So-net無料ブログ作成

映画「ラスト・ワルツ」を観る [映画④]

仕事で少し遅くなった後に、久しぶりの角川シネマで見た映画。
(レイトショーということで20:45からの上映でした)

ラスト・ワルツ (2枚組特別編) [DVD]

ラスト・ワルツ (2枚組特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

1976年11月25日、
サンフランシスコのウィンター・ランドでザ・バンドの解散コンサートが行われた。
ボブ・ディラン、エリック・クラプトン、ニール・ヤングなど彼らとかかわりのあった
豪華ゲストが次々にステージに登場。
その模様を、舞台演出も手掛けたマーティン・スコセッシ監督がメンバーそれぞれへの
インタビューを交えて映し出す。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ザ・バンドというのは名前だけ知っていた程度、で、
その音楽もどんなもんか分からなかったのですが、
(解散したころってまだ小学生だし、洋楽といえばQueenにはまり始めていたころ)
リードボーカルのロビー・ロバートソンの独断ぽい解散だなあ、と思ってみていたら、
本当にそんな感じで進んだ話で、この映画自体も彼の希望で作られたんですね。

(wikiで復習しました)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%84

一般的に、解散するのであればラストコンサートはグループだけで、というイメージ、
それが、ゲストだらけ、しかも撮影して映画を撮るのも目的というのが、
ロビーのしたたかさ、それに対して他のメンバーの不満そうな表情が印象的でした。

ゲストで登場した中でどこか違和感があったのが、二―ル・ダイアモンド。
他のゲストとどこかミスマッチな感じがしていたのですが、
ロビー・ロバートソンが楽曲提供した(1曲だけ)関係での出演、
他のメンバー関係なし、というのをwiki読ん納得。

二―ル・ダイアモンドの衣装がどこかムード歌謡歌手ぽくて(笑)
おまけにマイク先のスポンジを食べてしまいそうなくらいの勢いで
マイクに口をくっつけていたのがもうなんだか映画自体に集中できなくなって。。

ジョニ・ミッチェルを見つめるリック・ダンコのイヤラシソウナ視線とか、
二―ル・ヤングのやたらとテンションアゲアゲな表情とか
(コカインでハイになっていたらしい)
ヴァン・モリソンのブーツの踵がめちゃくちゃ高いのが気になるとか、
なぜ最後に中途半端なリンゴ・スターの登場なのか、などなど、
ファンでない自分が見てよかったのかどうか、
終演後、ファンとおぼしき中年男性が「あー、見てよかった!」と感激しているのを
近くで見かけて尚更思いました。

冒頭で、ボリュームは最大で鑑賞して、という文章が投影されたとおり、
音楽演奏の場面ではとにかく大音量で、ファンの人は楽しめるだろうな、と思いつつ、
LAST WALTZ

LAST WALTZ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: RHINO
  • 発売日: 2013/09/27
  • メディア: CD
私自身はサントラを聞いて彼らの音楽を耳になじませてから
もう一度みたら違う感想になるかもしれないな、と思った「ラスト・ワルツ」でありました。







nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

映画「ロジャー・コ―マン デス・レース2050」を観る [映画④]

久しぶりのロジャー・コ―マン先生作品です!


ロジャー・コーマン デス・レース 2050 [Blu-ray]

ロジャー・コーマン デス・レース 2050 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray

あらすじはAmazonさんより。

人口が増え続けている近未来。そこには恐ろしいルールの凄まじいレースがあった。
そのルールとは歩行者をひき殺せばポイントになるというもの。
老若男女関係なく容赦なしに歩行者を引いていくレーサー達。
そんな中、人気レーサーのサイボーグ フランケンシュタインだけは
まわりのレーサーとは
どこか違っていた。
歩行者をなぎ倒しながら最悪のレースが今始まる! !




