So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「カレンダー・ガールズ」を観る [映画②]

ずっと観ようとおもいながら観ていなかった作品。

カレンダー・ガールズ 特別版 [DVD]

カレンダー・ガールズ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD


あらすじはAmazonさんより。

 田舎町の平凡な日々に嫌気がさしていたクリス、夫の病で亡くした悲しみから立ち直れないアニー。
親友同士のふたりは、地味な生活に彩りを加えようと、婦人会でヌードカレンダーを作ろうと提案。
モデルは自分たち。
その勇気ある行動は、英国だけでなく、ハリウッドまで巻き込む大ニュースになる。
 



実話に基づく映画、ということですが、
こういうのってイギリスならではなのかな、、、と思いました。


同じことをアメリカでやっても、「ふーん(-.-)」って思ってしまいそうだし。。。


イギリス、ヨークシャーの小さな農村の話。

このちっちゃい村の風景がとても素敵です。(^_^)

おばちゃん達で太極拳をやる場面があるのですが、そこで映し出される風景を見たら、
「ああ、イギリス旅行してー」な気分になりました。
学生時代のバックパック旅行でイギリスを一人電車でぶらぶらしたのですが、
そういうことも思い出しました。。。

おばちゃん達でカレンダーを作ろうと思ったのは、
夫を白血病で亡くしたアニー、その親友クリスが母親の手前仕方なく参加していた女性連盟で
カレンダーを売って病院にソファを寄付する、、というのがきっかけなのですが、
小さい村で、おばちゃん達がヌードでカレンダー、、、なんてアイデアですから、
そりゃー、もう色々な反応が起きます。

クリスたちと仲良しとはいえ、え??裸になるなんて、、、と乗り気でない人もいれば、
もう55歳だけど、今脱がなくていつ脱ぐの、と賛成する人、
そういう中、カメラマンを探してやっと撮影になるのですが
(撮影2時間前にみんなが跡がつくから、とブラを洋服きたまま外すのが面白かった)
緊張を解くために全員でワインがぶのみ(笑)してやっと撮影、、、
出来上がって、思っていた以上に話題になるのですが、そこで話は終わる訳もなく。

タブロイド紙に面白おかしくかかれたり、息子は複雑な気持ちになったり。。。

思春期の息子にしてみたら、母親のヌード、、抵抗ありますよね。

おまけにハリウッドに呼ばれていそいそいいって喜ぶものの、
思っていなかったことに遭遇したり。 そして、クリスとアニーの友情にも黄色信号。。。

でも、最後は温かくほっこりした気持ちで終わります。


アニーが、亡くなった夫の言葉として、
「ヨークシャーの花は、女性に似ている。成長を重ねるたびに、その美しさを増していく。
盛りを過ぎても、見事に咲き誇る。あっという間に枯れていくが」というのですが、
自分が中年になってみると、その言っていることは分かります。

若い人から見ると「いい歳してやだー」なんて感じかもしれませんが、

腐りかけが一番美味。

だと思ってますから、私。(笑)

ま、腐りかけってのは言い過ぎですが、熟してくると美味しいって意味です。

自分もそうありたいと思ってますし、若い時には分からなかったことも見えてくれば、
それは人間としての深みも増すと思ってます。

体型が崩れて見栄えが悪くなっても、内側から滲むものが出てくるんだと。

若い人や男性がこの映画を見ると、興味本位みたいになりがちかもしれませんが、
私自身は、カレンダーを作ろうと立ち上がったレディース達はみな美しく、
私もこうやって歳を重ねていきたいな、と観ながら思いました。

同年代の女性には是非みてほしいです。そして、男性にも先入観を持たずにみてほしいですね。

自分の奥さんがこういう決意をしても応援するような度量をもってほしい、、、です。(^_^)

というわけで、見て私も歳食って疲れたとかあれこれ言わずに輝かないと!と思った
「カレンダー・ガールズ」でありました。


新橋「たぬき」でぷるぷる白子 [呑んだり食べたり(居酒屋②)]

新橋、、意外といきそうで行かない場所なのですが、
久しぶりに会う友人と一緒に繰り出しました。

で、集合時間もはっきりしなかったので予約もせずに集合したのですが、
当然のことながら魚金のような人気店は入れず。(-.-)

そんなわけで近くの店に吸い込まれました。 炉端焼きの「たぬき」さん。

昔、浅草でも「たぬき」という炉端焼きの店にはいったことがありますが、系列店?

