So-net無料ブログ作成
検索選択
旅行・出張の巻(欧州①) ブログトップ
前の10件 | -

イギリス出張記2010~帰国編③~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

弱り目に祟り目っていうか、なんちゅーかなんちゅーか、、、、状態で2時間。
やっとお待ちかねの搭乗時刻になったところにJALスタッフの方が登場し、
カートのような乗り物でラウンジからは一番遠いゲートまで送っていただきました。

ボーディングブリッジを歩いていると、
客室責任者の女性が機外まで出てきて上司をお迎えしてくれました。

 

あーあーもー、そんなに甘やかさなくっていいですよー。(ーー;)


 

と思いながら私も機内に乗り込むと、

「この度は本当に申し訳ございません。
 ○×▲■様にはどのように対応すればよろしいでしょうか?」

と客室責任者の女性に聞かれました。

 

「水平飛行になったら寝てしまうと思いますので起きるまでそのままにしておいて下さい。
 起きたら多分軽く食事でもお願いするかと思いますが、そのときは宜しくお願いします。」


「お酒などは?」


「いつも呑まないようです。(呑んでいるのはこのワタシ、笑)
 いろいろとお気遣いいただき有難うございます。」


と答えて私は最初にいただいた搭乗券で指定された座席に着席。

DSCF1721.JPG 非常口 これだけでも有難い。。。

飛行機はほぼ定刻に出発し、ほどなくして水平飛行。。。

が、ドリンクサービス廃止なので食事が出てくるまで長いこと長いこと。。。

私にしてはイマイチ食欲もなかったのですが、取敢えず
DSCF1722.JPG 八宝菜のような料理を選択

DSCF1723.JPG 一応お約束で白ワイン

DSCF1725.JPG味付けいいけど具が少ない。。。
DSCF1724.JPGノビノビなのに蕎麦にホッとする私

映画を観る気力が全然なかったので、最近すっかり気に入ったプレイリストを作って、

紫の炎

紫の炎

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/06/22
  • メディア: CD



バ~~~~~ン! 

レッド・ツェッペリンIV

レッド・ツェッペリンIV

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: ワーナーミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2005/05/25
  • メディア: CD


ロケ~ンロ~ル♪ とか

DREAM PRICE 1000 太田裕美 木綿のハンカチーフ

DREAM PRICE 1000 太田裕美 木綿のハンカチーフ

  • アーティスト: 松本隆,萩田光雄,筒美京平
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックハウス
  • 発売日: 2001/10/11
  • メディア: CD


とかいの~えのぐに~そまらないでか~えって~♪


とか 聞きながら気付けば爆睡してました。

 

(-。-)y-゜゜゜グースカグースカ(-。-)y-゜゜゜グースカグースカ(-。-)y-゜゜゜

 

非常口席だったので足を大分前に出して寝ていたようです。
(お手洗いに行く方にはご迷惑をおかけしたかと思います、すみませんぬ)


5時間くらい経って目が覚めてぼーっとしていると、若いCAさんが近づいてきて

「○×▲■様(←上司)が離陸してから寝たままで全然起きないのですが
 どのようにしたらよろしいのでしょうか?」 困った様子で聞いてきました。

「あ、いいんです、眠いから寝てるんでしょうし、そのまま放っておいてやってください。
 お気遣いいただいて申し訳ありません。」と答えましたが、

「でも・・・・」と再びCAさん困り顔。

 

いいんだってば。
寝てるんだからそのまま放っておけば! 

 

私の中のイラット星人がイラッとイラッとし始めました。。。。


(V)o¥o(V)イラット(V)o¥o(V)イラット(V)o¥o(V)



余計なことしなくていいんですよ、ったくもー。。。

DSCF1726.JPGイラッとついでにジントニック
DSCF1727.JPG お代わり

ロンドンベースの男性CA(アル○ァロさん)はニコニコと英語で話しかけてくる人でしたが、
お酒は親切にお代わりまで気遣ってくれて良い人でした。(笑)


と、爆睡して起きて呑んで暫くすると

DSCF1728.JPG 朝食
DSCF1729.JPG オムレツ、、、らしいのですがイマイチ
安い旅館の朝ごはんブッフェに出てきそうな食感の玉子料理でした。。。

 

でもね、もうどうでもいいの、早く着いてくれさえすれば。

 

飛行機はちょっと早めに成田に到着。。。

 

CAさんの話だと上司は着陸ギリギリまで寝ていたらしいのですが
さすがにそれって不貞寝じゃないの?なんて思った私。

ってか、不貞寝としか思えない。(笑)

降機後も黙ったまま入国し、荷物を受け取り帰っていった上司。

私も電車にごとごと揺られて帰宅の途につくのでありました。。。。

 

 

