So-net無料ブログ作成
旅行・出張の巻(日本⑤) ブログトップ
前の10件 | -

横浜「原鉄道模型博物館」で鉄分補給したら寄り道編 [旅行・出張の巻(日本⑤)]

原さんの鉄道愛を感じながら最後の展示コーナーに進むと、


IMG_3474.JPG ジオラマ IMG_3475.JPG精巧IMG_3478.JPG 人もいて IMG_3490.JPG トーマス通過 
IMG_3491.JPGIMG_3492.JPG IMG_3495.JPG なぜかリス(笑)

朝から日が暮れて夜まで、よくあるジオラマコーナーと同じく
一日の中での移り変わりを観られますが、
色々な人が配置されていて、どこか温かみのある作りに見入ってしまいました。。
IMG_3497.JPG お世話様~ 

結局1時間半くらい一人で(周りはファミリーかカップル(笑))楽しみ、
IMG_3502.JPG その後は横浜ぶらぶら

IMG_3503.JPG 崎陽軒本店 IMG_3504.JPGやっぱりシウマイ

このときまだお腹が空いていなかったので残念ながらパス。
そのまま、伊勢佐木町に移動します。。

IMG_3508.JPGアウェーだからなあ
IMG_3511.JPG 到着 

やってきたのは浜じまんさん。

(ホームページ)→ http://www.isezakicho.or.jp/miseinfo/zaki5/shop5n2/hamajima/hamaji.html

今はもう亡きうつぼ父が仕事で横浜にくると、
お土産でたまに買ってきてくれた浜じまんのボストンクリームパイが食べたくなり、
思わず伊勢佐木町のお店までやってきました。
父は当時あった馬車道店で買っていたのですが、現在は伊勢佐木町店だけなので、
初めてこちらにきて、30年以上ぶりに食べます、とお店の方とお話しして、
思わずホールでお買い上げ。小さいのだとなんだか雰囲気物足りなくて。

IMG_3512.JPG で、そのまま帰宅  
IMG_3518.JPG崎陽軒のチャーハン弁当 
あれ、なんか違うと思ったら私がたまに買うのはチャーハン。
シウマイが1つ多いのがチャーハン弁当ですが、料理の内容とかお値段を考えると
安いチャーハンの方が好みかな。。。

IMG_3513.JPGで、お待ちかね
IMG_3515.JPG ♪ IMG_3516.JPG この模様が好き[黒ハート]

一人でホールは食べきれず、切り分けてタッパに入れて冷凍保存。
実家にも持って帰って婆1号と懐かしんで食べました。

ふわふわのスポンジにバニラの香り高いカスタードクリームのシンプルなケーキ。
見た目と異なり甘さ控えめなので、普段あまりケーキを食べない私もバクバク。



原信太郎さんの鉄道愛を感じながら私もやっぱり鉄が好き、と再認識し、

懐かしいボストンクリームパイと再会して楽しめた横浜ぶらりで
鉄道模型博物館で鉄分補給でありました。


(これにて鉄分補給 おわり)



タグ:横浜 鉄子

横浜「原鉄道模型博物館」で鉄分補給② [旅行・出張の巻(日本⑤)]

新幹線の、東京、新大阪起点の一番切符を買うという、
財力だけでなく体力気力もないと難しいのでは、と思いますが、


IMG_3417.JPG 奥さんまで 
原さんが海外出張中のときに、奥さんが北陸トンネル開通時の一番切符をゲット。
IMG_3418.JPG 奥さんもすごい 
IMG_3420.JPGIMG_3422.JPG 
会社を休んでって、原さん、コクヨの元専務、当時役員だったのか不明ですが、
IMG_3423.JPG すごい気力
ここまでくると、インターネットがない時代でも
鉄道ファンの中では有名人だったんだろうなぁ。

IMG_3424.JPG運転までしちゃう
今の時代なら無理そうな話ですが、昔は隣で見てもらって運転できたんですね。
とはいえ、自分が乗客ならやっぱり嫌だけどな。( 一一)

