So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

“サンキュー[黒ハート]ちばフリーパス”の旅2016~ホキ美術館から五井へ移動編~ [旅行・出張の巻(日本④)]

我孫子をスタートして乗り継ぎ2回、1時間半ちょっと(県内だけど遠い)で
土気にやってきた後は、バスで移動して、 

IMG_5390.JPG 9時頃到着 

IMG_5391.JPG ホキ美術館

(ホームページ)→ https://www.hoki-museum.jp/

IMG_5392.JPG
青空が秋って感じ。

IMG_5393.JPG入口へ
IMG_5394.JPG 現代アートですね IMG_5395.JPG で、入口にきてみたら、

開館10時( ゚Д゚)


美術館って9時オープンだよねという思い込み、
事前にホームページみたときもそのつもりで見ていたというか、
往復のバスの時間の方に気を取られていたというか、で、
まさか開館が10時とは思わず、、しょんぼり。(T_T)

周りは新興住宅街ぽい感じ、座ってコーヒーを飲めるような場所もなく、
ぼんやりぶらぶら近くをぶらつきながら、この先の電車の時間も
1時間遅れるので再検索。
(事前に2日分の移動スケジュールを時刻表で調べていたので)

なんとか時間をつぶして、入口に再びやってきたのが9:50。

冷たい風がぴゅーぴゅー吹いていたので、
スタッフの方が中にどうぞと入れてくれました。

ありがとうございます。。。


10時数分前に開けてくれて(このころには7-8人待っていた)
中に入ってみたのが、


IMG_5397.JPGこういう特別展

(特別展の説明)→ https://www.hoki-museum.jp/past/20160519/index.html


写実主義の作品ってあまり今まで興味がなかったのですが、
画材の進歩とともにこういう流れもできたんですね。
写実といっても、本当に写真みたいな絵もあれば、さほど、というのもあり、
これだけ写実主義の絵画を一度に見る機会がなかったので目に新鮮。
個人的には五味文彦さんという画家のリアルな果物の絵が印象的というか、
森本章介さんの作品を購入したのがきっかけで作られた写実主義専門の美術館、
というのが芸術の広さを知ることができて立ち寄ってよかったと実感しました。

そのあとは、再び電車に乗るのでバスで土気駅に行ったのですが、
IMG_5398.JPG バス停にて
こんな重いバス停を動かしちゃうって、
酔っ払いじゃないかと思いました。。(笑)
IMG_5399.JPG 戻ってきました
IMG_5400.JPG へぇ
実家にいたときは千葉駅にもよく行きましたが、
現在は常磐線にのれば都心に行けちゃうので、
敢えて千葉駅まで行くこともなく(乗り換え多くて面倒)
こういうのを見て、そっか県庁所在地って千葉市だもんね、
なんて改めて思いました。。


で、土気から五井に向かってそこから小湊鉄道で上総牛久に向かいます。
(この記事では五井までですが(^-^;)
chiba2.jpg

IMG_5401.JPG駅広告
毎日通勤で見ていたら刷り込まれそうです。。

IMG_5406.JPG 特急わかしお
IMG_5407.JPG BOSO。。。
横文字になると一瞬なんのことだかわからないもんですねぇ。。

IMG_5408.JPG 蘇我から内房線で IMG_5409.JPG  五井に到着♪


この後、人生初の小湊鉄道に乗車します!


(つづく)


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

“サンキュー[黒ハート]ちばフリーパス”の旅2016~我孫子から土気へ移動編~ [旅行・出張の巻(日本④)]

このブログを長らく読んでくださっている方は
私が千葉県民だということをご存知かと思いますが。 

1718d6b7.jpg 千葉県&チーバくん
千葉で国体が開催されたときに登場したキャラクター、チーバくん、
名前がベタ過ぎますが(笑)、千葉県の形です。

で、私はチーバくんの鼻から口元あたりのところに住んでいて、
実家も目のあたり。

チーバくんの後頭部とか下半身あたりには全然行く機会もなく、
行ったのは小学生の遠足とか、兄一家との自動車旅。(しかもずいぶん前)

