So-net無料ブログ作成

映画「天才スピヴェット」を観る [映画④]

予告編で気になっていた作品です。



あらすじはYahoo!映画さんより。

天才だが、それゆえに周囲との溝を感じる
10歳の少年T・S・スピヴェット(カイル・キャトレット)。
そんな彼にスミソニアン学術協会から、最も優れた発明家に授けられる
ベアード賞受賞を知らせる電話が。
授賞式に出席するため、
彼はたった1人で家のあるモンタナからワシントンへ旅立つことに。
さまざまな出来事や人々と出会いながら、カウボーイの父親、昆虫博士の母親、
アイドルを目指している姉、
事故によってこの世を去った弟へ思いをはせるスピヴェット。
やがて彼はワシントンに到着し、授賞式に臨む。
 





温かい家族愛。


癒されました。。


家族愛といっても登場する一家は揃いも揃って変わっています。


お父さんはカウボーイ、
お母さんは昆虫博士(しかもヘレナ・ボナム・カーター(笑))、
お姉ちゃんはアイドルを目指しているけれど、、

で、スピヴェット。

仲良しで大好きだった弟、
スピヴェットが持っていた銃が誤って暴発し、
その弾が当たって死んでしまってから、
スピヴェットの心の歯車がなんだか狂ってしまいます。


天才過ぎて学校の先生(その天才に先生がついていけず)に批判され、
自分の居場所がなくなりかけたとき、受賞の知らせを受けて、
超田舎からワシントンDCまで一人でなんとか向かう姿は
はらはらどきどきする子供のロードムービーでした。


最後にめでたしめでたしってなるのはわかっているのに。(笑)



授賞式に参加することでスピヴェットの心の歯車がかみあうようになって
田舎の実家に帰って幸せに暮らせるだろうな、とほっとしたところで
見終わりますが、監督のジャン・ピエール=ジュネ、

ミックマック [DVD]

ミックマック [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • メディア: DVD


(これはハマった作品)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2014-01-26-12

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



(これはちょっとハマれなかった)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2015-03-21-7

 




 

デリカテッセン <デジタルニューマスター版> [DVD]

デリカテッセン <デジタルニューマスター版> [DVD]

  • 出版社/メーカー: 東北新社
  • メディア: DVD



これはblogを始める前に見たけれど、これもハマりました。

と、アメリではない作品はツボにはまれたので好きな監督だと思うのですが
今作も家族愛を描きつつ、アメリカの銃社会に対する皮肉も描いているような。

シニカルなファンタジーの中でコメディの要素もありつつ、
見終わった後にはスッキリ、
ほわっとした気持ちになれた「天才スピヴェット」でありました。




nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

錦糸町「谷記」で飲み物セット [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

以前も書いたのですが、時々錦糸町のトリフォニーホールへ
新日本フィルのコンサートで出かけるのですが、スタートが土曜日の昼11時。 
13時に終わって呑む、というと選択肢があまりないというか、
そんな昼過ぎからガンガン呑むのも、、と思いながら呑みたい。(笑)

お店に入ったのは13時半ごろですが、店内かなりの混雑。
ランチタイムでもあるので混んでいるんだと思いますが、
メニューで仕切られた4人がけテーブルで相席です。
IMG_7724.JPG 乾杯♪
IMG_7725.JPG 友人はお店オリジナルジョッキ

で、ここ、飲み物セットなるメニューがお得です。
呑みものと一品料理で647円だったかな、色々な料理と組み合せられます。
で、ビールと組み合わせたのは、
IMG_7726.JPG ピータン豆腐
干しエビが欲しいところですが、お値段的にはなくても仕方ないかな。
その代わり、うま味調味料がたっぷり、、って感じでした。(笑)

IMG_7727.JPGもう一つのセットは海老マヨ
IMG_7728.JPGこれは単品で
青梗菜、これで300円ちょっとくらい。
IMG_7729.JPG達人て。(笑)
IMG_7730.JPGこれも単品で
最初この4つの料理とビールを注文したら、
店員のオネエサンが「ビールヨッツデスカー?」と聞いてきたので、
セットは2つで、あとは料理単品で青梗菜と餃子と注文したのですが、
2人でもいきなり4つジョッキもってこられそうでした。(笑)

