So-net無料ブログ作成
検索選択
呑んだり食べたり(和食) ブログトップ
前の10件 | 次の10件

亀戸「板前 石山光一」で鮑ごはん [呑んだり食べたり(和食)]

年明けに年末記事を載せる後手ぶりですが、
これも昨年12月の忘年会記事です。。

友人との忘年会で亀戸に行きました。。

テーブル席2つ、カウンターが4,5席と小さいお店なので、
この時期は連日満席なのですが、この日も入口に予約満席の貼り紙。

休みの日だったので17時スタートという早めに予約したので
口開け客となりましたが、、最近はかなり混んでいるようです。

IMG_1538.JPG で、最初は生ビールで乾杯♪

いつものように5000円のコースでお願いしました。
最近は、すっぽん、ふぐのコースを注文するリッチなお客さんも多いようですが、
私も友人もここにくると毎度同じの一番安いコース。。

IMG_1539.JPG八寸
最初にこれが出てくるのがこのお店の一番の楽しみ。(^-^)

IMG_1540.JPGたらことしめじ?おろし IMG_1541.JPG ばい貝と湯葉
この湯葉が毎回特に楽しみ。。とろろん美味。

IMG_1542.JPG糸こんにゃくのたらこ和え
青菜は何かわかりませんがさっぱり。 
IMG_1545.JPGすっぽん
前回きたときは、脱走しそうな勢いのすっぽんでしたが、
今回は至っておとなしくずっとこんな感じでした。。
って、すっぽんは高いから注文していないんですが。。。


IMG_1546.JPGで、次は日本酒で
IMG_1547.JPG 七田をば 濃いめで美味
IMG_1548.JPG亀スタイルの南瓜
このお店は野菜をこうやってカットしているのも楽しめます。。

IMG_1549.JPG 大蛤
これは本当に美味しいです。もちろん汁もぜんぶいただきました♪

IMG_1552.JPGふぐ刺し
コースででてくるのは赤目ふぐかと思いますが、
コースにしなくてもこうやって出してくれるのは嬉しいです。

IMG_1554.JPG 月の輪を
これも美味しいお酒です。

IMG_1555.JPG煮物
さきほどの南瓜の亀もそうですが、ご主人の石山さん、野菜のこういうカットが得意で、
この煮物も見た目に美しく、食べながら楽しめました。。

IMG_1560.JPG 焼きもの
真鱈の白子。もぅ、ぷるっぷる♪

IMG_1562.JPG揚げ物
万願寺唐辛子と牡蠣の天ぷら。
え、万願寺がこんなに赤いの??と思ったら、

IMG_1563.JPG だそうです。
以前から旬とか、終り、、とか素材の移り変わりを
そっと黒板に書いて頭上にかかげてあるのを観たら(久しぶり)
万願寺が赤くなったと書いてあって、、びっくり。

IMG_1564.JPG 〆の土鍋ごはん IMG_1565.JPG鮑!
IMG_1566.JPG美味
鮑ごはんは初めてかな。。 
鯛もいいけれど、こうやって鮑の切り身がぷりぷりしているごはん、
これもまた堪らない美味さ。

IMG_1568.JPG水ようかんで〆


満席だったのもあり、しかも隣のテーブルがアラカルト注文だったので
(かなり色々な料理を一度に注文していた)
コースを注文していながら、すべて食べ終わったのが3時間過ぎたところ。


料理と料理の間がかなり空いて、友人と、今日はさすがにまたされているね、と。。。


個人のお店なのでそのあたりは仕方ないのですが(帰り際に謝られたし)
やはり2時間くらいでコース一通り出てくるといいかな、と思いました。


とはいえ、相変わらず丁寧なお仕事ぶりには感心しながら、
美味しく食べられた「板前 石山光一」でありました。


nice!(8)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

柏「丸山」で治部煮 [呑んだり食べたり(和食)]

中山競馬でお馬さんを観ながら呑んで楽しんだ後は、
柏に移動して忘年会です。

(昨年は馬に参加できず丸山のみ参加)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2015-12-10-7
(一昨年は馬の後に参加)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2014-12-07-1
(その前は〆の茶漬けが蟹)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2013-12-08-3
(初めての訪問時)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2013-09-01-10