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あれぇ?普通。(笑)



ロジャー・コ―マン先生に求めるのは、あらすじはなくてもよいので(笑)
ありえねぇ~と思えるチープな演出であって、あらすじがあって、
結末もまとも過ぎてビックリしました。(@_@)

デス・レース2000年 HDニューマスター/轢殺エディション [Blu-ray]

デス・レース2000年 HDニューマスター/轢殺エディション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: Blu-ray
ロジャー・コ―マン先生ご自身の1975年作品のリメイクだそうで、
元の作品には無名時代のシルベスター・スタローンが出演と知り、
次回はこれを観ねば、の気持ちになりましたが、
人を殺せば得点、とか、人種差別、宗教差別を今の時代に普通に描く、
このあたりはロジャー・コ―マン先生がやったら批判の的かもしれません。

出場者を観ていると、おそらく最後にこの人たちが生き残るだろう、
そんな推測は容易にできますが、まさかその通りの結末で、
もっと予想外のありえねぇ感があったらよかったのに、、、と
どこか惜しい!と他の監督作品では求めない何かをうっかり求めてしまった、
「ロジャー・コ―マン デス・レース2050」でありました。


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「さよなら、僕のマンハッタン」を観る [映画④]

なんとなく時間調整で見た映画。

old living boy in NY.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

ニューヨークで生まれ育ち大学卒業と同時に親元を離れたトーマス(カラム・ターナー)は、
アパートの隣人でジェラルドと名乗る中年男性(ジェフ・ブリッジス)と知り合い、
さまざまなアドバイスを受けるようになる。
ある日、女友達とナイトクラブに出掛けたトーマスは、
父イーサン(ピアース・ブロスナン)と見知らぬ女性(ケイト・ベッキンセイル)の
デート現場に出くわし……。




-----------------------------------------------------------------------------------


ジョセフ・ゴードン=レヴィット?


似てるけど違うのに、え?この人?勘違い。(笑)


(500)日のサマー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

(500)日のサマー [AmazonDVDコレクション] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray

この監督ですから、こういうタイプの俳優が好きなんでしょうが、
あれ、似てるけど違う、でも似てる、、邪念渦巻きました。(笑)


おまけに、


なんだこの邦題。。(-_-;)


観に行くときから違和感のある邦題だったのですが、
NYのマンハッタン、ローワーイーストサイドに住むトーマスが、
最後そこからブルックリンに移り住む?みたいな感じに見えたので、
さよなら、としたのかもしれませんが、この邦題はほぼ意味不明。(V)o¥o(V)


と、毎度のことながら邦題にイラつきましたが、

原題は“The Only Living Boy in NY”、サイモン&ガーファンクルの歌、です。


話自体はそんなに目新しくはないと思いますが、
都会に住む青年の成長期的な感じの話かな。

いいところのぼっちゃんとはいえ、マンハッタンに住むのはすごいな、
そんな斜め目線でも見ておりましたが、悪くはないつくりです。

ジェフ・ブリッジズが出てくる時点で、このおっさん、何かあるだろうと思うと
実際色々あったりして(笑)、どきどきしないで見られるのもいいかと思いました。

年代によって観方も変わるかもしれませんが、
中年が見ると、甘酸っぱさも少し感じられる作品です。

殿方には、好きな女子には素直にきもちを伝えてほしいなと思いながら、
どこか懐かしく見終わった「さよなら、僕のマンハッタン」でありました。




nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「女神の見えざる手」を観る [映画④]

後手じゃない記事です。(笑)


GWは普通に暦通りなのですが、なにかそれっぽいことがしたいと
仲良しKサンを誘って超久しぶりの早稲田松竹で、
株主優待で御馴染みの桐谷さんが昨年見た映画で一番と言っていた作品を観ました。

miss sloane.jpg



あらすじはYahoo!映画さんより。

敏腕ロビイスト、エリザベス・スローン(ジェシカ・チャステイン)は、
銃所持を後押しする仕事を断って、大会社から銃規制派の小さな会社に移る。
卓越したアイデアと決断力で、困難と思われていた仕事がうまくいく可能性が
見えてきたが、彼女のプライベートが暴露され、さらに思いも寄らぬ事件が起こり……。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



