐セリアズが連れてこられた……。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



うむ。



戦時の敵対する2国の兵士たち、収容する側と収容される側、
平時であれば友好な関係が築けたかもしれないものの、
そうはいかない、互いに素直に心を開けない中で、
それでも理解しようとしているような、、印象を受けました。

映画の公開時、私は高校生。

自宅から1時間以上かけて映画館に何度も見に行った作品ですが、
それから30年以上経ってみると、教授のメイクがYMOだわ、とか、
ロケンロール内田裕也が妙に目立っているわ、などなど、
本筋と関係ないところが気になってしまったのもありますが、
精神的に異常な状態が続く中での様子を描いていくのを観ていて、
単純にボウイ様の悲しい最期に涙していた高校生の私から、
戦後に(とりあえず)平和な日本と、戦争が行われている世界のどこか、
そんな対比をしながら、平和であることの有難さを感じながら
今回は観られました。


といっても、ボウイ様の最期のシーンはやっぱり泣いてしまいましたが。。


教授のメイク、どこか同性愛の香り漂う演出には今の中年の私には
ちょっと引っ掛かってしまう感じもありましたが、
他の戦争映画とはどこか一線を画しているのは大島作品だからなのかな、
と思いつつ、何年かに一度は見続けていきたいと思った
「戦争のメリークリスマス」でありました。


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ラビリンス」を観る [映画④]

デヴィッド・ボウイ出演というだけで借りました。



ラビリンス 魔王の迷宮 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

ラビリンス 魔王の迷宮 4K ULTRA HD & ブルーレイセット [4K ULTRA HD + Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




内容はYahoo!映画さんより。


幼い弟の子守をしていた少女サラ。泣き続ける弟に腹をたてたサラは、
こんな弟なんかいらない、と叫んでしまう。
その声を聞いたゴブリンの王ジャレスは、サラの希望通り、赤ん坊を連れ去った。
サラはあわてて、ジャレスの居る妖精界の城へ、弟を取り戻す冒険に旅立つ……。
D・ボウイの歌に乗せておくる、ミュージカル風メルヘン。
妖精界の生物はジム・ヘンソンによるマペット。


---------------------------------------------------------------------------------------


あれ?面白い。



大学生の頃、映画館まで観に行ったときは面白くなくて、
あーあ、ボウイ様もこんな役やっちゃってもー、と思っていたのですが、
30年経って見直したら面白かったという。(笑)



ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]

ハリー・ポッター 8-Film ブルーレイセット (8枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



ロード・オブ・ザ・リング 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

ロード・オブ・ザ・リング 劇場公開版 ブルーレイ コンプリート・セット(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray


こういうファンタジー系を今作以降に見てハマったのと、
自分が年食ったから面白いと思えるのかな、、、って思いました。


ボウイ様も美しいのですが、ジェニファー・コネリー(懐)がかわいらしくて、
ああ頑張ってラビリンスを抜けて弟を助け出して!ずっとそんな気持ちで
応援しながら見ておりました。(親戚のおばちゃん気分だったのはナイショ)


物語としてはシンプルで
(弟を探しに迷路に入り、頑張って脱出、無事救出、めでたしめでたし)
ハッピーエンドになるから、と安心して見ていられるので、
ファンタジーな世界をボウイ様の音楽とともに楽しめます。


臭い沼、だけは勘弁してね、って思いましたが。( 一一)


ボウイ様が昨年亡くなって、、出演作を探して借りた一本ですが、
昔の思い出が良い意味で裏切られて上書きされたので、
たまにはボウイ様を拝みながら鑑賞したいと思った「ラビリンス」でありました。



nice!(5)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「おとなの恋の測り方」を観る [映画④]

何度も予告編を見ていて刷り込まれた感じで見に行った作品です。


おとなの恋の測り方.jpg 


あらすじはYahoo!映画さんより。


浮気性な夫と離婚して3年が経過したものの、いまだ仕事上のパートナーである彼と
衝突を繰り返す弁護士のディアーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)。
ある日、アレクサンドル(ジャン・デュジャルダン)から
彼女がレストランに置き忘れた携帯電話を拾ったという連絡が入る。
優しげな声と知的でユーモラスな話し方にディアーヌは、
新たな恋を見つけられるかもしれないと期待を抱いて携帯電話を受け取りにいく。
だが、アレクサンドルはハンサムだったが自分より身長が低く……。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