とはいえ、あっという間にビールを飲み終わったので、
IMG_7732.JPGIMG_7733.JPGホッピー

中をお代わりしたところで15時くらいなので、〆に。

IMG_7734.JPG上海ヤキソバ
これも600円くらいですが、かなりの大盛ぶり。

もうちょっと遅い時間なら紹興酒も呑みたいところですが、
ランチタイムからそんなにガンガン飲めないというか、
このあたりでおとなしく〆ました。。。


あと1回、11時からのコンサートがあるのですが、
次回はどこに行こうかね、、、そんなことを友人と話しながら、
かなりお手頃にカジュアル中華を楽しめた谷記さんでありました。
 


タグ:錦糸町
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「蜂蜜」を観る [映画④]

トルコ映画です。

「卵」「ミルク」「蜂蜜」 [DVD]

「卵」「ミルク」「蜂蜜」 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジーダス
  • メディア: DVD



あらすじはYahoo!映画さんより。

6歳のユスフは森林に囲まれた山岳で両親と一緒に暮らし、
養蜂(ようほう)家の父と森で過ごす時間が大好きだった。
ある日、森のハチが姿を消してしまい、父はハチを捜しに森深くに入っていくが、
その日を境にユスフの口から言葉が失われてしまう。
やがてユスフは、一人で幻想的な森の奥へ入っていくが……。


静かで穏やかな自然の中で過ごすユスフの姿が印象的な映画でした。

とはいえ、この作品、「蜂蜜」「ミルク」「卵」3部作の1作目なのに、
これを観る前に最終作の「卵」を何も知らずに先に見てしまい、
意味が分からなくはないけれどモヤモヤした感じで見終わった後、
この作品が1作目と知り、、ああ、順番まちがったよ、、と後悔。(-.-)

少年ユスフが、成長していってオッサンになって登場するのが「卵」。
それを先に見てしまいました。。。

で、作品自体ですが、トルコは養蜂が地域によっては盛んらしく、
この舞台でも、ユセフの家は養蜂が大きな収入源、そのために、
蜂蜜が集まりやすいように巣箱を移動させようと木の高いところで作業していた
お父さんが誤って落ちて亡くなってしまい、それをきっかけに
精神的なショックを受けたユスフが言葉を発せなくなり。

そんなユスフが森に入っていく風景が何ともいえないのですが、
日ごろ、ざわざわした騒音に囲まれている自分がきくことができないような、
自然の様々な音、、それを聞きながらユスフが何をかんがえてお父さんの死を
乗り越えていけるのか、、頑張れユスフ、という気持ちになりながら鑑賞終了。

派手な映像や演出がほしい人には全く面白くない作品ですが、
自然に寄り添いながら生きていくトルコの田舎の風景を見て音を聞いて
私自身は静かに静かに楽しめた「蜂蜜」でありました。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

浅草橋「権」でよだれ鶏 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

友人と普段あまり行かない浅草橋で飲み会です。 

IMG_7742.JPG 駅から徒歩5分くらいかな

(食べログ)→ http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131103/13159874/

日曜14時、フジテレビで毎週放送されている「ザ・ドキュメンタリー」という番組が
結構好きで見ているのですが、このお店の店主、浅草「ときわ食堂」の息子さんで、
コンサル会社勤務を辞めて店を継ぐ、というところから、先代の父親との葛藤、
結婚、子供を授かって、二号店でこのお店をオープン、、、したのですが、
テレビで見て行ってみようと思ってそれっきり。
今回友人が予約してくれて、ああ、あのときわ食堂の、、、と思い出しました。(^-^)

IMG_7745.JPG まずはビールで乾杯♪
IMG_7743.JPG お通し
少しずつ色々食べられるのが楽しいです。

IMG_7746.JPG茶碗蒸しもお通し
この2皿で600円なので、お得感はあります。

で、このお店を友人が選んだのは日本酒の種類が多いから、という理由。
私がメンバーに入っていたので気をつかってくれたらしいです。(笑)

IMG_7747.JPG 最初のお酒は東魁盛
濃いめで呑み応えのあるお酒。

IMG_7748.JPG刺し盛
普通、、、に美味しいな、という感じで感激するほどではありませんでしたが、
3人でいろいろな種類が食べられるように、、と盛ってくれた感じです。(^-^)

