So-net無料ブログ作成
旅行・出張の巻(日本①) ブログトップ
前の10件 | -

みさきまぐろきっぷの旅~城ケ崎でマグロ編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

油壺マリンパークで積年の宿題を片付けた(少々ガッカリしましたが)後は
バスに乗って城ケ崎へ移動します。


[バス][バス][バス][バス][バス]プップー[バス][バス][バス][バス][バス]


20分くらいだったかな(もう失念)で城ケ崎に到着。。

100828_1452121.jpg バス停目の前の「しぶき亭」さんへ。

他のお店の指定メニューも大変魅惑的なところが多かったのですが
(油壺マリンパーク内のレストランで食べられるまぐろづくしメニューも良さそうだったし)
兎に角へろーめ兄さんの記事でムショウに行きたかったので同じ轍を踏ませていただきました。

入店したのは15時近く。 ちょっと遅めのランチでございます。

アウェーなので少々気後れしながらお店に入ると、
店のオジチャン(ヒマだったのかテーブル席のお客さんと一緒に談笑していた)が
「一人?ここに座ってちょうだいね!」と案内してくれたので安心して着席。

100828_1458021.jpg カキ氷も魅惑的な暑い夏でございました。

みさきまぐろきっぷのクーポンを差し出しながら「生ビールください!」とお願いすると、
100828_145558.jpg あぁ、、命の水がやってきたヨ(涙)

と、オジチャン「スタンプラリーやってるでしょ!ハガキ持ってる?はいはい出してね~!」と
ビールで一息つく私に物凄い勢いで話しかけてくるので差し出すと、
「あれ?施設のスタンプ、間違って押してるじゃない!しょーがないなー、じゃ、施設のところに
 スタンプ押してあげるからペンで←→書いてね!」と言ってスタンプ押してくれました。。

100828_1455421.jpg ←→ 書きました、私。
夏のキャンペーン中で、三崎口&施設&レストランの3箇所でスタンプを押して
50円切手貼って投函すると、京急系のホテル宿泊券などが当るというっキャンペーン。
左から順番に押してしまった為、本来レストランで押すべきところにカワウソスタンプを
油壺マリンパークで押してしまったワタクシでございます。トホホ。。。。
でも、8月中に来てよかった、手ぬぐいもらえたしキャンペーンに応募できたし。(^^)

100828_145431.jpg で、クーポンで食べられるのはこのメニューから一つ

モチロン、兄さんも召し上がっていた「ミックス丼」を注文です♪

と、店のオバチャンが「お酒呑んでるから早く持ってきたほうがいいわよね!」と
100828_145627.jpg つまみの数々を出してくれました。
まぐろ塩辛、まぐろ角煮、たくあん、お土産で貰える「おツナみそ」の4種。

おツナみそはお店のホームページをご参照下さい(写真撮らなかったので)→ 
http://www.shibukitei.com/index.html


つまみの数々が出てきたのでビールを呑むピッチも上がる私のところに
再びオジチャンがやってきました。

「この味噌ね、『おツナみそ』ってうちのオリジナルなんだよ!
 ゴハンにのっけてもいいし、きゅうりにつけて食べてもいいし!
 本当に美味しいからね!あとで瓶詰め、お土産にあげるからね!!!」

非常に親切なオジチャンでした。(^_^)

100828_150006.jpg 今度は揚げ物
まぐろの串かつとゲソの天ぷら。 どちらもホコホコアツアツで美味でございます。
100828_1459591.jpg 年季入ったソースの瓶 こういうの、結構好きだったりします。

で、お待ちかねの
100828_150334.jpg ミックス丼♪

味噌汁も持ってきていいかしら?と聞かれたのでお願いしました。
100828_150410.jpg わかめのお味噌汁
100828_150711.jpg ついでにお代わりしちゃった(^^♪

と、店のオバチャンが
「ビールお代わりって味噌汁持ってきちゃったけどいいの?後にする?」と聞いてくれたので、
「猫舌なので、お味噌汁、少し置いておいた方がいいんです。」と答える私。

そう、こんなアツアツの味噌汁、すぐにはいただけないんです。。。。

100828_1504191.jpg 具がモリモリ

ビール呑みながら最初にイカやまぐろだけつまんで食べて、
ビール呑み終わってからはゴハンも一緒にいただきました。

あ~、ウ・マ・イ♪


暑い中さんざん歩いて、15時までビールを我慢した甲斐がございました。
ビバ、みさきまぐろきっぷ!と心の中で感謝しながらお会計していると、
さきほどのオジチャンが「これからどっか行くの?バスの時間調べようか?」と
またもや親切なことを言ってくれました。
「バスの時間はさっき調べたんですけどあと30分弱あるんです。」と答えると、
「じゃ、灯台まで行けば往復で15分くらいだから行ってきたらいいよ!」とオジチャン。


