So-net無料ブログ作成

白山「満津美寿司」で茶碗蒸し [呑んだり食べたり(満津美寿司)]

あっという間に大晦日ですねぇ。
今年最後の記事は今年もお世話になった満津美さん記事で。(^-^)

今回は11月下旬、昔の勤め先の仲間たちと4人での訪問です。
相変わらず予約でいっぱいで暖簾はお店の中に入っていました。
私たちは小上がり席に着席し、

IMG_8023.JPG ビールで乾杯♪


IMG_8021.JPG お通し
菜の花の酢味噌和えとレモンくらげ。うまー。


IMG_8022.JPG げそ 相変わらずうまいです。
美味しいねぇ、、と食べていたら、もう一皿持ってきてくれたのが、
IMG_8027.JPGみりん焼き
え、なに?これ初めてなんだけど、、とビックリしながら食べたら、
みる貝を醤油と味醂につけて焼いて七味を振ったものでした。
これは日本酒でもビールでもよく合います。

IMG_8024.JPG
テーブル席で大勢だとこうやって大きな丸皿に盛り付けてくれるのですが、
本当に立体的できれいな盛り付け。そしてどのお魚も美味しいのが嬉しいです。
IMG_8028.JPG 元酒にスイッチして 
IMG_8030.JPGあなご~♪ IMG_8031.JPG 茶碗蒸し
あまり注文したことがないのですが、今回はメンバー全員でいただきました。
口触り滑らかな玉子と海老や銀杏などの具がたっぷりで美味。

IMG_8032.JPG 
〆はもりもりで。

IMG_8034.JPG IMG_8035.JPG たまらん♪

何回きてもやっぱり飽きないし美味しくて幸せな気分になれる満津美さん、
大将が立ち仕事で大変そうに見えるのですが、続けてくれる限りは通いたい、
そんな気持ちになった満津美寿司さんでありました。


===================================


あっという間に大晦日。


今年も毎日記事をアップすることができました。(^-^)
(それもこれも予約投稿機能のお陰なんですが)


呑んだり食べたり、映画、旅行、、ときどき落語、という、
あまり変わり映えのしない記事構成になってしまったのですが、
今の自分はとりあえず転職した会社で3年経ち、色々思うところはありますが、
年齢を考えると転職というのはもういいかな、という気持ちだったりして
そのあたりは表面上落ち着いておりますので、日々を穏やかに過ごせております。


今年は特に旅行が多めだったという印象ですが、
自分の知らない日本、むかーし行ったきりの日本を訪ねる旅が多めだったかな。

特に、snorita姐、けーすけ兄と訪れた出雲大社は初めての訪問でしたが、
珍道中で本当に良い思い出がつくれました。

また、飲みでは、チーム大統領Mさんのお陰で知り合ったお酒仲間の皆さんと
お花見、はしご酒などなどお酒を大勢で呑む楽しみを教えてもらいました。

そんな中で、このブログに訪問いただいた方には感謝しております。
来年も出来る限り毎日記事アップは続けていきたいと思いますので、
ご訪問お待ちしております。(^-^)

みなさまも佳い年をお迎えくださいませ。

また来年~♪






 

タグ:白山 元酒
nice!(9)  コメント(2) 

日本橋久松町「酒喰洲」&「大申」で忘年会 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

ここ数年お世話になっている日本橋久松町の酒喰洲さん主催の忘年会で
久しぶりにお邪魔しました。

(酒喰洲さん)→ https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13040948/

土曜日の開店直後を狙っていくという、チーム大統領Mさんの言う通り、
16時30分に行ったら、もう人だらけ。(゜o゜)

現在の場所での営業が年内いっぱいなので、お店の忘年会もここで開催されるのが最後、
そんなこともあって、いつも大混雑になる忘年会、今回は数割増しでの混雑。

IMG_7843.JPG なんとかカウンターの前に
ただ、大将とスタッフ2人なので、お料理が出てくるまでかなり時間が。。
でも、そこはみんな我慢というかおとなしく待っている常連さんたちです。
IMG_7845.JPG ふぐ皮に 
IMG_7846.JPGビール 
IMG_7847.JPG食べたかったジンギスカン♪ 
IMG_7848.JPG 一升瓶でまわってきたお酒を注いで IMG_7849.JPG お刺身に
ジンギスカンをもう一皿いただいたのですが、 
人がどんどん増えていき、もうここでの忘年会も最後だし、
居座っても、、なんて感じで、会費を回収しきれなかった感もありますが、
いつもの呑み仲間のみなさんと隣の大申さんへ移動し二次会。

