So-net無料ブログ作成

映画「スイス・アーミー・マン」を観る [映画⑤]

ダニエル・ラドクリフ君の出演作ということで借りた作品。

スイス・アーミー・マン Blu-ray

スイス・アーミー・マン Blu-ray

  • 出版社/メーカー: PONY CANNYON Inc(JDS) = DVD =
  • メディア: Blu-ray
無人島で遭難してしまったハンク(ポール・ダノ)は生きる気力を失い、
悲嘆のあまり自殺しようとする。ちょうどそのとき、
海岸に流れ着いた男性の死体(ダニエル・ラドクリフ)が目に飛び込んでくる。
その死体からはガスが出ており、浮力があった。ハンクが飛び乗ると、
死体は水上バイクのように動き始め……。




-----------------------------------------------------------------------------------------


シュールなファンタジー。(笑)


死体(ラドクリフ君)がガスを発してそれを使ってジェットエンジンぽく
ハンクが無人島を脱出するのは面白いなって見ていました。
(ハンクがなぜ遭難したか、そこを描くとつまらなくなるので割愛しているのは正解)

死体がガスを発してハンクが無人島を脱して、
故郷の近くまでくるというのもどこかご都合主義ですが、
その後、死体がハンクの言うことを復唱したり、質問に返したり。

えー?そんなことありえるの? (・・?

そう思ったのですが、まあ、ファンタジーの括りならそれはOKの範囲内、と
思っていたら最後もまあ笑える結末でした。(笑)

ラドクリフ君はハリポタのイメージがものすごく強くて
払しょくするのも大変なんだろうな、なんて思いながら見たのですが、
今作は死体役(でも喋る(笑))で、演じるとしたら意外と面白い役、というか、
オファーがあれば殻を破るのに色々演じたいのかな、なんて思う作品でした。

ガスで無人島を脱出した後の方が長いし、
そこでハンクの独り言に応える死体も面白いし、
ただ、死体が腐敗しないもすごいな、とか思いながら、
誰も傷つかないような落としどころで映画が締まる、
こういう発想で映画を作ってもいいんじゃないかな、
と実験的な感じもしつつ、湿った笑いの中で、ストレスなく見終わった、
「スイス・アーミー・マン」でありました。




nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 4

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

メッセージを送る