IMG_1349.JPG ウサギの箸置きは変わらず

競馬場でビールを飲んできたし、外が寒かったし、、で、

IMG_1350.JPGIMG_1351.JPG熱燗
以前飲んだときは特に銘柄は書いてありませんでしたが、
今回メニューで見たら熱燗は黒龍らしいです。

で、今回も一番安い5000円のコースでお願いしました。
   
IMG_1353.JPG 先付け
ふぐ皮と彩野菜、ってメニューですが、
前回と同じく缶みかんとブロッコリが一緒。
これは、もうちょっと考えてほしいかな、って思います。
 IMG_1356.JPG小鉢?
サーモンと蟹の黄身酢和え。
ここは通年で黄身酢和えが出てくるみたいですが、違うものでもいいような。

 IMG_1358.JPG蕪で巻いたサーモンと蟹。

蕪が少し酢漬けになっているのがよいのですが、
甘いもっさりした黄身酢がくどいかな、って感じ。
下に金時草と長芋があって飽きずに黄身酢を食べられましたが、
個人的にはもっとさっぱりしてくれいたほうがいいかな。

IMG_1359.JPGお造り
IMG_1361.JPG 平目、鮪、鯖
鯖は炙り〆鯖。ここでは初めてでしたが、違うのがよかったかも。
平目は美味でした。(^-^)

 IMG_1363.JPG煮物

IMG_1365.JPG  おなじみの治部煮
治部煮、、過去を振り返ってもほとんどここでしか食べたことがなく、
毎年の定点観測的な感じ。
鴨肉、鴨つくねは当然美味しいのですが、生麩、焼き豆腐が出汁にからんで
本当にこれは酒の肴です。(^-^)
 IMG_1366.JPG焼きものは鰆の幽香焼
IMG_1367.JPG 焼き葡萄つき
柚子風味のソースが上にかかっているのですが、
焼いた後にかけてあるみたいで、結構ヘビー。
もっと少な目にして、かけて焼いた方がいいかな、って思いました。


黄身酢と同じく、ちょっと味付け部分が多すぎかな。(^-^;


IMG_1369.JPG 〆
今までは焼きおにぎりのお茶漬けでしたが、今回は雑炊。
最近始めたそうで、逆にこれの方がいいかな。
IMG_1370.JPGちょっと塩気強いめ

ごはん、お椀、香の物って3点セットを略しているのか、
もっと気軽にと思ってアレンジしているのか謎ですが、
食べて飲んでいると逆に雑炊の方がいいかな、と思います。。
IMG_1372.JPGデザート
いつも杏仁系だったのが、今回は抹茶アイスを求肥でくるんだもの。
杏仁よりは和食の〆にはいい感じ。


幹事や他の参加者はここが好きなので毎回ここで忘年会ですが、
私自身は、治部煮だけ出せば的な感じがしてあまり好きでなく、
今回もどうかと思ったのですが、〆のごはんが変わったとはいえ、
一番安いコースだとこんなもんなのかな、って思いました。


一部のメンバーが声が大きく、かなり偉そうに話すので、
お店側も一年に一度だから予約を受け付けてくれるだけで、
あまり好まれていない客なのかな、、と思ったりしますが、
それにしても、コースの内容にもう少し工夫がほしいかな、って感じ。

治部煮は美味しいのですが、代わり映えしないのがいいのかどうか、という感じで、
私たちのマナーも改善要なのかと思いつつ、メニューももう少し感激するものが
少しはほしいかな、と思った丸山さんでありました。。。。





 


タグ: 黒龍
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀座「百楽」でランチ懐石 [呑んだり食べたり(和食)]

以前の勤務先でお世話なった方々とのランチ会で銀座に行きました。

って、その内の数人で先に根津に用事があってぶらぶら。
IMG_0931 (1).JPG おでんやさん 
IMG_0930.JPG 渋い。。。
おせん、という名前のおでんやさんだったのですが、
今は女将さんが高齢でお店をたたまれたそうですが、
吉田類もきている店だと記事を書くのに調べていて判明。

(吉田類、若い)→ http://www.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/030.html

で、、根津から鴬谷に歩いていったのですが、キラキラホテルがいっぱいで。(笑)

IMG_0932.JPG こんな看板もたくさん! 

