So-net無料ブログ作成

映画「ムード・インディゴ うたかたの日々」を観る [映画②]

予告編を見て気になっていた作品です。

ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]

ムード・インディゴ~うたかたの日々~(特別編) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ポニーキャニオン
  • メディア: DVD

あらすじはAmazonさんより。

舞台は、パリ。働かなくても暮らしていける財産で自由に生きていたコランは、
無垢な魂を持つクロエと恋におちる。
友人たちに祝福されて盛大な結婚式を挙げた二人は、愛と刺激に満ちた幸せな日々を送っていた。
ところがある日、クロエが肺の中に睡蓮が芽吹くという不思議な病におかされる。
高額な治療費のために働き始めたコランは、不可思議な人間関係に巻き込まれていく。
クロエは日に日に衰弱し、コランだけで なく友人たちの人生も狂い始める。
もはや愛しか残されていないコランに、クロエを救うことは出来るのか―?


 

(@_@;)

 

ある意味、ミュージックビデオ的な映像というかなんというか、なんとも不思議な世界でした。

あとで調べたら監督は、ミシェル・ゴンドリー。

この人の作品で見たことがあるのは、

僕らのミライへ逆回転 プレミアム・エディション [DVD]

僕らのミライへ逆回転 プレミアム・エディション [DVD]

  • 出版社/メーカー: ジェネオン エンタテインメント
  • メディア: DVD


これだけなのですが、
これもどこか不思議というかなんというか、テイストがちょっと違うというか、でした。
(ジャック・ブラック主演なので、アホくさいといえばそんな感じもあったけど)

 

どこがどう不思議かというと、フランスという舞台だからゆるせるのかもしれませんが
(これがハリウッド映画でアメリカが舞台で同じ展開なら途中で見るのをやめていたかな(笑))
現代のお伽話というかファンタジーというか、どう括ってよいかわかりませんが、
現実的でないことがごくごく当たり前のように描かれて(ありえないんだけど)
そんな感じでコランがクロエと出会い、そして結婚し、幸せな日々を過ごしていく、、、

 

はずが、

 

そうならないわけなんですが。

 

前半のパステルカラーで描かれたイラストチックなファンタジーが中盤からは一転、
暗く暗く、、、最後はモノクロっぽいタッチに変化していき、最後はとても悲しく終わります。

 

 

ハッピーエンドばかりではない、のはわかりますが、あまりにも救いのない終わり方で、
例えは違いますが、

セブン [Blu-ray]

セブン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray


この映画の結末で、「ええ?そっちいっちゃうの?」って驚いたのを思い出しました。
(そっちがどっちか気になる方は本編見てね(^_^))

 

おそらく、この作品は、見る人によっては全然面白くないでしょう。

 

私は、


へぇ、ファンタジーみたいに描いてて面白いなー、、、



あらー、そうなっちゃってーー、、



えーー、最後こんな救いのない終わり方でー?

 


こんな感じで見終わっていました。

 

私が見たのはインターナショナル版で短かったのですが、
30分くらい長めのディレクターズカット版を見ればもうちょっとイメージが違ったかもしれません。

 

とはいえ、2度は見なくても、、、いいかな。

 

主演のオドレイ・トゥトゥについては、

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



実はこれ、未見だったりするので、
これが好きな人は今作も見るのかな、なんて思ったのですが、

ダ・ヴィンチ・コード (1枚組) [DVD]

ダ・ヴィンチ・コード (1枚組) [DVD]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: DVD



この時の彼女とは全然テイストが違っていました、今作。

 

 

ちょっと残念だったのは、今作で描く男女2人しては、主演のお二人がちょっと老けていたこと。

 


オドレイ・トゥトゥ嬢もアラフォーで演じるには少々厳しかったような、、、そんな気もしましたねぇ。。
もちろん、かわいらしさはあるのですが、老けて見えるのがちょっとマイナスかな。

 

もう一人の男優さん(よく知らないのですが、ロマン・デュリスさんという方)ももちょっと若ければ。

 

 

というわけで、前半の楽しい雰囲気から後半の悲しく最後まで突っ走っていく描き方に
楽しめたような楽しめなかったような、、、どっちつかずな感じで、
話にのめりこめないまま見終わってしまった「ムード・インディゴ うたかたの日々」でありました。 



