So-net無料ブログ作成
検索選択

長野旅行記2015~善光寺参り編①~ [旅行・出張の巻(日本④)]

色々なものが常に後手でアップされる私のブログですが、
これも9月中旬ごろの話。

ちょっとした用事があって日帰りで長野にいったのですが、
その用事をはさんであちこちいった話をちょこちょこっとアップします。




朝いちばんの新幹線で最初に向かったのが長野。

IMG_5483.JPG E7の新型車両で爆睡し
気づけば長野。。。あっという間です。。
R0019638.JPG これ、買いそうになりました。
車内販売、、、見るとほしくなっちゃうんですが、
買っても結局引き出しの中に入れて忘れてしまうので買うの我慢。

で、長野についたらオナカが空いたので、
IMG_5484.JPG 立ち食いソバ
改札外で食べたのですが、、お蕎麦は柔らくて、、ま、立ち食いだしね。

R0019644.JPGコインロッカー
R0019645.JPG 結構楽しい
R0019650.JPG で、外に出てバス乗り場へ
R0019651.JPG 現金払いのバスで善光寺へ。
R0019652.JPG参道にて
R0019653.JPG用事が済むまで我慢我慢
R0019654.JPG老舗ホテルかな
R0019656.JPGここは
R0019657.JPG昔からあるお蕎麦屋さん
ここっていつもお昼は行列のお店、、という印象です。

R0019665.JPG おやきのお店もたくさん
参道にあるのですが、作り方とか色々あって、
長野出身のうつぼ母(婆1号)もお焼きが好きですが、
参道で売っているのはちょっと違う、、とほとんど買ったことなく
私もよほどのことがなければ、こういうところでは買わないかな。。。

R0019672.JPG 速足でお参りです  R0019673.JPG 天気よく
IMG_5485.JPG秋の空
IMG_5487.JPG お参りします♪


(つづく)


タグ:長野
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

映画「007スペクター」を観る [映画(007)]

本日2つめの記事ですが、これは早めにアップしたいと思って
見た当日にアップです。




先行上映で「007スペクター」を見てまいりました。

って、10月末にイギリスでプレミア、その後各国で公開されているのに
未だ日本は未公開。正式公開は12/4って遅いよね。(V)o¥o(V))

poster2.jpg サム・メンデス監督作品

あらすじはYahoo!映画さんより。

ボンド(ダニエル・クレイグ)は、
少年時代の思い出が詰まった生家“スカイフォール”で焼け残った写真を受け取る。
彼はM(レイフ・ファインズ)が止めるのも無視して、
その写真の謎を解き明かすため単身メキシコとローマを訪れる。
死んだ犯罪者の妻ルチア(モニカ・ベルッチ)と滞在先で巡り合ったボンドは、
悪の組織スペクターの存在を確信する。






2時間半の長尺ですが、きれいにまとまっている作品でした。

冒頭で、ボンドが銃痕のおなじみシーンが復活しておぉっ!と萌えた後、
オープニングのシークエンスも主題歌に合わせて美女のシルエットという
これまた懐かしいシークエンスが復活という、007ファンには、
これだけで萌え萌えだと思いました。

そのオープニングで、ヴェスパーや、ル・シッフル、シルバなどなども
サブリミナル効果のようにインサートされているので、
あら、この作品って、

007 カジノ・ロワイヤル (1枚組) [DVD]

007 カジノ・ロワイヤル (1枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


007/慰めの報酬 [DVD]

007/慰めの報酬 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


007/スカイフォール [DVD]

007/スカイフォール [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD



ダニエルボンドの集大成かな、って気持ちで見始められます。


相変わらず世界の様々なロケーションでボンドがするのですが、
最初のメキシコシティでの爆破場面は、いきなりでまじ驚きました、私。

ま、ボンドはつらい思いをしても死なないってわかってるので(笑)
そんな心臓バクバクなシーンも、安心して見られるのですが、
MI-6の過去、現在、未来、、どうなっていくんだろう、
00のライセンスは過去の遺物的な場面もあったりして、
うーん、確かに冷戦がなくなって今も必要なのか、と思いながら見ていた
私もおりました。

00について懐疑的な意見を述べるマックスってあんちゃんが黒幕で、
それが私にはイケメンにも見えず、なんだか頭がよさそうにも見えず(すみません)
もうちょっとインパクトのある(小ずる賢そうなタイプ)配役がよかったな、と思ったり。