千葉に住んでいても意外と千葉を知らない(地図上で場所だけ知ってる)もんで。


てなときに、
 無題.png  
こういうポスターを最寄り駅で発見。
発売期間は、2016年8月1日(月)~11月19日(土)。
利用可能期間は9月1日(木)~11月20日(日)と期間限定ですが、
この企画も4年ぶりくらいとのことなので、これを逃すと次はいつ発売されるか
分からないので、自分の日程を確認して購入。
(購入時に乗車日を設定しないといけないのでちょっと面倒です)

乗り放題の区間は、
chiba free area.JPG
JRは当然ですが、小湊鉄道、いすみ鉄道、銚子電鉄などのローカル私鉄も対象で、
それで3900円なら本当にお得。(^-^)
IMG_5375.JPG 最寄り駅で買ったきっぷ IMG_0892.JPG これも必携

で、乗車日当日。  
IMG_5378.JPGスタートはここから
我孫子といえば、立ち食いソバの弥生軒が有名ですが、
私、実は初弥生軒です。

成田線のホームに行くと
IMG_5377.JPGIMG_5379.JPG
下り方向に2軒。1軒は閉店していますが、ホームにこんなにあるなんて。
おそらく1軒は平日営業しているみたいですが、土曜日はお休みみたいで、
上り方面に移動して、、
IMG_5381.JPG開いてた♪ IMG_5382.JPG
ここ、から揚げののったお蕎麦が有名です。
朝からこんなヘビーなものを食べる自分もどうかと思いましたが、
blogネタ的にいけると思って(笑)注文。
から揚げはサクサクで美味しいのですが、さすがに食べきれず、半分くらいで終了。
お蕎麦と出汁はどこにでもありそうな感じの立ち食いソバですが、
旅の初めにエネルギーもりもりな感じです。


で、ここからですが、
chiba1.jpg
まず、我孫子から千葉市の土気に移動します。


我孫子から常磐線各駅で新松戸へ、

IMG_5383.JPG武蔵野線に乗って海浜幕張へ
IMG_5384.JPGそこから京葉線で蘇我へ 
IMG_5385.JPG乗り換え時に階段でみた表記
外国人も多く使っている駅なのか謎ですが、グローバル対応的な。
IMG_5386.JPG内房線、外房線、京葉線、
内上は内房線上り、みたいな表記かな。

IMG_5387.JPGここから外房線に乗って(なぜか車両写真なし)

IMG_5388.JPG土気に到着~♪

ここでちょこっと観光します♪



(つづく)


nice!(7)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

映画「ファンタスティック・ビースト」を観る [映画④]

ハリポタ好きとしては見ておこうかな、と思って
劇場公開当日(レディースデーだったし)に見に行きました。

fantastic.png

あらすじはYahoo!映画さんより。

魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、
魔法動物の調査と保護のためニューヨークを訪問する。
ある日、彼の魔法のトランクが人間のものと取り違えられ、
魔法動物たちが人間の世界に逃亡してしまう。
街中がパニックに陥る中、ニュートはティナ(キャサリン・ウォーターストン)
らと共に追跡を開始するが……。




なんか、どこか、、
 若干なんだけど、、
     物足りない。



音楽がハリポタみたいな感じ(一部そのまま使っている)で、
ハリポタの世界を100%期待してしまうと、肩透かしにあうような
そんな作品です。


アメリカVSイギリスみたいな図式はまあそうかな、と思いますが、
ホグワーツのようなワクワク感はなく、
個人的にツボにはまったのはコワルスキーというマグルのおじさん。
人間らしいというか人間臭くて見ていてなんだかホッとしました。

マグル(人間)のこと、アメリカだとノーマジ(No Magic?の略)と呼ぶ、とか、
アメリカとイギリスの違いがあれこれと描かれているのは特に面白く思えず、
ニュートのもつカバンの中に存在する、魔法動物園みたいな世界は
おぉ、さすがCGだぜ、って感じでみいりましたが。



前半1時間、
 あまりに退屈すぎて。
    (-。-)y-゜゜゜




寝てしまいそうになりました。(笑)



説明しないと入り込めないだろうってことかもしれませんが、
後半にならないと話が前に進んでいかないのがもどかしく、
この点も素直に楽しめなかったところです。(=_=)