 


nice!(3)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

月島「海鮮もんじゃ けい」で呑み放題 [呑んだり食べたり(その他)]

久しぶりに月島まで足を運びました。

友人と食事会というか呑み会だったのですが、
呑み放題つきのコースがあるところを検索して予約したら、どこも金曜日でいっぱい。。。

やっぱり人気あるんですね、月島。

そんな中で、やっと予約できたのが「海鮮もんじゃ けい」さん。

(ホットペッパー)→ http://www.hotpepper.jp/strJ000044775/

月島駅8番出口から出てホントにすぐのところにお店はあります。

もんじゃストリートばかり目がいってしまいますが、ちょっと外れた裏道にあるので
周りはかなり静か、逆にいいかも、、です。


今回は2時間呑み放題つき3500円のもんじゃコースをお願いしました。

R0010567.JPG生ビールで乾杯です♪
生ビールも呑み放題というのが嬉しいですね。(^_^)

で、このコース、先付、ホイル焼き、もんじゃ3種、お好み焼き2種、焼きそば、デザートと、
炭水化物祭りです。(笑)  たまにはいいんだ、たまには。。。 (と自分に言い聞かせる)

先付はビールと一緒に写っているコハダみたいな青魚の酢〆。
市販品ですが、これ、結構すきなのであっという間に食べ終わり。

R0010568.JPGホイル焼き
茸と葱オンリーが少々さびしいのですが、バターしょうゆの味付けが美味。
R0010570.JPG 生ビールお代わり♪
R0010569.JPG もんじゃ1つめ イカ・豚・そばもんじゃ です。

R0010571.JPGお店の方に作っていただきました
R0010573.JPG土手からはみでない、、さすがです。 R0010575.JPG出来上がり。 
はがしでじゅーじゅー焦げ目を作ると本当に美味しいですね。

R0010579.JPGはい、レモンハイへスイッチ
(呑み放題にはポン酒はないので、今回はチューハイでまいります!)


R0010576.JPGもんじゃ2つめ 明太子・もちもんじゃ
ここにチーズが入っているもんじゃが月島だと人気ですが、
R0010580.JPGチーズなくてもウンマイ♪

R0010585.JPGもんじゃ3つめ  ひき肉・カレー・チーズ・トマトもんじゃR0010588.JPGこれが一番美味しかったなぁ
R0010593.JPGで、今度はウーロンハイにスイッチし
R0010589.JPGお好み焼き2種 
豚・コーン玉、と、イカ・タコ・ホタテ玉


R0010594.JPG海鮮たっぷりで美味でしたよ~
R0010592.JPGそして、焼きそば
R0010595.JPGボリュームたっぷり

で、この後、デザートはあんこ巻とあんず巻なのですが、
シューアイスを中に入れたあんこ巻もできますよ、と言われたので、
あんずを諦め、シューアイスでお願いしました。
R0010596.JPGお店のオネエサンが作ってくれました
R0010597.JPGシューアイスは一人1/2個
R0010598.JPGくるくるくるっと巻いて4等分
R0010599.JPGできあがり
生地にあんこが入っているのでほんのり甘いのですが、
シューアイスの冷たさがよく合っていてサッパリひんやり。
R0010600.JPGウーロンハイ2杯飲んで〆。

は~、満腹~。。。。。

予約できればどこでもいいやって感じで行ったので期待していなかったのですが、
このお値段でこれだけ食べて呑めるとは思わず、、大満足でした。


もう少し予算をのせれば、海鮮とかお肉の焼き焼きも入るので、
次回はそれでもいいかなと思った再訪希望の「海鮮もんじゃ けい」さんでありました。 


タグ:月島
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「フラワーズ・オブ・シャンハイ」を観る [映画②]

トニー・レオン祭り(byうつぼ)で借りた作品です。

フラワーズ・オブ・シャンハイ

フラワーズ・オブ・シャンハイ

  • アーティスト: 半野喜弘
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 1998/09/21
  • メディア: CD

amazonで検索したら、サウンドトラックしか出てこなかった。。。

しかもYahoo!映画で見てもあらすじなくて。(^_^.)