(ぐるなび)→ http://r.gnavi.co.jp/kwknrzpv0000/

カウンター席に案内され、
RIMG9117.JPGビールで乾杯♪ うんめー♪
RIMG9118.JPG店名ならでは、、、かな。
RIMG9119.JPG萌える目の前の風景
RIMG9120.JPGメニュー表示がちょと今時。
RIMG9121.JPGでもこういうのって楽しい♪ RIMG9122.JPGぼけぼけですがメニュー。
上段真ん中のびっくりってなんだろう。。。
RIMG9123.JPG馬刺し鯨は今回頼まず。。。
RIMG9124.JPGで、白子ポン酢 時期だしね。 RIMG9125.JPGぷるっぷる&とぅっるとぅる♪ うんまい♪
やっぱり季節のものを食べられるって幸せですね。(^_^)
RIMG9126.JPGかりかり厚揚げ
外がかりかりで中の豆腐がなめらかでうんまい
RIMG9128.JPG柳かれい
身がホワホワしていて、淡泊な白身ながら旨みもあって、、バックバク。(^_^) 

RIMG9127.JPG奥の松、、なのね、と思いながら RIMG9129.JPG あ・つ・か・ん

コップ酒もいいけれど、こういう炉端だと熱燗がいいですねぇ。。。
RIMG9130.JPGカリカリ川エビ RIMG9132.JPGカリカリ鶏皮 RIMG9133.JPGのどぐろ♪
ちょっとこぶりでしたが、これまた旨みがあって熱燗お代わりしました。。。。
RIMG9134.JPG歯、、ちっちゃ。

てな感じで、特にどこに行くか決めずに行った新橋ですが、
やはりサラリーマンの聖地ならでは、、いろいろなお店があって目移りしました。。
炉端焼き、、、基本的には間違いない、と思っていますが、今回もアタリ。


焼き物だけでなく、季節を楽しめるネタも多くて大満足の、たぬきさんでありました。


タグ:新橋

映画「ロボット」を観る [映画②]

久しぶりのインド映画です。

ロボット [DVD]

ロボット [DVD]

  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2012/10/02
  • メディア: DVD


あらすじはAmazonさんより。

天才科学者・バシー博士によって生み出された高性能ロボット・チッティ。
人間の感情をも理解するようプログラムされた彼は、博士の恋人を恋愛対象として認識してしまい…。
  

 


 

あり得ねぇ。(笑)

 

もうねぇ、、、清々しいくらいのあり得なさです。



映画大国インド、の底力というかなんというか、インドだから出来る映画かも。(笑)


インド映画ならではの長尺なので、相変わらず3時間と長い映画でしたが、
早送りすることなく飽きずに見られました。


タイトルにもある通り、ロボットが肝になるのですが、
そのロボットがね、もうターミネーターどころじゃないくらいの働きをするんです、
あり得ないくらいに。(笑)

ターミネーター [DVD]

ターミネーター [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD


ハリウッド映画もビックリなレベルで。(@_@)


でも、ロボットだから人間の気持になって考えられないのが問題になったりして、
それを修正して(ホルモンソフトとか入れちゃったりする(笑))人間っぽい感覚を持って
今度は人を好きになってしまいます。


感情を持つのですが、ターミネーターにさえあった人間の心の機微、みたいなもんは

皆無。

 

CGみたいな動きも分かりやすくて、安っぽいかんじじゃなくて、とにかくインド。
時折ヒンディーと英語が混在するのが困惑なのですが、(しかもインド英語)それも面白かったりします。 


途中で、ロボットに嫉妬した博士がロボットを捨てちゃうのですが、棄て方がまた雑だったりするので、
ロボットが自らを組み立て直して、敵対する博士のところにいって復活しちゃいます。


さー大変。 



敵対する博士のところにいったロボットがパワーアップして、問題がさらに大変になるのですが、

 

分身作りすぎ。(笑)

 

ロボットの分身がCGで面白いくらい増殖するのですが、このくだりはちょっと長すぎたかも。(^_^.)