こういうところで親切されるとなんだか嬉しいものですね。

 

ごちそーさまでしたー、とお店を出て、灯台まで行くことにしました。


100828_153951.jpg しぶき亭近くにて  
「大漁うどん」って海鮮たっぷりのうどんなのでしょうか。。。

100828_1537001.jpg こういう懐かしいお店を見ながら前進

100828_1527341.jpg 灯台、ございましたが登れませんどした(ーー;)

早足で歩いたのでバスの時間までもう少し散歩できるかと
海のほうまで行ってみました。
100828_1527591.jpg夕方ですがまだ暑く
100828_152844.jpg ワタクシ汗だらだらでした。。。
100828_152919.jpg千葉の海とは違うような気がしました
100828_153452.jpgはい、時間です(;_;)

急いでバス停に戻り、三崎口まで戻った後は再び電車に乗って品川へ。

カンカン照りの中歩いてチリチリ日焼けした上にビール2杯が効いて
車内では爆睡しておりました。。。(-。-)y-゜゜゜(-。-)y-゜゜゜

そんなわけであっという間に品川到着。

2980円の切符で、その2倍分は楽しめた三崎ぶらり旅でしたが、
寒い時期に日帰り温泉&まぐろでもう一度行ってみたいとおもった
「京急みさきまぐろきっぷ」でありました。(^^♪


nice!(11)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みさきまぐろきっぷの旅~油壺マリンパーク編③~ [旅行・出張の巻(日本①)]

油壺マリンパークに行った日は、
本当に暑かったので、生ビールでも♪、、と思いましたが
見渡せば周囲はファミリー or カポーのみ。

中年オバサンのお一人様客は皆無だったりして(泣)、
カキ氷とか焼きそばを食べている人達の隣で生ビールを呑む勇気なく
「やっぱりTPOよね。ビールは後のお楽しみに!」と言い聞かせて
100828_125050.jpg ソフトクリーム(ミックス)をいただきました。
テーブル席を占拠して食べられるような雰囲気でもなかったので
レストラン外のベンチに腰掛けて撮影していたらあっという間に溶け始め、慌てて食べました。 
久し振りのソフトクリーム、冷たくて美味しかった♪

で、永年夢に見たお魚さんの計算ショーの時間になったので行ってみたら大混雑。
100828_122059.jpg 黒板形式になってた。。。
魚の学校、という設定のようで最初は魚の登下校風景から。
ライトの動きで小魚が一斉に移動するのですが、如何せん人だらけ、
子どもを肩車しているオトーサンも目の前にいたりしてイマイチ見えませんで。。(ーー;)

その次に電気ウナギが発電して小型扇風機がプーンと回るアトラクション、
続いてお魚さんの計算。
100828_131151.jpg 兎に角、遠いんですよ。
私みたいな一人客のオバチャンが前列を陣取るのも大人げないでしょ。
なので、遠巻きに見ていたのですがこんな状態だったもんで魚の計算もボンヤリ。。。

司会のオネエサンが
「魚が本当に計算している訳ではなくて、紫外線で正解まで誘導しているんですよ」
なんて種明かしをしているのを聞いて母が正しかったことを改めて知らされました。(笑)

30年以上思い描いていた割には実にアッサリしたもんだな、、、、なんて思いながら
100828_131617.jpg気持ちを入替えてイルカ・アシカショーへ
100828_1316431.jpg いらっしゃ~い♪(三枝風に読んでね)

で、ここでも中央前列に陣取るのはオトナゲナイかと前方左ブロックに着席。
ケイタイでは殆ど写真が撮れず(ホントにボケボケ)割愛させていただきますが、
油壺のマリンパークのサイトから転載させていただいますと、




時は1960年代―。
ビエート共和国は敵国と軍備拡大競争を繰り広げていました。
そしてシェフチェンコ海軍大佐の指揮の下では、
イルカ・アシカを軍事利用する研究が密かに行われていたのでした。
でも、優秀なはずの研究チームが開発するのは、
見ている人を楽しませるようなパフォーマンスばかり。
そんな研究成果に、最初は激怒する大佐でしたが・・・。

果たしてイルカ・アシカたちの運命はどうなるのか?!
そして、海の仲間たちが教えてくれた大切なこととは??
イルカ・アシカたちが華麗なパフォーマンスお届けする、感動ストーリーです。




だそうです。 

ビエート共和国、と聞いた時点で、「え? ソビエト?」と失笑してしまったのですが、
無理矢理こじつけた感ありのストーリーでもイルカ、アシカたちの健気な芸は
見ていて楽しいものでございました。

因みに、シェフチェンコ大佐は可愛らしい女性トレーナーさんでした。(^_^.)