まあ酷い邦題。。。(笑)


人間、中身で勝負。


と分かっているけれど、やっぱり見た目で判断しがちなのが人間。
(外見きれいだけど性格悪い奴より、外見いまいちでも性格いい人)


136㌢だと、私もかかとのある靴を履いたらちょっと見下ろしちゃう。


映画の中のアレクサンドルは明るく振舞いながら、
自分の背が低いことを心の中ではやはり悩んでいる、やっぱり人間だもの。


アレクサンドルを演じるジャン・デュジャルダンって、
アーティスト [DVD]

アーティスト [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD
この人だったのね、、見終わった後知って(@_@)。

この人がCGなのか特殊撮影なのか、で、小さく見える、
アップのときと、全身映っているときと、体のバランスみたいなものが、
あれ???って思えたりしたのですが、きっとそれは目の錯覚。(笑)


フランスというと、新しい大統領の奥さんが熟女だったり、
恋愛は自由な国なんだなって思っていましたが、
ついつい他人の目を気にしてしまう、、
主人公のディアーヌの白馬の王子を信じる気持ちも
わかるわかるわかるー、と見ていて思ったりしたのですが、
白馬の王子、いないからね。(笑)


ハリウッド映画ではないものの、この手の映画はハッピーエンドだろう、
と思いながらみているので安心なのですが、どういう展開になるのかと思ったら、
なかなかやるねぇ、、という展開で一安心。


以前、ブラジルに出張で行ったとき、現地でお世話になった日系三世の女性が、
チビ、デブなどはブラジルでは個性、と言い切っていたのを思い出しながら、
作品を観ておりましたが、自分も太ったおばさんになった現実を振り返り、
これも個性なんだし、人の外見だけで判断するのはよろしくないな、と
しみじみ思った「おとなの恋の測り方」でありました。





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「20センチュリーウーマン」を観る [映画④]

超久しぶりに丸の内ピカデリーに行きました。
何かみようと思って有楽町にいって、
時間がちょうどよかったので見た、というだけで、
どんな作品かよく知らずに見た作品。(^-^;

20century.jpg マイク・ミルズ監督作品

あらすじはYahoo!映画さんより。


1979年のカリフォルニア州サンタバーバラ、
自由奔放なシングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、
15歳の息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に頭を悩ませていた。
そこで、ルームシェアしているパンクな写真家のアビー(グレタ・ガーウィグ)と、
近所に暮らすジェイミーの幼なじみジュリー(エル・ファニング)に相談する。




20世紀に生きた女性って意味なんだと思いますが、
監督のマイク・ミルズ自身と彼の母を描いた作品です。


実話に基づいているのだと思いますが、
少年が大人の階段のーぼるー、って感じの話。

お母さんが離婚してから母子家庭で大きくなったジェレミー、
思春期を迎えて大人になっていくときに母以外の女性たちと過ごす、
それによって得るものがあって成長していく、、
個人的には自分と年代が同じ、音楽など時代に親近感を感じながら、
ちょっとした小ネタで映画館内がクスクス笑いに包まれる、そんな映画でした。

一癖二癖あるジェレミーの母を演じるアネット・ベニングが素晴らしく、
彼女のお陰で作品としては引き締まっている印象でしたが、
ジェレミーをとりまく女性を演じていたエル・ファニングのすれた感じ、
家の間借り人、アビーを演じていたグレタ・ガーウィグも素敵で、
(意志の強い女性って感じでした)
私が小学生くらいの頃の時代に、こういう強い女性がいたことを知りながら、
最後に、それぞれが人生を楽しんでいく、という予定調和でない展開で、
20世紀を生きた女性たちの姿を楽しめた「20センチュリーウーマン」でありました。

nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「マフィアは夏にしか殺らない」を観る [映画④]

