So-net無料ブログ作成

札幌の旅09~テレビ塔編 [旅行・出張の巻(日本①)]

無事、札幌までたどり着き、外が寒いので札幌駅の地下道を歩いていると、

DSCF1693.jpg 朝10時前というのにこの行列(@_@)

花畑牧場の生キャラメル行列ですが、田中某の商魂逞しさを垣間見た気分です。。。

で、とりあえず地下鉄の一日乗車券(バスも共通で1000円くらいだった記憶)を購入し、
一駅だけ乗ってみて下車、
DSCF1694.jpg 千葉では見かけない雪囲いを見ながら
DSCF1696.jpg テレビ塔
目の前に高いものがあれば登りたくなるのは人の常。。
いつでもいけると思って敬遠がちの東京タワーに3回しか上ったことがない私ですが、
遠くに来れば尚更登りたくなるもので。。。

因みに、今回でテレビ塔に登るのは3回目。東京タワーと同じです。(^_^;)

DSCF1697.jpg このうず高くつまれた古墳状の雪は
ちょっと前まで開催されていた雪祭りの名残のようです。
お祭りが終わると安全面も考慮してこのような山に崩してしまうとか。。

DSCF1699.jpg テレビ塔=テレビ父 さん (笑)
こんなゆるいコピーに笑いつつ上へ。
DSCF1702.jpg これも一種のユルキャラなんですね。(笑)

で、700円をお支払いし、地上90.38メートルの展望台に向かうエレベータに乗ると、
「貸切」でした。 ちょとキンチョウします。。。(^_^;)

DSCF1701.jpg とかいいつつエレベータ内から外を観たりして。
アッという間に展望台に到着。。。


DSCF1704.jpg 降りたところから見える景色
サッポロビール園が左手に見えるそうですが、
高いところに登った満足感だけであとは結構適当でした。(笑)
DSCF1705.jpgDSCF1708.jpg
DSCF1710.jpg こんな感じの景色を見てうぉーっとか言ってました。
DSCF1709.jpg 有料なので見ません。(笑)

DSCF1712.jpg 左回りに移動
DSCF1713.jpgDSCF1714.jpg
DSCF1715.jpg テーマ曲、一度聴いてみたいもんです。
DSCF1716.jpgDSCF1718.jpg
DSCF1717.jpg 雪や山が見えるのがやっぱり北ですね(^^)
DSCF1720.jpg 晴天とはいえない中では上出来な景色かも。

DSCF1721.jpg で、こんなおみくじがありましたが今回はパス。
イケメン宮司さんがおみくじを選んでくれるようですが、
こんなもんに一喜一憂する自分を想像するだけで悲しいので。。
そのくらい、普段この手のものにひっかかってます。(笑)

DSCF1722.jpg 更に左回りに
DSCF1723.jpgDSCF1724.jpg
DSCF1725.jpg 大倉山などの雪山が見えますし
↑の写真では手前真ん中にうっすら観覧車も見えます。。。

DSCF1727.jpg 更に左に回り
DSCF1728.jpgDSCF1730.jpg
普段からこういう説明書きをちゃんと読まずに「うわー、すげー!」と
その場の盛り上がりだけで見るせいか、今となっては細かいことは分かりませんで。(^_^;)

とはいえ、久しぶりの高みの見物にチョとコーフンのテレビ塔でありました。

(つづく)


タグ:札幌
nice!(9)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

モリケン [いろいろ]

折角、札幌旅行の記事書き始めたばかりなんですけど、今日は違う話で。(ーー;)



モリケン、と聞いて分かる人は40代以上の世代だと思いますが(笑)
こんなネタ書くのもどうかと思いつつ、こんな機会なので書こうかと思いまして。。。



私うつぼ、新宿の日赤病院で産湯に浸かり、5歳で千葉県に引っ越してウン十年。

本籍は頑張ってというかメンドクサクテ新宿のままにしているのですが、
「戸籍取りに行くの大変だから千葉に移そうよ」という親の嘆きに心激しく動かされ
ちゃんと千葉に本籍を移そうかと思っている千葉県民でございます。。。

で、昨日は千葉県知事選でございました。

そして、開票後、あっという間にモリケンに当確が出て当選しちゃいました。

おれは男だ! VOL.1 [VHS]

おれは男だ! VOL.1 [VHS]

  • 出版社/メーカー: バップ
  • メディア: VHS


amazonで検索したら一応出るけど在庫なさそうっす。(ーー;)

このドラマで砂浜走って竹刀振っていたモリケンこと森田健作

おれは男だ!ミュージックファイル

おれは男だ!ミュージックファイル

  • アーティスト: TVサントラ
  • 出版社/メーカー: バップ
  • 発売日: 1994/03/01
  • メディア: CD

こっちでドラマの時の画像が出た。。。

GOLDEN☆BEST

GOLDEN☆BEST

  • アーティスト: 阿久悠,藤田敏雄,吉田旺,小谷夏,石原真一,石井志都子,たかたかし,有馬三恵子,さいとう大三,和田順子
  • 出版社/メーカー: BMG JAPAN
  • 発売日: 2005/10/26
  • メディア: CD

モリケン、スゲー若い。(ーー;)

って、別にモリケンが立候補するのがダメってことではないのですが
(彼も千葉県の芝山に引っ越して20年くらいだというし)
今回当選しちゃったのが私的にはどうにもモヤモヤしちゃって。。

うつぼ両親も「どーしてなんだろねー」と言ってたので
こんな気持ちの人は私だけじゃないかと。。。。

モリケンについては、芸能人の頃は別に好きでも嫌いでもなかったのですが
国会議員になったら10年くらいで辞めて、
今度は埼玉県知事選に立候補しようとして自民党に止められて
断腸の思いで、、、みたいに泣きながら会見を開いてましたよね、確か。
そしたら、今度は千葉県知事選に立候補したのでビックーリ。(@_@)

ドクター中松とか、羽○誠三秀○さんみたいに立候補するのが好きな人かと思いました。

前回の千葉県知事選では僅差で落選したものの、今回は大差で当選したというので
モリケンに一票を入れなかった私もこれが多くの千葉県民の意向なんだろうな、、、と思いつつ、
当選した喜びがピークに達したのか恐ろしい形相で万歳三唱するモリケンの姿をみたら
やたら心配になってしまいもした。

