So-net無料ブログ作成

映画「スポットライト 世紀のスクープ」を観る [映画④]

TOHOシネマズのチケットの有効期限が近くなって焦ってみた作品。

spotlight_trailer.jpg アカデミー賞で作品賞

あらすじはYahoo!映画さんより。

2002年、ウォルター(マイケル・キートン)や
マイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、
「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。
ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、
神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。
カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。






いやあ、久しぶりに素晴らしいドラマを見た気分です。(^-^)


特に何も考えず、日比谷シャンテシネにいってちょうど時間が合う作品、と
選んだのですが、、大正解でした。


ちなみに、スポットライトとは、記者たちが担当している新聞のコーナーの名前。


実話に基づく話、ですが、カトリック教会の神父による性的虐待については
アメリカのニュースとして聞いたことはありますが、
それを浮き彫りにしてさらに再発させないという強い気持ちの下、
新聞記者たちが丁寧に取材し、記事として世に発信する姿に感動しました。


おまけに、マイケル・キートンが素晴らしい。

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡) [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



このときの、白ブリーフでNYを走りまくる姿(笑)よりずっといい。


(入り込めずに終了したイニャリトゥ監督作品)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2016-01-02-11


マイケル・キートンだけでなく、出演する俳優陣がみな素晴らしい。

好きなスタンリー・トゥッチも、いつものスキンヘッドではなく、
ちょっと髪の毛のついている役で演じる弁護士を好演されていました。
(ヘアスタイルが違うから一瞬誰だかわからなかったけどね(笑))

他にも、リーブ・シュライバー演じる新聞社に着任したばかりの局長、
ユダヤ人という設定に(ユダヤ人だけどカソリックの枢機卿に会うという場面も)
思わずウディアレンのコメディのときの様子を思い出し、

(小っちゃい帽子とクルクルもみあげが印象的)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2015-05-06-1

描かれていたのが2001年、ちょうどインターネットが普及して、
紙媒体である新聞のメディアとしてのポジションが変化しつつある、という中で、
インターネットと比べて即時性という点で劣るとしても、情報の精度は高いわけで
(まあ日本の新聞だと捏造もあったりするけれど)
綿密で緻密な取材に裏打ちされた記事を発信することで、事実を伝えることで
隠ぺいされていた問題を人々に知らせ、再発させない、
メディアとしての責任を果たした姿には、見終わった後にも感激がずーっと続きました。


エンディングロールで、この記事によって、同様の被害が明らかになった地域が
次々と映し出されます。


アメリカの他都市だけでなく、アメリカ以外の国、アジアの国も出てきます。
その数の多さに、この記事がいかに隠ぺいされていた大きな問題を炙り出したのか、
その影響の大きさを感じながら見終わりますが、
久しぶりに出会えた秀作「スポットライト」でありました。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

北千住「鳥彩々」で鳥づくし [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

以前の勤務先の呑み友達(おっさん2人)との呑み会で北千住へ。
IMG_7297.JPG 今回はダイナック系の鳥彩々さん

(食べログ)→ http://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13031338/

駅からはちょっと離れたところにありますが、
割引クーポンが使える(金曜日でも)のでこちらへ。

なんてったって全員呑むから。(笑)

3階席でーす、と言われて階段を息切れしながら上がり、
仕切られた個室の掘りごたつ席に着席。

IMG_7309.JPG 生ビールでかんぱい♪ 
IMG_7308.JPGこういうのもあります。
氷で割るのって流行っているのかな。
安いワインでも氷で割るとぐびぐびいけちゃうもんね。
IMG_7310.JPGお通し(2人前)
チェーン店で新鮮野菜がこうやって出てくるのは意外。
味噌だれにつけるとシャキシャキ美味。

