So-net無料ブログ作成

徳島旅行記2017~ひょうたん島PR船編~ [旅行・出張の巻(日本⑥)]

バス移動で珍事がありましたが、無事徳島市内について、
ホテルに向かっていて見かけた看板が、
IMG_8856.JPG ひょうたん島PR船

徳島でひょうたん島ってなんだろうと看板を観たら気になりすぎて、
ふねふねふーねー、ひょうたーんふねー、と心中歌いながら向かいます。

IMG_8858.JPG 途中でみかけた青果店ならぬ果実店
おみやげどうですかーってお店のおじちゃんに声をかけられたのですが、
明日帰るときに寄りますねー、と言って更に前進。

IMG_8860.JPG この人、ここが選挙区なんだ。。(知らなかった) 
IMG_8862.JPGIMG_8863.JPG
IMG_3896.JPG豆の香りがしてうんまかった IMG_8867.JPGで、到着 IMG_3903.JPG 無料です 
IMG_8873.JPG 斜め前に見えるホテル
ホテルの場所が分かったので安心して船に乗れます。

(船の説明)→ http://www.city.tokushima.tokushima.jp/kankou/taiken/hyoutanjima.html


新町川を守る会というNPO団体?が運営しています。
名前と住所を書いて保険料200円を払って乗るシステム。

無料なので仕方ありませんが、着てください、と言われたライフジャケット、
ちょっとくたびれていて、なるべくキレイなものを選びました。(^-^;


IMG_8874.JPGこのおじちゃんが運転してくれました
船の写真がないのですが、楕円形な感じで椅子が置いてあって屋根なし。
遊園地の乗り物が水の上に浮いているような、そんな感じ。
雨の日はカッパがないと厳しい船です。

で、どうしてひょうたん島というのか、ですが、
船着き場のある新町川と助任川に徳島市内が囲まれていて、
それがひょうたんみたいな形だからそう呼ばれるんですって。

IMG_8879.JPG出発
出発したものの、船頭さん(というのか)は一切話さず、説明なく、
何がどうなんだか全く分からず。(笑)
ひょうたん島というのも他に乗っていたお客さんに聞いたくらいで。(^-^;
IMG_8887.JPGとはいえ、風が気持ちよく IMG_8896.JPG 何本も橋をくぐりIMG_8899.JPG 爽快です
歩くと暑い5月下旬の昼下がりでしたが、船のスピードがなかなかで
風に当たると気持ちよい船旅30分。 
IMG_8901.JPG そろそろ到着 
IMG_8902.JPG 魚が釣りしとる(笑) 
ボランティア的な船なので仕方ないのかな、
船頭さんがあまりにも無口で、少し説明してくれてもいいのにな、と思ったのですが、
こうやってひょうたん型の徳島市をぐるっと船旅できるのも乙なものです。

と、船を降りたら、船着き場近くの両国橋を渡って、
IMG_3907.JPG ここにも阿波踊り 
IMG_3909.JPGこのホテル
ハイパーイン 徳島両国橋

ハイパーイン 徳島両国橋

  • 場所: 徳島県徳島市富田浜1丁目9
  • 特色: 徳島市の中心両国橋に面した快適空間。アクセスの良さはビジネスやレジャーに幅広くご利用いただけます。
JALのパッケージツアーで安いホテルを選んだのでここ。
何軒か系列店がありますが、経営難のビジネスホテルを買い上げて
再生している企業が経営しているそうで、コスト削減の一環なのか、
12時~15時、23時~6時はスタッフ不在。
昼の不在時は連泊客も部屋を出ないといけないルール。
従業員も少な目だったので、人件費をおさえてコストを安くしているみたい、
そんな印象でした。

チェックインは覇気のないアンちゃんで、もうちょっと元気だそうよ、と
心の中でつぶやきながらかぎを受け取り部屋へ。

IMG_3911.JPG 狭いのは仕方ない
IMG_8904.JPG お風呂にこんなもんがありました。
ビジネスマンが連泊して洗濯するのかも。


部屋が狭いのは仕方ないのですが、お風呂の栓をしていないと排水臭がするので、

栓をして窓を全開。真夏じゃなくてよかった。。


排水臭が気にならなくなったので、少し昼寝したら。(-。-)y-゜゜゜


夜の部へGO!


(つづく)




タグ:徳島
nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る