So-net無料ブログ作成

青森ぶらり旅~アスパム・奇食編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

昨日よりNYに旅立っている筈の私うつぼ、ですが、
青森ぶらり旅、、思いの外写真を沢山撮っておりますので、もうちょっと続きます。。

頑張って読んでくださいね。(^^)

 




ド迫力のパノラマ映画で少々気持ち悪くなってしまった私、
どこかで座って休もうかしら、、と1階に下りてみると、、、

DSCF0172.JPG お食事どころを発見
DSCF0173.JPG 焼干しラーメンとか 縄文カレーうどんとか
DSCF0174.JPG 縄文ぶっかけうどん(どんぐりを麺に練りこんであるようです)

いや、さすがにまだ麺類は無理無理、、、と入口方向に向かうと、

DSCF0182.JPG 青森生まれのりんごソフト(幟が逆向きですみませぬ)
コロコロりんごが入っているソフト、、、ちょっと惹かれます。。。

DSCF0183.JPG りんごジュースコーナー
DSCF0184.JPG 金と銀 どうちがうの?と製造元のサイトを見たら
金はふじ&紅玉、銀は王林&ふじ、とブレンドしているりんごが違うことが分かりました。。
りんご処、青森って感じがします。

DSCF0181.JPG 売店で発見 チーム青森だから?

と、ぶらぶらしていたら視界に入ってきたのが、
DSCF0175.JPG ほたてソフトクリーム
DSCF0177.JPG 全国初! 

DSCF0176.JPG 安いし。。。 (りんごソフトは350円)

コピー.JPG 甘じょっぱい 意外といけるかも(^^)

DSCF0178.JPG ほのかなほたて味を楽しみたい方にはミックスがお勧め

うーむ、、迷います迷います。。。(ーー;)


本能に従えば「りんごソフト」が食べたいのですが、
ブログ魂にスイッチが入ると「ほたてソフト」に惹かれる私。。。

DSCF0179.JPG活ホタテ宣伝担当のタコ(売店横)

うーむうーむうーむむむむむぅぅぅぅぅぅ~。。。。




ほたてソフト、
   1つください!


DSCF0180.JPG注文しちゃった♪

茶髪の店員さんが手際よく作ってくれたのですが、サービス満点ボリューム満点。。
「奇食」とタイトルにつけた割には見た目が非常に普通なのですが、
一口食べたら本当に甘じょっぱい味わい。。。

そして、どこか遠くの方から押し寄せてくる味わいは、


水煮缶の帆立のエキスの味わい。。。。。



ナゼでしょう、、、これが結構いけてるというか、美味しく思えました。(^_^.)

ベンチに座って「あら、いけてるわね」と思いながら食べ続ける私でございましたが、
朝の暖かさが一転、日が陰って寒くなってきたところで食べていたので
あまりのボリュームに体の中から冷えてきました。。。

プルプルプルプル(~_~;)サブーイ。。。。

とはいえ、途中で残すのもナンだかなあ、と思い、何とか完食。。。


超美味、、、ではないものの、結構クセになる感じの味わい、、、
でも寒いときに食べちゃダメね。。。。。

と思いながら、お次は八甲田丸に向かいます。  あぁ、、冷えて寒い。。

(つづく)



 


タグ:青森
nice!(7)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

NYに行ってきます♪ [旅行・出張の巻(北中南米①)]

本日よりゴールデンウィーク休暇につき、

B777-300ER.jpeg ぴゅーんと行ってきます♪

でも、うつぼ家台所事情がかなり苦しい中での旅行につき、
今回は滞在日数を短縮して4泊で帰ってきます。(;_:)

一応、自炊道具は持っていきますが、
今回は現地在住の友人に会ったり、ブログでお知り合いになれた方とご対面したり、、
なんて予定が入っていたりするので(あとは毎度お決まりのミュージカル鑑賞)
大した自炊はしないまま終わってしまいそうでつ。。。。

でも、意外と皆さんからご期待いただいているようなので
今回もワンカップ大関を持参予定でございます。(笑)

DSCF2631.jpg 今年も観ます、ブルーマン!

DSCF2623.jpg こういうショットを色々撮りたいです。。。

 

ではでは行ってきま~す♪

 


nice!(11)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

青森ぶらり旅~アスパム・パノラマ映画編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

ナンだかゆるくて脱力した「キャプテンジーオ」、貸切状態の「展望台」の次は、
お待ちかねのパノラマ映画です。

DSCF0119.JPG エレベータを降りたら案内に従って進みます
DSCF0061.JPG 360°マルチスクリーン
DSCF0063.JPG なんじゃこりゃ
DSCF0064.JPG ジェイタローの“J”はJOMON(縄文)から?