IMG_7298.JPG春メニュー
IMG_7311.JPGかつお
なんか凝り過ぎな盛り付けですが、
鳥料理のお店で注文しなくても、、よかったかも。。。

IMG_7312.JPGねぎまみれ皮ポン酢
葱がたくさん盛られていると得した気持ちになります。(^-^)
IMG_7313.JPG鶏ホルモン鍬焼き タレ月見
IMG_7314.JPGIMG_7315.JPG赤ワインにスイッチ
ボトル1980円くらいのお手頃ハウスワインで味はサッパリしています。
で、この日、3人で5本空けました。(笑)

IMG_7316.JPGたけのこ
見た目より食べられるところが少ないのであっという間に食べ終わります。

IMG_7317.JPG薄焼き大判鶏餃子
チヂミのように見えますが食べてみると餃子の味。。パリパリで美味。
IMG_7318.JPG 快調です(笑)
IMG_7319.JPG 山芋わさび だったかな
ちょっと鳥以外も食べたくなり。。

IMG_7320.JPG唐揚げ
バイトのお兄ちゃんに一押しはなんですか?と聞いたら
絶対唐揚げです!というので3人で1個ずつ。。
味がよくしみて柔らかい鶏肉、、これ、、本当に美味でした。

IMG_7321.JPG親鳥のたたき

終盤でもまだモリモリ食って呑みました。。


15%割引クーポン(上限いっぱい)を使って一人あたり一葉さんくらいで、
チェーン店とはいえ、店内でちゃんと調理されている感じが嬉しいというか、
鳥以外のメニューは普通ながら、鳥メニューはどれも美味しいので、
複数人で呑んで食べるには使い勝手のよいお店「鳥彩々」さんでありました。


 


タグ:北千住
nice!(5)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「美女と野獣」を観る [映画④]

アニメの実写版ってどんな感じなのかな、と思いながら借りました。

美女と野獣 [Blu-ray]

美女と野獣 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray


あらすじはYahoo!映画さんより。

バラを盗んだ代償に命をささげるよう言われた父親の代わりに、
若く美しい娘ベル(レア・セドゥ)が野獣(ヴァンサン・カッセル)の
住む城に連れていかれてしまう。
彼女は命さえ投げ出す覚悟で城に出向いたものの、
毎晩同じ時間に野獣と夕食を取る以外何の制約も受けなかった。
自由に城内を移動する彼女は、恐ろしい外見の野獣の意外な過去に気付く。




こりゃ残念な。。。。(-.-)

美女と野獣 ― スペシャル・リミテッド・エディション [DVD]

美女と野獣 ― スペシャル・リミテッド・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD


ディズニーの世界のイメージが強すぎた自分も悪いのかもしれませんが、
とにかく暗い、、そして描き方が浅い。。。


野獣がどうしてそんな姿になってしまったのか、、、
そのあたりの描写はよいと思いましたが、他は深堀していないというか、
映像の幻想的な雰囲気と相反して、ベルがどうやって野獣に対して
愛情を抱いていくのか、、そのあたりもよくわからないまま、
最後に、ベルが野獣を愛しているってことで野獣が無事人間に戻る、という。

せっかく、レア・セドゥにヴァン・サン・カッセルという俳優が出ていて
もやもやした展開は残念です。。

ベル以外の登場人物(ベルの家族なんて特に)が
もう性格めちゃくちゃ悪い(自己中な)のばかりが気になりつつも、
ベルが野獣のところに行っちゃった、ああ、でもこれでどうやって
野獣のことを好きになるんだろう、ぜんぜんわからん、え、なんで、
いつのまに好きになっていたの??