 




え。。。。。


こ、これでおわり????






(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)(?_?)








1998年の作品です。 

19世紀の上海を舞台に、高級娼館で繰り広げられるお話ですが、
繰り広げられるっていうかなんというか、それほどの劇的な展開はなく、
男たち(娼館の上客)が娼館で酒を酌み交わす酒席と、
娼婦と男のやりとりが交互にただただ淡々と画面に映されます。。

それが120分。(-.-)

いやー、マジ長かった。。。。。。

高級娼館の女将(いわゆるやり手婆ですね)と気位の高い娼婦たち、
その娼婦を求めてやってくる辮髪姿の殿方たち。。。。





私の中では、

辮髪姿のトニー・レオン







不機嫌顔の羽田美智子








 

これしか記憶に残らない作品だったかな。。。



なんでこんなにいつも不機嫌そうにしている娼婦(羽田美智子)にトニー様は入れあげるのか、
なぜなぜなぜ、、他にもいい人いるでしょう、、って一度思うとなかなかその気持ちは変えられず
結局そのまま2時間観終わった次第です。。。(^_^.)


強いて言うなら、

辮髪トニー様に萌えぇ。。。



でしょうか。 

起承転結やドラマチックな展開がないままの120分作品というのも初めての経験ですが、
場面転換で暗転するとか、常にぼんやりした明るさの中での展開とか、、、
そういう視覚的な効果みたいなものを監督は目指していたのかな、、、
それとも、娼婦と客の儚くも真剣な関係(というのかな)を描きたかったのかな、なんて思いつつ、
トニー・レオンでなければ、最後まで観ていたかどうか、、、なんて思ってしまった
「フラワーズ・オブ・シャンハイ」でありました。 


nice!(3)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

九段下「幻蔵」で生ホッピー [呑んだり食べたり(居酒屋②)]

友人たちとの宴会で九段下の「幻蔵」にいきました。

九段下駅から歩いて5分もしないところのビルの地下1階です。(ざっくり説明)

(ぐるなび)→ http://r.gnavi.co.jp/g288901/

今回は4人なので小上がり席に案内され、

R0010201.JPGかんぱい♪ うま♪
R0010202.JPGつきだし
魚を甘辛く煮たものでした。


R0010203.JPG パリパリキャベツ

こういうメニューを注文し、呑む言い訳にしているような、、、気がする中年。(^_^.)

R0010204.JPG旬なメニュー
ほたるいかと芹のおひたし
R0010205.JPGぷりっぷり♪
R0010206.JPG烏賊の一夜干し

イカメニュー、あると注文したくなるものです。。。 タウリンいっぱい。 

R0010207.JPGアスパラベーコン炒め
R0010208.JPGきびなご唐揚げ
ししゃもと迷ったのですが、きびなごにして正解。ほくほく。
R0010209.JPG豚シャブサラダ
R0010210.JPGR0010211.JPG熱燗徳利を重ね続け
R0010212.JPG豚串などをつまみながら、
R0010213.JPG生ホッピー


珍しいので注文しました。。。 


生ホッピーサーバー、、って下町だけだと思っていたのですが、
最近はこういうチェーン店にも入っているんですねぇ。。。


瓶のホッピーよりも味がまろやかな感じがしましたが、違いはよく分からなかった。。。。

というわけで、九州料理のお店だったので、もうちょっとそれっぽいメニューを注文すればよかったかな、
という反省点はありますが、友人と4人で呑んで食べて話して楽しめた幻蔵さんでありました。


nice!(12)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ドラマ「猫侍」を観る [本・ゲーム・テレビ]

結局映画版を見そびれてしまい、、、代わりというわけではないのですが、
ドラマ版を借りました。

ドラマ「 猫侍 」DVD-BOX

ドラマ「 猫侍 」DVD-BOX

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA メディアファクトリー
  • メディア: DVD



あらすじはAmazonさんより。

「猫」を斬れ。

時は幕末。かつて畏怖され尊敬された剣客は、今や浪人となり身をやつしていた。
困窮する男に久々に舞い込んだ仕事、それは「猫」を斬れというものだった。
飼い主を骨抜きにする魔を持つというその化け猫。
しかし、この小さな生き物との出逢いが、男の小さな生活を鮮やかに変えていく…。