調べたら「縄文ファン」というサイトで結構人気があるようです。(^_^.)

DSCF0062.JPG で、係のオネエサンにチケットを渡して
DSCF0120.JPG 中に入ったのですが、、、

またもや貸切状態でございました。

だいじょーぶか、アスパム。(ーー;)

非常に不安な心持のまま、スタッフの方に一対一状態でご挨拶をいただいた後、
パノラマ映画が始まりました。

以下、貸切状態でたくさん撮れましたのでご覧ください。。。。

DSCF0121.JPGDSCF0122.JPG 雄大な自然
DSCF0123.JPG ぼけてますが、十和田湖
DSCF0127.JPG 岩木山お山参詣
DSCF0128.JPG 青森といえばリンゴ
DSCF0130.JPG 寒立馬 
DSCF0131.JPG 八甲田山
DSCF0132.JPG 樹氷
DSCF0134.JPG これも次回の宿題にしたいわねー。
DSCF0135.JPG 棟方志功
DSCF0136.JPG 奈良美智

奈良美智も青森出身なんですね。初めて知りました。。

DSCF0137.JPG 弘前城雪灯篭まつり
雪灯篭というと昔々、米沢で見た事がありますが、幻想的ですよね。

DSCF0138.JPG 八戸えんぶり祭り
色々お祭りってあるのねぇ、、、なんて思っていたら、

DSCF0140.JPG 津軽三味線
360°全てを三味線プレーヤーに囲まれましたが、かなりの迫力でした。

DSCF0141.JPG 弘前城
夏に一度だけ訪れましたが、桜はこれからが見ごろ?
(JR駅に貼ってあるポスターで見た様な記憶。。。)

DSCF0143.JPG うたにさんの記事で見た蕪島
DSCF0144.JPG 私も行きましたがフンだらけでした。。。
DSCF0146.JPG 青森にも横浜という地名があるんですね
一面の菜の花畑の映像にびっくり。。。

DSCF0147.JPG 白神山地 一度は行ってみたい。。
DSCF0148.JPG 暗門の滝
DSCF0149.JPG 奥入瀬渓流 こういうところで癒されたいですねぇ。。
DSCF0150.JPG 十二湖

DSCF0152.JPG 竜飛岬 以前、夏に訪れましたが、
「津軽海峡冬景色」の歌碑がずっと鳴りっぱなしだったのを思い出しました。
DSCF0153.JPG 恐山 ここにも行きましたが独特の雰囲気でしたねぇ。。
DSCF0154.JPG いたこ  夏の大祭のときにいらっしゃるようですが
今、日本にいたこって何人くらいいらっしゃるんでしょう。。。

DSCF0155.JPG 仏ヶ浦  名前だけでも御利益ありそう
DSCF0156.JPG 三内丸山遺跡
DSCF0157.JPG これも次回の宿題かなー。 
DSCF0158.JPG で、ラストにはやっぱりねぷたです
DSCF0159.JPG 山車ってどれもド迫力ですね
DSCF0160.JPG 勇ましいというか
で、ねぷたというと青森市?のしか知らなかったのですが
(というかご近所さんに貰った絵葉書のみでしか知らなかった私)
弘前とか五所川原とかそれぞれ特色のあるねぷたもあるんですね。
(ということを大人になってから知りました。。。。)

DSCF0165.JPG 最初に画面に出てきたのはやはり青森
DSCF0166.JPGいつか観たいっす

DSCF0170.JPG 続いて弘前

続いて五所川原、、が画面に写りましたが写真がボケボケだったので割愛。
参考までに立倭武多→ http://www.tachineputa.jp/index.php

360°スクリーンをずっと観続けていたら結構クルクルしました。

このタイプのシアターって、
「アメリカンジャーニー サークルビジョン360」とか「ビジョナリウム」以来だし。(笑)

最後のねぷたの画像なんて、山車が360°ぐるぐるするのを目で追っていたら
ちょっと気持ち悪くなるくらいの迫力で。(注:二日酔いだからぢゃありませんから)


貸切のお陰で得した気分で堪能できましたが、
観光客には結構楽しいし、もうちょっと人がいてもいいような気がしますね。

これだけ観ると600円で高いからお客さんが集まり難いのかもしれないけれど。
(展望台とセットで800円、八甲田丸とセットだと1100円)


という訳で、15分で青森をぐるっと見学した気分にはなれました。
満足満足。

アスパム、、、しつこいのですが、もちょっと続きます。

(つづく)

 


 


タグ:青森
nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森ぶらり旅~アスパム・展望台編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