一方、モリケンの後ろで(夜なのに)サングラス姿の京本政樹が立っていたので思わず失笑。。。

ま、

決まっちゃったことなので一票しか持ってない私がどうこうも言えないのですが、
公約自体は「それが全部叶ったらすげーよ、モリケン!」って感じで、
タレント辞めて大分経つのに、こういう時はちょっぴりタレントみたいになったりして、
どこぞの知事のように何匹目かのドジョウになろうとしているような、
そんな気がして私自身は引いちゃったわけですが、
彼があんな熱く語れば語るほどなんだか冷めてしまう己がいたりします。。。

アクアライン通行料800円化、とか、羽田-成田空港間のリニアモーターカー建設とか、
財源は首都圏からお借りするとか夢は大きい方がいいらしいんだけど、
リニアモーターカーは今すぐやらなくてもいいんじゃないかしら。


モリケンのサイト→ http://www.chiba-moriken.jp/

モリケンの熱い思い→  http://www.chiba-moriken.jp/policy.html


熱い思いの中でモリケンが語る言葉一つ一つにピクピクしちゃったのですが、


「千葉の治安は全国最低レベル」
 モリケンは最低レベルの治安を改善していきたいそうです。 そりゃ、有難いことです。
 交通事故件数がちょっと前まで日本一、と
 運転免許書の書換の度に免許センターのオジサンに言われましたし、
 確かに私も自宅近くでひったくり未遂に遭ったこともありますが、
 だからといって危ないと思っていたら住めないし。。。
 他県って千葉よりもっと安全なんでしょうか、なんてことを考えてしまいました。


「成田空港を国際ハブ空港へ」
 この議論はあちこちでされていますね。
 成田空港が開港されたのは色々な利権も絡んではいるのでしょうし、
 まとまった土地が用意し易いと考えたのもあるでしょうが、
 千葉県民がこぞって「成田に空港を!」と思ったわけでもないでしょうし、
 もし成田ではなく他県に開港されたとしても、
 開港に至るまで~開港後何らか問題や反対運動があったのかもしれません。
 実家に居た頃は、成田空港まで30分で到着できる恩恵がありましたが、
 今の住まいは千葉県内であっても羽田・成田とも同じくらいの距離。
 私にとってはどちらが国際空港であっても構わない、というスタンスでいます。 
 以前どこかの掲示板で
 「千葉県民はそんなに成田を国際空港として維持したいの?」と質問した他県の方がいて
 「いや、別にそんなことは思ってないよ」と掲示板に突っ込みいれたくなりましたが、
 利用者の大半以上にとって便利な場所、と考えるとちょっとムリがあるかもね。。。。
 

「郷土愛の育成や道徳教育の強化」
 郷土愛。。。別に無い訳じゃないけどな。
 證真寺(しょうじょうじ)の狸ばやしとか、月の砂漠(御宿)とか
 山らしい山はないけど鋸山とか、海いっぱいとか。
 あ、うちの実家の近くには歴史の教科書にも載っている沼があるもんねー。


「日本を代表する食材・農林水産品が数多く」
 確かに、ピーナツだけじゃなくて、梨とか大根、カブも沢山採れるし(確か日本一)
 野菜の生産高は全国で3番目くらいだったような気がするし、
 江戸前海苔っていったら千葉県だし、伊勢海老とか鱸は漁獲高日本一なんだけど
 知事自らがこれを宣伝して千葉ブランドを普及してくれるらしい。
 これってどっかで聞いたことあるような。H知事の二番煎じみたいな。。。
 

「一人でも多くの人が輝く千葉の宝を見に来るように」
 観光立県日本一、知事は千葉ブランドのセールスマン、というのですが
 千葉にあっても東京ディズニーランドは自力で宣伝してるし、
 このセールスマン発言もどこかで聞いた感じが否めません。。。


日本一になりたい、というのは別にいいけど、
日本一になることだけが大事じゃないと思ったりする私でございます。。。


と、モリケンのサイトでこういうお考えを読むと
既にタレントを辞めて長いというのにやっぱりタレント感覚なのかと思っちゃった。 

いっそのこと、潔く自分のことをタレント候補だと思わず、
本名(鈴木栄治)で立候補してほしかったな。


とはいえ、まだなにもしていない内からあれこれ言っちゃイカンな、
とりあえず一期四年は見守ります、モリケン。

(次回からノーマルに旅行記へ戻ります)


nice!(9)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

札幌の旅09~出発編~ [旅行・出張の巻(日本①)]

昨年あちこちへの出張で飛行機に乗る機会が急に増えたのもあって
最近、飛行機に乗るのが楽しくなってきた私うつぼ、
今年に入ってから1月末に福岡、2月末に札幌に出かけました。
その間にシンガポールに行ったわけですが、先に記事にしてしまい。。。(^_^.)

で、国内で福岡旅行から記事しようかと思ったのですが、、
札幌の記事を早く書かないと季節感がずれてしまうと思い、先に書くことに。。。

だって、雪がいっぱいあった時期だったから。(^_^.) 



昨年の吉野ヶ里遺跡を訪ねた九州日帰り旅が思いの外クタクタだったので(当たり前)
今年は1泊どこかに泊まってノンビリ旅しようと思った私、
ツアーにすればお安くまとまると思い、JALのサイトから「バーゲンツアー」を申し込みました。
飛行機とホテルと色々クーポンがついて3万円と、かなりお得感がございます。

ただ、福岡便と違って、札幌便は割増料金が発生するフライトばかり。。。
なので、朝早く、翌日は昼過ぎに戻る、、、というフライトで割増無しの日程を組みました。

結果、行きのフライトは朝7:25羽田発。(ーー;)

以前何度か乗って懲りていたはずなのに選んでしまったよ。
一本遅いフライトだと割増だから、、なんだけどね。

早起きは三文の徳。      

のはずだから、と、前日呑んだ余韻が残る朝5時に自宅を出発。 
そして、6時15分には羽田到着。。

国内線だからもっとギリギリでもいいと分かっていながら
余裕を持って空港に到着しないと落ち着けない性分なので
(移動中に不測の事態が発生するかもしれない、と思う性格)
出発時刻まで1時間以上という余裕の状況に一人満足しながらチェックイン。。
ツアーの格安エコノミーではありますが、
来年3月まではJGCプレミアという有難い資格の恩恵に預かれます故、
ファーストクラスカウンターでチェックインさせていただきました。。。

で、その横から専用のセキュリティレーンに入るといつもよりずっと丁寧な手荷物検査。
自分ひとりしかいないのに(レーンは2つ)係員全員がご挨拶してくれたりしてビビリます。