逆転満塁ホームラン♪

って感じの映画でした。


アメリカならではのロビイストという職業の話ですが、
主人公の手段を問わないやり口を観ると口あんぐりにもなりましたが、
国会議員が自分の職責を全うする本質的なところがぐらぐらだな、って
日本でもそうだと思いますが、アメリカも利権に踊らされる議員が
多いんだなって思いました。


主人公のエリザベスの信念をつらぬく、そのための強引な態度、
自分以外の人を道具として扱う態度には映画の後半までずっと違和感、
セリフが多いのでとにかく映画を理解するためのエネルギーも要るし、
この映画ってなんのために描いているのかと思っていたら、
聴聞会のシーンで語る場面がもうこれまでのもやもやが晴れる、、
自分の立場を危険にさらしてもやることをやる姿勢に思わずグッときました。

まあ、聴聞会を仕切る国会議員がジョン・リスゴーって時点で、
このおじさんはいい人も演じるけれど、ここにいるのは悪い人だろう、
そんな推測もありながら、それが最後に晴らされる、、というのが、
演出としても個人的にはスッキリしました。

職業柄ストレスが溜まり眠れない、薬を処方してもらって過剰に摂取して、
他にも心のバランスをとるのに、エスコートサービスを利用して買春、
そんなストレスフルな職業を敢えて選んで信念に基づいて働く、
私にはそういうことはないと思いながら見ておりましたが、
ディベートとは違って信念にそって勝ちにいくことに心血を注ぐ、
ロビイストの職業はあまり好感が持てませんが、今作の主人公については
そんなに嫌悪感がなく、一人の人間としては共感できた、
「女神の見えざる手」でありました。

って、相変わらずこの邦題はどうかと思うけどね。(V)o¥o(V)。






nice!(5)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

映画「あしたは最高のはじまり」を観る [映画④]

映画館で見逃した作品です。


あしたは最高のはじまり [Blu-ray]

あしたは最高のはじまり [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • メディア: Blu-ray

あらすじはYahoo!映画さんより。

プレイボーイのサミュエル(オマール・シー)は、
南フランスのコートダジュールで、毎日を楽しんでいた。
ある日、彼の前にかつて関係を持ったクリスティン(クレマンス・ポエジー)が突然姿を現し、
生後数か月の赤ん坊グロリアはサミュエルの実の娘だと爆弾発言。
クリスティンは、娘を置いて行方をくらましてしまい……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

悪くはない。


そんな感じ。



INSTRUCTIONS NOT INCLUDED

INSTRUCTIONS NOT INCLUDED

  • 出版社/メーカー: Lions Gate
  • 発売日: 2014
  • メディア: DVD

メキシコ映画のリメイクらしいです。

ハリウッドのリメイクのような儲け主義は感じられませんが、
オマールシーを起用している時点で儲けようかな、って感じは
感じられるかな(笑)


癖が強い俳優さんなので、

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]

最強のふたり スペシャル・プライス [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフト
  • メディア: DVD
このイメージが強くて、他の映画を見ても、、て感じですが、
急に赤ちゃんを託されて、それでロンドンに行って急に、、て展開と、
その後の展開に若干浅い感じがありました。

子役のお嬢ちゃんが非常に愛らしく、その点がよかっただけに、
赤ちゃんを託される理由や、その後の展開の描き方がが若干粗い感じがあって、
最後はハッピーかと思ったらまさかの展開でうぇー、なんて思ったり、
そんな感じで見終わりました。

スタントで生活の糧を得るお父さんの収入とロンドンの家の豪華さのギャップとか、
そんな夢の無いことを考えてしまうと尚更残念な気持ちになりますが、
急に現れた娘を大事に育てようとするお父さんの奮闘ぶり、
そんな姿を観ると、自分自身がこの世に生まれたことには感謝しないとな、と
日ごろの欝々にイライラしていることを反省してしまった
「あしたは最高のはじまり」でありました。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「プラネタリウム」を観る [映画④]

確か新作だから、、という理由で借りた気がする作品。


プラネタリウム [DVD]

