So-net無料ブログ作成
2018年05月| 2018年06月 |- ブログトップ
前の10件 | -

映画「ニンジャバットマン」を観る [映画⑤]

普段あまり見ない日本のアニメですが、
友人に勧められて映画館で鑑賞しました。

ニンジャバットマン.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

悪党たちが現代のゴッサムシティからタイムスリップして、
戦乱が続く戦国時代の日本にやって来る。
たちまち戦国大名の座に就いた凶悪な彼らが思うままに国を荒らし回ると、
日本はおろか世界の歴史が変わってしまう危険があった。
現在の最新技術からかけ離れた乱世で、ヒーローは悪党たちの暴挙を止めようとするが……。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


大爆笑!





バットマンというと、

バットマン [DVD]

バットマン [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

ジャック・ニコルソン様のジョーカー&プリンス様の音楽で楽しんだバットマンとか、

ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]

ダークナイト(2枚組) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray
ヒース・レジャーの怪演が素晴らしいダークナイト、これしか見ていない私、
特にアメコミが好きなわけでもなく、日本ののアニメも殆どみない、
でもなんだか物凄く楽しく見られました。

多分、アメコミのバットマンが好きな人がみたらケシカラン!って思いそうな、
映画レビューもかなり両極端な作品ですが、私のような事前知識がなくて、
ハードルも低いような人には面白く見られる映画です。

ま、内容はバカバカしい感じですが、気にしないで見ることをお勧めします。(笑)

バットマン(マスクを外すとブルース)がハンサムではないものの、
私が見たバットマンもマイケル・キートンだったし(笑)、ま、そんなもんかと思いつつ、
途中からのマジンガーZを彷彿とさせるロボットの数々が結構ツボでした。

お城ロボットが観音ロボットをジャイアントスイングする場面、
こういうのがつくれるのがさすが日本。

戦闘場面と、のどかな田園風景の場面、画風が変わる演出も個人的には楽しくて、
85分という短すぎず長すぎずの尺で駆け抜けるように見られました。

ディズニーやピクサーのアニメも好きですが、
日本のアニメも意外といいな、作り手が(ご苦労も多いと思いますが)
楽しくつくったのではないかと想像しながら楽しめた
「ニンジャバットマン」ででありました。





nice!(3)  コメント(0) 

菊川「みたかや酒場」で煮込み [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

活版印刷機をみながら萌え萌えで呑んだ後は
(このお店、一人あたり英世一人ちょっととお手頃でした)
森下の山利喜さんをスルーして(私は未踏なので興味あったんだけどね)
菊川まで歩いていきます。


IMG_3529.JPG 改造バイク? 
たくさん置いてあって、ごみ捨てるな、みたいな看板があったので、
改造バイクを見てごみを捨てる人がいるのかな、なんて思いましたが、謎。

IMG_3531.JPG スナックはとぽっぽ 
老舗なのかな、、、なんか味わいぶかい看板でした。

IMG_3532.JPG で、みたかや酒場さんに到着 

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13023536/

入ってすぐL字型カウンターがあるのですが、奥のテーブル席が空いているので
そこにどうぞといわれ、ラッキー、と思ったのですが、一軒目でお腹がぼがぼで、
Mちゃんと立て続けに洗手間に入ったら、カウンター手前に座っている女将さんが
(女将さん、いつも手前の席に座っているいるらしい)
こいつら、2人もいきなりトイレかよって感じの目線で汗。。。。

IMG_3533.JPG キンミヤも段ボールで 
IMG_3534.JPG熱燗で乾杯♪ IMG_3536.JPG煮込み 
濃いめに見えて意外にさっぱり。ほとんどがシロですがモリモリ食べられます。
IMG_3538.JPG ポテサラ
一人前の盛がすごいのですが、ほっとする味わいでバクバクです。