(大申さん)→ https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13166864/

日中はラーメンが主のお店ですが、夜はあれこれ食べながら呑めます。

IMG_7851.JPG ぱりぱり餃子に 
IMG_7854.JPG干し豆腐 IMG_7855.JPGセンマイ! IMG_7857.JPGジューシー唐揚げ IMG_7858.JPGと、あれこれつまんで IMG_7859.JPGメチャうまタンタンメン IMG_7860.JPG牛肉と葱炒め IMG_7861.JPG茄子とピーマン炒め

などをつまみながら、主にビールやらでぐびぐびし、楽しい忘年会となりましたが、
酒喰洲さんでもうちょっと呑めたらもっと楽しかったかなとちょっと悔やまれた、
酒喰洲さん&大申さんでの忘年会でありました。



nice!(6)  コメント(0) 

映画「DESTINY 鎌倉ものがたり」を観る [映画④]

久しぶりに邦画を見に映画館に足を運びました。

鎌倉ものがたり.jpg

あらすじはYahoo!映画さんより。

鎌倉に住むミステリー作家・一色正和(堺雅人)のもとに亜紀子(高畑充希)が嫁いでくるが、
さまざまな怪奇現象が起こる日常に彼女は戸惑ってしまう。
犯罪研究や心霊捜査にも通じている正和は、迷宮入りが予想される事件の折には、
鎌倉警察に協力する名探偵でもあった。ある日、資産家が殺害され……。





意外にも素直に楽しめました。(^-^)

テレビ局(今回日テレ)がテコ入れしている映画って、
宣伝も物凄いのでその分割り引いて観てしまう素直でない私ですが(笑)
この作品は鎌倉という場所を舞台にしたファンタジーというか、
VFXが描き出す魔物や黄泉の国など、ハリポタ好きだからなのか、
すんなり引き込まれて見ることが出来ました。

高畑充希は、ととねえちゃんで結構好きな女優さんですが、
予告編を見てもあんまり堺雅人と夫婦という設定がピンとこず、
本編を見て、可愛く優しく思いやりのある役柄を演じている様子が
作品を観ていて納得できました。

登場する人、魔物、どれも個性的。
嫌なキャラクターでさえ(松茸売ってる赤い手の魔物←見ながら松茸爺と呼んでました)
どこか親近感(笑)を感じるという不思議。

脇役も個人的にはツボというか、お久しぶりの三浦友和、鶴田真由に吉行和子、
要潤の鼻がいきなり狐になったり、堤真一がカエルに転生したり。
一番のツボは田中泯演じる貧乏神。
貧乏神なのに優しくする亜紀子(高畑充希)が豊島屋の鳩サブレを勧めるところが
なんとも言えずなぜだか心温まりました。貧乏神なのに。(笑)

他には、殺人事件の容疑者宅の子供が食べているキャベツ太郎とか、
遊園地の名前がゼズニーランドとか、そんなところもツボポイント。

黄泉の国まで行くまでが長めで、黄泉の国に行ってからは非常にテンポよく、
あわわわわー!と思っていたらめでたしめでたし。

時代設定が昭和50年代くらいに思えたのですが(黒電話とか保温ポットの柄とか)
キャラクター設定の妙と、黄泉の国に向かう江ノ電(空に敷かれる線路の上を走る)、
どこか懐かしい風景が広がって、ちょっとのドキドキとホンワカした気持ちとで
2時間超があっという間、鎌倉に久しぶりに足を運びたくなった
「DESTINY 鎌倉ものがたり」でありました。





nice!(5)  コメント(4) 

新宿「完全個室居酒屋 壱岐」でチキンダッカルビ [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

友人たちと急遽忘年会の予定が入り、
幹事が新宿歌舞伎町の賑やかなエリアでお店を選んでいったのですが、
先に言っておきます。


大ハズレ店でした。(V)o¥o(V)

