So-net無料ブログ作成

映画「ターナー、光に愛を求めて」を観る [映画④]

徳島の大塚国際美術館で存在を知った映画です。

ターナー、光に愛を求めて [DVD]

ターナー、光に愛を求めて [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

18世紀末イギリス、若かりしころからロイヤル・アカデミーで評判だった
自由な芸術家のターナー(ティモシー・スポール)は、
インスピレーションを得るために旅に出ることが多かった。
また異色の作風から、画壇や観る者に理解されないこともあった。
そんなある日、助手を務めていた父親が突然他界してしまい衝撃を受ける。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



うーむ。。。。( 一一)


画風だけ知っていて、どんな画家かは全く知識がなかったのですが、
まあ画家も人間だし、、芸術に秀でている分、どこか変わっていても、、
なんて思ってみていたのですが、あんまり明るい人ではなかったのかな、、、
なんて思ったら、だからああいう画風なのかも、と納得しつつ、
あまり人柄には共感できないまま見終わりました。。

最近、美術館に行くと、その画家の人生の流れと画風の変化を楽しむ、
そういう見方をするのが楽しみだったのですが、
ターナーについては、宿屋の主人との出会いで心安らぐものの、
その関係が深まっていくのが見ていてよく分からなかった、、、です。

色や光にこだわりがある画家(黄色系が多いイメージ)ということで、
映し出される風景はきれいだな、
ああ、こういう風景を見てああいう絵を描いたのかななんて思いつつ、
人としてのターナーについてはあまり理解できないまま、
結果的には映画に入り込めず、光を描く画家の映画、としては、
画家の人物像というよりも、おそらく見たであろう風景の再現に感心した、
そんな感想の「ターナー、光に愛を求めて」でありました。



日本橋「まえ田」で牡蠣フライ [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

またまたデジャブ感のある、日本橋まえ田さんの記事。

前回は予約した時間に入れず外に椅子を出してもらってビールを飲みましたが、
今回はそんなこともなく(笑)時間通りに入れました。。よかったよかった。。。


IMG_7273.JPG で、エビスで乾杯♪

IMG_7274.JPG お通し  
焼き芋豆腐です、と言われたのですが、葛粉かな、もうちょっと少ない方が好みかな。

IMG_7279.JPG かつお
たたきか刺しか迷いつつ、今回は刺しで。(^-^)

IMG_7280.JPG鴨と九条葱サラダ

まえ田さんに初めて来た頃は何度か注文した記憶なのですが、
久しぶりに食べたサラダ、、健康的に呑む理由ができそうな一品。

IMG_7275.JPGトマト 
IMG_7277.JPG トマトの宝箱ってメニュー
若干ゼリーが強めでもうちょと緩くて口どけする方がいいかなあ。
といはいえ、面白いメニューを考えるのね、まえ田さん。

IMG_7282.JPGで、日本酒にスイッチ 
IMG_7283.JPG 夜の帝王って名前(笑) 
IMG_7284.JPG 牡蠣フライ
隣の常連さんが食べているのを見てムショウに食べたくなり注文。
かなり大振りで、2個食べてかなりお腹にたまりました。
衣サクサク、中クリーミーで美味。
 
IMG_7285.JPG さんま刺し 
刺し身と上に軽く炙った身がのっていて。
塩でも生姜醤油でも美味しいです。日本酒にぴったり。(^-^)

IMG_7287.JPG 六十餘州をいただいて 
IMG_7288.JPG 焼きはま
久しぶりに食べましたが、貝の旨みがじゅわっと広がってウマいです。


IMG_7289.JPG 穴子
このお店で注文したのは初めてかもしれません。
IMG_7290.JPG 白焼き~ 
IMG_7291.JPG で、六十餘州をお代わりして〆。