IMG_3541.JPGまぐろの脳天刺し
Gさんが聞いたらあるよ、と言われて即注文。
 

IMG_3540.JPG うんまいの
脳天って、以前、同じメンバーで新橋で食べたのですが、
ここのお刺身、とにかく新鮮で旨みたっぷりで美味でございます。

IMG_3543.JPG煮込みお代わり
お代わりしていたのはMちゃん、一人で食べきっていました。(笑)
IMG_3546.JPG豆鯵 
南蛮漬けですが、これがまたうまくてうまくて。
IMG_3547.JPGお皿 片付けてくれません
お皿の数でお会計するんだって。 だから食べ終わったお皿が増えていくという。

IMG_3548.JPGいまさら枝豆 
IMG_3551.JPG 焼きおむすび
巨大でびっくり。シソは食べませんでしたが、具の鮭も美味しくて、
3人であっという間に食べ終わりました。

熱燗の大徳利4本のんで、一人英世2人ちょい。
1軒目と会わせて4時間近くこの界隈で呑んでおりましたが、
英世4人でお釣が来るという良心的なお店2軒でありました。

みたかや酒場さんは、常連さんがいいひとばかりで雰囲気もよく、
ここは1軒目と合わせて呑みに来たいな、と思うはしご酒となりました。



 

タグ:菊川
nice!(4)  コメント(0) 

森下「リズムアンドベタープレス」で活版印刷機 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

チーム大統領リーダーのMちゃん、と、酒飲みグループで無神経な大型犬、と
一部で言われているGさんと3人で森下へ。


IMG_3517.JPG 駅から5分弱で到着。 
IMG_3525.JPGリズムアンドベタープレスさん 

(お店ホームページ)→ https://randbpress.com/
IMG_3521.JPGハートランドビールで乾1杯♪

基本的には立ち飲みですが、空いていたので窓側の椅子に着席しました。
で、ここのお店、日中は活版印刷のお店、夜は同じスタッフで立ち飲みの二毛作、
このblogで書くのは初めてですが、社会人になってから20年ちょっと勤めていたのが
印刷

関連企業の会社、そんなわけで、GさんがFBにあげた写真を観て萌えた私、
今回連れてきてもらった次第です。(^-^)

IMG_3518.JPGハイデルベルグ製のプラテン 
IMG_3520.JPG1970年製 
IMG_3519.JPGもう1台 
これはまだ調整中で稼働していないそうです。

で、前職の話をして興味津々アピールをしたら、

IMG_3523.JPG空転で動かしてくれました
思っていたよりスピードはやくてびっくり。
 
IMG_3556.JPGMちゃん大興奮 
IMG_3559.JPG お店の名刺と版 IMG_3527.JPG渋い  IMG_3558.JPGこれは外注だって    IMG_3522.JPG ピリ辛野菜漬け 
IMG_3526.JPGげそ揚げ
外カリッ、中プリッ、美味です。

IMG_3528.JPGこのあとかちわりワイン   
現在の商業印刷の主流はオフセット印刷かデジタル印刷、
そんな中で、アナログに活版印刷で出来上がった印刷物が新しく見える不思議。
Mちゃんはエッチングなどと混濁した理解でしたが(印刷の部類だけど方式違うし)
私自身は、重剛なフォルムにインクの匂い、懐かしい気持ちで楽しめました。

IMG_3552.JPG 外から撮影してもらった2ショット

名刺やチラシの発注コストも良心的。
(お店の方、以前都内の印刷会社でオフセット印刷機を使っていたとか)
私もオリジナルの絵ハガキなどを注文したり、飲みに来たり、楽しそうなお店だと思った
リズムアンドベタープレスさんでありました。

 

タグ:森下
nice!(5)  コメント(0) 

浅草演芸ホールで寿輔 [落語&お笑い]