そして、ロボット、まさかの充電切れ。(笑)

電池切れたらロボットは動けないと、慌てて街中の車のバッテリーをねらうっていう設定に
終盤もう大爆笑しておりました、私。

ロボットがたくさんの分身とまとまって巨大な球体になったり、
某北の国もビックリなマスゲーム状態になったり。


最後は某ターミネーターのように自らを壊していくわけですが、それさえがもう笑いのツボ。

 

もう笑いが止まらない状態で観終わりました。。。

 

あり得ないつくりをするっと受け入れられれば思い切り楽しめますが、
ドン引きしたら多分そのまま早送りして終了、、、だと思います。(^_^.)

 

私はすっかりラジニ・カーントを見慣れてしまったので(笑)
今回もどっぷり楽しめた「ロボット」でありました。

 

深く考えずに笑いたい人は是非!

 


上野「たきおか」で白子♪ [呑んだり食べたり(居酒屋②)]

以前のブログにはたまーに登場していた、「うつぼ兄」、最近、姪や甥も大きくなったので
兄ファミリーとの接点も減っておりますが、「久しぶりに呑みに行く?」てな話になり上野へ。 

RIMG9106.JPG たきおか一号店です。

私は上野といえば大統領ばかりなので、たきおかはお初ですが、
兄は週一くらいで通っているみたいです。。。

で、店の中ほどのテーブルに案内され、立ち飲みスタート♪

RIMG9107.JPG はい、かんぱい♪

大瓶が390円、生ビールも390円なので、大瓶にすればよかったかな、、、と思ったのですが、
ついつい生ビール頼んじゃう。

RIMG9108.JPG冷やしトマト 100円だったかな
ま、ふつうのトマトです。 こんな季節だし。塩の載せ方がツボ♪

RIMG9109.JPG 兄注文の煮込み。 180円だったっけ。
意外と味付けは薄目。 もつがぷるぷるでした。

RIMG9111.JPG 豚バラ 220円くらい、たぶん。
RIMG9110.JPG 白子ポン酢 200円くらいだったかな
今が旬とはいえ、こんなにたっぷりの白子が超お手頃に食べられるなんて、、、
ポン酒かな、、と思っていたのですが、

RIMG9112.JPGホッピー 
セットで390円、中は200円と、立ち飲みにしてはお値打ち感がないかな。

つるちゃん姐さんのお店の値段が自分の中にあるので、ついつい比較しちゃう。

RIMG9113.JPG竹の子煮 150円か180円か そのくらい

唐辛子でピリッとした甘辛な味付けでホッピーもグビグビ、で、
RIMG9114.JPG中をお代わり 
兄は外1に中3でしたが、私は中2で〆。

RIMG9115.JPG 200円くらいだったかな。
まだちっちゃいですが、春の訪れを感じますなあ。

兄とは、この後河岸を変えて呑みまくり、2人とも泥酔しながら各々帰宅の途につきました。。。

私が転職したのを伝えたのが昨年末、その時、「あんなにいい会社だったのに、、、」と
酒が入っていたにしても何故か涙していた優しい兄なので、
今回も私のことを相変わらず心配してくれましたが、兄は兄で仕事の悩みあり、家族の諸々あり、
と一人身の私に比べて大変そうで、そんなこともあって久しぶりの2人呑みで盛り上がった
たきおかで立ち飲み、、でありました。

 

 

 


タグ:上野

映画「恐竜グワンジ」を観る [映画②]

不定期連載「kotobukimaruさんゑの挑戦状」シリーズ。

今回は恐竜ものです。

恐竜グワンジ 特別版 [DVD]

恐竜グワンジ 特別版 [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日: 2006/04/13
  • メディア: DVD

内容はYahoo!映画さんより。

1900年代、“禁断の谷”と呼ばれるメキシコの秘境で5000万年前の恐竜が発見された。
その恐竜グワンジは捕獲され、やがてサーカスの見世物とされるのだが……。
レイ・ハリーハウゼンが、彼の恩師ウィリス・H・オブライエン(「キング・コング」)の残した原案を基に、
盟友C・H・シニアと造り上げた“怪獣西部劇”。