鴬谷から有楽町まで山手線に乗って、銀座6丁目の空也もなかの近く、
ビルの地下1階のお店です。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13126937/


IMG_0933.JPG おじゃまします
ランチは5000円もありますが、夜は10000円、13000円のコースのみ、らしいです。
で、ランチの5000円コースをお願いしました。

ちなみに、個室です。(多分、個室とカウンターのみだと思われ)

最初は生ビールかな、と思ったらサーバーが壊れてしまい、、
ということで小瓶。ビールの小瓶ってちょっと注いだらなくなっちゃう。
薄手の綺麗なグラスにお店のお兄さん(仲居さんではなく修行中と思しき若い男性)が
注いでくれて、乾杯。

IMG_0937.JPGお刺身
鰆とかんぱちだったかな。
切り身が小さくて上品だな、と思いましたが盛り付けがきれいで
それだけで美味しく思えてしまいます。実際美味しかったけれど。

で、すぐ小瓶ビールがなくなったので、熱燗にスイッチ。
こういう和食のお店はお酒の値段が高いもんだと思っていながら、
地酒のお値段、、、結構強気でした。
ちなみに熱燗は土佐鶴で1合1200円。これでも安い方です。( ゚Д゚)

IMG_0941.JPGお猪口、選べます 
IMG_0942.JPGIMG_0944.JPG好みのデザイン
福の文字がいっぱい書いてあると私まで福に見守られている気がします。
まして、その福の中にお酒入ってるもんね。(笑)

IMG_0940.JPGお椀
IMG_0945.JPG猪の背脂のお椀 IMG_0946.JPGうまい
猪は好きですが、背脂でこくを出しているのがいい感じ。
一緒に入っている蕎麦の実も美味しいのですが、具がこまかいので、
小さいスプーンを出してくれるといいのになって。
(全員がんばって箸で食べました!)

IMG_0947.JPG焼き物
鰆と太刀魚の焼きもの。 
鰆がお刺身とかぶっていますが、旬だからなのかな。
スダチをちゅっとかけるとサッパリしていて美味。

IMG_0953.JPG 飛竜頭
優しい味で煮てあります。 これは熱燗にぴったり。

IMG_0956.JPG  いりこが出てきて
(ちゃんと頭と内臓はとってありました)

IMG_0957.JPGじゃこ雑炊
IMG_0959.JPG大根の柚子付けが美味でした
IMG_0960.JPGデザート
黒糖といちじくのアイス。
黒糖だけだとこってりですが、いちじくが入っていて
つぶつぶした食感もあって意外とさっぱりしていました。


お店のお兄さんがちょっとぎこちない感じが、
菊乃井みたいだな、と思いましたが、(一度しか行ったことないけど(^-^;)
個人的には出過ぎずな感じの仲居さんの方が好きかな。 


お店は徳島の素材を使って、、ということらしいのですが、
場所柄なのかこのお値段でこの内容だとちょっと寂しいかな。


味付けは濃すぎずあっさりし過ぎずでどれも美味しいのですが、
これぞというものがなく(強いていえば猪の背脂が好き)
物足りない感じで食べ終わりました。


おそらく、10000円のコースにすれば、満足なのでしょうが、
お昼にそれは贅沢すぎるし。。。。


というわけで、今回銀座で和食ランチという贅沢な時間でしたが、
お酒の値付けとボリュームがちょっと、、な感じで
多分、、、再訪はないかと思った百楽さんでありました。



タグ:銀座 土佐鶴
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

品川「響」で大力納豆 [呑んだり食べたり(和食)]

久しぶりに響に行きました。

IMG_0634.JPG あんまり好きじゃないサントリーだけど乾杯♪ IMG_0636.JPG お通し
鴨のつみれのお椀、きんぴら、甘いプチトマト
IMG_0645.JPGダイナックカードの特典
これはいつも鴨スモークで変わらないのですが、
半年に一度くらい変えてくれるとうれしいかな。

IMG_0637.JPG大力納豆の揚げ出し
響さんにくるとたまに食べるこのメニュー、
今回初めて調べたのですが、大力納豆って新潟なのね。

(色々な種類があるみたい)→ http://www.dairikinatto.co.jp/

IMG_0638.JPGただ、ちょっと気になって
他の店舗ではいつも出汁をポットでもってきてかけてくれるのが、
この店舗ではいつも出汁をかけた状態でもってきて、
まあ、ここはこのお店ではそういうことが多いので別にいいのですが、問題なのは塩分。
味が濃い。しょっぱいんですよ。(=_=)