ランチ時はきっと禁煙だと思うのですが、場所柄夜は喫煙可。
隣の常連さんたちは煙草を吸わないのでよかったのですが、
反対隣のサラリーマンたちは3人でぷっかぷか。
いつも気になるのですが、火をつけて一吸いして灰皿に置いて、
ずっと煙がゆらゆらしているのを見るとイラット(V)o¥o(V)します。
実際吸っている時間があんまりなくて、おまけに吸って煙を私たちの方に
ぷわーっと吹いてこられると、いくら喫煙可でももうちょっと隣に気遣えよ、
って思ってしまいますねぇ。。


お店もなるべくタバコの煙が気にならない席に案内してくれようと
してくださるのはありがたいのですが、混雑しているとそれもできず、
今回は思い切りタバコ(ほぼ副流煙)臭で、せっかくのお料理とお酒の美味しさも
半減しちゃって残念だったのですが、トマトの宝箱のようなユニークメニューや、
相変わらず美味しいお魚たちに、次回はタバコを気にせずぐびぐびしたいな、
と思った、まえ田さんでありました。

 

nice!(5)  コメント(2) 

映画「王様のためのホログラム」を観る [映画④]

トム・ハンクスはそんなに好きじゃないのですが借りてました。

王様のためのホログラム [Blu-ray]

王様のためのホログラム [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: Blu-ray
あらすじはYahoo!映画さんより。

大手自転車メーカーの取締役を解任され何もかも失ったアラン・クレイ(トム・ハンクス)は、
何とかIT企業に再就職する。
早速出張を言い渡された彼は、祖国から遠く離れたサウジアラビアのジッダにやって来る。
アランはまな娘の大学の学費を稼ぐためにも、何とかして国王に最新鋭のテレビ会議システム
である「3Dホログラム」を売り込もうとするが……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



これはドラマなのか恋愛ものなのか、、なんだか中途半端な感じで鑑賞終了。


サウジアラビアという実際の国にいっての話(商談で行くんですが)、
大企業からきているというのに扱いが酷い、みたいな描き方、
会議システムの3Dホログラムの売り込みでうまくいきそうだったのに、
最後は中国にもっと安い価格でサウジアラビアが発注する、、というのが、
なんだか大国アメリカからやってきてこの扱い、みたいな雰囲気で、
作品全体に大きな影響があるわけではないものの、個人的には引っ掛かりました。


ホテルから売り込み先までの移動でハイヤーを手配してもらったら、
やってきたのがボロ車、英語はできるけれどいい加減な運転手、
この運転手も、作品を盛り上げる存在のはずなのですが、
描かれ方が中途半端な感じは否めず。。(^_^;)


サウジアラビア政府の対応が悪いので、時間がたっぷりあるのかもしれませんが、
仕事で行っている割に仕事してないんじゃないの、と言いたくなる場面も多く、
まあ映画だから仕方ないかと思いつつ、離婚して子供に会えず、仕事でも辛い思いをして
再起をかける主人公(トム・ハンクス)を描くにしても浅いというか、
起承転結ぽいメリハリが感じられない映画でした。


唯一、現地で知り合う女性医師との恋愛模様だけは好感が持てました。
ただ、仕事しないでそんな時間あるのかよ(笑)という突っ込みはありましたが。。。


トム・ハンクスがあんまり好きではないということを差し置いても、
1時間40分の長さで盛り上がりもないまま砂漠、ラクダ、の光景が広がり、
ああ中東だなあと思ったまま見終わった「王様のためのホログラム」でありました。








nice!(4)  コメント(0) 

池袋「銀座ライオン」で呑み放題 [呑んだり食べたり(その他)]

これまた変わり映えのしないデジャブのような記事。
毎月参加している勉強会みたいな会の二次会で
今回も池袋東口の銀座ライオンさんに行きました。


IMG_7245.JPG ピッチャーで運んでくれるビール♪ IMG_7246.JPG 前菜 
左のドライトマトが甘くて美味。

IMG_7247.JPG アボカドサラダ
このあたりも前回とお同じメニューで、 
IMG_7248.JPG これもね 
2種類のソーセージ、どちらもパきっとした噛み応えと
旨みたっぷりのジューシーな味わいが美味。