で、薄暗いところでのケイタイ写真はことごとく失敗したので
ようつべ、で探してみたのですが同じものはなく、似たようなものでご紹介。

ストーリーは違えど(上の画面はウェディングとか書いてありますね)
大体こんな感じです。

100828_134648.jpg 近くでキーボード演奏したアシカは何とか撮れました

と、なんとか一通り見終わり、

100828_1246431.jpg 触れるオープン水槽の小魚を見たり

100828_1246481.jpg ゆるゆるパンダを見たりしながら
油壺マリンパークを後にしてバス停へ。。

100828_1423141.jpg ノドが乾いたのでペットボトルのお茶を買ったのですが
店番のバアチャンにナゼカ160円取られました。 10円はお駄賃でしょうか。 ナゾです。


で、気付けば14時半近く。 お腹もぺこぺこです。

 

食べて呑みます!

 

(つづく)


nice!(10)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みさきまぐろきっぷの旅~油壺マリンパーク編②~ [旅行・出張の巻(日本①)]

小学生の頃の夢だった油壺マリンパークにやってきたワタクシ、
自分の分身、うつぼにかなり気をとられてしまった為、
他の魚で覚えていたのはサメとトビウオ程度でございます。

とはいえ、やはりお魚さんが狭いながらも水槽の中で泳いでいる様子には
どこか心が和むというか日頃のドロドロした己の心を洗い流してもらっているかのようです。。100828_1217401.jpg こういう熱帯魚なんて本当に綺麗だもんね

でもね、やっぱり気になるのは、
100828_1218131.jpgうつぼ
100828_1218261.jpg この3つのうちのどれかです

食べると美味しいとか聞くと一度食べてみたいのですねぇ。。。


100828_122145.jpg で、またサメです。
ホンモノが泳いでいたのですが水槽が暗くて暗くてケイタイでは全く撮れませんで。。
100828_122255.jpg なので近くにあった剥製でお茶濁し。(^_^.)

一通り魚を見たところに100828_1221211.jpg縁結び神社
なんでこんなところに縁結び。。。。  有名なんでしょうか、この神社。
京急のサイトで調べたらキタイワトビペンギンにあやかって作られたようです。。

神社に御利益を感じなかった私はお参りしませんでしたが(すればよかったかな)
その後、外に出てみると100828_1224211.jpgペンギン
100828_1224351.jpg暑いので日陰でじっとしてました
100828_122412.jpg泳いでいるペンギンも。涼しそうでいいな。
100828_1228231.jpg 外はこんな感じで晴天です
100828_122918.jpg 本当に暑い日でございました
100828_1227261.jpg いるかプール あぁ、涼しそう。。。

100828_1230011.jpg 少々脱力するような看板につられて中に入ると

100828_1232071.jpg こういう景色が見られる展望台と
自販機、休憩所、色々な工作が出来るコーナーで、学園っていうほどじゃなかったなー。(^_^.)
100828_1239071.jpg アンパンマン 今の乗り物はオサレです
100828_1240241.jpg 最近出来たらしい「かわうその森」
100828_124112.jpg 袋の中で寝てました
100828_1243051.jpg ふくろう(ホンモノ)
森の小道をずっと進んでいくと小川とそこに生息する生物などが展示されていて、
100828_1244471.jpg 田んぼもありました

あれ、私、水族館に来てるんじゃなかったっけ?


はい、もうちょっと続きます♪

 

(つづく)





nice!(11)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みさきまぐろきっぷの旅~油壺マリンパーク編①~ [旅行・出張の巻(日本①)]

京急みさきまぐろきっぷの施設利用券でやってきたのが京急油壺マリンパーク。

ホームページはこちら→ http://www.aburatsubo.co.jp/index.php

 

どうしてここに来たかったかというと、
それは昔々うつぼ小学生のころに見た油壺マリンパークのCM。

お魚さんが「1+2」の答えで、「3」と書かれたボードをポーンとつつく、
そんなCMを見る度、親に「油壺マリンパークに行きたい!」と訴えたのですが
 
「魚が計算してる訳ないでしょ!
  正解の裏に餌でもくっついてんのよ!」

と微塵も夢のかけらもないような母の冷たいリアクションに子供心が傷ついた私、
いつかきっと油壺マリンパークに行くんだもんね!と思っていたら
それから30年以上経ってました。(笑)

今考えれば母の言うことは尤もなんですが、
中年になった今でも魚計算ショーとかやってるのかなあと思ったりして
今回の切符を使って見られるなら、、、と思ってやってまいりました。

だって、まともに支払ったら大人1700円ですもん。
そこまで支払うかというと支払わないだろうし、私。

 


まぐろきっぷの施設利用券を入口で渡して中に入ると、

100828_1204421.jpg まずは魚の国でございます
100828_1205251.jpg ムカシオオホホジロザメの顎歯
こんな口でガブッとされたらひとたまりもございませんな。

