So-net無料ブログ作成
検索選択

「メリー・ポピンズ」と「マイ・フェア・レディ」 [映画①]

友人が「見比べると面白いよ」といって、2本のDVDを貸してくれました。 

メリーポピンズ スペシャル・エディション

メリーポピンズ スペシャル・エディション

  • 出版社/メーカー: ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
  • メディア: DVD

マイ・フェア・レディ 特別版

マイ・フェア・レディ 特別版

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD

 

この2本です。

各々の主演女優、ジュリー・アンドリュースとオードリー・ヘップバーンが
1964年のアカデミー賞主演女優賞を競った2作品ということで、
(受賞したのはジュリー・アンドリュースです)
見比べると面白いのでは、というのが貸してくれた友人のご意見。

という訳で、早速見比べてみました。
因みに、「メリー・ポピンズ」は小さい頃リバイバルで観た事がありますが、
「マイ・フェア・レディ」は初めての鑑賞です。。


 

作品自体はどちらも舞台がロンドンとはいえ、全く趣が異なります。

メリー・ポピンズ」はディズニー映画で舞台は1910年のロンドン。
銀行家のジョージ・バンクスの子供たち(ジェーンとマイケル)のところにやってきた
乳母(でも実は魔法使い)のメリー・ポピンズ(ジュリー・アンドリュース)と子供たち、
また、メリー・ポピンズの友人で煙突掃除人のバート(ディック・ヴァン・ダイク)との心の交流と、
仕事一徹だった父ジョージと婦人参政権を求める活動に熱心だった母ウィニフレッドが
子供と真正面から向き合うようにメリー・ポピンズが働きかけ、一家団欒となったところで
自分のお役目が終わったと感じたメリー・ポピンズは新たな家を探して去っていく。。。という話。
メリー・ポピンズがいたずら好きの子供達を様々な魔法で不思議体験させる場面などは
アニメーションの合成などもあって非常に楽しく、幼い頃観た記憶が甦り、、、、

思わず一緒に歌っていました。(笑)

一番好きな歌は、「スーパーカリフラジリスティックイクスピアリドーシャス」なのですが、
困難な状況を説明する言葉、そして人生を向上するための魔法の言葉として
ジュリー・アンドリュースがテンポよく高らかに歌うのでついついつられて私も歌っておりました。
最後に、家庭も顧みなかった父ジョージが子供達のせいで銀行をクビになった時、
この言葉を唱えて楽しい気分になり、家庭に帰っていく、、、という場面があるのですが、
それまで子供のこともろくに考えず仕事仕事と言っていたお父さんが家庭に戻って優しくなる、
という描き方に何だかウルッとしたものです。。。

 

続いて鑑賞した「マイ・フェア・レディ」も舞台はロンドン。
コヴェント・ガーデンで花を売るひどい下町訛りのイライザ(オードリー・ヘップバーン)が
音声学(言語学?)を研究するヒギンズ教授(レックス・ハリソン)に
「自分ならどんな下町の娘も半年で舞踏会に出られるレディに仕立て上げる」と言われ、
ヒギンズ教授の友人ピカリング大佐(ウィルフリード・ハイド・ホワイト)の協力の下、
厳しい特訓の中、訛りも直り、遂には一人前のレディに成長したイライザだったが、
ヒギンズ教授がピカリング大佐と2人で喜ぶ姿に自分が実験台だったことを知り、
人間として扱ってもらっていなかった怒りと悲しみでヒギンズ教授の家を飛び出し、
飲んだ暮れのダメな父親のところにも戻れず、結局ヒギンズ教授の家に逆戻り。。。
それまで独身主義だったヒギンズ教授だったが、
いつの間にかイライザを一人の人間(女性)としてみていた気付き。。めでたしめでたし。

なのですが、
当時の時代背景やイギリスの階級制度というか貴族と一般市民という構図の中での話とはいえ、
下流階級育ち=訛って粗野、、というイメージのイライザがキレイな言葉を習いながら所作も覚えて
一流のレディーに、、、、という話が現代にはちょっと。。。。
(歌も衣装も素敵な話とは思うのですが、現代では突っ込みどころもあるかな、って。。)
多分製作された40年前では理解しやすい話だったのでしょうが。。。。

また、以前どこかのテレビで観たのですが、オードリー・ヘップバーンの歌声は吹替えで、

ウエスト・サイド物語 (ベストヒット・セレクション)

ウエスト・サイド物語 (ベストヒット・セレクション)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: DVD

「ウェスト・サイド物語」でナタリー・ウッド演じるマリアの歌声も吹替えで歌っていた
マルニ・ニクソンという女性の歌声で、
ご丁寧にもDVDの特典映像に入っていた「幻のオードリー・ヘップバーンの歌声」で聴くと
ご本人には申し訳ないのですが、下手というほどでもないけれど上手くもなく、、、
また音質がきつめで高音があまり出ておらず、吹替えた方がしっくりきました。。。

元々はブロードウェイで上演されていたミュージカルで、
舞台版はジュリー・アンドリュースが演じていたものの当時映画での知名度が低かったので
映画化に当たって名声も高かったオードリー・ヘップバーンが主役に抜擢されたにも関わらず、
同じ年のアカデミー賞は主役に選ばれず他作品に出演したジュリー・アンドリュースが受賞し、
ジュリー・アンドリュースはこの受賞もあって翌年、