気の毒だとは思いつつ、思わず笑ってしまった珍事でしたが、
これにてイギリス出張記はおしまい。
長らくのお付き合い、有難うございました。(^^)



 


nice!(15)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~帰国編②~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

お仕事してから車で2時間移動、、、、
やっと辿り着いたロンドンの空港でのハプニング。。。。

何とか上司にビジネスクラスの搭乗券は用意できたものの
カリカリしている上司、それを見て上司以上にイラついているワタクシ、、、


そんな2人に異常に気を遣ってくださったJALスタッフのご案内でラウンジに到着。。。

DSCF1712.JPG 入口

以前はJAL専用のラウンジがあったそうですが、
こういう昨今ですから、現在は英国航空のラウンジを使用するようです。

事前に調べておいたのでシャワー浴びて、ELEMIS SPAでリラックス、、、
なんて楽しみにしていたのですが、とてもそんな雰囲気ぢゃなくって。

取敢えず、同僚に異常事態発生のメールを送って一段落してから
お手洗いに行って戻ってくると、、

上司、違う席に移動してグースカ寝ています。

ちっ。 オトナゲナイ。。。 (V)o¥o(V)



ま、私も視界から消えてくれたのでホッとしちゃったのですが(^_^.)
途中でJALの方が朗報をもって現れるのではないか、、と期待していたので
眠いものの眠ることも出来ず、

上司から更に遠いところに移動して、
DSCF1714.JPG ジントニックとポテチをいただきました

ラウンジ内にはシャンパンバーとか素敵なワインセラーとかあったのですが、
そういうものを写真に撮る気力はどうにもなかったというか、、、で、
己の食べて呑んだものだけしか写真はございませんぬ。

で、上の写真のポテトチップス、バルサミコ酢と塩味だったのですが、美味。
ただ、食べているときバリバリとやたら音が出るのでちょっと恥ずかしかったかも。。。

 

と、JALスタッフが登場。

「あの、うつぼ様、、、ファーストクラスが生憎本日は満席になってしまいまして。」
非常に恐縮した表情で仰いました。

「そうですか。元はと言えば成田で無理を申し上げた訳ですから、
 何かの手違いもあったでしょうし、座席数が限られたファーストクラスが満席、
 これは致し方ありませんね。
 申し訳ないのですが、私が言うと波風が立つような気がしますので
 うちの○×■▲が起きたところで直接お伝えいただけませんか?」と答える私に

「かしこまりました。こちらこそご迷惑をおかけして申し訳ございません。」と
丁重に謝るJALスタッフのオジサン。


こんなやりとりをしながら上司が寝ているのを見て
「あなたのせいよ、ア・ナ・タのせい。自業自得。」心中思う私。

 

その後、

「うつぼ様、3席並びの真ん中のお席でしたらビジネスクラスにアップグレードできますが。」

とお申し出いただいたのですが、こんな状況で上司の近くに座るのはいやだし、
おまけに3席並びの真ん中はトイレに行くときどちらの席を跨げばよいか迷うし、、なので


「いえいえ、折角ご配慮いただいたところを申し訳ありませんが、
 真ん中の席はトイレに行き辛いですし、いただいた搭乗券の通りの席に座ります。」

と答えたら、その後ふたたび現れて、


「うつぼ様、では、プレミアムエコノミーの窓側席はいかがでしょうか?」との申し出。

「本当に有難いお話なのですが、このままの席で結構です。申し訳ありません。」と私。



だって窓側だとトイレに行くとき面倒だし、できるだけ上司と離れていたいし。。。

 

ああ、、、早くヒコーキに乗って日本に帰りたい。。 



気持ちが落ち着かないので、
DSCF1716.JPG 呑んで食う
DSCF1717.JPGが、中華風のチキンヌードル 激マズでした
甘さが際立ち過ぎていてスイーツかと思うほど。(ーー;)
胡椒を振ってなんとか食べようと思ったのですが、数口でギブアップ。。。

DSCF1718.JPGこちらは普通に美味しかったので一安心。
DSCF1719.JPG ピノグリージョをいただいて少し落ち着きました。。。


で、やっぱり汗臭いままヒコーキに乗るのはイヤだから着替えだけでも、、
とトイレに行ってお着替え。

DSCF1713.JPG 石鹸とハンドローションはElemisでした

やたらと長く思えた待ち時間、なんとか過ごして搭乗時刻となりました。。。

お迎えに来てくださったJALスタッフのオジサンから上司に説明してもらうと
「そう。」と一言答えるのみの上司。


既に怒りを通り越して悲しくなっているかもしれませんが軽く無視。(V)o¥o(V)

だって、しょーがないじゃなーい、席が空いてないっていうんだからー。


という状況の中、ゲートまでご案内いただき搭乗します。

 