謎だらけ。


ディズニーと違うものとして見たとしても、
なぜそうなるのか、という疑問が渦巻きながら見終わるという、
せっかく映像的(衣装も)が素敵なのに、
展開自体が消化不良な「美女と野獣」でありました。 残念。。。









nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

日本橋「まえ田」で筍揚げ出し [呑んだり食べたり(和食)]

旅行記を長々書くので、いろいろなものが後手記事になるのですが、
これは4月中旬の記事。春を味わいに日本橋のまえ田さんへ。 

IMG_7280.JPG 生ビールでかんぱい♪
IMG_7281.JPGお通しはカブ

IMG_7284.JPGごまさば
売り切れで食べられないときがありますが、今回は食べられました。 
いつも思うのですが、白いご飯にのせて食べて、最後にお茶漬けにすると
美味しいだろうなって思うのですが、、ごはんの代わりにコメの酒に合わせると。(笑)

IMG_7286.JPG筍の揚げ出し
土佐煮などの煮物も好きなのですが、揚げた筍も好きなので注文。
生海苔のあんかけが香りよくて食べ進みます。(^-^)
IMG_7288.JPGぷりぷり生牡蠣
IMG_7289.JPGIMG_7290.JPG名前失念
確か純米の濃いめのお酒だった記憶。。
IMG_7291.JPGしいたけ
カウンターに大きな椎茸があったので注文したのですが、
焼いても噛み応えのある、肉厚で味の濃いしいたけでした。

IMG_7292.JPG お代わりして
IMG_7293.JPG 鴨~
最近、鴨がメニューにあると日本酒と合わせたくなりますが、
この鴨もちょっと山葵をつけて食べると旨みが増して美味でございました。


分煙していないので、隣でたばこを吸われてしまうと、嫌なのですが、
今回は隣で吸っていて(-.-)な気分になっていたら、
離れた席に移動されますか?と離れたところに移動させてもらいました。


お店の性質上、ランチは禁煙でも夜は禁煙にできないのはわかっていますが、
こういう気遣いをいただくとうれしいものですね。


というわけで、春を楽しみながら美味しく飲んで食べられたまえ田さんでありました。



  


タグ:日本橋
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ダメ男に復讐する方法」を観る [映画④]

酷い邦題なのですが、借りたDVDでやたらと予告編が流れていて
つい借りてしまいました。


ダメ男に復讐する方法 [DVD]

ダメ男に復讐する方法 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


あらすじはYahoo!映画さんより。

ニューヨークで弁護士として働くカーリーは、美人でやり手だが男運がないのが悩み。
そんなカーリーが、スペック高のイケメン男性マークに想いを寄せるように。
なかなかハッキリしない態度の彼を父親に紹介しようとするが、
マークは突然帰宅してしまう。
カーリーは彼の後をつけていき自宅を突き止めるが、出迎えたのは
なんとマークの妻、ケイトだった!
慌てて逃げ帰るカーリーだが、なんと、ケイトはカーリーのオフィスにやってくる。
そこで2人は、マークには他にも愛人がいるのではと疑い始め…。




スカッとします。



妻ケイトが愛人(キャメロンディアス演じるカーリー)の存在を知って
乗り込んでくるところはやりすぎじゃないかと思ったのですが、
(長々と続くのでちょっと不快な気分になりました(-.-))
そこを乗り越えると(笑)、あとは痛快なコメディとして楽しめます。


酷い邦題に対して、原題は“The Other Woman”。


妻が、夫に他の女が、、と驚いたうえに、
愛人も、妻と自分以外に他の女が、、と驚く展開なので、こういう原題かな。
邦題もまあその通りなんですけど、品がなさすぎ。(笑)


今作を見て思ったのは、キャメロン・ディアスはコメディが一番、ってことで、
見ている方も彼女が出ている安心感もあるような気がします。


最後に男が復讐されて(;´д`)トホホで終わるだろうというのは
こういう映画の性質上、わかってみているので安心感もありますが、
漫画のような復讐ぶりに、細かいことも考えずに笑えました。


ダメ男がまたイケメンなのでそいつが痛い目に遭っていく様子が
次々と繰り広げられるのは見ていて楽しい。(笑)


ラブコメディというよりは女の友情もの、って感じですが、
さりげなく出ている渋いドン・ジョンソンもいいアクセントに、
単純に笑って楽しめる「ダメ男に復讐する方法」でありました。