手荷物検査を出るとそこはダイアモンドプレミアラウンジ(DPラウンジ)。

1月末に使った九州方面行のゲート辺りのDPラウンジはちょっと狭くて圧迫感がありましたが、
北海道方面行きのゲート近くのDPラウンジは思ったよりも広いです。

DSCF1670.jpg この写真が精一杯っす。(^_^;)

で、DSCF1669.jpgミニチョコデニッシュとエスプレッソを頂戴しました。

ただ、窓がないのがサビシイので、滞在時間5分で退散し、
窓があって飛行機も見えるDSCF1676.jpgサクララウンジに入ると、
其の先はもう一つのDPラウンジ。。という訳で移動。。。

DSCF1675.jpg こちらの方がゆったりしているような。。。

そして、DSCF1672.jpg 飛行機が目の前に見える開放的な窓際の席で、DSCF1671.jpg 朝ごはん。 (まだ7時前)

ツアーにJAL系のBLUE SKYというお店の1000円クーポンがついていたので、
それを使って「まい泉」のヒレカツサンドを購入。 と、朝ですが、ビール。(^^♪

今となっては記憶薄らボンヤリですが、ラウンジには2種類あったような。

DSCF1673.jpg 実はお初の「まい泉」。
朝にはちょっとボリューム多めですが、美味しゅうございました。。

で、DSCF1674.jpgトマトジュースも頂戴し、
搭乗時刻が近づいてきたのでラウンジを後にゲートへ。

いつものようにお手洗いで「ぴーぽくん」にご挨拶しようと思っていたら、
長い列に並んでやっと入れた個室のドアには「ぴーぽくん」が居ませんで。(;O;)
ステッカーを剥がした後が悲しいドアを見つめ、
83s815B837C.jpg あぁ、お会いしたかったのに。
「忘れ物ないよ!行ってきまーす、ぴーぽくん♪」と挨拶したかったのに。。。

と、ぴーぽくんを検索していたら、ファミリーの存在を知りました。(笑)
やるよねー、警視庁。

で、今回乗った飛行機はB747。

今年中には旅客機から退役してしまうというB747の2階席に乗り納め、、、と
2階席の非常口(窓側)を指定していたので階段上って着席。。。

DSCF1677.jpg ほぼ満席の機内。 
隣の2席は若いカポー。2人で「るるぶ」を見ながらどこに行こうか、と相談していました。
こういう時、一人でいると思わず聞き耳を立てたくなりますがガマンガマン。(^_^.)

DSCF1678.jpg 非常口なのでエコノミーでも足元ゆったり。

JGPになると嬉しい訳でもありませんが、国内線で乗務員の方が挨拶してくれます。
今回も格安ツアーの私にまで丁重にご挨拶いただきました。恐縮です。
「ああ、こんなことも来年3月までなのね。。。」と少々感慨深くなりました。

飛行機はほぼ定刻に出発し、北へ北へ。。。

北に向かっているので富士山を拝むこともなくブイーンと飛び続ける飛行機。
ちょっとサビシイですね。富士山が見えないなんて。。。

とはいえ、
DSCF1679.jpgDSCF1680.jpg
DSCF1682.jpgDSCF1684.jpg
DSCF1685.jpg 空の景色はよございます。

DSCF1683.jpg ヒレカツサンドでおなか一杯だったでお水のみ頂戴し、
機長から「現在、函館上空です」と丁重なご案内があったので、、、
急いで窓から外の景色を見ると、
DSCF1687.jpg うっすらですが
DSCF1688.jpg 見えました♪
DSCF1689.jpg といってもよく分かりませんが(^_^;)

なんて富士山が見えずテンションもボチボチではありましたが、
無事に飛行機は札幌新千歳空港に到着。。。。

DSCF1692.jpg サメなども入った水槽を見ながらJRで札幌へ。

福岡と違って町の中心部に行くまでの道のりが長いのが不便だなあ、と思いながらも
久しぶりの北の地に少しずつテンションが上がり始め、、、札幌駅に到着。

う、寒い。

(つづく)


nice!(9)  コメント(24)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

保田漁協「ばんや」のダルマイカ刺 [呑んだり食べたり(和食)]

鋸南町、保田漁協の「ばんや」へ行きました。 

DSCF1977.jpg 外は雨。。。。

開店前に到着すると、雨のせいか、お客さんは珍しくパラパラです。。。
とはいえ、店内では、DSCF1981.jpg お店の方々が
名物イカかき揚げの仕込みらしく、イカをザクザク切っていました。。

DSCF1984.jpg 店内もまだ人少な目。。

で、入口に生簀があるので暫し見学。。

DSCF1982.jpgピョンピョン飛び出す勢いで泳ぐヤリイカ
DSCF1983.jpg ボワーッとノンビリ漂うダルマイカ

ああ、今日は絶対イカ刺し食べよう、と思いながら着席し、
茶をすすりながら壁のメニューを見ると
DSCF1978.jpg「売切れ」ばかり。。
DSCF1979.jpg 売切がいっぱい。。。

やはり雨だと海が時化て不漁でメニューの種類が減ってしまうのか。。。
と思っていたら、DSCF1987.jpg 開店直前になると
慌しくお店のオネエサン達がメニューを入替え。
お寿司盛合せの魚の種類や、数々のメニューのお値段を書き換えたり。

DSCF1985.jpgカルピスサワー頼む人ってどれ位いるのでしょう

DSCF1986.jpgお持ち帰りも出来ます。
隣で待っていたお客さんは常連さんらしくタッパ持参でした。賢い。

結局開店時刻(9:30)になっても準備が終わらなかったらしく、
注文も取りにきてくれないので更にお茶をすすって待っていると、
近くに座っていたオッサン(既に酔っ払っているような雰囲気)が店員に噛み付いてました。
いつになったら注文取りにくるんだよ!って。。

オッサン、、、もっと心は広く持ちましょうよ。 
鷹揚な気持ちで待っていないと折角のお魚さんが美味しく食べられないわよ。(ププン)

と心の中でオッサンを叱りました。(笑)

で、結局9:40近くにオープン。

お店に入った順番に注文を取ってくれて(このあたりは公平な扱いで感心しました)
15分かかります、といわれた煮魚以外は怒涛の勢いでテーブルにやってきました。

DSCF1990.jpgイカかき揚げ 
DSCF1992.jpg これで630円というのがスゴイ。
ザクザクの玉ねぎとイカがゴロゴロ入っているかき揚げが4枚でウマウマです。

あ、ちゃんと生ビールも頂戴しました。
DSCF1989.jpg 朝からグビグビ。(^^♪

でも、DSCF1994.jpg定食セット(260円)も注文しました。

酒を飲みながらご飯も食べる、うつぼ母曰く「気持ち悪いわね」、な私です。(^_^;)