IMG_7249.JPG ワイン飲み放題 
IMG_7250.JPG ボトルでじゃんじゃん持ってきてくれます(^O^)/ IMG_7251.JPG 巨大フライドチキン 
一緒に添えられているガーリックトーストがワインにぴったり。
(かなりガーリック臭が強いけれどうまいんです)

IMG_7252.JPG これは毎回残念なムール貝 
冷凍ものを使っていると思いますが、身がぼそっとしていて。( 一一)

IMG_7253.JPG そこは飲み放題ワインでリカバーし 
IMG_7254.JPG こってりナポリタンで〆 

今回も25名くらいでの宴会でしたが、
飲み物の注文にも機敏に対応していただいて、
けちけちしていないところが好感もてる銀座ライオンさんでありました。


(そして三次会)
IMG_7255.JPG 八海山で〆ました。(笑)
 

タグ:池袋
nice!(5)  コメント(4) 

映画「ねこあつめの家」を観る [映画④]

映画館で観そびれた作品です。


ねこあつめの家(通常版) [DVD]

ねこあつめの家(通常版) [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

小説家の佐久本勝(伊藤淳史)は若くして新人賞を受賞し、
あっという間に有名になったものの、近ごろはスランプに陥って全く筆が進まない。
思い切って気分転換にのんびりとした土地に引っ越してみたものの、
相変わらず書けないままだった。
ある日、彼が縁側で庭を眺めていると、1匹の猫が現れる。






ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


猫は良い。でも、映画にすることなかったかな。

というのが素直な感想です。

おはなし・ねこあつめ (集英社みらい文庫)

おはなし・ねこあつめ (集英社みらい文庫)

  • 作者: 汐月 遥
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2015/12/04
  • メディア: 新書
元々スマホのゲームアプリで、そこから物販やらなんやらマルチ展開して、
今回映画化、、というのはまあ悪くないのですが、
ゲームに一時期ハマっていろんな猫が遊びにくると楽しくて楽しくて、
でも、特にそこに人間主体の物語をつけて映画にする必要があったかというと、
別に映画にしなくてよかったような、、気がします。

主役の伊藤淳史を見ると、なんだかいつまでもチビノリダーのイメージが強くて
(同じタイプとして安達祐実ちゃんも)
執筆に悩む作家が、なぜか千葉の多古町(たこまち、うつぼ実家から比較的近いとこ)に
引っ越して、庭に遊びにきた野良猫との出会いから立ち直っていく、、
という話も別にそれで感動するということもなく、
1時間番組でテレビ放送くらいで十分な、そんな印象で見終わりました。


ペットショップの店員を演じる木村多江さんは個人的に好きなので、
大奥 DVD-BOX

大奥 DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: フジテレビジョン
  • メディア: DVD
フジテレビで浅野ゆう子が怪演していた大奥で、
幸薄い初島という役を演じていたのを見てから、
この人を見るとどんな役でもつい「初島さん」と呼んでしまうのですが(笑)
木村さんが出てきたときはちょっと気持ちが温かくなりました。(^-^)


最近、猫や犬を使えば観客動員を狙えるという制作側の本音も見えるというか、
それに引っ掛かって見てしまう自分も自分ですが(笑)、
なんでも映画化しちゃダメだなと思ってしまった「ねこあつめの家」でありました。




nice!(4)  コメント(2) 

白山「満津美寿司」でさざえ [呑んだり食べたり(満津美寿司)]