サウンド・オブ・ミュージック (ベストヒット・セレクション)

サウンド・オブ・ミュージック (ベストヒット・セレクション)

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日: 2007/10/24
  • メディア: DVD

主役に選ばれて作品は大ヒット、、、、という、何だか皮肉というか運命めいたものも感じますが、、、

因みに、オードリーの歌声を吹替えていたニクソンさん、
「サウンド・オブ・ミュージック」ではマリアが修行していた修道院の修道女ソフィアの役で
出演しています。。。。


個人的には、幼い頃みた記憶が強いせいか「メリー・ポピンズ」に軍配です。
大人になって観ても思わず口ずさんで最後にほっとして気持ちがポカポカするので。。。

オードリー・ヘップバーンの主演作品だったら、

麗しのサブリナ

麗しのサブリナ

  • 出版社/メーカー: パラマウント ジャパン
  • 発売日: 2006/04/21
  • メディア: DVD

とか、

ローマの休日

ローマの休日

  • 出版社/メーカー: ファーストトレーディング
  • 発売日: 2006/12/14
  • メディア: DVD

とかの方がいいかな、、、なんて思ってしまいました。。。

という訳で、こういう見比べ方も結構面白いものだな、と思った
「メリー・ポピンズ」と「マイ・フェア・レディ」の2作品でありました。


nice!(6)  コメント(8)  トラックバック(0) 

nice! 6

コメント 8

kikuzou

じ、実はこの2大女優の作品まともに見たこと1つも無いんですよ~
ディズニーもほとんど見たこと無いです。
変?
ちなみに好きな女優はイザベラ・アジャーニでつ。
変??
by kikuzou (2008-01-12 07:37) 

Bonheur

おはようございます♪
懐かしい作品ですねー。
メリーポピンズ、映画も本も大好きでした。
マイ・フェア・レディも高校時代に見て、印象深い作品です。
サウンドオブミュージックも大好きで、CDサントラを買って何度となく聞いてます。この映画を見てオーストリアに行く人が多いですが、私もその一人です。足を運んだのはもう7年も前になりますが。

>>「サウンド・オブ・ミュージック」ではマリアが修行していた修道院の修道女ソフィアの役で出演しています。。。。

これは知りませんでした。私も古きよき映画をまた見直して見ようと思いました。
by Bonheur (2008-01-12 07:58) 

うつぼ

kikuzouさん、おはようございまっす。
ディズニー映画、オードリー・ヘップバーン、ジュリー・アンドリュース、ご覧になったことないんですか。。。 なーんていう私もスターウォーズ、観たことないから他人のことは言えませぬ。(笑)
でも、イザベル・アジャーニが好きってのはちょとヘンかも。ナゼに?
by うつぼ (2008-01-13 10:00) 

うつぼ

bonheurさん、おはようございます♪
懐かしい作品はレンタルでもなかなか借りないのですが、友人が貸してくれると観る、という感じです。 
↑kikuzouさんが観たことがない、というのは、やっぱりこれらの作品って女性向きなのかなあ、と思いましたねぇ。
>この映画を見てオーストリアに行く人
私も20年近く前にザルツブルグに行って映画に登場した場所を巡るツアーに参加しましたよ。bonheurさんより昔話です。(笑)
by うつぼ (2008-01-13 10:04) 

michael

中学生の頃、オードリーヘップバーンは憧れの女優でした。渋谷の東急会館の2本立てでこれらの映画は何度も見たました。サウンド・オブ・ミュージックもメリー・ポピンズも見ました。あの頃の映画が今でも一番好きです。一番は今でも「カサブランカ」。
by michael (2008-01-13 13:57) 

LICCA

うつぼさん、こんにちわ。
「メリー・ポピンズ」見た事ありません。
つい最近、例の「SUPERNATURAL」の米での放送で、このネタがあったのですが、私は知らなかったので、置いてけぼりをくった気分・・・
「マイ・フェア・レディ」も見た事ないです。ちなみに「サウンド・オブ・ミュージック」は、小学生が中学生の時学校で見た記憶があるのですが、何が面白い作品なのか、さっぱり分からない子供でした。
・・・私、女性らしい作品やディズニー作品は、向いてないようで(爆)
by LICCA (2008-01-14 14:08) 

うつぼ

michaelさん、こんばんは。
オードリー・ヘップバーン、、好きなんですが今回のような比較になると、ちょっと可哀想だったかな、、、と思いました。(歌の吹替えが本当に。。。)
私の幼い頃のよく観た映画は「サウンド・オブ・ミュージック」「ウェストサイド物語」「王様と私」でした。母の趣味です。(笑)
「カサブランカ」は観たことがないのですが、ハンフリー・ボガードでしたよね。昔の映画が今は500円で買える時代になりましたから、今度探してみます。。
by うつぼ (2008-01-14 19:33) 

うつぼ

LICCAさん、こんばんは!
メリー・ポピンズ、ご覧になったことないんですね。。多分、幼い頃に見ると大人になってからも楽しいと思いますが、今から観ても楽しくないかも。(笑)
サウンド・オブ・ミュージックも同様かな。私は毎回同じ場面で泣きのツボにはまるくらい何度も観ているので今でも好きな映画なんですが。。。
あと、アメリカの映画やドラマで引用される映画(舞台もありますが)で「ジプシー」なんてのも面白いですよ。
by うつぼ (2008-01-14 19:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る