IMG_3427.JPG 満州一人旅 IMG_3429.JPG  IMG_3431.JPGIMG_3430.JPG

大学入学前に今の北朝鮮にいって電車に乗って、兵役目に満州に行くって、
行動力と財力だなあ、、、と思います。。

IMG_3432.JPG記録魔 IMG_3435.JPG カメラの数々 IMG_3437.JPG 膨大な数です
動画や写真を記録する、本人の尽きない鉄道愛と財力、、ですね。 

IMG_3438.JPG 最後のオリエント急行
IMG_3440.JPG 世界鉄道旅行  IMG_3441.JPG
おぉ、すごいなあ自分の乗った電車をこうやって模型に、、と思ったら、
IMG_3442.JPGIMG_3443.JPG
まあ、それなりに大変な思いもされているのですが、
昔はやっぱりお金で解決的な感じだったのかなあ。
 
IMG_3444.JPG時刻表いろいろ IMG_3446.JPG トーマスクック  
子どもをこれで鍛えたというのが個人的にはツボにはまりました。
私も大学生のころにヨーロッパを旅行するときはこれ、使ってましたし。
旅行用品のお店(JTBとか)に行くと販売されていて、私が買ったころは2000円くらい。
これで電車の乗り継ぎとか、調べるのが私も楽しかったのを思い出しました。(^-^)

IMG_3447.JPG オリエント急行のランプ

IMG_3448.JPG ドイツの電車 IMG_3449.JPG IMG_3450.JPG ケルン・ボン鉄道ですが、
IMG_3451.JPG稀少な模型 IMG_3452.JPGこれも 
IMG_3453.JPGメルクリン社製 IMG_3454.JPG 面白い♪
懸垂電車、、実際走っているところが見たくなりました。
IMG_3458.JPG企画展(トーマス)は軽くスルーして、
IMG_3463.JPG原さんの工房再現 
IMG_3464.JPGIMG_3465.JPG IMG_3467.JPGIMG_3468.JPG IMG_3469.JPG 惰力走行する仕組みなんだって

見た目だけでなく、実際走らせたときの動きも再現しようとして、
考えながら工夫して、うまく走れば大満足、だからこそ大人になっても
鐡道模型を作り続けていたんでしょうね。

財力財力、、と思っていましたが、それだけではない本人の好奇心探求心を
感じながら、もうちょっと展示は続きます。


(つづく)



タグ:横浜 鉄子

横浜「原鉄道模型博物館」で鉄分補給① [旅行・出張の巻(日本⑤)]

中途半端ながら鉄萌鉄子の私うつぼ、
以前から気になっていた原鉄道模型博物館に行ってきました。

場所は横浜駅から7-8分くらいかな。



IMG_3337.JPG こんなオブジェを観ながら中へ。 
IMG_3338.JPGIMG_3339.JPGIMG_3340.JPG

(ホームページ)→ http://hara-mrm.com/

原信太郎さんという方がご自身で製作された鐡道模型や、
鉄道関連の品々(所蔵のごく一部なんだって)を展示している博物館。

模型というと、うつぼ兄が大事に大事にしていたNゲージとか、
小さいときに遊んだプラレール、というイメージしかなかったのですが、
この博物館、原信太郎さんが自分で作った模型が展示されているという、
どんな感じかなあ、と思っていったのですが、驚きの展示がいっぱい。

IMG_3341.JPG IMG_3342.JPG 
入ってすぐにこの電車がお出迎え。

IMG_3343.JPG IMG_3344.JPG 古い時代の電車ですね。

3年前に95歳でなくなった原さんなので、
こういう古い時代の電車の模型も作られたんですね。


IMG_3346.JPGこれなんて IMG_3347.JPG アガサクリスティーの世界 IMG_3348.JPG 天井の照明 
IMG_3352.JPG 室内(食堂車)もよく出来てます IMG_3356.JPG
IMG_3357.JPG 海外の電車も色々と IMG_3359.JPG
IMG_3360.JPG阪神電車、ブルーだったんだ。。。
IMG_3361.JPG この長い電車は IMG_3362.JPG IMG_3366.JPG幻列車。 IMG_3367.JPGIMG_3368.JPG 