久しぶりのイタリア映画です。


ヒューマントラストシネマ有楽町の「Viva!イタリアvol.3」という
イタリア映画フェアみたいな中で公開されていたのを鑑賞しました。

マフィアは夏にしか殺らない [DVD]

マフィアは夏にしか殺らない [DVD]

  • 出版社/メーカー: オンリー・ハーツ
  • メディア: DVD
あらすじはAmazonさんより。

1970年代のシチリア島パレルモ。
人々は日常化するマフィアの犯罪を見て見ぬふりをしていた。
風変わりな少年アルトゥーロは同級生のフローラに恋しているが、
告白できないまま、フローラはスイスへ引っ越してしまう。
やがて青年になったアルトゥーロは、
代議士リーマの秘書としてパレルモに戻ったフローラと再会する。






シチリアマフィア

について歴史を垣間見られる映画です。

シチリアのマフィアというと、そのものではなく、
ゴッドファーザー PARTI<デジタル・リストア版> [DVD]

ゴッドファーザー PARTI<デジタル・リストア版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD
どうしてもシチリアのコルレオーネ村出身、アメリカ移民のゴッドファーザー、
このイメージが強いのですが、実際にシチリアのマフィアとそれを取り巻く悪、
映画に出てくるアンドレオッティ首相(アルトゥーロが憧れる設定)が
wikiを観ると実はマフィアとべったりしていた人だと知りびっくり。


と、マフィアなので、人がやたらと殺されちゃうのが怖いのですが
(とはいえ、ゴッドファーザーみたいなどろどろなシーンはありません)
人が殺されるのはマフィアの仕業でもそれを子供たちにはわからせない、
大人の世界があるというか、アルトゥーロは大人がいう通り、
マフィアなんていないと信じながら、徐々にマフィアの存在に気づいて
成長していく。。。

最後には正義について子供に教える大人になったアルトゥーロの姿を見て、
マフィアに立ち向かいながら志半ばで殺されていった人たちを描きながら、
正義とは何かを描き、殺された方々を称える映画なのかと思いました。
(実際に殺されてしまった判事などもエンドロールで紹介されます)

アルトゥーロが風変り、しかもスローな性格で、
(どうしてそうなってしまったのか出自も描かれています(笑))
エンディング近くまでかなりとろとろしていて(いい人なんだけど)
大丈夫なのかとイラつき始めたところで最後は若干都合いい感じもしつつ、
そういう結末ならよかった、とほっとしながら見終わりました。

前半のテンポのゆるい感じが少々気になりましたが、
全体的にはシチリアマフィア(数十年前から今まで)について
知る機会になりつつ、アルトゥーロの恋を応援したくなるような、
温かい映画、「マフィアは夏にしか殺らない」でありました。




nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「ショーン・オブ・ザ・デッド」を観る [映画④]

宇宙人ポールに出ていたサイモンペッグ主演というだけで借りました。


ショーン・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

ショーン・オブ・ザ・デッド [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray

内容はYahoo!映画さんより。
ロンドンに暮らすショーンは、いい歳して人生の目標や目的を持たぬまま、
親友のエドとパブに入り浸るばかりの冴えない毎日を送っていた。
そんな彼に長年の恋人リズもついに愛想を尽かしてしまう。
このままではいけないと自覚したショーンは、リズとヨリを戻すため、
これまでのだらしない生活を改めようと決意する。
ところが、ショーンが恋人のことで頭がいっぱいになっている間に、
街にはゾンビが溢れ、生きた人間を次々と襲っていたのだった…。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



バカゆるゾンビ映画!



ゾンビ映画は基本的には怖いので見ませんが(夢に出てきそうだから)
今作は、

宇宙人ポール [DVD]

宇宙人ポール [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD
この関連作品だから。(笑)


ゾンビから逃げるのに安全な場所はパブだ!と逃げる時点で、
どうしてパブが安全なんだよ、と突っ込んでしまいましたが、
友人、家族、恋人、と一緒にゾンビから逃げる姿がもう爆笑で。


見ていて一番ツボにはまったのがゾンビをやっつけるのに、
ショーンが昔買ったレコード(LP盤)をゾンビに投げつける場面。

ショーンの友人が投げる度にレコードタイトルを読み上げて、
ショーンが投げていいか判断するという、
そんな悠長なことしてたらあんた達もゾンビに噛まれるだろう、と
まあ、そこが映画だから取り合えず噛みつかれずにゾンビ倒れるという。


で、投げるレコードに対してのショーンの判断が、


ブルーマンデー(New Order) →初回盤だからダメ

ダイアー・ストレイツ → OK!


