So-net無料ブログ作成
検索選択

「晴乃ピーチク80!ライブ」を観た [落語&お笑い]

以前ブログに書き込みしてくれた倉庫の二階さんにお知らせをいただいたので                                      「晴乃ピーチク80!ライブ」を観に東洋館へ。

(倉庫の二階さんHP)→http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=souko_no_nikai

 大正14年9月28日生まれの御歳80歳。

浅草演芸ホールの隣の東洋館(元フランス座)に入るとハッピを着たおじさんが                                          エレベータに案内しながら淡々と一言。

「中に入ったら4階のボタン押してね、                                                                                                                   押さないとドアが閉まってもず~っと1階だからさ」

仰るとおりなのでボタンを押して4階へ。お代を払って前から2列目に着席。

18:30開演。最初に出てきたのは「ロリィタ族」。                                                                 

現役メイド喫茶店員。

メイド喫茶の裏側というネタだったが、                                                                                                                                           小爆笑がぽつぽつぽつと会場から湧いている内5分で終了。                                                                                  少々照れがあるように見えたので今後は堂々とお願いしたい。

続いてピーチクさん。グレーにチェックの模様のジャケットに黒ベレー帽。                                                           地方回りでの苦労話や、芝居に出ていた時のハプニング話などをしている時、                        和装のおばちゃん3人が入ってきて最前列右側に着席。

途中から入ってきた割に遠慮なく大きな物音を立てて入ってきたので                                                                 何だ、このオババ達は、と思っていたら、その内の一人の太めのおばちゃんが                                                                                                                                                       ピーチクさんが話す度に「そうだ!」「その通り!」「分かってるわよー」と                                                          デカイ声で反応するのでピーチクさんも困り顔。                                                                                                          おまけに「誰か舞台に上がって一緒にやる?」と声をかけたピーチクさんに対し                          「はーい!」とそのおばちゃんが手を上げた。

本気なの?心配している内におばちゃんは草履を脱いで舞台へ。

既にお酒が入っているんじゃないのかと思うくらい緊張感のないおばちゃんに                    「凄い心臓してるよね」と話しかけたピーチクさんだったが、                                                                                             おばちゃんは舞台で日舞を踊り、遠慮なくピーチクさんに話しかける。                                                                                「ちょっと、ずうずうしいよ」                                                                                                                                     「お~い、酒持ってきて」 と半分ヤケになって話すピーチクさん、しまいには、                                                                           「おかげで盛り上がりました」                                                                                                                                                 「もう誰の会か分かんねーな、これじゃ」                                                                              「自分で客笑わせてると思わないでよ、私の突っ込みがいいからなんだから」                                                                                                                   と言い切っておばちゃんを客席に戻し終了。                                    

あのおばちゃん、永遠に舞台に上がってたらどうしようかと思った。

続いて出てきたのが「鳥居みゆき」。

アコムCMの最終オーディションまで残ったそうで。

見た目綺麗な人なんだけど、ネタは結構シュール。                                                                                                                     恋人が違う女と結婚すると知り、式場でケーキの中に入って復讐しようとする女の話。                                                                                                                                                                            凄い形相で間髪いれずに話し続ける姿に見入る。                                                                                                  初めて見た人ですが、他のネタも見てみたいと思う芸人さんでした。

10分の休憩を挟んで後半の部はピーチクさんから。

花柄ハンチングが似合ってます。

路上で客を待つ絵描きに扮し、通りすがる人達とやりとりするコント。                                                                出てくるのが修行中の芸人2人と、日舞の師匠のおばちゃん、という、                                              少々トホホなメンバーだったせいか、                                                                                                                           芸人には「あんた、荒川の土手で練習してから来なさいよ」と言い放ち、                                                              自分の若い頃の話を始めた。