(つづく)


nice!(13)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~帰国編①~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

個人旅行ではない上に、毎日お仕事以外は単調な感じだったもんで、
思ったほど大したことがない割に結構引っ張って記事を書いておりました。。(^_^;)

で、帰国編です。

多分ね、今回の出張で一番インパクトの大きい出来事があったのは
帰国編かもしれません。。。



当初の予定ではパリ経由で帰る予定だったので
帰国日は朝バーミンガム空港に向かうはずだったのですが、
往路、成田空港で復路も(夜発の)ロンドン便に変更したので、
お昼過ぎまで仕事してからロンドンヒースロー空港に向かいました。

[車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)]ぷっぷー[車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)][車(セダン)]


DSCF1706.JPG 晴れた空に
DSCF1707.JPGのどかな風景を見ながら
DSCF1708.JPG 意外とあっという間ねと思いつつ
DSCF1710.JPG2時間弱で到着。。。

出発まで2時間ちょっと。
余裕ある到着でほっとしながらJALのカウンターを探し
DSCF1711.JPG こじんまりしたカウンターを発見。

上の写真の右手の赤いファーストクラスカウンターに進み
「チェックインをお願いします」とパスポートを上司と一緒に提示すると、
JALスタッフの男性が走りよってきました。。。

「いつもご利用ありがとうございます。
 つかぬことをお伺いしますが、本日はエコノミーのご予約なんでしょうか?」

とJALの男性が非常に丁寧な口調で聞いてきました。

「えーっと、私はもともとエコノミー席で帰りはアップグレードできるかどうか
 ロンドンのカウンターで聞くように成田で言われておりますが」と答えると、

「いえ、○×△■様(←上司)のご予約がエコノミーになっておりますが。
 ちょっと気になったものですから。」と男性。

「えぇっ? ディスカウントですがビジネスのチケットで、
 成田で行き先の変更手続きをいただいたはずなのですが。」

と説明する私の横で

「どうして私がエコノミーなんですか!!  
         何かの間違いでしょ!!」


急に上司が激しくリアクション。<(`^´)> プーッツ!



そもそも軽い気持ちで行き先を変えて、とか言ってしまう上司です、
そんな人が怒ると何(失礼なこととか)を言うか分かりませんからねぇ。



上司、ここはワタクシが対応しますから黙ってくださいよ。(ー_ー)!!


という視線を上司に投げつけながら、
成田空港でのやりとりと対応してくださった方の名前などをJALスタッフに伝え
とりあえず、ビジネスクラスの席をご用意いただけませんか?とお願いして
バルクヘッド席の搭乗券をご用意いただきました。


ホッとしたんだけど、最初に出てきた上司の搭乗券、
私と同じ列のエコノミー券だったから、私と同じ列に座ったら面白いかも、とか
私の中の悪魔がヒーッヒッヒッヒーとほくそえんでいただけに、
ビジネスクラスの席が用意できたと聞いてややがっかり。(笑)


JALの方には「ファースクラスのお席が空けばよいのですが」と
ご親切に言っていただいたのですが、予約上は満席。


予約した人が来なければ空くでしょうが、その可能性は低いですよね、
出発まで2時間ありますし、ラウンジで待たせていただいている間に
もし、席が空くようでしたらご連絡いただけませんか?とお願いしている間も、
上司は後ろでぶつぶつぶつぶつ文句言ってます。

 

うるせぇぇぇー。
   (V)o¥o(V)

 


元はといえば、無茶なことをしたアナタが悪いんじゃないのよ。<(`^´)>
ぶつぶつ言いたいのは私の方だってば。



とは、勿論上司にいえませんので、
「今、手続きをお願いしていますからラウンジに行きましょう」と言って
JALスタッフの方と一緒にラウンジに向かうこととなりました。。

 

あーあ、道中長いのにどうなることやら。

 

(つづく)

 

 


タグ:JAL
nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~ぶらぶら編②~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

昨日、無事帰国しました。。。
南米が冬で涼しかったので成田に着いて蒸した空気に
「あぁ、日本は梅雨」と思い出しました。。。。


 

思いの外写真が多かったので、ぶらぶら編②です。

駅から左手に進み「ブル・リング」と呼ばれるショッピングモールを通り
外に出たところで見かけたのが、

DSCF1607.JPG これ。

前回のバーミンガム出張時にも見てビックラしたのですが
こりゃなんだい一体?的な建物で、調べてみたら、
さきほど通過したセルフリッジ(デパート)の外側。

wikipedeia先生によれば、
この建物をデザインしたのはロンドンベースのフューチャーシステムズ社とアラップ社、
パコ・ラバンヌ作のスパンコールのついた衣装からヒントを得て、
15000枚のアルミの円盤を外壁に貼り付けた近未来イメージの建物らしいです。
おまけに建築関連の表彰もいくつか受けたというので有名な建物みたいですね。