パノラマ映画を観るまでのつなぎと思って入った「キャプテンジーオ」で
あまりのゆるさ加減に脱力した後は13階まで上って展望台に向かいます。。。

DSCF0088.JPG 途中には山車が飾ってありました。
DSCF0090.JPG 水滸伝 行者武松  
DSCF0091.JPG 勇ましい姿はド迫力
DSCF0092.JPG 外にはちっちゃいピラミッド
DSCF0093.JPG で、展望台行きのエレベータに乗って13階へ。

エレベータを降りて受付のオネエサンにチケットを渡して
DSCF0096.JPG まあ、きれいな景色、、、
と思ったら、私以外に客は無し。 

しかも窓ガラスが砂まみれっていうか、スゲー汚い
窓の外のお掃除は年に(出来たところで)数回、なんでしょうし、
海風がびゅーびゅー吹いてくるのは分かりますが、もちょっとどうにかならんのか。(ーー;)

と心の中で思ったのですが、誰にも言えないので一人でぐるっと一周します。

DSCF0097.JPG 最初に目に付いた看板
夜どのように帆立が煌くのか非常に気になります。。。。

DSCF0102.JPG そこそこ遠くも見えるかな 
DSCF0100.JPG 棟方志功  青森出身だったわねぇ。。。

DSCF0101.JPG こういう青空って年間どのくらい見えるんでしょう
DSCF0102.JPG 実際はこのくらいでイマイチ。。。

展望台をぐるぐるしていたら、、

DSCF0104.JPG 途中でこんなポスターを発見。

アウガの入り口で見たのと違ってこのポスターは新しいようで
E5系のイメージ図がちゃんと描いてありました。。。

プチ鉄子としては、開通の暁にはやっぱり乗りたいよねー。(^・^)

DSCF0105.JPG でも、ぐるぐる回っていても誰もいないんだよね。。。(-_-;)

時期的には寒い東北だし観光シーズン外れというのは分かってるのですが
土曜の午前中とはいえ、貸切状態が嬉しい反面、さびしいかな。。。。

DSCF0106.JPG ガラス汚れと私の素人撮影でこんな感じ
DSCF0108.JPG ホントーに誰もいなかったよー。。
DSCF0110.JPG さっき見たピラミッドを見下ろし
DSCF0112.JPG アスパムのキャラクター「パムパム」
自販機に入ってましたが購買意欲、、湧かず。。。

DSCF0113.JPG でも、海はいいわねぇ。
DSCF0114.JPG なんて思いながら
DSCF0115.JPG 遠くに停泊している
DSCF0117.JPG八甲田丸
を見たらあっという間に一周。。。。

人がうじゃうじゃいても鬱陶しいと思うくせに、誰もいないのも寂しい。
あぁ、私ったら勝手ね、、、と思いながらお待ちかねのパノラマ映画に向かいます♪

(つづく)


タグ:青森
nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森ぶらり旅~アスパム・キャプテンジーオ編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

ピンクフロイドとかEW&Fを思い出しながら、巨大三角形のアスパムの中に入ります。

DSCF0055.JPG 目の前にするとかなり巨大です
DSCF0056.JPG 入口のところにあったポスト
DSCF0057.JPG さすが青森、ねぷたです
DSCF0058.JPG 玄関にもねぷた祭りの金魚


昭和61(1986)年に開館したアスパムは、

青森(AOMORI)の「A」の字を模った建物で

AOMORI        青森県
SIGHTSEEING    観光
PRODUCTS      物産
MANSION       館  
        の意味らしいです。。


ホームページを見ると「青森県観光物産館を英語に直訳した」と書いてあり苦笑。。。

で、産業振興の拠点として建設されたアスパム、
DSCF0059.JPG 1階には物産店が多数。。
DSCF0060.JPG まずは2階に上がります
エレベータを上りながら振り返ると、
DSCF0065.JPG 巨大ねぷた写真

360度スクリーンの「パノラマ映画」を観ようと思ったら
次回上映まで40分ほどあるというので、

DSCF0066.JPG キャプテンジーオに入ってみました
DSCF0067.JPG こういう出展社によるエネルギー館

中年オバハンが一人で入るようなところでもないのですが時間つぶしです。(^_^.)