場所は昔のコマ劇場近くの雑居ビルの9階ですが、
エレベータが小さいものが1基のみ、7-9階は飲食店が入っていますが、
時間帯によっては大混雑。そんな中なんとかエレベータに乗って9階へ。。
降りてすぐ目の前に受付のようなところがあったので、名前と人数を伝えると、
ああそれは8階です、と言われ。(V)o¥o(V)
8-9階は同じ会社の経営らしく、お店がいっぱいになると空いている店舗に
座らせる、、のかもしれませんが、階段はどこですか、と聞くと、
エレベータで降りてくださいと言われ。(笑)

火災時に絶対降りられないで焼け死ぬビルだね、と言いながらエレベータで8階へ。

カラオケボックスだったところを無理矢理間仕切りしたみたいで、
滅茶苦茶狭い空間に5人ギュウギュウに着席。(゜o゜)
完全個室といいながら天井の方が壁がないので、
隣の席からタバコの煙はモウモウくるし、話声もうるさくて、
友人たちの声が聞こえないという。(笑)

(完全個室居酒屋 壱岐ってお店です) → https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13205445/


IMG_8947.JPG お通し 
玉子豆腐みたいな一品ですが、これだけおいていかれ。。
スプーンを置いていかなかったので、箸で掬うのに難儀しながら、
結局、器に口をつけて箸でずるずるススリました。(笑)

IMG_8950.JPG 生ビール 
呑み放題が2時間で2160円というのでそりゃ高い、と
呑み放題ではないアラカルトで最初は生ビールとお願いすると
ぜんぜんこなくてね。(V)o¥o(V)

ぶーッとボタンを押してまだですか、と聞いてもなかなか来ず、
やってきて一口飲んだら上の写真の状態。
ドリンク係が注いだ後、ホール担当がなかなか運ばないうちに泡が消えていた、
そんな様子が目に浮かぶようなお粗末ビールですが、これで590円(しかも外税)。

IMG_8951.JPGサラダ 
メニューの写真ほどのボリュームなく、胡麻ドレッシングがたっぷりで味濃いめ。

IMG_8952.JPG 冷奴 いくらのせ 
浅いお皿にのった冷奴を上から渡されて受け取ったら、
じゃぶじゃぶにかかっているタレがテーブルにじゃーっとこぼれ。(V)o¥o(V)
いくらもそんなにのっていないし、タレは多すぎるし、これで590円くらい。高い。

IMG_8954.JPG 玉子焼きときのこのアヒージョ 
玉子焼きは仕出し弁当みたいな感じ。
最近、居酒屋でもその場で手作りが多い中、これは酷いねぇ、と言っていたら
アヒージョもお皿だけおいていこうとされたのでスプーンくださいね、とお願いすると、
デザートの小さいスプーンでいいですかって。(笑)
もうちょっと大きいのはありませんか、と聞くと、じゃあレンゲでいいですか?というので
レンゲもってきてくださいとお願いしたら結局持ってきませんでした。(゚д゚)!

IMG_8955.JPG 唐揚げ これだけまともだった

で、泡の無いビールも飲み終わったので、日本酒、、と思ったら、
IMG_8949.JPG 獺祭 
精米歩合50%のものでさえ一合2000円くらいするので(@_@)。
実際にこの値段で品物を置いているのか謎ですが、
誰がこの値段で(高いものは一合4000円弱)注文するんだろう。。

IMG_8953.JPG 松竹梅の豪快でさえ1合690円 
この値段で注文する気は全然しません。(V)o¥o(V)
市販の2倍くらいだと良心的だと思いますが、このお店は3-4倍くらい。高い。

IMG_8957.JPG 仕方なくジンビームハイボール 
これはサーバーから注ぐだけだと思われ普通の味でした。

IMG_8948.JPGで、おススメというので注文したら 
IMG_8956.JPG なんかちょっと違う感じ。。


店内はとにかくうるさかった&スタッフが呼んでも全然こない、のですが、
店内に最初軽めポップスが流れていたら、途中から行進曲に変わり、
洗手間に入ったら威風堂々が大音響で流れていて帰れコールなのかとお会計。

各自2-3杯ずつ呑みましたがこれで一人当たり5000円弱。高すぎる。(V)o¥o(V)

スタッフの対応も悪いし、お酒高いしお料理いまいちだし、
食べログの点数が3.4と高めだったので幹事が選びましたが、
忘年会シーズンですぐ予約がとれるというのは避けた方がよかったな、と後悔。