 

だ・つ・り・ょ・く。 脱力。

 

 

いや~、もう脱力しっぱなし。(笑)

舞台はメキシコですが、なぜか英語です。


ま、英語でもスペイン語でもどうでもいい、そんな映画です。(笑)

メキシコだからなのか、闘牛とかフラメンコ(?)も見られたりするのが、ある意味お得感。
うつぼ的にはここにルチャリブレ(プロレス)も出てきてくれたらいうことなしなんだけど。。。

 

カウボーイvs恐竜

 

 それ以上でもそれ以下でもないという。(笑)

 

ま、西部劇に恐竜をもってきた、というのが当時画期的だったみたいですが、
ある意味、無理矢理感もなくないってういか、そこが妙に笑えたりしました。


投げ縄で恐竜をしとめる


それを馬で引っ張ろうとするんですが、無理なの最初から分かってるじゃん。(-.-)

 

音楽はストリングス系が多いのが西部劇だからなのか謎ですが、
恐竜をみつけるというメインの話(なのか不明だけど)に恋愛模様も絡めているのがまた中途半端。


おまけに、つかまえた恐竜をつれかえて見世物にして、、というお決まりの展開に加えて、
不吉なことを占うジプシーのバアサンという、他の恐竜ものにはないキャラクターも登場し、
不吉なことを予言しまくります。 まあ、その通りにしなかったので恐竜が暴れまくって
街を壊しまくるので、ある意味教訓的な存在なのかもしれませんが、必要だったのかどうか。。(^_^.)

 

てな感じで、どうしても見なければならない作品ではありません。

お暇ならどうぞってレベル。(笑)

やっぱり恐竜はカウボーイと対決させない方がいいと思いました。

特撮もどこか雑な感じも否めないし、話の流れもかなり雑。

雑雑だらけで、やっぱり特撮は円谷さんかな、と思った「恐竜グワンジ」でありました。。。

 


白くまピース [いろいろ]

bluebird姐さんはご存知ですが、私の泣きのツボです。

白くまピース ~日本初・人工哺育の全記録~ [DVD]

白くまピース ~日本初・人工哺育の全記録~ [DVD]

  • 出版社/メーカー: ビクターエンタテインメント
  • 発売日: 2012/03/10
  • メディア: DVD


海外に出張するようになったころ、JALの機内でずっとリピート鑑賞して泣いた話です。

ちなみに行先はヨーロッパだったので、本当に何度も見ました。(^_^)

 


(ピースについて)→ http://www.tobezoo.com/peace/

 

ピースと一緒に生活する高市さんのお子さんたち、奥さんの協力もあったから、
無事大きくなれたんだと思いますが、やっぱいり高市さんの熱意なんだろうな、と思います。
はじめて動物園に夜ピースを置いて帰宅する高市さんの表情、寂しがって泣き続けるピース、
泳ぐ練習をさせる高市さん、嫌がるピース、、

 

もうねぇ、、すべてが私のツボなんです。

 

今14歳です。 時の流れを感じますねぇ。。

高市さんが年取ったなあと思いますもん。

後ろにいるピースの様子を見ると高市さんのことを大好きなんだなあと思いますねぇ。

 

 



ドイツでもクヌートという白くまが人工保育されて有名になっていますが、
動物園の飼育員さんって楽しそうに思える一方、休めないし、体力つかうし、
動物も生きているので何がおきるか分からないし、、、とにかく大変なんですよね。


このDVDを観てただ単純に可愛いピースを売っているだけでないのは分かりますが、
こういうのを観ると、動物もみな生き物、命を尊ぶ高市さんのような人がいる一方、
動物を虐待する頭のおかしな人もいるという事実には残念ですね。。


私が通う猫居酒屋の猫が最近またもや薬殺されたのですが、
そういう心無い人は自分がやったことと同じことをされればいい、と思います。

 

このDVDを見ていると、そういうバカな人がいなくなればいいのにとつくづく思います。。

 