100828_120450.jpg近くにはトラ鮫(だったかな)

以前訪れた南気仙沼の「リアスシャークミュージアム」でも
直に触れるトラ鮫がいたので触ったことがあるのですが、
鮫の殆どはおとなしくて、「JAWS」のような人食い鮫は全体の数割程度、
なのでこうやっておとなしい鮫が展示されているようです。
触っても全然気にしない鮫達、触った感じは本当に鮫肌です。(^_^;)

魚の国に入ると、三浦半島に生息する魚達などが展示されていますが、
100828_1206181.jpg チョウザメコーナーもありました
100828_1206381.jpg動きません。。。

で、いろいろ見たんですけど既に1ヶ月くらい経ってるのもあり
100828_1207111.jpg100828_1209191.jpg
100828_121537.jpg きれいだなあと思った記憶のみ。。
100828_120949.jpg これは極小の剥製ですが
100828_1209561.jpg 450~800mに生息してるって
そんな深いところからこんなに小さい魚がどうやって発見されたんだろう、、
なんてことの方が気になってしまい。。

100828_1210371.jpg うつぼを撮ったらブレブレ(携帯だからと言い訳)
うつぼより真ん中に写っている魚が人面魚みたいで怖いす。

100828_1211131.jpg うつぼ
自分のハンドルネームにしてるのもあって
ちょっとムキになって追いかけてしまいました。。。

100828_1211361.jpg 刺身にしたら美味しそうとか考えちゃった
100828_1211541.jpg これはトビウオ
100828_1212311.jpg 鮫 ホオジロザメ?
100828_1216411.jpg 何でサカサ?と思ったら
100828_121628.jpg お腹を上に向けて泳いでいるから
常に仰向け状態で泳いでいる面白い魚です。

100828_121709.jpg 口がでかいってことでしょか
100828_121947.jpg 確かに口がデカーイ(剥製です)
100828_121930.jpg 真だこ  うまそうです

と、ここまでの展示は三浦半島の魚、やたらと多い鮫って感じ。

この先にもまだ展示が続いてますので進みましょう♪

 

(つづく)


nice!(14)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

みさきまぐろきっぷの旅~出発編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

最近、へろーめ兄さんの記事を見ると同じことがしたくなるワタクシですが(笑)
今回は、京急みさきまぐろきっぷを使って三崎までぶらっとしてきました。

兄さんの記事→ 「京急 みさきまぐろきっぷ - Vol.1 城ケ崎しぶき亭」
           「京急 みさきまぐろきっぷ - Vol.2 城ヶ島京急ホテル」
           「京急 みさきまぐろきっぷ -  Vol.3 廻転寿司 海鮮」

 

8月下旬の土曜日、いつもならグータラ二度寝するのをグッと堪えてまずは品川へ。。

100828_103247.jpg 窓口で購入しました。

品川駅からは2980円。 横浜駅だと2880円。(100円しか違いがない(ーー;))


この切符、

①品川-三崎口間の京急往復運賃

②指定区間の京急バス乗り放題

③まぐろメニュー食事券

④レジャー施設利用券    と、三崎にいったら至れり尽くせりな切符です。



念の為、京急のホームページ→ http://www.keikyu.co.jp/train/otoku_maguro.shtml


きっぷと一緒にいただいたのが、
100828_103314.jpg まぐろメニューが食べられる店舗のリーフレット
17店舗から選べるのですが、見ているだけで迷いますな。

100828_103333.jpg で、今回は1周年記念で手ぬぐいを頂戴しました。ラッキー♪


で、ここで気付きました。 今日はカバンが何となく軽いような。。。。。

 

あ、デジカメ忘れちゃった!!!!!



普段使っているカバンより小さいカバンに財布などを移し替えて出発した為、
デジカメを移し替えるのを忘れてた。。。

 

売店で「写るんです」を買おうかどうか迷ったのですが、失敗しそうだし、、、と
結局、今まで殆ど使ったことのなかったケイタイ電話のカメラを使うことにしました。

 

ってことで、今回かなり写真がボケてます。(最初から言い訳)


上の写真も車中にてケイタイ電話で撮りましたのでどこかボケてる上に
乗った電車の写真はとてもぢゃないのですが酷くてボツ。(泣)


100828_113733.jpg ま、いっか。 出発~。


因みに乗ったのは京急2100形です。
(へろーめ兄さんの記事にはちゃんと写真が載ってます)