と、冒頭で既に鉄分補給できてテンション上げ上げで、中に進むと、


IMG_3369.JPG 原少年の鉄道体験 
IMG_3370.JPGよくできてます 
IMG_3371.JPGIMG_3372.JPG
ライオネル社、増田屋、存じませんが、小さい頃にこういう電車を買ってもらえる、
いいところのお坊ちゃんなんだろうな、、と思います。

IMG_3373.JPG物資不足でもこの仕上がり IMG_3374.JPG 若い頃
確かにお金持ちのおぼっちゃんだから通学用のダットサンとか驚きですが、
自分の乗ったり見たりした電車を作るということに喜びを感じるこそ、
これだけ夢中になって模型を作ったんでしょうね。

IMG_3375.JPG新幹線も一番乗り
東京発、新大阪発どちらも一番切符を獲得するって、どれだけ好きなんだろう。

 
この後、原さんの鉄道愛の展示が続きます。


(つづく)


  

タグ:横浜 鉄子

京都旅行記2017~本法寺&宝鏡寺を観たら帰る編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

超ラストスパート、次にやっていたのは本法寺。

(念のためホームページ)→ http://eishouzan.honpouji.nichiren-shu.jp/


IMG_8103.JPGIMG_8104.JPG
長谷川等伯ゆかりのお寺。

IMG_8105.JPGIMG_8106.JPG 
で、お寺を見学すると思いきや、ここを突っ切って
IMG_8107.JPG 抜けて
IMG_8108.JPGこの通りを通って
(この通りは茶道関連の建物がたくさんあるみたい)
IMG_8109.JPG 不審庵
表千家の建物、、らしい。

そして、宝鏡寺へ。 

(人形供養で有名なお寺だそうです)→ http://www.hokyoji.net/
IMG_8113.JPG IMG_8114.JPG 手を合わせて
中に入ってみたのが雛人形の展示。(撮影禁止)
桜は咲いていないけれど、こういう季節ならではの展示で心なごみました。
かなり駆け足見学となりましたが、昔の雛人形を色々見られて意外に楽しく。

IMG_8115.JPGさっききた道を戻り 
IMG_8116.JPG 以前不審庵があったところってことかな IMG_8117.JPG 急いでもどります IMG_8118.JPG本法寺 IMG_8126.JPG 急いでお参り IMG_8127.JPG 等伯先生のお墓にも手を合わせ

京都駅へ。。
IMG_8129.JPG間に合った


で、ここで珍事がありまして。( 一一)

今回気張ってグリーンにしたのですが、私の席になぜか人がいて。(V)o¥o(V)
外国人のおっさんと日本人の奥さん、と小さい子供のファミリーが
なぜか私の席にいたので、すみません、ここ私の指定席ですが、というと、
通路挟んで2席(ここしか指定でとっていなかったはず)に奥さんと子供が座り、
私の席におっさんが座ってきたんですよ。

私が荷物を隣の席に置けばこのおっさん座ってこなかったと後悔したのですが、
私が荷物を網棚に載せているとき、英語で会話していた夫婦、
私の隣の席が空いているなら座ればいいじゃないみたいなことを言って。

おっさん、白人で190㌢くらいありそうなでかいおっさんなんですよ。(V)o¥o(V)
グリーンの幅広いシートでもすごい圧迫感があって、
おまけに座席倒しまくってタブレットでキャンディクラッシュ(パズルゲーム)に夢中。

奥さんは子供を隣に座らせおもちゃひろげてるし、子供騒いでうるさいし。


(V)o¥o(V)


空いているから座っていいってこともないと思うんですよ。
私に一言も声をかけずに当然のように座る、図々しい態度がすごくムカついて。


ああ、荷物を何で頭上にのせちゃったんだよ、と後悔したものの、
このままずっと隣におっさんが図々しくいるのも嫌だったので、
すみませんと隣のおっさんをまたいで(全然どかねーの、こいつ)、
車掌さんのいるところまでいって、事情を説明したら、