超ひさしぶりに浅草演芸ホールに足を運びました。

 師匠♪

師匠の独演会などには行くのですが、師匠を観に寄席、という機会が激減、
でも、寄席独特の雰囲気を楽しみたい、、と思って行きました。

土曜日の16近くに入ると、1階後方で座れる程度の入り。
最近、寄席が大混雑のイメージなのが行かなかった理由の一つですが、
取敢えず座れて一安心。

で、最初に見たのが、

ボンボンブラザーズ
プロフィール写真はかなり昔のもの。(笑)
白髪が増えた2人(たぶん70代)のジャグリング、健在でホッとしました。

三遊亭 圓馬 三遊亭圓馬さん 昼の部主任  
マクラは英会話などの話でネタは「代書屋」。
履歴書を書いてくれくれとやってきた男の名前が湯川秀樹、
というあたりではそれなりに笑えたのですが、
あんまり波長が合う感じではなく、そのまま終了。 ちょっと残念。

ここで暫し休憩の後、夜の部スタート。

開口一番は前座の立川幸吾さん。
なんで立川?と思ったら3年前くらい前に、立川談幸さんが落語芸術協会にうつり、
お弟子さんたちも一緒にうつったみたいで、なんでそんなことが起きたのか、
前座さんを観て気になって気になって。。。

なんて気になったままきいたネタは「子ほめ」。
前座さんにしては頑張っているかな、という感じでした。


つづいて、
春風亭 昇羊 春風亭昇羊さん 昇太さんのお弟子さん(二つ目)


昇太ネタ( 嫁ない、城めぐり好き)で盛り上げた後、
ゲイのカミングアウトをする熊五郎の創作?ネタでしたが、
面白いのか面白くないのかよく分からないまま終了。

新山 真理新山真理 ぴろきの代演で登場
独身ネタメインの芸人さんですが、刑務所慰問の話で
受刑者の血液型分布で観客を笑わせていましたが、、、
だいぶ老けちゃったなあとしみじみ。

立川 幸之進 立川幸之進さん
この方も談幸さんと一緒に落語芸術協会にうつったみたいです。
ネタは「六尺棒」。初めてきくネタでした。

(一応wikiで)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AD%E5%B0%BA%E6%A3%92

道楽息子の若旦那と父親の攻防が面白いねたのハズですが、あまり勢いがなく、
そんなに面白いと思えぬまま終了。

春風亭 柏枝 春風亭柏枝さん
あれ?柏枝さんってこんな若くなかったよな、と思ったら、
私の知っている柏枝さんは、現在柳橋さんにかわっていました。
ネタは「胴乱の幸助」。

(初めて聞くネタです)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%83%B4%E4%B9%B1%E3%81%AE%E5%B9%B8%E5%8A%A9


マジック ジェミーマジックジェミー
豹柄スカートに黒サングラス、日本人だけど英語。(笑)
途中で日本語に変わりましたが(爆)、正統派寄席奇術です。

桂 富丸桂富丸さん 米丸さんの弟子
見たことあるようなないような、、の噺家さん。
飛行機 やスチュワーデスの話、だったかな、という程度の記憶。。。

神田 松鯉 神田松鯉 さん  
昨今の講談ニーズが増えて、現在都内に講談師が47名という話の後、
かけたネタは佐野山。以前より表情がやわらかくなりました。

林家 喜之輔 林家喜之輔さん  紙切り芸
茶髪の兄ちゃんで右左喜さんの息子さん。 鏡味正二郎さんの代演。
大丈夫か?と場内の皆さんがおもっている雰囲気の中、 スヌーピーを切り、
場内リクエストからパンダ、サッカー、ミッキーマウス、
挙句の果てにはミーアキャット、、まで、なんとか切って、
ベテランにはない味わいで逆にもりあがっていました 。。。


 そして師匠登場。

出てくるなり、最前列に座っていた小学生のお嬢ちゃんが大爆笑。
まあ、初めてみたらそんなリアクションになっちゃうわな。(笑)

お嬢ちゃんに積極的に話しかける師匠、それで盛り上がる場内。

ネタに入らず終わるかと思ったら「生徒の作文」を5分くらい。

皇族のお子さんが学校の社会学習の一環で寄席にいらして、
そのときにかけたネタなので宮内庁御用達のネタ、と言ってました。(笑)