DSCF0068.JPG 言われたとおりに手をふれてみたら
イラストのオニイチャン(=キャプテンジーオ)が「ようこそ!」みたいに話し始めます。

周囲に誰もいないとはいえ、ナンだかこっぱずかしいわぁ。。。

DSCF0069.JPG 中に入ると貸切状態

ホームページを見ると「開館22年6ヶ月で入館者600万人突破!」とありましたが、
単純計算して一日あたり700人超の入館者、、、、、、
私が行った時はとてもそんな感じには見えませんで。。。

もしかしたら開館当時は大混雑だった、、とか、
平日の日中に小学生とかが社会勉強で大勢やってくるとか、
ねぷた祭りの時には観光客が毎年キャプテンジーオを観に来るとか、
色々考えましたが、どうにもしっくり来ないのねぇ。。。。

最初に見たのはレバーを引っ張ると始まるハイビジョン映像。
DSCF0071.JPG キャプテンジーオが登場し
DSCF0072.JPG 金星を案内してくれます
DSCF0073.JPG これが金星
DSCF0074.JPG これはボッティチェリ作のヴィーナス
DSCF0075.JPG 金星には生命がいない、、なんて説明があって終了。。。
DSCF0078.JPG 子供はこれを見て面白いと思うんだろか。ナゾです。

と、金星を見た後、更に奥に歩を進めると、

DSCF0084.JPG 遊具ゾーンがあったりして

だいじょうぶだローラー、、これって2つのローラの間に入っても大丈夫、ってことなんだろうけど、
オバチャンの私が入ったら確実に引っかかるだろうな。

っていうか、まず入れないだろうし。(笑)


セルフ突っ込みを心の中でしながら、ローラ-近くの「ハイテク紙芝居」へ。

私が見たのは「3つの頭を持つ龍」。

国のエネルギー不足に悩む国の王様が、
息子の王子3人に「龍のところに行って一番強そうな玉をもってきなさい。
持ってきた王子を王様にしよう。」と難しい宿題を出すのですが、

DSCF0079.JPG 上の2人は要領の悪い末弟を置き去りにして
さっさと龍のところに行って龍の居ぬ間に巣に置いてあった強そうな玉を持って
王様のところに戻ると、玉はエネルギーを産み出すことなく消滅。

一方の末弟は、迷子になった子供の龍を助けてお母さんのところまで連れていってあげたりして
お母さん龍から「お礼に」と赤・青・緑の3つの玉をもらって国に帰り、

DSCF0081.JPG と、3つの玉があらあら不思議、エネルギーを作ります
赤は火力、青は水力、緑は智恵(だったっけ、既に失念)をあわせると
エネルギーが産まれます、、、なんてつくりはさすが電力会社が出展しているだけあります。(笑)

3つの玉が作り出すエネルギーで国は栄えめでたしめでたし、
DSCF0082.JPG末弟の王子は王様になりましたとさ。

って話でした。

ハイテクってどこがハイテクなのかと思ったら、話が変わると上からパタパタ画面が変わる、
それでハイテクらしいです。(^_^.)

ま、久しぶりに童心に帰れたからいいんだけどね。

と、ハイテク紙芝居で意外と楽しんだ後、奥に進むと、
DSCF0086.JPG古代人の一日が体験できるというコピーの
DSCF0085.JPGバーチャルサウンドシアター ですが

ちょうどいた時間が10時の回が始まるころだったので入口で立っていると
スタッフのオネエサンが「体験されますか?」と私に尋ねることもなく
そのまま次回上映時間を「11時」と札を入替えて消えていきました。。。

体験希望はフロントで申し込まないといけないようですが、
申し込んでいないとはいえ、私が親子連れとかでない中年一人旅だったので
きっと声をかけてくれなかったのねぇ。。。なんてグッスン。(;_:)

DSCF0087.JPG 乗り物タイプのスーパージオ21も多分同じだろうな。

入場無料なのでこんなもんかな、的な印象を受けましたが、
開館して20年以上経つし、内容って見直してるのかしら、今時の子供ってこれで楽しいのかな、
なんてちょっと思ったりした、ゆるゆる感たっぷりに「キャプテンジーオ」でありました。

パノラマ映画までもちょっと時間があるので、展望台に上ります!

(つづく)


タグ:青森
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森ぶらり旅~駅前ぶらぶら編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

もりもり朝ごはんを食べた後は駅のコインロッカーに荷物を置いてぶらぶらします。(^^)

DSCF0024.JPG 「浜まち」の加乃古ママさんに勧められたアウガ
ここの地下は市場と、地元で獲れた魚などを食べられる食堂があるので
ここでウニ丼、、なんてのもよかったのですが、これは次回の宿題に。(^_^.)