IMG_7749.JPGIMG_7750.JPG三重錦 と 富士正
比較的さっぱりしていたかな。


IMG_7751.JPGIMG_7752.JPG田中農場
これは精米歩合が80%くらいだったので、ちょっと古酒っぽい感じで
苦手な人はダメかな、って感じ。

IMG_7753.JPG珍味3種盛
氷頭なます、ほたるイカの沖漬け、とサメ軟骨の梅肉あえ 
完全に酒のアテ。

IMG_7754.JPGよだれ鶏
こってりしたごまだれが美味しくて白いごはんがほしくなる味。

IMG_7755.JPGIMG_7756.JPG豊潤
IMG_7758.JPG 田光 を飲んだところで
IMG_7757.JPG〆のつみれ汁で終了。。

浅草橋は飲み屋さんが沢山あるので、
駅からちょっと離れていて、お値段もさほどお手頃でない感じだと
ちょっと厳しいのかな、って感じでした。
当日もお客さん数組で、、心配になっちゃったし。

とはいえ、お酒の種類は多く、和み水もポットで置いてくれて良心的、
スタッフの対応もつかず離れずが心地よかったので、
再訪ありかな、と思った「権」さんでありました。



 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「駈込み女と駆出し男」を観る [映画④]

たまには邦画も、、と借りた作品です。

駆込み女と駆出し男 [DVD]

駆込み女と駆出し男 [DVD]

  • 出版社/メーカー: バンダイビジュアル
  • メディア: DVD

あらすじはYahoo!映画さんより。

江戸時代、幕府公認の縁切寺として名高い尼寺の東慶寺には、
複雑な事情を抱えた女たちが離縁を求め駆け込んできた。
女たちの聞き取り調査を行う御用宿・柏屋に居候する戯作者志望の
医者見習い・信次郎(大泉洋)は、さまざまなトラブルに巻き込まれながらも
男女のもめ事を解決に向けて導き、
訳あり女たちの人生の再出発を後押ししていくが……。   





邦画ながら字幕を付けて鑑賞。。



桂 枝雀 落語大全 第二集 [DVD]

桂 枝雀 落語大全 第二集 [DVD]

  • 出版社/メーカー: EMI Records Japan
  • メディア: DVD


以前友人から借りた枝雀のDVDで字幕つけて以来。。。




と、そのくらい当時の言葉と早口とについていけず字幕をつけましたが、
なかなかいい作品でした。 長いけど。(-.-)


様々な理由でダンナと離縁しようと駈込む訳ですが、
駈込む前に審査みたいなものがあって(そこにいるのが樹木希林)
実際寺に入ると色々な段階(お金の有無などで過ごし方も変わる)があって
へえ、こうやって過ごしているんだ、、なんて思いながらも見られたので、
駈込んだ女性たちそれぞれのドラマに医者見習いの新次郎を絡めて
見終わった後にスッキリした気持ちになれました。


駈込んだ女のうち、じょご(戸田恵梨香)が軸なのかと思いましたが、
鉄練りの仕事で顔には火ぶくれ、ダンナは仕事もしないで放蕩三昧、
それで駈込んで新次郎の薬でどんどん綺麗になっていく、
おまけに勉強熱心で働き者、、そんな姿を見ているとちゃんと縁が切れて
幸せになってほしいと思いながら見てしまう訳で、
他の女性の縁切りにも活躍しながら幸せになっていく、、、
(特に最後の場面で、他の女性のダンナがきたときの立ち回りは震えました)


戸田恵梨香だけでなく、内山理名や満島ひかりも縁切りの為に寺に来る役を
好演していましたが、厳しい世の中で生きる女性の大変さ、
そんな中で、幸せになろうと前向きに生きようとする女性たち、
非常に重苦しい中で見始めて最後には自分まで爽やかな気持ちになれる、
邦画もいいな、と思った「駈込み女と駆出し男」でありました。

nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

白山「満津美寿司」で生鳥貝  [呑んだり食べたり(満津美寿司)]