私の舌もそんなに大したもんじゃないのですが、
この料理については何度も食べてますから違和感があるわけで。

どうしようかと思ったのですが、これは出汁もいっしょにいただくと美味しいので、
濃い味が好きな私でさえもがしょっぱいと思うのって言った方がいいかな、と
すみません、これ、いつも食べているものより味が濃いような気がするのですが、
作った方に聞いてもらっていいですか?って2個食べたところで聞いてみたら。

コック帽かぶった男性スタッフ(位が高そうな人)がやってきて
出汁を目の前でかけずに出したこと(ここは別にいいんだけれど)、
いつもより塩気を強くしてしまったこと、ご迷惑を、、、と謝られてしまったので、
いえいえ、このメニューが好きなのですが、私の舌がおかしいのかな、と思って
声をかけただけですから、今日は塩気が強かったのがわかればそれでいいです、
と答えたものの、ここまできて、ああそうですか、では、と店が引き下がるわけもなく、
作り直します、と言い張って再びに厨房に戻っていきました。。

恐縮。。。。

IMG_0639.JPG鰯つみれとトマトの塩チゲ
ホームページで見るのより寂しい現物ですが(笑)
鰯つみれの旨みと、透明なのに辛い出汁、トマトをつぶしてまぜた感じが、
なんともいえない感じで、これは鍋料理にして〆に雑炊食べたい感じ。

IMG_0640.JPG響喜豚
ここに来ると食べたくなる味わい深い豚です。
IMG_0641.JPG葉山葵と味噌をつけるとなお美味。 IMG_0642.JPGで、伯楽星をぐびぐびしていたら IMG_0643.JPG またきた(笑)
今度は目の前でポットから出汁をかけてくれましたが
IMG_0644.JPG出汁ものめるくらいの塩気で美味 

たまにくるお店なので思い切って申し出てみたら
作り直ししていただいて恐縮したのですが、
同じ店にくると同じメニューをリピートしがちな性格なので
(新メニューとか、季節メニューとか限定メニューよりいつも同じ料理)
気になったところを言ってよかったかな、と思いつつ、
次回訪問時は、こいつまた来たよ、とか思われちゃったりするかな、
とやや心配な響さんでありました。


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日比谷「いちにぃさん」で黒豚しゃぶしゃぶ [呑んだり食べたり(和食)]

今年の鹿児島旅行の最終日、
tomocoさんがsnorita姐と私を連れていってくれたお店、の日比谷店。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13002142/

(実は10年前に来た事がありました)→  http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2006-05-28

IMG_0355.JPG 至近の銀座にもお店がありますが
今回は日比谷店にしました。鹿児島県のアンテナショップの上階です。
予約したらカウンター席と言われていってみると、大きなテーブルを
15人くらいでぐるっと囲む感じのカウンタ―席で、座ったら
隣の席だけでなく、斜め向かいなどにも人がいっぱい座ってる感じ。

IMG_0372.JPGここにも黒ぶひ
IMG_0354.JPGお醤油2種
折角おいてあるのですが、やっぱり関東のお醬油が好き。

IMG_0353.JPGはい、かんぱい。
IMG_0356.JPGいきなり鍋
tomocoさんに勧められた黒豚しゃぶしゃぶは当然注文、と、
その他一品料理をいくつか注文したら、いきなり鍋と、

IMG_0357.JPG薬味などが運ばれて
鍋担当のスタッフがいるみたいで、その人がいきなりもってきて
セッティングしていったのですが、お肉と野菜は、それからずいぶん経ってから。
こういうオペレーションはもうちょっとお客さんに料理を出す順番で
気を遣ってほしいな、なんて思ったり。

IMG_0358.JPGゴーヤのおひたし
自宅でもやりますが、簡単で美味しくて飲んでも健康的だから、
と言い訳できる一品。(笑)

IMG_0359.JPGさつま揚げ
小さいポーションをお願いしたら、人参かごぼう、と言われて
ごぼうをいただきました。やはり本場のさつま揚げ、うまい。


IMG_0360.JPGきびなご
酢味噌で、、と言われたのですが、しょうゆの方がいいかな。

IMG_0361.JPGはい、ポン酒
向こうに写っているのは鰹のたたき。
日本酒はどうしても選択肢がないので仕方なく、、沢の鶴。
久しぶりに飲みましたがこれはこれで美味しいです。

