So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」を観る [映画④]

映画館で観そびれた作品です。



ヴィンセントが教えてくれたこと [DVD]

ヴィンセントが教えてくれたこと [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD




あらすじはYahoo!映画さんより。

アルコールとギャンブルが大好きで、
ちょっとクセのあるヴィンセント(ビル・マーレイ)は、
隣家に引っ越してきたシングルマザーの12歳の息子、
オリバー(ジェイデン・リーベラー)の世話をすることになる。
酒場や競馬場へと連れ回し、ろくでもないことを教え込むヴィンセントに
反発するオリバーだったが、嫌われオヤジに隠された真の優しさや心の傷に
気付いてから、徐々に二人は心を通わせていき……。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


お約束の展開が分かっていながらジンとくる映画でした。
ハッピーエンドになるだろうと分かっているので、
途中はらはらしながらも安心して(笑)見られました。

内容はお約束な感じです。


偏屈爺さんが隣に引っ越してきた少年と心を通わせる話。


この偏屈爺さんがビル・マーレイだからこそ活きる映画だと思いました。

ずっと見て行っても、この偏屈爺さんに共感したくないんです。(笑)

でも、人間くさいまでの人間ぽい感じがビル・マーレイならでは、で、
引っ越していた上にいじめられているオリバーが心を開き、
互いを大切な存在として認めていくのは理解しやすい展開です。

まあ、認知症の奥さんが施設に入っていて、その奥さんに会いにいっては
コミュニケーションしようとする真面目なところもありつつ、
娼婦のオネエサンとやりたがる(このあたりは本能の問題なのかも)のは
さすが、ビル・マーレイ演じるキャラクターなのですが。(笑)

こんなにひどいヴィンセントを、オリバーが自分の身近にいる聖人に選んで
学校で発表するのも、ひどいけれど人を思う気持ちもあり、
過去には戦争で大変な経験もしているのをわかった上でのことで、
そのあたりは、ああ、ハリウッド映画の思うツボにはまったわ、、と思いながら、
ジーンとした(^-^;、ヴィンセントが教えてくれたこと、でありました。











nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る