主役のニュートを演じるエディ・レッドメインも好きな俳優さんですが、
今作では若干注意力の足りないアンちゃん魔法使いな感じで、
もっと前面に出てほしかった感じです。


おそらく。


アメリカの偉い魔法使いを演じていたのが顔の濃いコリン・ファレル、
彼を観た時点で、うーむ、、な気持ちになっていたのかもしれません。
この人がいい魔法使いの訳がない、絶対なにかあるってば、と
まるで2時間サスペンスの犯人捜しみたいな気持ちで見ていたら、



ジョ二ー・デッㇷ゚に
  まさかの変身。(笑)




途中で取り出すペンダントのデザインを見て、
え、これって冒頭でちょと前振りしていたグリンデルバルド?て思ったら、
このまさかの変身劇。



これで、すっかり気持ちが冷めちゃったというか、
ここでこの白塗り出すことないだろうって。( `ー´)ノ


この俳優さん、嫌いじゃないけれど(作品によっては好き)、
ハリポタの世界に出てきてほしくなかったな。


こういう作品なのでハッピーエンドになったものの、
アメリカにハリポタみたいな世界は合わないのかもしれないな、
なんて思いながら見終わりました。
映像はきれいですし、ハリポタと切り離せばまあいいのかな、
と思いつつ、どうしても比べてしまい、物足りなさを感じてしまった
「ファンタスティック・ビースト」でありました。








nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

銀座「百楽」でランチ懐石 [呑んだり食べたり(和食)]

以前の勤務先でお世話なった方々とのランチ会で銀座に行きました。

って、その内の数人で先に根津に用事があってぶらぶら。
IMG_0931 (1).JPG おでんやさん 
IMG_0930.JPG 渋い。。。
おせん、という名前のおでんやさんだったのですが、
今は女将さんが高齢でお店をたたまれたそうですが、
吉田類もきている店だと記事を書くのに調べていて判明。

(吉田類、若い)→ http://www.bs-tbs.co.jp/sakaba/shop/030.html

で、、根津から鴬谷に歩いていったのですが、キラキラホテルがいっぱいで。(笑)

IMG_0932.JPG こんな看板もたくさん! 

鴬谷から有楽町まで山手線に乗って、銀座6丁目の空也もなかの近く、
ビルの地下1階のお店です。

(食べログ)→ https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13126937/


IMG_0933.JPG おじゃまします
ランチは5000円もありますが、夜は10000円、13000円のコースのみ、らしいです。
で、ランチの5000円コースをお願いしました。

ちなみに、個室です。(多分、個室とカウンターのみだと思われ)

最初は生ビールかな、と思ったらサーバーが壊れてしまい、、
ということで小瓶。ビールの小瓶ってちょっと注いだらなくなっちゃう。
薄手の綺麗なグラスにお店のお兄さん(仲居さんではなく修行中と思しき若い男性)が
注いでくれて、乾杯。

IMG_0937.JPGお刺身
鰆とかんぱちだったかな。
切り身が小さくて上品だな、と思いましたが盛り付けがきれいで
それだけで美味しく思えてしまいます。実際美味しかったけれど。

で、すぐ小瓶ビールがなくなったので、熱燗にスイッチ。
こういう和食のお店はお酒の値段が高いもんだと思っていながら、
地酒のお値段、、、結構強気でした。
ちなみに熱燗は土佐鶴で1合1200円。これでも安い方です。( ゚Д゚)

IMG_0941.JPGお猪口、選べます 
IMG_0942.JPGIMG_0944.JPG好みのデザイン
福の文字がいっぱい書いてあると私まで福に見守られている気がします。
まして、その福の中にお酒入ってるもんね。(笑)

IMG_0940.JPGお椀
IMG_0945.JPG猪の背脂のお椀 IMG_0946.JPGうまい
猪は好きですが、背脂でこくを出しているのがいい感じ。
一緒に入っている蕎麦の実も美味しいのですが、具がこまかいので、
小さいスプーンを出してくれるといいのになって。
(全員がんばって箸で食べました!)