DSCF1608.JPG で視線を右にずらすと今度は教会
DSCF1609.JPGつなげて想像してください(^_^.)
セント・マーティン教会です。

古い教会にスパンコールの建物が並んでいる光景は微妙な気もしますが
こういう感覚もあるんですねぇ。。。
DSCF1610.JPG教会の右手にはショッピングモール
DSCF1613.JPG と、不気味な手の形のオブジェ
DSCF1652.JPG 手、、じゃなかったりして。 何なのか不明どす。
DSCF1616.JPGこのオブジェの近くの和食店。 ワガママ。(笑)DSCF1617.JPG同僚が以前ここに入ったのですが、
どうやったらこんなにまずくて不思議な料理を出せるんだ!!!!!、と
怒りを通り越してビックリした、といってましたが、現地の人でお店は賑わってました。

DSCF1618.JPG ディスカウントショップ
DSCF1619.JPGスーパーなどもありましたが、
金曜日の7時過ぎだったせいかほとんどのお店が閉店。。。
日本では考えられませんが、海外(欧州)だとこんなもんですかねぇ。。。
DSCF1621.JPG 地元のオネエチャンたち。
結構寒い日でしたが、若人はオサレなんでしょうか、結構薄着。。。。
金曜日の夜なのでこれから遊びに行くのかしらね。
DSCF1614.JPG市場
DSCF1645.JPGさすがに終わっていましたが
DSCF1648.JPG 結構賑やかなんでしょうね。

DSCF1638.JPG チャイナタウン
DSCF1639.JPGの近くのレストランでベリーダンス発見

と、ぶらぶらした後は、遠いホテルまで戻ります。。。

DSCF1663.JPG 駅に戻ります。。。
DSCF1667.JPG ニューストリート駅に着きました

同僚がサプリメントを買いたいというので駅構内のドラッグストアに行くと

DSCF1668.JPG 肝油がいっぱい販売されていました
肝油、、、小学生の時に食べた記憶がありますが
あれって日ごろの食事では栄養不足になってしまうからだったんでしょうかねぇ。。

DSCF1670.JPGで、ホテルに戻る前にと改札に入って
DSCF1672.JPG トイレに向かうと
DSCF1671.JPG有料でした(^_^;) 
30ペンス、現在のレートだと40円くらいですが、
有料だったせいか、結構きれいでした。。

で、電車で帰ろうとしたら出たばかりで次の電車(終電)が1時間半後。。。。
DSCF1673.JPGなのでタクシーで帰ることに
DSCF1674.JPG向かい側にも折りたたみ椅子
ロンドンで20年前に乗ったきりですが、車内は広いですねぇ。。

DSCF1676.JPG行き先を伝えると料金表で調べて
値段を提示してきたのですが思ったより高かったのでメーター料金で、と伝え出発。
DSCF1678.JPG 街中を出るとあっという間に景色が地味で
DSCF1681.JPGこんな景色がずーっとずーっと続いて
1時間くらいで到着。。。 

やはりメーター料金のほうが安かったのでほっとしながらお支払い。

と、大してあちこちにはいけなかったのですが、
時間がない割にはのぶらぶら歩きでありました。。。。。

次回は帰国編でつ。

(つづく)


タグ:イギリス
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~ぶらぶら編①~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

予定だと今日の夕方に成田到着、、、のはずです。。
飛行機、ちゃんと飛んでるといいけどなー。。。。。。




ぶらぶら、といっても、
ホテルから一番近い小さい町、とバーミンガム駅付近のみ、ですが
写真を撮りましたので記事にしたいと思いまっす。(^^)

まずは、、、、ホテルから一番近い、けどチッチャな町、
中華料理を食べた後、折角きたから少しぶらぶらしようか、、、なんて
オジサン達と歩き始めたのですが、人が少ないというか、
みんな家にいるのかパブで呑んでるのか、、通りに人が殆どいなくって。(ーー;)

DSCF1549.JPGカジノ?
スポーツの試合などにも色々賭けられるところのようです。

DSCF1551.JPG夜9時ちょい前くらいなんですが人いない。。
DSCF1562.JPG同僚がお金を下ろしてました。。
DSCF1564.JPG日本に比べるとちょっと暗めですね
DSCF1563.JPG で、街中で教会を見つけましたが地味でした。。

英国国教会の教会ってどれも同じ感じかと思っていましたが、
これはナンだか質素というか違う宗派なのかしら。。(不明です)




で、たった一度だけバーミンガムの街中へ出かけた時のぶらぶら編。。


DSCF1581.JPG 仕事場から10分くらい歩くと駅なのですが
DSCF1582.JPG レオナ・ルイスとか
 DSCF1583.JPGアル・グリーン&マイケル・マクドナルド!!
最近こういうベテランをセットにするのが流行っているのかしら。。

