So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「ペネロペ・クルスの抱きしめたい!」を観る [映画③]

TSUTAYAで「ビートルズ」のキーワードで検索したら出てきた作品です。

ペネロペ・クルスの抱きしめたい! [DVD]

ペネロペ・クルスの抱きしめたい! [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD


作品の内容はTSUTAYAディスカスさんより。

ペネロペ・クルス主演、1組の男女の30年にも渡る愛を描くラブロマンス。
1965年のビートルズのスペイン公演で、ジョン・レノンを追いかけて
彼の宿泊するホテルに忍び込んだタイアナ。
彼女はそこで、ホテルのボーイ・サンディと運命的な出会いを果たす。






なんで借りちゃったかな。。(笑)




タイトル(邦題)にわざわざ「ペネロペ・クルス」とかつけてる時点で、
売れる前の作品かな、って疑うべきでした。(=_=)

アマゾン [DVD]

アマゾン [DVD]

  • 出版社/メーカー: スパイク
  • メディア: DVD



ロジャー・コ―マン銘柄でうっかり借りてしまったこの作品も、
サンドラ姐さんがおそらく過去の経歴から消したいだろう、という内容で、
ペネロペ・クルスも今作を自分の代表作品と思っているのかどうか。(笑)


若いときの女を演じているのがペネロペ・クルスで、
そりゃーやっぱりキレイなんですが、実に身勝手な女で( `ー´)ノ、
こんな女に振り回されちゃう男もバカだなあと思いながら見終わりました。

途中、見るのやめようかな、って思ったんですがブログ記事にするために
がんばって最後まで見たという。(笑)


前半しか出てこないので、後半は年食ったペネロペ役の女優さんが演じていて
ファンの人には詐欺っぽいつくりですが(笑)
ビートルズファンの人が私のようにキーワード検索で探して借りてみたら、
一体どういう気持ちになるのか、、、気になりました。。



ビートルズの画像も後姿はそっくりさんぽかったし、肖像権かなにかの問題に
なりそうな人は画面からカットされているし、いまいちな合成画面とか、
売らんがための邦題にうまく騙されて借りちゃった残念感が漂う作品、
「ペネロペ・クルスの抱きしめたい!」でありました。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る