IMG_0947.JPG焼き物
鰆と太刀魚の焼きもの。 
鰆がお刺身とかぶっていますが、旬だからなのかな。
スダチをちゅっとかけるとサッパリしていて美味。

IMG_0953.JPG 飛竜頭
優しい味で煮てあります。 これは熱燗にぴったり。

IMG_0956.JPG  いりこが出てきて
(ちゃんと頭と内臓はとってありました)

IMG_0957.JPGじゃこ雑炊
IMG_0959.JPG大根の柚子付けが美味でした
IMG_0960.JPGデザート
黒糖といちじくのアイス。
黒糖だけだとこってりですが、いちじくが入っていて
つぶつぶした食感もあって意外とさっぱりしていました。


お店のお兄さんがちょっとぎこちない感じが、
菊乃井みたいだな、と思いましたが、(一度しか行ったことないけど(^-^;)
個人的には出過ぎずな感じの仲居さんの方が好きかな。 


お店は徳島の素材を使って、、ということらしいのですが、
場所柄なのかこのお値段でこの内容だとちょっと寂しいかな。


味付けは濃すぎずあっさりし過ぎずでどれも美味しいのですが、
これぞというものがなく(強いていえば猪の背脂が好き)
物足りない感じで食べ終わりました。


おそらく、10000円のコースにすれば、満足なのでしょうが、
お昼にそれは贅沢すぎるし。。。。


というわけで、今回銀座で和食ランチという贅沢な時間でしたが、
お酒の値付けとボリュームがちょっと、、な感じで
多分、、、再訪はないかと思った百楽さんでありました。



タグ:銀座 土佐鶴
nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

映画「華麗なるリベンジ」を観る [映画④]

夏休み旅行のJAL機内で未公開と書いてあって、
ほお面白いかな、と思って見た映画です。

A_Violent_Prosecutor-p1.jpg 現在日本でも公開中

あらすじはYahoo!映画さんより。

ある乱闘事件で逮捕された男が尋問中に死亡し、
担当検事のピョン・ジェウク(ファン・ジョンミン)は、
身に覚えのない殺人容疑で逮捕される。
懲役15年の刑が確定し服役することになった彼は、
新たに入所してきた前科9犯の詐欺師ハン・チウォン(カン・ドンウォン)と出会う。
チウォンが事件の鍵を握っていることに気付いたジェウクは、
出所の約束と引き換えに協力を持ち掛ける。





ちょっとしたデジャブ感あり。

ショーシャンクの空に [DVD]

ショーシャンクの空に [DVD]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: DVD



冤罪ネタなので、話としてはこんなテイストをベースにした感じで、

オーシャンズ11 [Blu-ray]

オーシャンズ11 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア: Blu-ray



音楽はこの映画みたいな雰囲気が漂っている感じも。。。(^-^;

私自身韓流ファンではないので、出演者についてもなんの知識もなく、
冤罪で服役させられる中年男性は小林薫に似ているな、と思いながら鑑賞。

冤罪ながら、チームワークを重んじない自己中な態度が災いして
うまくはめられて有罪判決を受けて服役するのですが、
刑務所の新人のころはいじめられる、、そんな光景は色々な映画で見ていて
実際そういうこともあるのかな、と思いながら見ました。

ただ、それだけでは映画としては面白くないので(笑)
主人公が機転を利かせ知恵をうまく使って自分の立ち位置を確立して
早く出所できるように、、なんて流れまではああそうなのって思っていましたが、
そう簡単に出所できないのも映画なので(笑)、様々な権力による妨害を受けて、
それでもめげずに自分の無実を立証するために仲間をうまくつかって
最後は主人公が自分の無実を証明して、悪を暴く、、、という結末で、
分かってみていながら小さいモニター画面でハラハラしながら見ました。


Yahoo!映画のレビューの点があまりに低くて驚いたのですが、
韓流ファンでなくても後半は痛快に展開するので面白い映画だと思います。

私自身も主役クラスの俳優さんのことは何も知らずにみましたが、
深く考えずに楽しめる映画でしたので、
レンタルで見るには間違いなく楽しめると思う「華麗なるリベンジ」でありました。



相変わらず、邦題はひどいけどね。(笑)


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画
前の5件 | -
メッセージを送る