DSCF1584.JPG サルティンバンコ ちょと懐かしいわねぇ。。。

なんてポスターを見ながら歩き、駅で切符を買って(10分くらい乗って300円くらい)
タトゥーが手首までビッシリのオッチャンに席を譲られてビビリながら着席。
さすがレディーファーストねぇ。。。

DSCF1585.JPG あっという間にバーミンガムニューストリート駅着
DSCF1590.JPG 4年前にも見た記憶のマークス&スペンサー

駅を出ると目の前に見えるのが、
DSCF1591.JPG デベナム(老舗デパート)
DSCF1592.JPG 赤くない2階建てバス

でもバスに乗らずにデベナムを見ながら左手に進むと、
ブル・リング」というショッピングモールが見えてきます。
DSCF1596.JPG こんな前衛的なオブジェもございます
DSCF1598.JPG ガラスを多用しています
DSCF1600.JPG 古いミシンが並ぶ洋服屋さん
なかなかオサレなディスプレーですね。

DSCF1601.JPG 中に入るとセルフリッジ(デパート)
DSCF1603.JPG広々した吹き抜けもございますが、

1階まで降りて外に出たら、摩訶不思議な建物が見えました。

(つづく)

 


タグ:イギリス
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~呑んだり食べたり編④~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

呑んだり食べたり、、、続けて記事にしたのですが、
せっかく沢山写真を撮りましたので、撮った分の総集編です。

因みに、ワタクシはそろそろ帰国の途に着こうか、、、というあたりです。
予定であれば明日には日本にやっと帰れるはず。。。。。(;_;)




仕事中のお昼に食べたもの、あれこれ。
DSCF1447.JPGDSCF1502.JPGDSCF1580.JPG
DSCF1697.JPGDSCF1698.JPG
ハンバーガーを食べたのは同僚ですが一緒に載せてみました。。。


注文して1時間以上待つけど普通に食べられるパブのゴハン。
DSCF1470.JPGDSCF1471.JPGDSCF1472.JPG
DSCF1492.JPG ステーキ、、、もっと中がレア状態の肉が食べたかった

お次は、レセプションで食べた現地料理。
DSCF1483.JPGDSCF1521.JPG ま、こんなもんで。


そして、中華いろいろ。
DSCF1537.JPGDSCF1538.JPGDSCF1540.JPG
DSCF1541.JPGDSCF1542.JPGDSCF1543.JPG
DSCF1544.JPGDSCF1545.JPGDSCF1546.JPG
DSCF1629.JPGDSCF1631.JPGDSCF1632.JPG


われながら食ったなあと思います。(笑)

 

お次は、飲んだ写真の数々です。。
DSCF1468.JPGDSCF1489.JPGDSCF1628.JPGDSCF1630.JPGDSCF1482.JPG
DSCF1484.JPGDSCF1491.JPG あれ、、写真少ないじゃん。。。。。。

多分、この3倍くらいは呑んでおりますが(笑)

ゴハン時にビールとかワインを呑んで、、、二次会でもビールかワインを呑んで、、、
そんなことを毎日繰り返しておりました。。。。

因みに、、、日本酒は身の回りに存在していなかったので一滴も呑まず。(^_^.)

ワンカップも写真撮る機会なさそうだし、、、なんて持参しなかったので、
帰国前日に呑む、、というセレモニーもなかったりして、
イマイチパンチに欠ける写真となりましたが、
帰国前日などは、同僚達と二次会でワインを呑み続け、多分フルボトル1本以上は
呑んでしまったような気がします。。。。。。

海外では時と場合に応じて食べられるものも呑めるものも変わるような気がしますが、
こうやって並べてみると比較的充実していたような気もしてきた
呑んだり食べたり編、、、でありました。

(つづく)


タグ:イギリス
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~呑んだり食べたり編③~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

こんなにずるずる呑んだり食べたりしているのは
それだけ実際に呑んだり食べたりしてるのと(^_^.)、
何かに使えるかも♪と、写真を撮ったから、というのとで、、、、つづきでございます。



パブでレストラン、、、もよいのですが、さすがに飽きるというか、、なので
何人かでタクシーに乗って(1000円ちょいくらいかな)一番近くの田舎町に行きました。

どうしても和食、とは思いませんが、中華くらいは食べたいね、ということで。(^_^.)

