So-net無料ブログ作成
検索選択

愛媛珍道中記2017~夜の部はフグ♪編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

目的地、八幡浜に到着し、宿の駐車場を探していたら、
ホテルからだいぶ離れたところにありました。
IMG_2381.JPG マンホールもみかん。 
IMG_2378.JPG手書き感あふれる看板 
IMG_2383.JPG2月中旬でしたがお雛様 
ホテルはビジネスホテルなのでさほど期待はしておりませんでしたので、
IMG_2384.JPGま、こんなもんだよね 
IMG_2385.JPG浴衣。。。。 
IMG_2387.JPG電卓みたいなリモコン(笑) 

20170218_170312_0008 - コピー.jpgにゃぁ
(けーすけ兄がチェックイン後出かけて出会った猫)

20170218_170312_0050.jpg夕日
(これも兄が撮影した夕日、この頃わたしは部屋で寝てました(笑))

集合時刻にホテルのロビーに行くと、snorita姐の友人のTさんが来てくれて
初めまして、とご挨拶。
キリッとした雰囲気の、私よりちょっと年上のお姉さんです。

Tさんの案内でフグのお店まで歩いていきますが、Tさん、とても歩くのが早い。
普段だらだら歩く私も焦ってついていきます。(*´з`)

IMG_2392.JPGとはいえ、ツボにはまるものは撮影 
IMG_2393.JPGダンパー 
パンダと白黒逆で、ダンパー、らしい。(笑)

IMG_2394.JPGで、到着~。

(食べログ)→ https://tabelog.com/ehime/A3803/A380302/38005216/

奥の小上がり席に4人で座って、
IMG_7001.JPG 乾杯♪

お料理は、Tさんが予約してくれたフグのコース。

IMG_7002.JPG ♪IMG_7000.JPG ♪♪   IMG_7003.JPG ♪♪♪
一皿で2人前。 贅沢すぎます。。

IMG_7004.JPG うまい  IMG_7006.JPG 肝を 
IMG_7008.JPGポン酢に混ぜて食べて至福 

天然とらふぐ、、、下関で水揚げされるふぐと同じ漁場で泳いでいるのですが、
下関のようなブランドがないというか弱いというかでお手頃に食べられる、
確かに、関サバ関アジと同じ漁場でも違う港で水揚げされるとお手頃、というのと同じかな。

そんな訳で、天然のとらふぐなんて人生で数回くらいしか食べてない私、
テンション上げ上げです。(^O^)/

IMG_7009.JPGIMG_7011.JPG
お約束のひれ酒。。 うまいわぁ~。
IMG_7013.JPGIMG_7014.JPG
ぷりっぷりの白子。味を付けて焼いてあるのですが、口に入れるとトロケます。!(^^)!
IMG_7016.JPG お酒、愛媛のお酒を飲みました(銘柄失念)

IMG_7019.JPG
唐揚げも大皿で登場。
IMG_7018.JPG野菜用の胡麻ドレッシング 
IMG_7022.JPG 注ぎ酒をもらって
IMG_7023.JPG八幡浜のお酒 
IMG_7029.JPGお鍋登場 IMG_7030.JPG
たっぷりのフグの上にたっぷりのネギや春菊。
IMG_7033.JPGぷるる~ん 

これでもか、というくらい天然ふぐを堪能した後は、〆の雑炊ですが、
お店の人が作ってくれます。

IMG_7035.JPGおぉ。。。

普段みるような卵とじではなく、弱火でじっくり煮たてたのか、
超クリーミーな舌触り。。 感激感激の連続です。


IMG_7037.JPGデザートでさっぱり IMG_7038.JPG ごちそうさま
お魚がおどろくのでたたかないでネ。って注意書きが何だかツボ。

こんなに目いっぱい天然ふぐが楽しめるなんて、、と感激した後は、
IMG_7043.JPG カクテルタイム。

とてもスマートで、無駄な動きが一切ないTさんの弾丸トークに笑いながら
(鬼北町の話がツボにはまりました)

(鬼と雉の町)→ http://www.town.kihoku.ehime.jp/

愛媛の夜は更けていくのでありました。。

あぁ、満腹満足~。



(つづく)




 


タグ:愛媛 川亀
メッセージを送る