So-net無料ブログ作成
検索選択

香港弾丸旅行2013~香港藝術博物館編①~ [旅行・出張の巻(アジア②)]

てなわけで、計画性もないまま電車に乗りながら移動しようと思ったワタクシ、

RIMG5366.JPG 切符を買って移動します。
郊外に行こうと思っているので、ちょっと乗継が多いのが面倒ですが、
以前は電車の路線もなかったところに行けるのが逆に楽しみだったりします。(^_^)

RIMG5368.JPG最初はホンハム(紅磡)で乗り換え
RIMG5367.JPGガヤガヤしてます
RIMG5369.JPGで、乗り換えたけど、
この路線図にある「馬場」は競馬場です。イギリス領地だった名残ですねぇ。。。
RIMG5370.JPGで、大圍で乗り換えて
RIMG5373.JPGこのホームに行って
RIMG5374.JPG乗り換えます
RIMG5375.JPGデジタル表示
昔に比べて車両もかなり新しく、隔世の感アリだなあ、なんてしみじみ、、
していたら、RIMG5376.JPG到着しておりました。

RIMG5377.JPG Aの方向に向かいますよ。(^_^)
RIMG5378.JPG改札も新しい感じ。
改札を出て右手に進むと、
RIMG5380.JPGこんな感じ。
RIMG5381.JPGこの表示に従って進みます
RIMG5382.JPG遊歩道っていうかなんというかを進みます
RIMG5384.JPG郊外っぽい風景
RIMG5385.JPGと、この表示を発見し、
RIMG5386.JPG橋を渡ります。 RIMG5388.JPG 左手に見える茶色い建物
ここが博物館、、あとちょっとです。。。

 

(つづく)


タグ:香港
nice!(11)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

香港弾丸旅行2013~空港から移動編~ [旅行・出張の巻(アジア②)]

定刻より20分くらい早く到着した飛行機から降りた後、入国なのですが、
香港はいつも結構時間がかかるので覚悟していたら、、、
意外や意外、他のフライトとあまり重ならなかったのか、10分ちょっとで入国できました。

RIMG5338.JPG こんなシールをパスポートにホチキスどめしてくれます
以前もこうだったのか覚えてませんが、いつまで滞在できるか書いてあるので分かりやすいです。


って、同じ日に出国しちゃうから私には意味ないんだけどね。(笑)

で、預け荷物もないので、RIMG5337.JPGここも待つ必要なし。

この後は電車で移動して街中に出て観光、、となりますが、
いつどこで洗手間が使えるか分からないので、空港で取敢えず入ることに。(^_^.)

RIMG5339.JPGシートクリーナーがあって驚いた
香港でこんなきれいなトイレ、隔世の感ありだよ。。しみじみ。。
RIMG5340.JPGこんな注意書きもあるし。
RIMG5341.JPGでもこんなもんもあるし。(笑)
RIMG5344.JPGで、街中への切符を購入。
当日中の往復であれば、街中と行き来して90HK$。 1000円くらいかな。
往復切符も違う日に移動となれば、180HK$なので、片道分で当日往復できるってことで、
こういうのも日本で見習わないといけないね、なんて思いました。。

と、この後、インフォメーションセンターでとりあえずてきとうに地図をもらって
RIMG5345.JPGさ、乗り場に向かいます。
といってもまっすぐ進んだら改札もなくすぐ乗り場なんだけどさ。(笑)
RIMG5346.JPG切符を手に
RIMG5348.JPG空港広いね、、なんて思いながら
RIMG5349.JPG乗り場へ。
RIMG5350.JPG頻繁に電車はきます
日本だとせいぜい20~30分に一本ですが、もっと多いですよ。(^_^)
RIMG5359.JPGで、乗車して、
RIMG5351.JPGガイドブック
どこに行こうかな、、、と迷い、RIMG5354.JPGここ。
私も学生時代に1週間ほどお世話になりましたが、
当時、結構危ないとか怖いとか言われていたところなんですよね。
なんて、その頃でもそんなに大変だと思わなかったんですけど。。(笑)

RIMG5353.JPGで、これに目が留まり、ここに向かうことに。
RIMG5352.JPGここも懐かしいから次に行こうかな。
RIMG5355.JPGで、郊外の景色を見ながら九龍着。
RIMG5361.JPG乗り換えです。
RIMG5362.JPGここからは毎度切符を買いますよ。 RIMG5363.JPG機械がでかい
どうやって買うかというと、画面上の路線から行きたい駅を押すと金額が出るので
その金額を投入すると切符が出てくるしくみ。
RIMG5364.JPG地図
この中から行きたい駅を押します。
日本はもっと路線網が広いのでこういうシステムにしても複雑すぎて大変かも。。。

