So-net無料ブログ作成

映画「ディセンダント」を観る [映画④]

ディズニーにしては変わっていそうなので借りてみました。

ディセンダント [DVD]

ディセンダント [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
  • メディア: DVD



あらすじはAmazonさんより。

魔法のバリアで覆われたロスト島。
ここにはマレフィセントやイーヴィル・クイーンといったディズニーヴィランズたちが
子供たちと暮らしている。
彼女たちを島に閉じ込めたのは、海を隔てたオラドン合衆国の王、ビーストだ。
ビーストの息子ベンはもうすぐ16歳を迎え、王位に就こうとしていた。
ベンはヴィランズたちの罪はその子供たちにはなく、子供たちは解放されるべきだと考え、
彼らをオラドン合衆国に呼び寄せた。
生まれて初めて島を出ることになったマレフィセントの娘マルと、
イーヴィル・クイーンの娘イヴィ、ジャファーの息子ジェイ、
クルエラ・ド・ビルの息子カルロスの4人組。
彼らは親たちからオラドンでフェアリー・ゴッドマザーの魔法の杖を奪ってくることを言いつかる。
マレフィセントの願いは、魔法の杖を手に入れ、島に閉じ込めた善人たちに復讐することなのだ。
悪役の子供は、親と同じ悪の道に突き進むしかないのか?
それとも、彼らは自分たちの手で新たな人生を切り拓くことができるのか?
悪名高き親を持つ子どもたちの葛藤や、彼らの心の成長、友情、
そして初恋を、圧巻の歌とダンスが彩る。
“めでたし、めでたし"のその後にはどんな物語が待っているのか―?



悪役版ハイスクールミュージカル。

ハイスクール・ミュージカル [DVD]

ハイスクール・ミュージカル [DVD]

  • 出版社/メーカー: ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
  • メディア: DVD



 

みたいな。(笑)



ディズニー作品を合わせて悪役主体で作ってみたらどうかな、的な
そんな派生作品ではあるのですが、悪役がちょっと優しそうな。(笑)


悪役の子供たちもワルとはいえ、ちょっといいところにいけば
そりゃ、なんだかわからないけどいい方に感化されちゃうだろうし。
(まあ、逆も然りなんでしょうが、これは映画なので(笑))


ディズニーですから、悪よりは善ってことで、
悪役の子供たちが善に触れて変わっていく、、はい、めでたしめでたし、
な感じで想定内な展開に驚きもせず、ほっとして見終わりましたが、
元々は劇場公開ではなくテレビ映画みたいなのでそれなりな感じもありかと思います。


個人的にはブロードウェイで活躍するクリスティン・チェノウィスがマレフィセント役で
舞台的な悪の女王的な感じがツボにはまりましたが、ミュージカルが好きな人であれば、
緊張しないで笑いながらさらっと観られる点では楽しいかなと思った、
「ディセンダント」でありました。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る