100828_1143271.jpg約1時間で三崎口に到着しますた。

へろーめ兄さんはここから城ケ崎にマッシグラでまぐろを食べに行きましたが、
私はまずは指定施設を利用することにいたしました。

100828_113839.jpg バス乗り放題です

まずは油壺に行かないと、、、とバスに揺られること15分くらいで油壺に到着。

100828_1158011.jpg 懐かしげな売店を発見

海水浴のお客さんも多いせいか、
バス停の近くには浮き輪やらを販売するお店が2軒並んでいました。

100828_120123.jpg 京急観潮荘

施設利用券でここの日帰り温泉にも入れるのですが(タオルはついてないようです)
灼熱真夏(この日も34度くらいはあったもん)の中、温泉に浸かる気力はないので
ここはパスしてそのまま前進前進。。。

100828_120307.jpg 5分弱でやっと到着しますた。。

施設利用券で↑の日帰り温泉か、城ケ崎京急ホテルで日帰り温泉か、
または、ここ京急油壺マリンパークに入園するか、の3つの選択肢があったので、
迷わず油壺マリンパークを選びました。

暑くて温泉に入りたくないのも理由の一つですが、他にどうしても来たかった理由がございましてな。

は~い、まいりましょう♪

 

(つづく)


nice!(10)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

広島旅行記2010~朝酒したらカエル編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

高校の修学旅行の焼き直しをした後はグビグビした翌日、
EXILEが原因で移動したホテルの宴会場で朝ごはん。
DSCF2138.JPGブッフェなので和洋折衷
納豆があると必ずいただくのですが朝からネバネバでもりもり。

DSCF2139.JPG広島菜が美味しゅうございました。

この後、へろーめ兄さんと源蔵本店さんで素敵な朝酒をした後、
新幹線口に移動してバスで帰ります。。。(泣)

が、バス停に着いたらバスは出発したばかり。。。
次のバスは20分後なので待つことになったのですが、
兄さんも優しいことに一緒に待ってくれました。。。
日除けはあるとはいえかなりの高温多湿な天気に、

2人とも、またもや滝汗。(^_^;)


汗だくだくで待つこと15分でバス到着。
乗車しガラス越しに兄さんとお別れした後は一路空港へ。。。

DSCF2159.JPG 山の中を通ります
DSCF2160.JPG 40分弱くらいで到着。
DSCF2161.JPG IBEX 一度乗ってみたいっすねぇ。。

帰りもクラスJに空きがあったので1000円お支払いして確保。

本当はこの後、レストラン街で生牡蠣食べて、なんて思っていたのですが
ふらふらと保安検査場を通ってそのままゲートに行ってました。

「かなわ」で牡蠣。。。 

これは次回の宿題とします。(宿題だらけじゃん)

中に入ってしまうとお土産や軽食のお店くらいしかないので、

DSCF2163.JPG ラウンジにお邪魔しました

中はあまり広くはなくて50席あるかどうかくらいですが、
先客は4人、その後もさほど増えなかったので
DSCF2164.JPG 寛がせていただきました。。

搭乗時刻になったのでラウンジを出ますが、
この時間帯で出発する飛行機は私が乗る便だけなので
周りに人がいっぱいいるし、焦る必要はございません。。

DSCF2166.JPG お世話になる飛行機
DSCF2167.JPG 頑張れカープ(kenさんゑ)
DSCF2168.JPG ゲートはアルファベット表記でした
DSCF2170.JPG クラスJは8割くらいの入りです
残念ながら窓側ではなく通路側だったので
おとなしく80年代の洋楽を聴きながら本を読んだり。。
DSCF2169.JPGコーヒーを頂戴したり
(暑い季節だからでしょうか、アイスコーヒーもありました)

お隣さんがトイレに行ったときだけ窓からの景色を楽しめたので
DSCF2171.JPG 一枚だけパチリ してみたり

1時間ちょっとであっという間に羽田に到着しておりました。。

空港が不便なところにあるのは差し引いてもヒコーキは早い。。

DSCF2172.JPG ただいま~。

と、あっという間の1泊2日旅ではありましたが、
戦争のない世界平和を祈りながらも呑んで食べて大満足な
大人の修学旅行in広島、でありました。

宿題(笑)がいっぱい残ってしまったので、また行きます♪

(これにて広島旅行記、おわり)


タグ:広島 JAL
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

広島旅行記2010~ホテル珍事編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

昨日無事帰国しました。。

楽しい時間ってのはあっという間ですね。 
今日は現実に戻って洗濯掃除に片付けです。。。(^_^;)


広島ライオンを出たのが15時15分。
そろそろホテルにチェックインしてシャワー浴びて
夜の部にそなえて一休みしよう、、、と
DSCF2032.JPG 路面電車を乗り継ぎ県庁付近へ。

てくてく数分歩いてたどり着いたホテル。
ああ、涼しいわね、、とチェックインしようとしたら。

「あ!うつぼさまですか!大変申し訳ございませんが!」

 

はぁ? 申し訳ございませんって。。。。。

 

