So-net無料ブログ作成
検索選択

はじめての脳ドック [健康]

先日、はじめて脳ドックなるものを受けてみました。


会社の健康診断で血液検査や婦人科系の検診はありますが、
脳は項目に入ってないし、オプションでもつけられず。


人生折り返したのは確実とはいえ、父親が脳疾患(脳梗塞)だったのを考えると、
自分の現在の酒浸り生活で脳がどうなっているのか調べたほうがいいかしら、と、
健保で補助が出る病院を予約して検査当日。。

検診は完全予約制、予約時刻の10分前にはきてください、と書いてあったので、
急いでいったのですが(土曜日午前中)、受付で問診表書いて、時間になっても呼ばれず、
結果的には30分以上経ってから、うつぼさまー、と呼ばれて最初に問診。

担当が、疲れ果てた死神博士って感じのおじいちゃんで、
私にいろいろ質問してきてそれをPC上に一生懸命タイピングするのですが(遅い)、
誤字というかタイプミスだらけで、画面上に表示される打ち間違い文章を見ながら
その都度心中笑いが止まらなかったのはナイショ。

お酒は?と聞かれて、週3-4日(過少申告)くらい呑みます、と答えたら、


週3-4日くらいみます。 と、モニター画面上に。。。


NOMIMASU のはずが、、 MOMIMASUに。。。
キーボード、MとN,隣同士だし。。。。(笑)

画面の文字を見るや、おじいちゃん、急いで、いかんかん打ち間違いだ、、、と
打ち直していました。。。


MRI検査なので、閉所恐怖症かどうかも聞かれますが、
全然そんなことはありません、と答え、体内に金属入ってますか質問には、
昔胆石手術をしたのでチタンクリップが2個、と回答。


磁力を使った装置で検査するので金属は大敵。。


一通り聞き終わると、

「今の検査は細かいところまでわかるんですよ。
 15年前だったら見つからない数ミリの脳梗塞もわかっちゃう。
 年齢を考えると、そのくらいの脳梗塞がある人も多いから気にすることないですよ。
 本当に小さい梗塞が見つかって不安になる人がいますが大丈夫ですから!」

まだ検査前なのに、変に励まされました。




それって、逆に不安になるんだけどね。(-_-)



その後、若い女性スタッフに更衣室までつれていかれて検査着に着替えて、
しばし待ってからMRI検査。 人生初のMRIなのでどきどきです。



宝塚の男役が似合いそうなスラットしたアラサーくらいの検査技師の女性が、
ものすごくウルサイので(ヘッドフォンする)どうしても我慢できないときは、
手に持っているスイッチを押してくださいね、と念押し。


たぶん大丈夫ですー、と答えて検査開始。(15分くらい)



モルタル臭のしない工事現場



のような騒音でした。音が時々高温に変わったりしますが、
確かにうるさい。なのに途中で半分寝てました。(笑)



うちの母くらいのお年寄りだとダメって人いるかもしれないですね。


と、無事に検査も終わり、お会計して、2週間後に結果が自宅に届いておりました。


とりあえず、大きな問題はなく、定期的な検査をおすすめします、という
メッセージが添えられていましたので、健保で補助も出るし、
年に一度は検診受けて己の状態を知るのがいいのかな、と思った、
初めての脳ドックでありました。








nice!(5)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 5

コメント 2

lovin

10年くらい前に私も一度受けました。
脳に行く血管のCT(?)もやってくれるとこで、
そこで、血管内ついてる脂肪、少し多いって言われて。。
でもそれ以来受けてないな~~。
もっと安かったらいいんですけどね~。。
by lovin (2017-05-12 10:02) 

うつぼ

lovin姐さん、こんばんは。
今の健保が若い加入者が多いせいか、補助もかなり手厚くて、
5万円くらいの検査が1万円くらいで受けられるのもあって、
受けてみました。このくらいなら年に一度は、、かな。
年齢なりに脳も年をとるにしても定期検査は受けたいですね。。
by うつぼ (2017-05-15 22:57) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る