色々気になる点はありました。


スカイフォールから見つかった品を受け取るボンドのシーンが
その後の秘密のカギを解くのに役立つのですが、意外とあっさり描かれていたり、

モニカ・ベルッチが予告編から劣化していて気になっていたのは
私だけじゃないと思うんですが(すみません)
スペクターの存在をボンドとエッチしちゃってするっと教えるところまでで
残りは一切出てこない(そのためだけのローマ撮影)贅沢さとか、

ボンドガールのレア・セドゥ、、、美人ってほどではないけれど
かなり好みですんなり見られつつ、バネッサ・パラディのようなすきっ歯が
なんだか気になってしまったり、

オーストリアの雪山なのに、あら、スキーシークエンスが出てこないって、
ボンド映画でどういうこと?と思わず突っ込みそうになったり、

ダニエル・クレイグ、あれだけ脱いで肉体美を見せまくっていたのに
今回は全然出てこないや、ってちょっと残念に思ったり、


いろいろ気になったものの、大したことはなく。


個人的には009用にQが用意したアストンマーティンを
黙って拝借してローマで水没させちゃうボンドなのですが(このあたりお約束)
カーチェイス中に、車内のボタンを押しまくる場面で、
環境ってボタンを押したときの、脱力感あふれる展開なんて
007のお遊び的な要素で結構好きだったりするので、
見終わった後、ダニエル・クレイグは今回までかもしれないけれど、
次がまた気になる気になる、な気持ちになりました。


また、今回楽しみにしていたクリストフ・ヴァルツについては、
配役ミス、、にも思えたかな。 この人、大好きなんだけど。
せっかくの俳優なのに勿体ない使い方というか、
スペクター自体の描き方がちょっと弱く思えたのもありますが、
ボンドとの過去のつながり、とか、、さらっと伝えて終わった感ありで、
もっと深堀することで心の闇が描けていいのかな、と思いました。


最近007を見始めた方にもおそらく楽しめるつくりになっているとは思いますが、
ダニエルクレイグを先におさらいして、できれば昔の作品でスペクターについて
知っておくと楽しさが増すかもしれないな、と思った、
「007スペクター」でありました。


タグ:007
nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

映画「マップ・トゥー・ザ・スターズ」を観る [映画③]

久しぶりのクローネンバーグ作品。

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』 [Blu-ray]

『マップ・トゥ・ザ・スターズ』 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: Blu-ray



あらすじはYahoo!映画さんより。

セレブを相手にしているセラピストの父ワイス(ジョン・キューザック)、
ステージママの母クリスティーナ(オリヴィア・ウィリアムズ)、
人気子役の息子ベンジー(エヴァン・バード)から成るワイス家は、
誰もがうらやむ典型的なハリウッドのセレブ一家。
しかし、ワイスの患者で落ち目の女優ハバナ(ジュリアン・ムーア)が、
ある問題を起こして施設に入所していたワイス家の
長女アガサ(ミア・ワシコウスカ)を個人秘書として雇ったことで、
一家が秘密にしてきたことが白日の下にさらされ……。





ジュリアン・ムーアの女優魂。


特に考えずにジュリアン・ムーアが出てるから、、って
軽い気持ちで借りたのですが、まあよくこんなの演じたわ、って
感心してしまいました。

金髪姿のジュリアン・ムーア、、、が、
くたびれたマドンナに見えちゃって、違うとわかっていながら、
ジュリアン・ムーアでなくマドンナが演じている錯覚に陥り。(-_-;)

とにかく汚れ役なのですが、最後の最後も気の毒になるくらいの
やられぶりであっけなく死んじゃいます。(笑)

ハリウッドの華やかさの裏にあるドロッドロに汚いものを描いている、
そんな作品なのかと思いましたが、ホラーのようにも思えて、
決して見ていて気持ちのいい演出ではありませんが、
なんだか先が気になって気になって、、、気づいたら見終わって、
って作品でした。

ジュリアン・ムーアの怪演が映えたのは、
火傷の痕をもつアガサを演じるミア・ワシコウスカのすごさもあったかな。

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

アリス・イン・ワンダーランド [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD



全然このときのアリスと違うし。

キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD]

キッズ・オールライト オリジナルバージョン [DVD]

  • 出版社/メーカー: アミューズソフトエンタテインメント
  • メディア: DVD



これでジュリアン・ムーアと共演しているんですが、
全然この作品とは違う絡み方でしたし。(気持ち悪さ満点な絡み方)