DSCF1996.jpg さざえのつぼ焼き 巨大です。
DSCF1997.jpgこんなに大きなさざえが520円ですから
DSCF1998.jpg 他じゃ食べられなくなっちゃう。磯の香りがよございます。
DSCF2007.jpg苦いけど好きなので完食(^^)
こうやってみると結構リアルな出で立ちですな。(笑)

DSCF2008.jpgわらさのかま煮

これで840円のビックリプライス。
金目のあら煮(630円)とどちらにしようか迷ったのですが、わらさにしました。
(近くのテーブルで金目のあら煮を食べていた人がいましたが山盛りでした)

DSCF2015.jpg脂の乗っている部分とさっぱりした部分があって
ゴハンによく合いますが、

DSCF2013.jpg 生酒も、、と注文してしまいました。(^・^)

で、今回注文したイカ刺し。

DSCF1999.jpg
活ダルマイカ刺し。

ダルマイカと書いたからといって、決してトロイカとかペレストロイカとか、
怪しげなロシアンとか、、ではございません。 だるま・いかですぜ、snorita姐さん。

で、向きを変えてみると、
DSCF2005.jpg ユニークな出で立ち

注文するまで、ヤリイカとダルマイカ、どちらにしようか迷ったのですが、
生簀で見たあのノンビリした雰囲気が気になっていたのでダルマイカに。

ビジュアル的にもこちらにしてよかったと思いました。。。

しかもお値段が当日は1050円のまたまたビック~リプライス。

因みに、この大きさがどのくらいかというと、

DSCF2011.jpg ダントツに(大)

DSCF2003.jpg 耳とか
DSCF2004.jpg 足
DSCF2006.jpg わた?
DSCF2001.jpg 思わず目を見てしまいます(^_^;)

さばき立てのダルマイカは、コリっとしながらも柔らかく甘くて美味。。

お陰様で日本酒が進みました。。。

DSCF2016.jpg ごちそうさま♪

と、食べているうちにお客さんがどんどん入ってきたので、
食べ終わったところで早々にお会計となりましたが、
名物のイカかき揚げは勿論、新鮮なワラサやダルマイカでグビグビした「ばんや」でありました。 


nice!(7)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

電話でパニック(*_*; [いろいろ]

どうタイトルつけようか考えてもナイスなタイトルが浮かばず、
上のようなタイトルにしちゃったのですが、パニックしてたのは私じゃなくて従姉です。。



しかも、さっきの話。  

あ、今日は日本がWBCで優勝してよかったよね。(旬な話題なので一応書いてみた、笑)



Krauseさんの記事を見たら無性に食べたくなって
早速材料を買って久しぶりの「自炊」(笑)で、ユッケジャンを作った本日。

料理の写真は割愛で。(^_^;)

Krauseさんの記事でどうぞ雰囲気を感じてくださいね♪

で、出来たユッケジャンを食べながら「うっひー、辛いけど美味しい♪」と
テレビを見ていると携帯電話がブルブルブルブル。。。

着信を見ると滅多にというか電話してきたことなど殆ど無い従姉です。

年は私より5歳(くらい?)上で、以前はゴハン食べたり出かけたりしていたのですが
結婚してから嫁ぎ先での仕事(自営業)が辛い割に楽しくて仕方が無いらしく
世の中の進化に乗ってインターネットでも商売始めたりして現在超多忙、
そんな訳でここ数年はメールするか互いの母親同士(姉妹)からの情報でしか
従姉の近況を聞いていなかった。

そんな従姉Mちゃんからの突然の電話。

「もしも~し、久しぶりぃ~、元気だった~?」と呑気に出た私に、

うつぼ、今、自宅なの?

Mちゃん、挨拶も何も、、、なパニック状態です。


本日、ノンアルコールデーにつき、至ってまともな状態(笑)の私、
一体何なの?と思いながら「自宅だけど何?」と聞き返し。

パソコン!メール!

またもや最小限の単語だけで私に指示するMちゃん。

こういう時に私まで慌てると相手を更に慌てさせるような気がしたので、
「はいはい、パソコンのメール開ければいいの?」と画面を観ると、
Mちゃんのお店からメールが入っていました。

開けて! 

「開けたよ」

メール、変?

見ると、文字化けした文面に混じって大量のメールアドレス。

「文面は文字化けしてるから分からないけど、
 こんなに沢山のメールアドレス、なんで書いてあるの?」と聞いてみると、、、、

・商売も軌道に乗ってきてインターネットから注文してくれるお客さんが増えたので
 お店のメールマガジンを送ることにした

・登録してくれたお客さんのアドレスをBCCにしてメール送付するように、と
 お店のスタッフに指示したものの、スタッフがどう操作したのか、
 メールの文面にアドレスが全て載ったままお客さんに送付してしまった

・送ってしまった宛先は数百件。

・それに気づいた常連のお客さんから連絡があったので
 うつぼ宛のメールがどうなってるか確認したくて電話した

とのこと。

私を含めた親戚一同、Mちゃんのところの商品を好んでよく買うのですが
(Mちゃん、身内を甘やかさず親戚割引無し&送料有料、笑)
メールで注文する私以外の親戚は電話orFAXで注文しているので、
私うつぼに確認するしかなかった、、、、よかった自宅にいてくれて、、、と
少々落ち着き始めたMちゃんでしたが、

こういう時、どうしたらいいと思う?

えー? 私に聞くの?

とはいえ、まだ焦りが見受けられるMちゃんに聞かれたら私も考えないと。。。。

幸いなことに、お酒で考えがブレてないし。(笑)

という訳で、提案したのは、

・本当は、メールを送る前にMちゃんが確認すべきだったこと、
 今後はメールマガジンが軌道に乗るまではMちゃんが責任持って確認すべき。

・やってしまったことは事実なのだから、
 そのこと自体を今グジグジ悩んでいるヒマがあるくらいなら
 送ってしまったお客さん一人ひとりにお詫びメールを送った方がいいと思う。

・差出人はMちゃんの名前、お客さんの名前を◎◎様、とちゃんと書いて
  日頃のご愛顧に対する御礼~今回のミスに対するお詫び・原因~
   ~今後再発防止につとめながら本業に鋭意努力すること~
   ~今後も変わらぬご愛顧をお願いしたい・・・・・
 って感じで明日午前中くらいまでに全員に送れば理解してもらえると思う。

・ま、そういう対応も、お客さんが私みたいな中年以上ばかりで
 リピーターが多いから受け容れてもらえると思うよ。
 そのくらいの対応がなければ私はこの店今後使わないと思うなー。

と説明している間に、Mちゃんも落ち着いたようで、


ありがとう、うつぼちゃん! 