ちなみに、こういう券売機の反応は微妙に遅いです。。 
時折反応してくれなかったりしますので、やはり日本の機械はすごいなあ、と思います。
RIMG5366.JPGで、切符を購入してホームへ。
この切符は何度もリサイクルされます。シンガポールと同じ。

RIMG5365.JPG シ◎ドラー社の高速エレベータで地下へ。。
シンガポールでも感じましたが(速度設定もあるんでしょうね)
お年寄りに全然優しくない超高速スピードに私も戸惑いました。。。(-_-;)

てな感じで、お目当ての場所へ向かいます♪

 

 

(つづく)

 


タグ:香港
nice!(8)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

香港弾丸旅行2013~出発編③~ [旅行・出張の巻(アジア②)]

無事離陸した飛行機はほどなくして水平飛行になり、離陸後20分くらいでドリンクサービス。

JLより早い対応に感心感心でございます。(^_^)

飛行時間が3時間46分なので急いでいる、ような気もしますが、
同じルートでも日系はもっときっとノンビリかな。

RIMG5317.JPGジントニックをいただきました
RIMG5318.JPGマドラーが可愛らしいです
RIMG5319.JPGつまみはピーナツ 
コスト削減なのでしょう。 ワインもジンもフルボトルから注いでいました。

で、離陸前の機長のアナウンスも、離陸後の客室マネジャーの機内サービスアナウンスも
今回は日本語への通訳なし。 
手抜きなのかなんだか不明ですが、日本発で日本人客も多いのですから、通訳すればいいのにね。

RIMG5320.JPGで、ヴァン・ヘイレンをちょっと聞いて
RIMG5322.JPGレ・ミゼラブルを鑑賞
RIMG5321.JPGどうしてもラッセル・クロウを観ると笑ってしまう
で、離陸後40分ちょっとで機内食の配給が始まりました。 やっぱり早いです。
RIMG5323.JPG 白ワインをいただきました
RIMG5324.JPGチキンを選択
チキン or フィッシュだったので、中華はどっち?と聞いたらチキンというCAさん。
で、チキンをもらいました。
RIMG5325.JPGRIMG5326.JPGわさび&のり RIMG5328.JPG久しぶりに機内食で食べた茶そば
昔と違ってゴワゴワしてないっていうか、ちゃんとほぐれて食べやすく
美味しくはないけれどついつい食べちゃう、そんな感じでした。
RIMG5327.JPGで、チキン
キャセイの中華は庶民クラスでも結構いけてます。
豆鼓かなにかで炒めたチキンは食べやすく完食。。
 
RIMG5330.JPG ワインはグラス一杯でストップ
この後、観光して深夜便で帰るんで、控え目にしました。(笑)
RIMG5331.JPGフォーク、ナイフはプラスチック
ちょっと寂しいけど庶民はこれで十分です。
RIMG5332.JPGRIMG5333.JPG
キャセイというといつも宣伝が書いてあるカードが置いてあるのですが、
香港からロンドン便がデイリーで5便ってすごいですねぇ。。
一旦、香港に客を集めてさまざまな都市へ、、ってのは最近の大韓航空とかアシアナと同じですが、
こういう戦略をとっているのを観ると日系航空会社が同じようにやるのは難しいだろうな、
なんてことをしみじみ感じました。。 成田と羽田があるもんね。。
地方都市ならインチョンか香港に行った方が乗継しやすいもんね、なんて改めて思いました。。
RIMG5334.JPGこの曲は泣けます。。。
RIMG5335.JPG美味しくなかったコーヒー

コーヒーは残念でしたが、食事配給から50分くらいで、飲み物のお代わりを提供しながら
トレーの回収。これは日系にも見習ってほしいです。

で、食後は少しまったりして、機長のアナウンス(これまた日本語通訳なし)きいて
RIMG5336.JPGお、ボトルホルダーもあるんだ、と感心していたら

あっという間に香港チェプラクコク空港に到着していました。。。

 

ささ、ここからは日帰り弾丸旅行らしく、あちこちまわります!