なんでそんな火傷の痕があるのか、、わからないで見ていると、
ああ、そういうことなのね、って謎がとけていって、、、
でも、ずっと気持ち悪いなあ、って思いながら見終わるのですが、
見終わった後にも気持ち悪さがもやーっと残る作品です。

なので、きれいにハッピーエンドが好きな人は絶対みちゃいけないと思いますが、
私自身は、こういう気持ち悪い作品もたまにはいいなって思いました。

おそらく、ハリウッドの世界って、ここで描かれているとおり、
腐れていて本当に汚い業界なんだろうな、とは思いつつ、
クローネンバーグの気持ち悪い(気味の悪い)世界を久しぶりに見て
ああ、もう暫くこの人の作品は見なくていいやと思いながら、
ちょっとした拾い物をした気持ちにもなれた
「マップ・トゥー・ザ・スターズ」でありました。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

上野「鷗外荘」で懐石② [呑んだり食べたり(和食)]

スパークリングワインで乾杯した後は、
草紙懐石(@4000円)をいただきます。
RIMG0386.JPG 秋採
季節の前菜四種盛り、と書いてありました。
長芋の寒天寄せ(だったかな)、蕎麦の実、昆布巻、卵焼きだったかな。
個人的には蕎麦の実が一番おいしく気に入りました。

RIMG0394.JPGお椀
RIMG0395.JPG地味な色合いですが
菊花椀で、紅葉豆腐、帆立真丈、霰野菜、柚子が入っていて、
結構な食べ応え。
RIMG0397.JPGおつくり
まぐろ、真鯛、平目、、だったような記憶ですが、これは普通に美味。

で、このレストラン、土日にはミニコンサートもあって、
RIMG0400.JPG 山本有紗さん
場所柄芸大関連の人なのかよくわかりませんが、
がやがやしている中で20分くらいクラシックの演奏。

私たちの個室は真横で至近距離で聞けたので
どこか優雅な気持ちなれましたが、他のお客さんはあまり拍手もせず
なんだか残念。。。

スパークリングワインの後は、RIMG0402.JPG
RIMG0403.JPGRIMG0404.JPG
こういうラベルの、RIMG0405.JPGRIMG0406.JPG鷗外。 

RIMG0407.JPG焼きもの
秋鮭の香り焼きです。みかんが乗っていて見えませんが、
脂ののった秋鮭が美味でした。。。

RIMG0409.JPGお鍋は
RIMG0410.JPG
つくば美豚(びとんって読むらしい)と白菜

RIMG0412.JPG 揚げ物
海老の鹿の子揚げ 揚牛蒡 いわし磯辺揚 細春巻 獅子唐

お腹いっぱいの終盤に揚げ物は、、中年には厳しいです。(-_-;)

RIMG0414.JPG食事
白いご飯がよかったのですが、高菜ごはん。
しかも、美味しいって感じでもなく。。。

RIMG0417.JPGなんてうちに、演奏2回目
ちゃんと1回目とは曲目が変わっていて、1回目よりは軽めの選曲でした。
RIMG0418.JPG水菓子
季節の果物といいながら、なぜパイン。(笑)
秋だったので、梨と葡萄がよかったな、、、と思いながら食事終了。。。


ロケーションがいいのでとても混んでいましたが、
演奏中もがやがやしていたのが残念でした。

味は可もなく不可もなく、、、って感じで、
秋らしさがもうちょっと出ていると楽しかったかな。

また、店員が若い女性が多かったのですが、
和服の着方が若干雑なのと金髪のお姉さんもいたり、
お皿を置くときに思い切り私の肩にぶつかってきたり。。。

ま、私がでかくてぶつかったのかもしれないのですが(笑)
ぶつかった後「あ、だいじょうぶですかだいじょうぶですか?」って
今度は肩をごしごしさすってきたお姉さん。
はっきりいって不愉快でした。(V)o¥o(V)

お昼なので、客単価も低いし、バイトなのかなって思いましたが、
老舗ホテル内のレストランというなら、もうちょっと教育してほしいな、
なんて思いました。

って書きながら、今度はここの温泉と料理の組み合わせプランもいいな、って
思ったりしたのですが。(笑)

デート向きではありませんが、ある程度の人数で集まるにはこういう場所が
便利なのかもしれないなと思った鷗外荘でありました。



 


タグ:上野
nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

上野「鴎外荘」で懐石① [呑んだり食べたり(和食)]