萌ぇ。

萌ぇ萌ぇぇ。。。

もう、玉之丞に萌え萌えです。

斑目(北村一樹さん)が玉之丞と目線を合わせたときのウィンク。 萌え過ぎ。(^_^)

あとは、小さいザルの中に入って丸まってすやすや寝る玉之丞とか。
(ある意味、猫鍋と同じような状況ですな)

話自体は、まあ普通なのかもしれませんが、
猫を絡めるだけであーら不思議に面白い、という展開のような気がしますが(^_^.)
まあ、そこは猫好きが見て楽しめればそれでよいのかと思います。


猫好きでない人がみても全然面白くなさそうだし。

玉之丞を演じる「あなご」ちゃんの演技がなんとも自然で、
それが濃すぎる顔立ちの北村一樹さんの演技とよく合っています。

あとは、ドラマなので毎回冒頭で流れる「まだら鬼のうた」がもう脳裏に残って残って。。。


斑目久太郎の歌なのですが、

斬るべし! 斬るべし! 斬るべし!

不屈~のまだら鬼~♪

って旋律がついつい口をついてしまい。。。(見れば分かってくれるはず)

というわけで、猫が好きでない人にはどうでもいいドラマかと思いますが、

映画版 ねこタクシー DVD

映画版 ねこタクシー DVD

  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2010/11/04
  • メディア: DVD


映画 ねこばん [DVD]

映画 ねこばん [DVD]

  • 出版社/メーカー: 竹書房
  • 発売日: 2011/03/24
  • メディア: DVD
この2作品よりもハマってしまった「猫侍」でありました。



 


nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

池袋「ペンギンのいるBAR」でイクラごはん [呑んだり食べたり(その他)]

ブログネタによさそうな場所に行きました。

池袋西口からてくてく歩いて7~8分くらいのところにある、
「ペンギンのいるBAR」です。
R0010288.JPG外観
(お店ホームページ)→ http://r.gnavi.co.jp/g288901/

昨年後半にオープンしたお店のようですが満席。予約していってよかった。。。

テーブル席に案内されて着席。
R0010289.JPGこの英語。。。。
R0010294.JPGコースター
R0010303.JPG分かりやすい店名
で、R0010291.JPG日本酒なんてあるんだ、、と思ったのですが、
R0010292.JPG今回は呑み放題にしたのでポン酒無。(笑)
R0010293.JPG樽生なんだね。。
R0010299.JPGで、おしぼりもペンギン(笑)
R0010300.JPGオサレすぎるスパークリングワインで乾杯♪
R0010304.JPGすぐ呑み終ったので白ワイン すっきりウンマイ♪

で、今回は呑み放題付のコースです。たぶん、4000円ちょとくらいだったような。
(幹事まかせでよく覚えていない。。。)

R0010301.JPG最初に出てきたのがサラダ
厚切りベーコンが美味しいサラダで、ワインが進みます。(^_^)

で、次に、お釜が出てきて、え、もう〆?とおもったら、
お時間かかりますから、、、とお店のスタッフさん。
でも、宴会始まったばかりでこれってちょっと驚きました。。。。

R0010305.JPG続いてハイカロリーな揚げ物
って、食べちゃったけど。(笑)

R0010307.JPG20分くらいかな、で、炊けました。
R0010306.JPG店員さんが持ってきてくれたいくら醤油漬け R0010308.JPG うまい。。。
でも、まだ、宴会始まって1時間経ってないんだけど。(^_^.)

ま、美味しいからいっか。

R0010310.JPGてな感じで赤ワイン
R0010311.JPG出汁茶漬けでさらさら食べたら
R0010312.JPGピザが出てきた。。。
おぉ、炭水化物祭りぃ♪
パイのようなサクサク生地でこれが美味でした。