で、アウガの正面入口には、
DSCF0030.JPG 結集力!! 青森力 

なんて看板が見えます。今年末には開通するので盛り上がっているようですね。

が、近くには、

DSCF0025.JPG 素敵なスナック街

DSCF0027.JPG lovin姐さん!青森にも虎がいました!
(看板の漫画、、どこかで見た事あるような、笑)

DSCF0026.JPG まり子やマドンナもいたりする青森

DSCF0028.JPG 近くには酒樽の数々を模った居酒屋
DSCF0029.JPG 前日呑んだ陸奥八仙
あぁ、美味しかったわねぇ、、、と思い出しながら駅に向かいます。

DSCF0031.JPG ホタテのおいしい店
朝9時過ぎでしたが開店していました。
朝食でも使えそうなお店でこれも次回の宿題かなー。

DSCF0032.JPG で、駅は現在改築中。
新幹線開通までに整備しなければ、、、ですね。

そんな訳で、駅前の工事現場では、
DSCF0033.JPG カエルが申し訳無さそうに謝ってました。

ここでロッカーに荷物を預け、来た道を戻りながらアスパムに向かいます。
DSCF0034.JPG 雪が降った翌日は暖かかった(^^)  
DSCF0035.JPG ねぶた漬  てっきり松前漬と同じかと思ったら違うんですね。
大根とかきゅうりも入っていると、ネットで調べて知りました。。。
数の子の量が多いものは「ダイヤ漬」と呼ぶんですねぇ。。。
DSCF0036.JPG 駅前のりんご店
青森らしいお店だなあ、なんて思いながら大通りの商店街を歩きます。。

DSCF0037.JPG ほたてラーメン、けの汁ラーメン、焼干しラーメン
非常に気になるのですが朝ごはん食べたばかりでさすがにちょっと。。。。

DSCF0038.JPG 朝早くから営業しているお寿司屋さん
DSCF0039.JPG じゃっぱ汁 これも次回の宿題かなー。
DSCF0041.JPG トド、、クセがありそうな。。。

DSCF0040.JPG たんたんたーぬきーのー♪(しつこい私)

たぬきの金は八畳」、、、は↑のCDで聴けます。(笑)


DSCF0044.JPGで、アスパム通りに入ると目の前にアスパム
DSCF0047.JPG 途中にこんなオブジェ
DSCF0053.JPG 後姿
DSCF0048.JPG ひぃ~、こわいよ~(;_:)
DSCF0049.JPG 近くにこんな看板がありました
DSCF0050.JPGもう26年も昔の話(うつぼ高校生の頃(^_^.))
DSCF0051.JPG 利き水の場所はどうやって選んだのでしょうね
DSCF0052.JPGオブジェの作者はドイツ人
DSCF0054.JPG と、巨大な三角形が目の前に見えてきました。

三角形状のものを見ると、

太陽神

太陽神

  • アーティスト: アース・ウィンド&ファイアー
  • 出版社/メーカー: Sony Music Direct
  • 発売日: 2004/09/01
  • メディア: CD

狂気

狂気

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: EMIミュージック・ジャパン
  • 発売日: 2006/03/08
  • メディア: CD

こういうものをついつい思い出してしまいますね。(^^)

 

(つづく)


タグ:青森
nice!(12)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森ぶらり旅~ホテルの朝ごはん編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

予定では、本日夕方頃、日本に戻ってくる予定だったのですが、
結果的にはずっと日本におりました。。

が、青森ぶらり旅、、、写真を撮りすぎたのでもうちょっと続きます。。。





夜遅く青森に到着したものの、加乃古ママさんのお陰で楽しくぐびぐびした翌朝。

DSCF0023.JPG ツアーなのに新聞入れてくれました

地方に行って面白いなと思うのはこういう地方ならではの新聞。
関東にいると地元の記事は地方版2ページくらいしかありませんが、
上の新聞を観ても青森市の談合が一面に載っていますし、
こういう記事の扱いは地方ならではだなあ、と思いつつ目を通しました。


新聞を読んだ後は空気を入替えようと窓を開けました。

が、ホテルの窓は今時でないというか、
人が落ちても不思議でないくらいの勢いで思い切り開くので全開し、
DSCF0018.JPG 夜にキラメイテいたアスパムを確認  
DSCF0019.JPG あとは山々
DSCF0022.JPG 霞んでいて遠くの山は見えませぬ。。
DSCF0021.JPG ズームで雪を発見しましたが
前日の雪から一転翌朝は晴れて結構暖かい天気。
(加乃古ママさんによれば4月に雪降ることが珍しいそうですが)

DSCF0016.JPG ホテルの自販機で発見
DSCF0017.JPG 可愛い木村庄之助です

ママさんには「ホテルで朝ごはん食べるなら近くのアウガに行ったほうがいいわよ!」と
何度も言われたのですが、格安ツアーなのにホテルの朝食がついていたので
結局ホテルで食べることにしました。。 