昔の勤務先でお世話になった人たちでの集いで谷根千へ行きました。
最初に根津にある友人のお墓参りからスタート。

RIMG0374.JPG串揚げのはん亭さん
RIMG0375.JPG ちょうどお祭り中
友人のお墓を汗だくになって(10月半ばでしたが夏日で(-_-;))
きれいに掃除してから皆でお参りした後は、上野へ移動です。

RIMG0376.JPG 行列必至のうどん屋さん 
隣は高級老人ホームですが、隣の古い蔵はうどん屋さんだそうです。

RIMG0378.JPG動物園がみえてきたら
水月ホテル鷗外荘に到着。。。

以前は以前は水月荘だか水月ホテルって名前だけだったそうですが、
森鷗外が住んでいた土地ってだけで、鷗外と名乗るようになったそうです。
(って一緒に行った友人が言ってた)

(ホームページはかなり賑やか)→ http://ohgai.co.jp/

中に入ると昔からあるホテルって感じなのですが、
RIMG0380.JPGサザエさん土産もあったり
ちょっとごちゃごちゃした感じ。。。

RIMG0381.JPGRIMG0382.JPG
中庭が見えて風情があるようなないような、、、
泊まると結構高い、、、って感じはしない雰囲気。

古いのはいいのですが、装飾がすっきりしていなくて、
なんかやたらゴテゴテ飾られていて落ち着かないなあと思いながら、
案内されたレストラン「沙羅の木」でランチです。

RIMG0384.JPG 個室です
5人での食事だったので、個室(といっても入口すぐ)にしてもらいました。

RIMG0389.JPG最初はスパークリングで
RIMG0392.JPG乾杯 グラスがちょっと、、、ですが、
RIMG0393.JPGこれも鷗外
お土産でも販売されているようです。。。すごいな商魂。。。

ワインはピーロートジャパンという会社が扱うドイツワインなので、
少々甘めです。


さ、この後はお待ちかねの懐石コースです。(^-^)



(つづく)

 


タグ:上野
nice!(8)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「クレイジー・ママ」を観る [映画③]

検索するとわらわら出てくるロジャー・コーマン銘柄作品、の一つ。

クレイジー・ママ [DVD]

クレイジー・ママ [DVD]

  • 出版社/メーカー: キングレコード
  • メディア: DVD



解説はAmazonさんより。

『羊たちの沈黙』のジョナサン・デミ監督、
B級映画の帝王、ロジャー・コーマン製作の“ママ”3部作の最終作。
50年代のアメリカ南部を舞台に、キャデラックに乗って暴れ回る
女3世代のギャング一家の活躍を
往年のヒット曲満載で描いた痛快アクション。






クレイジーすぎる。(笑)



もうねぇ、、、
行動一つ一つが衝動的過ぎで素人過ぎる。(笑)


銀行強盗なんて、、、もう無計画な素人ぶりで、
見ていてハラハラすることもなく爆笑。


まあ、あらすじは比較的あるような、、それだけでもすごいのですが、(笑)

自分自身、ロジャー・コ―マン銘柄作品を見るとき、
あらすじがあってもなくても許す(笑)的な気持ちで見ているので、
ちゃんとあらすじらしきものがあって驚いたわけですが。
(そこが驚きポイントってのもズレすぎていているけれど)

大きなあらすじとしては、昔土地を奪われた復讐劇なのですが、
土地を買い戻すためにひたすら泥棒(銀行強盗)しまくる、
真面目に働いて、、とかではなく、手軽にお金を手にしようとする
その安直さ(もちろんリスクはあるけれど)にも笑えるし、
その行動力のすごさに反して見ていると、あまりに無計画で素人。

どうせやるなら

俺たちに明日はない [DVD]

俺たちに明日はない [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



このくらいの根性出してくれって思いましたが、
ま、ロジャー・コ―マンだから、、、と理由付けたら
妙に納得できてしまった「クレイジー・ママ」でありました。


nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

白山「満津美寿司」で帆立焼き [呑んだり食べたり(満津美寿司)]

獏さんとオフ会で訪れた記事を以前アップしましたが、
実はその2日前にも行っていたという。(^-^)

友人が行きたいというので連れていったのですが、、
予約したのが遅くて今回はテーブル席。

RIMG0343.JPG 最初からおいてある冷酒グラス(笑) 
RIMG0344.JPG お通し
いか塩辛、と、鳥つくね。

鳥つくねは数回食べたことがあるかな、って程度ですが、
椎茸や人参などの野菜も沢山入っていて美味。好きなお通しです。
っていうか、ここのお通し、なんでもいつも楽しみなんですが。
RIMG0347.JPG いかげそ
ここにきて最初にこれを食べると、、、さー飲むぞって気持ちになれます。