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

新宿荒木町「t.」でトマトピクルス [呑んだり食べたり(その他)]

snorita姐との呑みで行きつけのお店に連れていってもらいました。

IMG_7258.JPGt. (ティードット)さん 

(食べログ)→ http://tabelog.com/tokyo/A1309/A130903/13172437/


曙橋の駅から歩いて5分もかからないのですが、
ひっそり佇む感じで、ちょっと迷いました。(T_T)

IMG_7259.JPG 隠れ家的な雰囲気のお店です
IMG_7260.JPG
メニューは色々と変わるようですが、とにかく目移りしまくり。

IMG_7261.JPG はい、かんぱい♪
IMG_7262.JPGトマトのピクルス
姐さん一押しメニュー。
浸けたスープ(というのかな)も美味いのでずるずるのみました。(^-^)

IMG_7263.JPGポテトサラダ
お芋とハムのゴロゴロ感がいい感じ。
IMG_7264.JPGピクルス
シャキシャキ感もあって美味。

IMG_7265.JPG白ワイン♪
好みを伝えるとこうやって何本かもってきて説明してくれます。
IMG_7266.JPGIMG_7267.JPG樽の香りが素敵でした
IMG_7268.JPGフライドチキン
普段カロリーを気にして揚げ物を注文しないsnorita姐も
これは絶対食べたいと注文するそうで、
シナモンソルトをかけて食べると美味しいよ、と言われたのですが、
シナモンはあまり得意でないので、、、そのままレモンをちゅっとしぼって。
お肉が柔らかくて肉汁ジュワッ、衣はサクサクで超美味。

IMG_7269.JPGきのこのアヒージョ
IMG_7270.JPGグラスの赤を追加して
IMG_7271.JPGサラダ
麦?とチーズや紫玉ねぎがさっぱりと和えてあって美味。

IMG_7272.JPGパスタ
ねじねじパスタにソースがよく絡んで美味しい。

IMG_7273.JPGナッツとドライいちじく
IMG_7274.JPGIMG_7276.JPG
私の誕生祝で連れてきてくれたので、めずらしくケーキも食べました。(^-^)


曙橋で降りたのは―初めてですが、
新宿区でもがやがやした感じがなく、落ち着いた雰囲気で、
大人の隠れ家がたくさんありそうな、、、そんなロケーションでした。

お店も落ち着いた雰囲気、スタッフの方もとても心地よい対応で、
お腹いっぱい、沢山のんで満腹満足の「t.」さんでありました。

snorita姐、連れていってくれて有難う♪



  


タグ:荒木町
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「踊るアイラブユー♪」を観る [映画④]

インド映画ぽいタイトルが(V)o¥o(V)ですが、
音楽が楽しそうなので借りてみました。

Walking on Sunshine

Walking on Sunshine

  • 出版社/メーカー:
  • メディア: Blu-ray



あらすじはYahoo!映画さんより。

大学を卒業したてのテイラー(ハンナ・アータートン)は、
姉マディ(アナベル・スコーリー)に呼ばれて
南イタリアのプーリア州にやって来る。
3年ぶりに初恋の思い出の場所を訪れた彼女は、
かつての恋人との再会をひそかに願っていた。
ところが、2日後に結婚すると爆弾発言する姉に紹介された
相手ラフ(ジュリオ・ベルーチ)は、何とテイラーの元恋人で……。





薄っぺら過ぎる。



やる気のない邦題を見ても借りた私が悪いのですが、
80年代のポップスを散りばめれば映画になるという考えが甘いです。


唯一面白かったのはトマト祭りの場面だけ。
出演者が面白いというのではなく、そういうお祭りを垣間見た、
そんな面白さのみという。。。。


姉妹が全く似ていない(笑)のはもうどうでもよいっていうか
それよりも、せっかくの楽曲に失礼じゃないかというほどの出来の悪さ。


レオナ・ルイスもよくこの映画に出たな、と思うほど。
(女優デビューしたかったのかもしれませんね)