で、ペンギン、ですが、
R0010298.JPG店内奥に4羽いらっしゃいますが

途中で、希望するお客さんがペンギンお食事タイムに参加できるとアナウンス。
R0010319.JPG小魚をペンギンに食べさせられます
R0010320.JPGプールの底にサザエ
R0010321.JPGうちの代表(30代♀)も参戦
R0010322.JPG元気です。
R0010329.JPGで、この一番後ろの子
投げえくれるのをひたすら待ち続けていました。。。
R0010296.JPGトイレに飾ってありましたが。
ペンギンってそんなシンボルだったのか、、、、初めて知りました。
R0010330.JPGR0010331.JPGR0010332.JPG


コースなので2時間で会計コールがありました。。 
混んでいるので仕方ございませんが、残念。。。。


ペンギン、意外に普通に店内に溶け込んでいたという感じがよかったというか、
変に店内の真ん中とかにいないのが逆に良いかと思いました。

樽生ワインも美味しかったし、食事は炭水化物ばかりで?って感じもありましたが、
デートでも同性同士でも大勢でも楽しそうなお店でした。

次回はアラカルトでワインボトルがよさそうな、、、再訪希望の「ペンギンのいるBAR」でありました。


タグ:池袋
nice!(8)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「ミッドナイト・エキスプレス」を観る [映画②]

トニー・レオン祭りで借りたうちの1本です。

ちなみに、Amazon、楽天市場ともに作品検索しても出てこなかった。。。。(-.-)


画像はかろうじて出てきたけれど。。。




 

うーん。。。。。。

なんか、つまらない。(-.-)



面白くない。。。。




トニー・レオンが出ていなかったらこの作品、見なかったかなー。









です。(-.-)

1998年の作品です。


正義感溢れる記者(トニーレオン)が極悪警察に嵌められて無実の罪を着せられて
刑務所(3年間の服役)に送られるのですが、もうそれがもう酷くて酷くて。。。。。


本当に、男だらけの塀の中ってこんな感じなのかしら。

新入りのトニー様に、まあそりゃきっつい歓迎があるのですが、
観ていて楽しくはないし、、、でも、どこか漫画っぽい感じもあったり。
(一人だけ道化のような役割のオッサンが出てくるのでなんとなく救われる)

夜のお当番なんてのも本当なのかな。いやはや~>゜)~~~な感じでしたし。
(このあたり、気になる人は頑張って鑑賞してくださいね)

音楽は香港映画っていうか中国映画っていうか、なんだか切なく哀しい音色で、
それをバックにトニー様がつらい目に遭う塀の中がひたすら描かれます。

で、切なくつらい感じの展開から、塀の中の看守の不正を暴く、、的な展開になると、
トニー様の記者としての力量が発揮されて、、、結局めでたし、ではありますが。

それがなければただ辛いだけの展開だったような、そんな作品。

塀の中の懲りない面々 [VHS]

塀の中の懲りない面々 [VHS]

  • 出版社/メーカー: 松竹
  • メディア: VHS


おそらく、塀の中を描いた作品ならこちらがお勧め。

ショーシャンクの空に [DVD]

ショーシャンクの空に [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



ドラマなら断然こちら。

って感じで、決して悪くはない、、、と言いたいのですが、
どこか中途半端な感じもあって、トニー様でなければ絶対みないなあ、と思ってしまった
「ミッドナイト・エキスプレス」でありました。。。。。



nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

浅草「フジキッチン」でミックスシチュー [呑んだり食べたり(洋食・中華)]

二婆で浅草デートしました。

ブログを読んで下さる方はもうお分かりだと思いますが、
四婆の内の婆1号(うつぼ母)と3号(うつぼ)です。

今回は「久しぶりにシチューを食べたい」という婆1号のリクエストで浅草へ。

人力車の客引きや外国人観光客やらで満員電車のような雷門前で待ち合わせし、
 R0010235.JPG仲見世の一本左に入った細い道を進んで

R0010233.JPG到着 
R0010232.JPGフジキッチンさん

(前回記事)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2013-05-15

11時半開店なのでちょうどその時間に合わせて口開け客で入店♪

R0010222.JPG素敵に昼酒♪
R0010223.JPGにゃー(=^・^=)
R0010224.JPG 婆1号、3号 テンション上がります。
ちなみに、このお店で日本酒というと「剣菱」です。(^_^)

とはいえ、
R0010234.JPG値上がりしていました
消費税の関係もあると思いますが、
ちょうど1年前にきたときはビーフシチュー2700円、タンシチュー3000円ですから、
値上がりだよね。