 

 

(つづく) 


タグ:香港 CX
nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

香港弾丸旅行2013~出発編②~ [旅行・出張の巻(アジア②)]

というわけで、往復の搭乗券を無事手にしてラウンジにたどりつきましたので、
出発まで暫しまったりさせていただきます。(^_^)

RIMG5292.JPG飲み物色々
RIMG5293.JPGリースリングやら
RIMG5294.JPG赤もございましたが、
ここはテンションアゲアゲの泡がないのだけがちょと残念。。。

RIMG5295.JPGで、これ。

ラウンジの入口で搭乗券とJALのステイタスカードを見せたら
「うつぼ様、JLのマイレージ会員番号が入ってませんので入れ直しますね」と
ロングスカート(マネジャークラスかな)の女性が搭乗券を一旦預かり、
その後「失礼いたしました。会員番号を入れ直しましたので」と渡してくれたのが上の3枚。
RIMG5296.JPG香港のラウンジインビ
「これがあった方がスムーズに入れますよね♪」と笑顔で渡してくれましたが、
こんな爆安価格の庶民クラス、しかもキャセイでなくてJLのマイレージ会員だというのに
丁寧に対応していただき、なんだか申し訳ない気持ちでいっぱい。。。。


RIMG5297.JPGとかいいながら朝酒。
RIMG5298.JPG下ネタ満載の落語で大爆笑して
まったりしている内に(ワインお代わりしちゃった)搭乗時刻が近づいてまいりましたので、
ゲートに向かいます。。。
RIMG5299.JPGJLだったかな(失念)
RIMG5300.JPGJLの隣のキャセイに乗ります
RIMG5302.JPGよろぴくです。
RIMG5304.JPG結構端っこのゲートです

搭乗の際、ラウンジでお世話になったロングスカート(キャセイでこの制服は偉い人)の女性が
ゲートにいて「うつぼ様、さきほどは失礼しました。どうぞお気をつけていってらっしゃいませ」と
挨拶してくれました。。。

格安運賃の庶民クラスなのに、すみません。。。(-_-;)

RIMG5306.JPGで、驚いたのが機材
成田発はB-777でCとYの2クラスのはずなのに、
この日はなぜかファーストクラスの設定もあるB-747。

RIMG5307.JPGとはいえ私は右手の庶民クラスだけどね。
RIMG5308.JPG新しいシートの庶民クラス
RIMG5314.JPGJLのPYクラスのようです
RIMG5316.JPGシェルシートだし。
RIMG5309.JPGで、久しぶりのB-747で萌え。
RIMG5310.JPG念の為確認。
RIMG5311.JPG結構ガラガラでした。
同じくらいの時間帯で羽田発があるので、成田便より羽田便、って人多いでしょうし。。
おまけに機材も大きくなったのでガラガラ感が増したのかもしれません。

RIMG5312.JPGで、新聞。
JLと違って庶民クラスでも新聞をいただけるのはいいですねぇ。。
RIMG5315.JPG入国カードもいただいて。
RIMG5313.JPG離陸前、時間があったので何でも撮影。


なんて感じで着席して待っていると、定刻ちょっと前にはドアも閉まり、離陸~。


(つづく)


タグ:CX
nice!(10)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

香港弾丸旅行2013~出発編①~ [旅行・出張の巻(アジア②)]

ちょっと古い話ですが、暫く旅行記をアップします。(^_^)

 



5月中旬、ツイッタとFBで見かけたキャセイパシフィック航空のキャンペーンに目が釘付けになりました。

283612_10151605679310743_1152909550_n.jpg

これです、これ。

土曜か日曜に日本を出発、香港についたら、香港をぶらぶら楽しんで、
その日の深夜便(実質は翌日)に飛行機に乗って翌朝帰国、、、というプランです。

空港税や燃料サーチャージは別途かかりますが、往復で18000円。
こういう企画、日系だとまずありえないでしょうし、なんだか面白そうだし、
自分の体力でもまだできるかしら、なんて思ったらポチッとクリックしてました。

かなり衝動的に、です。(笑)

ちょうどこの頃、転職できるかどうか、って感じだったのですが、
もし転職したらこういうことも暫くお預けになりそうだし、、なんて気持ちもあったし、
こういう無謀な旅行が自分の年齢とか体力で出来るか試してみたかったりしたので。(^_^.)