唄がうまいのはレオナ・ルイスだけで、
他の出演者は歌は上手くない上にダンスも下手。


ミュージカル映画は皆好き、そこに80年代ポップスを盛り込めば、
当時の若者(私ぐらいの中年世代)が映画館にくるだろう、という
安直な考えで作ってみました!的な空気が漂ってきて、
最初からちょっとイラついて見ながらギブアップしようとしつつ、
いや、これはネタにしないと(笑)というあざという気持ちで最後まで
なんとか見ましたが、音楽を楽しみに軽い気持ちで借りてしまうと
逆にイラつくだけなんだな、いや、映画館で観た人はもっとイラつくだろう、
そんな感想しか残らなかった「踊るアイラブユー♪」でありました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

上野「過門香」で焼き餃子 [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

上野の東京文化会館でラカトシュを観た後(だいぶ前に記事にしたけれど)
どこかで軽く食べようかとぶらぶらして入ったお店です。

(食べログ)→  http://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13032147/

チェーン店というか都内何か所かにあるので、銀座店や溜池山王店などに
以前いったことがあるし、軽く飲むくらいでも使えるかな、と入ったら。
21時半ごろで、店内はさほど混んでいないものの、帰ったお客さんのテーブルに
お皿やらグラスやらがそのまま放置されている光景が結構すごくて。(-.-)

おそらくホールスタッフが少ないみたいで、テーブルに案内されて
とりあえずビール、と注文するまでに10分くらいかかりました。。。。

IMG_7136.JPG やっと乾杯。
ラカトシュで盛り上がったテンションが店に入った途端下がってきたのですが、
生ビール飲んだら戻りました。(笑)

IMG_7140.JPGピータン豆腐
なぜカシューナッツが、、、、という疑問に加えて、
上にかかっているのがキウイやパイナップル。。なぜ。。。

ピータン豆腐のような庶民ぽい料理は小洒落た店で注文しない方がいいかもね、
そんなことを思いながら食べました。。 

IMG_7144.JPG 小さい青梗菜
スーパーでみるものより小さい青梗菜、これでハーフサイズ、
1000円くらいだったかな。 高い。 (味は普通に美味です)

IMG_7137.JPGで、この焼き餃子

焼き餃子を1つ、と注文したら、
「1人前10個ですけどいいですか?」とスタッフのオネエサンに聞かれて、
「え、10個ですか?」と思わず聞き返し。
「1人前10個ですけど、いいですか?」なぜか念押しされました。

1個のサイズが小さい訳ではなく、よく見かけるふつうのサイズ。
1人客がほとんどない前提でこういうメニューにしているのかもしれませんが、
量を半分にして価格も半分にすればいいのにね。

IMG_7138.JPGこれもびっくり(@_@)
赤いのがお酢だったか醤油だったか。 
食欲減退させる色で、これって好評なのかなと思いながら、
私たちのテーブルにはおいてなかったので、隣の空きテーブルから
普通の醤油とお酢、ラー油を移動させてお皿に入れて食べました。。
IMG_7145.JPG五目黒チャーハン
IMG_7146.JPGかなりこってり 
IMG_7147.JPG口直しに 
軽く食べてのめればって感じだったので、これで〆ましたが、

IMG_7135.JPG トイレにあった貼り紙

中国料理のお店で中国食材使わないって、調味料も、なんでしょうか。
最近こういう外食系のお店、見かけますが、中国料理でねぇ、、と思ったり。

大勢でコース料理の宴会、などの使い勝手であればよいかもしれませんが、
2人で軽く、、というには時間帯も悪かったのかもしれませんが、
とにかくスタッフが少なくて(彼らも目配りする余裕がなさそうでした)
ぱぱっと食べて呑むというには向いていなかったかもしれないな、と
お店選びはもうちょっと考えた方がいいかもしれない、なんて思った
過門香さんでありました。


タグ:上野
nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

函館旅行記2016~あとは帰る編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

帰る前にラッキーピエロの話を書かせていただきましたが、
今日で函館から家に戻ります。

空港までは湯の川温泉から路線バスで向かいました。
1時間に2本くらいしか空港行のバスがないので時間を調べてから
ぶらぶらしたほうがよいと思いますが、乗ってしまえば10分ちょっとで
空港に着きます。  