寄席は持ち時間が少ない上に、いまいちはまれない人も出てきますが、
来場者の皆さんの反応などを観ているのも楽しく、花番の感じよさは
末廣亭よりいいな、と思いながら、また寄席で師匠を拝まねば、と思った
浅草演芸ホールでありました。


 IMG_3198.JPG 楽しかった! 
IMG_3200.JPG話神 
汚れが目立ってきているのでごしごし拭きたくなりました。
IMG_3201.JPG ここ、夕方までだからなあ IMG_3202.JPG
師匠のピンク衣装、、もう10年以上みていません。。。

で、帰りにオレンジ通りで 
IMG_3204.JPG秋田竿灯をしばし見学して  
IMG_3206.JPG神谷バーでさっぱりしてからかえりました。(^-^)

 

nice!(4)  コメント(0) 

六本木「アビーロード」でビートルズ [呑んだり食べたり(その他)]

ビートルズ好きの友人に誘われて六本木にいきました。

六本木駅からさほど遠くない場所にあります。

(お店のホームページ)→ http://www.abbeyroad.ne.jp/



IMG_3112.JPG コースターもリンゴ 
IMG_3113.JPG 日本酒をいただきました 
IMG_3115.JPG 秋田のお酒なんだって
まあ、場所が場所なのでこういうお酒をのむとなんだかテンション上がります。

IMG_3117.JPG 
IMG_3132.JPG この日はビートピアさん
IMG_3133.JPG実際より少し若いかな(笑)  IMG_E3124.JPGリクエスト可能な曲 
折角なのでリクエストをお願いしました。
第二部の途中から見ていたのですが
(お客さんは3割くらいの入りでかなり空いていて)
最前列に陣取るサラリーマングループの年長(上司ぽい)おじさんが
かなり酔っていて、バンドに向けて悪態ついていて。(V)o¥o(V)
部下の誕生会で来ていたようで、第二部の途中でハッピーバースデーの歌と
ケーキセレモニーもあってもっと楽しめばいいのに、
バンドにむかってもっとちゃんとやれ、みたいなことを言っていて。

(V)o¥o(V)


酒癖悪いおっさんだな、一緒に来ている部下も他のお客さんも
いやーな気分になるだけなのにね。

と第二部が終わり、暫し休憩タイム。


IMG_3119.JPGジントニックに
IMG_3120.JPG野菜スティックぽりぽり

IMG_3121.JPG そして第三部 
IMG_E3122.JPG スタンバイ IMG_3123.JPG
わたしたちのリクエスト曲、Day Tripperと、もう一曲、演奏してくれました。
 


この曲、バンドメンバーも珍しいリクエスト曲と言っていましたが、

ガープの世界 [DVD]

ガープの世界 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2011/10/17
  • メディア: DVD
私の大好きな映画でながれる歌。 
感じ悪いおっさんもいましたが温かい気持ちになれました。
この後もう一回ライブはありますが、千葉に帰るには六本木は遠いので、
ここでお店を出ました。。


IMG_3131.JPG バンドのベースの方
ポールの曲のみで構成するライブ、、かな。


ビートルズが流行っていたころはまだ小さくてあまりリアルタイムに
楽しんだ記憶がないのでさほどそこまで、、なのですが、
やっぱりコピーバンドでも生演奏を聴きながら一緒に歌って、というのは
楽しいなと思ったアビーロードさんでありました。




タグ:六本木
nice!(4)  コメント(1) 

映画「Ryuichi Sakamoto CODA」を観る [映画⑤]

なかなか時間が合わずに見られなかった作品、
やっと田端の小さな映画館CHUPKIさんで観ることができました。

CODA.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

2011年の東日本大震災以来、被災地への訪問を繰り返していた音楽家の坂本龍一は、
2012年に宮城県名取市で被災したピアノと遭遇し、津波に流されて水に浸かったピアノの
音を聞く。
その後坂本は、首相官邸前の原発再稼働反対デモに参加するなど精力的に活動するが、
2014年に中咽頭ガンであることを公にする。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