RIMG0348.JPGなので早々に元酒へスイッチ
RIMG0349.JPGおつくり
テーブル席だと笹の葉ではなくお皿に盛ってくれますが、
ちょっと雰囲気が異なりこれはこれで楽しいですね。(^-^)

RIMG0351.JPGほわほわ穴子
RIMG0352.JPGはい、2本目
RIMG0353.JPG久しぶりに帆立
このぼーぼーファイアーな感じが好き。

RIMG0354.JPG
RIMG0355.JPGいくらぷちぷち

獏さんのときと同じですが、、、この日も2人で元酒3本。。。。
いやあ、美味しく楽しく飲んで食べました。。。

元酒3本目を注文したら、
お店のおばちゃんが「あらー、うつぼさん、今日はすごいわねー」、
と言いながらお店の裏まで取りにいってくれました、3本目。(笑)

お寿司屋さんはカウンターの方が盛り上がるといえば盛り上がりますが、
テーブルでも、カウンターから声かけしていただいたり、
色々と気遣っていただけて、いつものように楽しく過ごせました。

というわけで、いつものように楽しめた満津美寿司さんでありました。(^-^)

 


タグ:白山 元酒
nice!(10)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「恋におちたら・・・」を観る [映画③]

なんで借りたんだろう、、、よく覚えていない作品。


恋に落ちたら… [DVD]

恋に落ちたら… [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • メディア: DVD

たぶん、デニーロ先生が出ているだけの理由で借りたと思われます。


あらすじはYahoo!映画さんより。

ある夜、スーパーで強盗の人質となっているギャングのボスの命を
助けたシカゴの臆病者刑事ウェイン。
それが縁で一目置かれた彼は、やがて世話役として送られてきた
ボスの情婦と恋に落ちてしまうが……。







1993年の作品なのでもう20年以上も前の作品なので、
ロバート・デニーロ、ビル・マーレイ、ユマ・サーマン、、みな若い。

ユマ・サーマンがまだなんだか初々しいのですが、

キル・ビル Vol.1 [DVD]

キル・ビル Vol.1 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン・ユニバーサル
  • メディア: DVD



これよりも以前の作品ですもんね。


原題は“Mad Dog and Glory”。相変わらずひどい邦題です。
Mad Dogはデニーロ先生演じるウェインのニックネーム。
仕事では厳しくそんなニックネームなのに、女性にはなぜか奥手で、
そんな中に出会うのがユマ・サーマン演じるGlory。
で、この原題のようです。

中年のオッサンが仕事一辺倒で女性には奥手で、、という設定が、
デニーロ先生なのか、と思ったら笑ってしまいますが、
若い娘とぎこちなく近づいていく様子は見ていて微笑ましい気持ちになります。

Gloryを情婦にしているギャングのボスがビル・マーレイっていうのが
個人的にはこれまた笑えてしまうのですが、

ゴーストバスターズ 1&2パック [DVD]

ゴーストバスターズ 1&2パック [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD


リトルショップ・オブ・ホラーズ 特別版 [DVD]

リトルショップ・オブ・ホラーズ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



ゴーストバスターズでおばけをやっつける、とか、
リトルショップ、、、での気味の悪い歯医者の患者のイメージが強いので
この人がギャングのボス、、と思ったら。(笑)


とはいえ、この3人の配役、キャラクターがうまく絡まって
重たくなり過ぎずにサラッとみられる作りになっていました。


あ、思い出した。

恋におちて [DVD]

恋におちて [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • メディア: DVD



ここから邦題パクったでしょ。(笑)



と、相変わらず邦題が気になって仕方ないのですが、
力を入れずにさらっと楽しくみられた「恋に落ちたら」でありました。


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

ユーカリが丘「なのはな亭」で蕎麦豆腐 [呑んだり食べたり(居酒屋③)]

父が昨年亡くなって1年たちますが、
一人暮らしの婆1号とちょくちょく呑みに出るようになって、
これもその飲み会。今回はユーカリが丘のお店です。

(食べログ)→ http://tabelog.com/chiba/A1204/A120402/12007602/

以前ランチで来たお店ですが、夜もよさそうかな、と訪問。

RIMG0211.JPG 乾杯♪
お通しは出てこなかった記憶。。。

RIMG0210.JPG面白そうなので
RIMG0213.JPG注文
蕎麦の実が粒粒していて、、味も濃いめで美味。

RIMG0214.JPG 川海老のから揚げ
川海老って注文したんですが、かなり大振りで甘エビみたいなサイズ。。。
あれ、川海老ってこんなんだったっけ、大きいので口の中で
ヒゲなどがチクチク刺さってくる感じで。(-_-;)