「私、これからお客さん全員それぞれにお詫びのメール送るから電話切るね!」
と言いながらMちゃんは電話をきりました。

そんな訳で、
Mちゃんは今頃お客さんにお詫びのメールをせっせと送り続けていると思われます。

頑張ってね、Mちゃん♪ 

でも、Mちゃんは私のブログの存在を知りません。
Mちゃん、あなたの知らぬところでネタにしてゴメンナサイヨ。。(^_^;)

でも、自分がお客さんだったら、、、という観点でMちゃんの役に多少なりとも立てたかな、
と思えたMちゃんの電話でパニックでありました。


nice!(7)  コメント(16)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

竹隆庵岡埜の「元祖カリーどら焼き」 [菓子]

以前、取引先のオジサンが持って来てくれる「こごめ大福」について記事にしたのですが、
最近、そのオジサンが会社に来ることが殆どなくなってしまい(-_-;)
食べる機会もないので、竹隆庵岡埜の根岸本店に「こごめ大福」を買いに行きました。
(他にも入谷と御徒町にお店があるらしい)
広い店内には大福以外のお菓子もあったので職場のオミヤゲにと色々買ってみました。

DSCF8750.jpgこれだけ買ってみました

DSCF8755.jpg お目当ての
DSCF8756.jpg こごめ大福♪
DSCF8758.jpg 私は白い大福をいただきました。
DSCF8761.jpg あんこぎっしりずっしり(^^)
※いつもは私の齧りかけを写真に撮っておりましたが、
 今回は良く考えてちゃんとナイフで半分に切ってから(笑)撮影しております。

焼き目のついたモチモチの皮と中のアンコば美味。日本茶に合いますね。
(これはさすがにお酒は合わないでしょう、笑)

DSCF8752.jpg うさぎうさぎ という どら焼
DSCF8929.jpg 虎模様です
DSCF8930.jpg フワフワっとした食感です

DSCF8751.jpg 東京さんぽ道
DSCF8855.jpg ブッセです
DSCF8857.jpg 私の好きなチーズクリーム味
美味しいのですが、やっぱり「お菓子のホームラン王」ナボナの方が私は好きかな(^_^;)

DSCF8753.jpg ほいろ栗饅頭
普通に栗饅頭でした。(だから写真無しっす)

で、タイトルに書いたDSCF8754.jpgこいつ。

パッケージ右下に描かれているのは「カリーちゃん」というキャラター。(笑)

以前、きくぞうさんの記事で存在は知っていましたが、
本当に竹隆庵岡埜で販売されているとはビックーリ。。。
DSCF8854.jpg 一見普通のどら焼ですが
袋を開けるとプーンとカリーの香りが漂います。

DSCF8859.jpg 見えづらいのですが福神漬入り

これは、4等分にして、職場仲間と仲良く食べたのですが。

ま、食べられないことはないです。

不味くはない、、、けど、美味くもない。

ちょっとした中途半端感に何故かガッカーリ。。。。

ネタとしては面白いけど単なるネタで終わってしまった感もあり。。
中のカリー餡は普通に辛くて美味しいのですが、
皮が甘くて合わない感じ、、というのが食べた全員の感想でした。(-_-;)

てな訳で、一度は食べてみてもいいけれど、、、、
反動で揚げたてサクサクカリーパンが食べたくなってしまった
「元祖かリーどら焼」でありました。


nice!(10)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

浮間舟渡「やきとり森谷」で焼おにぎり [呑んだり食べたり(居酒屋①)]

普段足を運ばないエリアなのですが、友人おススメの店、ということで
埼京線浮間舟渡駅から徒歩数分(2分くらい)の「やきとり森谷」にまいりました。

DSCF0291.jpg マンションの1階にあります

「やきとり森谷」
板橋区舟渡1-13-10-105 ℡:03-3965-8938  日祝休

ドアを開けるとバーカウンターの席がずずずーっと並んでいて
奥にテーブル席がちょこっとある程度なので20人も座れば満席かな、というお店で
一見バーといわれればバーなのですが、店名にもあるとおり「焼き鳥」も食べられます。

お父さん、お母さん、息子さんの3人と、ご家族で経営されているのでホンワカした雰囲気で
接客とお料理担当のお母さんが「いらっしゃい♪」と、
DSCF0301.jpg つきだしのキャベツを出してくれます。

で、メニューですが、
DSCF0293.jpg お手頃価格(^^)


飲み物は、
DSCF0294.jpg カクテルが豊富です

息子さんが以前バーテンダーのお仕事をされていたそうで、
カウンター席の後ろにはバーのように様々なお酒の瓶が並んでいます。
そして、料理に合わせて好みを言うとカクテルを作ってくれるそうですが、
私、今回は日本酒を飲んだ為(いつもじゃん、という突っ込みは無しでね(^_^;))
カクテルは試せませんで。。。。。

DSCF0296.jpg カンパイは生ビールだし♪ (一口飲んでから撮影)

で、お手頃価格なので安心してジャンジャン注文しました。

DSCF0298.jpg ぬた和え
DSCF0300.jpg とりわさ
DSCF0297.jpg レバー
DSCF0302.jpg すなぎも
DSCF0299.jpg ハツ
メニューには載っていませんが仕入れた時は「今日はハツもありますよ」と教えてくれます。

DSCF0303.jpg 手羽やき

テンポ良くテーブルにやってくる焼き鳥たち。。。
どれも美味でビールもグビグビ進みまして、

DSCF0304.jpg 日本酒にスイッチ

お酒担当の息子さんにメニューにないお酒もありますよ、と説明を受けて
秋田の「まんさくの花」を頂戴しました。(これもかなりお手頃価格だった記憶)

焼き鳥に日本酒、やっぱりいいわね~、と呑み進んで、、

DSCF0305.jpg 野菜の煮込み 優しい味です(^^)
DSCF0306.jpg 大ぶりの椎茸
DSCF0308.jpg 甘いネギ
DSCF0309.jpg 友人が頼んだつくね(美味しそうだった)
DSCF0310.jpg 皮 カリカリッ

DSCF0311.jpg お代わり♪

実は今年初めに行ったお店なので、2杯目に何を飲んだのか忘れちゃった。
これも息子さんおススメのお酒でしたが(純米)美味だったのは覚えてる。(^^)