変わり映えのしない記事ですが久しぶりの満津美さん記事。


IMG_7105.JPG 最初はビールでスタートし、
IMG_7106.JPG げそ 
この日、会社を出ようとカウントダウンしていたところで珍事が発生し、
火消するのに予想外に時間がかかってお店に約束の時間を30分以上過ぎて到着。
友人、半分残しておいてくれました。
優しい、というより、残しておかないと私が怒るのが分かっていたから。(笑)
相変わらずの甘くてツンとくるたれがうまいな。
IMG_7107.JPGお通しは冬瓜とくらげ
IMG_7108.JPG おつくり♪
相変わらず立体的な盛りで美しい。

IMG_7109.JPG赤貝 
以前は赤貝ってあまり好きじゃなかったのですが、
満津美さんに来てから好きなネタになりました。(^-^)

IMG_7110.JPG 鮑こりっこり 
IMG_7112.JPGはい、スイッチ。 
IMG_7113.JPG こはだを食べて 
IMG_7114.JPG穴子 
口の中でとろける穴子、、素敵過ぎ。

IMG_7115.JPGファイアーなさざえをいただいたら 
〆に入ります。
IMG_7118.JPG とろけるぅ~んなウニ 
IMG_7119.JPGこはだに 
IMG_7120.JPG大好きなっとぅ巻 
IMG_7121.JPGあじ 

シジミのお椀をいただいてごちそうさま。。


前回訪問から2か月以上経っていたので、
予約したときに、大将にうつぼさん、ずいぶんお久しぶりですねぇ、、と
ホンワカした雰囲気で言われて、当日の訪問が楽しみで楽しみで、、、
珍事で遅れたのが本当に残念でしたが、
変わらぬおいしさとアットホームな空間で食べて飲めた満津美さんでありました♪

 




タグ:白山 元酒
nice!(5)  コメント(0) 

映画「ホームレス ニューヨークと寝た男」を観る [映画④]

昨日の映画記事は、本当にごめんなさい、だったのですが、
本日の記事もシンゴジラと同じくJL機内で見た映画です。

ホームレス ニューヨークと寝た男 [DVD]

ホームレス ニューヨークと寝た男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • メディア: DVD

あらすじはYahoo!映画さんより。

アメリカのニューヨーク。
52歳のマーク・レイはファッションモデル兼フォトグラファーとして活動し、
ブランドスーツとスマートな身のこなしが板についている。
ところが、豪勢なパーティーに出席した後にマークが帰ったのは、
雑居ビル街のアパートの屋上だった。
家を持たず、家族や恋人も作らないマークの日常に、カメラは3年間密着する。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ドキュメンタリーってどこか共感できる部分があるかな、って思いながら、
鑑賞することが多いのですが、今作は残念ながら共感できないまま終了。

主役が同年代だということもあるのですが、NYでしか生きていけない、
NYの魅力から逃れられない、そのために選んだのがホームレス、なのかな。

仕事をしたり、仲間と呑んでいるときの姿は楽しそう、、、に見えます。
でも、不法侵入でビルの屋上でひっそり(特に寒い冬)寝る姿、
これを見て共感はしづらいなって。( 一一)

まあ、私も同年代で、友達と呑んだり遊んでいるときは楽しいし、
仕事はちょっと楽しくなかったりするんですが、
家に帰ってたとえ一人でもホッとする、味気なくてもホッとする家がある、
家でボンヤリしている時間が好きだったりするので、
今作のおじさんのような生き方と自分を重ね合わせることができず、
残念な感じで見終わりました。

最後の方で酔ったこのおじさんが、ホームレスである自分、
そんな生活からなんとか抜け出したいように見えたのですが、
これから年を重ねていって同じような環境で同じような生活、
そりゃあ難しくなるだろうし(家のある私にもそんな不安はあるわけだ)、
このおじさんのその後を描く映画が製作されるのであれば、
気になって見てしまうかもな、そのときには共感できるかな、
なんて思った「ホームレス ニューヨークと寝た男」でありました。




nice!(4)  コメント(1) 

映画「シン・ゴジラ」を観る [映画④]