どの記事も後手なのでこれも1か月くらい前の話ですが、
呑兵衛の友人と満津美さんへ。

IMG_2189.JPG はい、ビールでかんぱい♪
IMG_2190.JPG お通し
こりこりくらげ、と、じゃがいもひき肉そぼろあん

ジャガイモは細切りシャキシャキ、っていうのは食べたことがありますが、
今回出してもらったものはおそらく初めて。
出汁がきいた優しい味でした。(^-^)
IMG_2192.JPG いつものイカげそで
IMG_2193.JPG元酒スイッチ
IMG_2194.JPGほわっほわ穴子
IMG_2195.JPGおつくり
IMG_2196.JPG今だけの生鳥貝♪
IMG_2198.JPG ひもも美味
IMG_2200.JPG はい、お代わり

この後、もう一軒いくのでお酒はここでストップ。
(とはいえ、2人で2本だから飲んでるよね(笑))
IMG_2201.JPG うに
IMG_2202.JPGこはだ
IMG_2203.JPGなっとぅ巻

は~、おなかいっぱい。


いつもながら、お会計、これでいいんですか、って感じで
恐縮しながらお支払いし、白山から千駄木経由で谷中まで移動して
(酔っ払っているので平気で歩ける)
もう1軒でグビッと呑んでから解散したのですが、
相変わらずの繁盛ぶりでお忙しい中、大将やみなさんに丁寧に対応していただき、
美味しく食べて飲んで楽しめた満津美寿司さんでありました。



 


タグ:白山 元酒
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「人生スイッチ」を観る [映画④]

借りた理由を思い出せない作品です。

人生スイッチ [DVD]

人生スイッチ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ギャガ
  • メディア: DVD



あらすじはYahoo!映画さんより。

飛行機の乗客たちは、不思議なことに全員に共通点があり……(『おかえし』)。
偶然にも自分が働く店を訪れた親の敵に遭遇した女性に、
調理担当が料理に毒を入れることを提案する。
さすがに毒はと戸惑うが……(『おもてなし』)。
ドライバーは走る車もほとんどない道路で、
追い越しを邪魔するボロ車を抜き去るが……(『エンスト』)。




ブラック過ぎる。




アルゼンチン映画ですが、
ハリウッドでもこんなブラックないだろう、というくらいのブラックぶり。



みんな、
  大人になろうよ。




そう画面に向かって諭したくなる、そんな映画です。



心の中でも実際でもブラックノートは大方の大人はもっていると思います。


ね、lovin姐さん?(笑)



でも、ブラックに思ったからといってそれを実際行動に移す、
それをしないように人間には理性(ブレーキ)があると思うのですが、今作は、


Noブレーキ!



もうね、どうにも止まらない状態のオムニバス。


1番目の恨んでるやつだけを集めて同じ飛行機に乗せて
コックピットを占拠して自らともども墜落するという豪快な作品が
唯一笑えないけど、シニカルだわぁ、、って思えた作品で、
あとは、何番目だったか、駐車違反の取り締まりのひどさに怒った男が
たまたまビル爆破のプロだったりするので計算しつくした計画で復讐、
って話が自分の理解がなんとか及んだ話でしたが、
かろうじて最後の話がハッピーに終わるみたいで(途中はドロッドロ)
一応順番は考えて話を並べているのかな、と思いましたが、
世の中にはこういう作品もあるんだな、アルゼンチンすごい、と
変なところに感想が飛んでしまった「人生スイッチ」でありました。




 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

日本橋「まえ田」で生牡蠣 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

たまに訪れるまえ田さん、今回の分は1か月くら前の訪問です。(後手後手)

と、たまには食べログも貼っておきます。(^-^) 

(食べログ)→ http://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13152175/

今回はカウンター席に着席し、
IMG_2208.JPGお通し
トマトのコンポートと言ってましたが、和食でこういうのは珍しい。
ちょっと甘めになっていましたが、くどくなくさっぱり。

IMG_2209.JPG手作り豆腐
かなり柔らかいのでスプーンをつけてくれると食べやすかったかも。
味は、豆の味が濃い目で美味でした。。。

IMG_2211.JPG 胡麻さば
IMG_2212.JPG 胡麻たっぷり
いつもこのタレが余るのが勿体ないのですが、
白ごはん、、置いてくれたら絶対注文しています。