IMG_0362.JPGで、やっときた。(笑)
IMG_0363.JPG
かごしま黒豚です。

IMG_0365.JPGぐつぐつ
麺つゆにたっぷりネギを入れてしゃぶしゃぶ肉をつけていただきます。
これが本当にうんまい。ポン酢かごまだれのイメージしかないしゃぶしゃぶ、
麺つゆだとパンチ力がなくなりますが、優しい味。
こういう食べ方もあるんですね。

で、2人で2人前ぺろっと食べ終わり、ここでお代わりする?と
黒豚以外にも色々選択肢があったものの、やっぱり黒豚かなと注文したら、

IMG_0367.JPGあれ
最初のコースででてきたお肉とずいぶん様子が違います。。
ちょっと厚切り、盛り付けも若干雑な感じはしましたが、味は美味。


IMG_0368.JPGネギもお代わりして
IMG_0366.JPG〆は生蕎麦
これ、豚の出汁が出たスープにくぐらせて麺つゆにつけると
本当に美味しくて、、驚きました。


お肉お代わりもあったのでかなり満腹となりました。(^-^)

お店のスタッフの対応がなんだかちぐはぐな感じでしたが
(私のところだけ灰汁取りお玉がなかったり、とか、
 言わないと鍋のお湯を足してくれにとか)
もうちょっと客の様子に目配りしながらさりげなくサービスしてくれると
美味しい黒豚がもっと美味しく感じられたかなという残念さもありましたが、
麺つゆで食べるしゃぶしゃぶに目から鱗、の、いちにぃさん、でありました。


 


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀座「奥田」で秋の懐石② [呑んだり食べたり(和食)]

つづきです。


秋らしい内装に(洗手間とか)、八寸に飾られた秋の葉っぱに
秋の味覚、、前半から盛り上がっておりますが、懐石コースは続きます。 

IMG_0325.JPG お刺身 IMG_0326.JPG ♪
大間まぐろ、愛媛の真鯛、宮崎のあおり烏賊だったかな。
全国各地で水揚げされたお魚。
まぐろねっとり、真鯛と烏賊はぷりっとした食感、
きれいに盛られて美味しゅうございます。

ちり酢(小皿の真ん中)って初めて聞いたのですが、大根おろしの入ったポン酢、
これが鯛にぴったり。

IMG_0328.JPG 飛露喜をば うまい
っていうかこういうお店ってとにかくお酒が高いです。
こういう高そうな酒器代も入っているのかな。
沢山は飲まないで済みます。(笑)

IMG_0330.JPG焼き物
IMG_0331.JPG宮崎牛のハラミ 
中レアで香ばしく柔らかく、うまうま。

IMG_0332.JPG甘鯛松茸巻
こういう贅沢な組み合わせ、至福です。。
甘鯛は鱗のカリカリと身のほわほわ、噛むと松茸の香りが漂い、、秋。

IMG_0333.JPG 煮物?
IMG_0334.JPG鯛に蕎麦の実餡
もうすっかり満腹なのですが、蕎麦の実の香ばしさで完食。

IMG_0335.JPGIMG_0337.JPGワイン 
大分のいいちこのシャルドネワインだって。
樽香強め、意外と和食に合います。


IMG_0338.JPG〆のごはん
IMG_0340.JPG かます&松茸
かますを香ばしく焼いて炊き上げた後にのせたのかな、
こういう視覚的な豪華さも盛り上がりますね。
(とはいえ食べきれず持ち帰りました。。。)

IMG_0341.JPGデザート
IMG_0342.JPGパフェ
栗の甘露煮を使った秋っぽいパフェ。
普段この手のデザートは食べない中年おばさんですが、
これはオナカ一杯でも食べちゃった。

IMG_0343.JPGお抹茶 
IMG_0344.JPG和三盆で〆

小十よりはカシコマリ感は薄い感じもありますが(高いけどね)
カウンターの和食って盛り付け場面も見られて楽しいですね。
板さんたちがお客さんと上手にコミュニケーションをとられていて
結構好感もてました。


といっても、自腹じゃいけないし、御馳走になるにも年1回だな。(笑)


というわけで、和食は四季を感じられるのが楽しいのですが、
秋の彩に目にも舌にも満足の、奥田さんでありました。


 