食べログの点数も以前、操作しているニュースを聞いていましたが、

(このコメントなんて仕込みっぽいよね) → https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13205445/dtlrvwlst/B256098288/?lid=owner_pickup_review

場所がいいのでついつい、になってしまうのですが、こういうお店っていずれ閉まっても
名前を変えて再び、と思うと、商いは正直にやってほしいもんだと思った、
「完全個室居酒屋 壱岐」でありました。






nice!(5)  コメント(0) 

映画「イントゥ・ザ・ワイルド」を観る [映画④]

おそらく、ショーン・ペンが監督という理由で借りたと思われる作品。

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

イントゥ・ザ・ワイルド [DVD]

  • 出版社/メーカー: Happinet(SB)(D)
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

大学を優秀な成績で卒業したクリス(エミール・ハーシュ)は車や財布を捨て、
自由を手に入れるための放浪の旅に出る。
労働とヒッチハイクを繰り返し、アメリカからアラスカへと北上。
アラスカ山脈の人気のない荒野へと分け入り、捨てられたバスの車体を拠点に
そこでの生活をはじめる。





同年代のアメリカ人男性が私と同じ時代を生きながら、
30年近くも前に自然の厳しさと闘って命を落としていたというのを
この映画で初めて知りました。


(実際の写真などはこちらで紹介されています)→ http://www.tapthepop.net/scene/29180


彼の生き方を否定も肯定もしませんが(できるわけもなく)
主人公のクリスが若さ故に現代社会への疑問を行動に移していく、
見ていて無謀だな、と当然思いつつ、でも、自分が20代前半の頃に親に対して反発し、
自然に飛び込もうとするというのであれば、その気持ちは理解できなくもない、、です。

所持金を燃やし、鉄砲水で使えなくなった車を捨て、ヒッチハイクで旅をする、
決して人との接点を否定するわけではなく、途中で出会うヒッピーの中年カップル、
北欧の若いカップル、農場で働きながら経営者や農場で一緒に働く仲間たちと交流し、
最後に出会う老人との出会いの場面はみていて温かい気持ちになります。
(見ず知らずのクリスを養子にしようとする場面では思わずじんわり)

そんな優しい老人とも別れてアラスカを目指し、
そこでクリスは自然の厳しさを思い知らされ、抗うことができないまま
命を落としていく最後には何ともいえない悶々とした気持ちいなりました。

今のようにインターネットやスマホなどがあったとしても、
きっとクリスはそれに頼らず一人でアラスカを目指したかもしれません。

もし、アラスカで命を落とさなかったらどういう人生を彼は送っていたのか、
最後に、旅に出たとき自分につけた名前、アレグザンダー・スーパートランプから
捨てたはずの名前、クリス・マッカンドレスに戻っていく、
幸せが現実になるのはだれかと分かち合ったときと悟るという皮肉。

実話に基づくので最後は残念な形で終わりますが、
同年代の自分が若い頃を思い出しながら中年になってみるのと、
今の若い世代がこの映画を見るのとでは感覚も異なるとは思いますが、
彼の人生から自分の人生に照らし合わせて考えることが、
この映画にはあるのかな、と思った「イントゥ・ザ・ワイルド」でありました。




nice!(4)  コメント(0) 

四谷三丁目「チェルト」でよさこいハニー [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

ここ何年かsnorita姐とけーすけ兄と忘年会を行っておりますが、
今年はけーすけ兄からワインが飲みたいというご希望があって、
snorita姐の行きつけのイタリアン「チェルト」さんに行きました♪


(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13037999/

snorita姐と、初夏の出雲旅行以来のけーすけ兄と久しぶりに3人揃って。
017e8293de41ade5fda5e508d6e53cd75f330d3f8a.jpg019b3c1ab37b7fc9dfde02b42fb97b05990ae9d450.jpgシャンパンで乾杯♪
01f6dcd0b3b62a7732effb7c345de7f6fb8f9cb67d.jpg スープ
有機栽培のごぼうのスープ、濃厚なのにすっきりしていて
旨みたっぷりで美味。

012974b1f319f24ac31bbce73ae2eb332b5a55b8af.jpg カプレーゼ 
ワインによく合う一品。

0100cc5844f2bf5fa528ceee3a3c72d404e9e15c8d.jpg 生ハム盛合せに 
01447ac1ff83d221d099dbb1688a1ccf60bf7c80f5.jpg 仔牛のトンナートソース
初めて聞いた名前だったので注文したのですが、
ツナを使ったソースみたいです。 サッパリ柔らかい仔牛肉にぴったり。