 

そんなわけで。

RIMG5283.JPG 朝7時過ぎの成田空港です。

第二ターミナルの南側(JALと反対)に進んで、
RIMG5285.JPGかなり端っこまでやってきて
RIMG5286.JPG 庶民クラスですよ、もちろん。

帰りの搭乗券もいただけると、、、とお願いしたら、カウンターのオネエサンが「え?」と聞き返し。
「えっと、キャセイさんの弾丸旅行のキャンペーンで今日はゼロ泊なんですよ♪」と答えると
「あ、ゼロ泊なんですか?」と再び驚かれてしまいました。(^_^.)

預け荷物もありませんので、どうか帰りの分もくださいねぇ、、とお願いして、RIMG5288.JPG往復分の搭乗券

これで帰りバタバタすることもないぜ、、と思いながら、サクサク保安検査&出国。
特に買い物もすることなく、
RIMG5290.JPGエレベータで上階へ。

まだ開いたばかりのキャセイラウンジで、
RIMG5291.JPG寛がせていただきます♪

 

 

(つづく)     

 


タグ:ラウンジ CX
nice!(10)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ハチドリさんと「満津美寿司」♪ [呑んだり食べたり(満津美寿司)]

ブラジルから日本にお仕事でいらしていたハチドリさん、
上京された折に白山へご案内させていただきました。

ハチドリさん、白山へようこそ~♪ (^^♪

 



白山駅で待ち合わせしてお店に向かうと、相変わらずの盛況ぶりで、
のれんが中に入っていました。

先日は大勢でお邪魔して(チーム猫居酒屋の宴会です)有難うございました、、と
御礼をいいながら着席し、

RIMG8562.JPGカンパイ♪

ハチドリさんはグラスを合わせて乾杯♪という写真を撮ってらっしゃいましたが、
私は片手でグラス持って、もう一方の手でカメラ持って、、という器用な芸当ができず
ハチドリさんの撮影風景を感心しながらじっと見ておりました。。

RIMG8563.JPG つきだし
コリコリくらげ&むかご。

むかご、というと小さい頃、大叔母さんがよく歌ってくれた数え歌を思い出します。

いーちじく♪ にんじん♪ さんしょ♪ に、 しいたけ♪ ごぼう♪ に、むかご♪ 
ななくさ♪ やいな♪ きゅーかん♪ とまと♪

歌詞のバリエーションがあるようですが(地域などで違う?)、
私が浅草に住んでいた大叔母さんに教わったのはこんな感じ。

とはいえ、もう40年くらい経ってるから、私の中で歌詞が変化してるかもしれない。。。


RIMG8564.JPG いかげそ
なんでこんなに美味しいの~。

RIMG8565.JPG 穴子 至福。。。
RIMG8566.JPG で、元酒にスイッチするざんす。
と、ハチドリさん、つまんだ穴子が少々グラスにダイブして穴子酒になっていました。(^_^.)


RIMG8567.JPG美しひ。。。
ハチドリさんがカメラで赤貝をとろうと盛りを右に向けてそのままにしておいたら、
大将が「あ、もう曲がってる!」と笹の葉を平行になるように置き直してました。

大将、ハチドリさん、私、、、、全員A型なんだけどこの違い。(笑)

ハチドリさんは小さいカメラとちょっと大きめカメラを使い分けてパチパチ撮影されていました。
ハチドリさんのブログって、写真に動きとかワイワイ楽しい感が漂っているのが羨ましいのですが、
こうやってマメに写真を撮るからなんだなあ、、と酔った頭で感心しておりました。。。

私なんてさ、ボケた写真でも平気でブログに載せてるもんね。(-.-) ま、いっか。


で、かなりお腹もいっぱいになってきたので、握ってもらいましょう。

RIMG8568.JPG つやつやのこはだ
RIMG8569.JPGずっしり玉子焼き
RIMG8570.JPG とろーん とろけるウニ
RIMG8571.JPG最強ナットゥ巻き
RIMG8572.JPGぷりぷりとり貝 いか
この距離感、、2人の目の前に置いてもらったから離れているだけね。

RIMG8573.JPG お椀をいただいて
RIMG8574.JPG脂ノリノリ いわし
RIMG8575.JPGねぎとろ巻
RIMG8576.JPGこはだお代わり♪

あ~、お腹いっぱい♪ (元酒は2本呑んでますから←正直申告)


 

ハチドリさんとは、初めてのブラジル出張記事にコメントを頂戴して、

(この記事です)→ http://utsubohan.blog.so-net.ne.jp/2008-03-19-3

それ以来、お互いのブログを行き来させてもらっている方なのですが、
とにかく気遣い気配りのある素敵なオネエサンのような女性です。
そして、年は上ですがとてもかわいらしいところもあったり、と、
なんだか安心して心を開いてお話しできるので今回も話が弾みました。。

次回は是非大阪で♪と約束してハグしてお開き、となりましたが、
頑張ってブラジルまで飛んでいってグビグビしたいです、ハチドリさん!