「ああ、それは大変失礼しました、今座席を変更しますので」と
隣の車両の窓側席(隣に人がいない席)に変更してくれたんですが、
車掌さんが謝ることはないんですよね。悪いのはあいつら。(V)o¥o(V)

とはいえ、座席変更できたので元々のところに戻ってきて、
日本語で済みませんけど荷物降ろしますからどいてもらえますか、
って言った、、ものの、おっさんは日本語が分からず、
奥さんもこっちを見ていたものの英訳説明することもなく、
不思議そうな顔してみているだけで、結局おっさんが座席倒して
リラックスしていたままの状態で私を観ていたので、


馬鹿野郎


と思いながら頭上の荷物を降ろして隣の車両へ。



IMG_8131.JPGやっと寛げる 
IMG_8133.JPGそんなときにワゴン登場 
IMG_8136.JPGお疲れ様、わたし。

と、帰りに珍事が起きたものの、無事帰宅。 
IMG_8138.JPG駅で買ったパン

カルネってパン、人気あるらしいです。知らずに買って後で知りました。


久しぶりの京都訪問も3回目となりましたが、
酷い二日酔いも吹っ飛ぶ鉄分補給が出来たし、
バスツアーで一休さんのお寺で坐禅が出来たし、
やっぱり角打ちで呑めたし、若冲の世界を満喫して、
ボウイ様ゆかりのお寺も再訪できて、充実の旅となりました。


最後に珍事があったけど。


というわけで、ハイシーズンには訪れる気がしないのですが
(訪れたいけれどコスト的に無理)
まだまだ見るところはあるはずなので訪れたいと思った京都旅行でありました。



(これにて京都旅行記2017 おわり)



タグ:京都

京都旅行記2017~正伝寺ふたたび編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

京都滞在3日目。寺町通りから御所を通って相国寺で伊東若冲を楽しんだ後は、
現地の友人と合流して向かうのは、昨年も訪れた正伝寺。


(昨年訪れたときの記事)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2016-03-31

IMG_8070.JPG その前にお昼 
IMG_8071.JPG狸さん、お久しぶり  IMG_8072.JPGIMG_8073.JPG IMG_8074.JPG 衣笠 
この文字を観ると鉄人衣笠を真っ先に思い出してしまう。。

IMG_8075.JPG 昼ビール♪ 
IMG_8077.JPG 出汁巻玉子
焼き立てでほわっほわ。 
IMG_8078.JPGざる
葱が青いので、遠くに来たんだなあ、って思います。
お蕎麦はつるつるのど越しよく、美味しくいただきました。(^-^)

この後正伝寺に向かって、
IMG_8080.JPG静かです IMG_8083.JPGまた来れました  IMG_8084.JPG

参拝料をお支払いして中に入ります。
IMG_8085.JPGここに座って庭を眺めます  IMG_8086.JPG IMG_8088.JPG
座って無言でじーっと庭を眺めているだけで心が落ち着きます。
デビッド・ボウイ様もここで静かな気持ちなったんだろうなあ、と
想像しながら、手を合わせました。
 
IMG_8091.JPG  IMG_8092.JPG
方丈の中のふすま絵は狩野山楽。

(お寺のホームページにも説明ございます)→ http://shodenji-kyoto.jp/

撮影できませんでしたが、枯山水と同じく、侘び寂びな雰囲気の絵で、
この絵でも気持ちが落ち着きました。
 
IMG_8093.JPG
再訪できたことに感謝です。 
IMG_8095.JPGIMG_8096.JPG IMG_8097.JPGIMG_8099.JPG IMG_8102.JPG 
短時間での見学となりましたが、あともう一か所、訪れます!