018873dc1cbc7c3fcaf2762f0f972c644869722c2a.jpg パスタ
しらすとよさこいハニーのペペロンチーノ。

よさこいハニーって何かと思ったら高知でとれる甘唐辛子のことみたいで、
ハニーと名前がついているだけあって甘味が強くて美味でした。

01d8a21b365cce31604175391a266ee14ca9ad6236.jpg鰤のプッタネスカ
鰤の身がゴロゴロ入っていて、トマトとオリーブとよくあって美味。

01373aaa5609d223267ccb180760dd511bce2320c3.jpg豚ロースの網焼き
香ばしい焼き加減にお肉は口の中でジュワッと広がる肉汁が美味しいです。

   
01e81c7fdda8540010280a4842e2a2ae37dd12fe6c.jpg01838fa05a115899f948026d3b9d6f9c15ae956c0b.jpg 濃くて度数の高いのを飲んでお開き。


ソムリエのお姉さんも気さくでテキパキ対応してくれて好きなお店ですが、
snorita姐のお見立てで選んでもらったメニューはどれも美味しくて、
楽しく(時々下ネタも入りつつ)話して飲んで食べて、、
来年の旅行はどうする???と相談しながら楽しめたチェルトさんでありました。


snorita姐、けーすけ兄、いつも有難う♪

タグ:四谷三丁目
nice!(5)  コメント(0) 

映画「SING」を観る [映画④]

映画館で観るほど興味はなかったのですが、
借りてみるならいっか、と借りた作品です。

SING/シング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

SING/シング ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

劇場を運営するコアラのバスター・ムーンは、
以前は活気のあった劇場に輝きを取り戻すべく、世界最高の歌唱コンテストを
プロデュースしようと考える。
感傷的に歌うハツカネズミや、内気なゾウ、25匹も子供がいるブタ、
パンクロッカーのヤマアラシらが会場に集結し……。






(=_=)


最近、いろいろとアニメも見るようにしているのですが、

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

モアナと伝説の海 MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: Blu-ray
モアナのように歌も楽しく物語にも入り込めるような作品でないと、
中年おばさんの私としては面白く見られないのですが(-_-;)
今作はちょっと私には入り込めない作品でごいざいました。。。


登場するキャラクター(コアラとかハリネズミとか象さんとかとかとか)が
どうも共感が持てないというか、見た目も各々のキャラクターも、
ダメな性格でも応援したくなればまだ見続けていて楽しくなるはずなのですが、
なんだかもう本当にダメダメじゃん、って感じで(特にコアラ)、
音楽がなければきっと途中でギブアップしていた、、、と思います。。。


音楽は、既存の曲をうまく組み合わせているとは思いつつ、
ハッピーエンドになるんだろうと思いながらも、
その展開が緩いというか、ダメなコアラがもう少ししっかりして最後に大団円、
って感じにもならず、100分ちょっとで長尺でもないのに長くて長くて。( 一一)


唯一というか、曲で救われたというか、
まあ、これで〆るならまあ見続けてよかったな、と思ったのが、




これ。

この曲、好きだから、まあ最後まで見ていてよかったなと思ったわけですが、
キャラクターに共感が持てないと作品にぜんぜん入り込めないもんだな、と
しみじみ思った「SING」でありました。




nice!(5)  コメント(0) 

東武練馬「串まさ」で鶏ユッケ [呑んだり食べたり(居酒屋②)]

ひさしぶりに東武練馬の友人のお店に足を運びました。

(多分最後に訪れたのは6年前(゚д゚)!)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2012-01-04-2

今回は以前の勤め先の後輩(結構酒飲み)と一緒にまいりました。



IMG_7777.JPG 超久しぶり♪ 
IMG_7781.JPG 最初は生ビールで乾杯♪ 
IMG_7783.JPG お通しは出来立て卵焼き  

以前お通しがあったのか覚えていないのですが、
これはサービス。お通し代はありません!