昔、新宿の女王蜂というクラブに勤める女性と同棲していた頃、                                                          自分は芸能界でどんどん売れるようになり、                                                                                                               彼女も六本木の月世界というクラブにステップアップと、                                                                                      お互いの環境が良い方向に進んでいた中、                                                                       ある日突然週刊誌にゴシップ記事を書かれてしまい仕事さっぱりになってしまう。                                                                                                                                                                           ゴシップは根も葉もないようなことばかりなのに、仕事は減るばかり、                                                                                 更に彼女とも疎遠になりお別れしてしまう。

あの頃一番楽しかったんだよなあ、と懐かしそうに話していたので、                                                     人に歴史有り、と思っていたら、似顔絵描きましょうか、とピーチクさん。

例のおばちゃんが描いてほしそうに「はあ~い!」と叫んでいるのは無視し、                                    一人で来ていたおじさんを指名し舞台に上がってもらう。

 正座してます

指名されたおじさんは元公務員で、ピーチクさんに「天下りしないの?」などと                                             突っ込みを入れられて少々気の毒だったけれど、                                                                                               おじさんが「先日ラジオで今日のライブのことを知ってきたんです。                                                                          失礼な話ですが、ラジオで聞くまでご存命だと思ってませんでした」と、                                                                 正直に言った為、場内大爆笑。

似顔絵というと、三波伸介の「満点パパ」を思い出すんだけれど、                                                   顔(輪郭)から描く三波伸介に対して、ピーチクさんは髪型から描き始め、                                                           10分足らずで完成。

出来上がった似顔絵がよく似ていて客席大拍手。

拍手の後に出てきたのが「寒空はだか」。                                                                                                                        出てきた途端にお騒がせのおばちゃん達が帰っていった。ほっとした。                                                                      

一見普通のアンちゃん

凄い芸名だなあと思いつつ期待しないで見ていたら面白かった。                                                                  小ネタを連発し場内を沸かせた後、最後に歌ったのが、

発売しているらしい

「皆さん、この歌は耳に残って忘れにくいですよ~」と前置きして                                                                       歌った「東京タワーの歌」、

♪タワー、タワー、東京タワーに登っタワー♪

と延々と全国各地のタワーに登る歌。確かに耳に残るシンプルなメロディ。

私の後ろのおばちゃん達が「(うるさい)おばちゃん帰って、良かっタワー」と                                                 すぐ替え歌を作って歌っているので更に笑ってしまいました。 

独演会の〆はやはりピーチクさん。

 ラストスパートです

「芸人は舞台で遊べるようになったら一人前」という話で、                                                                                                                        伴淳三郎の舞台での毎日変わるせりふの話や、                                                                                                 西部警察でオカマの役を演じた(しかもハチ公前)話などで                                                     大盛り上がりのまま21時お開き。

3本締めでお開き。

寄席の時より元気一杯だったピーチクさん。このまま100歳まで頑張って!

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(1) 
共通テーマ:お笑い

nice! 1

コメント 4

thisisajin

わっははっはは!
by thisisajin (2006-02-13 07:02) 

うつぼ

thisisajinさん、nice&コメント有難うございます。
本当にわっははっはは、なのでthisisajinさんにも是非ライブで見ていただきたいデス。
by うつぼ (2006-02-13 23:06) 

倉庫の二階

御来場ありがとうございました。
スタッフ側の段取りがうまくいかず、いたらない部分もありましたが、喜んでいただけましたら幸いです。
これからもピーチクさんを宜しくお願い致します。
by 倉庫の二階 (2006-02-14 16:46) 

うつぼ

倉庫の二階さん、こちらこそ今回はご案内いただき有難うございました。
寄席と違う楽しさを十二分に堪能できました。
これからもピーチクさんを応援してまいりますが、今回出ていた他の芸人さんも機会があればまた見たいと思っています。
また楽しいイベントのご連絡いただければ幸いです。
有難うございました。
by うつぼ (2006-02-14 21:28) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
メッセージを送る