RIMG0215.JPGサラダ
○○種類のサラダっていうのを注文したら、こんな混ぜちゃいました、
って趣のサラダが出てきました。。これも想像と違った。。。

RIMG0216.JPG たこのから揚げ
ぷりぷり、、これは思っていた通り。 美味。

RIMG0217.JPG 焼き鳥
お肉が大振りで食べ応えあり。

RIMG0218.JPGで、お酒
千葉のお酒、、、最近都内でも飲めるようになりましたが、
私は不動が結構気に入っています。

RIMG0219.JPGRIMG0221.JPG
おばあさん(婆1号)とおばさん(婆3号)でぐっびぐび。うまー。

RIMG0223.JPG 〆はお蕎麦
手打ちではないようですが、のど越しのよいツルツルのお蕎麦でした。

ランチの時はお蕎麦ととんかつがウリのお店のようですが、
夜は飲み屋としてもまあまあ使える感じでした。

ちょっとイメージと違うメニューもありましたが(笑)
お店のおばちゃんが結構気遣いと愛想のある人で、
心地よい対応だったのも好印象。

実家で2人でのんびり食べるごはんもいいのですが、
こうやってたまには外で女子会(笑)もいいな、と思った
なのはな亭さんでありました。
 


タグ:佐倉
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「一献の系譜」を観る [映画③]

日本酒好きとしては見ないと、、という気持ちで新宿武蔵野館へ。
といっても、見たのは10月初めくらいだったような記憶。。

0000007198.jpg


作品についてはYahoo!映画さんより。

夏の間は漁業や農業に従事し、冬を迎えると日本酒を造る杜氏として働く、
石川県能登半島出身の男たち。
三盃幸一さん、農口尚彦さん、波瀬正吉さん、中三郎さんは、
その中でも日本屈指の力量を持つとされる能登杜氏四天王と呼ばれている。
彼らの弟子となって伝統と技を受け継ぎ、現役トップ2の杜氏として
能登の酒造産業をけん引する坂口幸夫さんと家修さん。
そして、能登で初となる女性杜氏や偉大な先輩に追いつこうとするも
自身の力量に限界を感じる杜氏など、酒造りに関わる者たちと
その人間模様が映し出されていく。

 






色々なものが便利になっていく中、それはもう手を抜けない酒造りの手間に
もっとありがたくお酒を楽しまないとバチ当たっちゃうな、と思いました。

能登の風景(冬の寒さ厳しい雪深い風景からお米の実る緑の風景まで)が
自然の中で納得のいく酒を醸し出そうとする杜氏の気迫と熱意、
画面越しに強く伝わってきました。

酒造りの大変さを描く一方、最近の会社組織で工程を自動化して、
という現状も描かれているのですが、山口の獺祭が熟練の職人がいなくても
均一な味の美味しいお酒を造れるようにと近代的な設備の工場を増築して
話題になっているのを思い出しました。。。

それはそれでいいんですが、やはり人の五感で微調整していく工程が
こういう酒造りには必要なのかなとも思ったり。

特に四天王すべてから学んだ宗玄の杜氏、坂口さんの天候とも闘いながら
お酒を造っていく姿には、体を壊してもそこまでやってしまうのか、、
と己の日ごろのだらけぶりが恥ずかしく思えましたねぇ。。。

劇場の売店で能登のお酒も販売されていたので買って飲みながら見ましたが、
お酒を飲むときにこの杜氏さんたちを思い出すと美味しさが増すだろうな、
と思った「一献の系譜」でありました。 



すんげーいらっとしたこと)
 映画館、とても小さくて、こういう作品で平日夜だったので、
 観客はほとんど中年のおじさん、か私みたいなおばさんが一人で、
 って感じだったんですが、私の後ろにいた中年カップルが最低で。

 (V)o¥o(V)

 画面に映される猫を見て、わーかわいい!って大声で叫んだり、
 ビニールに入ったおせんべいをガサガサ開封してバリバリ食べたり。

 あんまりひどかったんで途中で振り返ったんですが、
 上映時間中ずっと態度が悪く、なんでこういう作品にこんなバカが
 静かに見られないんだって、まじでいらつきました。

 

nice!(4)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
メッセージを送る