タグ:銀座 飛露喜
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

銀座「奥田」で秋の懐石① [呑んだり食べたり(和食)]

友人の誕生会で銀座に行きました。


一昨年昨年と、銀座の「小十」でお祝いした会ですが、
今回は系列の「奥田」さんです。

(一昨年)→  http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2014-09-19

(昨年)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2015-08-09-6

って、私は一昨年昨年と同じお店と勘違いして(同じビルだし)、
地下におりるってところで、あ、小十(ビルの4階だったかな)と違うって
きづいてお店に向かいました。。。。

IMG_0305.JPG 階段を降りたところ
こういうところのちょっとした演出で盛り上がりますね。

で、ちょっと早めについたので先に洗手間をお借りしたら、
IMG_0306.JPG
これは小十と同じような心遣い。
IMG_0307.JPG栗も
まあ、その分が上乗せなのはわかってるけどね。
(私は主賓じゃないけれど御馳走になる身なので常にドキドキ)

IMG_0308.JPG 苔もきれい

IMG_0311.JPGカウンター席です
小十のときはカウンター希望で予約できず個室でしたが、
今回は個室希望で予約できずカウンター席だったらしいです。(幹事が言ってた)
個室はプライベートな感じがあってよいし、カウンターは板さんの仕事が見えていいし、
どちらも良し悪しはあると思いますが、こういうお店のカウンターは滅多にないので、
楽しみ。(^-^)

IMG_0310.JPG わくわく
IMG_0312.JPGIMG_0314.JPG
最初の乾杯はシャンパン。
かなりいいお値段のようですが、お祝いですし~。
すきっとした味わいが美味しいシャンパンでした。

IMG_0315.JPG 八寸
小十は夏の懐石、初秋の懐石だったのですが、今回は「秋」の懐石。
(訪問したのは10月初旬です)
こういう色づいた葉っぱが秋だなあと思わせてくれます。

IMG_0320.JPG鮑の肝豆腐 IMG_0318.JPG松茸フライ
松茸をフライ、、勿体ない、、と思ってしまう庶民。
やはり薄くてもパン粉をつけて揚げると香りがねぇ。。
隣(右)の、渡り蟹と春菊のポン酢ジュレは完全に酒の肴。(笑)


IMG_0319.JPG赤茄子とずんだ雲丹のせIMG_0316.JPG秋刀魚寿司
香ばしくて美味です。秋ですよね。。

IMG_0317.JPG小芋田楽 

ここまでですっかり頭が秋になっていたのですが、

IMG_0321.JPGIMG_0322.JPG
アルザスのリースリング。 スッキリして美味しいです。

IMG_0323.JPG お、この瓶は
IMG_0324.JPG 松茸土瓶むし
エビ真丈が大きくて松茸がメインに見えないのですが(笑)
鱧も入っていて非常に豪華。 出汁に松茸の香りが合わさって至福。


松茸は出てくるとおもいましたが、いざ食べてみると感激ですね。


って、まだまだ懐石コースのお料理は続きます♪



(もったいぶって、つづく)

 


タグ:銀座 飛露喜
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

日本橋「まえ田」で甘鯛うろこ揚げ [呑んだり食べたり(和食)]

長々と続く旅行記の合間には飲み記事。(^-^)


休みの日、友人と日本橋に行ったついでに、まえ田さんに寄りました。

IMG_3634.JPG 生ビールで乾杯♪ IMG_3635.JPGお通し
枝豆豆腐。豆の香りが素敵です。

IMG_3629.JPG ふじつぼ!
と思ったのですが、今回は注文せず。。
今更記事を書きながら食べればよかったかな、、、と後悔。。

IMG_3638.JPG 生牡蠣
ちょっと身が小さかったので、とサービスしてくださいました。(^-^)
確かに殻の大きさにしては身が小ぶりですが、味は濃ゆくて美味。

IMG_3639.JPG茶豆
茹でたてぽくぽく。

IMG_3641.JPG
白身3点盛りを注文したのですが、真鯛とあとなんだっけ。。
覚えてないんですが、美味しかったのは覚えてます。。

IMG_3645.JPGいか
前回も美味しかったので肝バター炒めをリピート。 
これはねえ、、お酒がさらに進みます。

で、日本酒にスイッチしようと思ったら。


IMG_3633.JPG
こういうレギュラーメニューがカラフルに変身してました。

IMG_3630.JPGといいながら限定のほうが気になって
IMG_3632.JPGこれを注文
IMG_3649.JPGIMG_3648.JPGうまー
夏のお酒はさっぱりしているかと思いきや、味がしっかりしていて美味です。