IMG_7782.JPG 仕込水をいただきます。  
IMG_7780.JPG300円メニューだ  IMG_7785.JPG 懐かしい味 美味しい♪ IMG_7786.JPG 砂肝ときゅうりのポン酢 
これも300円。良心的。ビールにぴったりです。

IMG_7794.JPGIMG_7795.JPG菊鷹を 薄濁り
初めてきいた名前です。愛知のお酒。生原酒なので好物。(^-^)

IMG_7796.JPG後輩のつくね IMG_7797.JPG 団子と皮 
IMG_7800.JPGレバーは私がいただきました 
丁寧に焼かれた皮はカリッカリ、団子は外カリカリ中しっとり、レバーはねっとり。
どれも美味しいです。

IMG_7803.JPG次は長野の松尾をば
しっかりした味で好みでした。

IMG_7805.JPG 鶏むね肉のユッケ
これがたまらんうまさで日本酒が進み、 
IMG_7806.JPG後輩注文の手羽先 
IMG_7808.JPG 私は千代結び 
IMG_7809.JPGと、ほや塩辛 
IMG_7810.JPG 後輩の注文 なんだっけ(失念)
IMG_7812.JPG 私の千代むすびはこれ  
強力で作った生原酒、しかも無濾過。当然うまい。
IMG_7819.JPGIMG_7822.JPGIMG_7823.JPG
こんな感じで呑み続け(サイズは五勺で呑んでいるのでトータルはさほどでもない)
IMG_7828.JPGつけものをいただいて  
IMG_7830.JPGIMG_7831.JPG そろそろ〆に入ります
IMG_7833.JPG私は皮とうずらたまご 
IMG_7834.JPG皮は醤油焼き 香ばしく焼けた醤油がうまい 
IMG_7835.JPG後輩は焼きおにぎりk

3時近くぐだぐだ飲んでいたのですが、
お店にプロレスラーのスーパータイガーが時折くるらしく、
そのときの写真がお店のFBにのっていた話をしたら後輩テンションアップ。
後輩、スーパータイガーが好きらしく、その写真を見て喜んでいました。

よく考えるとずいぶん来ていなかったのですが、
お酒も五勺で手軽に色々な種類が飲めて(とにかくお酒の種類が美味しくて好みが多い)
お料理もどれも美味しくてもうちょっとまめに通おうと思った串まささんでありました。




nice!(6)  コメント(2) 

喬太郎の「歌う文七元結」 [落語&お笑い]

以前、高円寺のノラや寄席で馬るこさんを見た記事を書いたことがありますが、
今回は、なんと、喬太郎さんが出演するというので、足を運びました。
350回記念が座・高円寺2で開催されたときも呑み友Yちゃんに誘われ、
喬太郎さんの「ウルトラ仲蔵」で大爆笑したのが今年の2月。。
それ以来の喬太郎さんです。

IMG_8098.JPG 高円寺ガード下の一角
IMG_8099.JPG 寒いけれど最初にビール

そんなに広くない場所にパイプいすやら丸いすがギュウギュウに置かれて、
予約で40名超だったそうですが、店内ダウン着た人たちで通勤電車並み。(笑)


喬太郎.jpg で、最初に登場したのが喬太郎さん
普通は前座さんが開口一番で出てきますが、いきなりメインが登場。


誕生日が11月30日の喬太郎さん、秋篠宮と今の三平と同じらしく、
元号が変わるときに秋篠宮だったら自分の誕生日が祝日になるのに、
なんて話から始まり、もう平均寿命を超えてみんなで1億年生きましょう、
天皇が365人代われば毎日天皇誕生日になって休めるから、と笑いをとって。

でも365人だったら1億年は要らないと思う。(笑)


その後、先月、初めて欧州落語ツアーに出た話になったのですが、

海外旅行が二つ目時代にクルーズ船でバイトで落語を話していたとき
寄港した済州島に3時間滞在したのが初めての海外旅行でそれっきりの喬太郎さん。

師匠のさん喬さんが、ここ10年、海外の大学に落語を教えてにいっていて、
一緒にどうかと誘われたのに、海外にいったら皆殺しに遭う、それよりは
日本で落語を普及したい、たとえば、島根とか和歌山とか、って答えたところ、
さん喬さんもそれ以降誘ってこなくなったとか。