IMG_1938.JPG もう帰るんだよねぇ
IMG_1939.JPGパタパタ式
まだパタパタ式あるんだ、、、感激。

IMG_1959.JPGで、ここで軽く。  IMG_1957.JPG
ビールとつまみのセットで1000円くらいだったかな。
そこにいかめしを付けたのですが、シゲちゃんすしが美味しかったせいか、
あんまり美味しく思えなくて(お値段は空港価格だし)ちょっと残して終了。

テンションがいまいち上がらない。。。

IMG_1961.JPG もうこんなに入らない
函館空港、飲食店もラーメン(と蕎麦)、ファミレス系、カフェ、だけなので、
ラウンジもないし、、と思いながら保安検査を通ってゲートの近くに
軽食系のお店を発見し。
IMG_1968.JPG 北海道にきたらサッポロ
IMG_1971.JPGうまそう。。
10分くらいかかります、と言われて暫し待ち。

IMG_1976.JPG ふつう。。。
冷凍をチンしているのかなんなのか、温め過ぎたみたいでパリパリ感なく、
肉肉しい感じもいまいち。 ま、いっか、帰る前にビール飲めたし。

IMG_1979.JPG なんてうちに搭乗時刻
IMG_1980.JPG 隣に見えるANA
のったと思ったらあっという間に離陸した飛行機は、
IMG_1991.JPG順調に飛行 IMG_1993.JPG コーヒーをいただいて
IMG_1998.JPG茨城かな
平らな土地に田んぼが見えてきたら関東。
南下して千葉のゴルフ場が沢山見えてきたところで東京湾を渡って着陸。。。

で、ピーポくん、見つからなかった。。。
行きも帰りも会えなかったの初めてかもしれない。(:_;)

最近は、上野東京ラインが出来たお陰で京急で品川にいって乗り換えると、
あっという間に帰宅です。といっても空港から自宅ドアまで2時間かかったのが
1時間半くらいに短縮する程度ですが。それでも早く帰れるようになりました。

IMG_2004.JPG お土産
自由市場でオバちゃんに安くするからと売りつけられた塩辛やら松前漬け、
味がよかったのでオバちゃんの強引さも許します。(笑)
銀月の焼き団子は、あんこ、みたらし、胡麻の3種類。


IMG_2007.JPGで、これ。
帰る途中で見つけたハセガワストア、一度食べてみたいと買ってみました。

IMG_2009.JPG焼き鳥なのに豚
IMG_2011.JPG うまい
函館のソウルフードはラッキーピエロだけじゃない、と実感しました。

IMG_2010.JPG 焼き鳥も買ったのですが、
これも美味でございました。

知人のSさんを訪ねての初函館でしたが、
展望台から見た函館の素晴らしい景色に五稜郭、トラピスチヌ修道院、
サブちゃんに温泉に、美味しいお寿司に衝撃のラッキーピエロに、
Sさんとじっくり話せたのは何よりの喜びでしたが、
函館を短い時間ながら楽しめた1泊2日でした。

Sさんにまた遊びに行きます!と約束したので、
年内か来年初めには再訪したい函館でありました。


(これにて函館旅行記2016 おわり)


タグ:函館 JL
nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

函館旅行記2016~ラッキーピエロ編~ [旅行・出張の巻(日本⑤)]