中国系の移民、結構イギリスには多いようで、どんな田舎町に行っても
中華のお店はあるのですが(最近はタイ料理のお店も増えたような。。。)
前回の出張時にも寄った記憶が、、、というお店に6人で行きました。

と、店内には同じことを考えてやってきた同僚4人が既に食事中。。。。。。

円卓に座って、 
DSCF1526.JPG 赤ワインをいただきました。

ホテルのバーで既にビールを呑んでいるので赤ワインからスタートです。

DSCF1531.JPG ちょっと豪華に見えますが、
普通の中華料理のお店です。
 
でも、麻婆豆腐を頼むと「今日はない」とか、「餃子は?」と聞くと「明日ならあるよ」とか
客を舐めきったような態度が少々気になります。。。

ま、取敢えずちゃんとしたものが食べられればいいので我慢我慢。。。。

DSCF1532.JPG 料理がくるまで海老せんをつまみます。。
DSCF1537.JPG 間違いのないワンタンスープ
本当は酸辣湯にしようかと思ったのですが、
酸辣湯は店によって当たり外れがあるような気がして無難にワンタンで。。。
ワンタンは海老プリプリで美味しゅうございました。。。

DSCF1538.JPG ビーフン これも間違いない味で安心です
DSCF1540.JPG シーフード炒め
揚げ麺が鳥の巣のようになっているのですが、これもバリバリといただきました。

DSCF1541.JPG揚州炒飯 これもパラパラ美味
DSCF1542.JPG海老炒飯 海老プリプリ♪
DSCF1543.JPG 野菜炒め
ブロッコリがやたらと入っていたのですが、個人的にはモヤシがもっと食べたかった。。。


で、店の人がしつこく勧めてきたので、
DSCF1544.JPG 豚肉の揚げた一品
これは味付けされた肉が柔らかくて美味でした。。。。

で、私以外はオジサンばかりの円卓、足りないよ~という声があったので、
DSCF1545.JPG 五目やきそば

炭水化物ばっかりじゃん。(ーー;)


DSCF1546.JPG 店の人が勧めたカレー

え~、カレー??? と引き気味に注文したので期待しておりませんでしたが、
どこか昔懐かしい感じの味わい、でもちゃんと中華っぽい味付けもあったりして、、、で
これはオジサン、私全員に好評でした。。。。。。




で、中華、もう1軒、まいりました。 今度はバーミンガム駅近くのチャイナタウンにて。 
同僚と2人です。
DSCF1624.JPG如何にもな店構えです
DSCF1625.JPG 豪華な照明 
DSCF1626.JPG 隣には食堂っぽい店
こういうお店の方が本当は美味しいような気がするのですが、
慣れぬ土地ですから、大箱の店に入っておいた方がよかろうってことで。。

DSCF1628.JPG でカンパイです。
右が同僚の注文したTETLEY'S。 左は呑みかけですが私が注文したCARLING。
CARLINGはピルスビールなので日本で呑むタイプと同じ。すっきりしています。

DSCF1629.JPG ここでもワンタンスープを注文
これは本当に間違いないですね。 唐辛子のソースをちょこっと垂らすと更に美味。(^^)

DSCF1630.JPG で、お代わりしちゃった♪

DSCF1631.JPG 牛肉炒麺
ニラとモヤシがシャキシャキ、牛肉は柔らかくてこれも美味。

DSCF1632.JPG 筍とキノコ炒め

“STRAW MUSHROOM”と書いてあったので、
わらのようなキノコならエノキ?なんて推測しながら注文してみたのですが
でてきたのは普通にシイタケでした。 ナゼ????

DSCF1633.JPG 白いご飯もいただいて

DSCF1634.JPG オン・ザ・ライスしました!

ウマかったウマかった。。。。。

と、ここで普通なら、フルーツとかフォーチュンクッキーが出てくるのですが、

DSCF1635.JPG ナゼかケーキがテーブルに。。

沢山売れ残ったから、、、らしいのですが、満腹のところにケーキはきつい。
しかも、私が食べた手前のケーキはタピオカがクリームと挟んである不思議なもの。
甘くないものの、味がかなりぼんやりしていて、1/3食べてギブアップ。。。。


海外にきてまで和食と思わなくても中華は食べたくなる私、
今回は意外に美味しくいただけました。(^^♪


(つづく)


タグ:イギリス
nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~呑んだり食べたり編②~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

ま、一度ぢゃ載せきれないので続きです。(^^)




フランス人がGPSで探してくれたパブのお陰でお腹いっぱいになりましたが、
翌日も同じパブにいきました。

というか、ホテルで食べるなら、、、と同僚達も同じ店に集うようになり、
気付けば店の半分くらいが身内、、、、という状態になりました。。

そんな訳で、フランス人と一緒に行った翌日、同じパブにて。。。
DSCF1489.JPG 今回はSTRONGBOWというサイダーをいただきました
サイダーといってもリンゴのお酒で、フランスだとシードル、ですね。
初めてイギリスを訪れたときにパブで呑んで美味しかったのを思い出して
今回注文しましたが、炭酸控えめでサッパリしていて美味♪