というわけで、とても楽しくハチドリさんと呑んで食べてお話しできた満津美寿司さんでありました。

 

 

 

 

 


nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

四半世紀ぶりの再会 [いろいろ]

昨日、時効とはいえ、己の過去を晒したわけですが、そこに関連して、の話。

今の勤め先(再転職先)、以前の勤務先と同じ業界の人の紹介の紹介、で入った訳ですが、
以前の勤務先が結構どろどろした業界のメーカー、今は同じくらいどろどろした業界に
関連するサービス業だったりします。

どろどろ加減が同じだったりするので、いろんなところで役立つ自分がいたりしますが、
先日、業界での広がりを求めて、私を今の勤務先に紹介してくれた知人のこれまた紹介で
その人がものすごく親切な方で今の仕事に役に立つのでは??と案内してくれたのが、
出身大学関連の集い。


とはいえ、転職して半年も経っていないし、、まだまだ不安、、、てな感じで参加。。。。

 

紹介してくれたオジサンと挨拶した後に色々な報告があったのですが、
その内の一人が、どこか見たことあるような顔つきで。。。。。

あれ、この人のことを私、、、知ってるかも??

そんな感じで懇親会に突入すると。

そのオジサンが近づいてきました。

「久しぶり、うつぼさん! 元気だった??」



えっと。(-.-)  そんなに親しいひとだったかな。。。。。

うーん、うーん、この人の顔と名前は覚えているような気がするけど。。。

 

心中迷っていたら、オジサンが言いました。

 

「同じクラスだったよね???」

 

 

あ、そっかー、同じクラスだからボンヤリ記憶があるんだー。。。

 


自分の記憶のいい加減さを改めて感じたわけですが。



その会の後の二次会でも色々話したのですが、
私が覚えていないことも沢山話してくれました。

昨日アップした昔の男はクラスの同級生なのですが、
彼の気持なのか私と付き合っていたことをクラスで知らせていなくて
そのことを知っていたのは一番仲良かった友人だけで、当然彼(K君)も知らず。


そのせいか、わたしの昔の男がクラスの女性数人とつきあっていたことをべらべら。。。。
その話の中に私の存在はいなくて、私が本当に彼とつきあっていたのかなあ、、、なんて
自分が妄想ワールドにいたんじゃないかと錯覚しました。。。。

おまけに「あいつは変わってたし口うまいだけで中身なかったもんなあ。。。。」。

 

(-.-)(-.-)(-.-)(-.-)

 

 

ああ、やっぱりそんなもんだったんだね。(-.-)



自分が久しぶりに会って拒絶したのも間違いなかったのかな、、、なんて思いました。。。



とはいえ、K君は何も知らないので、敢えていうこともないし、でそのままへらへら笑って
呑み会途中で失礼したのですが、、、、FBで今後の仕事のやりとりも増えそうなんで(彼以外も)
ぼんやりした自分の写真をプロフィール写真にしました。。。(それまでは猫写真だったんだけど)

 


人間、何がどうして、二度と会うことがないと思っていた人と偶然会うことがあるんだな、
と思いつつ、今後の社会人生で役立つなら仲良くしておくのもいいな、とやらしく思いつつ、
昔の男の行状を改めて感じることができた同級生とのばったり再会でありました。。。。

 



 


nice!(5)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昔のオトコ [いろいろ]


こんなこと、記事するのもどうかと思ったんですけど、
ネタ的にいけるかなと思って(オイオイ)書いてみることにしました。

もう2年経ったから時効かな、なんて。(^_^.)