(つづく)

 

タグ:京都

京都旅行記2017~相国寺で若冲鑑賞編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

御所を南から北に通り抜けて、


IMG_8045.JPG大学?横の道を前進 IMG_8049.JPGIMG_8050.JPG相国寺
お寺の特別拝観は訪問時は行っていなかったのですが
IMG_8051.JPG これを見たくてやってまいりました
昨年、上野で期間限定の若冲展に4時間待ちとか5時間待ちとか、
訳わかんないくらいの盛り上がりだったのを思い出すのですが、
あれは運営上にも問題があったのでしょう。こちらは行列なし。
美術館は、お寺の奥にあるので、
IMG_8052.JPGお寺に向かって歩き IMG_8056.JPG 着きました  IMG_8057.JPGIMG_8058.JPG IMG_8059.JPG 入口です  IMG_8061.JPGポケモンGO禁止

(承天閣美術館といいます)→ http://www.shokoku-ji.jp/j_nyukan.html


伊東若冲自身が、相国寺の在家坊主だったので、
ここの美術館で作品を所蔵しているようですね。
若冲の描く花や鳥、本当に緻密で好きなのですが、
ビデオで若冲の半生が館内で見られたので見ていたら、
商家の長男(青物問屋?)で家を継いだものの商才いまいちで、
弟に家を譲って、裕福な家柄だったので、鶏を飼って観察しながら
日々絵を描いたりして過ごしていたとか。
最近、画家の演じを観るときにその人の半生を知ると更に興味が湧きますが、
ちょっとのんびりした感じの人だったのかな、と思うと、
親近感が湧きながら見ることができました。(館内残念ながら撮影禁止)

今回は、初公開の鸚鵡の絵が白い色合いの鸚鵡の羽のふさふさ感が素晴らしくて
本物が飛び出てきそうなくらいの作品で見られて感激。

で、1時間ちょっとゆったり鑑賞した後は、お寺の敷地内をぐるぐるっと見学して、
IMG_8063.JPG浴室 IMG_8064.JPGIMG_8065.JPG
こういう不届きな人、いるんですかねぇ。 
IMG_8066.JPG本堂 
残念ながら中には入れませんでしたので、手を合わせて失礼しました。

と、ここから旅のラストスパート! 急ぎます!


(つづく)



タグ:京都

京都旅行記2017~御所ぶらぶら編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

寺町通りを北上しながら御所方面に向かっておりますが、


IMG_8010.JPG しののめ
試食させてもらって、ちりめん山椒を購入 
IMG_8013.JPGIMG_8014.JPG
小さいころ新宿区に住んでいたのですが、近所にあったのが御霊神社。
それだけでどこか親近感を感じてお参りしました。。
IMG_8015.JPG京都に来られて感謝 IMG_8016.JPGIMG_8018.JPG
ここから少し歩いたところにある、建礼門から御所の敷地内に入ります。
 
IMG_8020.JPG IMG_8021.JPGのどかだ IMG_8023.JPG じゃりじゃり
と音を鳴らしてあるきますが、ここは見学するつもりはないので
サクサク通過したいのですが(失礼な発言ごめんなさい)
如何せん御所ですからね、広い。

IMG_8024.JPG
IMG_8025.JPG皇宮警察なんだね 
IMG_8027.JPGIMG_8028.JPG
当日も見学可能ですが、急に思い立って通過しているので、
当然ですが見学しません。次回はネットで予約して見学します。

IMG_8029.JPG広い IMG_8030.JPG IMG_8031.JPG まだ半分。( 一一)IMG_8033.JPG桜 IMG_8034.JPG これは面白い IMG_8036.JPGこれ
と、先を急いでいる割に、こういうものにはつい目が行ってしまいます。。

IMG_8038.JPGへえ。。 
IMG_8039.JPGIMG_8041.JPGおっちゃん、自転車爆走中 IMG_8044.JPG やっと朔平門
砂利の上を長時間歩くのは疲れますね。( 一一)
でも、ここから更に歩いて相国寺に向かいます。



(つづく)


 

