So-net無料ブログ作成

シンガポール旅行記2010~イメージ・オブ・シンガポール編①~ [旅行・出張の巻(アジア①)]

巨大マーライオンに登ってそれとなく満足した後は、
DSCF8325.JPG来た道を戻って
DSCF8326.JPGモノレールを見ながら
DSCF8328.JPGお掃除隊に心の中で声援を送り
DSCF8329.JPG微妙なファンタジー風景を見たりして
DSCF8330.JPG 可愛くない。。。。
DSCF8331.JPG 枝を運ぶお兄さんを見ながら上へ。。。
DSCF8332.JPG 目に鮮やかな緑
DSCF8333.JPG ペイント中

で、上り切ったところで、
DSCF8334.JPGイメージ・オブ・シンガポール到着
DSCF8335.JPG 多民族国家らしい看板どす

ここも初めてシンガポールを訪れたときに入ったのですが殆ど記憶なく、
唯一の記憶といえば、当時の日本語ガイドが「by下條アトム」だったこと。
残念ながら故障中で体験できませんでしたが、ウルルン風なナレーションだったのかな、
今あれば試してみたいな、なんて思いましたが、もちろん現在はございません。(残念)

入場料10S$を支払って案内されたのは書斎のような部屋から続く着席型のシアター。
韓国語とロシア語が飛び交う(団体さんばかりで)中、着席。
DSCF8338.JPG華人、マレー系、インド系の方々が
シンガポールという国が様々な人種で成り立っているよ、みたいな話をしてくれます。
DSCF8339.JPG この方々です
で、シンガポールの歴史をひもときましょう、って感じで終わるので
展示コーナーに進みます。。

DSCF8340.JPG 冒険なんすか。。。

お話としては、「シンガポールの歴史by wikipedia先生」を読んでいただけると
さらさらっと理解できるかと思いますが、1819年トーマス・ラッフルズが上陸し、
DSCF8343.JPGジョホール王国から植民地として
1824年割譲され、イギリスの植民地になりまして。

DSCF8345.JPG ラッフルズ卿

ま、この辺のやりとりなどについては、シンガポール国立博物館の展示を見ると
ジョホール王国側にしてみると格安で譲渡しちゃったという感じで、
ちょっと不当だったようにも思えたりしたのですが
(どちらの立場で描くか、にもよるのかもしれませんけれど。。。)
植民地化してからはイギリス人が沢山住むようになったりするので、
その頃の様子の展示が続きます。。。
DSCF8347.JPG サファリルック風のイギリス人
DSCF8348.JPG
説明を見ると、ヘンリー・ニコラス・リッドリー卿、という方のようです。

DSCF8349.JPG植民地化を機に発展していきます
DSCF8350.JPG
イギリス人もここを拠点としながら、アジア圏で活発にビジネスを行っていた訳ですね。


なんて、すっかりイギリス人目線での展示かと思っていたら、
DSCF8353.JPG 苦力(クーリー)の生活の様子
DSCF8352.JPG 中国語表記のみでございました。
インドや中国からの移民が大きな労働力となって経済がますます発展した訳でございますが
労働/生活環境は厳しく過酷であった、というのを以前訪れた国立博物館でも見ていたので
無表情&辮髪のお人形さん達に何だか悲哀を感じてしまいました。。。

DSCF8354.JPG中を開けると人形がいたらしいす(開けなかった私)
DSCF8356.JPG インド人の苦力
DSCF8357.JPG この人形に限らずですが、
どれもがギコチナイ姿勢で無表情。 この後、ゾクゾクと続きます。。。

DSCF8360.JPG そりゃ、くたびれますな
DSCF8361.JPG 確かサテーが載っていたような(記憶ボンヤリ)
DSCF8364.JPG てな感じで写真を沢山撮りましたので
この後3回くらい続きます。。。。

(つづく)

 


 


nice!(11)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 11

コメント 10

しょうちゃん

わざわざコメントありがとうございます!
いつも楽しいですよねうつぼさん!僕もビジネスに乗ってシンガポールへ行きたい!一度行きましたが、もう20年前です。シンガポールも様変わりですね!シンガポールといえば、パクチーが印象ですが食事は大丈夫でした?
by しょうちゃん (2010-12-05 12:23) 

うつぼ

しょうちゃんさん、こんにちは。
いえいえ、だらだら書いているだけなのですが、
楽しく読んでいただければ私も大変嬉しいです。(^^)
パクチー、、私は意外と遭遇しませんでしたが、苦手なので
遭遇したら必ず除けてしまいます。~>゜)~~~
by うつぼ (2010-12-05 15:59) 

へろーめ

苦力の部屋になんとなく親近感がw

by へろーめ (2010-12-05 18:44) 

hideyuki2007y

シンガポールの歴史ってそういえば全く知らなかったです。それに、空港で乗換だけで、一度も出たことが無いのです。これから旅行記遡りで拝見させていただきます。
by hideyuki2007y (2010-12-05 20:19) 

うつぼ

へろーめ兄さん、こんばんは。
兄さんの部屋もこんな感じなんすか。ヒエー。(^_^.)
by うつぼ (2010-12-05 20:21) 

うつぼ

hideyuki2007yさん、こんばんは。
私もシンガポールを訪れるまでは新しい国家、というイメージと
リー・クアン・ユーのリーダーシップで経済発展している国、
というイメージでした。
ここよりも国立博物館の方がもっと系統立てて歴史が学べると
思いますが、自分がいかに他国のことを知らないのか、と
つくづく思いました。。
by うつぼ (2010-12-05 20:23) 

へろーめ

> うつぼ姐さん 
引越しの際に押入れの布団袋に布団が入っていたので
それまで使っていた布団を全部捨てたのよね。
で、新しい部屋で開けてみたら
掛け布団しか入ってなかった orz

タオルケットの布団カバーを敷いて寝てます。
夜は寒い・・・・・・・
by へろーめ (2010-12-05 22:53) 

うつぼ

へろーめ兄さん、おはようございます。。
掛け布団だけって。。。。。(^_^.)
布団を千葉から送って差し上げたい。。
風邪引かないでくださいね。。
by うつぼ (2010-12-06 06:41) 

lovin

姐さん、
旅行に行ってもそこでちゃんとその国のことを勉強するのがすごい!
見習わないとな~~。
食べることしか頭に。。。(笑)
by lovin (2010-12-07 12:21) 

うつぼ

lovin姐さん、おはようございます。
多分、一人旅だからこういうところに行くのかも。(^_^.)
涼しいというのもいいしね。(笑)
by うつぼ (2010-12-08 06:51) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る