DSCF1490.JPG 店内の様子です

この日もモチロン注文からたっぷり時間がかかりましたので、
覚悟の上というか、皆さんとワイワイ話をしながら料理を待ち、

DSCF1491.JPG 赤ワインにスイッチ♪
たっぷり入って800円くらいです。 銘柄は分かりませんがお値ごろ感がございますね。

と、1時間20分くらい待ったところで、、
DSCF1492.JPG 料理がテーブルに。。。

前日フランス人達が食べていた牛肉のステーキ。
美味しそうだったので翌日注文したのですが、
「ミディアムレア」と注文した焼き加減が、「ミディアムウェル」になってました。
切ってみたけれどかなり火が通っていてがっかーり。。。。。。

 

で、肉、といえば、仕事中の昼、一度だけ入ったレストランで
DSCF1695.JPG ハンバーガー
DSCF1698.JPG注文したのは同僚です
お肉が6オンス(200㌘弱?)で7.5ポンド、倍の12オンスで8.5ポンド。
肉が二倍になってもお値段は1ポンドしか変わらないとなれば、
普通はお得な12オンスを注文すると思いますが(私はきっとそうする)、
同僚は「食べきれないから」と弱気に6オンス。

DSCF1693.JPG で、仕事中なのでダイエットコーク
ビールと同じグラスなので1パイント入っています。親切にレモン入り。
DSCF1694.JPGで、私は英国ならではの料理ってことで
DSCF1697.JPGアボットエールパイ

テーブルに運んでくれたオジサンが「Good selection!!」と言いながら
私の前に置いてくれましたが、ホントっすか。(笑)

お値段はこれで8ポンドくらいだったかな。(今のレートだと1000円ちょっと)

メニューのような断面を、、、と切ってみたんですが、
DSCF1699.JPG ダメじゃーん。
牛肉の薄味シチューのようなものがパイの中に入っている料理。
胡椒をふってスパイシーにすると結構いけるのですが、
同じ味がひたすら続くので飽きました。。。
おまけにボリューム満点なので半分ちょいでギブアーップ。。

 

また、食後といえば、ホテルのバーで呑むのが日課でございました。
DSCF1475.JPG素敵でしょ♪
DSCF1474.JPG折角イギリスに来ているので
DSCF1568.JPG ビターのTETLEY'Sをいただきました。

やはり現地のものを呑むってのはいいですね。(^^♪

(つづく)


タグ:イギリス
nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~呑んだり食べたり編①~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

お仕事編と謳いながら食べた記事とかアッツイお湯のことを書いてしまいましたが(^_^.)
今回は皆さんの期待に違わぬ記事かと思います。。。。




仕事が終わると、特に予定が無い限り、皆、ホテルに戻ります。
ホテルに着くと一旦部屋に帰って着替え、ホテル入口近くのバーに集まって
「夕食どうする?」なんて誘い合ったりして夕食を食べに出かけます。

ホテルにもレストランはあるのですが、、、、
到着日、空腹の余り、ホテルの中のレストランで食べたところ、



高い・遅い・不味い 




素晴らしく3拍子揃い踏みだったので、
私も含め、同僚達は1度食べたら二度とホテル内レストランに行かない、って感じでした。

でも、町外れの場所なので、ホテルの近くにはシーフードレストランが一軒。

DSCF1456.JPG のどかなところをテクテク歩いて
DSCF1457.JPG 到着、、、、したら、

「予約がないと食材の準備をしてないからダメ(ー_ー)!!」

あっさり断られちまいました。。。

前日、同僚が予約無しで食べにいったのを聞いていたのですが、
当日は大人数の予約が入っていたようで、それも原因かと。。。。

この日、一緒だったのはフランス人4人と日本人2人、と私。

仕方ないねー、まずいけどホテルに戻ろうか、、、という日本人3人に対し、
「GPSで観たらここから700㍍先にレストランがあるから行きましょう」とフランス人。

iフォンで調べたようですが、文明の利器ですねぇ。。。。。


DSCF1458.JPGそんな訳で来た道を
DSCF1459.JPG途中まで戻り
DSCF1460.JPG ホテルと逆方向に歩き始めました
DSCF1461.JPG草ボーボーの中、果敢に歩くフランス人

DSCF1462.JPG ラウンドアバウトも気にせず横断します(ーー;)
DSCF1464.JPGフランス人の同僚オジサン達
途中から道らしい道を歩きましたが、途中は草ボーボー。
アザミのような鋭い葉っぱで手をスパっと切ってしまった私、
「そこまでして遠くまで行かなくっても、、、」と半分涙目になっておりましたが、
フランス人達はそんなことにも全く気付かずズンズン歩いていきました。。。