タグ:京都

京都旅行記2017~寺町ぶらぶら編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

京都滞在3日目。ホテルで朝ごはん。


IMG_7974.JPG 納豆は1個で
IMG_7975.JPGオムレツ 
注文してから焼いてくれるのですが、デミグラスソースかトマトソースを選べるだけで

具無しのプレーンのみ。。( 一一)
ハムとかトマトとか、チーズ、ピーマン、玉ねぎとか、、選べるといいのにな。

IMG_7977.JPG ま、納豆あったから良しとします。
で、この日は帰る日なので、それまではホテルに荷物を預けてぶらぶらします。
IMG_7979.JPG寺町通りを歩いて北上します
IMG_7982.JPG朝から行列
コーヒースマートというパンケーキで有名なお店らしいのですが、
行列するのが苦手なので並んでいる人を見ると感心してしまいます。。

IMG_7988.JPG職人の店
開いていたらお店に入ってみたかったのですが、
この時朝の8時過ぎ。 残念ながら入れませんで。。。

IMG_7989.JPG風情のある通りです 
IMG_7990.JPG 出石そばってどんな感じなんだろう。
IMG_7992.JPG 老舗なんだろうな 
IMG_7994.JPGIMG_7995.JPGうまそだ(開店前)
IMG_7996.JPG道具やさん IMG_7997.JPG にゃぁ 
IMG_7998.JPG五色豆? 
IMG_8000.JPG撞球という書き方が渋い IMG_8001.JPG お、一保堂だ 
IMG_8002.JPG さすがお茶のお店ならでは 
IMG_8004.JPG 誠実なお店 
IMG_8005.JPGIMG_8006.JPG IMG_8007.JPGIMG_8008.JPG  

お店が開いている時間帯ならもっと楽しいんだろうな、、、、と
少々残念だったのですが、帰りの時間を考えると朝しかなかったので。。
次回はここをもう一度歩いてみたいです。

この後は、御所を通過してさらに北上します。


(つづく)


タグ:京都

京都旅行記2017~中山でぐびぐび編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

珍事などもありましたが、楽しい夜の部です。(^-^)

一昨年、超久しぶりに京都を再訪した際に寄らせてもらった祇園の中山さん、
今回もお邪魔しました♪

おそらく平日の方が社用族でお忙しいお店かと思いますが、
一昨年は貸し切り、昨年は前後に数組、なので、
今回もそんなに慌ただしくないかと期待して訪問しました。

(初めての中山)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-01-22

(2回目の中山)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2016-03-31-4

こんばんは~、とお店に入ると千葉からやってきたおばさん、として覚えていただいて
いたようで、カウンターに案内していただきました。(^-^)


IMG_7925.JPG 飲み物


IMG_7926.JPG お料理 IMG_7927.JPG 旬が楽しめそうです♪ IMG_7928.JPG 最初は黒ラベルで。(^-^) IMG_7929.JPG 
春らしいお通し。
もろこ(左から2番目のお魚)、、、これは京都でしか食べたことがありませんが、
遠くにきたんだなあ、と実感します。
IMG_7932.JPG 御椀は 
IMG_7933.JPG 蛤しんじょう
うるいなども入っているお上品なお椀です。これだけでもうぐびぐび。

IMG_7934.JPGお造り
赤貝、まぐろ、いか
ド定番ですが、やっぱりうまいです。(^-^)

IMG_7936.JPG次に 
IMG_7937.JPG 若竹煮
ここ、盛りが結構いいのが好き。(^-^)

IMG_7938.JPG甘鯛
鱗のぱりぱりが酒飲みにはたまりませんね~。

IMG_7940.JPG で、次に
IMG_7941.JPG いい蒸し 
ちょっとオナカがいっぱいになってきました。

で、今回はいままでと違って結構お客さんが多くて、大将も大変そう。
英勲の社長ご夫妻が途中で軽く立ち寄られてお話しさせてもらいましたが、
伏見の酒造りを担う方はお酒は強いし上品で、話も面白く、
中山さんならではの出会いに感謝です。。。

あとは、途中で、国会議員の某野党の電車好きのおじさんが入ってきて、
そそくさと奥の個室に移動。。。 
あんまり慌てている感じだとうしろめたいのかと思ってしまう。(笑)

IMG_7942.JPGで、大将も忙しそうだったので
IMG_7943.JPG のり茶に
IMG_7945.JPGメロンで御馳走様

最初に来た時、貸切で申し訳ないくらい丁寧に対応してもらいましたが、
昨年はそこそこお客さんがきて、今年はもっときて、、
このくらいが普通の対応なのかと思いましたがそれでも満足。