そんな喬太郎さんが欧州に行こうと思ったのは、
渡航先にアイスランドが入っていて、アイスランドはこの機会を逃したら
もう行くことはないだろうと思っていくことにしたらしく、
パスポートをとって準備して(安いベルトが保安検査の金属探知機でひっかる話で爆笑)
成田からSASでコペンハーゲンに到着し、駅周辺で見た風景はまるで東葉勝田台。(笑)
スタバ、バーガーキングだらけのコペンハーゲンから電車でオーフスという都市まで移動、
大学の日本語科の生徒に落語会を開くので、その大学生たちが町を案内してくれると、
全員イケメン、落語会の若手イケメンが束になっても敵わないくらいのイケメン、
落語(字幕付き)、他には映画の映像を落語風に演じるという企画で、
投影されたのがゴジラ、セリフがないのでゴジラの表情を演じるのが大変だった、
そんな話で20分超。

こりゃいつになったらネタに入るのかな、と思ったら、
次の渡航先、アイルランドの話。
フィッシュ&チップスの魚がでかくてホッケ半身レベル、
コークという町でのお化け話(話に落ちがないお化けの話に脱力)、
更に次にいったイギリス、ケンブリッジでの学生の日本語の話。
留学生のイタリア人女学生が、尊敬語、謙譲語、丁寧語などを話すだけでなく、
日本滞在経験ありというので聞いたら住んでいたのが駒込、友達が赤羽在住、と
喬太郎さんのツボにはまった話を続けていたら50分。



結局ネタに入ることなく終了。(笑)



次に


一龍斎貞寿 一龍齋貞寿(ていじゅ)さん
(お写真はご本人ホームページより拝借)


喬太郎さんの欧州話が50分も続いたので、貞寿さんもタイミングを狂わされ、
そんな中での話が「亀甲縞」。


(こんな柄の織物の話)→ http://japanese-pattern.info/2014/04/02/we010097

藩の財政難を救うために作った亀甲縞を高くうるために藩の知恵者が
人気歌舞伎役者の團十郎などをうまくつかってえげつない商人とネゴ合戦で
最後には高値で売って財政難を救うというスキッとする話。


喬太郎さんのゆるゆる欧州話で脱力していたので(大笑いしていましたが)
貞寿さんの講談で気が引き締まりました。(笑)


ここで仲入り。 そして21時20分から後半スタート。
ちなみに開演は19時です。(^_^;)

喬太郎.jpg 後半は最後の渡航先アイスランドの話から(笑)

オーロラが有名なアイスランドでツアーに参加した喬太郎さん、
ヒートテックやカイロなどは全く利かず、ぶるぶる震えながらガイドに言われるままに
バスの外に出てみたら、オーロラと言われたのは鯖の醤油煮を皮目を下に皿に置いて、
身をとったら皮がお皿にのこって、その皮のぼんやりした茶色っぽい色のオーロラで、
その鯖のようなオーロラがちょっとくっきりしたり大きくなるのを見た、という話に、
爆笑した後、話はついに帰国して成田に着いたところにやってきて。。。

日本に帰ってきたと思う瞬間がどこか、と思っていたら、
成田も東葉勝田台みたいなもんで(という例え)
最初にいったコペンハーゲンが東葉勝田台だから全然実感がなかったのだけれど、
空港に泊まっていたバスに、TOBU(東武)と書いてあったのを見たとき、という。(笑)

と、とりあえず無事帰国したところまで話してやっとネタ。

文七元結だったのですが、

(こんな人情話)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%87%E4%B8%83%E5%85%83%E7%B5%90

歌う文七元結、という喬太郎さんならではのネタらしく、
昭和歌謡が最初から最後までやたらと登場する改作というかオリジナル。

個人的にはクレージーキャッツやキャンディーズなどが唐突に出てきて、
完全に世代的にツボにはまりました。。


笑いっぱなし、でも、時にほろっとする文七元結で落語会が終わったのが22時近く。


ここから打ち上げです。(落語会は打ち上げとセットになっていました)


IMG_8101.JPG ビールはピッチャーで好きなだけ注げます。

IMG_8103.JPG お料理いろいろ
ハコバーのお料理が色々出てきて、漬物やら鳥からやらサラダにカルパッチョ、
どれも美味しいのですが、如何せん室内大混雑なので、お料理をもらってお店の外へ

IMG_8102.JPG 白ワインをいただきながら、
IMG_8106.JPG ちゃんこなべ

打ち上げ30分ちょっとで(家まで遠いからね)失礼しましたが、
一緒に行ったYちゃん、Nさんはその後も残って、喬太郎さんと3ショットを
撮っていてFB見て羨ましくなりました。。



