So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「92歳のパリジェンヌ」を観る [映画④]

あらすじを観て借りた作品です。

92歳のパリジェンヌ [DVD]

92歳のパリジェンヌ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD
あらすじはYahoo!映画さんより。

助産師として働き、子供や孫にも恵まれたマドレーヌ(マルト・ヴィラロンガ)。
まだ元気だが、最近は一人でできないことも増えてきた。
ある日、92歳の誕生日を祝うために集まった娘たち家族を前に、
2か月後にこの世を去ることを宣言する。
最初は反対していた家族も心を動かされていき……。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


相変わらず邦題がひどいのですが(英語のタイトルはThe final Lesson)
まあ、おばあちゃんでもパリジェンヌといいたいのかもしれませんね。
って、酷いのは変わりませんが。(V)o¥o(V)


って、邦題のことを先に書いてしまいましたが。


他人事ではない話で、自分自身のこと、母(婆1号)のことにもつながる、
これからちゃんと考えないといけないテーマだなと思いながら観ました。

年をとるにつれ、自分が考えているように体が動かない、
それはうちの母も最近感じているようで、できなくなることにショックを受ける、
そんなことも増えてきています。

今作のおばあちゃんも、自動車の運転ができなくなる、漏らしてしまう、
そんなことを経験していき、自分が自分らしくいられるうちに
自宅で命を閉じようと考えるのも理解できます。


家族にしてみればそんな身勝手なことを言って、と怒る、
その気持ちも理解できます。

ただ、
自分でいろいろできないのであれば病院に入っていきてほしい、
死ぬなんて言わないで、という息子にはちょっと身勝手だな、という印象。
最後の最後に病院にちょこっと入る、、うちの父の場合はそうでしたが、
そういうことでの病院ならいいのですが、病院に長く入っていて、
いつ退院できるかわからない、でも見舞いもたまにしかこない、
一日長い、、そうやって月日が流れていくのを親に経験させたくないな、
そんな気持ちを持っています。

今作に出てくる長女は最初反対しているものの、
母と過ごす時間の中で、気持ちを理解しようとしていくのですが、
自分の気持ちが正しいのかどうか葛藤している姿に、
私自身もいずれそういうことで大事な決断をするときがくるのかな、
そんな気持ちで見終わりました。

おそらく、どの立場で見るかによって考えも変わりますし、
おばあちゃんの決断が正しい、と言えることもあれば、
それは間違っている、と言えることもあるのかと思います。

実話に基づく映画ですが、
自分の最期だけでなく、母の最期も一緒に真面目に考えていけるように
したいとお思った「92歳のパリジェンヌ」でありました。









nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る