大将(下戸)の気さくな話も楽しいですし、ちょっと天然な感じのおかみさんも楽しくて、
ここは京都にくる度、お邪魔したいな、、、て本気で思います。(^-^)


大将がお忙しそうになったところでお店を出て、

IMG_7947.JPGIMG_7949.JPGIMG_7950.JPG
八坂神社で花灯路、というイベントだからと行ってみたら、
既に終了していたので、
IMG_7953.JPG提燈を観たら移動して
IMG_7958.JPGここを散策
IMG_7962.JPGIMG_7963.JPG(懐) 

IMG_7969.JPGIMG_7970.JPG 
もっとしっとりしたエリアかと思ったのですが、
若い人が集まるエリアぽい感じ。

ホテルが近いのでぐるぐるしたのですが
やっぱり祇園の中山あたりののんびりした雰囲気が好きかな、、と
思いながら、、ホテルに戻って就寝。

(-。-)y-゜゜゜(-。-)y-゜゜゜(-。-)y-゜゜゜




(つづく)



タグ:京都 英勲

京都旅行記2017~ホテルで珍事編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

早起きして精進料理、座禅、狂言堂観光のバスツアーに参加し、
やっぱり早起きは三文の徳、と思いながら楽しく伏見で昼酒した後は、
一旦ホテルに戻ります。


IMG_7897.JPGIMG_7898.JPG
晴れた空に擬宝珠。水のある風景って素敵です。

IMG_7904.JPG よくみかける夕子さん。

IMG_7905.JPGIMG_7906.JPG
リプトンラウンジって初めてみたのですが、都内にもあるのかな。
(日東紅茶のお店は東銀座で見たことあるけれど)

IMG_7907.JPG サンボアバー
銀座にもありますが、この系列なのかな。結構歴史あるバーみたい。

IMG_7908.JPG 蟹にご挨拶して IMG_7909.JPG お参りして
IMG_7910.JPG 蕎麦、、と思いながら IMG_7911.JPG外人対応 IMG_7913.JPG ホテルの部屋に戻ったのですが、

泊まっていたホテル、入口が狭いのですが
(利用客以外が待ち合わせで使わないように狭くしているのかな)
狭い入口にレストランで昼の部貸切だったお客さんたちが群がっていて。。。
宴も終わったものの余韻があって、狭い入口をふさぐようにいて。(V)o¥o(V)

すみませんが中に入りたいので、と言いながら中に入って、
フロントのおかえりなさいませー♪という明るい声かけに、
ホテル入口に貸し切り客が大勢いて入りづらいので移動してもらってください、
とお願いしてからエレベータで上がって部屋に入ろうと思ったら。

清掃中。(V)o¥o(V)

このとき15時半。


いくらなんでもチェックインができる時間になれば
連泊でも掃除が終わっていると思ったら。。。


部屋に入りたいのですが、と言ったら、
今掃除を始めたばかりで20分くらいかかります、
と申し訳なさそうに言われて。。。
昼寝しようと思ったけれど残念過ぎる、、と
エレベータでロビーに下りて外に出ようと思ったら、
入口にまだ大量の人だかり。。

新しくてロケーションのいいオサレなホテルがウリとはいえ、
連泊のお客さんへの気遣いもほしいし、飲食エリアの貸切があるなら、
店を出た後、ホテル入口で群れないように、、とか、
きちんと対応して欲しいな、と思いました。

で、結局部屋に戻れず、近場で足裏&整体で時間を過ごし
(高いかなと思ったけれど部屋に戻れないから仕方ないか)
夜の部に向けてむかいます。。


IMG_7916.JPG日暮れ IMG_7917.JPGIMG_7918.JPG
バスで祇園に移動して、お目当てのお店に向かいます。


呑みます♪





(つづく)

 


 

タグ:京都 珍事
前の10件 | - 旅行・出張の巻(日本⑤) ブログトップ
メッセージを送る