So-net無料ブログ作成

高田の旅2012~高田世界館で「Wホワイト」編③~ [落語&お笑い]

閲覧数少なくて引きの悪い落語記事なのですが、本人は楽しく書いておりますので、
ずるずる書いていても温かい目で見てくださいね。(^_^)



ホワイトW.jpg Wホワイト後半戦


白鳥サン.jpg 白鳥さんからスタート

登場するなり、前半の白酒さんの落語について、
「白酒、うまいなあ、よく口がまわるなあ」と感心していました。
「岸田君(白鳥さんの地元の同級生でこの落語会の席亭)が、
 『初めて本当の落語を聞かせてもらいました』って言ってたよ~。」とも言ってました。(笑)

確かに、私も見ていてほれぼれするくらい白酒さんの滑舌がよかったので
白鳥さんのコメントに頷いてしまいました。。 白鳥さん、時折噛むもんね。。。

昨年も話題になっていた三題噺ですが、
この落語会が開催された頃にも池袋演芸場でやっていました。
ただ、昨年1人で10日間できつかったせいか、今年は喬太郎さん、彦いちさんと3人の交代制。
最終日(10/10)は3人でやるというのであの狭い池袋演芸場もギュウギュウに人が入りそう。。。

初日は白鳥さんが担当で、客席からもらったお題が「台風、靭帯、高校教師」。
台風は前日台風がきていたから、靭帯は白鳥さんが最近痛めたから、で、なんで高校教師?
と思いながら、高校教師を「孝行教師」とかけて噺をつくって高座にかけてみたものの、
終わったあと拍手もまばらで。。

どんな噺だったかというというと(内容は白鳥さんのホームページで確認しました)、
靭帯、、じんたい、深大寺?深大寺そばの由来の話にしようとしたらしいです。
中学の体育教師鬼塚と不良でも心優しい生徒の吉田君、と彼が学校の屋上に作った白鳥小屋、
そこに襲い掛かる台風、白鳥を守ろうとした吉田君を助けた為に鬼塚は靭帯を伸ばしてしまい
教師の道を諦めて実家の寺に帰り、強い足腰で踏んで作った蕎麦が評判になり、
靭帯伸びて寺で評判のそば、じんたい寺そば、、深大寺そば、と呼ばれるようになりました。。。
(この苦しい由来話に以前きいた「萩の月の由来」を思いだしました)

って噺だそうですが、中学の先生だった為に高校教師じゃないでしょ、と観客が思って
実家に帰って孝行した孝行教師、、、と理解してもらえず、
拍手もまばらで「2題噺のインチキ」だと思われちゃったらしいです。。。残念。。。


で、次に話したのが師匠の話。

師匠でも優しい人もいれば怖い人もいる中で、白鳥さんの師匠の円丈さんは、変わっていて
稽古のときに「死んだお母さんに聞こえるように遠い海から叫べ」と言ったりしたそうです。
白鳥さんのお母さん、まだご存命なのに。。。

また、立川談春さんは師匠の談志さんに言われて築地の呼び込みバイトをやったそうで、
落語に何の関係もなさそうなのに、そういう経験が落語に生きてくる、という話で、
白鳥さんも一時期放送作家のバイトをやったりした経験が落語に生きてるらしい。

というまくらの後にかけたネタが「牛丼晴れ舞台」。(タイトルは後で知りました)


牛丼の老舗有名店「牛野家(うしのや)」に板前修業に行った男。
素性を聞かれて、僕、落語家なんです、自分では面白いと思ってるんですけど笑ってもらえず、
人間国宝(笑)の白鳥師匠に修行してこい、と言われてきました、と答えて修行する、、という話。
(白鳥が師匠と聞いた店主が、昔金がないのにうちで食べて払ってないんだよ、と愚痴る場面に(笑))

牛野家は、明治天皇も召し上がり「うしのやの牛丼うまい、モー大変」と詠んだほどの、
牛丼界の暴れん坊将軍的存在、とか、

胡瓜漬けに鷹の爪を隠し味で入れたと男を叱る店主が、
「隠し味は山村紅葉を見習え、山村美沙の2時間ドラマにかならず出てくるが、
セリフは下手、化粧はけばい、あんなにくどくても2時間たったら記憶に残らない、それが隠し味」
と男にトンデモないたとえをぶつとか、

巨大卵にビックリした男が「ダチョウの卵ですか?」と尋ねると、
店主が「違う、それは遺伝子操作したうずらの卵」と答えたり、とか、

北の人が作った胡瓜漬けは格段と(核弾頭)うまい、テポ丼もつくれます、とか、


一つ一つがツボにはまり大笑い。


店主が巨大卵で作った牛丼ドリンクの見た目に男がドン引きしながら呑んでみるとこれが美味、
「ハーモニーが大事なんだ」という店主に「そうだ、客先とのハーモニーが大事なんだ」と思う男。
落語でも役立つんだ、、、と男が本気で思うのですが、牛丼ドリンクって発想があり得ないし。(笑)


途中、スピーカーなのかなんなのかものごい大きな音がして「演出?」と思ったら違ったらしく
白鳥さんが本気で驚いたりした姿も結構面白かったりしましたが、下げはフツウだったかな。(^_^.)



こういう発想とか展開、って白鳥さんならではだなあ、と改めて思うようなネタでした。。。

というわけで、長くなったので。

(つづく)



 


nice!(6)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:お笑い

nice! 6

コメント 4

krause

白鳥さん、うつぼさんのブログで覚えました^^。
by krause (2012-10-18 09:06) 

うつぼ

krauseさん、こんばんは。
わざわざコメントありがとうとございます。(^_^)
白鳥さん、ふつうに寄席にも出ていますが私が好きな寿輔師匠とは協会が
違うので、こういう会とかでしか御目文字できないのですが、ある意味で
オンリーワンの落語家さんです。。。
by うつぼ (2012-10-18 22:30) 

lovin

ひさしぶりにゆっくり読ませていただいて、
まさにタイミングばっちり寄席の前。
なのですが、時間だ!行ってきます。
続きはまた帰ってからゆっくり読ませていただきま~~す!
by lovin (2012-10-28 14:12) 

うつぼ

lovin姐さん、こんばんは。
今日の寄席はいかがでしたか?(後で記事書かれますよね!!)
こういう寄席って音楽のライブと一緒で、客席と一体感をもてたら、
楽しさが倍増以上になりますね。。
白鳥さんは初めて見るときは驚くばかり、かもしれませんが、慣れると
中毒というか時々補給したくなるような噺家さんです。(^_^)
by うつぼ (2012-10-28 20:54) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る