山谷はしご酒の記事を5日間続けて飲み記事はちょっとお休み。

本日明日は映画記事を続けまーす。(^-^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ジーサンズは往路でしたが、これは夏休み旅行復路のJL機内で見た映画。
昨年夏、あれだけ話題になっていたのに観そびれて、今更ながら機内で鑑賞。


シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

シン・ゴジラ Blu-ray2枚組

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray

あらすじはYahoo!映画さんより。

東京湾アクアトンネルが崩落する事故が発生。
首相官邸での緊急会議で内閣官房副長官・矢口蘭堂(長谷川博己)が、
海中に潜む謎の生物が事故を起こした可能性を指摘する。
その後、海上に巨大不明生物が出現。
さらには鎌倉に上陸し、街を破壊しながら突進していく。
政府の緊急対策本部は自衛隊に対し防衛出動命令を下し、
“ゴジラ”と名付けられた巨大不明生物に立ち向かうが……。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



今更ながら見たのでこんなことを書くのはどうなんだろう、、と思いますが、


石原さとみの英語が!


中盤からそればかりが気になって気になって、
あらすじよりそればかりが気になって気づけばゴジラが死んでました。(笑)


映画館の大画面で見たら、ゴジラの迫力に圧倒されて、
石原さとみの英語なんてどうでもよかったのかもしれませんが、
アメリカぽい濃いアイメイクにあの英語、、
ご本人もキャスティングに驚かれなかったのか、、、
確かに英会話教室のCMやってるし英語は上手いと思うのですが、
日系3世という設定ではなんだかちょっとした違和感があったりして。


鑑賞後、ネットであれこれ見たら、ご本人も色々調べて衣装も含めて
念入りに準備されていたことがインタビューなどに書いてあって、
そんなことも知らずに違和感感じまくっていて申し訳なかったのですが、
それ以外で覚えていたことというか、唯一ツボにはまったのが、
海から陸地に上がってきたばかりの進化する前のゴジラ。


エラから
 濃褐色の
  ドロドロが!

(゚д゚)!(゚д゚)!



ずしんずしん歩く度にエラから落下するドロドロが気になって、
進化していくうちにドロドロが落ちなくなったのが残念でした。(笑)


というわけで、国家レベルでゴジラと闘う、素晴らしい話なのに、
ゴジラが日本を破壊しまくって終わりになるわけないし、
闘ってゴジラが息絶える、、、と思いながら見ているので、
他のことに気が散り散りすぎて、残念な結果となってしまった、
「シン・ゴジラ」でありました。


映画に感動したみなさん、本当にごめんなさい。。。<(_ _)>



nice!(4)  コメント(2) 

山谷はしご酒2017~居酒屋たっちゃんで〆る編~ [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

はしご酒、本当は吉原の「もん」で終了のはずだったのですが、
三ノ輪駅に向かっていたら、


IMG_7239.JPG 電気がついていたので入店(笑) 

(食べログにまだ口コミなし)→ https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13193216/


IMG_7240.JPG 金曜日は日本酒の日

K-るが日本酒大好きで自分で選んだお酒をこのお店で紹介しているらしく、
その時のお品書きがまだ貼ってありました。
その日でお酒もなくなっちゃうそうなのですが、毎週色々なお酒が飲めるらしい、です。

で、もうお腹いっぱいだし、お酒もたっぷり飲んでいるのでもうやめればいいのに、

IMG_7241.JPG 松竹梅 350円

IMG_7242.JPG 他の3人は焼酎 
この焼酎をホッピーで割ってました。すげー。

IMG_7243.JPGカウンターに熊手 
熊手って商売繁盛祈願で店の高いところに掲げてあるもんだと思ったら、
なぜかカウンターに置いてあって。(笑)

おまけに、店主のたっちゃん、いろいろ突っ込みどころ満載みたいで、
そのあたりは実際行って確認してほしいのですが、
牡蠣のバター焼きを注文していたら、私が楽天で買ったことのある、
大粒冷凍牡蠣(袋がそっくりだったので同じところの加工品と思われ)を
冷凍庫からごそごそ出してきて、フライパンで焼いてました。