ってことを思いながらも今回もツボにはまりまくってしまった「白くまピース」でありました。

 

 


美味くない酒 [いろいろ]

私うつぼ、みなさんご存じのとおり、、お酒が大好きです。(笑)

ご存じのとおり、呑んだくれております。(爆)

皆さんに突っ込まれる前に先に自分で言ってしまうこの潔さ。(自画自賛)

現在の転職先での仕事がかなりきついので、酒量が増えているのもございますが、
複数人で呑む時は、基本的に「楽しく」呑みたいと思っております。


楽しく呑んでいるので楽しい呑み記事が今でも書き続けられる、、、と思っていますが、
職場のお偉いさん(特にうちの将軍)が出るときの酒はうまくない。

偉い人たちは社内での飲み会など、全部準備ができたところで偉そうに登場し、
つまみがうまくないだの、もっと高い酒はないのかだの、うるさい。(V)o¥o(V)


いただきものの酒を放出してるんだから高い酒なんてある訳ないじゃん。(笑)

準備させられる身としてはこれほど美味くない酒はないので、
途中で抜けて河岸を変えて呑み直すわけです。


社内でなくても、会社のパワハラ大好きな偉い人たちの飲み会は
まじでつまんないし、とっとと終わってほしいと思うばかり。(V)o¥o(V)


ま、このあたりは共感していただける部分もあるかと思いますが、
先日、そういうカテゴリーに当てはまらないけど美味くない酒を飲む機会がありました。

 


 

今の会社に入ったのと同時に仕事でも役立ちそうだから、と
大学の卒業生で構成される色々な団体に参加するようになりました。


私の仕事は所謂管理部門なのですが、そういう部門であっても全社営業だから営業活動しろ、
それがうちの将軍(社長)の方針。

直接お客さんに行くことはないものの、色々なつてからお客さんを探して紹介してもらえ、
ってのが将軍の言い分なので、ま、それも会社の為になるのなら、、てな感じで
大学関連の団体に入ってそこから色々つてを探している、真面目な私(笑)です。

 

で、そういう団体に会合に参加して懇親会で酒を飲んでいるときに、
一人の少々気持ち悪い、、、感じのオジサンに話しかけられました。


え?(-.-)


見た目そんな感じだったのですが、ま、どこでどういう営業につながるか分からないので、
名刺交換しました。


途端に「二次会でぎ、ぎんざに行きませんか?」というオジサン。

 

いかねーよ。(V)o¥o(V)

 

初対面でろくに話してないのに行くわけねーじゃん。(V)o¥o(V)

「あ、明日朝早いので、今日は失礼します、ごめんなさい」と謝りその場はしのげたのですが、
次の日、自己紹介に加えて会員になっているレストランがあるから是非ごはんでも、
みたいなメール。
それがネチネチ書かれているのが気持ち悪くて。


うげ。~>゜)~~~

 

こういうの、いちばん気持ち悪くて嫌なんだけど、会社の名刺渡してるし、
営業に使えそうな人だし、適当に日程を先の方に延ばしてセッティングして食事に行ったら。

 

美味しくない酒。

 

でした。(;_;)


ロケーションはオシャレなレストランで雰囲気も良いのですが、
もらった金券が使えるか、キャンペーンでワインが30%引って案内もらったけど本当か?
そういうことを何度も何度も確認するんですよ、私の目の前で。

おまけに「他人にごちそうになるのが当然と思うような女はダメだ」とか言いながら、
「あ、いいんですよ、うつぼさんにはごちそうしますから」とか言われたら、
もう二度と行きたくないから全額私が払ってもいいですよ、と言いたくなるもんです。


見た目もまあそそらないタイプで(具体的な記述は割愛)、
言動がそういう性質なのか病気なのか、ものすごく挙動不審、
ワインや食べ物の薀蓄をたれまくってグルメみたいなんだけど、
食べ方が汚くて犬食い系(このあたりは本当にダメなんですよ)、
色々な知り合いの話をするものの「あんなブスなくせに」「おばさんのくせに」みたいな調子。
他人のことをそうやって悪くいう人、、信用できないんですよね。

 

仕事の話もしましたが、まあ長かった長かった。。。

 