DSCF9997.JPG ミニねぷたが飾ってあるフロアを進むと
朝食会場の和食レストランがあるのですが、
DSCF0015.JPG 結構お値ごろ感がありますね
DSCF0014.JPG 海老5本でこのお値段

とはいえ、よほどのことがなければこういうところでは食べないかも。。。

先客が10人くらいいましたが、一番奥のテーブルに通され、
DSCF0001.JPG こんな感じの景色を見ながらゴハンを待ちます

DSCF9998.JPG 最初に出てきたのはリンゴジュース さすが青森(^^)

DSCF0011.JPG 日本酒の種類はまあまあかな
DSCF0012.JPG もっきり、、、こういう言葉に弱いです。。 
でもホテルなのでちょっとお高めですね。(^_^.)

DSCF0002.JPG ほどなくして和定食
青森特産の品を多く使った朝食、というコピーに惹かれて注文しました。。
(他には洋定食も選べます)

DSCF0003.JPG 烏賊ちゃんちゃん焼き
美味しいのですが塩気が強くて卵とじ部分はかなり残してしまいました。。

DSCF0004.JPG もずく?かと思ったら違ってました
海草粉を固めて細く成型した感じで(だから太さが均等)健康的な一品。

DSCF0005.JPG お豆腐と湯葉 

DSCF0006.JPG 焼き魚は鯖

DSCF0007.JPG せりの胡麻和え&なめこを海草で和えたもの
これは確実にポン酒が呑みたくなる料理ですがさすがに朝だし、、、ねぇ。。。

DSCF0009.JPG 海草の味噌汁
DSCF0010.JPG かなり甘かったリンゴのシロップ煮

ゴハン、、、写真に撮りませんでしたが、青森の無農薬米「つがるロマン」だったらしいです。。

二日酔いでもなく、旅先での朝ごはんは毎度モリモリ食べる派なので、卵とじ以外は完食。。。

は~、うまかったうまかった。

元気が出たところで、帰りの飛行機の時間までぶらぶらします♪

(つづく)

 


タグ:青森
nice!(10)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

青森ぶらり旅~さんふり横丁編②~ [旅行・出張の巻(日本①)]

思わせぶりですみません。今日は日本酒が登場します。(^^)




てくてく15分歩いて辿り着いたさんふり横丁の「浜まち」。

ママさんのテンションの高さと先客のオジサンの優しそうな雰囲気にホッとして
一杯目から日本酒にしようと思ったら、
「最初はどうする?ビール、日本酒、焼酎、ノンアルコールもあるけど?」とママさん。

「今日は青森の日本酒を呑みに千葉からやってきましたので

 ゼヒ一杯目から日本酒で!」と答える私。

そんなこと言うヤツいないよねー、普通。(笑)

と、「じゃー、折角だから最初は有名な田酒にする?」と勧められたのでお願いしました。

DSCF9974.JPG 箸箱が懐かしい。。。。

DSCF9973.JPG 加乃古ママさん 割烹着が素敵♪

DSCF9975.JPG つきだしはおからです
DSCF9976.JPG 田酒 すごい黄色い・・・・・

お味はタマラン濃い口で、あ~、う・ま・い♪

DSCF9986.JPGメニュー

見づらいのですが、田酒は特別純米で650円というフレンドリー価格。

インターネットで一番入りやすそうなお店だと思って目星をつけていたのですが
(お店の方が女性、というのも高ポイントで)
これは素敵なお店を選んだわぁ~、、、、と既にご満悦。(^^)


DSCF9977.JPG カウンターには料理がたくさんあって迷いますが
DSCF9982.JPG 青森といえばニンニクですしねぇ。。。。

と、隣のオジサンが注文したぬる燗のお酒、「少し呑んでみますか?」と
DSCF9978.JPG お裾分けしていただきました。。。
いただいたのは「作田」。 特別純米で意外とさらっとしていますが美味。。。。

DSCF9980.JPG これもお隣のオジサンからお裾分け

新芽が出た状態で天ぷらにすると美味しいのよ~、とママさんに言われたものの
ええっ芽が出てるのに???と半信半疑で食べてみると、、あ~ら、とっても美味。(^^)
姫にんにく、というそうですが、コレは意外だったというか
ホクホクしていて匂いも少しマイルドな感じで美味しくパクパク食べられます。

DSCF9981.JPG 貝焼き味噌
ニンニクのお礼にと、今度は隣のオジサンにお裾分け。

青森に来たらゼッタイ食べたかった一品。
帆立ぷりぷり、味噌の味わいでお酒が進みます。。。

DSCF9983.JPG で2杯目は「七力
青森市内の7つの酒販店「ななの会」のみで販売されているお酒だそうで、
東京じゃ呑めないわよ~、というママさんのお勧めで注いでいただきました。

きりっとしながらしっかりした味でスゲーウマい♪
東京ではきっと呑めない、、というプレミア感もありますが、
私の酒心にスイッチが入りました。(^^)

と、「これ、なんだか食べて当ててみて!」とママさんが
DSCF9984.JPG お皿を置きました
まぐろのスペアリブの竜田揚げ???