「本日、予約がいっぱいで、お部屋のご用意ができませんので
 系列のホテル、あ、こちらよりちょっとグレードが高いのですが、
 駅前のホテルにご移動いただきたいと思いまして。。。。」

 

えぇ~、今駅前からごとごと移動してきたのに、
駅前のホテルに移ってくださいって何なの~。(V)o¥o(V)

 

格安ツアーだから文句言えないし、
ごねたところで部屋はホントにいっぱいなんだろうし。

 

「分かりました。じゃ、他のホテルに移りますが、
 予約がいっぱいって、やっぱりEXILE効果なんでしょうか?」


実はこの日は、EXILEの全国ツアーがスタートする日。
DSCF2038.JPG 駅前でこんなものを見てビックリした私
東京とか他の地域からも沢山の人がくるんだろうな、と
EXILEをよく知らない私もそう思っていたくらいで、
ホテル入口でEXILEロゴ入りタオルを首に掛けた女子達を見かけたし。。。

 

「そうなんです、EXILEでこんなに予約が入ると思っていませんでした。
 こういうこと滅多にないんです。本当に申し訳ありません。」

 

恐縮した面持ちで言われてしまったので、
ホテルのスタッフと車で駅前に移動し、改めてチェックイン。

DSCF2064.JPG 狭いけどこんなもんですな
DSCF2065.JPG 右手には線路が見えます
DSCF2066.JPG 左手にはビル ま、こんなもんでしょう。

それより嬉しかったのが、
DSCF2067.JPG リセッシュ 中年必須アイテム(^_^;)

で、当初宿泊予定だったホテルの方から「お詫びに」と
DSCF2068.JPG女子用アメニティを頂戴しました
DSCF2069.JPG油とり紙とかヘアピンの他に
DSCF2070.JPGゲルマスクラブ 
効果の程は??ですが、一皮剥けた気分になれました(^^)

本来なら小一時間くらいごろ寝しようかと思ったのですが、
思わぬ珍事であまり休めませんでしたが、これから夜の部。
予約したお店に向かいます♪

(つづく)

 

(おまけ)
DSCF2137.JPG自販機コーナーにて。買えばよかったかも。(^_^;)


タグ:広島
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

広島旅行記2010~はしご酒・広島ライオン編①~ [旅行・出張の巻(日本①)]

予定では本日夕方あたりに日本に帰ってくると思います。
明日くらいからは皆さんのところへお邪魔できるかと思いますが、
そんな訳で、本日まではご訪問いただくばっかりで申し訳なしです。


真面目に勉強して、オサレなカフェでランチした後は、駅前に移動し、
駅ビル「ASSE」に入りました。

友人に頼まれたDSCF2174.JPG土産(川通り餅)を購入し、2階へ。

DSCF2034.JPGお好み焼き屋さんが一杯並んでました
DSCF2036.JPGきくぞうさんが立ち寄るうどん屋さん 

で、お目当ての店がないのであれ???と思ったら、
同じフロアなのですが、つながっていないところにあるらしく、一旦1階に下りたりして
DSCF2037.JPG カープグッズに染まるコンビニを横目に
DSCF2039.JPG やっと発見しました。

へろーめ兄さんがウマそうにビール呑んでる記事を
何度も見ていたらゼッタイ寄らないと!と思った広島ライオンです。

兄さんの記事→ 「エビス生ビール1杯190円@広島ライオン」
           「ビヤホールの唐揚げ@広島ライオン」
           「エビス生ビール1杯290円@広島ライオン」
           

銀座ライオンと運営が違うの?かと疑いたくなるくらい広島ライオンが素敵に見えてしまい
これはゼッタイ行かないと、と本気で思った私、 

DSCF2040.JPG ちゃんと14:30に行きました(笑)

 DSCF2041.JPG 入口で再度確認しました(アウェーなので心配で。。)


店内はちょっと薄暗い感じでムーディ。
「1人で禁煙です」と伝えたところ、6人が座れる半個室のような席に案内されました。

DSCF2048.JPG オバサン一人だから隠されたのか(笑)

いやいや、きっと女性お一人でもゆっくり呑んでくださいね、という
お店のお心遣いに違いない。。。。

DSCF2043.JPG で、ジョッキ祭りなんてのもあったのですが
DSCF2046.JPG 初志貫徹でエビス生ビール(小)190円!!