 

ちなみに、このオジサン、結婚してお子さんもいる人です。

 

 

社会人として差しさわりのない御礼メールを送ったら、
即答で「うつぼさんは素敵な人ですね!話も面白かったし!
今度●●に××を食べにいきましょう!」とメールがきた。

 

 

~>゜)~~~
     ~>゜)~~~ゲー

 

 

今まで経験したことのないタイプです。 ただただ生理的に合わない。

 

その後も、食事に行きませんか?美術館の券、要りますか?
よかったら一緒に行きませんか?そんなメールや電話がちょくちょく。。。。

 

メールには時間を置いて答えてますが、電話は絶対出ないことにしている私。

 

仕事面ではこのオジサン、使えそうなんだけど、
美味くない酒飲んで、つまんない話をガマンして聞いて、そうしてまで会うのもなあ。。。

 

って、思うんですけど、うまく断ち切る方法が見つからないのです。。


わたしはどうしたらよいかしら。

 

誰か良いアドバイスください!!

 

 

 

 

 

 

 


映画「幸せパズル」を観る [映画②]

劇場で見そびれた作品です。

幸せパズル [DVD]

幸せパズル [DVD]

  • 出版社/メーカー: アルバトロス
  • メディア: DVD


あらすじはAmazonさんより。

ささやかで平凡な毎日を送ってきた専業主婦が、誕生日のプレゼントがきっかけとなり、
ジグソーパズルの才能に目覚め、新しい世界に足を踏み入れてゆく姿を描いたドラマ。
 


原題は“ROMPECABEZAS”。

パズルって意味らしいのですが、どうして邦題に「幸せの」とかつけちゃうのかな。
話は「幸せ」といえばそうだけど、そうでもないといえば、そんな感じだったし。

安直に「幸せ」とつける配給会社の感覚が分からないなあ。。

専業主婦のマリア、彼女の50歳の誕生パーティから映画は始まるのですが、
その冒頭でとても忙しく彼女が働いています。
飲み物や料理を出して、時折ゲストのお相手をして、冷蔵庫からケーキを出して、
ろうそくに火をつけて消すのが、、、マリア、というところで、
「え?自分の誕生パーティでこんなに働いていたの?」と驚きました。

この描き方で、アルゼンチンの専業主婦って自分が主賓でもこうやって忙しくゲストの為に
働かないといけないのかな、、、と思いましたが、このあたりって日本でもそうなのかな。

自分の誕生日でも一番働かないといけない、そんな環境での日常生活。

彼女を変えるのは誕生会でもらったジグソーパズル。

もっと違うパズルをやってみたいと専門店に行ってみつけたのが
ジグソーパズルの大会に出場してくれるパートナーを求める貼り紙。
応募してみると相手は富豪の中年男性ロベルト。


大会のパートナーをもとめる広告をみつけて連絡し、知り合ったのが富豪のロベルト。

夫にはけがをした親戚の見舞いと嘘をつき、ロベルトのところへ練習に通い
めきめきと実力を開花させていきながらロベルトと心を通わせていく。。。

嘘をついている分、マリアは夫に優しく接するようになるのですが、
妻は家で家事をするのが当然と思っている夫にパズルのことをいつまでも言えないでいると、
長男が家を出て独立すると言い出し、次男は菜食主義者の変わった彼女の影響をうけっぱなし、
家族の中でも色々と問題が起きたり。。


そんな中、やっとパズルの大会のことを夫に言うものの、冗談だと笑い飛ばされ、
なんとか説明して信じてもらうものの、家事をおろそかにしたことで怒られたりして、
ああ、こういうあたりはどの国の殿方も同じなのかなあ、なんて思ったりしました。


マリアは、大会で優勝し、世界大会に出る、、のかと思ったら、ここでロベルトに自分は止めると伝え
いつもの自分の生活に戻っていって映画は終わります。。。。。

あれ?そんな終わり方なの???と思ったのですが、
これ、アルゼンチン映画だし。ハリウッド映画じゃないし。(笑)


夫に嘘をついていると夫にやさしくできる、、、なんてあたりは、未婚なもんで、ふーんそうなのー、
って感じで見ていましたが、、結婚していると、そうそうなんて思う人、いるかもね。(^_^.)