正解でした。。

骨のところの身は本当に美味しいわね。
なんてあっという間に食べ終わると「じゃ、次は?」と更にお皿を置いてくれまして。
DSCF9985.JPG 私の食べかけですみません。。

私がチキン?とママさんに言うと隣のオジサンは「これもマグロでしょ!」と回答。
隣のオジサンが正解。これもマグロでした。

大間のマグロをこんな風に食べられるのも青森だからでしょうか。
大変美味しゅうございました。。

DSCF9987.JPG で、つまみが美味しいのでお酒をもう一杯♪

隣のオジサンのお勧めで「陸奥八仙」。
濃い目の味のお酒がいーです!と言ったらこれを勧められました。

濃い。。。濃くてウマいウマいウマーい♪

ママさんは非常に気さくな方で(後ろの厨房で料理を作っている農(しげる)さんも楽しい方)
隣のオジサンともナンだか和気藹々にお話し、後から入ってきたお客さんたちも
ママさんと楽しく掛け合いながら日本酒を呑む。。。

あぁ、、なんて素敵な日本酒パラダイス。。。

おまけに、夏はねぷた祭りに出陣するママさんから「これあげる!」と
DSCF9994.JPG いただきました 
DSCF9995.JPG ガガシコ というそうです

お祭りの時に腰から下げておいて、振舞い酒をこれでいただくとか。
ママさんのことなので沢山お酒を振舞われて非常に楽しいそうです。(^^)

気付けば夜中0時をちょっと回っていました。。。

楽しい時間はあっという間ですね。。お店ももうそろそろお終いの時間。。

DSCF9990.JPG ママさんと楽しく記念撮影してお店を後にし、

ホテルまで再び歩くこと15分。。。

遠い地で一人お初の店に入って呑む、、ことに少々気後れもありましたが、
ママさんと隣のオジサンのお陰であっという間にそんな不安も吹き飛び
濃くて美味しい青森のお酒と、まぐろとニンニクと帆立の美味しい料理と、、
ママさんの気取らない話し振りとで予想以上に楽しめた「さんふり横丁」でありました。

また来ます!!!

(翌朝につづく)


 


nice!(10)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青森ぶらり旅~さんふり横丁編①~ [呑んだり食べたり(居酒屋①)]

雪降る中、なんとかホテルに着いて一安心。

DSCF9965.JPG 部屋から見える三角形はアスパム
観光物産館のような施設ですが、一際目立っていました。。。。

で、ここで落ち着いちゃうとはるばる青森までやってきた意味がございません。


今回の旅の一番大きな目的は「日本酒」。

さー、呑みにまいりましょう♪

と、外に出てみたのですが、、、、

ぴゅ~~~っっっっ。  さぶい。。。 (T_T)


でも、これしきのことで挫けてしまったら日本酒を呑めないので歩きます。

持ってきた最大限の防寒体制で、マフラーぐるぐる巻き&手袋着用で歩き始めると、
DSCF9966.JPG 人が全然いません(夜の10時15分頃)
DSCF9967.JPG 全然人とすれ違わないので不安ですが
DSCF9968.JPG 駅と反対方向に歩いているから?とか思ったり

雪が多いところだからなのか、通りのお店はずっと屋根つき(アーケード)なので
傘を使わず移動できるのはよいのですが、人がいないので少々不安に。。。

と、ホテルから歩くこと15分で
DSCF9971.JPGさんふり横丁青森屋台村に到着~♪

たどり着けて一安心。(^^)

さんふり」は、

えふり (良い格好をしたがる)

あるふり (ものやお金があるふりをする)

おべだふり (知ったかぶりをする)


という3つの「ふり」で津軽人の気質を表現する言葉だそうです。


青森というと、7年くらい前に、「青森、海岸沿いの旅」と称して電車やバスを使って
下北半島や津軽半島を旅したことがあるので今回で二度目なのですが、
その時に津軽半島の竜飛崎に向うバスの車中で話しかけてきた津軽弁のオジイチャンが
何を言ってるのかまったく理解できなかったのをふと思い出しました。。。