で、今回は、前回までなかったミックスシチューを2人とも注文。

注文して20分くらいして、
R0010225.JPG ホカホカのパン R0010226.JPG ミックスシチューR0010227.JPG この色合い♪
R0010228.JPGはい、ビールお代わりです。
R0010230.JPGぷるぷる&ほろほろ~
R0010231.JPG付け合せも美味
なんて感じで食べ終わってまったりしていたら、
次々とお客さんが入ってきたので、お会計してお店を後にしました。。。
R0010237.JPG 提灯をみながら銀座線で上野へ。。。
ここで、ちょっと用事を済ませて、1号と解散。

私は湯島の駅まで歩くことにしました。。
R0010238.JPG さすが上野らしくパンダ(写真館にて) R0010239.JPGこんなトピアリーを発見 R0010240.JPGアップだと若干シュールな。。。

R0010241.JPG 上野だねぇ。。。

パンダがいない時もパンダで押しているあたりがさすが上野なんですが、
私の中では最近パンダ=南紀白浜のイメージ。
いつか、双子パンダを観に南紀白浜に行きたい。。。。
R0010243.JPG鈴本演芸場にて
落語協会しか出ない寄席なので未踏の地です。 こぶ平(旧名)にも興味ないし。。

R0010242.JPG まだ、あった、ムフフ映画館。


という感じで、上野はおまけ、、ですが、
久しぶりのシチューは相変わらず丁寧に作られていて大満足のフジキッチンさんでありました。


タグ:浅草
nice!(9)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「アナと雪の女王」を観る [映画②]

今更なんですが、、、やっと見ました。

T0018069p.jpg 「れりごー」で話題作品

あらすじはYahoo!映画さんより。

エルサとアナは美しき王家の姉妹。
しかし、触ったものを凍らせてしまう秘められた力を持つ姉エルサが、
真夏の王国を冬の世界に変化させてしまった。
行方不明になったエルサと王国を何とかすべく、
妹のアナは山男のクリストフ、トナカイのスヴェン、夏に憧れる雪だるまのオラフと一緒に
山の奥深くへと入っていく。





観たのは3Dの字幕版ですが、素直に泣きのツボにはまりまくりました。(^_^) 

もともとディズニー作品は好きなのですが、

白雪姫 [DVD]

白雪姫 [DVD]

  • 出版社/メーカー: COSMO COORDINATE
  • メディア: DVD



これが実は一番好きだったりします。(吹替えが小鳩くるみ、という時代です。。。)



小さい頃に良いと思うものと、大きくなってから良いと思うものって違うような気がしますが、
今作は大きく(大人に)なってから一番自分にハマった作品かな、と思いましたねぇ。。

音楽が、これまでのディズニーといえば「アラン・メンケン」から、
ブロードウェイで活躍しているロペス夫妻が作詞・作曲しているのもあって、
雰囲気が少々変わった感じもあるというか、ミュージカル仕立ての音楽に
個人的にはすっかりはまった感じもありました。

私も以前鑑賞した「The Book of Mormon」の作詞・作曲もやっている方だし、
そのあたりも好きなタイプの曲が多かったのかな、と思います。

(The Book of Mormonの一場面)→ https://www.youtube.com/watch?v=OKkLV1zE8M0


ディズニーですから最後はめでたしめでたし、となるのは分かっていながら観ておりましたが、
まあ、途中でどうなっちゃうの、エルサはこのまま雪の女王で心を閉ざしてしまうの??なんて
そうならないのを想像しながらもちょっとどきどき。。。。

どのキャラクターも個性的でよいのですが、個人的には雪だるまのオラフが一番ツボ。


このあたりもミュージカルに出てくる名脇役存在って感じですね。(^_^)

映画館でオラフ役の声を聞いていて、あれ、どっかで聞いたことある、と思ったら、
無題.png JOSH GAD(右)
THe Book of Mormonで主役だったJosh Gadが声を担当していたと
エンドロールで気づきました。。。それでなんだか親近感が湧いたわけで。(^_^)