ロベルトのところでパズルの練習をするようになったマリアがどんどんきれいになっていきます。
楽しいのとロベルトに会うというのとで、女心みたいなものなのかとおもいましたが、
ちょっとした自分の小さな世界で楽しむマリアの姿には共感できるものもありました。

きっと、マリアはいつもの生活に戻ってもパズルの大会で優勝したことを自信に持ちながら
暮らしていくんだろうな、、、と思うと気持ちが温かくなる作品です。


多分、殿方が見ても「ふーん」って感じの作品かと思いますが。(^_^.)

現実でもありそうな世界、、その中でのちょっとした楽しみを描いた作品です。
人生楽しいことばかりじゃないけど、小さくても楽しいことを見つけていけるものだな、と
しみじみ思った「幸せパズル」でありました。


亀戸「板前 石山光一」で焼き白子 [呑んだり食べたり(和食)]

以前行ってよかったので、今回は友人の誕生会で亀戸にいきました。

(お店のFB)→ https://www.facebook.com/pages/%E6%9D%BF%E5%89%8D-%E7%9F%B3%E5%B1%B1%E5%85%89%E4%B8%80-%E5%B0%8F%E3%81%95%E3%81%AA%E5%BA%97%E3%81%AB%E3%81%97%E3%81%8B%E5%87%BA%E6%9D%A5%E3%81%AA%E3%81%84%E4%BA%8B%E3%81%8C%E3%81%82%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99/449697241784855


(前回訪問したときの鱧記事)→  http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2013-10-06-1

ウィーンフィルが流れているお店、と書きましたが、今回はなぜかカーペンターズ。
和食の店でカーペンターズが合うのか謎ですが、ある意味オンリーワン的な。(^_^.)

 

RIMG9077.JPG はい、かんぱい♪
RIMG9075.JPG手作り箸袋
RIMG9071.JPG八寸
前回は丸いお皿に並んでいましたが、今回は長いお皿です。
RIMG9072.JPG 春も近いかな、と山菜RIMG9073.JPGばい貝プリプリ RIMG9076.JPG席にあったモニター
前回あったかな(前回と違うテーブルだった)。
このモニターにお店の料理の数々がデジタルフォトフレームのようにかわるがわる。。
RIMG9078.JPGで、お酒ください。。。
RIMG9079.JPG本醸造の宝川 うんまっ♪ RIMG9081.JPG 卵豆腐だったかな。。。
出汁がねぇ、、もう美味しくてねぇ、、、あっという間に食べ終わり。
RIMG9082.JPGとらふぐ刺し
RIMG9083.JPGはい、お代わり
RIMG9085.JPG手描きらしい。
カウンターの上に貼ってありました。
RIMG9091.JPG蕪の蟹あんかけ
RIMG9093.JPG中に鶏ひき肉が入ってました。。
手の込んだこういう料理がタマリマセンな。
RIMG9094.JPGで、ワインにスイッチした後は、
 RIMG9095.JPG焼き白子
あぁん、、とろぉ~ん♪ うんま~♪
RIMG9097.JPG鯛の揚げびたし 
RIMG9098.JPGワイン、お代わり(今回は3人です)
RIMG9099.JPG大根煮。
隣のテーブルにいたお客さんがアラカルトで注文していたのを見て、
私たちも食べたくなり追加で注文しましたが、
大きい大根なのに味が染みていてほろっほろ、、、、で美味しゅうございました。
RIMG9101.JPGで、〆は羽釜で炊いた
RIMG9102.JPG鯛めし 
一口食べてお腹いっぱい。。。残りは包んでもらいました。。。
RIMG9104.JPGお椀をいただいて
RIMG9105.JPGデザート。 く、くるしぃ。。。。


気の置けない友人との呑み会で呑み過ぎました。。。(-.-)

 

でも、このお店、本当に丁寧に作られた料理が美味しいです。


カーペンターズ、、、はちょっと、、、、ですが。(^_^.)