以前の勤め先にまだいた頃の話。


会社の代表番号にかかってきた電話がワタシにつながれました。


「うつぼさんの大学時代の「ご学友」で、▲○■さんと仰る方からお電話です」

そういってつながれた電話の主は、ワタクシの昔昔のオトコでした。

 


うっげぇー。
   ~>゜)~~~



いまごろ何の用があるっつーんだよ。(V)o¥o(V)

と思いながら、超低音で電話に出て
「久しぶり。何の用ですか?」と開口一番キレそうになりながら言った私。

「おーいおい、なんだよ、久しぶりに電話したのにその言い方は!」と、昔のオトコ。

バカかオマエ。(V)o¥o(V)  うっせんだよ。(V)o¥o(V)




「仕事中なんだけど何の用?」 


声は落ち着きながらも頭の中は活火山大噴火中のワタクシです。





20年近く前に別れた原因はオマエなんだよ。忘れたのかばーか。(V)o¥o(V)

「いやー、俺もさー、うつぼが元気かなー、ってずっと思ってたんだよー、
 会社名、覚えてたから、もしかして電話かければ出てくれるかなーなんて思ってさー」

  注) おつきあいしていた当時、携帯電話なんて便利なものはなかったので
      お互いの自宅電話と会社の連絡先を交換してました。


「ホント、懐かしいよなー、おまえ、声、全然変わってないなー」


声は変わってなくても、性格はどす黒く変わってんだよ。(体型もすっかり中年なんだよ) 
ノンキなこと言ってんじゃねーよ、このタコ野郎。(V)o¥o(V)

「ワタシもう四十も半ばでずいぶん変わったけど。
 それで、今仕事中なんだけど。急に電話かけてきて用事はナニ?」

(V)o¥o(V)(V)o¥o(V)(V)o¥o(V)(V)o¥o(V)ヨウケンイッテハヤクキレテメー。

もしかして、金貸してくれ、とか、売り込みとか、そんな用事じゃね?

だめんず・うぉ~か~17 (SPA!COMICS)

だめんず・うぉ~か~17 (SPA!COMICS)

  • 作者: 倉田 真由美
  • 出版社/メーカー: 扶桑社
  • 発売日: 2011/01/27
  • メディア: 単行本

もうね、倉田真由美に投稿しようと思ったくらいのエピソード満載なオトコなんですよ。


ま、私もこうやってブログネタにしてるけど。(笑)

そんなオトコのことを「あばたもえくぼ」と思って付き合っていた私は若かった。


ああ若かった、すっごく若かった20代前半。。。 (遠い昔。。。。)

でも、もう若くないもんねー。 あばたはあばた、だもんねー。

アバター [初回生産限定] [DVD]

アバター [初回生産限定] [DVD]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: DVD

あ、これは、あばたー。 (ヤヤウケ)



とにかく早く電話を切りたい一心で防戦しまくっていたのですが、
結局押される形で一度ゴハンでも、って約束をしていました。

あぁ、なんて気の弱いワタシなんでしょう。(猛省&後悔)


思い返しても、嫌な思い出しかよみがえってこないんですよ。


多分、いい思い出もあったはずなんですが、それを補ってあまりあるくらい
なんだか悲しいとかイラつくとかそんな思い出の方が多かったので、
楽しい思い出はきっとどこかに消えていってしまったのかもしれません。



で、当時の会社の先輩(Kサン)に「▲○■から電話があったんすよ」と報告したら、
ワタシが忘れていたオトコのエピソードを先輩が笑いながら教えてくれました。
(当時私が半分ノイローゼのようになって話しまくっていたのを覚えていたらしい)


先輩に教えてもらったら嫌な思い出が奥にしまったアーカイブから顔を出し。(ーー;)
(捨てときゃよかった)





で、ゴハン当日。


向こうのペースに乗せられたくなかったので私の知る店に連れていきました。

連れていったのは浅草ホッピー通りの「大勝」さん。



1年近く前に訪れたっきりだというのに、私の顔を見るや、
「あーらー、元気だったー?」とママさん&「今日はナムル、あるよー」とマスター。



よーし、この意気で私のペースに持っていけば大丈夫。



そう思いながら、ナムルやチヂミをつついてお話。



意外とこういうことで涙腺が弱いので、絶対泣くもんか、と思い
前日、昔の日記を泣きながら読んで、「ホントに酷いオトコだよ・・・」と確認しておりました。


なので、当日は、私の記憶に間違いが無かった、という自信を楯にオトコを攻撃。



日記に書いてあったことはモチロンですが、書いてなかったことも色々と思い出し、
▲○■くん、アナタが如何にダメなヤツだったか、今からでも遅くない、反省したまえ、と
立て板に水の如く過去の行状を並べ立て、本人に猛省を促しました。


昔のオトコは殆ど呑めないので梅酒ソーダ割りを一杯だけ呑んだ後はウーロン茶でしたが
私はといえばビールの後にホッピー3杯。 エンジンもかかるわけでございます。(笑)