冒頭からグッと入り込めて、あっという間に見終わりました。

陸前高田で被災したピアノに触れた後、演奏する教授の姿、
そこから反原発活動に参加し、、、そこからは、教授の作品作りの様子、
そこに交えて、YMO時代(矢野顕子も映っていて懐かしい)のライブ映像、
戦メリ(ボウイ様も登場♪)、ラストエンペラー、シェルタリングスカイ、
数々の映画音楽制作での苦労話、そこから現代に戻って、
闘病、新譜制作への熱意、、様々な教授の姿が映し出される。

Async

Async

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Milan Records
  • 発売日: 2017/04/28
  • メディア: CD


この作品を作っている間に自然の様々な音を探し続ける教授の姿が印象的でした。
映画のポスターの姿も雨の音を青いバケツを被って聞く教授。

様々な姿を仰々しいナレーションもなく、どこか散漫にも思えるつなぎ方で、
逆にそれが坂本龍一という人物を描くにはいいのかも、と思いました。

若いころにどこか尖っていた教授も60代、小学生のころYMOを聞いていた私も五十路。
時の流れを感じます。
教授のアルバム、ちょっと聞いてみようと思いつつ、
教授ファンにはぜひ見ていただきたい「Ryuichi Sakamoto CODA」でありました。

nice!(6)  コメント(1) 

千駄ヶ谷「CHACO あめみや」でブロックステーキ [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

肉をモリモリ食べたくなり、友人と千駄ヶ谷のCHACOあめみやさんへ。

駅から歩いて5分もかからないところ(地下で目立たない)です。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130901/13006988/


夜の部は2時間制。予約必須の人気店。 


IMG_3078.JPG 最初は生ビールで乾杯♪ 
お肉のメニューはステーキのコースもありますが、
IMG_3077.JPG 折角なのでブロックステーキを
2人で行ったので1㌔は多いかな、と思ったのですが、
いや、美味しい肉なら食べられる、とリブブロックを注文。
このお肉を注文すると、600円(一人)で、サラダ、付け合わせ野菜、パン、デザート、
コーヒーをつけられます。お手頃です。

IMG_3083.JPG すぐ運ばれてきたサラダ 
冷え冷えシャキシャキの野菜に
IMG_3084.JPGドレッシング2種 
フレンチとサウザンだったかな、選べるのも良心的です。

IMG_3085.JPG 台が運ばれてきましたが 
固形燃料が巨大でさすがブロックステーキ用!と感心。

IMG_3086.JPGガーリックトースト かりかり 
IMG_E3087.JPG赤ワインにスイッチ  
このお店はオープン以来、勝沼ワインを提供しているそうで、
ルバイヤードという赤ワイン、ボトルで2600円だったかな、お手頃です。
味はほどよい味わいでお肉の味を引き立ててくれる感じ。

IMG_3135.JPGで、運ばれてきました! 
(暗い中でなんとかとったのですがボケボケなところは皆さんの想像力で)

IMG_E3091.JPGIMG_E3092.JPG
お店の方がある程度ざっくりカットしてくれて

IMG_E3094.JPGじゅーじゅーです  IMG_E3098.JPG 付け合せの野菜と
銀色のプレートがこれまた熱々で、お肉をのせるとジュージューします。

IMG_E3099.JPGレアに近くて

美味 
IMG_E3100.JPG
鉄板に置いてあるお肉はほどよく火が通っていって、
最初レア、途中ミディアム、最後ウェルダン、、いろいろな焼き加減を楽しめます。

付け合せの野菜(特にボリュームのあるジャガイモ)を控えめにしたのも奏功し、
無事2人で1㌔完食。ヽ(^。^)ノ

IMG_3107.JPG固形燃料に灰皿で蓋をして 
IMG_3106.JPG300のカラフェで白をいただいて  
IMG_3108.JPGシャーベットでさっぱりして 
IMG_3109.JPGごちそうさま