ここは、季節毎に訪れると旬が楽しめていいだろうな、と思ってますので、
今度は春か初夏頃に訪れたいな、と思った「板前 石山光一」さんでありました。

 


タグ:亀戸 宝川

映画「ウェイトレス おいしい人生のつくりかた」を観る [映画②]

むかーし、機内で見たきりだったので、久しぶりにDVDを借りて観ました。

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた [DVD]

ウェイトレス~おいしい人生のつくりかた [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2012/05/26
  • メディア: DVD


あらすじはAmazonさんより。

ジェナは片田舎の小さなカフェで働くウェイトレス。
素敵な出逢いに心がときめいたり、辛い現実に心が乱れたときに、
自分の気持ちを込めたオリジナル・レシピでパイを焼き、
食べる人を優しく温かな気持ちにさせる才能を持っている。
ところが、嫉妬深い夫アールのせいで、人生失敗続き。
家とカフェを往復するだけの人生を送っていた。
密かに家出計画を進行させていたある日、予想外の妊娠が判明する。
絶望と困惑に駆られるジェナの前に現れたのは、産婦人科医のポマター先生。
挨拶がわりにと持参したマシュマロパイが、ふたりの心を急接近させてしまい……。

 



重くなりがちな話を軽めに描いた作品、、でした。


嫉妬深いイヤーな夫との暮らし、そんな中で望まない妊娠で子供が出来てしまい、
自分はこのままの人生でいいのか、、、と迷い悩む女性が、
妊娠検査で通う病院の医者と思わず不適切な関係になってしまい、
いけないと思いながらも一時的に気持ちが充実するんだけれど、
子供を産んだら急に母性にめざめて新しい人生を歩んでいく、という話です。


描き方次第ではかなり重たくなってしまいがちな話だと思うのですが、
ユーモアもありで結構面白く見られました。

もっとディープに描いてほしい、と思う人には物足りないかもしれませんが。(^_^.)


登場人物が結構個性が強いので、それで軽めに描けたのかもしれません。


一番いやーなキャラクターは主人公ジェナのダンナ。
アル中みたいで、ジェナの行動ひとつひとつにいちゃもんつけて、監視する、
稼いだお金も全部渡せ、とジェナを束縛しまくる、どこもいいところが見つからない男。
どうしてこういう男とジェナは結婚したんだろう、
付き合っているときはいい人だったけれど結婚して本性あらわしたのかな、
どうしてジェナがこういう男と結婚しているのか、、根本的なところから疑問だらけで、
でも、このダンナがいないと映画として面白い話にならないしなあ、なんて思いながら観てました。


いやーな感じだけど、実は表現べたなだけでいい人だったのが、
ジェナが働くダイナーのオーナー(おじいちゃん)。
偏屈でウェイトレスたちにいちゃもんつけまくるんだけど、ジェナに対しては心を開き、
彼のお陰でジェナは新しい人生を始められるようになる、、、というキャラクター。


ダイナーのウェイトレス仲間(その内の一人がこの映画の監督だったりする)も
いかにも田舎のダイナーのウェイトレスって感じがしました。
って、自分が見たことないんだけど、アメリカの映画でよく出てくるダイナーの風景で
見かける人たちと同じだなあ、、、なんて思いましたねぇ。


で、ジェナの不倫相手のお医者さん。これがまあ、全然そそらないタイプで。(笑)
気持が弱っているときだから、こういう人でもついついジェナは惚れちゃったのかな、
そんな感じで見てました。 


子供が生まれて嫉妬深いダンナに別れを切り出すジェナ、
その後、新天地にいくわけでもなくこれまでの土地で新しい人生を始めるのですが、
あんなに嫉妬深いダンナ、ストーカーしてこないのかな、、、なんて疑問もありながら、
自分で自分の人生は変えていけるのかな、そんな気持ちで見ていると、
自分も現状に文句たれながら仕方ないと妥協していていいのかな、なんて気持ちにもなりつつ
最後にはホンワカした気持ちで見られた「ウェイトレス おいしい人生のつくりかた」でありました。
(ちなみに、殿方向きではありませんので、敢えて勧めませぬ。)

 

しかし、相変わらず邦題がひどい。(-.-)

 


メッセージを送る