20分歩いたところで、
DSCF1465.JPG パブを発見♪

ホッとして中に入ると、
DSCF1467.JPGお菓子のガチャガチャ(試さず)

着席してホッとしたところで、
DSCF1468.JPG カンパイ♪ あ~ウマイ♪

ファミレスのように写真つきのメニューを観て各自料理を決めてから、
バーカウンターのお兄さんに料理とテーブル№を告げてお支払いして
料理がやってくるのをひたすらテーブルで待ちます。。。。。。






1時間半[時計][時計][時計][時計][時計]ヒエーッ!が経ちました。。。


日本人ならとっくに切れちゃうところですが、ここはイギリス、
そして一緒にビール呑んでるのはフランス人。



皆楽しそうに呑んでお話ししています。。。 非常に大らかです。。。




私はというと怒りを既に通り越したというか、
空腹のビールがきつくなってきたわねぇ、、、と思っていたのですが、
その途端、注文した料理が怒涛の勢いで7人分テーブルにやってきました。。。

DSCF1470.JPG 私の注文 ラザニア
DSCF1471.JPG 日本人が注文したフィッシュ&チップス
DSCF1472.JPG もう一人の日本人が注文したチキン

これらは大体6~7ポンドなので1000円するかしないか、くらいです。
チップスの量がさすがイギリスという感じです。。。。

私の食べたラザニアは普通に美味しかったので満足でございましたが、
フランス人4人が注文していたイギリス牛のステーキが美味しそうだったので、
(ミディアムレアの焼き具合を観たら断面がピンク色で素敵だったし。。。)
次回はそれにしようかしらね、なんて思う私でありました。

(つづく)


タグ:イギリス
nice!(11)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

イギリス出張記2010~お仕事編②~ [旅行・出張の巻(欧州①)]

大したネタでもないのですが(仕事の話でもないし、笑)、
写真がそれなりにあるので(^_^.)、つづきです。

朝食はホテルでしっかり食べられるからいいものの、、
昼食は現地で何らか調達しないといけません、、、、が、
こういうお国といったら失礼ですが、でも、そういうお国なので過剰な期待はせず、
上司は日本から和食を持参し食べていました。
私はさすがにそこまでする気は起きず、近場のお店で買ったりしておりました。。
(だって日本に帰ればいくらでも美味しいものが食べられるもーん)

DSCF1444.JPG こういうお店などで調達します
DSCF1515.JPGオレンジマンゴージュース 甘かった。。。
DSCF1516.JPGガス入りの水 開けるとプシューッと噴出して大変でした

と、こういう飲み物も買ったりしてましたが、他にはサンドイッチなどで、DSCF1502.JPG 海老サンド 500円ちょいどす
DSCF1503.JPG 小海老がぎっしり

味はウッスラマヨネーズって感じなので、
ここに胡椒を振りかけてスパイシーサンドにしていただきました。。。

DSCF1447.JPG 違う日も海老サンド
DSCF1448.JPG これは400円くらい
DSCF1449.JPG 味は同じような薄味。。。
イギリスのこういうパンがイマイチ苦手なので(プツプツしているのと独特の風味)
日本の白い食パンで食べたいなあー、なんて思ってしまいました。。。
ま、完食したので結果オーライです。(^_^.)

DSCF1579.JPG違う日にはサラダ これは800円くらい
DSCF1580.JPG 薄味なのにかなりコッテリしとりました
ドライトマトが甘いのはよいのですが、
フェタチーズとパスタに絡んだバジルソースが結構コッテリしていて半分でギブアーップ。。

また、お仕事途中には軽いレセプションがあったりしたのでモチロン(笑)参加し、
DSCF1483.JPG 野菜のラザニアのようなもの
(見た目ほどは味も悪くはないのですが、たくさんは食べる気が起きない。。。。。)

DSCF1482.JPG DSCF1484.JPG そしてワイン。
1杯目をテーブルに置いたまま食事を取りにいったら、
一口つけただけなのに持っていかれてしまい(泣)、新たにグラスをいただきました。。。
とはいえ仕事中なので、このグラスの半分くらいで自重。(笑)

DSCF1524.JPG また、違う日に行ったレセプションは夕方だったので
DSCF1522.JPG オサレに生演奏もありました
DSCF1518.JPG 呑んじゃえぃっ! と
DSCF1520.JPG 白ワインを頂戴しました 
なかなか沢山入っているのがよございますな。(^^)

DSCF1521.JPG オリーブに酢漬けイワシを巻いたようなオードブル
かなり酸っぱいのですが、お陰で白ワインをグビグビっといただけました。。。。

と、あまり期待しなかった割には、それなりに食べられたかな、という
お仕事中の食事でありました。

(つづく)


タグ:イギリス
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・出張の巻(欧州①) ブログトップ
メッセージを送る