プラネタリウム [DVD]

  • 出版社/メーカー: TCエンタテインメント
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

1930年代後半、
降霊術ツアーに出ていたアメリカ人姉妹ローラ(ナタリー・ポートマン)と
ケイト(リリー=ローズ・メロディ・デップ)は、パリを訪れる。
霊感が強くて死者を呼び出せるケイトはある晩、フランスの有名な映画会社の
プロデューサー・アンドレ(エマニュエル・サランジェ)と知り合う。
実際に霊と遭遇した彼は姉妹の能力に心酔し、ゴースト映画を企画する。

-----------------------------------------------------------------------------------------------
ナタリー・ポートマンのプロモ―ション映画のようでした。(笑)


この姉妹とプロデューサー、実在する人たちをモデルに描いたそうですが、
欲のない妹に対して野心たっぷりの姉、その姉にうまく話を持ち掛けて
世界初の心霊映画を撮影しようとする映画プロデューサー、
いざ映画撮影が始まると、うまく演じられない妹に対して、
姉は女優として目覚めていくものの、プロデューサーの半ば強引な演出で、
妹は心身ともに弱っていく。。。

なんて展開で、妹には悲しすぎる結末になんだか切なくなってしまって。(=_=)

プロデューサーはなんとなく自業自得だなって思いましたが、
第二次世界大戦の影響が出てきている時代が舞台、
そんな背景で最後は気の毒な展開になっていきます。
プロデューサーと妹が悲しい展開の中、姉(ナタリー・ポートマン)だけは
輝きを放ちながらキラキラした感じで映画は終わり。

だから、この映画はナタリー・ポートマンの宣伝なのかと思ったわけで。(^-^;
残念な結末の妹役を演じたリリー=ローズ・デップが霞んだ感あり、でした。

リリー=ローズちゃんは、両親(お父さんにもお母さんにも)似ているわ、って
思いながらずっと似ている部分を探したりしてしまいましたが、
こういう暗い(というか幸薄い)役柄を演じるよりも、まだ若いので、
コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~ [DVD]

コンビニ・ウォーズ~バイトJK VS ミニナチ軍団~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: DVD
未見ですが、こういう笑える作品の方がいいのかも、、なんて思いました。


ちゃんとあらすじを読んでいたらおそらく借りていないタイプ(笑)の作品ですが、
比較的話はわかりやすく、ナタリー・ポートマンが好きという人には
見て損はないだろうな(ファンでもない人は観ても観なくても)、と思った
「プラネタリウム」でありました。



nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「スイス・アーミー・マン」を観る [映画④]

ダニエル・ラドクリフ君の出演作ということで借りた作品。

スイス・アーミー・マン Blu-ray

スイス・アーミー・マン Blu-ray

  • 出版社/メーカー: PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD =
  • メディア: Blu-ray
無人島で遭難してしまったハンク(ポール・ダノ)は生きる気力を失い、
悲嘆のあまり自殺しようとする。ちょうどそのとき、
海岸に流れ着いた男性の死体(ダニエル・ラドクリフ)が目に飛び込んでくる。
その死体からはガスが出ており、浮力があった。ハンクが飛び乗ると、
死体は水上バイクのように動き始め……。




-----------------------------------------------------------------------------------------


シュールなファンタジー。(笑)


死体(ラドクリフ君)がガスを発してそれを使ってジェットエンジンぽく
ハンクが無人島を脱出するのは面白いなって見ていました。
(ハンクがなぜ遭難したか、そこを描くとつまらなくなるので割愛しているのは正解)

死体がガスを発してハンクが無人島を脱して、
故郷の近くまでくるというのもどこかご都合主義ですが、
その後、死体がハンクの言うことを復唱したり、質問に返したり。

えー?そんなことありえるの? (・・?