DSCF0312.jpg お新香 後半には必須のつまみです

DSCF0315.jpg 〆のメニューに合わせてスープを出してくれます
これが野菜と鳥の優しい味でホッとします。。

で、知人が「このお店にきたら絶対おススメ」と言っていた
DSCF0313.jpg 焼おにぎり が登場
少々お時間かかります、とのことだったので(30分くらいだったかな)
早めに注文しておいたのですが、

DSCF0314.jpg じっくりカリカリに焼かれていて
この出で立ちを見たら時間がかかると言われたのも納得です。

表面がとにかくカリカリで焦げた醤油が香ばしい♪ ウマウマ~な味。

焼おにぎり、結構すきなのですが、これは今まで食べた中でトップ3に入ります。(^^)

お店の入口で焼き担当のお父さんが黙々と焼いてくれた一品ですが、
これをつまみにもっと呑んでもいいくらいだったのですが、
自宅までの距離を考え少々早めに宴会お開き。。。

勤務先からも自宅からもちょっと遠いので頻繁に通えないのが残念ですが、
温かい雰囲気(特にお母さん)で、でもオシャレな雰囲気でもあったりして、
おまけに料理がお手頃で美味しくて、、、、だったので、
次回はカクテルでも飲んで、焼き鳥もいいかしら、と思った「やきとり森谷」でありました。 


nice!(10)  コメント(20)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

庄やの「びっくりメンチカツ」 [呑んだり食べたり(居酒屋①)]

「よろこんで!」の掛け声が時たま恋しくなる私、久しぶりに「庄や」に行きました。


 

やっぱり最初は生ビールでDSCF0330.jpg カンパイ。

サントリーのビールが今ひとつ得意ではないのですが
喉が乾いているときのアワアワは良うございますな。

DSCF0331.jpg お通しはツナ&玉ねぎサラダ、と鳥皮揚げ 
このお店(庄や全てがそうなのか分かりませんが)、2種類出るのが良心的。(^^)

DSCF0332.jpg 手作り豆腐(という名前だったような)
最近こういうざる豆腐っぽいお豆腐を出すお店が増えているような。
手作りぽいイメージを出したいのかな、なんて思いますが、 
中年になると、こういうおつまみを真先に頼んでしまう自分がいるのも事実。(笑)

DSCF0342.jpg 馬刺し
馬刺しは高たんぱく低カロリーと言われていますが、
DSCF0343.jpg 霜降りだからホントかどうか。

でも、酒呑みには嬉しい一品です。。。

で、ビールもそこそこに
DSCF0333.jpg 日本酒の
DSCF0334.jpgメニューから
DSCF0339.jpg 国士無双♪
「ひたひたにお願いしま~す♪」とお店のオバチャンにお願いすると
「はい、喜んで!」と言ってDSCF0340.jpg注いでくれます

こういうところも高得点に思える自分がおります。。。(^^)

DSCF0335.jpg お好み3点盛り

10種類くらいから3種類選んで480円だったかな。

いか、たこ、たこ吸盤の3種を選択しましたが、

DSCF0336.jpg この吸盤が堪らなくコリコリ~ッ。
DSCF0341.jpg 因みに吸盤(裏)です。

こんなコリコリした食感が日本酒には合うのでございますな。

DSCF0338.jpg 納豆磯辺揚げ

納豆が好きなので、メニューにあると思わず頼んでしまいます。
ただ、高温で調理すると納豆菌の御利益がなくなるので、その点は残念かも。
美味しいだけに、そんなことを考える納豆好きな奴です。。。(^_^;)

で、日本酒の国士無双をお代わり!とお願いすると、
「枡にヒタヒタにならないから違うのにします?」と言われてしまい、、、

DSCF0347.jpg 司牡丹をヒタヒタに。。。

かなり辛口(+10だったかな)でしたが、美味なり。。

で、友人が食べたいと頼んだ件名の品が登場。

DSCF0345.jpg ギョギョギョ(@_@)
びっくりメンチカツ 600円也。

でかっ!

テーブルに登場したのを見てビクーリしました。。

居酒屋でメンチというと、本所「わくい亭」で食べたくらいしか記憶にないのですが、
(どちらかというとコロッケの方が好きなのです)
大きさにビックリしつつ食べるとサクサク&肉汁ジュワ~。
ただ単に大きいだけでなく美味しいことに二度ビックリ。(@_@)

実は、あまり期待していなかったので。(笑)

とはいえ、これは日本酒にはあまり合いませぬ。。

DSCF0348.jpg で、ウーロンハイ(大)を注文。

これがスゲー濃くて更にビックリしますた。(@_@)

と、あまりの大きい揚げ物にカロリー怖いと思いながらもたまにはこういうのもいっか、
と思いながら日本酒も楽しみ(途中からウーロンハイにスイッチしたけど)
結局友人2人と食べてしまった「庄や」のビックリメンチカツでありました。


nice!(11)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

「“ひこにゃん”のてくてく歴史街道」を観る [舞台・ミュージカル・アート]

一昨年、彦根城まで足を運び念願のご対面を果たした“ひこにゃん”。

 は~い♪

ああ、思い出すわねぇ。。。(シミジミ)

彦根に行くきっかけを作ってくれた取引先のオジサンが
「うつぼさん!ひこにゃんが江戸東京博物館に来ますよ!」と教えてくれました。

172018002232-4-4821-20090318172326-00001.jpg もう1ヶ月も前の話。。。(ーー;)

もー、居ても立ってもいられまへん。(V)o¥o(V)

早速行くことにしたのですが、、、
ひこにゃんが観たいなんて奇特な人はいないだろうから一人で行こう、と思っていたら
「生ひこにゃんが観たい♪」という賛同者(友人2人)が現れ、都合3名で両国へ。。。

ひこにゃんが登場するとはいえ、さすがにホール(450名収容)が満杯になるとは思えず
当日券でいいや、と思っていたのですが、チラシを観ると当日券についての記述が無い。

当日会場にいって「チケット、売り切れですよ!」といわれるのもイヤだし、、、
で、「滋賀県東京観光物産センター」に電話して「当日券販売はありますか?」と聞くと
「事前申込のみです。当日券は販売しません!」と断言するオジサン。

うつぼ :「チラシに前売券はチケットぴあやファミリーマートで、とあるんですけど、
      あいにく近所にないので事前にチケットを買う機会がないんです。
      ですから、予約という形で当日支払ってみることは出来ませんか?」

オジサン:「本当はねー、予約は受けてないんですけどねー、そこまで仰るなら
      私○○の名前で3名分予約しておきましょう。
      当日は受付で東京センターの○○さんに予約電話をした“うつぼ”です、
      と名乗ってください、チケットを確保しておきますから。」