IMG_7244.JPG 美味しかったからオッケー

地元のお客さんが店主のたっちゃんを温かく見守って楽しむお店、って感じでした。

さすがにここまで飲んでいて気づけば夜10時近く。

翌日は会社だし、、とお開きで私は電車に揺られて帰りましたが、
山谷のイメージ、怖いと思うほどではなかったもののこれまで未訪問、
K-る幹事のお陰で(かなり同じエリアをぐるぐる歩きましたが(笑))、
味、人も含めた雰囲気、お酒、、山谷の空気をちょこっとだけでも楽しめました。


自宅からさほど遠くもないし、これは再訪しちゃうな。


というわけで、お天気いい中、たくさん歩いて飲んでたべて楽しめた
山谷はしご酒でありました♪


(これにて山谷はしご酒 おわり)

 

nice!(5)  コメント(2) 

山谷はしご酒2017~「もん」で日本蕎麦編~ [呑んだり食べたり(和食)]

3軒目は予定していたところではなかったものの、
アットホームに美味しく飲めて、さあ、今度は吉原ですよ~、と
K-るについて吉原方面に向かいます。


IMG_7210.JPG 桜鍋で有名な中江さん  
IMG_7218.JPG到着~ 
IMG_7212.JPG 日本蕎麦のお店です  

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13176889/

吉原は30年くらい前に、はとバスの「夜のお江戸ツアー」で来た事が一度だけ。
松葉屋(今は廃業して跡地にマンションが建ったと雑誌で読んだ記憶)というお店で
花魁ショーを見たときに来たのですが、バスでお店に行って降りてお店に入って、
そのまま歌舞伎座に向かったので吉原の記憶はほとんどなし。。

で、お店に入るまで10分くらいかかると言われたので、
折角だからと大門から中の通りに進んでみたら。

きらびやかなネオンのお店が並んでいました。(^O^)/

IMG_7214.JPG 殿方のパラダイス 吉原

ちょっとした社会科見学をした気分でお店に戻ると、
その近くをきれいなオネエサンが走りすぎていったのですが、
いい香りがしたので、きっとお仕事帰りだろう、、と想像。(^_^;)

IMG_7219.JPG はい、入りましょう。 
店内はカウンターと小上がり席があってまあまあ広め。
お蕎麦のお店ながら、料理のメニューが充実していて、
居酒屋づかいも出来そうです。
IMG_7222.JPG ボケてるけどこんなメニューもあるみたい IMG_7221.JPG ギョニソーもあります(笑) IMG_7223.JPG 赤ウィンナーも(笑) IMG_7224.JPG お酒もいろいろ IMG_7225.JPG 澤姫だったかな(失念) 
ここで途中抜けたMちゃんが戻ってきたので、
4人で大徳利2本を注文。

IMG_7226.JPG 水なすの浅漬け 
IMG_7227.JPG ねっとり蕎麦がき IMG_7229.JPG 鳥皮ポン酢(かなり上品) IMG_7230.JPG ほろほろの煮穴子 IMG_7232.JPG 蕎麦味噌もいただいたら IMG_7233.JPGせいろ♪ IMG_7234.JPG のどごしつるっつる 
注文はK-るにおまかせしたのですが、これで6人前。
4人で食べるので、1人あたり1.5人前ですが、うまくてあっという間に完食。

IMG_7237.JPG 蕎麦湯でほっこり。

地元の人で賑わうお店、の雰囲気でしたが、お店の方がとにかく感じがよくて、
ここ1軒だけで呑んで食べて〆に蕎麦でもいいな、なんて思いました。

で、これで〆るはずだったのですが、ついついもう1軒~。



(山谷はしご酒 つづく)

 

nice!(4)  コメント(2) 
メッセージを送る