2時間制と言われましたが1時間半もしないでお腹一杯。
お店の回転が非常に良いので(注文からお料理の出てくるのが早い)
テンションがぐぐっと上がってもモリモリ食べて満腹でも心地よいお店、
再訪必至のCHACOあめみやさんでありました。

 

タグ:千駄ヶ谷
nice!(7)  コメント(1) 

映画「ゲティ家の身代金」を観る [映画⑤]

レディースデーに何か見ようと思って上映時間がちょうどよいという理由で選んだ作品。
ゲティ家.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

1973年、大富豪ジャン・ポール・ゲティ(クリストファー・プラマー)は
孫のポール(チャーリー・プラマー)を誘拐され1,700万ドルという高額の身代金を
要求されるが、守銭奴でもあったゲティは支払いを拒否する。
離婚して一族から離れていたポールの母ゲイル(ミシェル・ウィリアムズ)は、
息子のために誘拐犯、ゲティの双方と闘う。
一方、犯人は身代金が支払われる気配がないことに苛立ち……。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

トラップ大佐♪


実話を基にしたという割にそんなに面白くなかったのですが(笑)
(なぜならば、最後まで緊迫感が殆どないので)
トラップ大佐こと、クリストファー・プラマー演じるゲティ爺の
人を信じない態度が逆に面白かった作品です。

当初、この爺役を特殊メイクでケヴィン・スペイシーが演じて
ほぼ撮影も終わった後、セクハラで問題になって、トラップ大佐が
代役で演じ(追加コストもかなり抑えたとか)公開できたとか。

(このあたりに書いてあるけど14歳にセクハラはないだろうな)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B2%E3%83%86%E3%82%A3%E5%AE%B6%E3%81%AE%E8%BA%AB%E4%BB%A3%E9%87%91

トラップ大佐といえば、

サウンド・オブ・ミュージック <ファミリー・バージョン> [DVD]

サウンド・オブ・ミュージック <ファミリー・バージョン> [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
この作品ではあまり共感できないお父さん役でしたが、
その後、主に脇役として活躍されていて(年に一度くらいは会っているような)
いい意味で爺に磨きがかかってきていて好感度の高い俳優さんですが、
今作は孫が誘拐されても身代金を出さないどこか偏屈な爺さんを好演。

ケヴィンスペイシーだったら、映画館に観に行くこともなかったと思えば、
トラップ大佐だから観に行った、、とはいえ、作品としてはドキドキ感なく
誘拐された孫にもその母親にもあまり共感することなく、
どちらかというと誘拐した犯人が孫に情が移っていくのを観て、
そこにどこか共感してしまいました。

実話が面白くないとしても、もう少し緊迫感のある演出があってもいいいかな、
と思いながら、個人的にはトラップ大佐(現在爺)の演技には萌えられた
「ゲティ家の身代金」でありました。


ちなみに、原題は“All the Money in the World”。
どんだけお金もってるのと突っ込みたくなる原題の方が面白けれど、
はて、邦題ならどうするか、と思いつつ、この邦題はいまいちかな、
どちらかといえば、ゲティの名前だけでもいいのかな、
と思ってしまいました。。

nice!(6)  コメント(0) 

錦糸町「サイゴン・マジェスティック」で盛合せセット [呑んだり食べたり(その他)]

仲良しKサンと新日本フィルの定期演奏会@トリフォニーホール終演後、
16時過ぎに入れるお店を探すのに難儀するのですが
今回は錦糸町駅まで歩いている途中で見かけたお店。


IMG_2983.JPG雀荘&日サロが混在するビル4F IMG_2984.JPG サイゴン・マジェスティック 

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13005061/

IMG_2985.JPG コールボタンもお店仕様 

土日はお昼から通し営業ですが、16時過ぎでもかなり盛況でした。


IMG_2990.JPG生ビールで乾杯♪ 
IMG_2992.JPGお箸もベトナム風? 
IMG_2993.JPGフレンチぽいメニューもベトナム 
IMG_2986.JPG
新登場っていつ登場したんだろう、、という突っ込みは置いといて、これを注文。
 