IMG_3646.JPG甘鯛
うろこ揚げ。焼いたものよりこってりしていますが、身はふんわり。
IMG_3647.JPGうろこカリッカリ!
IMG_3651.JPGお代わりしました。。

平日と客層が違うというか、あまり混んでいないのでゆったり飲めました。
甘鯛は高くてなかなか、、というイメージですが、これは1000円弱とお手頃。
なんでこんなに鱗が美味しんだろう、、と思いながら完食しました。

というわけで、
毎回美味しいお魚に美味しいお酒を楽しめて満足のまえ田さんでありました。


 


タグ:日本橋 涼々
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

亀戸「板前 石山光一」でたこ飯 [呑んだり食べたり(和食)]

シンガポール旅行記が長引きそうなので、ちょこっと休憩で呑み記事&映画記事。


 

毎度後手記事ですが、これは1か月くらい前の話。
友人の誕生祝いで訪問しました。

で、亀戸駅から歩いて向かう途中、

IMG_3595.JPG ツボにはまりました。
大臣室もツボなのですが、エキサイティングPUB、って表現がツボツボで。
駅からちょっと離れているので、こういうツボが時折見つかるのが楽しいです。

IMG_3596.JPG この看板が見えたら左折
IMG_3597.JPGお邪魔しまーす
IMG_3599.JPG
テーブル席に着席すると木札のメニューが見えて楽しいです。

IMG_3598.JPG熊本のすっぽん
最近、すっぽんや鱧で人気のお店になっているので(食べログでも評価高)
以前に比べて待機中のすっぽんや鱧の数が増えているように見えます。

って、私たちはいつもの5000円コースです。

IMG_3600.JPG生ビールで乾杯♪

IMG_3601.JPG
いつも楽しみな八寸。
真ん中のかぼちゃは亀の形にカットされていて、毎回楽しみ。

IMG_3604.JPGで、白ワインにスイッチして。
IMG_3607.JPG 大はまぐり 美味~
IMG_3609.JPG脱走しようとするすっぽん
残念ながら惜しいところでずるずると滑り落ち、、を繰り返し。
最初は笑ってみたいのですが、その後のことを考えると、お客さんがいくら美味しく食べても
どこか切ない気持ちになります。。(:_;)

IMG_3611.JPGふぐ!
ここのお店は赤目ふぐ、らしいのですが、ちょっとだけでも食べられて嬉しい。

IMG_3613.JPGはも、、だったかな
ここの餡かけメニューも美味しくて好き。(^-^)

IMG_3616.JPG万願寺唐辛子
IMG_3617.JPG水なす
で、ワインも呑み終わったので、、
IMG_3618.JPG惣誉を
IMG_3619.JPGうまい
IMG_3621.JPG
ここでいただくのは初めてですが、久しぶりの鮎、淡泊な味わいにホッとします。

IMG_3623.JPG土鍋ごはん
鯛、帆立などは食べたことがありますが、蛸は初めて。
生姜も効いていてこれだけでも飲めます。

IMG_3625.JPGなめこのお椀に
IMG_3628.JPG水羊羹

満腹。。。これで一人前5000円。コスパいいですよね。

アラカルトで食べてみたいと思いつつ、八寸と土鍋ごはんが楽しみでコースを
注文してしまうのですが、今回も満足。(^-^)


ご主人の石山さんにはFacebookでいいねをよく押してくれる人、
ということで名前も覚えてもらいつつありますが、
季節ごとには訪れたいと思った石山光一さんでありました。




 


タグ:亀戸
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

品川「美食米門」で豚肉蒸籠蒸し [呑んだり食べたり(和食)]

久しぶりにダイヤモンドダイニング系の美食米門に行きました。

(食べログ)→  http://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13183407/


過去に何度か行ったときは半個室のような席に案内してもらったのですが、
今回は2人かけテーブル。 2人で2人掛けって狭いんですが。(V)o¥o(V)