これで190円だなんて。 エビスの缶ビール買うのもバカみたいに思えます。。。

汗汗でグビグビ呑み進みますが、へろーめ兄さんのような瞬殺は出来ませんどした。(笑)


DSCF2042.JPG 空腹ではなかったのでちょびっとメニューで
DSCF2058.JPG はい、気軽に注文させてもらいやすぜ

DSCF2047.JPG たこのカルパッチョ
さっぱりしていて美味しゅうございました。。

DSCF2056.JPG 広島に来たのだからやっぱり頼まないと
DSCF2050.JPG 焼き牡蠣
ちょっとしょっぱかったのと焼き過ぎかな?でしたが、それでもプリプリで美味でした。


で、ビールを呑み終わったので、ハーフ&ハーフの次は黒にしようかな、と思いつつ、

DSCF2045.JPG メニューを見ていたら
エビス生ビール(小)への意気込みがシューっと萎み、、、

DSCF2054.JPGエビススタウトクリーミートップを注文してました。

(小)より50ml.しか多くないのにお値段700円。。

700円あればあと(小)が3杯は呑めるっていうのにバカなアタシです。。


へろーめ兄さんのように、
ピルス→ハーフ&ハーフ→黒、最低でも3杯呑めるようになりたい。
これは次回の宿題とします!

とお店に40分ばかりお邪魔しお会計。。 

早くホーム感覚で呑めるようになりたいわね、と思いながらお店を出ると
DSCF2059.JPG あなごめし、、これも試したい。。
DSCF2060.JPG 小イワシ これも次回の宿題!
DSCF2061.JPG あぁ、、、これも宿題。。。

と宿題の山を抱えながらも190円でエビスを楽しめた広島ライオンでありました。

(つづく)


タグ:広島
nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

広島旅行記2010~ぶらぶらしながらランチ編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

平和記念資料館で久しぶりに真面目に勉強しながら、
普段いろいろ不満はあれどこうやって生活できることは有難いことだ、と思いつつ
DSCF2017.JPG式典に向けてボランティアの方々が掃除している様子とか
DSCF2018.JPG 禎子さんの折鶴を思い出しながらてを合わせ


暑いので涼むことにしました。 お腹も空いて来たのでランチタイムです。

公園に行く前にギネスビールの看板を見てちょっと気になっていたお店。
DSCF2019.JPG カフェポンテ

元安橋のたもとにあるのでカフェポンテ(=橋)なんでしょうか。

るるぶ先生によると現在、広島ではカフェが増殖中だそうで、
たまにはこういうオサレなところに入ってみるのもよいかな、なんて思って店内へ。。

食べログ→ http://r.tabelog.com/hiroshima/A3401/A340101/34012287/


色々調べてみたら、

「水の都ひろしま」の実現に向けた取組の一環として
市民、経済界、国、県、市等で構成する「水の都ひろしま推進協議会」が主体となって、
平和記念公園の来訪者に憩いと交流の場を提供するとともに、
潤いや安らぎのある川辺の風景を創出することを目的として、
公募で選定された民間事業者により設置・運営されております。

なんて書いてありました。


2人掛けテーブルに着席すると、

DSCF2020.JPG なんだかオサレです DSCF2022.JPG店内


ランチは単品のほかにピザセットとかパスタセット(飲み物付で1280円)、
これにデザート、サラダなどがついたセット(1980円くらいだったかな)がありましたが、
折角やってきた広島、へろーめ兄さんを見習って「はしご酒」するのも楽しみだったので
普通にパスタセットを注文することにしました。

飲み物はソフトドリンクのほかにワインなどもあって迷いましたが、
200円増しで生ビールにも出来るということで、

DSCF2021.JPG 乾いた喉を潤すにはヤッパリビールだよね(^^) ウマイ

が、後で調べてみたらオープンした2008年はビールは追加料金無しだったみたいです。
おまけに、サラダ、スープ、パンもついて1200円だった、とか書いてあるのを見て
こうやって記事に書きながら少々テンション下がっております。(ーー;)

やっぱり1200円じゃ採算が合わなかったんでしょうか。
でも、1280円でパスタとドリンクって東京のフツーのお店よりも高いかも。。。

単品で広島の牡蠣を使ったパスタもありましたが、
あまり得意でないクリーム系だったのと単品で1300円くらいしたので
さすがに昼にそこまで払うのってどうかしら、、と敬遠し、

DSCF2023.JPGイカと小松菜のパスタを選択
DSCF2026.JPG 非常にサッパリしてました

量は食がやや細めのレディースには丁度いいかな、って感じですが、
普通の殿方が食べると物足りないかも。。

私もどちらかというとオッサン寄りなのでお腹一杯にはなりませんどした。(笑)

ま、カフェだもんね。 品よくしないと、、、なんて思いながら店を出て、

DSCF2027.JPG 動員学徒慰霊塔

DSCF2028.JPG ああ、涼しそうだ とか思っていたら

またもや署名してください!とオバチャンに声かけられました。

公園に入ったとき、高校生がやっていた署名運動にも書いてきたし、
この人達全部が全部本当にそういう活動している人達なのか分からないし、、、で
「ああ、さっき署名してきましたから!」と言って断ってしまいました。。。

署名するべきだったかなあ。。。


なんて、思いながら
DSCF2029.JPG 再び原爆ドームまで戻ってきました
DSCF2030.JPG 広島市民球場では高校野球の予選会中
DSCF2032.JPG 路面電車に戻って広島駅前へ。

お目当ての場所に向かいます!!