とはいえ、帰り際に喬太郎さんに本日は楽しく笑いましたとお礼を伝えると、

丁寧なごあいさつをいただいて気分よく帰宅。


年に一度のイベントらしいのですが、告知せず常連さんのみ参加らしいので、
声かけしてくれたYちゃんには感謝感謝の喬太郎さん独演会でありました。


nice!(4)  コメント(0) 

柏「丸山」で治部煮 [呑んだり食べたり(和食)]

中山競馬で英世2人が飛び立っていきましたが、
一日お馬さんのレースを楽しめた後、恒例の忘年会は柏の丸山さんで開催です。
IMG_8078.JPG17時30分開店と同時に入りました。

(お店ホームページ)→ http://www.maruyama-akane.com/index.html

幹事がちょっと細かい人で、かなり前からの予約、事前の確認、
毎年そんな感じなので、17時30分より前には入れないと釘を刺されたらしく、
それってちょっと訪問するには恥ずかしいかも。。。(-_-;)

最初に生ビールで乾杯し、 
IMG_8079.JPG 他のメンバーは芋焼酎 
一人、糖質制限の関係で、これまで日本酒を飲んでいたおじさんが、
焼酎にする、、と日本酒に付き合ってくれなくなりました。。。

と、呑み始めたところで、コース料理(5000円)が運ばれてきました。
IMG_8081.JPG 先付け
ふぐ皮と彩野菜。これは毎年同じです。
ふぐ皮はいいのですが、彩にブロッコリと缶みかん、というのが
個人的には何故だろうという一品。
   
IMG_8083.JPG 小鉢
小鉢という位置漬けですが、毎回このお料理が出てきます。
千枚蕪の黄味酢かけ、で、以前は蟹を巻いていましたが、
最近はサーモンを蕪で巻いたものが出てきます。
IMG_8085.JPG 熱燗(大)にスイッチ 
大徳利とはいえ、2合は入っていなくて、入っていても300ml弱くらいかな。
メニューには黒龍と書いてあるので、純米か本醸造かな。

IMG_8087.JPG お造り 
鯛、まぐろ、〆鯖の3種ですが、
IMG_8089.JPG 鯖が浅〆で美味 
こういのは和食のお店ならではだなあ、って嬉しくなります。

IMG_8090.JPG 煮物 
このお店はいつも煮物は加賀治部煮。
年に一度ここで食べると年末だなあって思います。。。
個人的には焼き豆腐が好き。(^-^)

IMG_8091.JPG お代わりして 
IMG_8092.JPG 焼き物 
IMG_8093.JPG 鰆 
木の実焼きと聞こえたのですが、アーモンドなどを砕いたものと
柚子のソースで焼いたもの。 味が濃い目で日本酒が進む味。

IMG_8094.JPG ごはん 
以前は焼きおむすびのお茶漬けだったのですが、
昨年くらいから雑炊です。
今回は明太子の雑炊になりましたが、ちょっと手抜きな感じ。
雑炊が人気あるので、というお店の説明なのですが、お椀スキップしてるし、
個人的には白ごはん、赤だし、がいいかな。

IMG_8095.JPG 鍋食べないのに雑炊って
まあ、美味しいからいいんですが、ちょっとここは不思議な気分。

IMG_8096.JPG
プリンだったかな。。 美味しくいただきました。。

毎回メンバーの数人が酔って大声になるので
お店側としてみれば迷惑に思っていると思うのですが、
(幹事が時折うるさいおっさんに注意しても、ちょっとするとまた声が大きく
 なってしまい、それは申し訳ないと思っています)
お店の方がとにかく料理を運んでもあっという間においていくというか、
私たちのグループとあまり接したくない雰囲気を醸し出している感がありました。
出禁というのであれば仕方ないですし、予約を受けないでくれれば、
違うお店に行こうと幹事に言うのにな、と今回もちょっと思ってしまいました。

場所的にこのコストでこの内容ではコスパがいいというほどではないし、
(お酒の値段が高くもないけれど手ごろでもなく)
治部煮は美味しいのですが、他のお料理で感するものがないので、
来年もしくる機会があれば、もうちょっとひねったお料理が一品でも出てくれると
うれしいと思った丸山さんでありました。



 

タグ: 黒龍
nice!(5)  コメント(2) 
メッセージを送る