そう思ったのですが、まあ、ファンタジーの括りならそれはOKの範囲内、と
思っていたら最後もまあ笑える結末でした。(笑)

ラドクリフ君はハリポタのイメージがものすごく強くて
払しょくするのも大変なんだろうな、なんて思いながら見たのですが、
今作は死体役(でも喋る(笑))で、演じるとしたら意外と面白い役、というか、
オファーがあれば殻を破るのに色々演じたいのかな、なんて思う作品でした。

ガスで無人島を脱出した後の方が長いし、
そこでハンクの独り言に応える死体も面白いし、
ただ、死体が腐敗しないもすごいな、とか思いながら、
誰も傷つかないような落としどころで映画が締まる、
こういう発想で映画を作ってもいいんじゃないかな、
と実験的な感じもしつつ、湿った笑いの中で、ストレスなく見終わった、
「スイス・アーミー・マン」でありました。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ハイジ アルプスの物語」を観る [映画④]

アニメ版を借りようとしたのになぜか実写版を借りてしまいました。

ハイジ アルプスの物語 [Blu-ray]

ハイジ アルプスの物語 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet
  • メディア: Blu-ray

あらすじはYahoo!映画さんより。

ハイジ(アヌーク・シュテフェン)は、アルプスの大自然の中で、
頑固だが優しい祖父(ブルーノ・ガンツ)と生活していた。
ある日、ハイジは足が悪くて車椅子生活を送る大富豪の娘クララの話し相手として、
大都会フランクフルトに行くことになる。
明るく素直なハイジの励ましもあり、クララは次第に元気になっていくが……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


童心にかえって素直に楽しめました。ヽ(^。^)ノ


アルプスの少女ハイジ 35周年メモリアルボックス (期間限定生産) [DVD]

アルプスの少女ハイジ 35周年メモリアルボックス (期間限定生産) [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD
このアニメを観たころ私は小学校低学年。
運動会ではこの主題歌で同級生と踊った思い出が今でも残っています。。

よーろろーろ♪ろーいっふー♪



これで踊ったんですよ、もう40年以上も昔の話ですが。(笑)

実写版は残念ながら超ロングなブランコは出てきませんでしたが(笑)
とにかくハイジが可愛くて可愛くて見始めてあっという間に
ハイジの世界にどっぷりつかって一気に見終わりました。

アニメのときと同じように展開していきますし(原作あるもんね)
アニメと同じような雰囲気の俳優を起用するキャスティングもあり、
まったく違和感なく見られました。

特に、セバスチャン。(クララの家の執事のおじさん) もうアニメとそっくり。

ハイジと出会ってクララが明るくなっていって、最後に感動的な場面。

クララが立った!

その場面が登場するのが分かっていながら、その場面で思わず涙。。。

変な演出を入れることなく素直に作ればこうやって良い作品になるんだな、
と実写版を観て違和感を感じることが多かった私も今回は大満足。

アルプスの雄大な山々に囲まれて活発に走るハイジの姿を見守りながら、
アニメと重ね合わせて温かい気持ちになれた「ハイジ アルプスの物語」でありました。





nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

映画「ペンタゴン・ペーパー」を観る [映画④]

レディースデーに何か見ようと探していたら
ちょうどよい時間帯だったので見た映画です。
(実はメリル・ストリープもトム・ハンクスもそんなに好きでも。。。(^-^;)

The Post.jpg


あらすじはYahoo!映画さんより。

ベトナム戦争の最中だった1971年、アメリカでは反戦運動が盛り上がりを見せていた。
そんな中、「The New York Times」が政府の極秘文書“ペンタゴン・ペーパーズ”の
存在を暴く。

ライバル紙である「The Washington Post」のキャサリン(メリル・ストリープ)と
部下のベン(トム・ハンクス)らも、報道の自由を求めて立ち上がり……。




---------------------------------------------------------------------------------------


ドキドキ感ゼロ。( 一一)


実際あった話で、結末も記事を掲載してニクソン政権に打撃を与える、
そういうことも分かってみているのですが、如何せん前半が飽きるというか、
冗長な感じでウーム(-_-;)このまま見続けてドキドキする展開になるのか、
見続けていたのですが、結果的にはドキドキすることなく鑑賞終了。