IMG_2205.JPGそろそろ夏っぽいお酒 
IMG_2214.JPG長野のみすず
見た目の涼やかなラベルとは異なりかなり味はしっかり目。
好みの味でした。(^-^)


IMG_2215.JPGいか 肝バター焼き
ここで注文したのは2回目くらい。
なぜかこのお店でいかを注文する機会が少なかったのですが、
柔らかさが残るくらいの火の通し方で、肝と醤油とバターがよく合います。

IMG_2216.JPG 牡蠣
IMG_2217.JPG ぷりっぷり♪
IMG_2218.JPGお次は
IMG_2219.JPG 広島の誠鏡
竹原のお酒。 生原酒なのですが、意外とスッキリ。これは夏っぽい。

IMG_2220.JPG アスパラの胡麻和え
どんなもんかと注文したのですが、これは味付けが甘すぎて残念でした。

みすずをもう1杯いただいて、
IMG_2221.JPG焼きそらまめで〆

黒板メニューが沢山ありすぎて毎回迷うのですが、魚介系は新鮮で、
お酒も限定が必ず置いてあるので毎回楽しめるまえ田さんでありました。



  


nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「しあわせへのまわり道」を観る [映画④]

予告編を見て気になっていた作品です。

しあわせへのまわり道 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]

しあわせへのまわり道 ブルーレイ&DVDセット(初回仕様/2枚組/特製ブックレット付) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



あらすじはYahoo!映画さんより。


ウェンディ(パトリシア・クラークソン)はニューヨークで書評家としての
成功を手にしていたが、長年共に暮らしてきた夫にある日突然捨てられる。
一人取り残された彼女は悲嘆に暮れ、さらに自分で車を運転しなければならないことに気付く。
ウェンディはインド人タクシードライバーのダルワーン(ベン・キングズレー)の
手ほどきを受けることに。



ベン・キングズレ―卿!


中盤まで全く気づきませんでした。
このインド人のおっちゃん、誰だろうってずーっと思いながらみていて、
え、この人、まさかベン・キングズレー???


気づいてびっくり。(@_@)


wikiを観ると、インド系とのハーフらしいので
ターバンかぶると本当にインドからやってきた移民のおっちゃんに見えました。


と、本筋と関係ないところで一番反応してしまった本作ですが(笑)
ダンナが浮気して家を出ていって独りぼっちになったおばちゃん、
(私よりちょっと年上のおばちゃん)
ヒステリックというか悲しみに暮れまくり、しかし運転の練習、
とはいえ、インド系のダルワーンをどこか見下している感じもあったり、
同性の中年、精神的に更年期で不安定になりがちなのはわかりますが、
いやあ、こういうオバちゃん、近くにいたら私までイラッとするだろうな、
という感じで全然おかれた境遇に共感できぬまま見続けておりました。


とはいえ、途中で変化がないと映画にならないので(笑)
どう変わっていくのかな、と思って見ていたら、
やはりおばちゃん(役名:ウェンディ)とインド系移民(役名:ダルワーン)が
運転の練習を通じてどこか心を寄せ合いつつも、
お互いインド系はインド系、白人は白人とくっついて、
あれが果たしてハッピーエンドかわからないものの、どこか前進したのではないか、と
あとは観た人の想像におまかせてきな感じで、考えさせられるモヤモヤはありつつ、
押し付けぽくない感じが逆によかったエンディングでした。


ま、ダルワーンが会ったこともない女性をインドから呼び寄せて
(お母さんが再婚しろっていうから決めた人と結婚するんですが)
空港に迎えにいった翌日に結婚式、というのが、文化の違いよね、なんて
驚きましたが、不法移民の問題なども織り交ぜつつ、人種のるつぼNY、
なのに、2人が車に乗って運転の練習をする空間はどこか穏やかで
(最初は違うけれど途中からそんな雰囲気に変わっていく)
大人のための映画というより中年のための映画だなあ、と思った
「しあわせへのまわり道」でありました。




nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

赤阪「まるしげ 夢葉家」で牛すじカレー [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

このブログでも人気キャラ(オフ会で話題にのぼるキャラ)の一人、
ミセス大食い選手権、Mちゃんとの呑み会で赤坂に行きました。

とはいっても、2人とも赤坂には殆ど馴染みがなく、
お互いの勤務先からのアクセス、というか私の勤め先から行きやすいところ、
そんなポイントで探してくれたお店です。

いつも気遣いありがとう、Mちゃん。(^-^)