IMG_2994.JPG
注文から5分くらい(早)でテーブルに運ばれてきました。。
お皿は大きいのですが、盛り付けられているお料理を観るとコスパいまいち。(-_-;)
単品でこれらを注文したら2人では食べきれないかな、って感じですが、
盛合せなのにちょっと少ない印象。
 
IMG_2995.JPG
パパイヤのサラダ、と、玉子焼きみたいな料理。
美味しいんだけれど、玉子焼き、ちっちゃ。(*_*)

IMG_2996.JPG
蒸し春巻き、と、生春巻き。これっは美味しいです。
特に蒸し春巻きは具がひき肉で、もちもちの皮と揚げネギがぴったり。

IMG_2998.JPG 揚げ春巻きもサックサク 
IMG_2988.JPGで、ワインがいっぱいあるものの IMG_2989.JPGビールもあるけど 
IMG_2991.JPGカクテルもいっぱいあるのに、
私の好きな日本酒がメニューになかったので、
 
IMG_2999.JPGジャスミンハイを 
今日はあんまり飲むなってことかな。(笑)
IMG_3001.JPGビーフン 
具がいっぱいでしたがちょっと油がつよめ。

周囲の常連さんとおぼしきお客さんたちは単品で注文している人多し。
次回くるなら盛合せではないものにしよう、と思った、
サイゴン・マジェスティックさんでありました。


IMG_3003.JPG帰りは押上までぶらぶら散歩しました。(^-^)


  

タグ:錦糸町
nice!(5)  コメント(1) 

映画「犬ヶ島」を観る [映画⑤]

予告編が気になって気になって気になりまくっていたので、
公開1週目にシャンテシネに観に行きました。

犬ヶ島.jpg


あらすじはYahoo!映画さんより。

近未来の日本で、伝染病の犬インフルエンザが大流行し、
犬たちは「犬ヶ島」に隔離される。
12歳の少年アタリは、捕らわれた愛犬スポッツを捜すため、
メガ崎市からたった一人で小型飛行機を操縦し犬ヶ島へと降り立つ。
島で出会った5匹の犬とアタリは、心の距離を少しずつ縮めていき……。



==================================================




新感覚!

ストップモーション映画、というだけあって手間暇かかっているのも感じつつ、
どこかブラックな笑いでみ終わりました。

予告編を観たとき、キャラクターは可愛くないし、
どこかシュールで味気ない雰囲気も感じたのですが、
好き嫌いが分かれそうな今作、私はすっかり笑って観てしまいました。

多分、作りがどこか桃太郎ぽくて、

そんな感じがが私のツボにはまったのかもしれません。


主人公のアタリ(見た目が可愛くない(笑))が捨てられた犬たちをつれて
自分が大事にしていた犬のスポッツを探すというのが、
絶対ハッピーエンドになると思いながら観るいつものパターンながら、
どこか応援しながらみている自分がおりました。。

勘違い日本ぽい描き方をしている映画はよくあることですが、

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

ダラス・バイヤーズクラブ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: Blu-ray

これはなんだかなあ、って思いましたが、
今作は、なんだか不思議な日本の描き方も、
007は二度死ぬ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

007は二度死ぬ(デジタルリマスター・バージョン) [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD
ショーン・コネリー様が日本で日本人に化けようとして
ぜんぜん日本人に見えなかった、そのときの笑いに近いものがありました。


ストップモーションという手間のかかる撮影で、独特の動きを観ながら、
どこか皮肉にわらったりしながら、ハッピーエンドになるだろうな、と思って
安心しながら見られる心地よさ、興行的なことも考えてはいないだろうけれど、
ウェスアンダーソン監督自身のやりたいことが詰められている作品、という印象。

同時通訳の声を担当するフランシスマクドーマント、
下宿やのおばあちゃん(一瞬の出演)の夏木マリ、いろいろなところに楽しみがあって、
飽きずに見られた「犬ヶ島」でありました。



nice!(5)  コメント(0) 
前の10件 | -
2018年05月|2018年06月 |- ブログトップ
メッセージを送る