スピルバーグがこの題材を今だからこそ描きたい気持ちも分かりますが、
1年で作り上げたのが果たしてよかったのかどうか、、もうちょっと練って
社主のキャサリンの心の葛藤を描いてほしかったな、と思いました。

報道の正義といってえげつない報道をする昨今の日本のメディアには、
今作のワシントンポスト、意気込みというか投獄されるリスクも負いながら
記事を掲載する姿勢を見習ってほしいものです。

まあ、最近の首相案件のニュースを報じた某A新聞は良いと思いますが、
報道している内容のレベル感が今作とは比べちゃいけないなって感じ。

報道は何のためにあるのかといえば、国民のためにある、そういう報道の
あるべき姿はこの映画から非常によく伝わってきたのですが、
メリル・ストリープ、出過ぎじゃないかって。(笑)
実在の人物をうまく演じている、、、のでしょうが、違う俳優が演じたら、
もう少し違う印象を受けたかもしれないなと思いました。

メリル・ストリープが目立つせいか、トム・ハンクスも、
その妻を演じたサラ・ポールソン(好きな俳優さんです)も存在感が薄く、
ここも残念ポイントでした。

スクープものであれば、

スポットライト 世紀のスクープ[DVD]

スポットライト 世紀のスクープ[DVD]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: DVD
この作品はカソリック教会で隠ぺいされていた性犯罪を暴くのがもっと
分かっていても非常にスリリングでドラマとしては素晴らしいと思っただけに、
国家的な隠ぺいを暴く今作ももっとドラマチックな描き方をしてほしかった。。


記事掲載を決めた後、大型の新聞輪転機でスクープ記事が一面に掲載された朝刊が
次々と印刷される光景が壮大だ!と感激したのはもう映画終わるところで(-_-;)
スピルバーグは娯楽系の方が合っているのかもしれないな、と思った、
「ペンタゴン・ペーパー」でありました。


ちなみに、原題は“The Post”。
日本人が見るには、今回の邦題の方が分かりやすいですね。





nice!(4)  コメント(2) 
共通テーマ:映画

映画「ブランカとギター弾き」を観る [映画④]

映画館で見ようと思っていたらいつの間にか公開終了になっていた作品です。

ブランカとギター弾き [DVD]

ブランカとギター弾き [DVD]

  • 出版社/メーカー: トランスフォーマー
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

フィリピンのマニラ。
親を知らずにスラム街で生活してきた少女ブランカは、
欲しかった母親をお金で買おうと考える。
ある日、彼女はピーターという盲目のギター弾きと知り合う。
ピーターから得意な歌でお金を稼ぐように勧められて、
彼の演奏をバックにレストランで歌い始めるブランカ。
順調に物事が進んでいるかのように見えたが、
その裏でブランカの身に思わぬ危機が迫っていた。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ストリートチルドレンの厳しい状況を温かい目線で描いた映画でした。
ブランカが盲目のギター弾きのピーターと出会ってからの表情が
どんどん明るくなっていく様子が見ていて微笑ましい気持ちになれました。

母親をお金で買うことはできないんだよ、というピーターに、
大人だって子供を買うでしょうと反論するブランカ、
そのブランカが性産業に売り飛ばされそうになる場面で、
大人の都合で翻弄される子供たちの過酷な環境を垣間見た気分です。
首都のマニラでも未だにこういうストリートチルドレンがいる現状、
映画の最後は、ブランカの明るい未来が見えそうで、でも現実は厳しい、
そんな雰囲気で終わりましたが、実際に日本人の長谷井監督が
ストリートチルドレンをスカウトして出演させているだけあって、
臨場感がありつつ、これをきっかけに出演した彼らだけでなく、
ストリートチルドレンの問題を提起することで彼らが安心して暮らせるように
なってほしいものです。

ピーターは、人間は目が見えるから争う、
目が見えなかったら戦争は起きない、という場面がありますが、
ピーターのギターの音色がブランカを温かく包み、ブランカが歌うのを観ながら
平和に暮らせる有難さを感じた「ブランカとギター弾き」でありました。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る