てなわけで、赤坂見附というよりは赤坂駅から歩いて数分って感じのところの、 
IMG_2157.JPG まるしげ 夢葉家さんへ

(食べログ)→  http://tabelog.com/tokyo/A1308/A130801/13000192/

店内は入ってテーブル席が続いて、、、奥の方にL字型のカウンター。
Mちゃんが予約してくれたので入れましたが、予約ないと入るの大変ぽいお店です。
で、カウンターに着席し。

IMG_2163.JPG こういう書き方、好き。 
IMG_2158.JPG 生ビールで乾杯し、
IMG_2159.JPGメニュー
IMG_2160.JPG多すぎて
IMG_2161.JPGわからない
とにかくメニューの多さがウリみたいですが、
多すぎて一見の私たち、、わからなさすぎる。((+_+))

とはいえ、なんとか注文し。


IMG_2165.JPG ポテトサラダ
ざくざくポテトサラダ、だったか、かなり芋もごろごろしていて、
食感を楽しめるサラダでした。

IMG_2167.JPGクレソンサラダ
私があまりクレソンが得意でないので、これはほとんどMちゃんが一人で完食。
こういうのを食べられると自分の健康にもいいとは思うんですけどね。(-.-)

IMG_2168.JPGお刺身
クーポンかなにかで半額にしてもらったらしいですが、これは普通に美味。

IMG_2162.JPGで、気になりまして
IMG_2171.JPGこれ
夜の三輪車豆腐、、というユニークな名前のメニュー。
ねばねば系で精がつきそうでこんな名前なのか、、謎ですが、
おくらも入っていると更にモリモリな感じかな。

お豆腐というより、納豆もりもりなメニューでした。

IMG_2172.JPG 穴子白焼き
もうちょっと香ばしいと個人的には好みかな。
塩と山葵でふっくら楽しい食感と味を楽しめました。

IMG_2174.JPG なんだったかな、私はポン酒

IMG_2175.JPG Mちゃんはワイン 
IMG_2176.JPG私、次は高知のお酒

IMG_2181.JPG
むしょうに肉が食べたくて注文したのですが、
お肉は当然美味しいのですが、つけあわせの胡瓜というかウリというか、
これがものすごくうまくて、ばっくばく。
お肉のつけあわせがこんなに主張するなんて、、逆に感激。

IMG_2182.JPG ばくらい
酔っ払ってくると注文しちゃうよね、これ。(笑)

IMG_2183.JPG牛すじカレー
予習でこれが美味いと書いてあったので、
食いしん坊のMちゃんも喜んでくれるだろうと思って注文。
私も一口食べたくて、、ってのが本音ですが。
これは辛さもマイルドながら煮込んだ牛すじがほろほろで深い味。うまうまでした。

IMG_2185.JPGホッピーにスイッチして
IMG_2186.JPG外多めにしてみました
IMG_2187.JPGオムレツ
カウンター越しにスタッフの人が作っているのを観たらムショウに食べたくなり。

IMG_2188.JPGとろり
明太子とチーズがたっぷり、とろっとろで美味でした。

これだけ食べているのでお会計は一人あたり一葉さんくらいでしたが、
一見さんで行ったのに(常連さんにはもっと手厚かったけれど)
飲み物や料理の加減をスタッフの人がみながらつかず離れずに対応してくれて
非常に心地よいオペレーションでした。

予約しないと入れないのもわかる、って感じのお店。

料理も手作り丁寧で美味しいし、お酒も値付けがボッタ栗手前くらいだし
(そのあたりは赤坂で店賃高そうだからある程度仕方ないか)
でもお腹いっぱい食べて飲んで、頑張って払えるお値段というのが嬉しいお店、
「まるしげ 夢葉家」さんでありました。


Mちゃん、いいお店を探してくれて感謝。(^-^) またよろしくね~。


 


nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る