なんだよ。(^_^.) 恩着せがましい感じのオジサンだよ(ーー;)と思いながら、

うつぼ :「では、お手数をおかけしますがお願いします。
      実は、彦根の商工会議所の方からチラシをいただいたので
      久しぶりに“ひこにゃん”に会いたくなりまして。。。」

オジサン:「え、商工会議所の人の紹介なんですか?(態度急変)
       うつぼさん、ひこにゃんに会ったことあるんですか?」

うつぼ :「はい、一昨年、彦根城築城400年の時に彦根城まで行って  
      会ってきましたから今度で2回目なんです。(^^)」

オジサン:「そうなんですか。。。 ご存知ですか? 
       ひこにゃん、東京には年4~5回やってきてるんですよ。」

うつぼ :「そんなに来てるんですか? 今回楽しみです~。」


ガチャ。。。 電話を切ってオジサンの態度に思わず失笑。(^_^.)
取引先は彦根商工会議所の役員なので、思わず名前も出そうかと思ったのですが、
そこまでやると私も品無し女なので自粛。(笑)

という事前のやりとりがあったので、当日、江戸東京博物館の受付で
オジサンに言われたとおり説明しました。

が、

「そのような伝言は承っておりませんが」。 とのお答え。

そして、オジサンが無いと言っていた「当日券」を普通に購入。。。

あのやり取りは一体なんだったのでしょう。。。
住所に電話番号に名前なんかフルネームで言ったのにさ。ちぇ。(ーー;)

と、複雑な気分でホールの中へ。

開演ぎりぎりに入ったので後方席に座ったのですが、入りは7~8割くらい。
こういうイベントでは入っているほうではないのでしょうか。。。

で、18時半に開演。

まずは、DSCF1481.jpg彦根市の副市長さんからご挨拶。

地方のゆるキャラで一番人気のある“ひこにゃん”の宣伝で
もらった年賀状やバレンタインのチョコの数がものすごかったこと、
“ひこにゃん”はミッキーマウスと同じでこの世に一体しかいないので、
今この時間に“ひこにゃん”に会えるのは皆さんだけ、と力説。(笑)

続いて、第一部「ひこにゃんと聴くバロック名曲選」。

ソプラノ歌手中村朋子さん→ http://pia-julien.com/profile/nakamura.html

と、

リュート奏者 高本一郎さん→ http://www5e.biglobe.ne.jp/~jun_y/lute_hp/home2.html

による、ヘンデル「オンブラ・マイフ」を聴いてほわ~っとした気分のところに

DSCF1483.jpg ひこにゃん登場。

DSCF1484.jpg 中村さんとのトークで
DSCF1486.jpgDSCF1487.jpg お茶目な姿を披露。

DSCF1488.jpg リュートの高本さんも若干苦笑気味。。。

DSCF1490.jpg 中村さんが懸命に盛り上げ
DSCF1493.jpg 愛くるしい表情のひこにゃん
DSCF1499.jpg とにかく
DSCF1500.jpg 表情がくるくる変わるので
DSCF1515.jpg 中村さんも対応に苦慮されている模様。
DSCF1518.jpg 観客のフラッシュもすごいし。(^_^.)
DSCF1528.jpgDSCF1530.jpgDSCF1534.jpg と引っ込んで

中村さんのソプラノ&高本さんのリュートによる、
バッハ「主よ人の望みの喜びよ」、イングランド民謡「グリーンスリーヴス」を聴いた後、

DSCF1539.jpg ウクレレを持って再登場
DSCF1545.jpg とはいえ弾くのは高本さん

ひこにゃんが弾くフリしつつ、高本さんがリュートを弾き、、大拍手。。。

続いて高本さんのソロ演奏だったのですが、
場内ひこにゃんの撮影で観客のコーフン収まらず、

DSCF1548.jpgDSCF1549.jpg みんな落ち着いて、とのポーズ

で、高本さんの演奏で(リュートとバロックギターと持ち替えての2曲演奏)、
イタリア古謡「シチリアーナ」、サンス「フォリア」を聴き、、、

中村さんも登場して再び歌も含めての、パーセル「美しい島」を聴いて休憩。。。

 

休憩後の第二部は、趣向を変えて講談です。。。

DSCF1554.jpg 最初に、ひこにゃんが登場して
DSCF1556.jpgDSCF1557.jpg 釈台に座り
DSCF1558.jpgDSCF1559.jpg 笑わせてくれますが
DSCF1561.jpg 上方講釈師の旭堂南左衛門さんが登場し
DSCF1570.jpg ここ仕事場だからどいてくれる?といわれて撤退

と、ここからは第二部「音楽絵巻~井伊直弼外伝 我に道あり!」です。

旭堂さんのサイト→  http://1st.geocities.jp/k_nanzaemon/index.html

第一部でも登場したソプラノの中村さん&リュートの高本さんの演奏に加え、
旭堂南左衛門さんが講釈するというスタイルの珍しい演出。

内容は、井伊直弼が琵琶湖のほとり(彦根)から江戸城に向かう道すがら
かつて、最澄や織田信長が通ったことを思い起こし、、、という回想録のような講談。

が40分くらいあって、、、途中うつらうつらしてしまいました。

今でも寄席に行くと講談の歴史もの(というか戦記もの)に眠くなってしまう
日本史苦手な己がいたりするのですが、今回もあまりの長さに思わずうつらうつら。。。。

とはいえ、最澄のあたりは多少ちゃんと聴いておりまして、
罪も無い少女が悪党に殺される場面で、なぜ最澄は木の陰に隠れていたままで
助けなかったのか???そこだけは不満なままでおりました。

因みに、同じように船を漕ぎ掛けいた知人も、同じ感想でした。

要は、織田信長のくだりはお互い殆ど聞いていなかったということで。(笑)

講談が終了すると、

DSCF1573.jpg ひこにゃんが登場。

と、2時間のイベントも無事終了したのですが、

とにかく観客のマナーが悪いのにがっかり。。。

私自身は“ひこにゃん”に会いたいだけでなく、
リュートが生で聴ける機会が滅多にないので楽しみにしていたのですが、
観客の殆ど(何割かは滋賀県関係者みたいでしたが)が、“ひこにゃん”ファン。