今回、日本橋にいったついでに室町に出来たコレド室町2のTOHOシネマズで観たのですが、
3D、TCX(東宝向けの巨大スクリーンらしい)などなどの料金込みでなんと2400円という大枚を
はたいての鑑賞となりました。

そんなに大金払ってつまんなかったら、、と思いましたが、そんなことは全くなく、
大きなスクリーンと臨場感たっぷりの音響、飛び出す3Dと個性的なキャラクターと
すっかり泣きのツボにはまり、あっという間に観終わりました。

でも、次回観るならレディースデイにすると思う。(^_^.) そして帳尻合わせ。。。

ミュージカル、アニメ、ディズニーにアレルギーのある人にはどうしても、、とは思いませんが、
そういう人にも入りやすい作品だと思います。


「れりごー」現象、とメディアで話題になっていますが、それ以外にも楽しめると思いますので、
ご興味のある方は是非是非。(^_^)

(多言語による、れりごー)

ちなみに、私は字幕版がいいかな。 エルサ役のIDENA MENZELが好きなので。(^_^) 






nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

築地「築地青空三代目」でグビグビ [呑んだり食べたり(和食)]

以前、取引先の方に連れて行ってもらったお店で、、とてもお魚が美味しかったので、
久しぶりに友人と足を運びました。

場所は場外です。 

お店がたくさん並ぶ細い道にありますが、夜は飲食店がぽつぽつ営業って感じで、
とても静かです。(そしてお店の外観写真無)

(ぐるなび)→ http://r.gnavi.co.jp/a363100/

テーブル席に着席し、

R0010245.JPGまずはビールで乾杯♪ 

R0010246.JPGつきだしは煮凝り。(ふぐかな)ぷるぷる

R0010247.JPG刺し盛り 
ちょっとだけ、とお願いしたらこんな感じで。

R0010248.JPGヒマラヤの岩塩

以前、銀座のフレンチ「ル・マノアール・ダスティン」にランチで行ったときにも
こういう岩塩が出てきたんですが、自然の色合い、、凄くきれいです。(^_^)

R0010250.JPG金目、まぐろ
R0010249.JPG鰆の炙りの3点盛りですが、
R0010253.JPG 友人 箸タレ(^_^)
これが脂のりのりで、塩と山葵、スダチをちょっと搾って食べると美味でございました。。

R0010251.JPG 本山葵 刻んであるのですが、これがよい食感で
お刺身を食べ終わった後も、これをつまみながら呑めました。(^_^)


R0010252.JPG ぷりぷり生牡蠣
R0010255.JPG 北寄貝
貝の中でも好きなトップ3に入る貝ですが(一番は鳥貝です♪)
これがまた半生にもちょっと火が入った感じで堪らない旨さでございました。

R0010257.JPG 白海老
殻はサクサク、身はほわっとしていてこれまた美味しいの。

R0010258.JPG ピリッと葉山葵漬け

R0010259.JPGとなれば酒です
私は旨口(甘口というか濃いめ)をお願いしました。(友人はサッパリ系)

R0010260.JPG 最初の一杯は春鹿
R0010261.JPG 素敵なモリモリ感
R0010262.JPG 2杯目は刈穂 R0010263.JPG友人は貴
R0010264.JPGはい、乾杯♪
R0010265.JPG出汁が美味しいはまぐり
R0010266.JPGこれ。 実はボンヤリ記憶、、ですが、
久保田の無濾過生原酒をいただいたようです、わたし。
R0010267.JPG もうねぇ、、、美味しくてかなりどろ酔い。

というわけで、〆に入ります。

R0010268.JPG コハダ♪ R0010269.JPG穴子ホワホワ

本当はこんなにお酒、注がないようですが、なみなみお願いします!という私のお願いと
飲みっぷりにお店側が気を遣ってくれた、、、みたいなので、本当に感謝しております。

築地という土地柄お魚が美味しいのは当然ですが、
どれも丁寧に仕事されたお料理で大満足でした。。お酒も沢山飲めたし。(^_^)


というわけで、美味しいお魚にお寿司にお酒に、、、、
話も盛り上がり大満足の「築地青空三代目」さんでありました。


羽田の第一ターミナルにも支店をオープンされたそうなので、
こちらもチェックしてみたいですね。(^_^)


nice!(10)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
メッセージを送る