(つづく)




(おまけ)
DSCF2033.JPG路面電車を降りてカードを通す機械
車掌さんがいる2両編成だと車内でカードを通すのですが、
1両のワンマン電車だと、降りたときにこうやってカードを通すようです。
なんだか面白かった。(^^)


タグ:広島
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

広島旅行記2010~広島平和記念資料館編③~ [旅行・出張の巻(日本①)]

突然の閃光と爆風で被爆された方々の遺品のそばには、

DSCF1988.JPG 石の階段
DSCF1990.JPGこれも覚えていました
住友銀行の入口の階段で、開店を待ちながら被爆された人の黒っぽい影が
残っている、ということですが、経年でかなり薄くなっているかと予想していたものの
意外に黒っぽく影が残っていました。。

DSCF1989.JPG この黒っぽいのが影です

原爆で被災された直接被爆者は35万人前後、この中には日本に労働力として
朝鮮から強制的に徴用された数万人の朝鮮の人が含まれていたそうです。。。

という説明を見たり、他にも若くして命を落とされた方々の
DSCF1991.JPG遺品を見て
DSCF1992.JPG音声ガイドを聞きながら次の展示コーナーへ。


原爆の熱線による被害についての展示です。

DSCF1993.JPG 被爆で表面がぶつぶつの泡状に変形した瓦
DSCF1994.JPG 倒壊を免れた煙突
DSCF1995.JPG
爆心地から900㍍離れた醤油醸造所の煙突で、強烈な爆風にも関わらず倒壊を免れました。


DSCF1996.JPG変形したレンガ塀
爆心地から2670㍍の広島陸軍被服支廠で、軟弱な地盤で塀にひずみもあった為、
爆風で塀の上部が持ち上がって変形したそうです。


DSCF1997.JPG 続いて大火災の猛威
DSCF1998.JPG ここも実物を触ることが出来ますDSCF1999.JPG 変形したガラス瓶など
DSCF2001.JPG 溶けた瓦の溶融塊(ヨウユウカイ)
高熱で部分的に溶岩状になったもの。
瓦の溶ける温度は1200-1300℃で、原爆投下後の火災が異常に温度が高かった、
ということが分かるんだそうです。

DSCF2002.JPG高熱でくっついたガラス瓶
DSCF2003.JPG 茶碗等も溶けてくっついています

DSCF2004.JPG黒い雨というと

黒い雨 (新潮文庫)

黒い雨 (新潮文庫)

  • 作者: 井伏 鱒二
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1970/06
  • メディア: 文庫

この作品を思い浮かべますが、本当に黒い雨が降ったように見えたのでしょうね。

DSCF2005.JPG 被爆直後からでた障害で
被爆から5ヶ月後の12月末にはほぼ終息した、と書いてありますが、
ここに展示されていた被災者の方々の写真は凄まじいものでした。

また、被爆して時間が経ってからその影響が体に出た人も多く、

DSCF2006.JPG 佐々木禎子さんは
2歳で被爆し、10年経ってから白血病を発症し12歳で命を落とされ、
その後、資料館に来る前に公園で観た「原爆の子の像」が作られた、ということを
DSCF2010.JPGこの展示で知りました。
DSCF2007.JPG 実際に禎子さんが折った鶴
DSCF2009.JPG快復を願いながら折られたんでしょうね

この後、被災された方々の救護、救援、についての展示がありましたが、
DSCF2011.JPG消息が書かれた瓦
別れ別れになった家族が消息を知らせるために、瓦などに書いたそうです。

ここで展示は終了。

出口に向かいながら歩いていると、
DSCF2012.JPG平和宣言

そして、世界各国からの来場者が紹介されていました。
DSCF2013.JPG ヨハネパウロ2世
DSCF2014.JPGバーンスタイン(一緒に写ってる小沢征爾、若い)
DSCF2015.JPGダライ・ラマ14世  などなど



高校時代の記憶って本当にいい加減というか、殆ど残っていないというか、、でしたが、
今回足を運んでじっくり見ることができて本当によかったと思いつつ、
改めて日々こうやって過ごせることに感謝したくなった平和記念資料館でありました。


DSCF2016.JPG 資料館を出てもう一度手を合わせました

 

ここまでが高校修学旅行のおさらい。


次からは大人の修学旅行編とまいります♪

 

(つづく)


タグ:広島
nice!(8)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | - 旅行・出張の巻(日本①) ブログトップ
メッセージを送る