あとは帰るだけなのですが、その前に。
私が今回の函館旅行で一番の衝撃を受けたラッキーピエロについて記事を。



名前は知っていたのですが、変な名前のお店だなあという程度で
Sさんに案内してもらって中に入って食事して、、なんちゅーところだよ(@_@)
衝撃を受けました。 

IMG_1523.JPGこの看板
初日のランチで訪れたのはベイエリア本店。

(ラッキーピエロホームページ)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%AD

(wiki)→ https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%AD

(函館市のサイトにも紹介されています)→ http://www.hakobura.jp/delicious/post-192.html

創業者の王さんが兵庫から函館に移住して、1987年に創業。
函館だけだと思ったら近隣にも若干店舗はありますが、ほぼ函館市内に存在するお店。

IMG_1524.JPG個性的 IMG_1525.JPG メニューも派手
IMG_1527.JPG IMG_1528.JPGグッズもいっぱい

で、何を注文してよいかわからないのでおススメを聞いたら
チャイニーズチキンバーガーです、とおばちゃんスタッフに言われて素直に注文。

このおばちゃんスタッフがおばちゃん声で自動音声のようなギコチナサで、
注文を繰り返したりオーダーしたりする姿に思わず心中爆笑しておりました。

で、ここ、注文を受けてから作るのでちょっとお時間かかります。

IMG_1529.JPG 出来上がりIMG_1530.JPG!!!
甘辛く味付けされた唐揚げがこれでもかと入っていて 
IMG_1531.JPG 美味しいけれどすごいボリューム
地産地消らしいので材料も北海道のものが多いようですが、
とても美味しいです。。

Sさんはチーズバーガーを召し上がっていましたが、
もともと食の細い方なので途中でギブアップ。。。

ちなみに隣のテーブルの若者たちは親子丼みたいなどんぶりメニューを食べていました。
ハンバーガーの他に、どんぶり、カレー、オムライスなどなど、メニューも豊富。

IMG_1538.JPG 五稜郭公園前店
五稜郭タワーから見えましたが、とにかく店舗をあちこちで見かけます。

IMG_1609.JPG函館駅前店
はしご酒して塩ラーメン食べてホテルに戻る途中で発見してしまったお店。

IMG_1610.JPG
新幹線開通にあやかってこんなグッズまで。(笑)
IMG_1613.JPG人気ナンバー1
本当にこの写真のようなボリュームで提供されるので、
よくメニューの写真と実物違うってことがありません。

IMG_1614.JPG 冷蔵ケースには
IMG_1615.JPGケーキ
IMG_1616.JPGおいしゅうございます
IMG_1618.JPG作る方も大変そう  IMG_1621.JPGベイエリア店でも店先にいらっしゃいましたね
IMG_1620.JPG この色使い、見たら吸い寄せられちゃうな
IMG_1624.JPG ビニール袋 5円とられました  IMG_1630.JPG 夜食IMG_1631.JPG ボリュームが
バンズの胡麻もこれでもかってくらいついているのですが、
冷凍でないというバンズ、肉肉していて美味しいです。
って、この日は、一口でギブアップしたのですが。。

IMG_1632.JPG ラッキーポテト  
どんなもんかわからず注文したのですが、
ラッキーバーガーと同じ味付け、チーズたっぷり、、これまたボリューミー。
って、ほとんど全部食べちゃったんだけど、ビールによく合ったので。(*´з`)

そして翌朝、サブちゃんに会いに行く途中で、
赤レンガ倉庫のあたりで見かけたマリーナ末広店。

IMG_1676.JPG 結構大きいです

IMG_1677.JPG豊富なメニュー IMG_1678.JPG 中国語対応も
IMG_1680.JPG ガラナ
IMG_1681.JPG コーヒー 
自販機での販売もかなり積極的な感じ。

IMG_1682.JPGクールジャパンて。(笑) IMG_1683.JPG
こういうのって、店員のアイデアもあるのあかな。
けばけばしくて派手なのですが、どこかクスッと笑ってしまう雰囲気。

IMG_1693.JPGベイエリア本店
前日ランチしたところです。
IMG_1699.JPG 
翼を休めるような店内ではないのですが、楽しめるのは確かです。

と、目につくたびに写真を撮ってしまったのでこうやって記事にしたのですが、
函館を次回訪問する際は、何軒かはしごしてみたいと思ったラッキーピエロさんでありました。


さ、あとは帰るだけ~。

(つづく)


タグ:函館
nice!(6)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る