入口で予約名を伝えたら間違って名前呼ばれるし、
さほど混んでいないのに(周りに空いてる4人掛けテーブルいっぱいあるのに)
2人掛けテーブルに案内された時点で、ちょっとイラついたのですが。


今回は近年稀にみる(V)o¥o(V)でした。(先に書いときます)

IMG_8118.JPG生ビールで乾杯 
IMG_8119.JPG お通しの鴨 

テーブルのあるゾーンの担当が研修中のなのか
ぼそぼそしゃべるオニイチャンで、

IMG_8120.JPG 米門サラダ
メニューの写真をさしてこのサラダをお願いします、といったのですが、
最初にもってきたのがシーザーサラダ。
復唱しないオニイチャンが悪いのですが、これじゃなくて注文したのはこっち、
と再度メニューの写真を指さしたもののやはり復唱せず、すみませんでもなく、
シーザーサラダをもってかえり、このサラダを5分後くらいにもってきました。


IMG_8121.JPG 豚肉の蒸籠蒸し

IMG_8122.JPG 美味ですが
お肉の下にある白菜があまりに大きくカットされているので、
タレをつける皿に入らない。(笑)


おまけに、ここのお店、やたらと器が大きいので、
このサラダとこの蒸籠を置いたらテーブルがもういっぱいいっぱいで、
4人掛けに案内して、混んで来たら移動してもらうかもと断っておけば、
途中で移動してくださいと言われても仕方ないと思うのにね。


で、ワインをボトルで注文したのですが。

ありますか?と聞いたらはいあります、といったオニイチャン、
テーブルを離れて戻ってきたら「ありませんでした」という。(V)o¥o(V)

「じゃ、代わりにおススメはありますか?」と聞いたら
「グラスでいいですか?」だって。


ボトルで注文してるんだから、ないからといってグラスを勧めるんじゃないよ。


(V)o¥o(V)
(V)o¥o(V)
(V)o¥o(V)
(V)o¥o(V)
(V)o¥o(V)



このオニイチャン、もし呑まない人だとしても飲食店で働いているんだから、
酒飲みの気持ちを察して提案してくださいよ。


「ボトルで注文しているのでボトルで代わりにおススメがあるか聞いたので
 グラスじゃなくてボトルでなにかいいものを教えてください」と言ったら

そのあと、店長がオニイチャンと一緒にやってきて
「よく探したらありましたのでお持ちします」だって。


IMG_8123.JPGIMG_8124.JPG 市販の3倍のお値段

こうなると、お酒も美味しいのかどうか、、もうわからなくなりますね。(V)o¥o(V)

IMG_8125.JPGまぐろの刺し盛
この器も大きいので、蒸籠とこれでテーブルいっぱい。

IMG_8126.JPGおまけに切り身が倒れていて
普通に美味しいもののお値段高め。

このあたりから、店長の判断なのか、テーブル付近の担当が女性スタッフに代わり。
その方は質問しても丁寧に答えてくれました。

IMG_8128.JPG珍味盛合わせ IMG_8129.JPG長芋フライ
今回食べた中でこれが一番おいしかったかな。

予約名を間違ってコール、狭いテーブルへの案内、注文聞き間違い、
ワイン品切れ時の対応、そんなお粗末対応でサービス料をちゃんととる運営。


店長が申し訳ありませんでした、、と名刺をくださったのですが、
いくら外食産業が人手不足でもこれはないだろうな、って。


と、翌日ダイヤモンドダイニングのサイトからもうちょっとちゃんとした対応を
お願いします、と意見を送ろうと思ったら、
問合せ項目に書いてあったのが、社長の取材、店舗の取材、店舗物件の紹介、IRの4つ。


客の声には耳を傾けるつもりはないのかな、と思って、いただいた名刺に書いてある
アドレスに店長宛にメールを送ったのですが、すでに1か月半経つものの返事なし。


ま、そういう会社なんだな、と実感しました。(V)o¥o(V)


ダイヤモンドダイニングというとテーマパークみたいなお店なども多いものの
奇をてらったわけではなく対応も味もちゃんとしているイメージだったのですが、
あまりの酷さに(お手頃チェーン店でもこういう対応はないのでは?)
再訪はないな、と思った美食米門でありました。



 


タグ:品川
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の10件 | 次の10件 呑んだり食べたり(和食) ブログトップ
メッセージを送る