お店の人が津軽弁で会話に詰まったらどうしよう、、少々不安になってきました。。。

でも、ここまできて店に入らないのはお馬鹿チャンなので、
DSCF9972.JPG 「旬亭 浜まち」さんに入りました

コの字型のカウンター(9席)に先客2人。

中に入った途端にメガネが真っ白に曇って焦っていると
「あらあら~、メガネ曇っちゃったわね~、
 ほらほらこれで拭いて拭いて!」とママさんがティッシュを渡してくれました。

拭いても拭いても曇るメガネ。。。。 

やっと曇らなくなったところで着席し、ママさんと先客のオジサン2人にご挨拶。。。

「どこから来たの?」と聞かれたので、「千葉からです!」と答えると
「ピーナツ持ってきた?な~んて、あっはっはっは~!」と
いきなりテンション高いリアクションのママさんに少々びっくりしたものの
お店の雰囲気は何となく温かい感じがいたします。。。。

これはアウェーでも楽しく呑めそうな予感。。。。

(と引っ張りながらつづく)


タグ:日本酒 青森
nice!(9)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

青森ぶらり旅~出発編②~ [旅行・出張の巻(日本①)]

前置きが長くなってしまったのですが、飛行機に乗ってからの続きです。




乗った飛行機はA300-600R.jpgA300-600R

DSCF9956.JPG 安全のしおり、読むの結構好き(^^)

出張で国際線に乗るとボーイングばかりですが、今回はエアバス。

かなり年季の入った機材のようで、座席も見慣れぬ色合い。
DSCF9957.JPG ちょっと懐かしい感じが。。。。
幹線でない地方路線だとこういう機材が使われたりするんだなあ、なんてしみじみ。。。

このエアバス、290人乗りの飛行機ですが半分弱くらいの搭乗具合かな、って感じでした。

私は非常口の窓側に座ったのですが、座った途端、
「ご存知かとは思いますが緊急時にお手伝いいただくことがございますので
 どうぞよろしくお願いします。」と年配女性CAさんに丁重にいわれました。。。

はい、よろしくお願いします。。。 (ビール1パイニシテオイテヨカッター(^_^;))

定刻にゲートを離れた飛行機はすぐ離陸、、かと思いきや
離陸ラッシュで離陸できるのは11番目。20分くらいお待ちください、というアナウンス。

至近距離で向かい合ってジャンプシートに座る若い女性CAさんは下を向いてます。。
私もやや気まずい気分で機内誌を丹念に読んだりして。(笑)

DSCF9958.JPG だってこんなにお近づきな距離ですもん(^_^;)


アナウンス通り20分くらいしたところで離陸した飛行機、
窓から見える東京の夜景はそれはそれはキラキラ[ぴかぴか(新しい)][ぴかぴか(新しい)]ときれいでした。
特に、東京タワーを見下ろした時にはかなりコーフン。(V)o¥o(V)


少々揺れがあったせいか、
離陸してからCAさんが席を離れてドリンクサービスを始めるまでに15分くらい。
DSCF9959.JPG コーヒーを頂戴しました。。。
飛行時間55分の中、ドリンクサービスに機内販売まで行うので大変そうです。。。

こんなDSCF9960.JPG聴診器のようなイヤホンで
80年代のポップスをオーディオで聴きながら
(デュランデュランとかデビー・ギブソンとか、懐かしい曲ばかりで聴き入ってしまった)
コーヒーを頂戴してくつろいで、久しぶりの青い水シュルシュルのトイレにビックリして、、、
なんてうちに、CAさんが再び至近距離で向かい合わせに着席し、
ボーイングと羽の動き方が違うんだなあ、、、とボケーっとみていると
飛行機は青森空港に定刻より10分ちょい遅れで到着していました。。

外は[雪][雪][雪]雪。。。 しかも横なぐり。。。。

取り敢えずマフラーを巻いて青森市内行きのJRバスに乗車。
バスには20人くらい乗っていました。。

雪の中バスは青森駅まで走りますが、私は終点ひとつ手前の新町一丁目で下車。
道が空いていたせいか30分もかからず到着しました。。

バスを降りてからはテクテク歩いてホテルへ。。

鍵をもらってエレベータに乗るとDSCF9962.JPGディナーショー
DSCF9963.JPGマイコーりょう  似てるのかな

DSCF9964.JPG部屋は全然広くはありませんが、寝るだけなので無問題。

荷物を置いて1階に下りてから
フロントの男性に「入り口は何時まで開いてますか?」と尋ねたところ
「フロントは24時間スタッフがおりますから何時でも開いてますよ」と
私のこれからの行動を見透かしたような回答でした。(笑)

「そうですか、ではちょっと出かけてきます」と鍵を預けて外へ。。。

呑みます!

(つづく)


nice!(13)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
メッセージを送る