シャーデー → 別れた恋人のレコードだからOK!



ダイアー・ストレイツといった途端にOK!と答える場面が
なぜかツボにはまって爆笑してしまいました。。


他にも小ネタがあちこちに出てくるのですが、
パブに置いてある自動選曲ジュークボックスから突然流れるのが、
クイーンの「Don't Stop Me Now」。ゾンビがパブを襲う場面で流れるという。(笑)

そんな小ネタ満載で、宇宙人ポールほど練られた話ではないものの、
あっけなくゾンビに噛まれて己もゾンビに変身するビル・ナイの怪演も
いい感じに映画に彩を添えていたというか、で、意外と笑えました。

イギリス映画なので、演出もアホっぽいのが水に合うというか、
(同じような作りの映画をアメリカで作ったらきっと面白くないと思う!)
ゾンビを観ながら爆笑できた「ショーン・オブ・ザ・デッド」でありました。





nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「江戸っ子繁昌記」を観る [映画④]

落語で検索して出てきた作品です。



内容は、Yahoo!映画さんより。


怪談の「番長皿屋敷」と落語の「芝浜」をモチーフに
「母と娘」の成沢昌茂がオリジナル脚本を執筆し
「若き日の次郎長 東海一の若親分」のマキノ雅弘が監督した娯楽時代劇。
主演の中村錦之助が、酒が好きな魚屋と見目麗しい旗本の二役を演じ分けた。  
魚屋の勝五郎は十日も魚河岸をさぼったことから恋女房のおはまに泣きつかれてしまい、
仕方なく早朝の芝浜に出かけ、百両が入った財布を拾う。
財布をおはまに預けた勝五郎は長屋のみんなに酒をおごり、酔ってそのまま寝てしまった。
その夜から勝五郎の枕元に、妹のお菊が現れるように。
お菊は旗本の青山播磨に見初められ、お屋敷奉公に上がって六年になる。
妹のことが心配になった勝五郎は青山邸を訪れるが追い返されてしまう。
将軍家から拝領した高麗十枚皿の一枚を割ってしまった播磨をかばったお菊は、
播磨その人に斬り殺されていたのだった。



(残念ながら古い映画なもんで動画見つからず。。。(:_;))


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



芝浜なのにタイトルが明烏というナメタ映画と一緒に借りたのですが、
同じ落語関連映画でこうも違うかなってくらい良い映画でございました。


映画は、芝浜、と、番町皿屋敷、2つの噺がうまく盛り込まれていて、
あっという間に見終わるくらい集中できまして。(^-^)


なんといっても、
武士と町民、2役を演じる中村錦之助が素晴らしい。
中村錦之助はかなり年食ったおっさんのイメージしかなかったのですが、
若いときの錦之助さまは見ていて目に栄養的なイケメンでした。


食わず嫌いしないで、彼の出演作品を探してみようかな、と思ったくらい。


他にも、個人的に見つけて嬉しくなったのが千秋実。(なぜだろう)


お菊を演じている小林千登勢も、
おばちゃんになってから出演していたクイズ番組、ヒントでピントで、
モザイク問題に強かったのを覚えている程度の女優さんだったのですが、
若いころこんなに綺麗でこんなに悲しいお菊を演じていたなんて。。。


というわけで、古い映画(白黒)を積極的に見ようと思わなかった自分に、
落語のキーワードで、くだらなさすぎる明烏を紹介しておきながら(笑)
今回の素晴らしい映画を検索してくれたツタヤディスカスには感謝です。


マキノ雅弘作品の素晴らしさを今回知ることができたので、
彼の作品をもうちょっと見て観ようかな(といっても作品数滅茶苦茶多いけど)
という気もちになった「江戸っ子繁昌記」でありました。



nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る