「え、そんなことがあったの?」と楽しい思い出を語ろうとしていたはずが一転、
「楽しい思い出なんて一つもないわい!」と荒れる私にオトコ意気消沈。。。。。


その後、河岸を変えてコーヒー飲んで一瞬落ち着いたのですが
やっぱりそこでも新たに思い出したエピソードが泉のように湧き上がり、、、で
そのままお開き。

帰り際、「会って話してくれてありがとう」と殊勝なことをいっていたオトコですが、
この後反撃がくるかもしれないと思うとちょと怖い。。(と今頃思ったりしてます)



って、2年経ってもその後連絡なかったからホッとしてるんですが。。

ちなみに、「金貸して」でも「売り込み」でもありませんでした。(ホットシタ)


ま、今後また連絡があるかもしれませんが、
2年経ってるからもう大丈夫かな、、、と思いましたが、
久しぶりに会ってもやっぱり、、、だった昔のオトコでありました。


nice!(7)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

寿輔師匠と新蕎麦を楽しむ会② [落語&お笑い]

師匠のネタで大爆笑した後は、まだお昼過ぎですが宴会です♪

 師匠と一緒に酒が飲める♪

落語が終わった後、椅子を一旦片付けてテーブルを出して、
宴会用にセッティング。

写真 2.JPGカンパイ♪向こうに見えるのは師匠です♪
(羽織は派手ですが、師匠の私服は落ち着いた雰囲気です(^_^))


写真 3.JPG越乃寒梅
私も獺祭の四合瓶を一本差し入れたのですが、
師匠の長年のファンのM川さんが越乃寒梅と八海山ほか一升瓶を差し入れて
くださったので、私の四合瓶はすっかり霞んでおりました。。。(^_^.)
写真 3 (2).JPG途中で岩魚の骨酒もいただいて。。。
師匠と色々お話しさせてもらいました。

このCDを買ったんですけど、「死神」も音源でほしいです!とアピール。

CD、、買ってくださったんですか、、有難うございます、、、と御礼を言われてしまいました。。。

っていうか、私も師匠のCDが出ているなんてびっくりしちゃったんですけどね。(^_^.)

師匠は当日この後、浅草の寄席に出て、更に墨田区に移動して落語会、、というご予定で
本当はもっと飲みたいけれどあんまり飲めないんだよねぇ、、と残念そうでした。。

その分、私が呑んでしまった、、、、ような気がする。
 



写真 1 (2).JPG新蕎麦 写真 2 (2).JPGつやつや
北海道の幌加内というところの新蕎麦です。
前日、3人で200人前打ったそうで、、打ったオジサンが目の前にいたのですが(70代)
「もうねぇ、、力使うし、、今日は肩が上がらないんだよ(-.-)。。。。」とぽそり。
そのお陰でこんな美味しいお蕎麦がいただけるなんて有難うございます♪と答えましたが、
オジサン、、、本当にお疲れの様子でした。。

写真 (2).JPG感謝感謝です。


私も次の予定があったりしたので、2時間ちょっとで失礼しましたが、
いやあ、、お蕎麦もたくさん食べたし、お酒もたくさん飲みました。

夜も宴会なのに。。。

 

後援会のオジサンに「うつぼさん、蕎麦打ちもやらない?」と声をかけていただきましたので、
蕎麦打ちも習う、、かもしれません。

 

というわけで、私より年長の方ばかりで少々気後れしながら参加したのですが、
師匠の落語に美味しいお蕎麦に、、楽しめた、落語&新蕎麦の会、でありました。


タグ:寿輔
nice!(7)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

寿輔師匠と新蕎麦を楽しむ会① [落語&お笑い]

あのような記事を昨日アップした後に、なにをアップしたらよいんだろう、、、


悩みました。(-.-)


悩んで悩んで、、、思い浮かべたのが

  師匠♪


そうだ、師匠の記事なら気持をくるっと切り替えられる。

 

なので、今日は師匠の記事。(強引)

 




9月に年に一度の独演会に行った際、後援会のオジちゃんから
「うつぼさんがお蕎麦好きなら、師匠の落語を聞いた後に手打ちそばでもどう?」
と誘ってもらった落語会です。