出てくるだけでキャーキャー、フラッシュたきまくり、、、で、
演奏中に“ひこにゃん”がステージで踊っていても写真をフラッシュ焚いて撮っていたり。。

開演前、演奏中は撮影禁止、といわれてたはずなのですが。。。

しかも、イベントを通じて禁止されていた「動画撮影」を平気でしている人も多数。

私の数列前でも中村さんや高本さんの演奏中に、ひこにゃんが舞台にいるからと
ずっとカメラを回し続けている人がいたのには残念でした。。。

クラシック音楽のコンサートの感覚で考えると明らかにマナー違反で
鑑賞態度のなってない人ばかり、で、(途中で携帯も鳴っていたし)
これは一体なんのイベントなんだろう、、と思ったりしたのですが、
一応“ひこにゃん”のイベントなので多少は仕方ないのかな、なんて思ったり。。。

多分、出演者の方々もある程度は織り込み済みで仕事を請けられたのでしょうし。。。

と、非常に複雑な気分ではございますが、

ひこにゃんの動く姿をまた生で見られたのは新鮮な感激であったのも間違いなく、
年に一度くらいはお会いしたいな、と思った「ひこにゃん~てくてく歴史街道」でありました。



タグ:ひこにゃん
nice!(10)  コメント(22)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「初恋の人からの手紙」(笑) [本・ゲーム・テレビ]

実際にそんなものを貰った訳じゃないのですが。(^_^.)



流行りものには疎い私ですが、浦島太郎さんのところで見つけたらやってみたくなりました。

初恋の人からの手紙」 っていうサイト。 結構こういうの好きなんですよねぇ。

正直に自分の誕生日とか性格などを入力したら、以下のような手紙が。。。


初恋の人からうつぼさんへお手紙が届きました。

うつぼ、元気?
今でも血液型で性格が決まると思い込んでいますか?
本気でB型はマイペースだと言っていたうつぼがなつかしいです。

泣きじゃくるうつぼが「好きだけど寂しいから別れる」と言って
自分から連絡を断ったあの日から、もう26年が経ったんだね。
月日が流れるのは早いものです。

あ、そうそう、手紙を書いたのは何か理由があるわけではないんだ。
うつぼに名前が似てる犬がいて、ふとなつかしくなったから、
たまには思いついたままに何か書いてみようと思っただけ。ふふ。

今から思うと、なんだかあのときの付き合いは、
おれの一人よがりだったなぁという気がします。
うつぼはいろいろと我慢して溜め込むタイプだったから、
なかなか気持ちに気付いてあげられず、
よく泣かせたり怒らせたりしていた印象があります。
いつのまにか不機嫌そうな顔になっていて混乱したことが何度あったことか・・・。
今では素直に気持ちを言えるようになっていますか?

そういえばうつぼにとっては初恋だったのかな?
だからか、付き合う前から慎重で、いろいろ確認していましたね。
「デート代は割り勘?」「キスは付き合って何ヵ月後の予定?」とか質問されて、
返答に困ったのを覚えています。探りすぎ(笑)。

まだ付き合ったばかりのころ、
うつぼはやたらと「絶対に別れないって約束して」と迫ってきましたね。
おれは「おう、約束するよ」などと言っていましたが、
内心「うっ…」と思っていたのをよく覚えています。
約束を破ってごめんなさい。

恋愛を総合的に考えれば、おれはうつぼと付き合えてよかったなぁと思います。
いつも不安げで泣き虫なうつぼと付き合うことで、
自分が強くなるということを学べたように思えます。

いろいろ書いたけど、おれはうつぼが大好きでした。
これからもうつぼらしさを失わず、それとせめて毎日お風呂には入るようにして
新しい誰かと幸せになってください。

またいつか会いましょう。では。

P.S. おれと付き合った過去をみんなに隠しているって本当ですか?

 



どっひゃー。

私、毎日風呂に入ってるよー! 

私と同じ名前の犬って!
「うつぼ」なんて名前つける飼い主なんているのかよー!

と怒ったところでお遊びなのですから(上の手紙で下線引いたのは私)、
余裕を持って笑いたいところです。。

それにしても、、元彼によれば、私はグジグジ湿った女なのね。(笑)



で、ご丁寧に私についての分析結果まで書いてくれました。 親切です。




うつぼさんについての分析結果は以下の通り。

【短評】
温和で優しい。かわいらしさがあるが、自信に欠け、弱気。精神的な波がある。

【あなたの恋愛事情を考察】
うつぼさんは、精神面ではいわゆる「女性らしい女性」だと言えるでしょう。
気性は穏やかで、決して男性を引っ張るタイプではなく、
守るよりは守られたいタイプだと思われます。
しかし、その依存性が苦しみを生んでいる部分もあるのではないでしょうか。

男性に依存していると、人生が「相手次第、恋愛次第」になってしまい、
疲れますし傷つきやすいはずです。
それに苦しんで「強くなろう」と思っても自分にフィットせず、
「もっと温和で誠実な人と付き合おう」と思ってもしばらくするとなんだかドキドキできなくて、
その人に対し「いい人なんだけど」と思いながら付き合いが長引いたりしがちです。

依存することに苦しくなったとき、うつぼさんの中には「依存しない」という方向の解決しか
思い浮かばず、当面はそんな袋小路に苦しむことになりそうです。

ここから言える、うつぼさんにありそうな問題点を列挙します。

◆彼氏や恋愛の比重が大きくなりすぎてしまい、苦しくなる。
◆強くなろうとしても、強さがよくわからない。「我慢」や「意地」のことだと勘違いする。
◆言いたいことがうまく言えない。気持ちが分かってもらえない人と付き合うことが多い。

【もっと上手な恋愛のために】
そういうタイプになったのはなぜなのか、もっとモテるためにはどうすればいいのか、
もっと恋愛上手になるためにはどうすればいいのか、どう考えればいいのか。
恋愛の疑問は尽きないと思います。

恋愛を深くまで知るのと知らないのでは、
その後の人生の豊かさに大きな差があると思っています。
なんとなく恋愛をしているだけでは、同じことを繰り返すなど、成長速度に限界があります。
そして、恋愛できる時間は、実質的に限られています。
経験を積み重ねているだけではあっというまに時間は過ぎるのです。



うつぼさん、、、主体性のない女、って感じに思えますが、意外と当たっているような。。。(笑)
と当たっているような当たっていないような、でも、
私の答えた内容を組み合わせて出てきたわけだから当たっているような。。(^_^;)
と、これを友人に読んでもらって感想を聞いてみたいと思いつつ、
ソネブロの他の方の結果も見た~い、と思った「初恋の人からの手紙」でありました。



タグ:初恋 手紙
nice!(10)  コメント(26)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
メッセージを送る