台風がやってくると言われていた土曜日。
少々反れてくれたお陰もあって無事都内某所の落語会会場へ。。。


物凄い狭いところに40人近くいます。(-.-)ギュウギュウ


開演ぎりぎりに到着したので空いていたのが最前列。

写真 1.JPG高座
座布団の柄が寄席と違うなあと思いながら斜め前をいう絶好のポジションに着席。

会場の後方では師匠がお召し替えしている光景が見えました。。。ラッキー♪

で、今回はアマガエル色。
中はオレンジじゃなくて水色だったけどね。


最近、私も名前と顔を覚えていただいたんで、最前列で(無言)アピール。(笑)


寄席以外だと客いじりもマイルドな師匠。

噺家がネタに入る前のマクラについて話されたのですが、
あれも誰かが作ってよくできているものだったと知りました。

老人ホームへ慰問したときの話とか、、寿司屋の大将の話とか、、
あれって作り話なんだあ、、と今頃気づかされたのですが、
どんな内容か知りたかったら、寄席で三遊亭遊三さんに会えれば、
きっとどちらかは聞けるはず。(^_^.)

ちなみに、寿輔師匠のマクラはオリジナルだそうです。確かに他で聞いたことないし。
というか最近の若い噺家さんはオリジナルが多いでしょうけど。。。


数日前に体調を崩されて咳が止まらかったのがやっとよくなったけれど、
もし、今日咳が出たら途中で5分間「咳休憩」します、と言って(笑)をとった後に
かけたネタは「お見立て」。


師匠のひとり会で聞いたこともありますし、
これまで他の噺家さんでも師匠でも何度か聞いたことがあるネタです。


吉原でも人気のある花魁“喜瀬川”のところに使用人の喜助がやってきて
久しぶりに千葉の房州から杢兵衛お大尽がやってきたという。
金は持っているものの嫌いで顔も見たくないという喜瀬川、
「患って床に伏せている、といって帰ってもらって」と喜助に追い返すように言う。
仕方なくその通りに杢兵衛に伝えると、
「夫婦の約束を交わした仲だ、見舞いたいから部屋に連れていけ」と言い出した。
そのまま杢兵衛の言葉を喜瀬川に伝える喜助だったが、それを聞いた喜瀬川、
夫婦の約束を交わしたのは暮れにお金に困っていたから言っただけで
そんな気はサラサラないんだから「喜瀬川は死んだ」と言いなさい、
上手く追い返したらお前の好きなもの何でも御馳走するから、と喜助に命じる。

仕方なく「実は、喜瀬川は前回旦那と会ってから旦那のことを思い続けていたが、
旦那がその後全然来てくれなかったので恋患いで死んでしまった」と杢兵衛に言うと、
自分を思って死んでしまったと聞いた杢兵衛、
「ならばお墓参りにいきたいから連れて行け、墓はどこだ?」と聞き、
「は、墓は谷中です」と慌てて答える喜助。

急いで喜瀬川のところに戻って墓参りしたいと杢兵衛が言っていること
墓が谷中にあると答えてしまった、と報告する喜助に
「馬鹿だねえ、なんでそんな近くに墓あるなんて言っちまったんだよ」と怒る喜瀬川は、
「どこかの寺で適当のお墓を見繕って案内しなさい、
 大きな花束と線香の煙で墓を隠しちゃえば分からないでしょ」と喜助に杢兵衛の案内をさせる。

渋々、杢兵衛を谷中に案内する喜助。
「どこの寺だ?」と聞く杢兵衛に「ど・れ・に・し・よ・う・か・な」と適当に寺を選び、
適当に墓を選んで花を生け線香のモウモウと立ち上る煙で誰の墓か見えないようにしてから
杢兵衛を案内するが、ナムアミダブツナムアミダブツと唱えながら
「喜瀬川・・・・」と悲しい表情をしながら花をよけて墓碑名を見て、「天保3年・・・」。
違うじゃねーか、という杢兵衛に、「あ、すみませんでした隣でした。。。」と案内すると
今度は戒名が「・・・・童女」。 「子供じゃねーか」と怒る杢兵衛。
「本当の喜瀬川の墓はどれだ?」と聞く杢兵衛に喜助が一言。

「へい、よろしいところをお見立てを願います」と言ってサゲ。

 

という噺。

 

 

久しぶりに聞きましたが(師匠、咳でちょっと苦しそうでした)
相変わらずの杢兵衛さんの訛っぷり(千葉ってああいう訛じゃないと思うんだけど)に
大爆笑いたしました。。。

 

ああ、腹の底から笑うっていいわぁ。。。。(^_^)

 


と、1席聞いた後は、新蕎麦をいただいながら宴会です♪

 

 

 

 

 

 

 


nice!(7)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い
メッセージを送る